what's new


2018/12/11

「熱砂」の若手、黒宮涼が2編の詩に挑戦


道端にちいっちゃなサンダルがおちている。一体だれのだろう。
掴んだ手をぎゅっと握ってくる病床のおばあちゃん。
両方とも宝物に違いない。
若き文士、黒宮が自らの「目」で見、「心」に感じた思いを詩に託してみた。