【生きてゆく人間花たち/2017年10月の唄】

平成二十九年十月十八日
 相変わらず、わが家ベランダに顔を出す野良ちゃん(猫)たち。最近では、顔ぶれもすっかり変わってしまっている。なんだか、赤ちゃん猫からやっと成長したような子猫が目立つ。そんな中にあって、あの黒白の亡きてまりに似た〈猫パンチ〉が得意な風格満点の野良ちゃんだけは、堂々とした姿を時折見せている。

 能登大垣で家族共に過ごした猫てまりによく似た黒白の野良ちゃん
 20170917_174147

 どの猫も生きていくためのエサがほしい。その一心である。人間のように強欲極まる生きものとは違い、ただ純粋にエサがほしい。そして、かわいがってほしい。ただ、それだけだ。何ひとつ代償などを求めることもしない。
        ☆        ☆

 人口13億人を抱える中国で中国共産党の第19回党大会が18日、北京の人民大会堂で始まった。国家主席の習近平総書記(64)は演説で『2020年に「小康社会(ややゆとりのある社会)」を達成したあと、建国100年の2049年に向け「社会主義の現代化強国を実現する」』と宣言、米国との2大国で国際社会をリードしていく長期展望を明確にした。
 午前11時45分ごろ、航空自衛隊百里基地(茨城県小美玉市)で飛行訓練のため滑走路に向かっていたF4戦闘機の主脚が折れ、誘導路上で出火。約20分後に火は消えパイロット2人は脱出して無事だった。F4戦闘機は老朽化が進んでおり、防衛省は最新鋭ステルス戦闘機F35を17年度末から順次配備、入れ替えようとしていた矢先の事故。それにしても主脚が老朽化で折れただなんて。

        ✕        ✕
 パナマ文書報道に参加したマルタの女性記者殺害され。「ジャーナリズムの公共的な使命果たす」。新聞大会の決議、私たちも胸に刻み。、とは18日付毎日夕刊〈近事片々〉から。
        ✕        ✕

【きょうの一文】
 一九六三年のジョン・F・ケネディ元米大統領暗殺事件で、非公開とされてきた機密文書の公開期限が二十六日に迫っている。唯一、公表を止められる権限を持つトランプ大統領に対し、連邦議会からは全面開示を求める声が浮上。専門家は、逮捕後に射殺された実行犯リー・ハーベイ・オズワルドの動機解明につながるのではないかと期待している。(近藤晶)
=18日付中日夕刊『〈GLOBAL VIEWS〉JFK(ジョン・F・ケネディ)暗殺機密文書26日期限 実行犯の動機解明期待 米議会全面開示求める声 「カストロ殺害計画の報復」説も』の記事の中から。冒頭、総合リード(前文)

【新聞テレビから】
☆『〈クローズアップ現代〉習近平の中国はどこへ 加速する〝創新経済〟日本企業に商機あり!?』(18日夜、NHK総合)
☆『月の下 長さ50㌔の空洞 かぐやひめ観測 将来 基地利用も』、『沸騰水型に新冷却装置 規制委 審査中 原発含め義務化』、『習氏「新時代の社会主義」 中国党大会 指導理念打ち出す』『薄れる長老の存在感 中国党大会 江沢民・胡錦濤両氏出席』、『パナマ文書殺害の女性記者 政治腐敗暴露に取り組み』、『最強ハリケーン「イルマ」直撃 カリブの楽園は地獄に変わった 温暖化…30年で自然災害3倍に』、『ラッカ 残党掃討続く IS(過激派組織「イスラム国」)「首都」地下トンネルに地雷』、『米、日本の為替監視継続 財務省報告 貿易赤字も問題視』、『米軍ヘリ 飛行再開 炎上と同型 沖縄知事 「暴挙だ」』、『日産、公表後も不正検査 湘南工場 無資格者に作業指示』、『笑う大須にはお客来る 演芸場復活2年改革実った』、『仮想通貨預り金詐取 「リップル」取引所代表、容疑で逮捕』、『生徒に授業させ 1000円支払う 定時制の61歳教諭 都教委が戒告処分』(18日付、中日夕刊)
☆『(井山)文裕「実感少しずつ」7冠復帰』、『共産党大会 中国「新たな発展段階」 習氏、初の政治報告』、『ラッカ市内 兵士ら歓声 IS掃討 戦闘員 なお潜伏』、『米軍ヘリ飛行再開 沖縄』、『発覚後も 無資格審査 日産、第三者委調査で判明』、『〈衆院選2017〉点字 音 拡大文字で「公報」 視覚障害者向け民間で作製 配布地域にバラツキ』、『仮想通貨取引所の代表逮捕 リップル 預かり金詐取容疑』、『福井中2自殺「死にたい」周囲の生徒に 祖母も担任に懸念伝える』、『静岡山中に女性遺体 着衣に乱れ 県警、殺人容疑で捜査』、『登校の列に車突っ込む 大阪・枚方 小学生ら6人重軽傷』、『最高裁「性的意図」巡り弁論 強制わいせつ罪判例変更か』(18日付、毎日夕刊)
☆『〈特報 話題の発掘・ニュースの追跡〉AI(人工知能)アナその実力は 和歌山FM局でニュース読む 早口言葉、人に圧勝◆経費削減に一役』、『自公3分の2維持の勢い 衆院選終盤情勢 希望苦戦、立民3倍 投票先未定 4割』『愛知9選挙区で自民優位』、『IS「首都」ラッカを解放 クルド勢力制圧 事実上崩壊』、『空自ヘリ墜落4人不明 浜松沖、夜間救助訓練中』、『米軍ヘリきょう飛行再開 沖縄事故1週間 原因不明のまま』、『蒲郡の風が味方疾走 国内初セーリングW杯』、『静岡 山中に女性遺体 成人か 殺人・遺棄で捜査』(18日付、中日朝刊)
☆『井山本因坊7冠復帰』『文裕 視線は世界の頂 7冠制覇「まだまだ未完成」重圧は感じず 一問一答』『〈解説〉快活さ、品格 羽生と共通【金沢盛栄】』、『IS事実上崩壊 シリア民主軍「首都」ラッカ制圧』、『神鋼不正「40年以上前から」 元社員ら証言 合格証改ざん』、『〈衆院選2017〉比例東海 立憲、労組固め懸命 希望 小池氏の知名度頼み 連携強化目指す□自公 共闘の影響懸念□共産』、『「公共的な使命」決議 新聞大会 本紙記者ら表彰』、『空自ヘリ浜松沖で墜落 4人搭乗 洋上で部品発見』、『校長・教頭 叱責を目撃 福井・中2自殺 会見で「把握せず」』、『米軍ヘリきょう再開 炎上機と同型「安全を確認」』『「説明が不十分」防衛相が遺憾の意』(18日付、毎日朝刊)

十月十七日
 朝のうちの雨は、昼にはやんだ。
 少し寒くなったので、能登時代の30年ほど前に当時、七尾青年会議所メンバーで洋服店を経営していた知人から25、6万円の高値で購入したカシミアの背広に身を包んで名古屋へ。とは言っても、今や擦り切れた両肘には肘当てが施された年代物である。だけど人間であれ、モノであれ。どんなときにも〈1傑主義〉を自認する私はこのジャケットが好きである。
        ☆        ☆

 囲碁の井山裕太六冠(28)=棋聖、本因坊、王座、天元、基聖、十段=が昨年失った名人を奪取し、11カ月ぶりに七大タイトルすべてを保持する七冠同時制覇を果たした。二度目の七冠独占は囲碁界、将棋界を通じて初めて。
 民兵組織シリア民主軍(SDF)の報道担当者は、IS(過激派組織「イスラム国」)が首都と称するシリア北部ラッカを解放した、と明らかにした。ISは7月にはイラクの最大拠点モスルを奪われており、事実上、崩壊した。
 午後6時ごろ、航空自衛隊浜松基地南31㌔の太平洋上で訓練中の同基地所属の空自ヘリコプターの機影が消え、乗組員4人が行方不明に。海面に航空自衛隊と書かれたドアやタイヤ、ストレッチャーなどが散乱しており墜落したとみられる。

        ✕        ✕
 わが家に毎日のように顔を出していた、亡き愛猫こすも・ここそっくりの野良ちゃん、モドキがこのところすっかり姿を見せなくなってしまった。可愛いからどこか、ほかの家で拾われ飼い猫に昇格したのかもしれない。元気でいてくれさえすれば、それはそれで良いのだが。どこへ行ってしまったの、モドキちゃん。他の亡きてまり、シロちゃんに似た子たちは毎日1度は顔を出し、うるさいほどなのだが。どうしているの。モドキ!
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
 物語の最後に光りが感じられるような、そうした小説を書きたいです。
=17日夜のCBC〈NEWS23〉の番組の中で。14歳の誕生日でもあるこの日、連作短編集「さよなら、田中さん」(小学館)の発売で作家デビューした東京都内の中学2年生、鈴木るりかさんは、こう抱負を述べた

【新聞テレビから】
☆『岐阜の植物3000種網羅 愛好家ら17年コツコツ野山に 出版へ「日本各地の特徴凝縮」』、『大飯1、2号機 廃炉検討 関電老朽化で採算合わず』『「寝耳に水」 おおい町長』、『「大きな成果。びっくり」 重力波と光観測 名大も貢献』『無声映画がトーキーに 国際チーム 宇宙観測新時代を強調』、『パナマ文書 記者殺害か マルタ、車運転中に爆発』、『イベリア半島で山火事39人死亡』、『副担任小6時にも指導 福井 自殺生徒 居残りさせる』、『トランプ氏に期待「帰国に協力して」 横田さん会見』『警察対応「違法性なし」 秋田地裁 弁護士刺殺で賠償棄却』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉若者向け政策もっと聞かせて 〝高校生記者〟候補者迫る 長野 インタビュー動画公開へ』『関心アップへ教育現場でも』『戦略いろいろ各党のコピー 広告研究者が分析』、『「作家になった、という気持」 司馬さん書簡 初公開』(17日付、中日夕刊)
☆『原発にかける保険ない ジャクソン・ブラウンさん来日公演 歌を通し 正しい情報伝える』『大飯原発2基廃炉検討 関電 大型炉で初』、『〈衆院選2017〉働く10代託す1票 19歳の母親「1億総活躍」って 19歳障害者豊かな生活願う』、『〈特集ワイド〉金王朝「お抱え」作家集団50年 超厚遇で最高指導者たたえ 正恩氏描く初の長編 核・ミサイルで「対米勝利」? 【鈴木琢磨】』、『輸入車検査を簡素化 経済対話 米、日本とFTA(2国間の自由貿易協定)に関心』、『非武装地帯視察消極的 トランプ氏韓国訪問 北朝鮮の反発懸念 6日、日米首脳会談』、『イラク軍キルクーク掌握 クルド部隊 撤退開始』『「どちらにも肩入れしない 米、中立維持を強調』、『首相、靖国神社に供物 秋季例大祭 参拝は見送り』、『香川県立体育館「危機遺産」入り 丹下健三さん設計』、『乳幼児毎日スマホ倍増 4年前比 絵本・外遊び変わらず』(17日付、毎日夕刊)
☆『重力波と光 同時初観測 国際チーム中性子星 合体時』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉「学費タダ」本当に? 18歳期待と不安 公約競い合い 財源は、条件は』『中部6県立候補者アンケート 9条改憲「反対」5割』『自民 モリカケ問う声 希望 9条改憲割れる』『水産高校生20人洋上投票できず 解散前に出航』、『レ・ミゼラブル 29年間ありがとう 中日劇場 最後の上演』、『中部発LCC(格安航空会社)激安競争 ジェットスター6円 エアアジア5円』、『「12歳の文学賞」3年連続大賞 鈴木るりかさん 中学生作家きょうデビュー 14歳誕生日 短編集「さよなら、田中さん」』(17日付、中日朝刊)
☆『陳(敏爾)氏、中国副主席に内定 習氏後継固まる』、『中性子星 合体で重力波 米欧チーム初観測 重金属の謎解明へ一歩』、『〈衆院選2017〉10代迷う投票先 情報入手 ネット活用』、『「銃なき米国」いつ 服部剛丈(よしひろ)さん射殺25年 両親、相次ぐ乱射事件に胸痛め』、『福井中2自殺「怒声 身震いするほど」 調査委報告書 目撃の生徒証言』『母「教師のいじめ」』、『桑名副市長に ボーナス過払い 6月 事務担当者ミス 136万円返還へ』、『警官の責任認めず 弁護士刺殺 侵入者と誤認し制止 秋田地裁判決』、『泥酔男、無免許でパトカー運転 岐阜・容疑者逮捕』、『車道で口論はねられる 2人重軽傷 車線変更でトラブル 弥富』(17日付、毎日朝刊)

十月十六日
 台風21号が16日午前3時ごろ、太平洋西部のカロリン諸島付近で発生。
 東京都心で平年比-7・3度の最高14・3度(最低は同-1・9度の12・4度)に。この季節としては46年ぶりの寒さに。名古屋も寒い雨が1日、降り続き最高で16・1(同-6・9度)、最低14・5(同+0・3度)となった。もはや冬の到来である。
 新燃岳の噴火は相変わらず続く。
        ☆        ☆

 2018年春夏物の新作を発表する国内最大規模のファッションイベント「ファッション・ウィーク東京」が16日、東京・渋谷の複合商業施設「渋谷ヒカリエ」を主会場に開幕した。
 
 米韓両軍が朝鮮半島沖日本海や黄海で原子力空母「ロナルド・レーガン」や巡航ミサイル・トマホークを搭載した原子力潜水艦「ミシガン」も参加しての合同演習を開始。
 日本初演から30周年を迎えたミュージカル「レ・ミゼラブル」がこの日、名古屋の中日劇場で千秋楽。来年3月で閉場する同劇場最後の上演で、終演後には特別のカーテンコールが。
 オーストリアの国民議会(下院)選が15日投開票され、移民排斥を訴える中道右派の国民党が勝利し、〈水の上も歩ける奇跡を起こす人〉の異名で知られる31歳の若さのクルツ国民党党首が「今日は我々が信頼を勝ち得た日だ。国を変えるために全力を尽くす」と勝利宣言。
 
 福井県池田町の池田中学で2年生男子生徒(当時14歳)が担任らの厳しい叱責を苦にことし3月14日に校舎3階から飛び降り自殺した問題で、校長と町教育長が謝罪。その後の調べで、学校側がこの生徒に何ひとつスクールカウンセラーには相談していなかった事実も浮かび上がっている。

        ✕        ✕
 朝。食事をしようと食卓椅子に座ったら、室内一角に備えられた石油ストーブがポカポカと運転稼働していたのには驚いた。寒がりやさんの舞のせいで「確かに、きょうは寒い」とそのまま黙って食事をする。東京での「脱原発社会をめざす文学者の会」の拡大幹事会、幹事ではあるが。きょうのところは、短編集の表紙に使う海の写真の抽出などに時間を取られる関係もあって、申し訳ないとは思いつつ欠席させていただいた。その分、横笛を数曲ふいてみる。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
〈社員ががんや重い病気に罹患したとすれば、私は自分の家族が闘病しているつもりでこれに臨むつもりです。元気な時はもとより、たとえ病気になっても、みなさんの真の居場所は、現在の職場なのだと信頼してもらえるような場を私は伊藤忠で提供したいと思っています〉
=16日付毎日夕刊『〈特集ワイド〉がん辞めず治療の時代 働く場あれば戦力』『退職・解雇なお多数 サポートに知恵絞る企業』の記事のなかで。伊藤忠商事の岡藤正広社長はこう述べ、ことし7月、全社員あてにこんなメールを発信した。タイトルは「がんに負けるな」だった。

【新聞テレビから】
☆『臓器移植法20年 待機対応病院増えず』、『シャンシャン同級生だよ』、『オーストリア中道右派勝利 総選挙「反難民」極右も躍進』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉基地抗議「カメジロー」記録映画 「不屈」沖縄関心じわり「語らぬ本土 一緒に考えて」』『ヘリパッド禁止求める 沖縄県議会 米軍機不時着に抗議』『辺野古訴訟で追加議案可決 実質審理持ち込む狙い』『満員電車0│月曜半休│校則緩和… 独自公約 心つかめ 衆院選 身近な話題、各党あれこれ』、『警察犬 不明者捜索に活躍 認知症増え犯罪捜査の倍以上に』、『1歳児 死亡事故 書類送検へ 豊橋両親、5時間放置疑い』『悩み相談 預かりサービス 「周囲にSOS 積極的に」』、『停車し口論、はねられる 弥富の国道2人重軽傷』、『旅客機ドローンと衝突 カナダけが人なし』(16日付、中日夕刊)
☆『ファッション・ウイーク東京開幕』、『春待つ戌たち 土岐』、『新燃岳噴火 警戒を継続』『台風21号が発生 列島南に北上か』、『〈特集ワイド〉がん辞めず治療の時代 働く場あれば戦力』『退職・解雇なお多数 サポートに知恵絞る企業』、『キルクーク砲撃応酬か クルド支配地区 イラク軍進軍』、『〈衆院選2017〉討論会相次ぎ中止 急な解散・新党結成 日程調整つかず 主催者は「残念」 議論活発な選挙を』『首相アキバ演説は? 最終日「勝利の方程式」都議選、失言で失速』『佐川前局長らを告発 市民団体「森友」証拠隠滅疑い』、『富士入山料 協力率6㌽減 53% 外国人への周知課題 総額は増』、『準惑星「ハウメア」に輪 欧州チーム発見』(16日付、毎日夕刊)
☆『長良川鵜飼閉幕 かがり火幻想なごり雨 鵜匠1人引退へ15年ぶりに交代』、『新燃岳警戒範囲 半径3㌔に拡大 火山ガス急増で』、『地球にとってよくないことはしてはいけない 反戦、反原発声高く 故・笠木透さん「憲法第104条」岐阜のバンド歌う=岐阜県中津川市に住み、野外音楽祭「全日本フォークジャンボリーを企画・運営した歌手故・笠木透さんが創作した「日本国憲法第104条」の条文に、親交のあったバンドのメンバーが曲を付け、歌っている』『〈考える選ぶ10.22衆院選〉かすむ「原発ゼロ」 15基集中の福井2区 地元配慮 希望・共産 板挟み』『自民「新増設も」推進意欲』『雨のサンデー訴え熱く』、『「あおり運転」摘発7625件 昨年、高速道が9割近く』、『那須雪崩「予見は可能」 検証委最終報告 危機管理が欠如』、『ヒアリ探知犬導入へ 台湾から移送 複数自治体が検討』、『担任らの叱責悩み自殺 福井 中2転落死で報告書 全国で指導死「言動の影響自覚を」』、『小型機川に不時着 福井 搭乗4人脱出、けがなし』(16日付、中日朝刊)
☆『被爆証言集電子化へ 被団協などネット公開で埋没防ぐ』、『衆院選中盤情勢本社総合調査 自民最大300超も 立憲は勢い増す 希望さらに失速』『選挙サンデー雨の中で訴え』『厚労省「選挙に配慮」 介護経営実態調査公表を自粛 事業者からの反発恐れ』『〈無党派日記 衆院選2017 中盤〉 政治に不満 誰に託す ぎりぎりまで悩みそう 大須商店街』、『ゴルフメジャー日本オープン選手権最終日 池田逃げ切りV プロの意地金谷振り切る』、『「今怒りの頂点」住民ら抗議集会 沖縄ヘリ事故』、『働く肺がん患者3割「受動喫煙」 連絡会がアンケート 職場で被害訴え』、『元テレ朝社員また逮捕 性的暴行容疑 懲役10年の服役後 大阪府警』(16日付、毎日朝刊)

十月十五日
 雨が降ったりやんだり、こ寒い日となった。秋がどんどんと深まってゆく。 
 きょうも噴火が続く新燃岳。気象庁は火山ガス(二酸化硫黄)の放出量が1日当たり1万1千㌧に急増したことなどから、警戒範囲を半径2㌔から3㌔に拡大。ふたつの宿泊施設の客や従業員計11人が避難した。 
 新聞週間がきょうから始まった。新聞広告によれば、今日は〈まごの日〉だそうだ。へえ~ぇ、と思ってしまう。
        ☆        ☆

 岐阜市の長良川鵜飼、関市の小瀬鵜飼、犬山市の木曽川うかいが閉幕。長良川鵜飼の杉山市三郎鵜匠(76)が今季限りで鵜匠を退き、来季からは長男英孝さん(45)が引き継ぐという。
 元民進党代表の岡田克也氏が15日、新潟県へ。新潟1区の立憲民主前職、西村智奈美氏、4区の無所属前職、菊田真紀子氏を応援演説。岡田氏は、これまでこの2人を含む民進出身の希望、立民、無所属の計13候補を10府県でも応援。「野党を1つにする接着剤になれば」との期待が膨らんでいる。この日、民進党の前原誠司代表と立憲民主党の枝野幸男代表が愛知県入り。前原氏は一宮市で、枝野氏は名古屋駅前で演説会に臨んだ。こうしたなか、民進党「再結集論」が浮上してきている。

        ✕        ✕
 雨が降ったりやんだりの1日。図書館から帰り、さあ~とデスク前に陣取ったところへ、舞が「ねえ。行くの」とかなり過酷な命令を出してきた。「きょう、やらなくっちゃあ。いつ、やるのよ」とのことで半分いやいやながらも、畑〈エデンの東〉へ。幸い、草引きの間は雨も小ぶりで結果的に出かけて良かったが。本当に亡き父が恨めしくもなってきた。でも、せっかく残してくれた大切な土地なのだ。
 面倒を見てくれている方が病で倒れピンチに陥っている今こそ頑張らなくっちゃあ。舞にはそれが分かっている。
        ✕        ✕

【きょうの1文・ことば】
……
▼事前の世論調査の結果によって、各党の予測議席などが報道されているが、現段階での傾向に過ぎぬ。悪魔は流されることも同調することもなく、「それで本当に大丈夫なのかね」としつこく問い続けるはずである▼大切な一票である。こと選挙に限っては悪魔は有権者の友である。
=15日付中日朝刊1面『中日春秋』から。末尾を抜粋

【新聞テレビから】
☆『〈この人に聞きたい 第1話植木等さんの付き人に 喜劇人協会会長小松政夫さん〉「おやじと思え」にしびれた 月収10万円が7千円に。でも楽しくて仕方がない 共産党との意外な出合い』(しんぶん赤旗日曜版、10月15日号)
☆『新燃岳噴火続く 9市町村で降灰』、『日本政府の姿勢変えたい 平和賞ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)川崎さん 核禁止条約加盟へ働きかけ』、『薩摩の「ワイン王」施設焼失 米西部山火事』、『どぶろくで真っ赤だね 白川村で祭り』、『「拉致交渉援助を条件に」 蓮池さんら 帰国15年』、『米大統領、核合意破棄を警告 イラン反発 「米は孤立」』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉序盤情勢受け舌戦変化 首相批判封印 小池氏追及加速 枝野氏ら一強阻止へ共倒れ防ぐ』『民進再結集論を批判 前原氏「有権者を愚弄」』『二階氏「黙っておれ」街頭演説やじ一括』、『日本「財政健全化先送り」説明 G20「政府債務削減を」 財務相会議閉幕 名指し避け促す』『野田総務相が日銀政策批判「若者に大きなつけ」』、『炎上ヘリに微量放射性物質 異常な値検出されず』、『竜巻き返しへ 秋季練習開始』、『〈新聞報道のあり方委員会〉政治の流れ見逃すな 権力の監視継続的に 【出席者】魚住昭氏(ノンフィクションライター)田中早苗氏(弁護士)木村太郎氏(ジャーナリスト)吉田俊実氏(東京工科大教授) 東京本社編集局長臼田信行 東京本社論説主幹深田実』、『〈サンデー版大図解〉ガラスの壁と天井』(15日付、中日朝刊)
☆『今年は甘口飲みやすく 白川八幡神社で「どぶろく祭り」』、『仮設退去「2年以上先」 熊本地震1年半 首長アンケート』、『初の週末経済論戦 首相株高で「実績」強調 野党「弱点」の増税突く』『見えない 改憲論議 護憲派「候補者多く語らず」 推進派「有権者 生活に関心」』『「平和主義精神で」アマチンさん=「あいち九条の会」の代表世話人で俳優の天野静雄さん(81歳)=』『維新応援演説に河村市長が登壇 大阪』、『5人帰国15年 拉致問題解決を 特定失踪者家族も切実』、『カリフォルニア山火事死者36人』、『沖縄炎上ヘリ 部品から放射性物質 米軍「全て取り除いた」』、『那須雪崩事故で検証委「無計画」 最終報告書』(15日付、毎日朝刊)

十月十四日
 きょうは鉄道の日。JR東日本の関連団体が運営するさいたま市の鉄道博物館がこの日開館から10年を迎え、来館者数はこの3月で900万人を超えたという。
 午前8時23分ごろ、霧島連山・新燃岳(1421㍍)が再び噴火、灰白色の噴煙は直後に火口から約2300㍍までに上昇。気象庁は火口から半径約2㌔の範囲での噴石や火砕流に注意するよう呼びかけている。6年前に新燃岳で大規模な火砕流が起きた際、地元の人々が「石の大雨だ」と青くなって逃げ回っていたあの悪夢が思い出される。
        ☆        ☆

 最大震度7の激震が襲った熊本地震から14日で1年半がたつ。現地では今も被災者約4万5000人が仮住まいを続けている。
 イランが米欧など6カ国と結んだ核合意は米国の利益にならないとしてトランプ米大統領が認めない考えを表明。合意破棄にも言及、これに対してイランのロウハニ大統領は「イラン国民への侮辱だ」と猛反発。こんご米国議会の対応次第で中東の緊張が高まりかねない、と危機感が増している。

        ✕        ✕
 午前中、舞と市福祉センターへ。
 特高警察に捕らえられて殺され、小説「蟹工船」「一九二八年三月十五日」など数々の作品で知られる作家・小林多喜二(1903~1933年)の生前に、小林本人と関わりのあった多くの人々の証言と本人の作品から迫る名作映画【時代(とき)を撃て 多喜二】(治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟尾北支部主催)をぜひ見たかったからで出向いてよかった、と思っている。
 きょうはほかにもすべきことが多くあり、少し残念な気はしたが日本ペンクラブの京都例会は思い切って欠席することに。短編集出版を前に、編集者とのメールによるやり取りや卒寿を前に同人誌「くうかん」復活に伴う大津の眞鍋京子さんのかつての作品検索などに追われた。
 夕方、兄が柿を手に満97歳のおふくろを伴って玄関先に。「入っていけば」と言うと「いいわ」と言って、すぐ帰っていった。母も元気そうで「たかちゃん、たまには顔をみせなアカンよ。おまえだけだよ。こないのは」と相変わらずの元気さ。やれやれと思って送り出すと、しばらくして今度は妹の和代が大根を手に「たか坊。食べやあ~よ」と現れ出た。
       ✕       ✕

【きょうの一文・ことば】
「誰も悪人のように描きたくなかった。『正義』の反対には『悪』ではなく、もう一つの『正義』があると思う」「(10年にアカデミー賞を受賞した米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」は、隠し撮りしたイルカ捕殺の場面などで残酷さを強調。)日本の漁師への理解に欠けている」「(米国人ジャーナリストは)絶滅の危機にあるのはイルカではなく、こうした小さな町、と語った」「漁師も反捕鯨団体側も、海の環境を守りたいという思いは同じ。異なる価値観を持ちながら、ともにあることの大切さを伝えたい」
=14日付毎日朝刊『〈ひと〉太地町の捕鯨を巡るドキュメンタリー映画監督 佐々木芽生さん(55) 文・村瀬優子 写真・菅知美』の記事の中から。ドキュメンタリー映画「おクジラさま ふたつの正義の物語」を完成させた映画監督佐々木芽生さんは、記者にこう語った

【新聞テレビから】
☆『新燃岳が再び噴火 噴煙高さ2300㍍』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉福島復興道のり長く 全線開通国道を行く「行政に慣れた候補を」「予算の使い道不明」』、『北、平昌(ぴょんちゃん)五輪参加へ 韓国紙報道 フィギュアで出場枠』、『炎上ヘリに放射性物質 複数の部品 米軍「既に除去」』、『イラン核合意認めず 米大統領 議会に「制裁判断を」』『イラン大統領が批判』『英独仏首脳 懸念の声明「安保影響考慮を」』、『EU北朝鮮に独自制裁へ 投資禁止など 日米韓と圧力強化』、『米、イスラエル脱退 難局ユネスコに新事務局長 仏前文化・通信相アズレ氏』、『鉄道博物館走り続け 10年 さいたま来館900万人』『45年前 名駅に(スウェーデンの家具小売り)「イケア」時代先取り女性に人気 効率化9年半で閉鎖』、『雪見だいふくにプラスチック片 ロッテ自主回収』(14日付、中日夕刊)
☆『米、イラン順守「不認定」表明 核合意 破棄を警告 トランプ氏演説』、『「侮辱」ロウハニ師反発』、『新燃岳 再び噴火』、『●eye 願い受け継ぎ幸せに 臓器移植法施行20年』『ソフトバンク傘下スプリント 米携帯3位と統合へ 大筋合意』、『NY株30㌦高』、『最高裁判事公報に思い 22日に国民審査 暮らし左右関心持って』、『岐阜のケヤキで鹿児島城門 復元 「治水」縁の姉妹県』、『中国の衛星 地球落下へ 来年1~2月 100㌔級部品』、『〈衆院選2017〉加計問題で注目 各党公約に 公文書管理違い不鮮明 制度改善は見通せず』、『平昌冬季五輪に 北朝鮮参加意向』、『(第68代)世界医師会長に日医横倉氏=日本医師会の横倉義武会長(73)=就任 日本人3人目』(14日付、毎日夕刊)
☆『熊本地震1年半きらめくエール 桑名・なばなの里』、『両親「異常勤務 なぜ放置 NHK過労死 局内共有に遅れ』、『9条俳句掲載拒否 違法 さいたま地裁判決「取り扱い不公正」』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉声届く? 被災地不安 選挙区拡大 本州最大の岩手2区』『「復興後回しにされる」定数減の手法に限界も 工事中の防潮堤を背に立候補者の演説を聞く住民ら =岩手県大槌町で』、『神鋼 鉄鋼でも改ざん 新たに9製品 納入500社に拡大 一部把握も公表せず』、『海産物ストップ 中国・琿春(こんしゅん)ルポ 北制裁じわり 国境の店閑散』、『中国拘束2邦人 先月に正式逮捕 スパイ行為疑い』、『自動運転車、初の安全基準 手離し65秒、手動に 19年新型から義務化』(14日付、中日朝刊)
☆『くまもと色鮮やかに 桑名』、『神鋼不正 出荷500社 社長会見 辞任は不可避 原発、防衛装備品にも』、『核合意 イラン順守 「認めぬ」 制裁再発動 トランプ氏提案へ』、『「過労死再発防止を」NHK発表 事実誤認も 記者の両親会見』、『拉致解決諦めぬ 5人帰国15年「早く私の家族も」』『松本京子さん兄「とにかく無事でいて」』『有本恵子さん父母「私たちの命あるうちに」』、『原発30㌔圏まで補助金 立地外 新たに16自治体 今年度から』、『〈ひと〉太地町の捕鯨を巡るドキュメンタリー映画監督 佐々木芽生さん(55)=ドキュメンタリー映画は、和歌山県太地町の捕鯨を巡る世界的な論争を追った「おクジラさま ふたつの正義の物語」』(14日付、毎日朝刊)

十月十三日
 金曜日の13日である。気象庁によれば、霧島連山の新燃岳(1421㍍)の連続噴火が午後4時ごろに停止、このまま停止してくれたら、と願う。
        ☆        ☆

 さいたま市の三橋公民館が〈梅雨空に「九条守れ」の女性デモ〉と詠んだ俳句の月報への掲載を拒否したのは表現の自由の侵害だなどとして、作者の女性(77)が市を相手に俳句の掲載と慰謝料200万円を求めた訴訟の判決で、さいたま地裁は13日、「思想や信条を理由にした不公正な扱いで女性の利益を侵害した」などとして、市に5万円の賠償を命じ、月報への掲載請求は棄却した。「思想や信条を理由にした不公正な扱い」との判決は当然だが、なぜ月報への掲載は棄却されたのか、その点に疑問は残る。
 NHKが女性記者(当時31歳、都庁回り)の過労死を公表したことを受け、両親がこの日厚労省で記者会見。「直前の残業が月209時間(遺族側調査による)にも及ぶ異常な勤務がなぜ放置されたのか、理解できない。時間外労働のルールが厳格なら、死なずに済んだのではないか」と労務管理の徹底を訴えた。またNHK側が「遺族側が公表を望んでいなかった」とした点については「事実でない」と完全否定した。

 アルミニウム製品などのデータを改ざんしていた神戸製鋼所が13日、グループ会社9社が手掛ける特殊鋼など9製品でも新たに不正を確認、当初は約200社としていた問題製品の納入先も延べ500社に増えている旨を明らかにした。

        ✕        ✕
 あっちへふらふら、こっちにふらふら…と、まだまだ若いつもりではあるが。けさは、不燃物ゴミの収集日。例によって朝早く舞と一緒に指定収集場にいくと、なんと、あの花霞イチ華やかといってもいいエステの美人ママ、アーちゃん(年齢は私と同じくらいか)がいたではないか。彼女いわく「最近、町を歩いていても会わないから。あんたどうしてたの。どこぞで死んでいやあーへんか、と本気で心配してたよ」の弁。「そう言って、心配してくれるひと(女性)は、アーちゃんだけだよ。なんとか生きているから。ありがとう」と私。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
 前回衆院選の二十代の投票率は33%。68%だった六十代の半分もない。残念ながら、こればかりは自宅にいたまま「いいね!」とはいかぬ。場所はスマホが教えてくれる。投票所まで行かれたし。
=13日付中日夕刊〈夕歩道〉から。1部抜粋

【新聞テレビから】
☆『〈にっぽんの芸能〉第70回名古屋をどり▽「紀州道成寺」』(13日夜、NHKEテレ)
☆『イスラエルも ユネスコ脱退 米に追随、首相が意向』、『二条城伝達克明に 大政奉還150年 新発田藩家臣が記録、慶喜は 姿魅せず』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉青森・つがる市ルポ 北ミサイルどこさ逃げる 米レーダーの町 選挙でなく国会議論を』『安倍首相事務所が演説会の取材拒否「昭恵氏の安全確保」』、『神鋼「線材」でも不正 車のエンジンなどに使用』、『米 山火事死者31人 ワイン産地に被害 カリフォルニア』、『原発30㌔圏に補助金拡大 経産省、発表せず 対象自治体150超』、『商工中金全店で不正 書類改ざんなど 経営陣 退任不可避』、『警視庁女性職員 誘拐自演疑い 名古屋帰省中「家族と口論して」騒動』、『★宮崎と鹿児島発行休止へ=西日本新聞社は西日本新聞と西日本スポーツの宮崎、鹿児島県での発行を来年3月31日付で休止する』、『★福原愛さんが女児出産』、『〈あの人に迫る〉李吉吉雨(リ・チョル・ウ)=79歳。東京都調布市。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の在日本朝鮮文学芸術家同盟で20年にわたり音楽部長を務めた=在日2世の音楽プロデューサー 「アリラン」継承民族の心一つに (小寺勝美)』、『今日的問題と通底 ノーベル賞のイシグロ作品群 隠蔽と忘却に焦点 平林美都子』(13日付、中日夕刊)
☆『トヨタに3億円超追徴 海外支出 源泉徴収漏れ 名古屋国税指摘』、『米、ユネスコ脱退通知 イスラエルも同調』、『SNSで若者票獲得 18歳初の衆院選 各党政策アピール「テレビより効果」』『選挙費用600億円何ができる? 奨学給付金155億円 就労支援590億円……』、『国立大マーク式と民間 新テスト 英語で両方必須 20~23年度』、『神鋼、鉄鋼でも不正 「線材」複数の顧客に出荷』、『残業200時間 警官自殺 国体担当 公務災害と認定 和歌山』、『弁護士の懲戒請求4.8万件 朝鮮学校無償化声明に反発』『ネットにひな型「形を変えたヘイト」』、『米の山火事、大麻産業にも打撃 全米消費の6割生産 死者は31人に』、『「要介護」睡眠薬常用26% 在宅高齢者 ふらつき、転倒の危機』、『〈特集ワイド〉安室さん突然の引退表明 30代女性アナ「放心」 あまり知らない?若い世代 衝撃落差なぜ 国民的歌手から個の時代の歌姫に』(13日付、毎日夕刊)
☆『米、ユネスコ脱退 18年末「反イスラエル」不満』『「多極主義に大きな損失」事務局長声明』、『米軍同型ヘリ4日間停止 沖縄不時着 「最重大事故」分類』『放射性物質調査 沖縄県が認める 機体に使用可能性』、『トヨタ3億円超追徴課税 源泉徴収漏れ 海外子会社支出で』、『(横山)大観作品、1世紀ぶり日の目 新手法模索した「白衣観音」』、『エアアジアJ29日就航 中部―札幌便 1日2往復』(13日付、中日朝刊)
☆『帰国15年 夢と絆取り戻した 蓮池薫さん「拉致解決一刻も早く」』、『心に残る華麗な演技 浅田真央さんに菊池寛賞』、『東京五輪サッカー男子 監督に森保氏』、『商工中金全店で不正 トップ辞任不可避 デフレ名目融資中止も 自主調査結果』、『首相「籠池氏は詐欺を働く人」 テレビ番組 法曹関係者「司法の独立侵す」』、『神鋼 新たな不正疑い 社長見通し 国内外で複数調査』、『富山湾で「天使」新種』、『株価操縦容疑3人逮捕 警視庁「仕手筋」ら仮装売買』(13日付、毎日朝刊)

十月十二日
 比較的落ち着いた1日。宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳の噴火は相変わらず、続いたままだ。舞の店の近くで共産党候補者が街頭演説。衆院選も熱をおびてきた。
        ☆        ☆
    
 自民党は小選挙区、比例代表で優位に立ち、公明党と合わせた与党で300議席超をうかがい、希望の党は60議席前後と伸び悩み、一方で立憲民主党は公示前の倍増となる30議席も視野に入っているというのが、共同通信が10、11の両日に行った電話世論調査による公示直後の序盤情勢結果である。
 当初、期待した希望の党の伸び悩みは、これひとえに、小池百合子代表の勝手極まるふるまいにある。第一、合従連衡したはずの前原民進党代表の姿が、このところ希望の党の街頭演説などで各マスコミに露ほども出てこないのも奇怪だ。これでは小池代表の悪趣味な一人芝居だと批判されても仕方なかろう。
 今からでもよい。体制立て直しは出来ないものか。今選挙で安倍政権を倒さない限り、日本はよくならない気がするのは私だけか。そのためにも小池、前原そろっての街頭演説など二人三脚がぜひとも必要ではないのか。
 前原民進党代表だけが完全に舞台裏に葬り去られた状態になっている今現在を見る限り、希望の党への信頼度は薄らぐ一方だといっても過言でない。有権者は正直で「それくらいなら、今の体制のままでいいや」ということになってしまう。有権者、いや人間の心情などは単純なもので、この先、小池代表と前原さんが共に街頭に立つ場面が少しでも多くなれば、奇跡は起きるかもしれない。そう私は思う。
 今の状態を見る限り、つい先日までの民進党は生殺しに遭い息の根までも止められている。

 本日12日午前11時ごろ先に噴火した新燃岳(1421㍍)の噴煙が火口から約2000㍍の高さにまで上昇した。長野県の東京大基礎観測所が11日、地球に接近する直径10~30㍍の小惑星を撮影したと発表。小惑星は太陽の周りを回っている「2012TC4」で、地球には日本時間の12日午後2時42分に最接近。地球から月までの距離の13%に当たる約5万㌔先の月の軌道内側を通ったという

        ✕        ✕
 きょうは、なんとか読書も出来た。それにしても、最近、わが家の庭に顔を出す野良ちゃん(猫)たちの顔ぶれが少し変わってきた。そんな気がする。相変わらず、てまりに似た白黒猫は顔を出すものの、1番うるさかったこすも・ここに似た〈もどきちゃん〉の姿がグンと減った。「元気でいるかな」という私に「心配ないってば。きょうも道を渡って近くの家を出入りする姿をみたんだから。もどきなりに、いろいろ考えてあちこち彷徨って歩き回っているんだよ」とは、舞。       
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
 割れた受け皿では足りないらしい。自民優位、と衆院選序盤の情勢調査。立役者は首相なのか、それとも……。
        ◇
 市場もそんたく、ではあるまいが。東証の株価がほぼ21年ぶりの高値水準。公的マネーの影もちらつき。
        ◇
 守るのは投資家か、上場企業か。東証が東芝の注意銘柄指定を2年ぶりに解除。
=12日付毎日夕刊〈近事片々〉から。抽出

【新聞テレビから】
☆『新燃岳の噴煙 2000㍍まで上昇』、『〈大波小波〉 短歌研究新人賞に期待(柑橘類)』、『「独立撤回の猶予8日間」スペイン 首相、自治権停止へ警告』、『日本、核禁止条約触れず 国連提出の核廃絶決議案』、『トランプ大統領と横田夫妻ら面会へ 拉致家族、来月の来日時に』『「大きなものに立ち向かう」 ノーベル文学賞 イシグロさん、母校で対談』、『ヘリ炎上 民家から300㍍ 沖縄知事 米に飛行停止要求へ』『最重大の事故 米海軍が分類』、『神鋼 他にも不正疑い 社長言及「信頼ゼロに落ちた」』、『〈考える選ぶ 10.22衆院選〉女性候補比率最高だけど…17.7% 議員数 国際的には低水準』、『進路妨害1カ月前にも 東名夫婦死亡 容疑者、一般道で3件』、『単独行甘くなかった チョコ12粒で生還 北アで遭難の75歳、反省』、『★クリオネの新種発見=富山大が12日、巻き貝の仲間で「流氷の天使」と呼ばれるクリオネの新種が富山湾内で見つかった、と発表』(12日付、中日夕刊)
☆『核禁止条約署名国が反対 日本の全廃決議案 「米圧力で表現弱まる」』、『沖縄県「飛行中止を」 米軍ヘリ炎上 国に抗議』、『〈2017衆院選〉候補者「男女均等」道半ば 女性17・7% 解散受け 法案(「政治分野における男女共同参画推進法案」)廃案』、『「医師として宇宙体験を」 金井さん=金井宣茂さん(40)= 12月初飛行』、『米で山火事 21人死亡』、『金物愛展示に幕 碧南・1831年創業の商店 江戸・幕末の逸品15日見納め=愛知県碧南市で、幕末の錠前など昔の金物を展示してきた私設の「金物資料館」(同市浜寺町)が10月15日に閉館する』、『「注意され、きれた」東名事故誘発 石橋容疑者を送検 神奈川県警』(12日付、毎日夕刊)
☆『★小惑星 地球から5万㌔通過へ』、『新燃岳6年ぶり噴火レベル3 宮崎3市1町 降灰』、『アディーレ業務停止2カ月 東京弁護士会「期間限定」宣伝不当』、『自民堅調、希望伸び悩み 衆院選序盤情勢 小選挙区「未定」54%』『大村氏 希望と距離置く 知事会見「特定政党 支援しない」』、『04年 沖縄国際大墜落と同型 米軍ヘリ出火、着陸大破 北部訓練場近く 民家から数百㍍』、『静岡知事「デメリットしかない」 リニア建設火花 JR東海 「新幹線の停車増える」』、『藤田医科大に改名へ 藤田保健衛生大 来秋にも』、『「あおられ停車」うその説明 東名夫婦死亡 逮捕の容疑者』(12日付、中日朝刊)
☆『〈科学の森〉基礎研究の蓄積を評価 ノーベル自然科学3賞 ●体内時計を解明 ●宇宙の謎に迫る ●生体分子を3Dで』、『自公300超うかがう 希望伸び悩み 衆院選序盤調査 立憲に勢い 投票先未定半数』『〈無党派日記 衆院選2017 序盤㊥〉再稼働争点にして 新潟・柏崎市 ここは原発産業頼み』『大村知事 三都演説参加せず 衆院選対応「認識に違い」』、『沖縄米軍ヘリ不時着、炎上 けが人なし 機内火炎、民有地に 北部訓練場付近』『沖縄ヘリ炎上「ヘリパッドある故に」 04年、大学墜落と同型』、『大谷=プロ野球・日本ハム、大谷翔平投手(23)=きょう右足首手術「新シーズン「万全の状態に」』、『「アディーレ」業務停止 過払い金返還で虚偽宣伝 東京弁護士会』、『中村六段が王座奪取 羽生、13年ぶり1冠に』、『さい帯血進まぬ廃棄 契約者7割連絡つかず 厚労省通知後』、『早産予防薬でぜんそく 長期使用 子どものリスク高まる』(12日付、毎日朝刊)

十月十一日
 岐阜30・7(平年比+6・6)、名古屋29・9(同6・1)、津26・5(同3・3)度と東海各地は、前日に続き秋にしては暑い1日となった。
        ☆        ☆

 宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421㍍)が11日午前5時34分に噴火。灰白色の噴煙が火口から約700㍍まで上昇。2011年9月7日いらい約6年ぶりの噴火で気象庁は火口から約2㌔の範囲で大きな噴石の飛散や火砕流の恐れがあるとして噴火警戒レベルを火口周辺規制の2から、入山規制の3に引き上げた。
 午後5時20分ごろ、沖縄本島北部の上空を飛行していた米軍普天間飛行場配備のCH53E大型輸送ヘリコプターが訓練中に出火し、東村高江の米軍訓練場に近い民間地に緊急着陸、炎上。乗員7人と周辺住民にけがはなかったというが、オスプレイの胴体着陸などこのところ相次ぐ米軍機の事故には、周辺住民の不安が高まっている。

        ✕        ✕
 午前中、業者に来ていただき、風化し剥がれてしまっていたわが家の壁の1部を補正してもらう。ついでにこれまたキャスターが破損して動きにくくなっていた自室ドアレール部分まで治していただく。事前にレールにあったキャスターふたつを近くのホームセンターまで行って買っておいたのだが。「これでは、あわないですね」と直接ホームセンターまで業者自身が足を運んでくださっての補修には感謝のしようもない。

 午後、少々の野菜を手に畑を管理してくださっているお方の家へ。2度訪れたが、あいにくの留守。夜電話したら、奥さまとやっと話ができたが「病院に行っていました」とのことだった。
 年月を経てこのところ、レンズの荒れが目立つ眼鏡に変わる新しい調光レンズを買おう、と隣町、扶桑のイオン店内のめがね屋さんへ。いつもの女性店員が親切に対応してくれ、結局、彼女がおっしゃるには「お望みのフレームは全国でもただ一つ。幸い沖縄・浦添市にありましたのでさっそく取り寄せます」とのこと。しばらく時間はかかるが、ついでに目の検査とレンズの調整もして頂いた。当然、戸外でサングラスに変色するしろものである。
 本欄【生きてゆく…】の執筆もあり、結局読みたい書物も読めないまま深夜未明に、と時は流れ去った。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
 米国には笑えない、こんなジョークがある。「悪い政治家をワシントンへ送るのは、投票しない善良な市民たちだ」。傍観者でいるわけにはいかない。
=11日付中日朝刊1面『傍観者ではいられない 編集局次長兼社会部長 寺本政司』から。筆者は、こう結んだ

【新聞テレビから】
☆『新燃岳 6年ぶり噴火 警戒レベル3に引き上げ』、『増税、子育て 舌戦過熱 衆院選 党首、列島走る』『18歳、投票一番乗り 初の総選挙』、『神鋼、鉄粉でも改ざん 関連会社でも不正か』『横田騒音、国に賠償命令 地裁支部 将来分・飛行差し止め認めず』『全盲女性 惑わす騒音 横田基地 方向失い出歩けず』、『山火事消えた住宅街 カリフォルニア17人死亡』、『ティラーソン長官から「ばか」呼ばわり トランプ氏「IQ(知能指数)で勝負だ」』、『イケア長久手待ってた 中部初オープン』、『遺族年金18億円過払い 会計検査院調査 資格喪失の1000人に』、『見えぬ障害示す「ヘルプマーク」 思いやりの手広がる 名古屋 国内初、PR自販機』、『力と力の勝負に 天元戦第1局』(11日付、中日夕刊)
☆『カタルーニャ 独立宣言 凍結 中央政府と対話模索』、『〈2017衆院選 第一声各党戦略〉原点で思い込め 定番選ぶ「安定型」 拡大へ「強い地盤」』、『神鋼 鉄粉も改ざんか 不正拡大の可能性』、『規制委 原燃の虚偽記載 認定 六ケ所再処理工場 雨水流入』、『将棋・三段リーグ開幕へ 里見香奈5冠最後の挑戦 年齢制限 男子と同じ道へ闘志 四段昇段なら女性初』、『1968年 市民運動に光 千葉・歴博初の企画展 ベ平連水俣病 全共闘』、『新燃岳6年ぶり噴火』(11日付、毎日夕刊)
☆『福島原発判決 国の責任を明確にした 〈社説〉 ’17衆院選公示第一声 原発なぜ語らないのか』、『3極対決 1180人立候補 安倍政治の是非焦点 小池氏不出馬 衆院選公示22日投開票 愛知46人 岐阜15人』『傍観者ではいられない 編集局次長兼社会部長 寺本政司』、『国と東電に再び賠償命令 原発福島訴訟 原状回復は却下』、『「拉致過去の問題ではない」 帰国15年 地村さん夫妻訴え』、『事故直前 夫に暴行か 東名夫婦死亡 容疑者、胸元つかみ』、『新国立工事 自殺は労災 労基署認定「残業 月190時間」』、『善光寺に落書き逮捕 損壊容疑 長野の47歳無職女』、『天元戦 豊田できょう第1局 井山「納得できる戦いを」 一力「自分らしい碁打つ」』、『再生計画案 森友が提出』(11日付、中日朝刊)
☆『消費税・改憲争点 衆院選公示 3極、安倍政治を問う』『〈無党派日記衆院選2017 序盤㊤〉心動く政党どこ 女性党首に魅力感じるけど』、『原発事故「国・東電に責任」 計5億円 避難区域外も賠償 福島地裁判決』、『遺族年金18億円過払い 会計検査院調査 資格喪失の1000人に』、『進路塞ぎ事故誘発 東名で6月 追突され夫婦死亡 容疑者逮捕』、『「女性刺したくなった」川崎・殺害容疑 逮捕前に供述』、『新国立建設「自殺は労災」 労基署 月190時間残業を認定』、『神鋼に不正究明指示 経産省 納入200社、安全性確認も』(11日付、毎日朝刊)

十月十日
 火曜日。新聞休刊日で朝刊は来ない。
 秋とはいえ、暑い1日。それでも、風はどこかさわやか。戸外は皆、秋色である。私たちは、さふしたなかで泣いたり、喚いたり、喜んだり、悲しんだりしながら曲線を描いたレールのような、そんな道なき道を与えられた運命の如く歩いてゆく。
 心のなかで。互いに手をつなぎながら
        ☆        ☆

 第48回衆院選がきょう10日に公示され、12日間の選挙戦に突入した。22日に投票、即日開票される。
 今回選挙は、5年近くにわたる安倍1強政治の是非が問われる政権選択政治でもあり、有権者の判断を受けた政権の枠組みがどうなるか―が焦点といえよう。政権継続を狙う自民、公明両党に対して希望の党と日本維新の会のほか共産、立憲民主、社民各党の3極が対決する構図で憲法や消費税、原発政策などを巡って論戦が交わされる。
 与野党の8党などから計1180人が立候補し、計465議席(小選挙区が289、比例代表176)を争う。

 東電福島第一原発事故の被災者約3800人が国と東電に損害賠償などを求めた訴訟の判決で福島地裁はこの日、「双方とも津波を予見できたのに対策を怠った」として、国と東電の責任を認定し、原告約2900人に総額約5億円を支払うよう命じた。長野県警が長野市の善光寺宿坊の柱や国宝本堂柱など100カ所以上に「✕」印などの落書きをした、として市内に住む無職の女(47)を建造物損壊と器物損壊の疑いで逮捕。

        ✕        ✕
 大津の眞鍋京子さんが来月26日に栄えある卒寿を迎えられるに当たってかつて滋賀県を代表する同人誌だった「くうかん」を復活させ、そこに眞鍋さんの作品を一挙掲載する話が進んでおり、大津在住の陰の助っ人でもあり、私自身もこれまで何かとお世話になっている中嶋泰子さんと2度、3度と電話のやり取り。「熱砂」に掲載されてきた作品の収録方法につき話し合う。中嶋さんにはいつも助けられどおしで感謝している。
 たまりにたまっていたフェイスブックのチェックなどにも追われる。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
「(条約に署名しない日本政府の方針は)被爆者への背信行為だ」「この機会にあらためて日本政府に求めたい」「広島、長崎の原爆被爆者への訴えに耳を傾けるべきだ」「条約を署名、批准しないことは、七十年以上も核廃絶に努めてきた被爆者への背信行為だ」「核兵器が人々にとって受け入れがたいものになれば、各国政府は最終的に、その声に従わざるを得なくなる」「核保有国が核兵器を容認している限り、北朝鮮に核武装をあきらめさせることは不可能だ」
=10日付中日夕刊『条約反対「被爆者への背信」 平和賞ICAN(「核兵器廃絶国際キャンペーン」)日本政府を非難』の記事のなかで。ICANのベアトリス・フィン事務局長、アジア太平洋担当のティム・ライト氏らは、このように語った

【新聞テレビから】
☆『条約反対「被爆者への背信」 平和賞ICAN(「核兵器廃絶国際キャンペーン」)日本政府を非難』、『秋きらめく高山祭』、『行動経済学に経済学賞 セイラー氏=米シカゴ大のリチャード・セイラー教授(72歳)= 心理学で意思決定分析』、『安倍一強政治を問う 森友・加計 改憲 原発など 衆院選公示1177人届け出』『〈解説〉3極の相違 見極めを(政治部・清水俊介)』『愛知は15選挙区に46人』、『「ゲバラ闘争 国を解放」 死後50年、追悼式典 ボリビア』、『H2Aに神鋼製アルミ きょう打ち上げ成功 性能改ざん拡大 新たに車5社、JR東も』、『筧被告死刑求刑 青酸連続殺人 検察「凶悪重大な事件」』、『進路ふさぎ夫婦死なす 東名事故、容疑で男逮捕』、『震災慰霊地に成人女性遺体 宮城・岩沼、遺棄か』、『★善光寺の落書き100カ所超』、『★猿之助さん公演で腕骨折』(10日付、中日夕刊)
☆『村上=茉愛=(女子)床で金 世界体操』『村上「人生で一番」日本女子63年ぶり金 見せた表現力 平均台女王 池田さん以来』『(男子)白井 跳馬も金』、『安倍政治 継続か転換か 衆院選3極対決 公示 新党の議席数焦点 22日投開票』『1100人超が立候補』『72人届け出 東海3県小選挙区』『離合集散劇場 衆院選公示 憲法・増税 3極論戦』、『データ改ざん 神鋼製ロケットにも 日産・スバル・マツダも使用』、『11年前の殺人容疑逮捕 川崎 別の女性刺傷事件受刑者』、『「被爆者の証言 耳傾けて」平和賞ICAN 日本に条約署名促す』、『千佐子被告に 死刑求刑 連続毒殺 「まれにみる凶悪事件」』、『■装置トラブルで猿之助さん骨折』(10日付、毎日夕刊)

十月九日
 日曜日。体育の日である。午前中曇っていた天気も午後には、カラリと晴れ上がった。
        ☆        ☆

 体操の世界選手権最終日は8日、モントリオールで種目別決勝の後半5種目が行われ、女子床運動で村上茉愛(日体大)が14・233点をマークして同種目で日本勢初の金メダル。日本女子の世界1は1954年大会で平均台で優勝した田中(現池田)敬子いらい、実に63年ぶり2人目の快挙である。よくやった! 村上。

 キューバ革命の立役者のひとり、チェ・ゲバラ(享年39)が死去して、きょう9日で50年。ボリビア中部バジェグランデの「チェ・ゲバラ文化センター」には、地元や周辺国などから3000人が訪れ、追悼行事が行われたという。名古屋市中村区の再開発地区「ささしまライブ24」と名古屋港を結ぶ「クルーズ名古屋」がきのう就航。水上の旅を楽しもう、と多くの家族連れらが乗り込んだ。

        ✕        ✕
 きょうは幸い天気もよく、わが家では朝から業者によるベランダの再生強化工事が進み、昼過ぎには終わった。削り取ったマットのところに〈FRP〉というガラス製樹脂を融かしたものを敷き、そのうえにトップコートという敷物を2層に敷き詰めるという方法で、これなら「あと10数年」雨漏りがする心配はないという。幸い、工事が終わったころには日差しも強くなり、自然乾燥にも絶好の日和となった。
 きのうの眞鍋京子さんの「語り継がれる歌・琵琶湖周航の歌」に続き、「熱砂」同人の黒宮涼さんから「浜辺の結婚式」、平子純さんからも「汐音と鬼太夫」のテーマエッセイ=テーマは〈海〉=が届き、編集に追われる。平子さんの作品は掌編小説ふうで色合いの違うものだったが、病と闘いながらの意欲あふれる創作だけに、ここはテーマエッセイとして出稿し公開作業を進めた。ご自身、話されているようにエッセイふう掌編とでもいえようか。

 夕方、一段落したところで、きのう〈エデンの東〉で収穫しておいた柿のうち出来のいいものを選んで妹宅へ。おすそ分けし、ホッとした。いやはや、人間生きていくにはアレモコレモと、大変である。家の裏庭に集まる野良ちゃんたち(猫)は私より、もっと大変に違いない。私としては【嘘つきカモメ】ばかりの政治家たちより、日々を正直かつ懸命に生きる野良ちゃんたちに愛を捧げたい。

【きょうの一文・ことば】
▲解散劇は最大勢力を誇る自民一座の安倍晋三座長による演出で幕を開けた。回り舞台を使うように、森友・加計学園問題の追及劇から場面を切り替えた。そこへ小池百合子座長が新劇団の希望一座を旗揚げし、客席の空気は一変する
▲「顔見世や顔にかかりし紙の雪」(市川右団治)。紙吹雪の舞う花道を歩けるか、それとも奈落が待つのか。
=9日付毎日朝刊〈余録〉から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『衆院選あす公示 首相「自公過半数で続投 党首討論 野党、対決姿勢鮮明』、『体操■世界選手権 白井無敵 床3度目V 同一種目日本人初 ひねりの神 技と美両立』、『則本15勝 自己最多タイ 222K4年連続タイトル決定的』、『東大15年ぶり勝ち点 法大に2戦2勝』、『丸栄閉店、20年めど新施設 興和 2000億円かけ栄再開発』、『神戸製鋼 アルミ性能偽装 10年前から MRJ(三菱リージョナルジェット)、新幹線、トヨタ車にも』『納入先の公表拒む 神鋼偽装会見 消費者より 顧客優先 トヨタ、車種確認急ぐ/主翼、アルミ使用』、『善光寺 落書き 30カ所超 国宝・本堂など、白色で記号』、『11年前刺殺容疑 男逮捕へ 川崎・女性被害 通り魔で服役中の37歳』、『★七代目笑福亭松喬(しょきょう)を襲名』(9日付、中日朝刊)
☆『モコモコの秋=岐阜県郡上市高鷲町の「花の駅ひるがの高原コキアパーク」ではコキアが真っ赤に色づき紅葉のピークを迎えている』、『■デンマーク皇太子夫妻が来日』、『「シャンシャン」名前おひろめ会 名付け親代表招待』、『子どもと高齢者体力向上 30~40代運動不足で低下 スポーツ庁調査』『入学前の外遊びで差』、『首相 「与党過半数で続投」 8党首討論会 小池氏「首相候補は選挙後」 衆院選あす公示』、『神戸製鋼データ不正 アルミ・銅 強度不足も 10年前から』、『体操世界選手権 白井連覇無敵の床 連続大技独壇場』、『則本4年連続最多K 野茂以来の快挙』、『東大15年ぶり勝ち点』、『テニス楽天オープン 内山組 金星で頂点 日本勢12年ぶり男子複』『昨年全米Vペアを撃破 勢いのまま勝った』(9日付、毎日朝刊)

十月八日
 からりと晴れた1日。思わず〈そら〉を見て♪秋空に未来永劫と書いて見し、とつぶやいていた。きょうは各地で秋の運動会があったに違いない。秋晴れの下にいると、なんだか褒美でももらった気がする。不思議だ。
        ☆        ☆

 モントリオールでの世界体操床運動で白井健三(日体大)が優勝。同一種目別での3度の世界1は日本選手初。片やプロ野球、6回無失点で15勝目をあげた楽天の則本が8三振を奪って今季の奪三振数を自己最多の222に伸ばし、1990~93年の野茂英雄(近鉄)以来、史上4人目となる4年連続の最多奪三振を決定的とした。神宮球場で開かれた東京六大学リーグ2回戦で東大が法大を8―7で破り連勝し、勝ち点をあげた。東大が法大から2戦2勝で勝ち点を得たのは1928年秋以来。

 10日の衆院選公示を前に与野党の8党首は日本記者クラブ主催の討論会にのぞんだ。安倍首相(自民党総裁)が「自民党が大幅に議席を減らしても自公両党で過半数を維持すれば続投する」意志を表明すれば、希望の党代表小池百合子東京都知事は首相を退陣に追い込む姿勢を強調したうえで「選挙戦では党としての首相候補は示さず、選挙結果を踏まえたうえで判断する」旨を明らかに。
 共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の枝野幸男代表らも安倍政権との対決姿勢を明らかにした。いよいよ待ったなし、の衆院選が始まる。

        ✕        ✕
 午後、舞を伴いゴッホの気分で私たちの畑〈エデンの東〉へ。
 ここで私たちの私有地のかなりの部分で野菜栽培をしてくださっていた方が最近、病気で入院されているので「せめて、荒れ放題になっている雑草の除去だけでも」と勇んではみたものの、やはり体力には限界があり途中でダウン。それにしても、放置されたままでダメになってしまった茄子の処分など舞のテキパキした動きは大変なもので、あらためて若さと強さと天性の如きものを感じた。
 眞鍋さんからのテーマエッセイの編集作業を進めながら、あの〈琵琶湖周航の歌〉が幾多の変遷を重ねつつ現在の歌にたどり着いた苦節に、あらためて思いをあらたにした。もう20年も前の話になるが大津在任中は、地元10社会(びわ湖放送、京都新聞両編集局長はじめ、中・朝・毎・読支局長など各社トップの集まり)などの懇親会があるたびごとに、締めくくりにみんなで肩を組み輪となって、♯われは湖(うみ)の子 さすらひの 旅にしあれば しみじみと――と歌った日々が思い出される。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
♪流星のひとつやICANノーベル平和賞  伊神舞子
=伊神舞子の〈きょうの俳句〉10月8日の俳句から
※〈きょうの俳句〉を読むには、minuetto-mi を検索する

【新聞テレビから】
☆『カズオ・イシグロ氏 ノーベル文学賞決定! 文学白熱教室』(8日夜、NHKEテレ)
☆『〈考える選ぶ 10.22衆院選〉各党が公約争点に 原発議論深まるか 立地住民ら注目 ■真剣に被災者支援を ■脱原発の道筋示して ■代わりの振興策を ■事故に向き合って』『安倍政権 着々と再稼働』『「文民統制」を条文案に 首相、9条改憲で言及』、『圧巻31輌豪華な絵巻 5年ぶり「はんだ山車まつり」』、『米、今こそ銃規制を 服部さん事件25年 両親、強化願う』、『三国連太郎さん、尽きぬ思い出 中津川で映画祭 佐藤浩市さんら語る』、『都立小児病院 残業代未払い 医師ら130人、1億2000万円』、『〈サンデー版大図解〉市民マラソン』(8日付、中日朝刊)
☆『5年に1度の31台勢ぞろい はんだ山車まつり』、『8党首論戦本格化 小池氏「9条議論不可避」衆院選』『「9条改悪反対」明記 立憲民主が公約発表』『〈ドキュメント衆院選2017〉中京代表どっち? 大村氏 河村氏 希望巡り2人綱引き』『「三都物語」構想 懸念の声 大都市優先 地方反発』『解散 官僚もホッ 森友、加計問題 国会追及吹っ飛び』、『18歳六浦三段V 3番目の年少記録 名古屋出身 阿含・桐山杯』、『新スポット誕生 ささしまライブ まちびらきに舞台で生演奏 早速にぎわい』(8日付、毎日朝刊)

十月七日
 大津の眞鍋京子さんからテーマエッセイ=テーマは〈海〉=が速達で送られてきた。題名は「語り継がれる歌」で琵琶湖周航に関する作品である。そういえば、滋賀県では日本1大きい琵琶湖のことを湖(うみ)と呼び、滋賀県内のこどもを〝うみのこ〟と呼び親しんでいる。かつて大津在任時には【うみのこ詩(うた)の旅】なる企画を展開、毎週、新聞紙面で子どもたちの詩を特集し、びわ湖放送アナウンサーにも朗読していただいた思い出がある。

 というわけで眞鍋さんから届いたエッセイを夜遅くからパソコンキーワードで打ち始めた。いつもは、高齢の眞鍋さんを心身ともに支えてくださっている女性が作品を打ち込んでワープロで私あてに送信してくださり感謝のしようもないが、今回は速達で「熱砂」主宰の私あてに直送されてきたこともあり、打ち込み作業を進めている。眞鍋さんは、滋賀県の同人誌「くうかん」=現在、休載中=の代表を長年務められ来月26日には卒寿を迎えられるのを機に「くうかん」復活の話も進んでいる。
        ☆        ☆

 5年に一度の愛知県半田市の第8回はんだ山車まつり。この日は午後2時過ぎ半田市内10地区の山車31輌が市役所近く東洋町のさくら会場に整列、豪華な山車絵巻が来場者を魅了した。私自身、かつては祭り半島で知られる石川県能登半島で日本一大きい〝でか山〟はじめ、石崎奉燈祭りや暴れまつり、数え知れないほどのキリコ、くじり祭りなどを堪能してきた。それだけに「祭りは民俗の叡智ともいえ、やっぱり文句なくいいなっ」と思う。

 小池百合子代表率いる「希望の党」。衆院選の公約に「2030年までに原発ゼロ」を公約に掲げ、憲法への明記もめざすとしており、それはそれで歓迎すべき良いことなのだが。小池さん自身が避難生活を過ごす被災者や原発立地地区の住民らの真の心、気持ちをどこまで理解しているか、となると甚だ疑問だと言わざるをえない。
 小池さん本人が被災地に何度足を運んだのか。足を運び、現地の事情把握の点では安倍首相の方がはるかに上ではないのか。小池代表で歓迎すべきは、加計隠しや森友問題の放置などで国民を欺く一方の安倍首相を倒すということ、この一点だけだが。どうもあっちにふらふら、こっちにふらふらで政策に一貫性がない。
 名古屋弁でいえば【ワヤクチャ】【オッパッパ】で、民主党との公認問題にしても、政策論で自分勝手な「踏み絵」問題を持ち出すなど、どうも首尾一貫性がない。ただ、選挙そのものが興味深くなったことだけは事実といえよう。

       ✕        ✕
 各務原での社交ダンスのレッスン。ワルツとチャチャチャの基本を学んだが、ワルツのP・P(プロムナード、ポジションの略称)をするに当たっては〈バレリーナの足〉に、とのこと。これは、私にはなかなか難しい。
       ✕        ✕       

【きょうの一文・ことば】
「忘れられた巨人」は、老夫婦が息子捜しの旅をするラブストーリー。6世紀ごろのグレートブリテン島を舞台にしたファンタジーだが、人々の記憶を奪っている存在が浮かび上がってくる。イシグロさんは「1990年代のユーゴやルワンダでの内戦と大虐殺のショックが執筆のきっかけ」と説明した。過ちを繰り返さないために、記憶をどう扱えばいいのか。記憶は、この作家のデビュー以来の一貫したテーマだ。初期の「遠い山なみの光」と「浮世の画家」は幼少期の日本でのわずかな記憶をたどり、代表作「日の名残り」は英国の執事が古き良き時代を思う。
「私の底に子ども時代の日本がある。もう一つの古里です」とほほ笑んだ。【鶴谷真】
=6日付毎日朝刊『イシグロ文学 人間の弱さ平易に「日本もう一つの古里」』『受賞、平和に貢献できれば』の記事の中から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『ICAN=International Campaign to Abolish Nuclear Weapons=フィン事務局長 「被爆者全員への平和賞」 「核の傘に頼れば、自らも核の標的に」』『ICAN委員川崎さん訴え 核廃絶「絶対できる」 被爆者高齢化「支柱」相次ぎ失う』『平和の灯に思い港区 ICANノーベル平和賞 被爆国今こそ行動を豊橋 「市民活動に力」ピースあいち館長』『「核禁止条約に参加して」 守山区・被団協代表理事』『ICANに平和賞 「被爆者の痛み認められた」中満(泉)・国連軍縮担当』『米 受賞を疑問視の報道も 原爆投下被爆者触れず』、『軍事攻撃計画? 憶測呼ぶ トランプ氏 「嵐の前の静けさ」』、『国際航空機関が北ミサイル非難 「安全脅かす」 日本主導』、『華やか 山車絵巻美を競う 半田で5年ぶりまつり』、『そのネット報道フェイク! 衆院選 記者ら検証スタート 「突然、意味不明の言葉」/「改憲賛成に変節」 ▼2件認定』、『「別れ話され殺害 放火」 茨城母子6人死亡 逮捕の夫供述』、『最年少の11歳(北海道北見市の本田まりあさん)で気象予報士 合格』、『三国さん映画祭思い出いっぱい 中津川で開幕』、『20代、70代より外出せず 民間調査 6割「引きこもり」自認』、『長野の中央道10㌔逆走、事故 豊田の84歳運転』(7日付、中日夕刊)
☆『国連「市民の努力結実」 核廃絶運動にノーベル賞 米「平和に寄与せぬ」』『被爆者全員に与えられる賞 ICAN事務局長』『ノーベル平和賞に「ICAN」「核廃絶 世界の問題」15年授賞式出席の被爆者』『核兵器禁止条約 「各政党議論を」運営委員の川崎氏』、『「弱者への優しさ 昔から」文学賞 親族が語るイシグロさん』、『「まちびらき」華やかに ささしまライブ24』、『首相指名選挙 憶測呼ぶ 方針見えぬ 希望 石破氏に投票も?』、『ドナルド・キーン・センター柏崎 古浄瑠璃の継承拠点に』、『〈ともに2020 バリアーゼロ社会へ〉「盲導犬と社会に感謝」 協会50周年式典180組集結』、『ピコ太郎さん観光大使任命 ウガンダ』、『プリカ特殊詐欺急増 「買い取り屋」が現金化』、『夫「妻から離婚話」 茨城6人死亡火災 全員に刃物痕』、『楢葉で震度5弱』(7日付、毎日夕刊)
☆『核廃絶NGO平和賞 日本7団体参加「ICAN」 禁止条約実現に貢献 ノーベル賞「被爆者と共に受賞」』『〈解説〉米朝緊張に危機感示す(ヨーロッパ総局・阿部伸哉)』『核廃絶大きな一歩 ICAN平和賞』『被爆者「72年祈ってきた」まいた種〝成長〟喜ぶ』『ピースボート共同代表川崎さん期待 「条約署名 日本も」』『「自分たちへのエール」中部の被爆者団体』『本紙が号外配布』、『仏絵画史たどる ランス美術館展 名古屋できょう開幕』『電通違法残業 「常態化」 東京簡裁 罰金50万円判決』、『体操モントリオール■世界選手権 総合力 白井輝く「銅」 ミスなし支えた練習量』、『逮捕の男「家族を殺害」 日立火災 死亡6人 刺し傷など』、『東京の男性を誤認逮捕 豊川署発表 ニセ電話詐欺容疑で』(7日付、中日朝刊)
☆『核廃絶運動に平和賞 国際ネット「ICAN」被団協と連携 禁止条約に貢献 ノーベル委 北朝鮮非難』『被爆者 「非核に追い風」 ICANノーベル平和賞 実現へ決意新たに 被爆者に向けた賞川崎さん 若者が主導07年設立ICAN 愛知県内にも喜び 運動に力与える 日本被団協』『世界の流れに日本も 「条約反対は不可思議」 遺影と喜び長崎被爆者』、『電通違法残業に有罪 罰金50万円「命奪った責任重い」東京簡裁判決』『電通改革に注目 違法残業判決 裁判官、社長に説諭』『NHK会長 遺族に謝罪 記者過労死で』、『消費税・改憲 争点に 衆院選 3極の違い鮮明』(7日付、毎日朝刊)

十月六日
 午後11時56分ごろ、福島県楢葉町と川内村で震度5弱の地震が発生。震源は福島沖で震源の深さは約50㌔。自身の規模はマグニチュード(M)5・9と推定。幸い、津波の心配はなかった。
 雨の1日。
 いつも庭先に顔を出すコスモに似たモドキちゃんや、きどりやさんたち。何匹かの野良ちゃんたちは一向に顔を見せない。どこでどうしているのだろう。どこかに潜んで、文句ひとつ言わず懸命に生きているに違いない。
        ☆        ☆

 ノルウェーのノーベル賞平和委員会が日本からもNGO(国際非政府組織)ピースボートなど7団体が参加するスイス・ジュネーブに拠点を置く国際非政府組織の核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN=International Campaign to Abolish Nuclear Weapons)に授与すると発表。ICANは平和や軍縮、人権問題などに取り組む約100カ国、470団体で構成、ことし7月の国連での核兵器禁止条約制定にあたって広島や長崎の被爆者とも連携し条約採択にも貢献しただけに、人類の平和に向かって1番大切な国際組織への授与は、とても賢明な判断だと思う。この授与により、核兵器のない平和な社会に一歩も二歩も前進することを心から願いたい。

        ✕        ✕
 あれこれと追われるなか、私たちのウエブ文学同人誌「熱砂」自慢と言ってもいい24回目のテーマエッセイ〈海〉の公開が始まった。その第1バッターは真伏善人さんの〈日本海〉、そして2番目は私の〈海に抱かれて〉で、ある。夜遅く、大津の眞鍋京子さんからも電話が入り、留守電を聞くと「テーマエッセイ、きょう速達でお送りしました」とのこと。みなさん、お忙しいところを本当にがんばってくださり、とても嬉しく思っている。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
「今回のノーベル平和賞の授賞は、ヒロシマとナガサキの被爆者に捧げられたものだと思います」
=授賞を聞いたICAN関係者のことば。この平和賞受賞で北朝鮮はじめ世界各国の核開発や核廃絶が進むといい。これは、平和を願う世界中の市民が求めることでもある

【新聞テレビから】
☆『〈ナビゲーション〉老後の孤立が深刻化! 残留孤児が祖国で今…』、『〈歴史秘話ヒストリア〉戦国武将・浅井長政!!』(6日夜、NHK総合)
☆『分断の時代 芸術は希望 ノーベル文学賞 イシグロ氏、国家主義憂慮』『「ノーベル賞特需」イシグロ作品増刷 早川書房22万部』、『(4代将軍徳川家綱の茶道指南、片桐石州が愛用した)幻の「八重垣茶人」 200年ぶり発見か 名古屋の収集家寄贈 県美術館が公開』、『恵那の明知鉄道発全国行き 「鉄カード」きてます』、『「自宅に火」妻子か6人死亡 女児殺害容疑 日立の32歳男逮捕』『「嫁が吐血」仕事を休む』、『スズメバチ50分間刺され死亡 愛媛、電動車いすの87歳女性』、『キーロガーPC情報盗む USBは初摘発 岐阜南署、男追送検へ 中学侵入、不正入手の疑い』、『「日経」来月から23年ぶり値上げ 朝夕刊(4509円→)4900円』、『希望の党 公約発表「9条含め改憲を論議」「ユリノミクス」提唱  辺野古「着実に進める」』『小池氏と前原氏 連合に支援要請 神津会長と会談』、『政権交代前の経済状況なら 菅氏「消費増税延期」』(6日付中日夕刊)
☆『被団協、515万人署名提出 「核兵器禁止」国連次長らに』、『川端、大江に連なり感謝 イシグロさんノーベル賞 「村上さん偉大な作家」』『「書評よく私はえびす顔」 イシグロさん母出版のたびに手紙』『イシグロ文学読みたい 一夜明け書店にコーナー』『「紳士で高潔な方」早川書房社長』『20万部増刷決定』、『世界体操 白井個人総合「銅」 日本勢11大会連続メダル』、『ごう音響かせ疾走 鈴鹿F1開幕・フリー走行』、『男自宅に火6人死亡 日立のアパート 殺人容疑逮捕』『「子どもたちかわいそう」日立6人死亡火災 住民ら驚き』、『希望公約 内部留保課税検討 消費増税凍結の代替に』、『無痛分娩死亡書類送検 大阪院長、人工呼吸器使わず 業過致死容疑』、『秋篠宮ご夫妻タイを訪問へ 前国王葬儀参列』(6日付、毎日夕刊)
☆『カズオ・イシグロ氏文学賞 ノーベル賞 長崎出身の英国人 日本生まれ3人目 「日の名残り」「わたしを離さないで」』『「大変な栄誉」』『イシグロさん文学賞 日本の記憶 創作原点 「フェイクニュースかと」 自宅で会見 影響受けた「東京物語」』『91歳恩師「今夜は寝られない」』『特設コーナー準備 名古屋の書店』、『立山深まる秋色 アルペンルート』、『小池氏 出馬要請を固辞 希望足並みに乱れ』、『御園座2階に「演劇図書館」蔵書、台本5万点』、『「長時間労働で 病死は労災」 福井地裁 遺族補償求め、国提訴』『NHK記者過労死「重く受け止める」 会長が謝罪の意向』(6日付、中日朝刊)
☆『ノーベル賞 カズオ・イシグロさん文学賞 日系英国人「日の名残り」』『イシグロ文学 人間の弱さ平易に「日本 もう一つの古里」 受賞、平和に貢献できれば』、『希望 自民と連立 排除せず 小池氏 安倍政権とは 対決 出馬 改めて否定』、『〈視座 衆院選2017〉経済同友会代表幹事小林喜光氏 安倍政治「総括」を』、『州側 対立回避を模索 カタルーニャ 独立日程言及せず』、『遺族、未周知に不満公表 NHK過労死 会長「重く受け止める」』、『女性殺害遺棄、18歳逆走 名古屋家裁「行為の大半担う」』、『〈訃報〉「小樽のひとよ」 三條正人さん74歳(さんじょう・まさと〈本名・渡辺正好=わたなべ・まさよし=〉歌手、「鶴岡雅義と東京ロマンチカ」メンバー)5日、マントル細胞リンパ腫のため死去』(6日付、毎日朝刊)

十月五日
 朝と夜など冷え込みが一段と強まってきた。つい、この間まで「暑い、暑い」と言っていたのに、だ。富山と長野を結ぶ立山黒部アルペンルートでは、早くも紅葉が見頃を迎えているという。わたしたち人間、いや全ての生きものがこうしたなかで生きている。
        ☆        ☆

 スウェーデン・アカデミーが5日、2017年のノーベル文学賞を代表作「日の名残り」や「わたしを離さないで」はじめ、戦後の長崎を舞台にした小説「遠い山なみの光」や「忘れられた巨人」などでも知られる長崎市生まれの日系英国人小説家カズオ・イシグロさん(62)に授与する、と発表した。日本出身作家としては1968年の川端康成、1994年の大江健三郎氏に次ぎ3人目、23年ぶりの受賞。「偉大な感性を持った小説によって世界とつながっているという幻想に潜んだ深淵を明らかにした」というのがその授賞理由だという。心から祝福したい。

 東京ロマンチカのリードボーカルとして〈君は心の妻だから〉や〈小樽のひとよ〉の大ヒットで知られる大津市出身の三條正人さんが5日、マントル細胞リンパ腫のため死去。74歳だった。希望の党代表、小池百合子東京都知事が5日、民進党の前原誠司代表と都内で会談。小池氏は前原氏から、知事を辞職して衆院選に立候補するよう求められたが固辞。

        ✕        ✕
 ウエブ文学同人誌「熱砂」の同人仲間と、テーマエッセイ=テーマは〈海〉=についてのやり取りをメールや電話で。真伏善人さんからは〈日本海〉が届き、黒宮涼さんも「今週中には送ります」と。ただ、牧すすむさんは「あすからロサンジェルスにいる次男夫婦と孫に会いに行くので、帰国し次第送ります」の返事。平子純さんからは「海をテーマとしたエッセイ込みの時代小説、エッセイ小説になりそうです」と。同人誌なのだから、ここは自由に、おおらかに、と思っている。
 そういう私自身も何かに追い立てられるように、きょうテーマエッセイを書き上げた。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
 伝えたいこと? それは、人生は誰もが短いということ。そして全ての人が死を迎えるという事実です。私の好きな文体は、感性が隠されるような文体で、これは家のなかでの家族とのふだんの会話の影響です。両親を通じ日本を学びました。日本に戻る、戻ると思いながら育ちました。自身のどの部分が日本から来て、どの部分がイギリスからなのか。見極めは難しい。授賞の知らせに当初はフェィクニュース、作り話かと思いました。
=ノーベル文学賞授賞の知らせに。長崎市生まれの日本出身、英国人作家カズオ・イシグロさんはこう語った

【新聞テレビから】
☆『独立宣言 日程言及せず カタルーニャ 州首相、国王に「失望」』、『高山に輝いた星81歳8月逝く 流しのケンちゃん=星健二さん、本名・渡辺武=もういない 竜鉄也さんとトリオも』、『同居女性「兆候なかった」FBI(米連邦捜査局)聴取 米乱射、大統領が慰問』、『アンネ隠れ家 誰が密告? 元FBI捜査官解明へ』、『小池氏 衆院選出馬を固辞 前原氏と会談「首相候補」調整へ』、『ゲノム編集ドーピング指定 来年から 遺伝子改変で能力増 東京五輪、検査法課題』、『大量無差別殺人 ここから ラスベガスホテルの部屋、小銃や弾倉散乱 ルームサービス?』、『新型ウイルスで不正送金 警視庁 被害2億円超、初摘発 現金引き出し容疑 男逮捕』、『小僧寿し 元社長 着服で有罪判決 東京地裁』、『「求刑重すぎた」検察控訴 大麻所持事件』、『ヤマカガシ血清ピンチ 個体減少、採算性低く』『愛知の男子中学生も被害 遺族の寄付製造の契機に』、『イオン警備会社 違法残業 月100時間超44人 是正勧告』、『鷗外の「自筆」原稿 実は模写 神奈川近代文学館 実物は宮城に』、『〈文化芸能シネマ〉今週の注目猪飼なつみ あゝ荒野(前編)寺山修司の世界を現代に』(5日付、中日夕刊)
☆『〈衆院選2017〉19歳の君投票しよう 昨年参院選は低調 不在者投票制度もあるよ 主権者とは学んでみよう』『脱原発 誰信じれば 希望に再稼働派、自民から慎重派 「裏切り」「無責任」 希望顧問に大村知事内定』『21年前 旧民主入り拒否された「苦い経験」 排除より結束力を 元新党さきがけ代表 武村正義氏』、『スペイン政府対話拒否 カタルーニャ「独立」州呼びかけに』、『早く帰りたい 九州北部豪雨3カ月』『グローバルゲート 名古屋で全面開業』、『公明 首相改憲に距離 公約発表 教育負担軽減 前面に』『前原氏と小池氏 選挙戦略協議へ』、『利益確定売りで東証一時20円安』、『ゲノム編集はドーピング WADA(世界反ドーピング機関)禁止リスト入り 検査法開発が課題』、『外国人選手の参戦拒否 卓球・中国リーグ 日本を警戒か』(5日付、毎日夕刊)
☆『金シャチ照らす名月 名古屋城』、『本拠最終戦 4番・投手で完封 大谷 究極の二刀流』、『「平壌1週間不在で 拘束 韓国で教育受ける可能性警戒 北朝鮮 強まる住民統制』、『NHK女性記者過労死 14年に認定 選挙取材、残業159時間』、『柏崎刈羽原発「適合」 新潟知事「独自に検証」 再稼働判断 数年先か』『「東電事故反省してない」 柏崎刈羽「適合」福島、新潟県民批判』、『〈考える 選ぶ10.22衆院選〉改憲「自民」「希望」違いどこ 初投票18歳全力で悩む 「人気投票になってる気が…」』『希望、安保法を容認 衆院選公約 消費増税など対立軸』『立憲民主50人超擁立へ』、『田知本遥選手引退 柔道70㌔級 リオ金』、『原爆供養塔の清掃40年超 佐伯敏子さん死去 97歳』、『サミット特需など所得隠し 三重の事業者 100社超、計7億円 志摩の建設会社 未施工分を計上』、『海津の放火、妹殺害 兄に懲役12年判決 岐阜地裁』、『稲沢の名鉄踏切 連続して置き石 急停車後、別列車も』(5日付、中日朝刊)
☆『ささしまライブ まちびらき特集』、『まあるい輝き ビルと共演 中秋の名月』、『柏崎刈羽 新基準「適合」 規制委 東電、事故後初』『「審査合格=安全と違う」 福島の教訓どこへ 浪江から柏崎へ避難男性』、『政治家言葉軽すぎ 「丁寧な説明」で冒頭解散 中身明かさず改憲踏み絵』『山尾氏、1人で「討論会」 至学館大主催 別の予定者は欠席 愛知7区』、『NHK記者 過労死 31歳女性 残業159時間、休み2日 労基署認定』、『重傷の92歳女性死亡 高山・介護施設 老衰、司法解剖へ』、『原爆供養塔通い40年 清掃・遺族捜し 佐伯敏子さん死去(97歳だった)』、『特別法廷 日弁連も謝罪 あす決議「ハンセン病差別助長」』、『新聞協会撤回求める 経産省の執務室施錠』(5日付、毎日朝刊)

十月四日
 きょうは旧暦の8月15日。十五夜である。中日夕刊の連載4コマ漫画〈ウチのげんき予報 新田朋子〉によれば、4日夜は〈中秋の満月〉なのに、こんどの満月は6日だという。「中秋は旧暦で数えるから」とのことで、勉強になった。
 なんだか満月が4、5、6の3日間つづくと思い、それだけ幸せな気持ちになるのは、世間知らずの私だけか。でも、秋の夜空にやさしく浮かぶ満月を見ていると、心までを映し出してくれる。満月は不思議な生きものである。
        ☆        ☆

 原子力規制委が4日、東電柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働審査で新規制基準に適合したとする審査書案を了承。原発事故を起こした福島第一原発と同じ沸騰水型炉では初となる事実上の合格だが、これに対して新潟県の米山隆一知事はこの日、「県独自の第一原発事故などの検証で安全が確認できなければ、再稼働の議論はできない」と述べた。
 NHKが4日、2013年7月に首都圏放送センターで勤務していた佐戸未和記者(当時31歳)がうっ血性心不全で死亡したのは、長時間労働による過労死だとして渋谷労基署が2014年5月に労災認定していた事実を発表。佐戸さんは、当時、東京都庁回りの記者で2013年6~7月の都議選や参院選を取材。参院選の投開票があった3日後の24日に死亡。選挙取材で土日も勤務、死亡前1カ月の休日は2日だけだったという。

 プロ野球の日本ハム本拠地での今シーズン最終戦。対するオリックス戦で日本ハム大谷投手が「4番・投手」で先発、プロ野球での「4番・投手」出場が66年ぶりに実現した。大谷本人が追い求めてきた二刀流の究極の形での出場にはファンも大喜び。大谷は2安打で10三振を奪い今季初完封を飾ったばかりか、自らも先制点の起点になるなど投打に活躍した。チームも3―0で勝ち「最後は勝って締めくくりたかった」のことば通りに。

        ✕        ✕
 今宵は、十五夜お月さん。深夜から未明にかけ、なんどもなんどもベランダに立ち、お月さんを眺める。スマホでも、パチリパチリと撮りまくってみた。でも、やっぱり。素顔の君と対話をするには肉眼で空高く、ものも言わないで浮かんでいる【君】を見て、直接話しかけるのが1番よい。みんな元気でいるだろうか。元気でいてほしい、と。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
 アインシュタインの予言からちょうど百年後にあたる昨年二月、米国を中心とするチーム「LIGO(ライゴ)」が重力波望遠鏡二台を使って初めて重力波の検出に成功した。記者発表の席で、責任者は「We did it!(やった!)」と言った。We(私たちは)という言葉に研究の特徴が表れている。
 受賞者三人は研究チームを率いたが、成果を支えた人は多い。日本人研究者も理論面で貢献した。……
=4日付中日朝刊『〈社説〉重力波が受賞 ビッグサイエンス時代』から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『柏崎刈羽の「適合」了承 規制委 福島第一同型で初』『9原発12基審査続く』、『スペイン国王州政府を非難 独立デモ拡大70万人』、『日産書類偽装も横行 車両検査 有資格者の押印』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉小池流に「地方」大揺れ 民進分裂 選挙区と比例 支援ねじれも』『ツイッタ ー読者数 自民に迫る9万人超 立憲民主 〝好発進〟』、『ホテルに複数カメラ 米乱射 捜査員の動き警戒か』、『オスプレイ事故 米で提訴 遺族と議員「海兵隊、情報改ざん」』、『13歳サーファーのってる 志摩・川瀬さん 最年少プロ、東京五輪目標 志摩市の国府白浜海岸で』、『アインシュタインも喜ぶ ノーベル物理学賞3氏会見』、『〈文化面・黒板〉◆特別講演会「ムラマサ小説道場」=名古屋市の栄中日文化センターが21日午後1時から三重県松阪市出身の作家村上政彦さんを講師に迎え、特別講演会「ムラマサ小説道場」を開く。小説を書くための思考を90分間にわたって語る。問い合わせは同センター=電話(0120)53―8164=まで』(4日付、中日夕刊)
☆『カタルーニャ デモ70万人に』、『米、キューバ外交官追放 大使館員の健康被害受け』、『〈衆院選2017〉希望出現で首相 「北朝鮮」争点化に躍起 消費増税は不利?』『民進解党に連合一定の理解示す』、『容疑者 乱射9分超 ラスベガス 押収銃器47丁に』、『柏崎刈羽、了承へ議論 規制委「合格」審査書案巡り』、『幻の宝刀「蛍丸」 関の匠らが復元 29日まで公開〝刀剣女子〟が支援』、『ヤフー流出30億人 米法人 13年、当初発表の3倍』、『金井さん搭乗ソユーズ12月17日に打ち上げへ』(4日付、毎日夕刊)
☆『30万人抗議の波 バルセロナ』、『重力波観測に物理学賞 ノーベル賞 米3氏、天文学に新境地』『〈社説〉重力波が受賞 ビッグサイエンス時代』、『希望1次公認 192人 立憲民主、全国擁立へ』、『岐阜に初の民間測定所 内部被ばく乳歯で調査 福島事故受け全国の子対象』、『連射へ銃改造か 米乱射』(4日付、中日朝刊)
☆『重力波検出 ノーベル賞米3氏、天文学に新たな道 物理学賞』『「最高の部品と技術」 観測参加日本人研究員喜び KAGRA(かぐら)でも祝福の声上がる』、『希望1次公認192人 民進出身は110人』『「立憲」50人超擁立へ』『森友と加計問題 市民団体追及へ 5グループ共同で』、『銃改造高い殺傷力 ラスベガス乱射 容疑者兆候なく』(4日付、毎日朝刊)

十月三日
 〈秋〉が人間社会など、どこ吹くかぜで、どんどんと先に進んでいく。どこに動かされているのか。自然の力が自然界を動かしてゆく。なんだか、秋ならではの寂しさも共に漂う。
 三重県鳥羽市議会が海女の技術や文化の振興・保存を図る「鳥羽市海女のまち条例」を全会一致で可決。市は海女文化の国連教育科学文化機構(ユネスコ)の無形文化遺産登録をめざすが、こうした海女条例の制定は全国でも初めてだ、という。海女さんのファンの1人として喜ばしい限りだ。
        ☆        ☆

 スウェーデンの王立科学アカデミーは2017年のノーベル物理学賞を、ふたつのブラックホールが合体して放出された「重力波」を世界で初めて観測した重力波望遠鏡「LIGO(ライゴ)」のチームを率いる米国の3氏に授与する、と発表した。

 スペイン北東部カタルーニャ自治州で自治州の独立を問う住民投票での中央政府の警官による実力行使に対し州都バルセロナで3日、約30万人の市民が大規模な抗議デモをした。米西部ネバダ州ラスベガスコンサート会場で1日夜に発生した銃乱射事件で捜査当局は2日、犯行後に自殺したスティーブン・パドック容疑者(64)の宿泊先ホテルの部屋や自宅から計42丁の銃や爆発物を押収。
 日本では希望の党が3日衆院選の第1次公認候補として計192人(小選挙区191人、比例代表1人)を擁立する、と発表。若狭勝前衆院議員は公認候補は全員、改憲に賛成との認識を示した。

       ✕        ✕
 朝夕めっきり涼しくなってきた。風も肌に心地よく感じられるなか、午前中は自宅近くの歯医者さんに。午後は横笛レッスンで名古屋へ。合間に、新聞など各メディアのチェック(これが、かなりの時間を要する)をし、以前読んだ高橋治の〈風の盆恋歌〉と中上健次の〈岬〉をいまいちど読み始める。ふたりの小説手法が以前から気に入っているためで、自らのこんごの創作に役立てたい気持ちもある。
       ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
「(安倍政権を倒す)倒幕が始まるのかと思っていたら応仁の乱みたいにぐちゃぐちゃになってきた。政権交代までいかなくとも、せめて自民党を大敗させて、安倍晋三首相の党総裁3選阻止まではいってもらわないと」「同志として小池氏を手助けしたいと考えてきたが、排除の論理を振り回し、戸惑っている。公認するのに踏み絵を踏ませるというのはなんともこざかしいやり方で『寛容な保守』の看板が泣く」「首相を目指すのであれば、保守やリベラルにこだわらず、器量の大きい人でいてもらいたい」
=3日付毎日朝刊『細川護熙氏 選別「こざかしい」「同志」小池知事を強く批判』の記事の中で。小池百合子東京都知事が代表を務める希望の党について元首相の細川護熙さんは、こう苦言を呈した
※細川さんは小池氏と同じく日本新党出身の前原誠司民進党代表についても「名を捨て実を取ると言ったが、状況をみていると、名も実も魂も取られてしまうのではないかと心配になる」と述べている

【新聞テレビから】
☆『非「希望」東海相次ぐ 希望1次公認190人規模 立憲民主党が発足』『三重1区松田氏 三重2区中川氏→無所属 愛知3区近藤氏→立憲民主』、『容疑者 銃42丁所持 米乱射事件 周到に犯行準備か』『ラスベガス乱射事件「銃を買えなければ…」 現場の市民 規制訴え』『トランプ大統領 規制に言及なく』、『内村棄権V7ならず 体操世界選手権 予選で左足首負傷 しっかり治しはい上がる(内村航平の話)』、『大阪で半世紀「103系」引退 オレンジ電車 涙の別れ』、『金文字 御朱印きらめく 岐阜・金神社 月末の金曜日限定』、『時速120㌔で運転士居眠り 京急(京阪急行電鉄) 快速特急』、『前院長ら書類送検へ 京都府医大 組幹部に虚偽診断書で』、『英の男3人国際手配へ 表参道 高級宝石店強盗』、『★朝ドラ初回関東20・8%』(3日付、中日夕刊)
☆『カタルーニャ抗議拡大 警官の暴力に反発』、『ラスベガス乱射 銃42丁 爆発物押収 死者59人 周到に計画か』『元会計士 カジノ常連 パドック容疑者』『娯楽の街に悲しみ ラスベガス乱射 宿泊客「悪夢だ」』、『〈衆院選2017〉希望1次公認190人規模 民進側と調整 立憲民主設立届け出』『都民フ音喜多氏ら離党へ 小池氏手法に反発』『民進前職3人無所属に 三重選挙区 希望、立憲と一線画す』『近藤氏、立憲民主党へ 愛知3区』、『内村が棄権 世界体操7連覇ならず 個人総合』『「演技成功なのに… 個人総合考え直さないと」 内村痛っ』、『一時今年最高値 東証』、『遠隔操作で無人走行 愛知県・実証実験』、『■「わろてんか」初回視聴率は18.5%』(3日付、毎日夕刊)
☆『医学生理学賞 米3氏に ノーベル賞 体内時計仕組み発見 日本の研究者「ようやく評価」』、『枝野氏ら民進リベラル系新党 自公 希望・維 立憲民主・共・社 衆院選構図固まる 自民公約に改憲発議』『希望擁立過半数233以上 小池氏「政権交代狙う」 「9条改憲 議論避けず』『枝野氏リベラル受け皿に 立憲民主 希望と連携焦点』『民進出身者の公認条件10項目 希望、資金提供も要求』『自由・小沢氏 無所属出馬へ』『改憲 重点項目に明記 自民公約 対北朝鮮など6本柱』『〈核心〉消費税10%是非争点 原発自民「再稼働」 希望・リベラル「ゼロ」 衆院選 構図固まる 消費税 9条改憲 原発 安全保障』、『ラスベガスで乱射58人死亡 500人超負傷 コンサート標的』『凶悪の雨「10分続いた」 ラスベガス 32階から会場に乱射』、『日産121万台リコール 社長謝罪 無資格検査が常態化』、『森友交渉記録保存の仮処分申し立て却下 大阪地裁』(3日付、中日朝刊)
☆『鳥羽市 全国初の海女条例 技術を伝え文化振興』、『両陛下、九州豪雨被災地へ =宮内庁は2日、天皇、皇后両陛下が九州北部豪雨の被災地を見舞うため27日に福岡県朝倉市と大分県日田市を訪問される、と発表』、『医学生理学に 米3氏 ノーベル賞 体内時計を解明』、『ラスベガス乱射 50人死亡 コンサート会場 標的 米史上最悪の被害』、『日産121万台リコール 検査不備、社長「常態化」』、『「立憲民主党」を結成民進分裂 菅・長妻氏参加へ』『「単独過半数狙う」小池氏自身出馬は否定』『民進資金140億円どこへ 枝野氏分与を期待 希望合流組は反発』、『カタルーニャ 数日中に「独立宣言か」 州政府 中央と対立深まる』『EC「静観」飛び火警戒 各国首脳「暴力」のみ非難』、『大腿骨骨折 西日本で高率 地域差最大2倍』、『熊本地震 観測データ改ざんか 文科省調査 関連論文取り下げへ』、『(日本)学術会議会長に山際寿一氏=京都大の学長、65歳=選出』『清宮争奪戦始まる プロ10球団が面談』(3日付、毎日朝刊)

十月二日
 そういえば、きのうは10月1日。三重県志摩半島では伊勢海老漁が解禁され、昨夜のうちに網入れされた網がきょうの未明から水揚げされたはずだ。
 と思っていたら、NHKが正午のニュースで伊勢海老漁の解禁を報じ、あの懐かしい真っ赤なエビたちが水揚げされているところがテレビ画面に大映しにされた。ところは、志摩町の和具漁港だった。
 かつて10月の解禁になるとは取材に安乗や浜島、和具に未明から車で取材に出かけた日々がつい、きのうのようでもある。赤いからだをいっぱいにくねらせ、キューキューと泣く、あのかぼそい音は真珠母貝のアコヤガイが核入れされる時に出す泣き声にも似て今なお私の耳と脳裏にしっかりとしみついている。
 安乗の漁師さんが「ほれっ、兄さんや」とわざわざ鵜方にあった新聞社の通信部まで届けてプレゼントしてくださった時は、ただ感激。志摩で生まれた長男が後ずさりしながらジッと見入り、こわごわエビのヒゲをつかんでいたあの頃が懐かしい。伊勢海老は、月夜の晩にはなぜか、海底に身を隠したままで海水中にからだを現すことはなかった。
 満月の日は漁師泣かせだったこともヨオーク覚えている。
        ☆        ☆

 米ネバダ州ラスベガスで1日午後10時(日本時間2日午後2時ごろ)、男がホテル32階から、近くで開かれていたカントリー音楽の野外コンサートに向かって銃を無差別乱射。58人が死亡、515人が負傷し病院に運ばれた。男は警察官がホテルの部屋に突入する前に自殺した。米メディアは米史上最悪の銃乱射事件だ、と伝えた。
 無資格者の検査問題で日産は121万台のリコール(無料の回収・修理)を発表。西川広人社長が無資格検査は常態化していた、と謝罪。

 注目の衆院選を前に民進党の枝野幸男代表代行が2日、都内のホテルで記者会見。新党「立憲民主党」を結成する、と表明。希望の党に参加しないリベラル系の菅直人元首相、長妻昭選対委員長、赤松広隆さんらが参加する意向だという。これに対して「希望の党」の小池百合子代表はこの日、政権交代のために過半数(233以上)の候補者擁立をめざす考えを明らかにした。民進党の岡田克也元代表、前滋賀県知事の嘉田由紀子さんらは無所属で立候補する、と表明。

        ✕        ✕
 大津市の琵琶湖畔、「アクティバ琵琶」に在住されている御年94歳の詩人で「古田織部」の研究家でも知られる久野治さん(中部ペンクラブ理事)から「アクティバ琵琶」の季刊誌に連載中のエッセイ〈終戦70年を顧みて〉と久野治第三詩集〈鮫―華麗島戦記―〉が届き、さっそく礼状を出させていただいた。11月9日に愛知県西尾市の三河湾リゾートリンクスで開催される中部ペンクラブ主催の文学座談会「平和を語ろう」を前に送ってくださったもので、座談会の席でもぜひ紹介させていただきたく思う。久野さん、ありがとうございました。
        ✕        ✕

【新聞テレビから】
☆『枝野氏 新党結成へ 民進リベラル系 赤松氏、参加意向 連合、候補者を個別支援』『〈考える選ぶ 10.22衆院選〉公明新スローガンへ差し替え 希望ゆきわたる国…困る 敵陣営応援と誤解されかねず』『赤松氏「リベラルの投票先必要」 愛知3区 近藤氏、新党参加「考える」』『無所属出馬へ 嘉田氏が転換 滋賀1区』『村井・宮城知事 事前運動で警告 本人は否定』、『岐阜の一口柿甘~い 渋抜き、傷み防止 研究実り、今秋店頭に』『もう「ハイハイ」できたよ シャンシャンすくすく成長』、『熊本地震データ捏造か 阪大などチーム 文科省が調査』『土野守氏死去 80歳 前高山市長、05年合併』、『〈大波小波〉ソビエト文学に光を(トロツキー)』、『〈藤井聡太を生んだもの 岡村淳司 1〉中学生棋士誕生 棋界の枠超えた吉報』(2日付、中日夕刊)
☆『独立投票「賛成90%」 カタルーニャ州首相、勝利宣言』、『日本の「生」世界を魅了 仏で大規模イベント 障害者による絵画、舞台紹介』、『愛知は「将棋王国」瀬戸出身藤井四段プロ1年 指導員、全国最多』『「普及魂」脈々と 師匠・杉本七段 東京・大阪に負けぬ』、『景況感10年ぶり高水準 大企業製造業 4期連続改善 日銀9月短観』『〈解説〉「出口」戦略考える時【坂井隆之】』、『〈衆院選2017〉希望第1次公認 午後にも発表 民進と候補者調整』、『全盲男性はねられ死亡 大阪 駅ホームから転落』、『「ひよっこ」の視聴率18・4% 名古屋地区』、『欅坂46の握手会 妨害の男に有罪 千葉地裁判決』、『硬式ボール盗2人逮捕 同じ中学の野球部OB 窃盗容疑』(2日付、毎日夕刊)
☆『世界主要都市間 1時間内 スペースXロケット旅客船計画 火星都市も構想』、『住民投票決行、衝突465人負傷 カタルーニャ州 スペイン政府阻止』、『市民監視前に許可必要 「共謀罪」懸念の国連報告者』『〈この人〉国連人種差別撤廃委員に選ばれた洪恵子さん(52)=洪さんは南山大法学部教授で専門は国際刑事法。父は中国籍だったが、戦後、日本国籍を取得し母は日本人』、『〈核心〉日本人4年連続に期待 オプジーボ、リチウム電池…きょうから発表 自然科学3賞 平和賞 文学・経済学賞』、『内閣不支持46%と逆転 比例、自民24% 希望14% 衆院選世論調査』『希望、200人規模擁立へ 枝野氏にリベラル新党検討』、『「モナリザ」の習作か ダビンチ作の可能性と鑑定』、『金華山でイノシシ分布調査 岐阜市など カメラで児童撮影』、『〈ゴルフの日本女子オープン選手権で〉18歳畑岡40年ぶり連覇』(2日付、中日朝刊)
☆『仮設商店街 厳しい退去後 震災・独法調査 人戻らず 店再建6割止まり』、『枝野氏ら新党結成へ 党名「民主党」検討 希望に参加せず』『希望、連立も視野 若狭氏「小池氏、次の次出馬か」』『〈ドキュメント衆院選2017〉民進支持者「排除」に反発 「リベラル結集を」「無所属で」 出馬予定者はタジタジ』『東海3陣営対応に追われ「難しい」「ぶれずに」』、『18歳畑岡メジャー連覇 日本女子オープン 40年ぶり』、『藤井四段サプライズで激励 名古屋・こども大会』、『新幹線初LEDの目 JR東海「N700S」先頭車公開』、『弘道会会長ら再逮捕 愛知県警 用心棒代徴収の疑い』、『男性押され線路転落 駅ホーム 男逃走、殺人未遂容疑 川崎』(2日付、毎日朝刊)

十月一日
 きょうは日曜日。日本酒の日。法の日でもあるそうだ。いろんな日がある。
        ☆        ☆

 東日本大震災で多くの人や住居、車、建物などありとあらゆるものが津波にさらわれた宮城県の名取市、岩沼市、亘理町を舞台とした「東北・みやぎ復興マラソン2017」が1日開かれ、1万1000人のランナーが復興途上の沿岸部を駆け抜けた。宮城が本拠地のプロ野球楽天、星野仙一球団副会長が「よい思い出をつくって」と呼びかけたあとスターターを務めた。
 
 千葉県我孫子GCで行われていたゴルフの日本女子オープンで18歳の畑岡奈紗が通算20アンダーの268で2年連続優勝。1976年から2連覇した樋口久子以来、40年ぶりの史上2人目となる連覇を達成。宮里藍の18歳360日を上回る史上最年少18歳261日でツアー通算3勝目に到達した。
 片や、パリ郊外のシャンティイ競馬場で開かれた競馬の世界最高峰レース、第96回凱旋門賞は、3歳牝馬エネイブル(英国)が予想通り、直線で鮮やかに抜け出して優勝。G1レース5連勝に輝いた。私もテレビ中継を見ていたが、走る前の落ち着きぶり、風格からして強い、の一言に尽きる名馬だった。日本期待の4歳牝馬サトノダイヤモンドと7歳牝馬サトノノブレス(いずれも池江泰寿厩舎)は直線で伸びず、サトノダイヤモンドが15着、サトノノブレスも16着と惨敗した。
    
       ✕        ✕
 舞と〈エデンの東〉へ。茫々に生えていた雑草はあらかた取り除いた。ただ、野菜づくりを兼ねて残る畑の管理をお願いしている部分の相当部分が、手付かずの状態。お世話をお願いしている他の男性によれば、最近その方は健康状態が悪くて畑栽培に出られない状態が続いている、とのこと。さっそくお宅にお伺いしたがあいにくの留守(病院かもしれない)なので、出直すことに。いやはや、次から次へといろんなことが降ってはわく。畑地はかなりの広さに及ぶ。病が治り、復帰していただくのが1番よいのだが。お年も78歳と高齢なのでそうも言ってはおられない。むしろ、これまでのご労苦に感謝しなければ。対策を考えなければ。
       ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
♪勲(いさお)たて澄む碧空(あおぞら)や真かな
=「勲碧」純米生貯蔵酒のラベルに表示されていた俳句。きょうは〈日本酒の日〉ということで、江南市内で買い求め口にした地酒のラベルにこんな俳句が書かれていた。江南にも、小折においしい地酒がある。小折といえば、信長に愛されたお類(吉乃)が生まれ育ち、のちに信長との間で永遠の愛を育んだ由緒ある土地でも知られる

【新聞テレビから】
☆『サイエンスZERO 民間ロケットの挑戦!』(10月1日夜、NHKEテレ)
☆『作家・中村文則さん 近未来、独裁政権の恐怖を描く 長編小説『R帝国』 作家になって15年 右傾化する日本の 息苦しさを感じる』『国民をばかにした今回の解散 野党共闘で現状変えないと』(10月1日号、しんぶん赤旗日曜版)
☆『民進混乱拡大 リベラル新党の動き 希望 民進前職に対抗馬』『東京は「希望」大阪は「維新」 大村氏ら3都連合 脱原発共通政策に』『〈考える選ぶ10.22衆院選〉野党共闘再び焦点 「希望不参加組」に期待の声』『「無所属・リベラルと推進」「民進いれば…」恨み節も』『改革強調3都がっちり 大村、小池、松井知事会見』『出馬調整きっちり? 民進新人 愛知10区譲らず 維新元職』『与党、希望批判強める 各党舌戦』『減税愛知1区に佐藤(夕)氏 河村氏 執念実る』、『自民 中西(謙司)氏に一本化 岐阜市長選 市支部、県連に申請へ』、『文学者の鈴木さん=修道会「聖心会」シスターの鈴木秀子さん(85歳)=玄侑さんらが鼎談 岐阜「こころの好縁会」』、『★新聞づくり優秀作品表彰』、『藤井四段「あっという間の1年」 29連勝、通算42勝6敗』『こども大会参加4割増 将棋ブーム読み以上!? 飯島七段「取材、解説 仕事3倍」』、『〈フィギュアスケート平昌へ・アイスダンス〉村元・リード組五輪枠 努力報われ自己新「桜」咲く』、『「(人気漫画)Dr.コト―」帰ってくる 山田さん連載再開へ』、『〈サンデー版大図解〉「農」「福」連携』(10月1日付、中日朝刊)
☆『半身裸の女性画 ダビンチ習作か ルーブル専門家鑑定』『〈東海百景〉人馬一体 小若衆も奮闘=人馬一体で駆け回る「高浜おまんと祭り」が30日、愛知県高浜市春日町の春日神社で行われた』、『民進一部残留、分裂へ 希望の選別に反発』『希望・維新 すみ分け合意 東京・大阪 地方分権を推進』『〈ドキュメント 衆院選2017〉すれ違う「三都物語」 知事共同記者会見 小池氏らに政局質問集中 大村氏 存在感欠け』『「地方分権に関係ない」「民進合流印象薄めた」』『赤松氏「安保法制賛成あり得ぬ」 希望の候補者選別 岡田氏「民進結党、責任ある」』『各党反応冷ややか 大村氏の「応援団」宣言に』、『〈アクセス〉長野・喬木(たかぎ)村で夜間・休日議会なるか 本業と両立 議員確保へ間口拡大』、『水銀削減 定期報告へ 水俣条約「資金援助」合意せず 会議閉幕』(1日付、毎日朝刊)

17年10月2日

ウェブ作品集

伊神 権太

実録随想「残り花」

平成二十九年十月十八日
 相変わらず、わが家ベランダに顔を出す野良ちゃん(猫)たち。最近では、顔ぶれもすっかり変わってしまっている。なんだか、赤ちゃん猫からやっと成長したような子猫が目立つ。そんな中にあって、あの黒白の亡きてまりに似た〈猫パンチ〉が得意な風格満点の野良ちゃんだけは、堂々とした姿を時折見せている。

 能登大垣で家族共に過ごした猫てまりによく似た黒白の野良ちゃん
 20170917_174147

 どの猫も生きていくためのエサがほしい。その一心である。人間のように強欲極まる生きものとは違い、ただ純粋にエサがほしい。そして、かわいがってほしい。ただ、それだけだ。何ひとつ代償などを求めることもしない。
        ☆        ☆

 人口13億人を抱える中国で中国共産党の第19回党大会が18日、北京の人民大会堂で始まった。国家主席の習近平総書記(64)は演説で『2020年に「小康社会(ややゆとりのある社会)」を達成したあと、建国100年の2049年に向け「社会主義の現代化強国を実現する」』と宣言、米国との2大国で国際社会をリードしていく長期展望を明確にした。
 午前11時45分ごろ、航空自衛隊百里基地(茨城県小美玉市)で飛行訓練のため滑走路に向かっていたF4戦闘機の主脚が折れ、誘導路上で出火。約20分後に火は消えパイロット2人は脱出して無事だった。F4戦闘機は老朽化が進んでおり、防衛省は最新鋭ステルス戦闘機F35を17年度末から順次配備、入れ替えようとしていた矢先の事故。それにしても主脚が老朽化で折れただなんて。

        ✕        ✕
 パナマ文書報道に参加したマルタの女性記者殺害され。「ジャーナリズムの公共的な使命果たす」。新聞大会の決議、私たちも胸に刻み。、とは18日付毎日夕刊〈近事片々〉から。
        ✕        ✕

【きょうの一文】
 一九六三年のジョン・F・ケネディ元米大統領暗殺事件で、非公開とされてきた機密文書の公開期限が二十六日に迫っている。唯一、公表を止められる権限を持つトランプ大統領に対し、連邦議会からは全面開示を求める声が浮上。専門家は、逮捕後に射殺された実行犯リー・ハーベイ・オズワルドの動機解明につながるのではないかと期待している。(近藤晶)
=18日付中日夕刊『〈GLOBAL VIEWS〉JFK(ジョン・F・ケネディ)暗殺機密文書26日期限 実行犯の動機解明期待 米議会全面開示求める声 「カストロ殺害計画の報復」説も』の記事の中から。冒頭、総合リード(前文)

【新聞テレビから】
☆『〈クローズアップ現代〉習近平の中国はどこへ 加速する〝創新経済〟日本企業に商機あり!?』(18日夜、NHK総合)
☆『月の下 長さ50㌔の空洞 かぐやひめ観測 将来 基地利用も』、『沸騰水型に新冷却装置 規制委 審査中 原発含め義務化』、『習氏「新時代の社会主義」 中国党大会 指導理念打ち出す』『薄れる長老の存在感 中国党大会 江沢民・胡錦濤両氏出席』、『パナマ文書殺害の女性記者 政治腐敗暴露に取り組み』、『最強ハリケーン「イルマ」直撃 カリブの楽園は地獄に変わった 温暖化…30年で自然災害3倍に』、『ラッカ 残党掃討続く IS(過激派組織「イスラム国」)「首都」地下トンネルに地雷』、『米、日本の為替監視継続 財務省報告 貿易赤字も問題視』、『米軍ヘリ 飛行再開 炎上と同型 沖縄知事 「暴挙だ」』、『日産、公表後も不正検査 湘南工場 無資格者に作業指示』、『笑う大須にはお客来る 演芸場復活2年改革実った』、『仮想通貨預り金詐取 「リップル」取引所代表、容疑で逮捕』、『生徒に授業させ 1000円支払う 定時制の61歳教諭 都教委が戒告処分』(18日付、中日夕刊)
☆『(井山)文裕「実感少しずつ」7冠復帰』、『共産党大会 中国「新たな発展段階」 習氏、初の政治報告』、『ラッカ市内 兵士ら歓声 IS掃討 戦闘員 なお潜伏』、『米軍ヘリ飛行再開 沖縄』、『発覚後も 無資格審査 日産、第三者委調査で判明』、『〈衆院選2017〉点字 音 拡大文字で「公報」 視覚障害者向け民間で作製 配布地域にバラツキ』、『仮想通貨取引所の代表逮捕 リップル 預かり金詐取容疑』、『福井中2自殺「死にたい」周囲の生徒に 祖母も担任に懸念伝える』、『静岡山中に女性遺体 着衣に乱れ 県警、殺人容疑で捜査』、『登校の列に車突っ込む 大阪・枚方 小学生ら6人重軽傷』、『最高裁「性的意図」巡り弁論 強制わいせつ罪判例変更か』(18日付、毎日夕刊)
☆『〈特報 話題の発掘・ニュースの追跡〉AI(人工知能)アナその実力は 和歌山FM局でニュース読む 早口言葉、人に圧勝◆経費削減に一役』、『自公3分の2維持の勢い 衆院選終盤情勢 希望苦戦、立民3倍 投票先未定 4割』『愛知9選挙区で自民優位』、『IS「首都」ラッカを解放 クルド勢力制圧 事実上崩壊』、『空自ヘリ墜落4人不明 浜松沖、夜間救助訓練中』、『米軍ヘリきょう飛行再開 沖縄事故1週間 原因不明のまま』、『蒲郡の風が味方疾走 国内初セーリングW杯』、『静岡 山中に女性遺体 成人か 殺人・遺棄で捜査』(18日付、中日朝刊)
☆『井山本因坊7冠復帰』『文裕 視線は世界の頂 7冠制覇「まだまだ未完成」重圧は感じず 一問一答』『〈解説〉快活さ、品格 羽生と共通【金沢盛栄】』、『IS事実上崩壊 シリア民主軍「首都」ラッカ制圧』、『神鋼不正「40年以上前から」 元社員ら証言 合格証改ざん』、『〈衆院選2017〉比例東海 立憲、労組固め懸命 希望 小池氏の知名度頼み 連携強化目指す□自公 共闘の影響懸念□共産』、『「公共的な使命」決議 新聞大会 本紙記者ら表彰』、『空自ヘリ浜松沖で墜落 4人搭乗 洋上で部品発見』、『校長・教頭 叱責を目撃 福井・中2自殺 会見で「把握せず」』、『米軍ヘリきょう再開 炎上機と同型「安全を確認」』『「説明が不十分」防衛相が遺憾の意』(18日付、毎日朝刊)

十月十七日
 朝のうちの雨は、昼にはやんだ。
 少し寒くなったので、能登時代の30年ほど前に当時、七尾青年会議所メンバーで洋服店を経営していた知人から25、6万円の高値で購入したカシミアの背広に身を包んで名古屋へ。とは言っても、今や擦り切れた両肘には肘当てが施された年代物である。だけど人間であれ、モノであれ。どんなときにも〈1傑主義〉を自認する私はこのジャケットが好きである。
        ☆        ☆

 囲碁の井山裕太六冠(28)=棋聖、本因坊、王座、天元、基聖、十段=が昨年失った名人を奪取し、11カ月ぶりに七大タイトルすべてを保持する七冠同時制覇を果たした。二度目の七冠独占は囲碁界、将棋界を通じて初めて。
 民兵組織シリア民主軍(SDF)の報道担当者は、IS(過激派組織「イスラム国」)が首都と称するシリア北部ラッカを解放した、と明らかにした。ISは7月にはイラクの最大拠点モスルを奪われており、事実上、崩壊した。
 午後6時ごろ、航空自衛隊浜松基地南31㌔の太平洋上で訓練中の同基地所属の空自ヘリコプターの機影が消え、乗組員4人が行方不明に。海面に航空自衛隊と書かれたドアやタイヤ、ストレッチャーなどが散乱しており墜落したとみられる。

        ✕        ✕
 わが家に毎日のように顔を出していた、亡き愛猫こすも・ここそっくりの野良ちゃん、モドキがこのところすっかり姿を見せなくなってしまった。可愛いからどこか、ほかの家で拾われ飼い猫に昇格したのかもしれない。元気でいてくれさえすれば、それはそれで良いのだが。どこへ行ってしまったの、モドキちゃん。他の亡きてまり、シロちゃんに似た子たちは毎日1度は顔を出し、うるさいほどなのだが。どうしているの。モドキ!
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
 物語の最後に光りが感じられるような、そうした小説を書きたいです。
=17日夜のCBC〈NEWS23〉の番組の中で。14歳の誕生日でもあるこの日、連作短編集「さよなら、田中さん」(小学館)の発売で作家デビューした東京都内の中学2年生、鈴木るりかさんは、こう抱負を述べた

【新聞テレビから】
☆『岐阜の植物3000種網羅 愛好家ら17年コツコツ野山に 出版へ「日本各地の特徴凝縮」』、『大飯1、2号機 廃炉検討 関電老朽化で採算合わず』『「寝耳に水」 おおい町長』、『「大きな成果。びっくり」 重力波と光観測 名大も貢献』『無声映画がトーキーに 国際チーム 宇宙観測新時代を強調』、『パナマ文書 記者殺害か マルタ、車運転中に爆発』、『イベリア半島で山火事39人死亡』、『副担任小6時にも指導 福井 自殺生徒 居残りさせる』、『トランプ氏に期待「帰国に協力して」 横田さん会見』『警察対応「違法性なし」 秋田地裁 弁護士刺殺で賠償棄却』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉若者向け政策もっと聞かせて 〝高校生記者〟候補者迫る 長野 インタビュー動画公開へ』『関心アップへ教育現場でも』『戦略いろいろ各党のコピー 広告研究者が分析』、『「作家になった、という気持」 司馬さん書簡 初公開』(17日付、中日夕刊)
☆『原発にかける保険ない ジャクソン・ブラウンさん来日公演 歌を通し 正しい情報伝える』『大飯原発2基廃炉検討 関電 大型炉で初』、『〈衆院選2017〉働く10代託す1票 19歳の母親「1億総活躍」って 19歳障害者豊かな生活願う』、『〈特集ワイド〉金王朝「お抱え」作家集団50年 超厚遇で最高指導者たたえ 正恩氏描く初の長編 核・ミサイルで「対米勝利」? 【鈴木琢磨】』、『輸入車検査を簡素化 経済対話 米、日本とFTA(2国間の自由貿易協定)に関心』、『非武装地帯視察消極的 トランプ氏韓国訪問 北朝鮮の反発懸念 6日、日米首脳会談』、『イラク軍キルクーク掌握 クルド部隊 撤退開始』『「どちらにも肩入れしない 米、中立維持を強調』、『首相、靖国神社に供物 秋季例大祭 参拝は見送り』、『香川県立体育館「危機遺産」入り 丹下健三さん設計』、『乳幼児毎日スマホ倍増 4年前比 絵本・外遊び変わらず』(17日付、毎日夕刊)
☆『重力波と光 同時初観測 国際チーム中性子星 合体時』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉「学費タダ」本当に? 18歳期待と不安 公約競い合い 財源は、条件は』『中部6県立候補者アンケート 9条改憲「反対」5割』『自民 モリカケ問う声 希望 9条改憲割れる』『水産高校生20人洋上投票できず 解散前に出航』、『レ・ミゼラブル 29年間ありがとう 中日劇場 最後の上演』、『中部発LCC(格安航空会社)激安競争 ジェットスター6円 エアアジア5円』、『「12歳の文学賞」3年連続大賞 鈴木るりかさん 中学生作家きょうデビュー 14歳誕生日 短編集「さよなら、田中さん」』(17日付、中日朝刊)
☆『陳(敏爾)氏、中国副主席に内定 習氏後継固まる』、『中性子星 合体で重力波 米欧チーム初観測 重金属の謎解明へ一歩』、『〈衆院選2017〉10代迷う投票先 情報入手 ネット活用』、『「銃なき米国」いつ 服部剛丈(よしひろ)さん射殺25年 両親、相次ぐ乱射事件に胸痛め』、『福井中2自殺「怒声 身震いするほど」 調査委報告書 目撃の生徒証言』『母「教師のいじめ」』、『桑名副市長に ボーナス過払い 6月 事務担当者ミス 136万円返還へ』、『警官の責任認めず 弁護士刺殺 侵入者と誤認し制止 秋田地裁判決』、『泥酔男、無免許でパトカー運転 岐阜・容疑者逮捕』、『車道で口論はねられる 2人重軽傷 車線変更でトラブル 弥富』(17日付、毎日朝刊)

十月十六日
 台風21号が16日午前3時ごろ、太平洋西部のカロリン諸島付近で発生。
 東京都心で平年比-7・3度の最高14・3度(最低は同-1・9度の12・4度)に。この季節としては46年ぶりの寒さに。名古屋も寒い雨が1日、降り続き最高で16・1(同-6・9度)、最低14・5(同+0・3度)となった。もはや冬の到来である。
 新燃岳の噴火は相変わらず続く。
        ☆        ☆

 2018年春夏物の新作を発表する国内最大規模のファッションイベント「ファッション・ウィーク東京」が16日、東京・渋谷の複合商業施設「渋谷ヒカリエ」を主会場に開幕した。
 
 米韓両軍が朝鮮半島沖日本海や黄海で原子力空母「ロナルド・レーガン」や巡航ミサイル・トマホークを搭載した原子力潜水艦「ミシガン」も参加しての合同演習を開始。
 日本初演から30周年を迎えたミュージカル「レ・ミゼラブル」がこの日、名古屋の中日劇場で千秋楽。来年3月で閉場する同劇場最後の上演で、終演後には特別のカーテンコールが。
 オーストリアの国民議会(下院)選が15日投開票され、移民排斥を訴える中道右派の国民党が勝利し、〈水の上も歩ける奇跡を起こす人〉の異名で知られる31歳の若さのクルツ国民党党首が「今日は我々が信頼を勝ち得た日だ。国を変えるために全力を尽くす」と勝利宣言。
 
 福井県池田町の池田中学で2年生男子生徒(当時14歳)が担任らの厳しい叱責を苦にことし3月14日に校舎3階から飛び降り自殺した問題で、校長と町教育長が謝罪。その後の調べで、学校側がこの生徒に何ひとつスクールカウンセラーには相談していなかった事実も浮かび上がっている。

        ✕        ✕
 朝。食事をしようと食卓椅子に座ったら、室内一角に備えられた石油ストーブがポカポカと運転稼働していたのには驚いた。寒がりやさんの舞のせいで「確かに、きょうは寒い」とそのまま黙って食事をする。東京での「脱原発社会をめざす文学者の会」の拡大幹事会、幹事ではあるが。きょうのところは、短編集の表紙に使う海の写真の抽出などに時間を取られる関係もあって、申し訳ないとは思いつつ欠席させていただいた。その分、横笛を数曲ふいてみる。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
〈社員ががんや重い病気に罹患したとすれば、私は自分の家族が闘病しているつもりでこれに臨むつもりです。元気な時はもとより、たとえ病気になっても、みなさんの真の居場所は、現在の職場なのだと信頼してもらえるような場を私は伊藤忠で提供したいと思っています〉
=16日付毎日夕刊『〈特集ワイド〉がん辞めず治療の時代 働く場あれば戦力』『退職・解雇なお多数 サポートに知恵絞る企業』の記事のなかで。伊藤忠商事の岡藤正広社長はこう述べ、ことし7月、全社員あてにこんなメールを発信した。タイトルは「がんに負けるな」だった。

【新聞テレビから】
☆『臓器移植法20年 待機対応病院増えず』、『シャンシャン同級生だよ』、『オーストリア中道右派勝利 総選挙「反難民」極右も躍進』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉基地抗議「カメジロー」記録映画 「不屈」沖縄関心じわり「語らぬ本土 一緒に考えて」』『ヘリパッド禁止求める 沖縄県議会 米軍機不時着に抗議』『辺野古訴訟で追加議案可決 実質審理持ち込む狙い』『満員電車0│月曜半休│校則緩和… 独自公約 心つかめ 衆院選 身近な話題、各党あれこれ』、『警察犬 不明者捜索に活躍 認知症増え犯罪捜査の倍以上に』、『1歳児 死亡事故 書類送検へ 豊橋両親、5時間放置疑い』『悩み相談 預かりサービス 「周囲にSOS 積極的に」』、『停車し口論、はねられる 弥富の国道2人重軽傷』、『旅客機ドローンと衝突 カナダけが人なし』(16日付、中日夕刊)
☆『ファッション・ウイーク東京開幕』、『春待つ戌たち 土岐』、『新燃岳噴火 警戒を継続』『台風21号が発生 列島南に北上か』、『〈特集ワイド〉がん辞めず治療の時代 働く場あれば戦力』『退職・解雇なお多数 サポートに知恵絞る企業』、『キルクーク砲撃応酬か クルド支配地区 イラク軍進軍』、『〈衆院選2017〉討論会相次ぎ中止 急な解散・新党結成 日程調整つかず 主催者は「残念」 議論活発な選挙を』『首相アキバ演説は? 最終日「勝利の方程式」都議選、失言で失速』『佐川前局長らを告発 市民団体「森友」証拠隠滅疑い』、『富士入山料 協力率6㌽減 53% 外国人への周知課題 総額は増』、『準惑星「ハウメア」に輪 欧州チーム発見』(16日付、毎日夕刊)
☆『長良川鵜飼閉幕 かがり火幻想なごり雨 鵜匠1人引退へ15年ぶりに交代』、『新燃岳警戒範囲 半径3㌔に拡大 火山ガス急増で』、『地球にとってよくないことはしてはいけない 反戦、反原発声高く 故・笠木透さん「憲法第104条」岐阜のバンド歌う=岐阜県中津川市に住み、野外音楽祭「全日本フォークジャンボリーを企画・運営した歌手故・笠木透さんが創作した「日本国憲法第104条」の条文に、親交のあったバンドのメンバーが曲を付け、歌っている』『〈考える選ぶ10.22衆院選〉かすむ「原発ゼロ」 15基集中の福井2区 地元配慮 希望・共産 板挟み』『自民「新増設も」推進意欲』『雨のサンデー訴え熱く』、『「あおり運転」摘発7625件 昨年、高速道が9割近く』、『那須雪崩「予見は可能」 検証委最終報告 危機管理が欠如』、『ヒアリ探知犬導入へ 台湾から移送 複数自治体が検討』、『担任らの叱責悩み自殺 福井 中2転落死で報告書 全国で指導死「言動の影響自覚を」』、『小型機川に不時着 福井 搭乗4人脱出、けがなし』(16日付、中日朝刊)
☆『被爆証言集電子化へ 被団協などネット公開で埋没防ぐ』、『衆院選中盤情勢本社総合調査 自民最大300超も 立憲は勢い増す 希望さらに失速』『選挙サンデー雨の中で訴え』『厚労省「選挙に配慮」 介護経営実態調査公表を自粛 事業者からの反発恐れ』『〈無党派日記 衆院選2017 中盤〉 政治に不満 誰に託す ぎりぎりまで悩みそう 大須商店街』、『ゴルフメジャー日本オープン選手権最終日 池田逃げ切りV プロの意地金谷振り切る』、『「今怒りの頂点」住民ら抗議集会 沖縄ヘリ事故』、『働く肺がん患者3割「受動喫煙」 連絡会がアンケート 職場で被害訴え』、『元テレ朝社員また逮捕 性的暴行容疑 懲役10年の服役後 大阪府警』(16日付、毎日朝刊)

十月十五日
 雨が降ったりやんだり、こ寒い日となった。秋がどんどんと深まってゆく。 
 きょうも噴火が続く新燃岳。気象庁は火山ガス(二酸化硫黄)の放出量が1日当たり1万1千㌧に急増したことなどから、警戒範囲を半径2㌔から3㌔に拡大。ふたつの宿泊施設の客や従業員計11人が避難した。 
 新聞週間がきょうから始まった。新聞広告によれば、今日は〈まごの日〉だそうだ。へえ~ぇ、と思ってしまう。
        ☆        ☆

 岐阜市の長良川鵜飼、関市の小瀬鵜飼、犬山市の木曽川うかいが閉幕。長良川鵜飼の杉山市三郎鵜匠(76)が今季限りで鵜匠を退き、来季からは長男英孝さん(45)が引き継ぐという。
 元民進党代表の岡田克也氏が15日、新潟県へ。新潟1区の立憲民主前職、西村智奈美氏、4区の無所属前職、菊田真紀子氏を応援演説。岡田氏は、これまでこの2人を含む民進出身の希望、立民、無所属の計13候補を10府県でも応援。「野党を1つにする接着剤になれば」との期待が膨らんでいる。この日、民進党の前原誠司代表と立憲民主党の枝野幸男代表が愛知県入り。前原氏は一宮市で、枝野氏は名古屋駅前で演説会に臨んだ。こうしたなか、民進党「再結集論」が浮上してきている。

        ✕        ✕
 雨が降ったりやんだりの1日。図書館から帰り、さあ~とデスク前に陣取ったところへ、舞が「ねえ。行くの」とかなり過酷な命令を出してきた。「きょう、やらなくっちゃあ。いつ、やるのよ」とのことで半分いやいやながらも、畑〈エデンの東〉へ。幸い、草引きの間は雨も小ぶりで結果的に出かけて良かったが。本当に亡き父が恨めしくもなってきた。でも、せっかく残してくれた大切な土地なのだ。
 面倒を見てくれている方が病で倒れピンチに陥っている今こそ頑張らなくっちゃあ。舞にはそれが分かっている。
        ✕        ✕

【きょうの1文・ことば】
……
▼事前の世論調査の結果によって、各党の予測議席などが報道されているが、現段階での傾向に過ぎぬ。悪魔は流されることも同調することもなく、「それで本当に大丈夫なのかね」としつこく問い続けるはずである▼大切な一票である。こと選挙に限っては悪魔は有権者の友である。
=15日付中日朝刊1面『中日春秋』から。末尾を抜粋

【新聞テレビから】
☆『〈この人に聞きたい 第1話植木等さんの付き人に 喜劇人協会会長小松政夫さん〉「おやじと思え」にしびれた 月収10万円が7千円に。でも楽しくて仕方がない 共産党との意外な出合い』(しんぶん赤旗日曜版、10月15日号)
☆『新燃岳噴火続く 9市町村で降灰』、『日本政府の姿勢変えたい 平和賞ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)川崎さん 核禁止条約加盟へ働きかけ』、『薩摩の「ワイン王」施設焼失 米西部山火事』、『どぶろくで真っ赤だね 白川村で祭り』、『「拉致交渉援助を条件に」 蓮池さんら 帰国15年』、『米大統領、核合意破棄を警告 イラン反発 「米は孤立」』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉序盤情勢受け舌戦変化 首相批判封印 小池氏追及加速 枝野氏ら一強阻止へ共倒れ防ぐ』『民進再結集論を批判 前原氏「有権者を愚弄」』『二階氏「黙っておれ」街頭演説やじ一括』、『日本「財政健全化先送り」説明 G20「政府債務削減を」 財務相会議閉幕 名指し避け促す』『野田総務相が日銀政策批判「若者に大きなつけ」』、『炎上ヘリに微量放射性物質 異常な値検出されず』、『竜巻き返しへ 秋季練習開始』、『〈新聞報道のあり方委員会〉政治の流れ見逃すな 権力の監視継続的に 【出席者】魚住昭氏(ノンフィクションライター)田中早苗氏(弁護士)木村太郎氏(ジャーナリスト)吉田俊実氏(東京工科大教授) 東京本社編集局長臼田信行 東京本社論説主幹深田実』、『〈サンデー版大図解〉ガラスの壁と天井』(15日付、中日朝刊)
☆『今年は甘口飲みやすく 白川八幡神社で「どぶろく祭り」』、『仮設退去「2年以上先」 熊本地震1年半 首長アンケート』、『初の週末経済論戦 首相株高で「実績」強調 野党「弱点」の増税突く』『見えない 改憲論議 護憲派「候補者多く語らず」 推進派「有権者 生活に関心」』『「平和主義精神で」アマチンさん=「あいち九条の会」の代表世話人で俳優の天野静雄さん(81歳)=』『維新応援演説に河村市長が登壇 大阪』、『5人帰国15年 拉致問題解決を 特定失踪者家族も切実』、『カリフォルニア山火事死者36人』、『沖縄炎上ヘリ 部品から放射性物質 米軍「全て取り除いた」』、『那須雪崩事故で検証委「無計画」 最終報告書』(15日付、毎日朝刊)

十月十四日
 きょうは鉄道の日。JR東日本の関連団体が運営するさいたま市の鉄道博物館がこの日開館から10年を迎え、来館者数はこの3月で900万人を超えたという。
 午前8時23分ごろ、霧島連山・新燃岳(1421㍍)が再び噴火、灰白色の噴煙は直後に火口から約2300㍍までに上昇。気象庁は火口から半径約2㌔の範囲での噴石や火砕流に注意するよう呼びかけている。6年前に新燃岳で大規模な火砕流が起きた際、地元の人々が「石の大雨だ」と青くなって逃げ回っていたあの悪夢が思い出される。
        ☆        ☆

 最大震度7の激震が襲った熊本地震から14日で1年半がたつ。現地では今も被災者約4万5000人が仮住まいを続けている。
 イランが米欧など6カ国と結んだ核合意は米国の利益にならないとしてトランプ米大統領が認めない考えを表明。合意破棄にも言及、これに対してイランのロウハニ大統領は「イラン国民への侮辱だ」と猛反発。こんご米国議会の対応次第で中東の緊張が高まりかねない、と危機感が増している。

        ✕        ✕
 午前中、舞と市福祉センターへ。
 特高警察に捕らえられて殺され、小説「蟹工船」「一九二八年三月十五日」など数々の作品で知られる作家・小林多喜二(1903~1933年)の生前に、小林本人と関わりのあった多くの人々の証言と本人の作品から迫る名作映画【時代(とき)を撃て 多喜二】(治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟尾北支部主催)をぜひ見たかったからで出向いてよかった、と思っている。
 きょうはほかにもすべきことが多くあり、少し残念な気はしたが日本ペンクラブの京都例会は思い切って欠席することに。短編集出版を前に、編集者とのメールによるやり取りや卒寿を前に同人誌「くうかん」復活に伴う大津の眞鍋京子さんのかつての作品検索などに追われた。
 夕方、兄が柿を手に満97歳のおふくろを伴って玄関先に。「入っていけば」と言うと「いいわ」と言って、すぐ帰っていった。母も元気そうで「たかちゃん、たまには顔をみせなアカンよ。おまえだけだよ。こないのは」と相変わらずの元気さ。やれやれと思って送り出すと、しばらくして今度は妹の和代が大根を手に「たか坊。食べやあ~よ」と現れ出た。
       ✕       ✕

【きょうの一文・ことば】
「誰も悪人のように描きたくなかった。『正義』の反対には『悪』ではなく、もう一つの『正義』があると思う」「(10年にアカデミー賞を受賞した米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」は、隠し撮りしたイルカ捕殺の場面などで残酷さを強調。)日本の漁師への理解に欠けている」「(米国人ジャーナリストは)絶滅の危機にあるのはイルカではなく、こうした小さな町、と語った」「漁師も反捕鯨団体側も、海の環境を守りたいという思いは同じ。異なる価値観を持ちながら、ともにあることの大切さを伝えたい」
=14日付毎日朝刊『〈ひと〉太地町の捕鯨を巡るドキュメンタリー映画監督 佐々木芽生さん(55) 文・村瀬優子 写真・菅知美』の記事の中から。ドキュメンタリー映画「おクジラさま ふたつの正義の物語」を完成させた映画監督佐々木芽生さんは、記者にこう語った

【新聞テレビから】
☆『新燃岳が再び噴火 噴煙高さ2300㍍』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉福島復興道のり長く 全線開通国道を行く「行政に慣れた候補を」「予算の使い道不明」』、『北、平昌(ぴょんちゃん)五輪参加へ 韓国紙報道 フィギュアで出場枠』、『炎上ヘリに放射性物質 複数の部品 米軍「既に除去」』、『イラン核合意認めず 米大統領 議会に「制裁判断を」』『イラン大統領が批判』『英独仏首脳 懸念の声明「安保影響考慮を」』、『EU北朝鮮に独自制裁へ 投資禁止など 日米韓と圧力強化』、『米、イスラエル脱退 難局ユネスコに新事務局長 仏前文化・通信相アズレ氏』、『鉄道博物館走り続け 10年 さいたま来館900万人』『45年前 名駅に(スウェーデンの家具小売り)「イケア」時代先取り女性に人気 効率化9年半で閉鎖』、『雪見だいふくにプラスチック片 ロッテ自主回収』(14日付、中日夕刊)
☆『米、イラン順守「不認定」表明 核合意 破棄を警告 トランプ氏演説』、『「侮辱」ロウハニ師反発』、『新燃岳 再び噴火』、『●eye 願い受け継ぎ幸せに 臓器移植法施行20年』『ソフトバンク傘下スプリント 米携帯3位と統合へ 大筋合意』、『NY株30㌦高』、『最高裁判事公報に思い 22日に国民審査 暮らし左右関心持って』、『岐阜のケヤキで鹿児島城門 復元 「治水」縁の姉妹県』、『中国の衛星 地球落下へ 来年1~2月 100㌔級部品』、『〈衆院選2017〉加計問題で注目 各党公約に 公文書管理違い不鮮明 制度改善は見通せず』、『平昌冬季五輪に 北朝鮮参加意向』、『(第68代)世界医師会長に日医横倉氏=日本医師会の横倉義武会長(73)=就任 日本人3人目』(14日付、毎日夕刊)
☆『熊本地震1年半きらめくエール 桑名・なばなの里』、『両親「異常勤務 なぜ放置 NHK過労死 局内共有に遅れ』、『9条俳句掲載拒否 違法 さいたま地裁判決「取り扱い不公正」』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉声届く? 被災地不安 選挙区拡大 本州最大の岩手2区』『「復興後回しにされる」定数減の手法に限界も 工事中の防潮堤を背に立候補者の演説を聞く住民ら =岩手県大槌町で』、『神鋼 鉄鋼でも改ざん 新たに9製品 納入500社に拡大 一部把握も公表せず』、『海産物ストップ 中国・琿春(こんしゅん)ルポ 北制裁じわり 国境の店閑散』、『中国拘束2邦人 先月に正式逮捕 スパイ行為疑い』、『自動運転車、初の安全基準 手離し65秒、手動に 19年新型から義務化』(14日付、中日朝刊)
☆『くまもと色鮮やかに 桑名』、『神鋼不正 出荷500社 社長会見 辞任は不可避 原発、防衛装備品にも』、『核合意 イラン順守 「認めぬ」 制裁再発動 トランプ氏提案へ』、『「過労死再発防止を」NHK発表 事実誤認も 記者の両親会見』、『拉致解決諦めぬ 5人帰国15年「早く私の家族も」』『松本京子さん兄「とにかく無事でいて」』『有本恵子さん父母「私たちの命あるうちに」』、『原発30㌔圏まで補助金 立地外 新たに16自治体 今年度から』、『〈ひと〉太地町の捕鯨を巡るドキュメンタリー映画監督 佐々木芽生さん(55)=ドキュメンタリー映画は、和歌山県太地町の捕鯨を巡る世界的な論争を追った「おクジラさま ふたつの正義の物語」』(14日付、毎日朝刊)

十月十三日
 金曜日の13日である。気象庁によれば、霧島連山の新燃岳(1421㍍)の連続噴火が午後4時ごろに停止、このまま停止してくれたら、と願う。
        ☆        ☆

 さいたま市の三橋公民館が〈梅雨空に「九条守れ」の女性デモ〉と詠んだ俳句の月報への掲載を拒否したのは表現の自由の侵害だなどとして、作者の女性(77)が市を相手に俳句の掲載と慰謝料200万円を求めた訴訟の判決で、さいたま地裁は13日、「思想や信条を理由にした不公正な扱いで女性の利益を侵害した」などとして、市に5万円の賠償を命じ、月報への掲載請求は棄却した。「思想や信条を理由にした不公正な扱い」との判決は当然だが、なぜ月報への掲載は棄却されたのか、その点に疑問は残る。
 NHKが女性記者(当時31歳、都庁回り)の過労死を公表したことを受け、両親がこの日厚労省で記者会見。「直前の残業が月209時間(遺族側調査による)にも及ぶ異常な勤務がなぜ放置されたのか、理解できない。時間外労働のルールが厳格なら、死なずに済んだのではないか」と労務管理の徹底を訴えた。またNHK側が「遺族側が公表を望んでいなかった」とした点については「事実でない」と完全否定した。

 アルミニウム製品などのデータを改ざんしていた神戸製鋼所が13日、グループ会社9社が手掛ける特殊鋼など9製品でも新たに不正を確認、当初は約200社としていた問題製品の納入先も延べ500社に増えている旨を明らかにした。

        ✕        ✕
 あっちへふらふら、こっちにふらふら…と、まだまだ若いつもりではあるが。けさは、不燃物ゴミの収集日。例によって朝早く舞と一緒に指定収集場にいくと、なんと、あの花霞イチ華やかといってもいいエステの美人ママ、アーちゃん(年齢は私と同じくらいか)がいたではないか。彼女いわく「最近、町を歩いていても会わないから。あんたどうしてたの。どこぞで死んでいやあーへんか、と本気で心配してたよ」の弁。「そう言って、心配してくれるひと(女性)は、アーちゃんだけだよ。なんとか生きているから。ありがとう」と私。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
 前回衆院選の二十代の投票率は33%。68%だった六十代の半分もない。残念ながら、こればかりは自宅にいたまま「いいね!」とはいかぬ。場所はスマホが教えてくれる。投票所まで行かれたし。
=13日付中日夕刊〈夕歩道〉から。1部抜粋

【新聞テレビから】
☆『〈にっぽんの芸能〉第70回名古屋をどり▽「紀州道成寺」』(13日夜、NHKEテレ)
☆『イスラエルも ユネスコ脱退 米に追随、首相が意向』、『二条城伝達克明に 大政奉還150年 新発田藩家臣が記録、慶喜は 姿魅せず』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉青森・つがる市ルポ 北ミサイルどこさ逃げる 米レーダーの町 選挙でなく国会議論を』『安倍首相事務所が演説会の取材拒否「昭恵氏の安全確保」』、『神鋼「線材」でも不正 車のエンジンなどに使用』、『米 山火事死者31人 ワイン産地に被害 カリフォルニア』、『原発30㌔圏に補助金拡大 経産省、発表せず 対象自治体150超』、『商工中金全店で不正 書類改ざんなど 経営陣 退任不可避』、『警視庁女性職員 誘拐自演疑い 名古屋帰省中「家族と口論して」騒動』、『★宮崎と鹿児島発行休止へ=西日本新聞社は西日本新聞と西日本スポーツの宮崎、鹿児島県での発行を来年3月31日付で休止する』、『★福原愛さんが女児出産』、『〈あの人に迫る〉李吉吉雨(リ・チョル・ウ)=79歳。東京都調布市。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の在日本朝鮮文学芸術家同盟で20年にわたり音楽部長を務めた=在日2世の音楽プロデューサー 「アリラン」継承民族の心一つに (小寺勝美)』、『今日的問題と通底 ノーベル賞のイシグロ作品群 隠蔽と忘却に焦点 平林美都子』(13日付、中日夕刊)
☆『トヨタに3億円超追徴 海外支出 源泉徴収漏れ 名古屋国税指摘』、『米、ユネスコ脱退通知 イスラエルも同調』、『SNSで若者票獲得 18歳初の衆院選 各党政策アピール「テレビより効果」』『選挙費用600億円何ができる? 奨学給付金155億円 就労支援590億円……』、『国立大マーク式と民間 新テスト 英語で両方必須 20~23年度』、『神鋼、鉄鋼でも不正 「線材」複数の顧客に出荷』、『残業200時間 警官自殺 国体担当 公務災害と認定 和歌山』、『弁護士の懲戒請求4.8万件 朝鮮学校無償化声明に反発』『ネットにひな型「形を変えたヘイト」』、『米の山火事、大麻産業にも打撃 全米消費の6割生産 死者は31人に』、『「要介護」睡眠薬常用26% 在宅高齢者 ふらつき、転倒の危機』、『〈特集ワイド〉安室さん突然の引退表明 30代女性アナ「放心」 あまり知らない?若い世代 衝撃落差なぜ 国民的歌手から個の時代の歌姫に』(13日付、毎日夕刊)
☆『米、ユネスコ脱退 18年末「反イスラエル」不満』『「多極主義に大きな損失」事務局長声明』、『米軍同型ヘリ4日間停止 沖縄不時着 「最重大事故」分類』『放射性物質調査 沖縄県が認める 機体に使用可能性』、『トヨタ3億円超追徴課税 源泉徴収漏れ 海外子会社支出で』、『(横山)大観作品、1世紀ぶり日の目 新手法模索した「白衣観音」』、『エアアジアJ29日就航 中部―札幌便 1日2往復』(13日付、中日朝刊)
☆『帰国15年 夢と絆取り戻した 蓮池薫さん「拉致解決一刻も早く」』、『心に残る華麗な演技 浅田真央さんに菊池寛賞』、『東京五輪サッカー男子 監督に森保氏』、『商工中金全店で不正 トップ辞任不可避 デフレ名目融資中止も 自主調査結果』、『首相「籠池氏は詐欺を働く人」 テレビ番組 法曹関係者「司法の独立侵す」』、『神鋼 新たな不正疑い 社長見通し 国内外で複数調査』、『富山湾で「天使」新種』、『株価操縦容疑3人逮捕 警視庁「仕手筋」ら仮装売買』(13日付、毎日朝刊)

十月十二日
 比較的落ち着いた1日。宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳の噴火は相変わらず、続いたままだ。舞の店の近くで共産党候補者が街頭演説。衆院選も熱をおびてきた。
        ☆        ☆
    
 自民党は小選挙区、比例代表で優位に立ち、公明党と合わせた与党で300議席超をうかがい、希望の党は60議席前後と伸び悩み、一方で立憲民主党は公示前の倍増となる30議席も視野に入っているというのが、共同通信が10、11の両日に行った電話世論調査による公示直後の序盤情勢結果である。
 当初、期待した希望の党の伸び悩みは、これひとえに、小池百合子代表の勝手極まるふるまいにある。第一、合従連衡したはずの前原民進党代表の姿が、このところ希望の党の街頭演説などで各マスコミに露ほども出てこないのも奇怪だ。これでは小池代表の悪趣味な一人芝居だと批判されても仕方なかろう。
 今からでもよい。体制立て直しは出来ないものか。今選挙で安倍政権を倒さない限り、日本はよくならない気がするのは私だけか。そのためにも小池、前原そろっての街頭演説など二人三脚がぜひとも必要ではないのか。
 前原民進党代表だけが完全に舞台裏に葬り去られた状態になっている今現在を見る限り、希望の党への信頼度は薄らぐ一方だといっても過言でない。有権者は正直で「それくらいなら、今の体制のままでいいや」ということになってしまう。有権者、いや人間の心情などは単純なもので、この先、小池代表と前原さんが共に街頭に立つ場面が少しでも多くなれば、奇跡は起きるかもしれない。そう私は思う。
 今の状態を見る限り、つい先日までの民進党は生殺しに遭い息の根までも止められている。

 本日12日午前11時ごろ先に噴火した新燃岳(1421㍍)の噴煙が火口から約2000㍍の高さにまで上昇した。長野県の東京大基礎観測所が11日、地球に接近する直径10~30㍍の小惑星を撮影したと発表。小惑星は太陽の周りを回っている「2012TC4」で、地球には日本時間の12日午後2時42分に最接近。地球から月までの距離の13%に当たる約5万㌔先の月の軌道内側を通ったという

        ✕        ✕
 きょうは、なんとか読書も出来た。それにしても、最近、わが家の庭に顔を出す野良ちゃん(猫)たちの顔ぶれが少し変わってきた。そんな気がする。相変わらず、てまりに似た白黒猫は顔を出すものの、1番うるさかったこすも・ここに似た〈もどきちゃん〉の姿がグンと減った。「元気でいるかな」という私に「心配ないってば。きょうも道を渡って近くの家を出入りする姿をみたんだから。もどきなりに、いろいろ考えてあちこち彷徨って歩き回っているんだよ」とは、舞。       
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
 割れた受け皿では足りないらしい。自民優位、と衆院選序盤の情勢調査。立役者は首相なのか、それとも……。
        ◇
 市場もそんたく、ではあるまいが。東証の株価がほぼ21年ぶりの高値水準。公的マネーの影もちらつき。
        ◇
 守るのは投資家か、上場企業か。東証が東芝の注意銘柄指定を2年ぶりに解除。
=12日付毎日夕刊〈近事片々〉から。抽出

【新聞テレビから】
☆『新燃岳の噴煙 2000㍍まで上昇』、『〈大波小波〉 短歌研究新人賞に期待(柑橘類)』、『「独立撤回の猶予8日間」スペイン 首相、自治権停止へ警告』、『日本、核禁止条約触れず 国連提出の核廃絶決議案』、『トランプ大統領と横田夫妻ら面会へ 拉致家族、来月の来日時に』『「大きなものに立ち向かう」 ノーベル文学賞 イシグロさん、母校で対談』、『ヘリ炎上 民家から300㍍ 沖縄知事 米に飛行停止要求へ』『最重大の事故 米海軍が分類』、『神鋼 他にも不正疑い 社長言及「信頼ゼロに落ちた」』、『〈考える選ぶ 10.22衆院選〉女性候補比率最高だけど…17.7% 議員数 国際的には低水準』、『進路妨害1カ月前にも 東名夫婦死亡 容疑者、一般道で3件』、『単独行甘くなかった チョコ12粒で生還 北アで遭難の75歳、反省』、『★クリオネの新種発見=富山大が12日、巻き貝の仲間で「流氷の天使」と呼ばれるクリオネの新種が富山湾内で見つかった、と発表』(12日付、中日夕刊)
☆『核禁止条約署名国が反対 日本の全廃決議案 「米圧力で表現弱まる」』、『沖縄県「飛行中止を」 米軍ヘリ炎上 国に抗議』、『〈2017衆院選〉候補者「男女均等」道半ば 女性17・7% 解散受け 法案(「政治分野における男女共同参画推進法案」)廃案』、『「医師として宇宙体験を」 金井さん=金井宣茂さん(40)= 12月初飛行』、『米で山火事 21人死亡』、『金物愛展示に幕 碧南・1831年創業の商店 江戸・幕末の逸品15日見納め=愛知県碧南市で、幕末の錠前など昔の金物を展示してきた私設の「金物資料館」(同市浜寺町)が10月15日に閉館する』、『「注意され、きれた」東名事故誘発 石橋容疑者を送検 神奈川県警』(12日付、毎日夕刊)
☆『★小惑星 地球から5万㌔通過へ』、『新燃岳6年ぶり噴火レベル3 宮崎3市1町 降灰』、『アディーレ業務停止2カ月 東京弁護士会「期間限定」宣伝不当』、『自民堅調、希望伸び悩み 衆院選序盤情勢 小選挙区「未定」54%』『大村氏 希望と距離置く 知事会見「特定政党 支援しない」』、『04年 沖縄国際大墜落と同型 米軍ヘリ出火、着陸大破 北部訓練場近く 民家から数百㍍』、『静岡知事「デメリットしかない」 リニア建設火花 JR東海 「新幹線の停車増える」』、『藤田医科大に改名へ 藤田保健衛生大 来秋にも』、『「あおられ停車」うその説明 東名夫婦死亡 逮捕の容疑者』(12日付、中日朝刊)
☆『〈科学の森〉基礎研究の蓄積を評価 ノーベル自然科学3賞 ●体内時計を解明 ●宇宙の謎に迫る ●生体分子を3Dで』、『自公300超うかがう 希望伸び悩み 衆院選序盤調査 立憲に勢い 投票先未定半数』『〈無党派日記 衆院選2017 序盤㊥〉再稼働争点にして 新潟・柏崎市 ここは原発産業頼み』『大村知事 三都演説参加せず 衆院選対応「認識に違い」』、『沖縄米軍ヘリ不時着、炎上 けが人なし 機内火炎、民有地に 北部訓練場付近』『沖縄ヘリ炎上「ヘリパッドある故に」 04年、大学墜落と同型』、『大谷=プロ野球・日本ハム、大谷翔平投手(23)=きょう右足首手術「新シーズン「万全の状態に」』、『「アディーレ」業務停止 過払い金返還で虚偽宣伝 東京弁護士会』、『中村六段が王座奪取 羽生、13年ぶり1冠に』、『さい帯血進まぬ廃棄 契約者7割連絡つかず 厚労省通知後』、『早産予防薬でぜんそく 長期使用 子どものリスク高まる』(12日付、毎日朝刊)

十月十一日
 岐阜30・7(平年比+6・6)、名古屋29・9(同6・1)、津26・5(同3・3)度と東海各地は、前日に続き秋にしては暑い1日となった。
        ☆        ☆

 宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421㍍)が11日午前5時34分に噴火。灰白色の噴煙が火口から約700㍍まで上昇。2011年9月7日いらい約6年ぶりの噴火で気象庁は火口から約2㌔の範囲で大きな噴石の飛散や火砕流の恐れがあるとして噴火警戒レベルを火口周辺規制の2から、入山規制の3に引き上げた。
 午後5時20分ごろ、沖縄本島北部の上空を飛行していた米軍普天間飛行場配備のCH53E大型輸送ヘリコプターが訓練中に出火し、東村高江の米軍訓練場に近い民間地に緊急着陸、炎上。乗員7人と周辺住民にけがはなかったというが、オスプレイの胴体着陸などこのところ相次ぐ米軍機の事故には、周辺住民の不安が高まっている。

        ✕        ✕
 午前中、業者に来ていただき、風化し剥がれてしまっていたわが家の壁の1部を補正してもらう。ついでにこれまたキャスターが破損して動きにくくなっていた自室ドアレール部分まで治していただく。事前にレールにあったキャスターふたつを近くのホームセンターまで行って買っておいたのだが。「これでは、あわないですね」と直接ホームセンターまで業者自身が足を運んでくださっての補修には感謝のしようもない。

 午後、少々の野菜を手に畑を管理してくださっているお方の家へ。2度訪れたが、あいにくの留守。夜電話したら、奥さまとやっと話ができたが「病院に行っていました」とのことだった。
 年月を経てこのところ、レンズの荒れが目立つ眼鏡に変わる新しい調光レンズを買おう、と隣町、扶桑のイオン店内のめがね屋さんへ。いつもの女性店員が親切に対応してくれ、結局、彼女がおっしゃるには「お望みのフレームは全国でもただ一つ。幸い沖縄・浦添市にありましたのでさっそく取り寄せます」とのこと。しばらく時間はかかるが、ついでに目の検査とレンズの調整もして頂いた。当然、戸外でサングラスに変色するしろものである。
 本欄【生きてゆく…】の執筆もあり、結局読みたい書物も読めないまま深夜未明に、と時は流れ去った。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
 米国には笑えない、こんなジョークがある。「悪い政治家をワシントンへ送るのは、投票しない善良な市民たちだ」。傍観者でいるわけにはいかない。
=11日付中日朝刊1面『傍観者ではいられない 編集局次長兼社会部長 寺本政司』から。筆者は、こう結んだ

【新聞テレビから】
☆『新燃岳 6年ぶり噴火 警戒レベル3に引き上げ』、『増税、子育て 舌戦過熱 衆院選 党首、列島走る』『18歳、投票一番乗り 初の総選挙』、『神鋼、鉄粉でも改ざん 関連会社でも不正か』『横田騒音、国に賠償命令 地裁支部 将来分・飛行差し止め認めず』『全盲女性 惑わす騒音 横田基地 方向失い出歩けず』、『山火事消えた住宅街 カリフォルニア17人死亡』、『ティラーソン長官から「ばか」呼ばわり トランプ氏「IQ(知能指数)で勝負だ」』、『イケア長久手待ってた 中部初オープン』、『遺族年金18億円過払い 会計検査院調査 資格喪失の1000人に』、『見えぬ障害示す「ヘルプマーク」 思いやりの手広がる 名古屋 国内初、PR自販機』、『力と力の勝負に 天元戦第1局』(11日付、中日夕刊)
☆『カタルーニャ 独立宣言 凍結 中央政府と対話模索』、『〈2017衆院選 第一声各党戦略〉原点で思い込め 定番選ぶ「安定型」 拡大へ「強い地盤」』、『神鋼 鉄粉も改ざんか 不正拡大の可能性』、『規制委 原燃の虚偽記載 認定 六ケ所再処理工場 雨水流入』、『将棋・三段リーグ開幕へ 里見香奈5冠最後の挑戦 年齢制限 男子と同じ道へ闘志 四段昇段なら女性初』、『1968年 市民運動に光 千葉・歴博初の企画展 ベ平連水俣病 全共闘』、『新燃岳6年ぶり噴火』(11日付、毎日夕刊)
☆『福島原発判決 国の責任を明確にした 〈社説〉 ’17衆院選公示第一声 原発なぜ語らないのか』、『3極対決 1180人立候補 安倍政治の是非焦点 小池氏不出馬 衆院選公示22日投開票 愛知46人 岐阜15人』『傍観者ではいられない 編集局次長兼社会部長 寺本政司』、『国と東電に再び賠償命令 原発福島訴訟 原状回復は却下』、『「拉致過去の問題ではない」 帰国15年 地村さん夫妻訴え』、『事故直前 夫に暴行か 東名夫婦死亡 容疑者、胸元つかみ』、『新国立工事 自殺は労災 労基署認定「残業 月190時間」』、『善光寺に落書き逮捕 損壊容疑 長野の47歳無職女』、『天元戦 豊田できょう第1局 井山「納得できる戦いを」 一力「自分らしい碁打つ」』、『再生計画案 森友が提出』(11日付、中日朝刊)
☆『消費税・改憲争点 衆院選公示 3極、安倍政治を問う』『〈無党派日記衆院選2017 序盤㊤〉心動く政党どこ 女性党首に魅力感じるけど』、『原発事故「国・東電に責任」 計5億円 避難区域外も賠償 福島地裁判決』、『遺族年金18億円過払い 会計検査院調査 資格喪失の1000人に』、『進路塞ぎ事故誘発 東名で6月 追突され夫婦死亡 容疑者逮捕』、『「女性刺したくなった」川崎・殺害容疑 逮捕前に供述』、『新国立建設「自殺は労災」 労基署 月190時間残業を認定』、『神鋼に不正究明指示 経産省 納入200社、安全性確認も』(11日付、毎日朝刊)

十月十日
 火曜日。新聞休刊日で朝刊は来ない。
 秋とはいえ、暑い1日。それでも、風はどこかさわやか。戸外は皆、秋色である。私たちは、さふしたなかで泣いたり、喚いたり、喜んだり、悲しんだりしながら曲線を描いたレールのような、そんな道なき道を与えられた運命の如く歩いてゆく。
 心のなかで。互いに手をつなぎながら
        ☆        ☆

 第48回衆院選がきょう10日に公示され、12日間の選挙戦に突入した。22日に投票、即日開票される。
 今回選挙は、5年近くにわたる安倍1強政治の是非が問われる政権選択政治でもあり、有権者の判断を受けた政権の枠組みがどうなるか―が焦点といえよう。政権継続を狙う自民、公明両党に対して希望の党と日本維新の会のほか共産、立憲民主、社民各党の3極が対決する構図で憲法や消費税、原発政策などを巡って論戦が交わされる。
 与野党の8党などから計1180人が立候補し、計465議席(小選挙区が289、比例代表176)を争う。

 東電福島第一原発事故の被災者約3800人が国と東電に損害賠償などを求めた訴訟の判決で福島地裁はこの日、「双方とも津波を予見できたのに対策を怠った」として、国と東電の責任を認定し、原告約2900人に総額約5億円を支払うよう命じた。長野県警が長野市の善光寺宿坊の柱や国宝本堂柱など100カ所以上に「✕」印などの落書きをした、として市内に住む無職の女(47)を建造物損壊と器物損壊の疑いで逮捕。

        ✕        ✕
 大津の眞鍋京子さんが来月26日に栄えある卒寿を迎えられるに当たってかつて滋賀県を代表する同人誌だった「くうかん」を復活させ、そこに眞鍋さんの作品を一挙掲載する話が進んでおり、大津在住の陰の助っ人でもあり、私自身もこれまで何かとお世話になっている中嶋泰子さんと2度、3度と電話のやり取り。「熱砂」に掲載されてきた作品の収録方法につき話し合う。中嶋さんにはいつも助けられどおしで感謝している。
 たまりにたまっていたフェイスブックのチェックなどにも追われる。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
「(条約に署名しない日本政府の方針は)被爆者への背信行為だ」「この機会にあらためて日本政府に求めたい」「広島、長崎の原爆被爆者への訴えに耳を傾けるべきだ」「条約を署名、批准しないことは、七十年以上も核廃絶に努めてきた被爆者への背信行為だ」「核兵器が人々にとって受け入れがたいものになれば、各国政府は最終的に、その声に従わざるを得なくなる」「核保有国が核兵器を容認している限り、北朝鮮に核武装をあきらめさせることは不可能だ」
=10日付中日夕刊『条約反対「被爆者への背信」 平和賞ICAN(「核兵器廃絶国際キャンペーン」)日本政府を非難』の記事のなかで。ICANのベアトリス・フィン事務局長、アジア太平洋担当のティム・ライト氏らは、このように語った

【新聞テレビから】
☆『条約反対「被爆者への背信」 平和賞ICAN(「核兵器廃絶国際キャンペーン」)日本政府を非難』、『秋きらめく高山祭』、『行動経済学に経済学賞 セイラー氏=米シカゴ大のリチャード・セイラー教授(72歳)= 心理学で意思決定分析』、『安倍一強政治を問う 森友・加計 改憲 原発など 衆院選公示1177人届け出』『〈解説〉3極の相違 見極めを(政治部・清水俊介)』『愛知は15選挙区に46人』、『「ゲバラ闘争 国を解放」 死後50年、追悼式典 ボリビア』、『H2Aに神鋼製アルミ きょう打ち上げ成功 性能改ざん拡大 新たに車5社、JR東も』、『筧被告死刑求刑 青酸連続殺人 検察「凶悪重大な事件」』、『進路ふさぎ夫婦死なす 東名事故、容疑で男逮捕』、『震災慰霊地に成人女性遺体 宮城・岩沼、遺棄か』、『★善光寺の落書き100カ所超』、『★猿之助さん公演で腕骨折』(10日付、中日夕刊)
☆『村上=茉愛=(女子)床で金 世界体操』『村上「人生で一番」日本女子63年ぶり金 見せた表現力 平均台女王 池田さん以来』『(男子)白井 跳馬も金』、『安倍政治 継続か転換か 衆院選3極対決 公示 新党の議席数焦点 22日投開票』『1100人超が立候補』『72人届け出 東海3県小選挙区』『離合集散劇場 衆院選公示 憲法・増税 3極論戦』、『データ改ざん 神鋼製ロケットにも 日産・スバル・マツダも使用』、『11年前の殺人容疑逮捕 川崎 別の女性刺傷事件受刑者』、『「被爆者の証言 耳傾けて」平和賞ICAN 日本に条約署名促す』、『千佐子被告に 死刑求刑 連続毒殺 「まれにみる凶悪事件」』、『■装置トラブルで猿之助さん骨折』(10日付、毎日夕刊)

十月九日
 日曜日。体育の日である。午前中曇っていた天気も午後には、カラリと晴れ上がった。
        ☆        ☆

 体操の世界選手権最終日は8日、モントリオールで種目別決勝の後半5種目が行われ、女子床運動で村上茉愛(日体大)が14・233点をマークして同種目で日本勢初の金メダル。日本女子の世界1は1954年大会で平均台で優勝した田中(現池田)敬子いらい、実に63年ぶり2人目の快挙である。よくやった! 村上。

 キューバ革命の立役者のひとり、チェ・ゲバラ(享年39)が死去して、きょう9日で50年。ボリビア中部バジェグランデの「チェ・ゲバラ文化センター」には、地元や周辺国などから3000人が訪れ、追悼行事が行われたという。名古屋市中村区の再開発地区「ささしまライブ24」と名古屋港を結ぶ「クルーズ名古屋」がきのう就航。水上の旅を楽しもう、と多くの家族連れらが乗り込んだ。

        ✕        ✕
 きょうは幸い天気もよく、わが家では朝から業者によるベランダの再生強化工事が進み、昼過ぎには終わった。削り取ったマットのところに〈FRP〉というガラス製樹脂を融かしたものを敷き、そのうえにトップコートという敷物を2層に敷き詰めるという方法で、これなら「あと10数年」雨漏りがする心配はないという。幸い、工事が終わったころには日差しも強くなり、自然乾燥にも絶好の日和となった。
 きのうの眞鍋京子さんの「語り継がれる歌・琵琶湖周航の歌」に続き、「熱砂」同人の黒宮涼さんから「浜辺の結婚式」、平子純さんからも「汐音と鬼太夫」のテーマエッセイ=テーマは〈海〉=が届き、編集に追われる。平子さんの作品は掌編小説ふうで色合いの違うものだったが、病と闘いながらの意欲あふれる創作だけに、ここはテーマエッセイとして出稿し公開作業を進めた。ご自身、話されているようにエッセイふう掌編とでもいえようか。

 夕方、一段落したところで、きのう〈エデンの東〉で収穫しておいた柿のうち出来のいいものを選んで妹宅へ。おすそ分けし、ホッとした。いやはや、人間生きていくにはアレモコレモと、大変である。家の裏庭に集まる野良ちゃんたち(猫)は私より、もっと大変に違いない。私としては【嘘つきカモメ】ばかりの政治家たちより、日々を正直かつ懸命に生きる野良ちゃんたちに愛を捧げたい。

【きょうの一文・ことば】
▲解散劇は最大勢力を誇る自民一座の安倍晋三座長による演出で幕を開けた。回り舞台を使うように、森友・加計学園問題の追及劇から場面を切り替えた。そこへ小池百合子座長が新劇団の希望一座を旗揚げし、客席の空気は一変する
▲「顔見世や顔にかかりし紙の雪」(市川右団治)。紙吹雪の舞う花道を歩けるか、それとも奈落が待つのか。
=9日付毎日朝刊〈余録〉から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『衆院選あす公示 首相「自公過半数で続投 党首討論 野党、対決姿勢鮮明』、『体操■世界選手権 白井無敵 床3度目V 同一種目日本人初 ひねりの神 技と美両立』、『則本15勝 自己最多タイ 222K4年連続タイトル決定的』、『東大15年ぶり勝ち点 法大に2戦2勝』、『丸栄閉店、20年めど新施設 興和 2000億円かけ栄再開発』、『神戸製鋼 アルミ性能偽装 10年前から MRJ(三菱リージョナルジェット)、新幹線、トヨタ車にも』『納入先の公表拒む 神鋼偽装会見 消費者より 顧客優先 トヨタ、車種確認急ぐ/主翼、アルミ使用』、『善光寺 落書き 30カ所超 国宝・本堂など、白色で記号』、『11年前刺殺容疑 男逮捕へ 川崎・女性被害 通り魔で服役中の37歳』、『★七代目笑福亭松喬(しょきょう)を襲名』(9日付、中日朝刊)
☆『モコモコの秋=岐阜県郡上市高鷲町の「花の駅ひるがの高原コキアパーク」ではコキアが真っ赤に色づき紅葉のピークを迎えている』、『■デンマーク皇太子夫妻が来日』、『「シャンシャン」名前おひろめ会 名付け親代表招待』、『子どもと高齢者体力向上 30~40代運動不足で低下 スポーツ庁調査』『入学前の外遊びで差』、『首相 「与党過半数で続投」 8党首討論会 小池氏「首相候補は選挙後」 衆院選あす公示』、『神戸製鋼データ不正 アルミ・銅 強度不足も 10年前から』、『体操世界選手権 白井連覇無敵の床 連続大技独壇場』、『則本4年連続最多K 野茂以来の快挙』、『東大15年ぶり勝ち点』、『テニス楽天オープン 内山組 金星で頂点 日本勢12年ぶり男子複』『昨年全米Vペアを撃破 勢いのまま勝った』(9日付、毎日朝刊)

十月八日
 からりと晴れた1日。思わず〈そら〉を見て♪秋空に未来永劫と書いて見し、とつぶやいていた。きょうは各地で秋の運動会があったに違いない。秋晴れの下にいると、なんだか褒美でももらった気がする。不思議だ。
        ☆        ☆

 モントリオールでの世界体操床運動で白井健三(日体大)が優勝。同一種目別での3度の世界1は日本選手初。片やプロ野球、6回無失点で15勝目をあげた楽天の則本が8三振を奪って今季の奪三振数を自己最多の222に伸ばし、1990~93年の野茂英雄(近鉄)以来、史上4人目となる4年連続の最多奪三振を決定的とした。神宮球場で開かれた東京六大学リーグ2回戦で東大が法大を8―7で破り連勝し、勝ち点をあげた。東大が法大から2戦2勝で勝ち点を得たのは1928年秋以来。

 10日の衆院選公示を前に与野党の8党首は日本記者クラブ主催の討論会にのぞんだ。安倍首相(自民党総裁)が「自民党が大幅に議席を減らしても自公両党で過半数を維持すれば続投する」意志を表明すれば、希望の党代表小池百合子東京都知事は首相を退陣に追い込む姿勢を強調したうえで「選挙戦では党としての首相候補は示さず、選挙結果を踏まえたうえで判断する」旨を明らかに。
 共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の枝野幸男代表らも安倍政権との対決姿勢を明らかにした。いよいよ待ったなし、の衆院選が始まる。

        ✕        ✕
 午後、舞を伴いゴッホの気分で私たちの畑〈エデンの東〉へ。
 ここで私たちの私有地のかなりの部分で野菜栽培をしてくださっていた方が最近、病気で入院されているので「せめて、荒れ放題になっている雑草の除去だけでも」と勇んではみたものの、やはり体力には限界があり途中でダウン。それにしても、放置されたままでダメになってしまった茄子の処分など舞のテキパキした動きは大変なもので、あらためて若さと強さと天性の如きものを感じた。
 眞鍋さんからのテーマエッセイの編集作業を進めながら、あの〈琵琶湖周航の歌〉が幾多の変遷を重ねつつ現在の歌にたどり着いた苦節に、あらためて思いをあらたにした。もう20年も前の話になるが大津在任中は、地元10社会(びわ湖放送、京都新聞両編集局長はじめ、中・朝・毎・読支局長など各社トップの集まり)などの懇親会があるたびごとに、締めくくりにみんなで肩を組み輪となって、♯われは湖(うみ)の子 さすらひの 旅にしあれば しみじみと――と歌った日々が思い出される。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
♪流星のひとつやICANノーベル平和賞  伊神舞子
=伊神舞子の〈きょうの俳句〉10月8日の俳句から
※〈きょうの俳句〉を読むには、minuetto-mi を検索する

【新聞テレビから】
☆『カズオ・イシグロ氏 ノーベル文学賞決定! 文学白熱教室』(8日夜、NHKEテレ)
☆『〈考える選ぶ 10.22衆院選〉各党が公約争点に 原発議論深まるか 立地住民ら注目 ■真剣に被災者支援を ■脱原発の道筋示して ■代わりの振興策を ■事故に向き合って』『安倍政権 着々と再稼働』『「文民統制」を条文案に 首相、9条改憲で言及』、『圧巻31輌豪華な絵巻 5年ぶり「はんだ山車まつり」』、『米、今こそ銃規制を 服部さん事件25年 両親、強化願う』、『三国連太郎さん、尽きぬ思い出 中津川で映画祭 佐藤浩市さんら語る』、『都立小児病院 残業代未払い 医師ら130人、1億2000万円』、『〈サンデー版大図解〉市民マラソン』(8日付、中日朝刊)
☆『5年に1度の31台勢ぞろい はんだ山車まつり』、『8党首論戦本格化 小池氏「9条議論不可避」衆院選』『「9条改悪反対」明記 立憲民主が公約発表』『〈ドキュメント衆院選2017〉中京代表どっち? 大村氏 河村氏 希望巡り2人綱引き』『「三都物語」構想 懸念の声 大都市優先 地方反発』『解散 官僚もホッ 森友、加計問題 国会追及吹っ飛び』、『18歳六浦三段V 3番目の年少記録 名古屋出身 阿含・桐山杯』、『新スポット誕生 ささしまライブ まちびらきに舞台で生演奏 早速にぎわい』(8日付、毎日朝刊)

十月七日
 大津の眞鍋京子さんからテーマエッセイ=テーマは〈海〉=が速達で送られてきた。題名は「語り継がれる歌」で琵琶湖周航に関する作品である。そういえば、滋賀県では日本1大きい琵琶湖のことを湖(うみ)と呼び、滋賀県内のこどもを〝うみのこ〟と呼び親しんでいる。かつて大津在任時には【うみのこ詩(うた)の旅】なる企画を展開、毎週、新聞紙面で子どもたちの詩を特集し、びわ湖放送アナウンサーにも朗読していただいた思い出がある。

 というわけで眞鍋さんから届いたエッセイを夜遅くからパソコンキーワードで打ち始めた。いつもは、高齢の眞鍋さんを心身ともに支えてくださっている女性が作品を打ち込んでワープロで私あてに送信してくださり感謝のしようもないが、今回は速達で「熱砂」主宰の私あてに直送されてきたこともあり、打ち込み作業を進めている。眞鍋さんは、滋賀県の同人誌「くうかん」=現在、休載中=の代表を長年務められ来月26日には卒寿を迎えられるのを機に「くうかん」復活の話も進んでいる。
        ☆        ☆

 5年に一度の愛知県半田市の第8回はんだ山車まつり。この日は午後2時過ぎ半田市内10地区の山車31輌が市役所近く東洋町のさくら会場に整列、豪華な山車絵巻が来場者を魅了した。私自身、かつては祭り半島で知られる石川県能登半島で日本一大きい〝でか山〟はじめ、石崎奉燈祭りや暴れまつり、数え知れないほどのキリコ、くじり祭りなどを堪能してきた。それだけに「祭りは民俗の叡智ともいえ、やっぱり文句なくいいなっ」と思う。

 小池百合子代表率いる「希望の党」。衆院選の公約に「2030年までに原発ゼロ」を公約に掲げ、憲法への明記もめざすとしており、それはそれで歓迎すべき良いことなのだが。小池さん自身が避難生活を過ごす被災者や原発立地地区の住民らの真の心、気持ちをどこまで理解しているか、となると甚だ疑問だと言わざるをえない。
 小池さん本人が被災地に何度足を運んだのか。足を運び、現地の事情把握の点では安倍首相の方がはるかに上ではないのか。小池代表で歓迎すべきは、加計隠しや森友問題の放置などで国民を欺く一方の安倍首相を倒すということ、この一点だけだが。どうもあっちにふらふら、こっちにふらふらで政策に一貫性がない。
 名古屋弁でいえば【ワヤクチャ】【オッパッパ】で、民主党との公認問題にしても、政策論で自分勝手な「踏み絵」問題を持ち出すなど、どうも首尾一貫性がない。ただ、選挙そのものが興味深くなったことだけは事実といえよう。

       ✕        ✕
 各務原での社交ダンスのレッスン。ワルツとチャチャチャの基本を学んだが、ワルツのP・P(プロムナード、ポジションの略称)をするに当たっては〈バレリーナの足〉に、とのこと。これは、私にはなかなか難しい。
       ✕        ✕       

【きょうの一文・ことば】
「忘れられた巨人」は、老夫婦が息子捜しの旅をするラブストーリー。6世紀ごろのグレートブリテン島を舞台にしたファンタジーだが、人々の記憶を奪っている存在が浮かび上がってくる。イシグロさんは「1990年代のユーゴやルワンダでの内戦と大虐殺のショックが執筆のきっかけ」と説明した。過ちを繰り返さないために、記憶をどう扱えばいいのか。記憶は、この作家のデビュー以来の一貫したテーマだ。初期の「遠い山なみの光」と「浮世の画家」は幼少期の日本でのわずかな記憶をたどり、代表作「日の名残り」は英国の執事が古き良き時代を思う。
「私の底に子ども時代の日本がある。もう一つの古里です」とほほ笑んだ。【鶴谷真】
=6日付毎日朝刊『イシグロ文学 人間の弱さ平易に「日本もう一つの古里」』『受賞、平和に貢献できれば』の記事の中から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『ICAN=International Campaign to Abolish Nuclear Weapons=フィン事務局長 「被爆者全員への平和賞」 「核の傘に頼れば、自らも核の標的に」』『ICAN委員川崎さん訴え 核廃絶「絶対できる」 被爆者高齢化「支柱」相次ぎ失う』『平和の灯に思い港区 ICANノーベル平和賞 被爆国今こそ行動を豊橋 「市民活動に力」ピースあいち館長』『「核禁止条約に参加して」 守山区・被団協代表理事』『ICANに平和賞 「被爆者の痛み認められた」中満(泉)・国連軍縮担当』『米 受賞を疑問視の報道も 原爆投下被爆者触れず』、『軍事攻撃計画? 憶測呼ぶ トランプ氏 「嵐の前の静けさ」』、『国際航空機関が北ミサイル非難 「安全脅かす」 日本主導』、『華やか 山車絵巻美を競う 半田で5年ぶりまつり』、『そのネット報道フェイク! 衆院選 記者ら検証スタート 「突然、意味不明の言葉」/「改憲賛成に変節」 ▼2件認定』、『「別れ話され殺害 放火」 茨城母子6人死亡 逮捕の夫供述』、『最年少の11歳(北海道北見市の本田まりあさん)で気象予報士 合格』、『三国さん映画祭思い出いっぱい 中津川で開幕』、『20代、70代より外出せず 民間調査 6割「引きこもり」自認』、『長野の中央道10㌔逆走、事故 豊田の84歳運転』(7日付、中日夕刊)
☆『国連「市民の努力結実」 核廃絶運動にノーベル賞 米「平和に寄与せぬ」』『被爆者全員に与えられる賞 ICAN事務局長』『ノーベル平和賞に「ICAN」「核廃絶 世界の問題」15年授賞式出席の被爆者』『核兵器禁止条約 「各政党議論を」運営委員の川崎氏』、『「弱者への優しさ 昔から」文学賞 親族が語るイシグロさん』、『「まちびらき」華やかに ささしまライブ24』、『首相指名選挙 憶測呼ぶ 方針見えぬ 希望 石破氏に投票も?』、『ドナルド・キーン・センター柏崎 古浄瑠璃の継承拠点に』、『〈ともに2020 バリアーゼロ社会へ〉「盲導犬と社会に感謝」 協会50周年式典180組集結』、『ピコ太郎さん観光大使任命 ウガンダ』、『プリカ特殊詐欺急増 「買い取り屋」が現金化』、『夫「妻から離婚話」 茨城6人死亡火災 全員に刃物痕』、『楢葉で震度5弱』(7日付、毎日夕刊)
☆『核廃絶NGO平和賞 日本7団体参加「ICAN」 禁止条約実現に貢献 ノーベル賞「被爆者と共に受賞」』『〈解説〉米朝緊張に危機感示す(ヨーロッパ総局・阿部伸哉)』『核廃絶大きな一歩 ICAN平和賞』『被爆者「72年祈ってきた」まいた種〝成長〟喜ぶ』『ピースボート共同代表川崎さん期待 「条約署名 日本も」』『「自分たちへのエール」中部の被爆者団体』『本紙が号外配布』、『仏絵画史たどる ランス美術館展 名古屋できょう開幕』『電通違法残業 「常態化」 東京簡裁 罰金50万円判決』、『体操モントリオール■世界選手権 総合力 白井輝く「銅」 ミスなし支えた練習量』、『逮捕の男「家族を殺害」 日立火災 死亡6人 刺し傷など』、『東京の男性を誤認逮捕 豊川署発表 ニセ電話詐欺容疑で』(7日付、中日朝刊)
☆『核廃絶運動に平和賞 国際ネット「ICAN」被団協と連携 禁止条約に貢献 ノーベル委 北朝鮮非難』『被爆者 「非核に追い風」 ICANノーベル平和賞 実現へ決意新たに 被爆者に向けた賞川崎さん 若者が主導07年設立ICAN 愛知県内にも喜び 運動に力与える 日本被団協』『世界の流れに日本も 「条約反対は不可思議」 遺影と喜び長崎被爆者』、『電通違法残業に有罪 罰金50万円「命奪った責任重い」東京簡裁判決』『電通改革に注目 違法残業判決 裁判官、社長に説諭』『NHK会長 遺族に謝罪 記者過労死で』、『消費税・改憲 争点に 衆院選 3極の違い鮮明』(7日付、毎日朝刊)

十月六日
 午後11時56分ごろ、福島県楢葉町と川内村で震度5弱の地震が発生。震源は福島沖で震源の深さは約50㌔。自身の規模はマグニチュード(M)5・9と推定。幸い、津波の心配はなかった。
 雨の1日。
 いつも庭先に顔を出すコスモに似たモドキちゃんや、きどりやさんたち。何匹かの野良ちゃんたちは一向に顔を見せない。どこでどうしているのだろう。どこかに潜んで、文句ひとつ言わず懸命に生きているに違いない。
        ☆        ☆

 ノルウェーのノーベル賞平和委員会が日本からもNGO(国際非政府組織)ピースボートなど7団体が参加するスイス・ジュネーブに拠点を置く国際非政府組織の核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN=International Campaign to Abolish Nuclear Weapons)に授与すると発表。ICANは平和や軍縮、人権問題などに取り組む約100カ国、470団体で構成、ことし7月の国連での核兵器禁止条約制定にあたって広島や長崎の被爆者とも連携し条約採択にも貢献しただけに、人類の平和に向かって1番大切な国際組織への授与は、とても賢明な判断だと思う。この授与により、核兵器のない平和な社会に一歩も二歩も前進することを心から願いたい。

        ✕        ✕
 あれこれと追われるなか、私たちのウエブ文学同人誌「熱砂」自慢と言ってもいい24回目のテーマエッセイ〈海〉の公開が始まった。その第1バッターは真伏善人さんの〈日本海〉、そして2番目は私の〈海に抱かれて〉で、ある。夜遅く、大津の眞鍋京子さんからも電話が入り、留守電を聞くと「テーマエッセイ、きょう速達でお送りしました」とのこと。みなさん、お忙しいところを本当にがんばってくださり、とても嬉しく思っている。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
「今回のノーベル平和賞の授賞は、ヒロシマとナガサキの被爆者に捧げられたものだと思います」
=授賞を聞いたICAN関係者のことば。この平和賞受賞で北朝鮮はじめ世界各国の核開発や核廃絶が進むといい。これは、平和を願う世界中の市民が求めることでもある

【新聞テレビから】
☆『〈ナビゲーション〉老後の孤立が深刻化! 残留孤児が祖国で今…』、『〈歴史秘話ヒストリア〉戦国武将・浅井長政!!』(6日夜、NHK総合)
☆『分断の時代 芸術は希望 ノーベル文学賞 イシグロ氏、国家主義憂慮』『「ノーベル賞特需」イシグロ作品増刷 早川書房22万部』、『(4代将軍徳川家綱の茶道指南、片桐石州が愛用した)幻の「八重垣茶人」 200年ぶり発見か 名古屋の収集家寄贈 県美術館が公開』、『恵那の明知鉄道発全国行き 「鉄カード」きてます』、『「自宅に火」妻子か6人死亡 女児殺害容疑 日立の32歳男逮捕』『「嫁が吐血」仕事を休む』、『スズメバチ50分間刺され死亡 愛媛、電動車いすの87歳女性』、『キーロガーPC情報盗む USBは初摘発 岐阜南署、男追送検へ 中学侵入、不正入手の疑い』、『「日経」来月から23年ぶり値上げ 朝夕刊(4509円→)4900円』、『希望の党 公約発表「9条含め改憲を論議」「ユリノミクス」提唱  辺野古「着実に進める」』『小池氏と前原氏 連合に支援要請 神津会長と会談』、『政権交代前の経済状況なら 菅氏「消費増税延期」』(6日付中日夕刊)
☆『被団協、515万人署名提出 「核兵器禁止」国連次長らに』、『川端、大江に連なり感謝 イシグロさんノーベル賞 「村上さん偉大な作家」』『「書評よく私はえびす顔」 イシグロさん母出版のたびに手紙』『イシグロ文学読みたい 一夜明け書店にコーナー』『「紳士で高潔な方」早川書房社長』『20万部増刷決定』、『世界体操 白井個人総合「銅」 日本勢11大会連続メダル』、『ごう音響かせ疾走 鈴鹿F1開幕・フリー走行』、『男自宅に火6人死亡 日立のアパート 殺人容疑逮捕』『「子どもたちかわいそう」日立6人死亡火災 住民ら驚き』、『希望公約 内部留保課税検討 消費増税凍結の代替に』、『無痛分娩死亡書類送検 大阪院長、人工呼吸器使わず 業過致死容疑』、『秋篠宮ご夫妻タイを訪問へ 前国王葬儀参列』(6日付、毎日夕刊)
☆『カズオ・イシグロ氏文学賞 ノーベル賞 長崎出身の英国人 日本生まれ3人目 「日の名残り」「わたしを離さないで」』『「大変な栄誉」』『イシグロさん文学賞 日本の記憶 創作原点 「フェイクニュースかと」 自宅で会見 影響受けた「東京物語」』『91歳恩師「今夜は寝られない」』『特設コーナー準備 名古屋の書店』、『立山深まる秋色 アルペンルート』、『小池氏 出馬要請を固辞 希望足並みに乱れ』、『御園座2階に「演劇図書館」蔵書、台本5万点』、『「長時間労働で 病死は労災」 福井地裁 遺族補償求め、国提訴』『NHK記者過労死「重く受け止める」 会長が謝罪の意向』(6日付、中日朝刊)
☆『ノーベル賞 カズオ・イシグロさん文学賞 日系英国人「日の名残り」』『イシグロ文学 人間の弱さ平易に「日本 もう一つの古里」 受賞、平和に貢献できれば』、『希望 自民と連立 排除せず 小池氏 安倍政権とは 対決 出馬 改めて否定』、『〈視座 衆院選2017〉経済同友会代表幹事小林喜光氏 安倍政治「総括」を』、『州側 対立回避を模索 カタルーニャ 独立日程言及せず』、『遺族、未周知に不満公表 NHK過労死 会長「重く受け止める」』、『女性殺害遺棄、18歳逆走 名古屋家裁「行為の大半担う」』、『〈訃報〉「小樽のひとよ」 三條正人さん74歳(さんじょう・まさと〈本名・渡辺正好=わたなべ・まさよし=〉歌手、「鶴岡雅義と東京ロマンチカ」メンバー)5日、マントル細胞リンパ腫のため死去』(6日付、毎日朝刊)

十月五日
 朝と夜など冷え込みが一段と強まってきた。つい、この間まで「暑い、暑い」と言っていたのに、だ。富山と長野を結ぶ立山黒部アルペンルートでは、早くも紅葉が見頃を迎えているという。わたしたち人間、いや全ての生きものがこうしたなかで生きている。
        ☆        ☆

 スウェーデン・アカデミーが5日、2017年のノーベル文学賞を代表作「日の名残り」や「わたしを離さないで」はじめ、戦後の長崎を舞台にした小説「遠い山なみの光」や「忘れられた巨人」などでも知られる長崎市生まれの日系英国人小説家カズオ・イシグロさん(62)に授与する、と発表した。日本出身作家としては1968年の川端康成、1994年の大江健三郎氏に次ぎ3人目、23年ぶりの受賞。「偉大な感性を持った小説によって世界とつながっているという幻想に潜んだ深淵を明らかにした」というのがその授賞理由だという。心から祝福したい。

 東京ロマンチカのリードボーカルとして〈君は心の妻だから〉や〈小樽のひとよ〉の大ヒットで知られる大津市出身の三條正人さんが5日、マントル細胞リンパ腫のため死去。74歳だった。希望の党代表、小池百合子東京都知事が5日、民進党の前原誠司代表と都内で会談。小池氏は前原氏から、知事を辞職して衆院選に立候補するよう求められたが固辞。

        ✕        ✕
 ウエブ文学同人誌「熱砂」の同人仲間と、テーマエッセイ=テーマは〈海〉=についてのやり取りをメールや電話で。真伏善人さんからは〈日本海〉が届き、黒宮涼さんも「今週中には送ります」と。ただ、牧すすむさんは「あすからロサンジェルスにいる次男夫婦と孫に会いに行くので、帰国し次第送ります」の返事。平子純さんからは「海をテーマとしたエッセイ込みの時代小説、エッセイ小説になりそうです」と。同人誌なのだから、ここは自由に、おおらかに、と思っている。
 そういう私自身も何かに追い立てられるように、きょうテーマエッセイを書き上げた。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
 伝えたいこと? それは、人生は誰もが短いということ。そして全ての人が死を迎えるという事実です。私の好きな文体は、感性が隠されるような文体で、これは家のなかでの家族とのふだんの会話の影響です。両親を通じ日本を学びました。日本に戻る、戻ると思いながら育ちました。自身のどの部分が日本から来て、どの部分がイギリスからなのか。見極めは難しい。授賞の知らせに当初はフェィクニュース、作り話かと思いました。
=ノーベル文学賞授賞の知らせに。長崎市生まれの日本出身、英国人作家カズオ・イシグロさんはこう語った

【新聞テレビから】
☆『独立宣言 日程言及せず カタルーニャ 州首相、国王に「失望」』、『高山に輝いた星81歳8月逝く 流しのケンちゃん=星健二さん、本名・渡辺武=もういない 竜鉄也さんとトリオも』、『同居女性「兆候なかった」FBI(米連邦捜査局)聴取 米乱射、大統領が慰問』、『アンネ隠れ家 誰が密告? 元FBI捜査官解明へ』、『小池氏 衆院選出馬を固辞 前原氏と会談「首相候補」調整へ』、『ゲノム編集ドーピング指定 来年から 遺伝子改変で能力増 東京五輪、検査法課題』、『大量無差別殺人 ここから ラスベガスホテルの部屋、小銃や弾倉散乱 ルームサービス?』、『新型ウイルスで不正送金 警視庁 被害2億円超、初摘発 現金引き出し容疑 男逮捕』、『小僧寿し 元社長 着服で有罪判決 東京地裁』、『「求刑重すぎた」検察控訴 大麻所持事件』、『ヤマカガシ血清ピンチ 個体減少、採算性低く』『愛知の男子中学生も被害 遺族の寄付製造の契機に』、『イオン警備会社 違法残業 月100時間超44人 是正勧告』、『鷗外の「自筆」原稿 実は模写 神奈川近代文学館 実物は宮城に』、『〈文化芸能シネマ〉今週の注目猪飼なつみ あゝ荒野(前編)寺山修司の世界を現代に』(5日付、中日夕刊)
☆『〈衆院選2017〉19歳の君投票しよう 昨年参院選は低調 不在者投票制度もあるよ 主権者とは学んでみよう』『脱原発 誰信じれば 希望に再稼働派、自民から慎重派 「裏切り」「無責任」 希望顧問に大村知事内定』『21年前 旧民主入り拒否された「苦い経験」 排除より結束力を 元新党さきがけ代表 武村正義氏』、『スペイン政府対話拒否 カタルーニャ「独立」州呼びかけに』、『早く帰りたい 九州北部豪雨3カ月』『グローバルゲート 名古屋で全面開業』、『公明 首相改憲に距離 公約発表 教育負担軽減 前面に』『前原氏と小池氏 選挙戦略協議へ』、『利益確定売りで東証一時20円安』、『ゲノム編集はドーピング WADA(世界反ドーピング機関)禁止リスト入り 検査法開発が課題』、『外国人選手の参戦拒否 卓球・中国リーグ 日本を警戒か』(5日付、毎日夕刊)
☆『金シャチ照らす名月 名古屋城』、『本拠最終戦 4番・投手で完封 大谷 究極の二刀流』、『「平壌1週間不在で 拘束 韓国で教育受ける可能性警戒 北朝鮮 強まる住民統制』、『NHK女性記者過労死 14年に認定 選挙取材、残業159時間』、『柏崎刈羽原発「適合」 新潟知事「独自に検証」 再稼働判断 数年先か』『「東電事故反省してない」 柏崎刈羽「適合」福島、新潟県民批判』、『〈考える 選ぶ10.22衆院選〉改憲「自民」「希望」違いどこ 初投票18歳全力で悩む 「人気投票になってる気が…」』『希望、安保法を容認 衆院選公約 消費増税など対立軸』『立憲民主50人超擁立へ』、『田知本遥選手引退 柔道70㌔級 リオ金』、『原爆供養塔の清掃40年超 佐伯敏子さん死去 97歳』、『サミット特需など所得隠し 三重の事業者 100社超、計7億円 志摩の建設会社 未施工分を計上』、『海津の放火、妹殺害 兄に懲役12年判決 岐阜地裁』、『稲沢の名鉄踏切 連続して置き石 急停車後、別列車も』(5日付、中日朝刊)
☆『ささしまライブ まちびらき特集』、『まあるい輝き ビルと共演 中秋の名月』、『柏崎刈羽 新基準「適合」 規制委 東電、事故後初』『「審査合格=安全と違う」 福島の教訓どこへ 浪江から柏崎へ避難男性』、『政治家言葉軽すぎ 「丁寧な説明」で冒頭解散 中身明かさず改憲踏み絵』『山尾氏、1人で「討論会」 至学館大主催 別の予定者は欠席 愛知7区』、『NHK記者 過労死 31歳女性 残業159時間、休み2日 労基署認定』、『重傷の92歳女性死亡 高山・介護施設 老衰、司法解剖へ』、『原爆供養塔通い40年 清掃・遺族捜し 佐伯敏子さん死去(97歳だった)』、『特別法廷 日弁連も謝罪 あす決議「ハンセン病差別助長」』、『新聞協会撤回求める 経産省の執務室施錠』(5日付、毎日朝刊)

十月四日
 きょうは旧暦の8月15日。十五夜である。中日夕刊の連載4コマ漫画〈ウチのげんき予報 新田朋子〉によれば、4日夜は〈中秋の満月〉なのに、こんどの満月は6日だという。「中秋は旧暦で数えるから」とのことで、勉強になった。
 なんだか満月が4、5、6の3日間つづくと思い、それだけ幸せな気持ちになるのは、世間知らずの私だけか。でも、秋の夜空にやさしく浮かぶ満月を見ていると、心までを映し出してくれる。満月は不思議な生きものである。
        ☆        ☆

 原子力規制委が4日、東電柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働審査で新規制基準に適合したとする審査書案を了承。原発事故を起こした福島第一原発と同じ沸騰水型炉では初となる事実上の合格だが、これに対して新潟県の米山隆一知事はこの日、「県独自の第一原発事故などの検証で安全が確認できなければ、再稼働の議論はできない」と述べた。
 NHKが4日、2013年7月に首都圏放送センターで勤務していた佐戸未和記者(当時31歳)がうっ血性心不全で死亡したのは、長時間労働による過労死だとして渋谷労基署が2014年5月に労災認定していた事実を発表。佐戸さんは、当時、東京都庁回りの記者で2013年6~7月の都議選や参院選を取材。参院選の投開票があった3日後の24日に死亡。選挙取材で土日も勤務、死亡前1カ月の休日は2日だけだったという。

 プロ野球の日本ハム本拠地での今シーズン最終戦。対するオリックス戦で日本ハム大谷投手が「4番・投手」で先発、プロ野球での「4番・投手」出場が66年ぶりに実現した。大谷本人が追い求めてきた二刀流の究極の形での出場にはファンも大喜び。大谷は2安打で10三振を奪い今季初完封を飾ったばかりか、自らも先制点の起点になるなど投打に活躍した。チームも3―0で勝ち「最後は勝って締めくくりたかった」のことば通りに。

        ✕        ✕
 今宵は、十五夜お月さん。深夜から未明にかけ、なんどもなんどもベランダに立ち、お月さんを眺める。スマホでも、パチリパチリと撮りまくってみた。でも、やっぱり。素顔の君と対話をするには肉眼で空高く、ものも言わないで浮かんでいる【君】を見て、直接話しかけるのが1番よい。みんな元気でいるだろうか。元気でいてほしい、と。
        ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
 アインシュタインの予言からちょうど百年後にあたる昨年二月、米国を中心とするチーム「LIGO(ライゴ)」が重力波望遠鏡二台を使って初めて重力波の検出に成功した。記者発表の席で、責任者は「We did it!(やった!)」と言った。We(私たちは)という言葉に研究の特徴が表れている。
 受賞者三人は研究チームを率いたが、成果を支えた人は多い。日本人研究者も理論面で貢献した。……
=4日付中日朝刊『〈社説〉重力波が受賞 ビッグサイエンス時代』から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『柏崎刈羽の「適合」了承 規制委 福島第一同型で初』『9原発12基審査続く』、『スペイン国王州政府を非難 独立デモ拡大70万人』、『日産書類偽装も横行 車両検査 有資格者の押印』、『〈考える選ぶ10.22衆院選〉小池流に「地方」大揺れ 民進分裂 選挙区と比例 支援ねじれも』『ツイッタ ー読者数 自民に迫る9万人超 立憲民主 〝好発進〟』、『ホテルに複数カメラ 米乱射 捜査員の動き警戒か』、『オスプレイ事故 米で提訴 遺族と議員「海兵隊、情報改ざん」』、『13歳サーファーのってる 志摩・川瀬さん 最年少プロ、東京五輪目標 志摩市の国府白浜海岸で』、『アインシュタインも喜ぶ ノーベル物理学賞3氏会見』、『〈文化面・黒板〉◆特別講演会「ムラマサ小説道場」=名古屋市の栄中日文化センターが21日午後1時から三重県松阪市出身の作家村上政彦さんを講師に迎え、特別講演会「ムラマサ小説道場」を開く。小説を書くための思考を90分間にわたって語る。問い合わせは同センター=電話(0120)53―8164=まで』(4日付、中日夕刊)
☆『カタルーニャ デモ70万人に』、『米、キューバ外交官追放 大使館員の健康被害受け』、『〈衆院選2017〉希望出現で首相 「北朝鮮」争点化に躍起 消費増税は不利?』『民進解党に連合一定の理解示す』、『容疑者 乱射9分超 ラスベガス 押収銃器47丁に』、『柏崎刈羽、了承へ議論 規制委「合格」審査書案巡り』、『幻の宝刀「蛍丸」 関の匠らが復元 29日まで公開〝刀剣女子〟が支援』、『ヤフー流出30億人 米法人 13年、当初発表の3倍』、『金井さん搭乗ソユーズ12月17日に打ち上げへ』(4日付、毎日夕刊)
☆『30万人抗議の波 バルセロナ』、『重力波観測に物理学賞 ノーベル賞 米3氏、天文学に新境地』『〈社説〉重力波が受賞 ビッグサイエンス時代』、『希望1次公認 192人 立憲民主、全国擁立へ』、『岐阜に初の民間測定所 内部被ばく乳歯で調査 福島事故受け全国の子対象』、『連射へ銃改造か 米乱射』(4日付、中日朝刊)
☆『重力波検出 ノーベル賞米3氏、天文学に新たな道 物理学賞』『「最高の部品と技術」 観測参加日本人研究員喜び KAGRA(かぐら)でも祝福の声上がる』、『希望1次公認192人 民進出身は110人』『「立憲」50人超擁立へ』『森友と加計問題 市民団体追及へ 5グループ共同で』、『銃改造高い殺傷力 ラスベガス乱射 容疑者兆候なく』(4日付、毎日朝刊)

十月三日
 〈秋〉が人間社会など、どこ吹くかぜで、どんどんと先に進んでいく。どこに動かされているのか。自然の力が自然界を動かしてゆく。なんだか、秋ならではの寂しさも共に漂う。
 三重県鳥羽市議会が海女の技術や文化の振興・保存を図る「鳥羽市海女のまち条例」を全会一致で可決。市は海女文化の国連教育科学文化機構(ユネスコ)の無形文化遺産登録をめざすが、こうした海女条例の制定は全国でも初めてだ、という。海女さんのファンの1人として喜ばしい限りだ。
        ☆        ☆

 スウェーデンの王立科学アカデミーは2017年のノーベル物理学賞を、ふたつのブラックホールが合体して放出された「重力波」を世界で初めて観測した重力波望遠鏡「LIGO(ライゴ)」のチームを率いる米国の3氏に授与する、と発表した。

 スペイン北東部カタルーニャ自治州で自治州の独立を問う住民投票での中央政府の警官による実力行使に対し州都バルセロナで3日、約30万人の市民が大規模な抗議デモをした。米西部ネバダ州ラスベガスコンサート会場で1日夜に発生した銃乱射事件で捜査当局は2日、犯行後に自殺したスティーブン・パドック容疑者(64)の宿泊先ホテルの部屋や自宅から計42丁の銃や爆発物を押収。
 日本では希望の党が3日衆院選の第1次公認候補として計192人(小選挙区191人、比例代表1人)を擁立する、と発表。若狭勝前衆院議員は公認候補は全員、改憲に賛成との認識を示した。

       ✕        ✕
 朝夕めっきり涼しくなってきた。風も肌に心地よく感じられるなか、午前中は自宅近くの歯医者さんに。午後は横笛レッスンで名古屋へ。合間に、新聞など各メディアのチェック(これが、かなりの時間を要する)をし、以前読んだ高橋治の〈風の盆恋歌〉と中上健次の〈岬〉をいまいちど読み始める。ふたりの小説手法が以前から気に入っているためで、自らのこんごの創作に役立てたい気持ちもある。
       ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
「(安倍政権を倒す)倒幕が始まるのかと思っていたら応仁の乱みたいにぐちゃぐちゃになってきた。政権交代までいかなくとも、せめて自民党を大敗させて、安倍晋三首相の党総裁3選阻止まではいってもらわないと」「同志として小池氏を手助けしたいと考えてきたが、排除の論理を振り回し、戸惑っている。公認するのに踏み絵を踏ませるというのはなんともこざかしいやり方で『寛容な保守』の看板が泣く」「首相を目指すのであれば、保守やリベラルにこだわらず、器量の大きい人でいてもらいたい」
=3日付毎日朝刊『細川護熙氏 選別「こざかしい」「同志」小池知事を強く批判』の記事の中で。小池百合子東京都知事が代表を務める希望の党について元首相の細川護熙さんは、こう苦言を呈した
※細川さんは小池氏と同じく日本新党出身の前原誠司民進党代表についても「名を捨て実を取ると言ったが、状況をみていると、名も実も魂も取られてしまうのではないかと心配になる」と述べている

【新聞テレビから】
☆『非「希望」東海相次ぐ 希望1次公認190人規模 立憲民主党が発足』『三重1区松田氏 三重2区中川氏→無所属 愛知3区近藤氏→立憲民主』、『容疑者 銃42丁所持 米乱射事件 周到に犯行準備か』『ラスベガス乱射事件「銃を買えなければ…」 現場の市民 規制訴え』『トランプ大統領 規制に言及なく』、『内村棄権V7ならず 体操世界選手権 予選で左足首負傷 しっかり治しはい上がる(内村航平の話)』、『大阪で半世紀「103系」引退 オレンジ電車 涙の別れ』、『金文字 御朱印きらめく 岐阜・金神社 月末の金曜日限定』、『時速120㌔で運転士居眠り 京急(京阪急行電鉄) 快速特急』、『前院長ら書類送検へ 京都府医大 組幹部に虚偽診断書で』、『英の男3人国際手配へ 表参道 高級宝石店強盗』、『★朝ドラ初回関東20・8%』(3日付、中日夕刊)
☆『カタルーニャ抗議拡大 警官の暴力に反発』、『ラスベガス乱射 銃42丁 爆発物押収 死者59人 周到に計画か』『元会計士 カジノ常連 パドック容疑者』『娯楽の街に悲しみ ラスベガス乱射 宿泊客「悪夢だ」』、『〈衆院選2017〉希望1次公認190人規模 民進側と調整 立憲民主設立届け出』『都民フ音喜多氏ら離党へ 小池氏手法に反発』『民進前職3人無所属に 三重選挙区 希望、立憲と一線画す』『近藤氏、立憲民主党へ 愛知3区』、『内村が棄権 世界体操7連覇ならず 個人総合』『「演技成功なのに… 個人総合考え直さないと」 内村痛っ』、『一時今年最高値 東証』、『遠隔操作で無人走行 愛知県・実証実験』、『■「わろてんか」初回視聴率は18.5%』(3日付、毎日夕刊)
☆『医学生理学賞 米3氏に ノーベル賞 体内時計仕組み発見 日本の研究者「ようやく評価」』、『枝野氏ら民進リベラル系新党 自公 希望・維 立憲民主・共・社 衆院選構図固まる 自民公約に改憲発議』『希望擁立過半数233以上 小池氏「政権交代狙う」 「9条改憲 議論避けず』『枝野氏リベラル受け皿に 立憲民主 希望と連携焦点』『民進出身者の公認条件10項目 希望、資金提供も要求』『自由・小沢氏 無所属出馬へ』『改憲 重点項目に明記 自民公約 対北朝鮮など6本柱』『〈核心〉消費税10%是非争点 原発自民「再稼働」 希望・リベラル「ゼロ」 衆院選 構図固まる 消費税 9条改憲 原発 安全保障』、『ラスベガスで乱射58人死亡 500人超負傷 コンサート標的』『凶悪の雨「10分続いた」 ラスベガス 32階から会場に乱射』、『日産121万台リコール 社長謝罪 無資格検査が常態化』、『森友交渉記録保存の仮処分申し立て却下 大阪地裁』(3日付、中日朝刊)
☆『鳥羽市 全国初の海女条例 技術を伝え文化振興』、『両陛下、九州豪雨被災地へ =宮内庁は2日、天皇、皇后両陛下が九州北部豪雨の被災地を見舞うため27日に福岡県朝倉市と大分県日田市を訪問される、と発表』、『医学生理学に 米3氏 ノーベル賞 体内時計を解明』、『ラスベガス乱射 50人死亡 コンサート会場 標的 米史上最悪の被害』、『日産121万台リコール 検査不備、社長「常態化」』、『「立憲民主党」を結成民進分裂 菅・長妻氏参加へ』『「単独過半数狙う」小池氏自身出馬は否定』『民進資金140億円どこへ 枝野氏分与を期待 希望合流組は反発』、『カタルーニャ 数日中に「独立宣言か」 州政府 中央と対立深まる』『EC「静観」飛び火警戒 各国首脳「暴力」のみ非難』、『大腿骨骨折 西日本で高率 地域差最大2倍』、『熊本地震 観測データ改ざんか 文科省調査 関連論文取り下げへ』、『(日本)学術会議会長に山際寿一氏=京都大の学長、65歳=選出』『清宮争奪戦始まる プロ10球団が面談』(3日付、毎日朝刊)

十月二日
 そういえば、きのうは10月1日。三重県志摩半島では伊勢海老漁が解禁され、昨夜のうちに網入れされた網がきょうの未明から水揚げされたはずだ。
 と思っていたら、NHKが正午のニュースで伊勢海老漁の解禁を報じ、あの懐かしい真っ赤なエビたちが水揚げされているところがテレビ画面に大映しにされた。ところは、志摩町の和具漁港だった。
 かつて10月の解禁になるとは取材に安乗や浜島、和具に未明から車で取材に出かけた日々がつい、きのうのようでもある。赤いからだをいっぱいにくねらせ、キューキューと泣く、あのかぼそい音は真珠母貝のアコヤガイが核入れされる時に出す泣き声にも似て今なお私の耳と脳裏にしっかりとしみついている。
 安乗の漁師さんが「ほれっ、兄さんや」とわざわざ鵜方にあった新聞社の通信部まで届けてプレゼントしてくださった時は、ただ感激。志摩で生まれた長男が後ずさりしながらジッと見入り、こわごわエビのヒゲをつかんでいたあの頃が懐かしい。伊勢海老は、月夜の晩にはなぜか、海底に身を隠したままで海水中にからだを現すことはなかった。
 満月の日は漁師泣かせだったこともヨオーク覚えている。
        ☆        ☆

 米ネバダ州ラスベガスで1日午後10時(日本時間2日午後2時ごろ)、男がホテル32階から、近くで開かれていたカントリー音楽の野外コンサートに向かって銃を無差別乱射。58人が死亡、515人が負傷し病院に運ばれた。男は警察官がホテルの部屋に突入する前に自殺した。米メディアは米史上最悪の銃乱射事件だ、と伝えた。
 無資格者の検査問題で日産は121万台のリコール(無料の回収・修理)を発表。西川広人社長が無資格検査は常態化していた、と謝罪。

 注目の衆院選を前に民進党の枝野幸男代表代行が2日、都内のホテルで記者会見。新党「立憲民主党」を結成する、と表明。希望の党に参加しないリベラル系の菅直人元首相、長妻昭選対委員長、赤松広隆さんらが参加する意向だという。これに対して「希望の党」の小池百合子代表はこの日、政権交代のために過半数(233以上)の候補者擁立をめざす考えを明らかにした。民進党の岡田克也元代表、前滋賀県知事の嘉田由紀子さんらは無所属で立候補する、と表明。

        ✕        ✕
 大津市の琵琶湖畔、「アクティバ琵琶」に在住されている御年94歳の詩人で「古田織部」の研究家でも知られる久野治さん(中部ペンクラブ理事)から「アクティバ琵琶」の季刊誌に連載中のエッセイ〈終戦70年を顧みて〉と久野治第三詩集〈鮫―華麗島戦記―〉が届き、さっそく礼状を出させていただいた。11月9日に愛知県西尾市の三河湾リゾートリンクスで開催される中部ペンクラブ主催の文学座談会「平和を語ろう」を前に送ってくださったもので、座談会の席でもぜひ紹介させていただきたく思う。久野さん、ありがとうございました。
        ✕        ✕

【新聞テレビから】
☆『枝野氏 新党結成へ 民進リベラル系 赤松氏、参加意向 連合、候補者を個別支援』『〈考える選ぶ 10.22衆院選〉公明新スローガンへ差し替え 希望ゆきわたる国…困る 敵陣営応援と誤解されかねず』『赤松氏「リベラルの投票先必要」 愛知3区 近藤氏、新党参加「考える」』『無所属出馬へ 嘉田氏が転換 滋賀1区』『村井・宮城知事 事前運動で警告 本人は否定』、『岐阜の一口柿甘~い 渋抜き、傷み防止 研究実り、今秋店頭に』『もう「ハイハイ」できたよ シャンシャンすくすく成長』、『熊本地震データ捏造か 阪大などチーム 文科省が調査』『土野守氏死去 80歳 前高山市長、05年合併』、『〈大波小波〉ソビエト文学に光を(トロツキー)』、『〈藤井聡太を生んだもの 岡村淳司 1〉中学生棋士誕生 棋界の枠超えた吉報』(2日付、中日夕刊)
☆『独立投票「賛成90%」 カタルーニャ州首相、勝利宣言』、『日本の「生」世界を魅了 仏で大規模イベント 障害者による絵画、舞台紹介』、『愛知は「将棋王国」瀬戸出身藤井四段プロ1年 指導員、全国最多』『「普及魂」脈々と 師匠・杉本七段 東京・大阪に負けぬ』、『景況感10年ぶり高水準 大企業製造業 4期連続改善 日銀9月短観』『〈解説〉「出口」戦略考える時【坂井隆之】』、『〈衆院選2017〉希望第1次公認 午後にも発表 民進と候補者調整』、『全盲男性はねられ死亡 大阪 駅ホームから転落』、『「ひよっこ」の視聴率18・4% 名古屋地区』、『欅坂46の握手会 妨害の男に有罪 千葉地裁判決』、『硬式ボール盗2人逮捕 同じ中学の野球部OB 窃盗容疑』(2日付、毎日夕刊)
☆『世界主要都市間 1時間内 スペースXロケット旅客船計画 火星都市も構想』、『住民投票決行、衝突465人負傷 カタルーニャ州 スペイン政府阻止』、『市民監視前に許可必要 「共謀罪」懸念の国連報告者』『〈この人〉国連人種差別撤廃委員に選ばれた洪恵子さん(52)=洪さんは南山大法学部教授で専門は国際刑事法。父は中国籍だったが、戦後、日本国籍を取得し母は日本人』、『〈核心〉日本人4年連続に期待 オプジーボ、リチウム電池…きょうから発表 自然科学3賞 平和賞 文学・経済学賞』、『内閣不支持46%と逆転 比例、自民24% 希望14% 衆院選世論調査』『希望、200人規模擁立へ 枝野氏にリベラル新党検討』、『「モナリザ」の習作か ダビンチ作の可能性と鑑定』、『金華山でイノシシ分布調査 岐阜市など カメラで児童撮影』、『〈ゴルフの日本女子オープン選手権で〉18歳畑岡40年ぶり連覇』(2日付、中日朝刊)
☆『仮設商店街 厳しい退去後 震災・独法調査 人戻らず 店再建6割止まり』、『枝野氏ら新党結成へ 党名「民主党」検討 希望に参加せず』『希望、連立も視野 若狭氏「小池氏、次の次出馬か」』『〈ドキュメント衆院選2017〉民進支持者「排除」に反発 「リベラル結集を」「無所属で」 出馬予定者はタジタジ』『東海3陣営対応に追われ「難しい」「ぶれずに」』、『18歳畑岡メジャー連覇 日本女子オープン 40年ぶり』、『藤井四段サプライズで激励 名古屋・こども大会』、『新幹線初LEDの目 JR東海「N700S」先頭車公開』、『弘道会会長ら再逮捕 愛知県警 用心棒代徴収の疑い』、『男性押され線路転落 駅ホーム 男逃走、殺人未遂容疑 川崎』(2日付、毎日朝刊)

十月一日
 きょうは日曜日。日本酒の日。法の日でもあるそうだ。いろんな日がある。
        ☆        ☆

 東日本大震災で多くの人や住居、車、建物などありとあらゆるものが津波にさらわれた宮城県の名取市、岩沼市、亘理町を舞台とした「東北・みやぎ復興マラソン2017」が1日開かれ、1万1000人のランナーが復興途上の沿岸部を駆け抜けた。宮城が本拠地のプロ野球楽天、星野仙一球団副会長が「よい思い出をつくって」と呼びかけたあとスターターを務めた。
 
 千葉県我孫子GCで行われていたゴルフの日本女子オープンで18歳の畑岡奈紗が通算20アンダーの268で2年連続優勝。1976年から2連覇した樋口久子以来、40年ぶりの史上2人目となる連覇を達成。宮里藍の18歳360日を上回る史上最年少18歳261日でツアー通算3勝目に到達した。
 片や、パリ郊外のシャンティイ競馬場で開かれた競馬の世界最高峰レース、第96回凱旋門賞は、3歳牝馬エネイブル(英国)が予想通り、直線で鮮やかに抜け出して優勝。G1レース5連勝に輝いた。私もテレビ中継を見ていたが、走る前の落ち着きぶり、風格からして強い、の一言に尽きる名馬だった。日本期待の4歳牝馬サトノダイヤモンドと7歳牝馬サトノノブレス(いずれも池江泰寿厩舎)は直線で伸びず、サトノダイヤモンドが15着、サトノノブレスも16着と惨敗した。
    
       ✕        ✕
 舞と〈エデンの東〉へ。茫々に生えていた雑草はあらかた取り除いた。ただ、野菜づくりを兼ねて残る畑の管理をお願いしている部分の相当部分が、手付かずの状態。お世話をお願いしている他の男性によれば、最近その方は健康状態が悪くて畑栽培に出られない状態が続いている、とのこと。さっそくお宅にお伺いしたがあいにくの留守(病院かもしれない)なので、出直すことに。いやはや、次から次へといろんなことが降ってはわく。畑地はかなりの広さに及ぶ。病が治り、復帰していただくのが1番よいのだが。お年も78歳と高齢なのでそうも言ってはおられない。むしろ、これまでのご労苦に感謝しなければ。対策を考えなければ。
       ✕        ✕

【きょうの一文・ことば】
♪勲(いさお)たて澄む碧空(あおぞら)や真かな
=「勲碧」純米生貯蔵酒のラベルに表示されていた俳句。きょうは〈日本酒の日〉ということで、江南市内で買い求め口にした地酒のラベルにこんな俳句が書かれていた。江南にも、小折においしい地酒がある。小折といえば、信長に愛されたお類(吉乃)が生まれ育ち、のちに信長との間で永遠の愛を育んだ由緒ある土地でも知られる

【新聞テレビから】
☆『サイエンスZERO 民間ロケットの挑戦!』(10月1日夜、NHKEテレ)
☆『作家・中村文則さん 近未来、独裁政権の恐怖を描く 長編小説『R帝国』 作家になって15年 右傾化する日本の 息苦しさを感じる』『国民をばかにした今回の解散 野党共闘で現状変えないと』(10月1日号、しんぶん赤旗日曜版)
☆『民進混乱拡大 リベラル新党の動き 希望 民進前職に対抗馬』『東京は「希望」大阪は「維新」 大村氏ら3都連合 脱原発共通政策に』『〈考える選ぶ10.22衆院選〉野党共闘再び焦点 「希望不参加組」に期待の声』『「無所属・リベラルと推進」「民進いれば…」恨み節も』『改革強調3都がっちり 大村、小池、松井知事会見』『出馬調整きっちり? 民進新人 愛知10区譲らず 維新元職』『与党、希望批判強める 各党舌戦』『減税愛知1区に佐藤(夕)氏 河村氏 執念実る』、『自民 中西(謙司)氏に一本化 岐阜市長選 市支部、県連に申請へ』、『文学者の鈴木さん=修道会「聖心会」シスターの鈴木秀子さん(85歳)=玄侑さんらが鼎談 岐阜「こころの好縁会」』、『★新聞づくり優秀作品表彰』、『藤井四段「あっという間の1年」 29連勝、通算42勝6敗』『こども大会参加4割増 将棋ブーム読み以上!? 飯島七段「取材、解説 仕事3倍」』、『〈フィギュアスケート平昌へ・アイスダンス〉村元・リード組五輪枠 努力報われ自己新「桜」咲く』、『「(人気漫画)Dr.コト―」帰ってくる 山田さん連載再開へ』、『〈サンデー版大図解〉「農」「福」連携』(10月1日付、中日朝刊)
☆『半身裸の女性画 ダビンチ習作か ルーブル専門家鑑定』『〈東海百景〉人馬一体 小若衆も奮闘=人馬一体で駆け回る「高浜おまんと祭り」が30日、愛知県高浜市春日町の春日神社で行われた』、『民進一部残留、分裂へ 希望の選別に反発』『希望・維新 すみ分け合意 東京・大阪 地方分権を推進』『〈ドキュメント 衆院選2017〉すれ違う「三都物語」 知事共同記者会見 小池氏らに政局質問集中 大村氏 存在感欠け』『「地方分権に関係ない」「民進合流印象薄めた」』『赤松氏「安保法制賛成あり得ぬ」 希望の候補者選別 岡田氏「民進結党、責任ある」』『各党反応冷ややか 大村氏の「応援団」宣言に』、『〈アクセス〉長野・喬木(たかぎ)村で夜間・休日議会なるか 本業と両立 議員確保へ間口拡大』、『水銀削減 定期報告へ 水俣条約「資金援助」合意せず 会議閉幕』(1日付、毎日朝刊)

08/4/26