What's New

2018/04/27
29日に小牧駅前ラピオ五階あさひホールで琴伝流大正琴第三十四回弦洲会春の宴。ぜひ、見てね!

 「熱砂」同人で詩人、ふるさと音楽家の牧すすむさん。その牧さんが倉知弦洲として琴伝流大正琴弦洲会の会主と大師範を務める弦洲会の34回目の春の宴が愛知県小牧市の小牧駅前ラピオ5階あさひホールで29日午前10時30分から開演します。テーマは~音楽の宅急便~。入場無料。司会はお馴染みの松田恵子さん、その人が務めます。
 オープニングは、パッチワークによる〈天使の誘惑〉。次いで〈亜麻色の髪の乙女(ゆめじ)〉〈くちなしの花(アマリリス)〉〈影法師(紙ひこうき)〉〈涙そうそう(桃花台教室)〉〈花の首飾り(琴音会)〉〈恋のフーガ(春琴会第一)〉〈人生いろいろ(本洲会)〉〈京都の恋(さみどり)〉…の順で全44曲を次々と披露。フィナーレは、牧さんとも生前、親しかった故加藤省吾さん作詞による〈みかんの花咲く丘(尾北グループ)〉をみんなで弾き、締めくくります。
 この間には、若なみ会による友踊り●名古屋コーチン音頭●新篠岡音頭=いずれも倉知弦洲(牧すすむ)作曲=や桃扇会による●恋の犬山(歌・都はるみ、牧すすむ作曲)の披露も。クライマックス【弦洲の世界】では弦洲会主と次席崇さんによる●おんなの港●漁歌の2曲が親子鷹演奏され、観衆を魅了しそうです。
 詳しくは弦洲会本部=電話0568(79)3669=に問い合わせるか、ホームページhttp://www.genshu.jpをごらんください。

2018/03/22
「熱砂」の第26回テーマエッセイ=テーマは〈雪〉=がそろい踏み

 大津市在住の最高齢同人、眞鍋京子さん(90歳)から寄せられたテーマエッセイ〈雪上での成果〉が22日、晴れて公開された。これにより「熱砂」全同人による26回目のテーマエッセイ全作品が出そろった。作品は次のとおり。
「雪万華」/伊神権太、「私と雪」/牧すすむ、「あのころ」/真伏善人、「30年の時を超えた声の記憶。ハッピーだよね」/山の杜伊吹、「積雪」/黒宮涼、「雪のあとさき」/平子純、「雪上での成果」/眞鍋京子

2017/12/03
5日に名古屋で~あなたの愛唱歌~をテーマに琴伝流大正琴第三十三回弦洲会中央大会

 詩人でもある牧すすむさん(ウエブ文学同人誌「熱砂」同人)が会主と大師範を務める弦洲会も風雪の時を刻んで33回目の宴に。今回も弦洲会会員が一同に集い、名古屋市の日本特殊陶業市民会館(旧名古屋市民会館)ビレッジホールで5日午前10時から華やかに繰り広げます。皆さん! こぞって見に来てくださいね。入場無料。司会は今や、弦洲会の顔的存在でやさしい語りかけが人気の的の松田恵子さん、その人が務めます。

 オープニングは栄中日文化センター受講生(名古屋)による〈ホワイトクリスマス〉。次いで〈越後水原(逢琴会第一・豊田)〉〈舟唄(L&G・知多)〉〈越後獅子の唄(碧洲会双葉第一、第二・刈谷)〉〈空に太陽があるかぎり(桜洲会フレンドリー・東三河)〉〈酒よ(フレンズ鳳来・奥三河)〉〈柔(岩倉い~わ会第一・尾北)〉〈リンゴ追分(PaFF・各地合同)〉〈大阪ラプソディ〉(アマリリス・豊田)〉〈津軽のふるさと(桜洲会ひまわり・東三河)〉〈川の流れのように(小牧城会、アザレア会・尾北)〉……の順で〈時代(T・O・P・S=豊田)〉まで全50曲を次々と披露。フィナーレは〈赤い靴のタンゴ(刈谷有志の会・刈谷)〉で締めくくります。

 この間には「COCO(ココ) かとうともこ」、「松澤毅とハープノーバ」による友情出演も。いまではすっかり名物となったクライマックス【弦洲の世界】では弦洲会主と次席崇さんによる●なみだの操●北の宿からの2曲が親子鷹演奏され、観衆を魅了しそうです。
 詳しくは弦洲会本部=電話0568(79)3669=に問い合わせるか、ホームページhttp://www.genshu.jpをごらんください。

2017/11/20
「熱砂」同人の平子純が回想録の第3弾「翻弄 ある名古屋の宿の物語 第三章かげり編」に続き、第4弾「第四章翻弄編」と第5弾「第五章死と別れ編」を公開

 喜び。悲しみ。苦しみ。社会、経済、世界情勢から世相、家族の歩みまで。全てをのみこんで大切な人たちを抱きしめながら生き抜いてきた名古屋の、あるお宿亭主の壮絶かつ貴重な歴史の回顧録証言集をぜひ、お読み下さい。そこからは〈時代の風〉に翻弄され、全身傷だらけ、仁王立ちになって生きてきた壮絶な人生劇場、男や女たちの苦闘の足跡が浮かび上がってきます。 =「熱砂」主宰・伊神権太記

2017/11/17
平子純が回想録の第3弾「翻弄 ある名古屋の宿の物語 第三章かげり編」を公開

 ウエブ文学同人誌「熱砂」の同人、平子純さんが先に公開済みである回想録・第二章成長編に続いて公開。いよいよ第三章かげり編の始まりで〈バブル〉〈外タレ〉〈北方領土〉〈裸文化〉〈里美の死〉……と作品世界ではノンフィクノベルならでは、涙、涙の人生劇場が繰り広げられます。引き続き、第四章翻弄、第五章死と別れ、と続きます。名古屋の旅館事情はじめ、その時々の【名古屋の顔】が生き映しとなった、ドラマチックな展開です。どうか、みなさま。ぜひ、ご愛読ください。
※病と闘う平子純さんは、〈家族の限りなき愛〉に支えられ、脳梗塞に伴う言語障害、不自由な足というハンディをはねのけての創作活動です【「熱砂」主宰、伊神権太記】

ページトップへ