「夢の行方」 牧すすむ

「努力」、考えてみればなんと奥深い言葉なのか。子供の頃は学校で、家では親からさんざんに言われてきた。社会に出た後は周りの人達からそれこそ〝耳にタコ〟が出来るほどに聞かされた。かと言ってそれが実になったかは残念ながら今もって答えは無い。努力は難題だ。

 幼き日、父が作ってくれた木琴に興味を持ちその後は電動オルガンに傾向した。然し練習曲のレベルが上がった時大きな問題が生じた。鍵盤が足りない。元々オルガンとピアノでは鍵盤の数が全く違う。「ピアノに変えなさい。」と先生からの強い勧めもあり母にねだって買って貰った。とは言え当時は家にピアノが有る家庭などざらには無かった。今にして思えば親には感謝のひと言でしかない。
 板の間に響く真新しいピアノの音は心地良く、自分が奏でる曲を数倍も素晴らしいものに変えてくれる魔法の力を持っていた。当然教室の発表会にも参加し胸をときめかせたことが昨日の出来事のように鮮やかに蘇って来る。でも、それらは本当の意味での努力だったのか、只単に好きが勝っていただけだったのか—。今以て疑問のままなのであるがその後は十代半ばでクラシックギターの世界へ。
 イエペスの奏でる美しくロマンに満ちた名曲「禁じられた遊び」に心底陶酔し、指に血が滲む程に弾いた。又、その流れは更に変化しバンドを結成、電気ギターを掻き鳴らし正に青春を謳歌した。ビアガーデンやイベント等に呼ばれ僅かな小遣い銭を貰うも気分は一端のミュージシャンであった。

 然し二十才を過ぎると次の目標は歌手に。バンドを離れ歌謡教室の門を叩いた日、先生から「何か歌ってみなさい」と言われ緊張の中でも熱唱した。何の曲だったかは覚えていないが、「君はイタリア式の発声法を学んだのか?」と聞かれて驚き、「いいえ」と答えたが先生にはそう聞こえたようだった。そして始まった歌手への道。ピアノ伴奏による個人レッスンは厳しいものだったが楽しかった。既に上京し歌手となってテレビの中で活躍する先輩達を見る度に、いつかは自分もと胸が鳴った。

 そんなある日、一人の先輩が一緒に上京しないかと誘ってくれた。一瞬小躍りして喜んだのだが一歩先へ踏み出せない自分がそこにいた。母子家庭という事情だ。若くして亡くなった父の代わりに家業を継いだ母と兄弟を残し一人上京するワガママを自身が乗り越えられなかったのだ。暫くは歌う気力も無く悩んだ日々の中、歌に関わるもう一つの方法を見付けた。作曲だ!、幸い先生は作曲家でもあったので自分の気持ちを素直に打ち明けると、「やってみなさい」との励ましの言葉。行手に灯りが見えた瞬間だった。
 それからは必至に曲を作りアドバイスを受けてはまた作るを繰り返した。初めて自分の曲がレコード化されたのは数年後の事。ヒットとは程遠かったけれど小さなレコード盤を胸に抱いたあの日は今も忘れてはいない。その後も多くの曲を作りレコード化にも恵まれた。チェリッシュ、芹洋子、大川栄策等々の顔ぶれもあったが、中でも一番のお気に入りは「恋の犬山」。都はるみが唄ったこととご当地ソングブームが重なって大きな話題を呼んだ。然しそれも遥か昔の話と忘れ去られていたある日、思い掛けずのリバイバル。今もカラオケは全国配信、多くの人達の愛唱歌だ。

 ところで私にはもう一つ「トコタン冬物語」という思いでの曲がある。昔のこと北海道開拓に赴いた尾張藩士をテーマにした詞が出来、作曲の依頼を受けた。その地は八雲町と言い今も小牧市との交流が続く。曲を作った縁で招きを頂き藩士が眠る墓地でギターを弾き唄ったが、同行の取材は当時中日新聞小牧支局長だった伊神記者、現「熱砂」の主宰である。
 そんな私も三十代の後半を迎え生活の為に大正琴教室を始めた。多忙に紛れ次第にギターやピアノは遠い物にー。今回のテーマに照らし合わせて過去の人生を思った時、何一つ勇気と努力に結び付かなかった。恵まれたチャンスは少なからずあったのに悔しくてならない。もし自分に二度目の人生が有るのなら、今度こそは、今度こそはと唇を噛む昨近なのである。
(完)