【生きてゆく人間花たち/2017年6月の唄】

平成二十九年六月三十日
 今日は『夏越の祓』 神社で半年分のみそぎをする地方もあるんですって あぁそうね
――とは中日夕刊四コマ漫画【ウチのげんき予報 新田朋子】のなかでの冒頭の会話。というわけで、この日がくると、毎年、少年時代に母と訪れた神社で輪くぐりをしたことを思い出す。おそらく。みなさんそうではないか、とも。
        ☆        ☆

 2011年の東日本大震災発生に伴う東京電力福島第1原発事故で業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電元会長の勝俣恒久被告(77歳)ら旧経営陣3人に対する初公判が30日、東京地裁で開かれ、勝俣被告は罪状認否で「今回の津波や事故の予測は不可能で刑事責任はない」と起訴内容を全面否認し無罪を主張した。
 脱原発を求めて毎週金曜日に東京・首相官邸前などで続いている抗議行動が5年を迎え、この日も官邸や国会前には数百人が集まり「再稼働反対」の声を響かせた。このデモ、2012年3月、当時の民主党政権が決めた関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働を阻止しようと市民団体などが始めたのがきっかけ。ピーク時には20万人が押し寄せた(大飯原発はその後2013年9月に停止したが、現在、日本では関電高浜原発=福井県高浜町=などで5基が動いている)。

 〈ひふみん〉の愛称で多くの将棋ファンから親しまれ史上最年長の現役プロ棋士として数々の記録を残し、今月20日に現役を引退した加藤一二三九段(77)が都内で記者会見。藤井聡太四段(14)に触れて「素晴らしい後継者を得た。大変すっきりした気持ちです」と語った。その後、夜のCBC〈NEWS23〉に生出演した加藤さんは「将棋は攻める時、受ける時と一瞬にかける点でサッカーに1番似ている。ローマ法王がアルゼンチン出身で私はタンゴが好きなので、アルゼンチンにぜひ行ってみたいです」などと語った。独特の風格は、愛らしさと郷愁さえ漂い、なんともいえなかった。

【きょうの一文・ことば】
「彼らがきちんと(津波対策などを)指示していれば、事故は防げたか、被害を小さくできたのではないか。東電はつぶれることもなく誰も責任を取っていない。それがまかり通るのか」(福島県大熊町から同県会津若松市の借り上げアパートに避難中の農業渡部隆繁さん、67歳)
「(公判の中で)勝俣恒久元会長らが避難者に対し、何を考えているのか話してもらいたい。事故被害の大きさを考えると、千年に一度の津波でも対策を取るべきだった」(福島県富岡町から避難し、いわき市の泉玉露仮設住宅に住む無職女性、54歳)。
「事故は三人だけの責任なのか。トカゲのしっぽ切りにしないでほしい。原発の甘い汁を吸っていた人はどうするのか」(富岡町から避難する無職鈴木征男さん、65歳)
=30日付中日夕刊『奪われた日常なぜ 福島からの避難者憤り 「問題点明らかにして」』の記事の中から。原発事故被災者の率直な声

【新聞テレビから】
☆『「これもエッ!はがき 戦前の変わり絵はがき展 江南市歴史民俗資料館7月31日まで 貝やビーズを貼った美しい絵はがきも』、『〈江南市〉 リサイクルステーション設置 分別して資源ごみに =江南市は6月から和田町旭の環境事業センターに設置したリサイクルステーションで資源ごみの収集を開始。持ち込みは、月~土曜(祝休日、年末年始のぞく)午前10時~午後4時まで。市内在住個人に限る』(30日付、尾北ホームニュース)
☆『〈ドキュメント72時間〉大型トラックの休憩所』(30日夜、NHK総合テレビ)
☆『原発事故初の刑事責任問う 東電元会長ら3人 「津波予測は不可能」 強制起訴 初公判』、『名古屋港 ヒアリ確認 環境省「発見したら通報を」』、『米、中国の銀行制裁「北朝鮮資金洗浄に関与」』、『稲田防衛相が謝罪 自衛隊発言 辞任重ねて否定』、『無痛分娩の女性死亡 男児も障害 神戸の医院「過失」』、『死刑囚、新たに殺人容疑 神奈川の男性不明 逮捕状』、『返礼は 「ゲーム出演」 ふるさと納税 高額限定でも即終了 各務原市』、『★長崎・壱岐で記録的大雨』、『〈目耳録〉(桐生)悠々の足跡(大久保謙司)』(30日付、中日夕刊)
☆『東電元会長ら無罪主張 原発事故 津波予見「不可能」』『〈解説〉業務上過失 立証厳しく【石山絵歩】』、『5月失業率悪化3.1% 求人1.49倍高水準続く』『東証が大幅反落 一時2万円割れ』、『米、中国の銀行に制裁 トランプ政権初 北朝鮮と違法取引』、『稲田氏が辞任否定 自衛隊発言「改めて撤回」と謝罪』、『米部隊の岩国移転容認 厚木から地元同意出そろう 山口知事』、『藤井四段と頭の体操将棋連盟がジグソーパズル販売』、『731部隊の父 覚悟の証言後世に 名古屋の元高校教諭が出版』、『特殊詐欺組長を提訴 使用者責任問い7億円賠償求め 東京地裁』『トップ追及 弱体化切り札』(30日付、毎日夕刊)
☆『藤井四段 疲れても 「授業に集中」(原順子)名大付属副校長 学校生活を語る』、『「無罪の日 早く来て」大崎事件 原口さん長女、最高検に要望書』、『★福原愛さんが妊娠』、『宙乗り 空から見ててね 海老蔵さん、勸玄君 安全祈願』、『加計「学園関係者ら購入」パーティー券取りまとめ 下村氏側に200万円』『下村氏 購入者明かさず パーティー券「法的問題ない」』『購入20万円以下は非公開 不透明さ見直し進まず』、『米直行便の検査強化方針 日本各社対応へ』、『大阪市籠池氏告訴へ 補助金2700万円余り詐取疑い』、『犯罪歴の削除二審も認めず グーグル検索訴訟』、『「お数珠頂戴」異例の休止 善光寺大勧進 貫主セクハラ問題などで』、『興正寺前住職を除名 高野山、実質的な僧籍剥奪』、『千種の車騒音解析研究者 3600万円脱税 国税告発』、『福岡県警巡査部長 妻殺害の罪で起訴 2児死亡の捜査継続』(30日付、中日朝刊)
☆『ニコニコ 教室の藤井君 祝福に照れ「ありがとう」 体乗り出し授業に集中』、『禁煙に「完全遠隔診療」面談なし薬配送 厚労省方針 治療機会広がる』、『下村氏、200万円受領認める 加計側 まとめ11者分 献金は否定 加計「献金ない」』『説明責任どこへ 200万円受領 下村氏「違法性ない」』、『稲田氏交代論高まる 自衛隊発言 与党内からも』『〈アクセス〉稲田防衛相なぜ続投 翌日辞任の今村氏と対照的…… 自衛隊根幹揺るがす発言』、『元米大教授 脱税疑い告発 3600万円 自動車コンサルで 名古屋国税 日本に拠点課税対象』(30日付、毎日朝刊)

六月二十九日
 九州長崎・壱岐地方を中心に雨、雨、雨が降り続いた。長崎で雨といえば、あの長崎大水害の現場取材を思い出す。多くの死者を出し、眼鏡橋が破損し雨が市全域にあふれ、家族は散り散りに。その危機を救ったのが長崎放送による家族の安否と消息を流す放送だった。「長崎市民救った長崎放送」の記事を現地から送り、もう何年になるか。
 「道がつづら折になっていよいよ天城峠に近づいたと思ふころ、雨脚が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓から私を追ってきた」と、川端康成の名作【伊豆の踊子】の一節が頭を駆け巡る。雨にもいろいろある。
        ☆        ☆

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39歳)と長男堀越勸玄ちゃん(4つ)が29日夜、東京・歌舞伎座で7月3日から始まる「七月大歌舞伎」で披露する宙乗りの安全祈願をする神事を行った。
 名古屋港の鍋田ふ頭コンテナターミナルで強い毒を持つ南米原産ヒアリ数匹が発見される。下村博文自民党幹事長代行が、党本部で会見、文部科学相在任時の2013、14年にパーティー券の購入代として学校法人「加計学園」の当時の秘書室長が持参した計200万円を受け取ったことを明らかにした。
 ナゴヤドームの阪神戦。ドラゴンズは2―0で勝ち、今季2度目の同一カード3連勝。少しずつ歩みはのろいが、昔のドラゴンズによみがえりつつある。

【きょうの一文・ことば】
 奔放な妻、腹心の友、そして今度は秘蔵っ子。頭痛の種は尽きず。その責任は誰に?
=29日付毎日夕刊〈近事片々〉より。まさにズバリ、単刀直入である

【新聞テレビから】
☆『〈県境ものがたり 伊賀・甲賀4〉土を究め時代切り開く 写真・横田信哉 文・飯盛結衣』、『所在不明児11都県に28人 愛知は1人 3人に虐待の恐れ』、『米行き全便の検査強化PC(パソコン)禁止見送り 日本含む105カ国』『中部など7空港から直行便』、『日中韓首脳会談見送り 中国、THAAD(高高度防衛ミサイル)配備で難色』、『「米韓同盟で北非核化」 文大統領、米訪問で演説』、『世界の作家100人署名 「中国は劉暁波(りゅうぎょうは)氏解放を」』、『「加計室長パーティー券代取り次ぎ」下村氏側に200万円 下村氏 学園の購入は否定』、『稲田防衛相罷免 民進が申し入れ』、『米映画アカデミー新会員 真田さんら候補に』、『環境省の元職員 除染汚職で有罪 福島地裁判決』、『8年前に期限切れの青のり使い料理教室 (名古屋市)西区、健康被害なし』(29日付、中日夕刊)
☆『涼味ごろん 飛騨メロン』、『劉暁波(りゅうぎょうは)氏の健診映像 中国、批判かわす狙いか』、『韓国大統領が訪米 就任後初の首脳会談へ』、『「龍馬暗殺」名誉回復を 後半生 地域振興にささげた今井信郎 静岡・島田 NPOが百回忌法要』、『〈チェック〉子ども向け図鑑進化中 写真鮮やか ノーベル賞受賞で注目』、『稲田氏自衛隊発言 野党、罷免要求強める 首相の責任追及』、『下村氏週刊誌報道を否定 「加計の政治寄付ない」』、『(英国の童話作家)M・ボンドさん死去 「くまのバディトン」91歳』、『西武投手コーチ 森慎二さん死去=多臓器不全のため福岡市内の病院で死去。42歳だった』、『「犬山祭」実は「知立まつり」 99駅 観光ポスターに誤り』(29日付、毎日夕刊)
☆『38年前大崎事件 再審決定 親族自白誘導の疑い 90歳原口さん「無罪勝ち取る」』『東芝が米WD(ウエスタン・デジタル)を提訴 半導体 売却妨害に対抗』『四日市工場に1800億円投資』、『稲田氏罷免4野党要求 自衛隊発言問題 首相は応じず』、『西武・森投手コーチ急死 42歳』、『〈福岡金塊盗・恐喝事件〉謎多くつかめぬ全体像 組幹部「口止め料」と金要求か 情報元は 金の行方は』、『犬山祭の写真…実は知立 愛知県発注 観光ポスター撤去』(29日付、中日朝刊)
☆『大崎事件 再審決定 79年の殺人 90歳の請求認める 鹿児島地裁』、『東芝、WDを提訴 半導体売却 妨害差し止め請求』、『〈現場報告 トランプと世界〉 ビザ取得祈る インド』『インドのIT技術者たち 実績作りに雇用の壁 ビザ取得規制に懸念』、『サイバー攻撃 チェルノブイリも被害 ウクライナ「露が仕掛けた」』、『韓国、原発工事を中断 2基 国民に判断委ねる』、『自衛隊発言 稲田氏 政権に再び痛手 4野党、罷免要求』(29日付、毎日朝刊)

六月二十八日
 鹿児島地裁がこの日、鹿児島県大崎町で1979年、当時42歳だった農業中村邦夫さんの遺体が見つかった「大崎事件」で殺人罪などに問われて服役した義姉の原口アヤ子さん(90歳)が裁判のやり直しを求めた第3次再審請求に対して再審開始を認める決定。有罪確定の根拠だった共犯者らの自白について「捜査機関の誘導で変遷した疑いがあり信用性は高くない」と冨田敦史裁判長。
 経営再建中の東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却を妨害したとして三重県四日市市の工場を共同経営する米ウエスタン・デジタル(WD)に対し、不正競争行為の差し止めの仮処分と1200億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴。

 民進、共産、自由、社民の野党4党首が東京都議選の自民党候補応援で「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい」と支持を呼びかけた稲田朋美防衛相の罷免を求めた声明を発表、安倍晋三首相は要求には応じず、続投させる考えだという。
        ★        ★

 なんだかドタバタ、ガタギシ、ギーギーと核心をはずれた〝政治屋ごっこ〟ばかりが続いている。そんな気がしないでもない。野党には、追及するならするで徹底抗戦をしてほしいのだが。本気でやるならやる、で方法はいくらでもあるはずだ。いつのまにやら、腰くだけ。気がついたら自民党ペースになってしまっているというのが、私の印象だ。
 政治家各位には、もっと本筋面で国民の真の平和を願った捨て身の論議を重ねてほしいのだが。言葉尻を取るなら取るで、息の根を止めることはできないのか。いつも何か失敗すると、鬼の首でも取ったような気でいる。ニンゲン、誰とて「つい、うっかり」の失敗はある。それを反省すれば、それでよいではないか、と思うのだが(ゴンタ、それでは甘すぎるぞ、の声もしっかり聞こえて来はする。でも)。ここは与野党ともに、もっと真剣に交わすべき論議があるのではないか。と。そんなことを思ってしまうのだ。
        
        ×        ×
 深夜未明。伝統の技・秘伝により醸し出された地酒。先日、大阪で友からいただいた伊豆の名酒「あらばしり」を味わいながら、ちょっぴり信長の氣に浸りながら、どこまでも書きつづける。ふと、またしても織田信長が首相だったなら。もっと一般大衆目線でよい政治を行うに違いないだろうナ、と思ったりする。【あゝ きつの―私はお類、吉乃と申します】の完成が目の前に迫った。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
「メディアまで(政権に)私物化されたら日本の民主主義が死んでしまう。その入り口に立っている」
=28日付毎日夕刊『〈熱血! 与良政談 与良正男〉再び「前川氏と読売報道」』の記事のなかで。専門編集委員の与良正男さんは、こう述べた

【新聞テレビから】
☆『〈県境ものがたり 伊賀・甲賀3〉 地元愛くノ一さっそう 写真・横田信哉 文・飯盛結衣』、『「大崎事件」再審認める 鹿児島地裁 38年前の殺人事件』、『脂肪の燃焼 ふなずし効果あり 持久力向上 長浜バイオ大確認』、『臍帯血無届け投与 停止命令 11医院 美容、がん治療うたう』、『東芝、株主から批判続出 株主総会 半導体売却 間に合わず』、『野党、防衛相の辞任要求 自衛隊発言 蓮舫氏「首相は罷免を」』『菅氏、辞任の必要性否定 稲田氏発言「しっかり説明済み」』、『「クリーンエネルギーに重要」 米エネ長官 原子炉開発に意欲』、『業務ソフト悪用ネット口座狙う 警察捜査被害数千万円か 美容室PC乗っ取り操作』、『フェイスブック 利用20億人突破』、『名東区エレベーター死亡事故 チェーンの緩みが原因』(28日付、中日夕刊)
☆『ラッコのパタ(雌)21歳の誕生日 大阪・海遊館』、『「ヒバクシャ」強く言及 核兵器禁止条約修正草案』、『東芝、株主総会で謝罪 半導体売却 契約間に合わず』、『稲田氏が撤回、辞任否定 自衛隊発言 野党は罷免要求』、『バカガイ密漁横行 伊勢湾・白塚漁港 4月以降20件 プロ関与か 漁師「死活問題」』『中国ウナギを「三河産」 偽装し提供容疑、2人逮捕 愛知県警』、『車椅子男性に階段上らす LCC(格安航空会社)バニラ・エア 「昇降機ない」理由に』、『街角のらもじ捕まえて 古い看板 いびつで色あせ味がある 山梨のデザイナー公開し人気』、『(アイドルグループ)「仮面女子」脅迫 容疑の男を逮捕 警視庁』(28日付、毎日夕刊)
☆『里見(香奈、25歳)(将棋の第28期)女流王位=中日新聞社主催=防衛』、『(新関脇の)御嶽海信州の魂を磨け 84年前の同郷関脇 高登の書 飾り幕に』『稀勢「左腕徐々に回復」 名古屋場所前に本社訪問』、『浜岡再稼働 不同意を明言 静岡知事「依存度低い」』、『「自衛隊としてお願い」都議選応援で稲田防衛相 法抵触か 批判相次ぎ撤回』、『旧引佐町から土地高額購入 浜松「丸順」2億5000万円所得隠し 名古屋国税局、寄付と判断』、『福岡金塊盗組幹部が恐喝 容疑で逮捕 1人から500万円 主犯格・野口和被告と共謀か』(28日付、中日朝刊)
☆『〈東海百景〉細く長く 職人の技 =愛知県安城市の製麺工場「みどりや麺店」で名物・手延べそうめん作りが最盛期を迎えている』、『臓器移植 断念12件 家族申し出 病院側に不備13~16年』『〈解説〉提供病院に高い壁 臓器移植断念 体制整備の議論を【渡辺諒】』『臓器移植法20年 ドナーの面影追う家族 「命」継いだ人に会いたい』『「提供誇れる社会に」』『国内待機厳しく いちるの望みかない感謝』『「生体間」際立つ日本 医療現場多忙、体制に不備』、『グーグルに制裁金3000億円 欧州委 過去最高額 独禁法違反』、『社長ら3人書類送検 長野バス事故 業過致死傷容疑など』、『都議選応援「自衛隊としてお願い」 稲田氏発言 後に撤回』、『出版界も藤井ブーム 書店に特設コーナー続々』『女流5冠=女流王座・女流名人・女流王将・倉敷藤花・女流王位= 里見守る 王位3連覇』(28日付、毎日朝刊)

六月二十七日
 午後、名古屋の大須へ。横笛の個人レッスンを受けるためである。 
 4月に文化庁の日本遺産に認定された〈忍者文化〉を世界に発信しよう、と三重県伊賀市と滋賀県甲賀市が連携して国内外に発信する「忍びの里伊賀甲賀忍者協議会」の設立総会がこの日、甲賀市であった。
        ☆        ☆

 来月9日から愛知県体育館で始まる大相撲名古屋場所に向けた力士の本格的な稽古が愛知、岐阜、三重の各県宿舎で一斉に始まった。このうち愛知県長久手市の田子の浦部屋宿舎では、5月の夏場所を途中休場した横綱稀勢の里が始動、新大関高安と15番胸を合わせた。高安の投げにあっさり土俵を割る場面もあったが、左四つからの力強い寄りも戻り、結果は9勝6敗だった。

【きょうの一文・ことば】
 やはり見たいファン心理。プロ野球オールスター戦に大谷選出。2カ月半休んでも存在感は揺るがず。
=27日付毎日夕刊〈近事片々〉から

【新聞テレビから】
☆『〈NHKスペシャル〉人工知能 天使か悪魔か 羽生善治が見る新世界』(27日夜、NHK総合)
☆『〈県境ものがたり 伊賀・甲賀2〉月夜にポンポコ…誕生 写真・横田信哉 文・飯盛結衣』『忍者の里を世界に発信 伊賀、甲賀が協議会』、『大相撲名古屋場所 (横綱稀勢の里と新大関高安)両雄始動』、『藤井四段 連勝もっともっと 地元の愛知期待 「対局のたびに洗練」』、『高校球児に成長の味を 浅尾投手大学時代の女房役 =高校講師忠内紀尚さん(33)=監督に 愛知大会三谷水産率いる』、『ひとり親世帯では半数超 子ども 7人に1人貧困 12年ぶり改善も高水準』『〈解説〉雇用以外の視点が必要(共同・市川亮)』、『SNSで性被害 注意 警察庁など 中高生向けに冊子』、『危険ドラッグ所持 京都新聞記者逮捕 「使用目的」容疑認める』、『★日経新聞に(社員に違法な時間外労働をさせていたとして、東京の中央労働基準監督署が)是正勧告』(27日付、中日夕刊)
☆『「相馬野馬追」へ日の出とともに=福島県相馬地方の伝統行事「相馬野馬追」が7月29日から始まるのを前に南相馬市の烏崎海岸で騎手たちが日の出とともに馬を駆り、練習に励んでいる』、『「藤井君 もっと勝って」地元愛知 膨らむ期待』『米入国禁止一部容認 連邦最高裁 秋以降に最終判断』、『北方領土調査へ 出発 官民69人 日露経済活動 地ならし』、『法学者の「毅然」今こそ 我妻栄に共感広がる 改憲派に反論 友人・岸元首相に忠告』、『タカタ 株主厳しい目 民事再生法 申請翌日の総会』、『子どもの貧困改善13.9% 雇用回復 なお高水準 16年調査 ひとり親世帯50%超』『〈解説〉細かく実態把握を』、『65年届けた喜び6000足分 名古屋の靴職人・後藤さん(後藤保行さん、79歳) 木型から手作り「ぴったり」』(27日付、毎日夕刊)
☆『藤井四段29連勝 14歳、30年ぶり新記録』『怒涛の攻め 劣勢はね返す「単独1位 特別な感慨ある」』、『タカタ負債1兆7000億円破綻 消費者保護大きな課題』、『米入国禁止令、一部執行へ 最高裁、最終判断まで容認』、『厚労省推計、助成提言 がん治療前の卵子凍結保存 希望者、実施数の10倍』(27日付、中日朝刊)
☆『藤井四段 未到29連勝 30年ぶり新記録 人間ゆえの魅力 自分でも信じられぬ』、『〈生きる〉支援のバトン谷村さん継ぐ』『「一緒に歌い、楽しんで」谷村さん、森山さん 子どもたちと楽屋で交流』、『青酸殺人初公判 否認 全面対決の構図 筧被告「弁護士に任せた」』、『タカタ破綻 負債1.7兆円 民事再生法申請 米資本で再建へ』(27日付、毎日朝刊)

六月二十六日
 日本中が将棋、将棋に染め抜かれた歴史的な日となった。
 街には号外が飛び交い、テレビ、ラジオは【藤井聡太】【藤井聡太】とアナウンスの声が1日流れ、地元瀬戸市や市民どころか日本という日本が歓喜に包まれた、そんな胸がわくわくする1日でもあった。
 14歳の少年が巻き起こした将棋フィーバーを見る限り、ニッポンは平和だ。
        ☆        ☆

 昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り、先日引退した加藤一二三・九段(77歳)の14歳7カ月の最年少記録を更新した将棋の藤井聡太四段(14歳)=愛知県瀬戸市、中学3年生=。
 その最年少プロ棋士が26日、東京・渋谷区の将棋会館であった竜王戦決勝トーナメントで同じ10代棋士、増田康宏四段(19歳)を破って公式戦歴代最多の新記録となる29連勝を達成、神谷広志八段(56)が1987年に樹立した大記録を30年ぶりに塗り替えた。
 藤井四段の次戦は7月2日。同じ竜王戦トーナメントで佐々木勇気五段(22)と対局する。
       
 欠陥エアバッグのリコール(無料の回収・修理)問題で経営危機に陥ったタカタがこの日午前、東京地裁に民事再生法の適用を申請し受理された。こんごは米国企業の支援を受け事業を継続しながらの再生手続きが進むが、米国だけで11人もの死者を出した欠陥エアバッグ問題は、裁判所の管理下で負債額の確定・弁済が行われることとなった。

        ×        ×
 舞の母親が亡くなり、1週間。昼間、舞を誘って回転寿司へ出向いたところ、なんと以前、社交ダンスで大変お世話になったヒデさんとばったり出会った。ヒデさんは体調を崩され、現在は病気療養中の身。ダンスはやめておいでだが、お元気そうで久しぶりに話が弾んだのである。夕方、机に向かっていると舞が「いこうよ」というのでハイハイと〈エデンの東〉へ。マンノを手にふたりで雑草を除去。帰って再び書き始める。
 それにしても、藤井聡太とは。大変な棋士が出てきたものだ。
       ×        ×

【きょうの一文・ことば】
(連勝記録は)想像できなかったことで、非常に驚いています。単独1位になれたのは、自分でも特別な感慨です。記録は、いつかは破れてしまうものなので、自分としては連勝を意識せず、もっともっと実力を高めタイトルを狙いたい。
=将棋の公式戦で歴代最多の新記録となる29連勝を達成したあとの記者会見で。藤井聡太四段は淡々と。僅かに頰を紅潮させ、恥じらいを浮かべてこう言い切った

【新聞テレビから】
☆『タカタが破綻 負債 1兆7000億円、再生法申請 欠陥エアバッグ 製造業、戦後最大』『トヨタなど 回収不能 1兆円超か』『〈解説〉改修は7割どまり リコール完了急務(東京経済部・妹尾聡太)』、『藤井四段新記録懸け対局』、『連続青酸事件初公判 筧(千佐子、70歳)被告 無罪主張 四つの事件「全て争う」』『結婚相談所で 高収入男性探す 10人以上と結婚や交際』、『女性強殺 被告が殺意否認 名古屋地裁初公判 強盗致死を主張』(26日付、中日夕刊)
☆『29連勝期待の熱気 藤井四段対局会場に列 新たな垂れ幕用意 瀬戸市』『高い好感度の背景は? 謙遜するが強い/格差社会に実力突破』、『タカタ民事再生法申請 負債1兆円 製造業最大 米社支援で基本合意』『〈解説〉リコール8年半 なお途上【和田憲二】』、『大一番は10代対決 29連勝かけ藤井四段』、『円111円台前半』、『見た目も斬新 世界の新種トップ10 帽子形クモ ピンクのキリギリス』、『青酸殺人 無罪主張 筧被告「全て争う」京都地裁初公判』『高齢男性に孤独感 「後妻業」作者 黒川博行さん』(26日付、毎日夕刊)
☆『名古屋場所を熱く 力士ら200人到着』、『サニブラウン2冠 200も制す』、『タンクローリー炎上146人死亡 パキスタン 漏れた石油持ち帰ろうと犠牲か』、『長野南部で震度5強』『朝食時間帯揺れ襲う 長野「必死 流し台つかまった」』、『愛犬救い出そうと踏切に… 岐阜 准教授はねられ死亡』、『定光寺に山林回復指示 違法開発で愛知県』、『保育士に心のケア必要27% 全国施設調査 58%体制整わず』(26日付、中日朝刊)
☆『〈17都議選〉投票先決定者 都民フ27%自民26% 本社世論調査未定は57%』、『「相撲列車」で名古屋入り』、『サニブラウン2冠』、『医療事故 リピーター医師27人 13~16年度 日医、指導・勧告』『〈解説〉実効性・透明性に課題【熊谷豪】』、『福島・震災時決壊、湖底で発見 奇跡のあじさい帰る』、『弥富の着付け師開発 振り袖、10分でドレスに』、『秘書への暴行 豊田(真由子)氏 麻生氏 「あれ 女性ですよ 女性』(26日付、毎日朝刊)

六月二十五日
 午前7時2分ごろ、布団のなかでグラリ、グラグラッと揺れを感じ、飛び起きる。幸い、わが家は大丈夫だ。雷が鳴ると、いつもどこかに隠れる愛猫シロちゃんが意外にも何事もなかったように落ち着いて寝たままで、どこかほっと安心する。
 まもなくラジオから「長野県王滝村と木曽町で地震がありました」の速報が繰り返し流れ始めた。刻々と流されるニュースによれば、震源は長野県南部、震源の深さは7㌔、地震の規模はマグニチュード(M)5・6だと分かった。その後の調べで、王滝村と木曽町、上松町で住宅20棟が一部損壊、山間部では道路への落石が相次いだが大事には至らなかった。
       ★        ★

 サニブラウン・ハキーム(東京陸協、18歳)がこの日大阪市のヤンマースタジアム長居であった陸上世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権で前日の100㍍に続いて200㍍でも20秒32で初制覇。2003年の末續慎吾(当時ミズノ)いらい14年ぶりとなる100㍍との2冠に輝いた。

        ×        ×
 1日じゅう執筆を続ける。時折心配顔で愛猫シロちゃんが私の部屋に入ってきては目で何かを訴え、自分の定位置にかえってゆく。そんなことの繰り返しに。夕方、小雨ふるなか、舞の「いくよ」の声に促され、畑〈エデンの東〉へ。スイカは先に3つ植えた苗のうち、1つがダメになっていた。案の定、草も生えてきてはいたが、本日は見回っただけで退却する。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
「ここは通過点と考えている。これを自信として、世界選手権でいい結果を残せるようにしたい」「自分が一番になれたらうれしい。9秒台で走れたら気持ちいいだろうな」。
=25日付中日朝刊『主役はサニブラウン 男子100㍍V 10秒05 好条件なら 膨らむ期待』の記事の中で。男子100㍍決勝で優勝した18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)はこう話した

【新聞テレビから】
☆『核兵器禁止条約いよいよ実現へ 「国連会議」7月7日採択に期待 人類最大の脅威 ヒバクシャ署名296万筆 日本政府不参加』(6月25日号、しんぶん赤旗日曜版)
☆『雨の激走10秒05サニブラウンV』、『弥富金魚被害157万匹(一緒に養殖するメダカも含め) 業者9割「野鳥の食害」』『組合が調査 対策支援要請』、『自民改憲案 秋国会に提出 自衛隊を明記、前倒し表明』、『公務員定年 延長議論へ 政府 来秋にも改正案提出』、『〈サンデー版大図解〉セーリング=2020年東京オリンピック・パラリンピックでメダルが期待される470級などセーリングの見どころを紹介』、『〈読む人〉北海タイムス物語 増田俊也著(新潮社・1836円) 地方紙の苛酷な労働実態(評者 千街晶之=文芸評論家)』(25日付、中日朝刊)
☆『注目10代対決 藤井四段29連勝なるか 新記録かけ あす竜王戦』、『米元大統領の訪朝要求 北朝鮮、拘束解放条件 米拒否し実務者派遣』、『「平昌」南北チームで 文大統領 IOC(国際オリンピック委員会)に協力要請』、『自民改憲案 年内提出へ 首相明言 衆参憲法審に』、『バイオリンの河井さん=東京都千代田区立九段中等教育学校3年の河井勇人さん=優勝 国際コン・14歳』、『〈Sストーリー〉島を守る「師弟」の絆―香川・豊島 産廃撤去の闘争』『豊かな島取り返す 中坊弁護士との約束支えに 「闘うか」問われ結束』『「俺の分も見届けてくれ』(25日付、毎日朝刊)

六月二十四日
 前線の影響で九州を中心に西日本では各地で激しい雨の1日に。
        ★        ★

 ♪われは湖(うみ)の子 さすらいの 旅にしあれば しみじみと……
 ことしは旧制第三高等学校水上部(現京大ボート部)クルーが琵琶湖周航のため1917年6月28日に滋賀県今津の宿で当時1年生だった小口太郎が作詞した詩を〈ひつじぐさ(吉田千秋作曲)〉のメロディーで歌い始めて、ちょうど100年。
 ということで節目の日を前に24日、京大ボート部のOBが大津市の瀬田川を午前5時に出航し117人が交代でボートに乗り7つの歌碑を訪ねる〈琵琶湖周航の歌〉の【なぞり周航】が始まったという。
 琵琶湖岸の滋賀の都・大津には、かつて3年余過ごし何かと、この歌を仲間たちとうたう機会も多かっただけに、とても懐かしい。

 24日夜。大阪のヤンマースタジアムであった陸上日本選手権100㍍決勝は、サニブラウン・ハキーム(東京陸協)が10秒05をマークして初優勝。2位多田修平(関学大)、3位ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、4位桐生祥秀(東洋大)の順位だった。東京ドームでの中日×巨人戦。中日は今季最多の17安打で8点を奪い8―2で快勝し、4連勝。今季の通算成績を30勝36敗に。5割まで、あとひと息である。がんばれっ!
 三重県志摩市磯部で国の重要無形文化財で日本三大御田植祭のひとつ、伊雑宮の御田植祭が御料田で催された。早乙女による神事に先立ち、上半身裸の男たちが泥んこになって竹を奪い合う竹取神事がことしも豪快に行われ、豊漁と豊作が祈願された。これまた、かつて泥を全身に受けながら取材した体験を忘れられない。それだけに、懐かしい。

【きょうの一文・ことば】
「息を引き取る瞬間、私は見ていた。『愛してる』と言って旅立ちました」
=24日付中日朝刊『最期に「愛してる」 小林麻央さん、海老蔵さんに』の記事のなかで。乳がんで闘病中だったフリーアナウンサーで妻だった、小林麻央さんの死(享年34歳)を受けて23日午後、都内で開いた会見の席で。海老蔵さんは、こうのべた
※海老蔵さんによると、22日の公演と稽古のあと、麻央さんの母親からの連絡で「具合が悪い」と知り、急いで帰宅。長女麗禾ちゃん(5つ)、長男勸玄ちゃん(4つ)、麻央さんの両親と姉でフリーアナウンサーの小林麻耶さん(37)らとみとったという。

【新聞テレビから】
☆『市民困窮』『〈でらサタ〉快進撃28連勝 藤井四段の道 八つの頂――重圧桁外れ、一生を懸けた夢 (文化部・岡村淳司)』、『「サイバー爆弾」でロシアに報復計画 オバマ氏、退任直前に承認』、『TPP(環太平洋連携協定)米離脱で著作権切れ 人気者プーさん 新訳ラッシュも ディズニー原画は保護残る』『ひっそり進化中「世界の新種トップ10」 ハリポタ帽子、ピンクの葉…正体は?』、『土砂崩れ100人生き埋め 中国・四川』、『「笑顔ありがとう」「勇気忘れません」 小林麻央さん ブログ追悼やまず 連日舞台海老蔵さん「ママもやります」』、『〈大波小波〉1990年の新人新聞記者 (現役)』、『〈紙つぶて〉「最終回」 内藤理恵子(宗教学者、コラムニスト)』(24日付、中日夕刊)
☆『さあ、出発 琵琶湖就航なぞり』、『〈東海百景〉初夏彩るオレンジ =岐阜県高山市高根町の子ノ原高原のレンゲツツジが鮮やかなオレンジ色の花を咲かせている』、『対露「サイバー爆弾」承認 米オバマ氏退任前 選挙干渉に報復』、『難民流入 年127万人 ウガンダに398億円支援 連帯サミット 国連、資金枯渇を警告』『食糧不足600万人 南スーダン危機拡大』、『モスル奪還 「時期近い」 有志連合』、『北朝鮮の新聞で靴包み拘束か 解放後死亡の米学生』、『グーグル Gメール分析中止 個人用、年内に プライバシー配慮』、『平和の風が吹く日まで 沖縄戦「さとうきび畑」発表50年 田代美代子さん(73歳) 作者遺族ら歌い継ぐ』、『プラズマで健康イチゴ がん予防効果増 名大発表』(24日付、毎日夕刊)
☆『東芝 8月東証二部降格 名証も 有価証券報告は延期』、『慰霊の日 沖縄の怒り 知事「辺野古阻止へ不退転」』『慰霊の日「基地」で火花 沖縄と国 広がる距離』、『★日本人初、洪教授を選出 =ニューヨークの国連本部で22日、「国連人種差別撤廃条約」の締約国178カ国の履行状況を監視する人種差別撤廃委員会の委員選挙があり、南山大の洪恵子教授(51)が132票を獲得し当選した。日本人が同委員になるのは初めて』、『小池氏勢力 過半数が焦点 都議選告示 自民と対決』、『「萩生田氏文書は事実」 加計問題で前川氏「鍵は泉補佐官」』、『最期に「愛してる」 小林麻央さん、海老蔵さんに』『乳がんで闘病 日々ブログに』、『ごみから2000万円 処理施設 5人盗む 奈良、容疑で書類送検』(24日付、中日朝刊)
☆『都議選告示 各党、国政を意識 演説「政策」少なく』、『辺野古容認できない 沖縄慰霊の日 知事改めて反対』、『がんと闘う姿 飾らず 発信 小林麻央さん死去 ブログ読者258万人 海老蔵さん妻 34歳』、『初の立葵は藤沢が獲得 女流囲碁3冠に=囲碁の会津中央病院・女流立葵杯決勝3番勝負第3局が23日、東京・市ケ谷の日本棋院で打たれ、藤沢里菜女流本因坊(18歳)がタイトルを獲得。藤沢はこれで、本因坊、名人、立葵と3冠となった』、『前川氏改めて政府批判 「加計問題 首相自ら説明を」』『メディアに疑問、不安』、『〈森友疑惑 追及〉用地取得 昭恵氏の影』、『「後妻」事件状況証拠焦点 京都地裁 青酸連続殺人26日初公判 裁判員裁判 審理135日間に』(24日付、毎日朝刊)

六月二十三日
 沖縄が戦後72年目の「慰霊の日」を迎え、糸満市摩文仁の丘の平和祈念公園で沖縄県主催の沖縄全戦没者追悼式が開かれ、平和への誓いを新たにした。
 このうち沖縄県立宮古高校3年上原愛音(ねね)さんは、追悼式のために平和の詩【誓い~私達のおばあに寄せて】を書き上げ「誓おう。私達はこの澄んだ空を二度と黒く染めたりしない。/誓おう。私達はこの美しい大地を二度と切り裂きはしない。/ここに誓おう。私は、私達は、この国は この世界は きっと愛しい人を守り抜くことができる。/この地から私達は 平和の使者になることができる。……」と朗読した。
        ★        ★

 任期満了に伴う東京都議選(定数127)が23日告示され、259人が立候補。交流戦を終えたプロ野球はこの日、セ、パのリーグ戦が再開され、ドラゴンズは東京ドームで巨人と対戦し1―0で勝ち、交流戦から3連勝。岩瀬が3年ぶりのセーブで、順位も4位に浮上した。
 歌舞伎俳優市川海老蔵さん(39歳)の妻で、乳がんと闘病中だったフリーアナウンサー、小林麻央さん(34歳)が22日夜、都内の自宅で死去。「人生で一番泣いた日です」「マスコミの方々もお察しください。改めてご報告させていただきます」とは、自らのブログのなかで海老蔵さん。おつかれさまでした、麻央さん ――合掌

【きょうの一文・ことば】 
 歩はいつか金になり飛車はいつか銀になる
 開始から6時間47分 そっとそっと駒をおきました
 まっ、ほんとに運がよかった
 藤井聡太四段 14歳 
 君のゆく道は果てしない 
 それでも おだやかにほほえんで
 大きな志で
 どこまでも どこまでも
 =23日夜の東海テレビ特番『藤井聡太14歳 28連勝 最年少中学生プロ棋士 小学生時代から密着!』のなかで。荻原欽一さん、欽ちゃんはナレーションでこう語りかけた
 
【新聞テレビから】
☆『藤井聡太14歳 28連勝』(23日夜、東海テレビ)、『ノ―ナレ「ミアタリ」 街に潜む逃亡犯を捜せ 検挙数トップの伝説の刑事』(23日夜、NHK総合)
☆『72回目 「慰霊の日」 「辺野古阻止へ不退転」 沖縄知事が宣言』『【沖縄「慰霊の日」】7歳で孤児 癒えない心 砲撃かばった母は死んだ』『「平和のため行動できる」 高3・上原さん 詩朗読』、『小林麻央さん死去 34歳 乳がん闘病2年8カ月』『闘病生活ブログでつづる 終わり見えるなら休んでなんかいたくない 子供たちにとって強い母でありたい』『闘病 家族愛 最期まで 麻央さんブログ共感呼ぶ 登録読者250万人』『海老蔵さんと二人三脚 長女5歳、長男4歳』、『小池氏勢力と自民激突 都議選告示 258人立候補』、『仏の新設文学賞 福島の詩人受賞 和合(亮一)さん 大震災題材』、『電通を略式起訴へ 違法残業 東京地検、社長ら聴取』、『文学は必要か 問いは無意味 中部ペンクラブで辻原登さん』『「確かな目に元気づけられる」 文学賞・山口馨さん』(23日付、中日夕刊)
☆『赤ちゃんパンダ 女の子 上野動物園』、『岩国市長受け入れ表明 厚木から米艦載機部隊』、『小池都政を問う 都議選告示 256人届け出 来月2日投開票 築地・五輪費用・新党 「加計」問題も影響』、『72年 沖縄祈り 戦没者 「慰霊の日」』『沖縄慰霊の日 地獄の記憶 語らねば 81歳 肉親悼み決意』、『新幹線停電を陳謝 JR東海副社長』『架線修復が完了 通常速度運転に』、『小林麻央さん死去 海老蔵さんの妻 乳がん闘病 34歳』、『兵庫の北村さん=兵庫県立芦屋国際中等教育学校1年の北村陽さん(13歳)=国際コン (カザフスタンの首都アスタナであった第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール)で優勝 チェロ部門』(23日付、毎日夕刊)
☆『「加計」臨時国会を要求 4野党 公明 「閉会中審査を」』、『省庁人事握る萩生田氏 トップ兼務「報復」懸念も』、『「秘書に暴行」離島届 自民・豊田真(由子)氏』『官僚時代も部下を叱責 豊田真議員 仕事熱心な半面』『園遊会でもトラブル 母親同伴 入場拒否され』、『空のハンター子ジカを襲う 伊吹山、イヌワシ』、『税務署員が情報漏えい 元同僚に 名古屋国税が懲戒処分』、『クマに顔かまれ高山で82歳けが』(23日付、中日朝刊)
☆『戦争の痛み忘れぬ きょう沖縄慰霊の日』『大田元知事に平和誓う きょう沖縄慰霊の日 生き延びた人々 続く地獄の記憶』、『「被爆者」言及の公算大 核兵器禁止条約 前文修正案に残る』、『ミンダナオ戦闘 長期化 比戒厳令1カ月 死者360人 過激派同士が協力』、『世界人口予測 2100年に112億人 国連報告書』、『(サウジアラビアなどアラブ諸国がカタールと国交断絶したことについて)カタールと断交 トルコ外相批判』、『教育無償化年内に方針 政府 今夏に有識者会議 財源確保など議論』、『野党、早期の臨時国会要求 「加計」政府・与党は消極的』『〈解説〉憲法規定に抜け道【西田進一郎】』、『都議選きょう告示』、『豊田議員秘書に暴行 暴言テープも 自民に離党届』(23日付、毎日朝刊)

六月二十二日
 大きな嵐が音をたてて過ぎゆく、そんなドラマチックなここ数日間だった。

 3年ほどの間、自社ビル5階自室で義兄の献身的な介添えで寝たきりでいた舞のおかあさんが、19日に老衰で96年2カ月余の人生をとうとう閉じられた。舞を産んでくださった天下の母である。何かと確執はあったが、いまは【お安らかに】以外に言葉は浮かばない。
        ★        ★

 そのおかあさんで一番頭に残っていることは、といえば、駆け落ちで舞と一緒になってまもないころの三重県志摩半島での1件である。私は26歳、舞は20歳だった。私と舞が阿児町鵜方(現志摩市)にあった新聞社通信部で生活を始めてまもないころ、私は彼女から舞に送られてきたトラック1台分の家財道具を若気の至りもあって、そっくりそのまま開くことなく、送り返した。
 同情とか、手助けとか。そんな見せかけなど、これっぽっちもほしくない。それよりも、ふたりで〈道なき道〉を切り開いていくのだ、と判断したからで我ながら大胆な行動に出たのである。それからしばらくしたある日。通信部建物がドーンと大音響をたて大揺れしたので「地震か」と思って2階自宅から階下におりると、大型トラックが1階事務所に半分食い込むように突入していたのには驚かされた。
 あのときは家財道具をそのまま送り返した神の祟りか、と真剣に思ったりもした。以降、舞は自ら固く心に誓った約束を頑なに守り続け、生まれ育った家の門をくぐることは一切なかった。30年たち、長男の結婚が決まったとき、初めておかあさんを訪ねた時には、ふたりとも抱き合ったまま涙があふれるばかりで、離れようとしない。
「よお、ここまで頑張ったなあ。ようやった。ほんとうに、よくやった」と言いながら舞をひしと抱きしめたまま、30~40分は、そうしていただろうか。あのときの抱擁は永遠に忘れないだろう。舞は強い意志を貫き、おかげで三人三様とはいえそれぞれ素晴らしいわが子にも恵まれた。おかあさんにとっては、それが何よりの嬉しさ、自慢だったのかもしれない。
 おかあさんの寝顔はまさに仏、母子家庭のギャップをはねのけキャリアレディーの走りとして女手ひとりで自ら事業を立ち上げ、義兄の助けもあってここまで夢中で自分勝手に突っ走って見事、本懐を遂げたのである。 合掌―

 旅立たれたおかあさん。最後の別れを告げる舞。棺を閉じる直前、飼い猫でひと足先に逝った〈ねね〉など大好きだった猫のポスターも添えられた
 20170621_102729
 20170621_103907

        ×        ×
 きのう。21日。葬儀を終えた私は、以前から約束していた友との文学談義を兼ねた食事会に大阪難波へ。豪雨の影響もあって新幹線名古屋駅でだいぶ待たされ、約束の時間に少し遅れて到着。帰りは、その友の勧めもあって新幹線は止めて難波で近鉄名古屋行き終電に乗車。名駅の名鉄犬山線可児行き終電に滑り込みセーフでまにあった。もし新幹線にしていたら、停電による運転見合わせに巻き込まれ列車内宿泊もありえた、際どい大阪往復となった。帰宅したらスマホに「新幹線、動いていないようです。近鉄にして良かったですねぇ」との優しいメールが入っており、胸をなでおろしたのである。

 おかあさん。いやはや、私も大変な数日間、嵐のような日々でした。舞からは「こんやはどこかへ泊まってください。とにかくいろいろと疲れました」とのメールを受けていたが、ここは彼女のためにも帰るべきだ、と判断し帰ってよかったと思っている。というわけで、きょうは舞の墓参りなどのアッシーを務めることができた。
 それにしても。おかあさん。最後まで嵐、嵐の生涯でしたよね。時には憎しみ合いもしました。やすらかに休んで、未知の天国でまた再び、偉大な女性として羽ばたいてください。
      
 舞のおかあさんの死。ひとつのドラマはこうして終焉となったのである。ありがとう。おかあさん。おつかれさまでした。さいごまで互いに勝手のし放題でしたよね。いろいろありましたが、舞だけは、しっかり守ります。心配しないでください。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
 ここまで連勝できるとは夢にも思わなかった。本当に運が良かった。うれしい気持ちはあるが、それに浸ってばかりではいけない。実力が足りないと感じている部分も多々ある。そういうところを直してもっと強くなれるよう精進したい。(藤井聡太四段)
 こういう日が来るかもしれないと考えていたが、まさかデビューから無敗で並ぶ人がいるとは夢にも思わなかった。将来のスーパースターと一瞬でも肩を並べることができ、とても光栄だ。(神谷広志八段)
=22日付中日『藤井四段最多タイ28連勝 公式戦14歳30年ぶり快挙』の一連の紙面の中から。史上最年少の中学生プロ棋士藤井四段は「もっと強くなれるよう精進したい」と。自ら持つ連勝記録28連勝に並ばれた神谷八段も「将来のスーパースターと肩を並べることができ、光栄だ」と語った

【新聞テレビから】
☆『〈県境ものがたり 伊賀・甲賀1〉家康を守った忍者の里 写真・横田信哉 文・飯盛結衣』、『1500人列車内で一夜 新幹線停電 5万人に影響』、『やむを得ず銃殺 集落焼き払う シベリア出兵克明 岐阜の男性手記残す=手記を書いたのは岐阜県坂内村(現揖斐川町)出身で76年に84歳で亡くなった田辺和市さん。18―20年に臨時海軍派遣隊で渡ったシベリアを中心に11年余りの軍隊生活を記録し、晩年に「東西南北」と題した36巻の手製の冊子にまとめた。孫の和政さん(60)ら遺族が保管していた』、『公立校高入試 全県1区制に 岐阜県、来春受験から』、『加計の閉会中審査 公明代表 「検討」を』(22日付、中日夕刊)
☆『新幹線停電5万人影響 高槻でトロリー線断線』『車内で 一夜ぐったりと 名古屋駅で514人』『就活の大学生寝ずに学校へ 博多』、『野党、臨時国会午後要求 「加計」安倍政権を追及』、『風邪薬に 無届け成分 原薬会社(和歌山市の原薬メーカー、「山本化学工業」)出荷自粛 行政処分へ アセトアミノフェン 中国製混ぜる』、『米「日本、牛肉譲歩を」 USTR(米通商代表部)代表 関税下げ念頭か』、『NY原油42㌦台 10カ月ぶり安値』、『モスル奪還 最終局面 イラク軍「IS(過激派組織「イスラム国」)が象徴爆破」』、『「北朝鮮 国民を餓死させねば」 (谷本正憲)石川知事』、『香山さん=精神科医、香山リカさん=講演 妨害予告受け中止 東京・江東区の社福協』、『■Topics歴史・時代小説 新人の力作目白押し 多彩な設定光る描写【内藤麻理子】』、『星へ案内 戦前に女性活躍 京都で資料発見「東日天文館」様子詳細に』『少年少女のあこがれ 川崎の男性 60年現役、解説員』(22日付、毎日夕刊)
☆『藤井四段最多タイ28連勝 公式戦無敗 14歳30年ぶり快挙』『6歳の夢「しょうぎのめいじん」』『藤井四段28連勝 14歳新たな飛躍』『希望の光に成る 入門者殺到☗駒や盤 品薄』『名駅、栄に本紙号外』『藤井四段・一問一答「一喜一憂せず日々頑張っていきたい」』『母・裕子さん 「連勝ここまで続くとは」』『祝福のファン100人超集まる 大阪・将棋会館』、『新幹線停電6本立ち往生 大阪で架線切れ 未明に運転再開』『夜の名駅 怒号、困惑 新幹線停電 足止めの利用客ら』、『愛知県体育館移転新築 アジア大会までに 名城公園有力』、『患者取り違え胃切除 東海市の公立病院 胃潰瘍をがんと』(22日付、中日朝刊)
☆『藤井四段 最多タイ28連勝 14歳デビュー無敗』『「ツキがあったのかな」藤井聡太四段の話』『〈解説〉群抜く「集中力」「読み」【山村英樹】』『地元・瀬戸 全身が震えるよ 藤井四段を幼少期に指導した文本力雄さん(62)』『母「お疲れさま」 東海テレビがあす特別番組』、『日米韓連合 優先を決定 東芝、半導体売却交渉』、『豪雨 東海各地で影響 三重、愛知で避難勧告』(22日付、毎日朝刊)

六月二十一日
 昼が1年でもっとも長い夏至である。
 三重県伊勢市の二見興玉神社では、朝日を浴びて海でみそぎをする夏至祭が雨のなか、営まれ、白装束を身にまとった男女が海に入り心身を清めた。
        ☆        ☆

 最年少の将棋プロ棋士、藤井聡太四段(14)=愛知県瀬戸市、中学3年生=が21日、大阪市の関西将棋会館で行われた対局で澤田真吾六段(25)=三重県鈴鹿市=に勝ち、公式戦の連勝記録を歴代タイの「28」にした。この日、新幹線は東海地方を襲った雨の影響で各地で大幅な遅れが相次いだばかりか、夜に入り、京都―新神戸間で停電が発生、未明にかけ新幹線が立ち往生する事態となった。
 いやはや、いつ何時、何が起きるか知れたものでない。

【きょうの一文・ひとば】
 加藤先生の迫力ある指し手を体感できたことは僕にとって大きな財産になります。これからもさまざまな方面でご活躍される事を楽しみにしています。
=21日付毎日朝刊『加藤九段 引退決定 現役生活 通算1324勝1180敗』の記事のなかで。藤井聡太四段の加藤九段引退に対することばは、〈対戦は大きな財産〉でしたーというものだった

【新聞テレビから】
☆『28連勝へ対局始まる』『藤井四段 教室は別人 名大付属中 友人、担任語る 鉄道好き/休み時間 宿題』、『東芝、日米韓連合と交渉 半導体売却先で決定』『同意なしの売却WD(米ウエスタン・デジタル)』『〈解説〉破断の恐れ消えず(東京経済部・伊藤弘喜)』(21日付、中日夕刊)
☆『大学新テスト 英語民間試験 公立高で 全国一斉 公平性狙う』、『藤井四段、歴史に挑む』、『ベルギー爆弾テロ ブリュッセル 容疑者死亡 負傷者なし』(21日付、毎日夕刊)
☆『大分で震度5強』、『〈77歳歩み投了 棋道脈々と 14歳金字塔へ〉『77歳 加藤九段引退』『63年「幸せな棋士人生」 加藤九段引退 通算2505局 歴代1位』『「衰えない情熱 規格外」 羽生王位ら称賛の声』『藤井四段「全力尽くす」最多28連勝へ きょう東海対決』『20戦目に辛勝 鈴鹿の澤田六段と』、『伊勢「神宮祭主」に黒田清子さん就任 天皇陛下の長女』、『「官邸やると言っている」 加計 萩生田氏が調整か』『新文書 本人は否定』、『豊洲に移転 表明 小池知事 築地売却せず再開発』、『待機児童ゼロ 継続黄信号 名古屋 賃貸型保育事業応募伸びず』、『夏目勝弘さん死去 「青い目の人形」研究』(21日付、中日朝刊)
☆『加藤九段 引退決定 現役生活62年 通算1324勝1180敗 対戦大きな財産(藤井聡太四段の話)』、『加計ありき鮮明 萩生田氏「総理が期限」 文科省文書 特区決定前発言』『萩生田氏は否定』『新文書「記憶曖昧」文科省会見 幹部が弁明 身内は失望』『萩生田氏「首相と加計氏の間柄 最近知った』『4年前に親密関係? 3ショット』、『豊洲移転 築地にも市場機能 小池知事表明 5年後めど』『「折衷案」歯切れ悪く 築地にも市場機能 小池知事が会見30分で打ち切り』『関係者 戸惑い・疑念』、『認可保育所 賃貸式追加募集へ 名古屋市 事業者の応募低調』(21日付、毎日朝刊)

六月二十日
 このところ雨無しで、ひでり状態だった九州が大雨に襲われた。夜になり、ここ尾張名古屋も風が強くなり、雨がぽつりぽつりと降り始めた。あすは大荒れになる、との予測だが。大過無く、と願う。
 午後11時27分ごろ、大分県佐伯市で震度5強の地震が発生。気象庁によれば、県内で震度5強を観測したのは、熊本地震後の昨年4月29日いらい。幸い津波は発生しなかった。地震、雷、風、雪、雨のこわさは人間みな知り尽くしてはいるのだが。自然の呼吸といおうか。これだけは、どうしようもならない。
        ★        ★

 伊勢神宮は20日、天皇陛下の代理として神事を司る「神宮祭主」に天皇家の長女、黒田清子さん(48)が19日付で就任した、と発表。将棋の史上最年長棋士である加藤一二三・九段(77)がこの日、東京・渋谷の将棋会館であった対局に破れ、規定により同日付で引退。伝説の記録の数々を残して63年に及ぶ現役生活にピリオドを打った。長い間、本当にお疲れさまでした。

【きょうの一文・ことば】
「対応が二転三転し、国民の政府への不信を招いた。率直に反省しなければならない」「国会の閉会にかかわらず、政府として分かりやすく説明していく」
=20日付中日朝刊1面『首相、加計対応を「反省」「二転三転不信招いた」』の記事のなかで。安倍晋三首相は通常国会の閉会を受けた記者会見でこう反省した

【新聞テレビから】
☆『「被爆者にとって大きな希望」 核禁止条約交渉 国連本部で演説』、『モスクワ国際バレエコンクール 大川さん=大川航矢さん(25)、青森市出身=金 寺田さん=寺田翠さん(24)、大阪府豊中市出身=銅』『ジュニアは千野さん=千野円句さん(18)=金』、『徹夜の家宅捜索籠池劇場再び 補助金不正「故意ではない」「森友」前理事長「国策捜査」と批判』『籠池氏 逮捕見据え礼服 諄子氏「帰って」と懇願』、『新たな加計文書判明 萩生田氏「首相が開学期限」 特区決定直前 文科省に迫る』『文科相 「萩生田氏に聞いて」 加計・新文書 説明歯切れ悪く』、『EU(欧州連合)離脱2段階で合意 英譲歩、分担金交渉を優先』、『北朝鮮拘束の米学生死亡 トランプ氏「残忍さを非難」』、『小6少年プロ棋士の顔へ 23日に特番「藤井聡太14歳」 東海テレビ 成長を秘蔵映像で』、『七三一部隊 父の苦悩 名古屋の元教員 証言を本に 脳出血乗り越え「不戦へ語り継ぐ」』、『愛知県民栄誉賞8月4日に贈呈 第1号の真央さん』、『足で紡ぐホルンの音色 両腕がないドイツ人奏者 25日に名古屋公演』、『各地で大雨警戒 あすにかけ、太平洋側』(20日付、中日夕刊)
☆『〈特集ワイド 海の向こうから〉拘束事件後もイラクへ 高遠菜穂子さんが語る「生死のリアル」ない日本』『「平和国家」海外では思われてない』『違い責めても対話にならぬ』、『遅咲きも妖精の美 名古屋・千種公園(のユリ園)』、『モスクワ国際バレエ 大川さん金、寺田さん銅 ジュニア部門千野さんも金』、『教員雇用偽装 籠池氏、不正認識か 2年前 府の調査に台帳偽装』『「国策捜査だ」籠池氏が批判』、『「首相18年開学を」 文科省が新文書 萩生田氏否定』、『離脱条件優先で協議 「通商」後回し 英、EUに譲歩』、『宮司「御朱印帳売るな」 賛否のリツイート3万件超す 信仰の対象で利益良くない』、『■加藤一二三九段 進退かけ対局』、『ウナギ稚魚半数密漁? 養殖池に入れた量→国内産15㌧ 養殖用の捕獲許可→全国計8㌧』、『■皇太子さま、デンマーク宮殿で夕食会』、『1年10カ月ぶり 東証2万300円台』(20日付、毎日夕刊)
☆『特例法成立で高まる 古都の期待「陛下 退位後は京都に」 東西に都を 再び熱帯びる「双京構想」』『「片思い」「警備強化困る」 冷静な声も』『眞子さま来月8日婚約内定会見』、『「福島を教訓 時代の流れだ」 韓国大統領が脱原発宣言』、『松山、世界ランク2位に』、『首相、加計対応を「反省」「二転三転不信招いた」』、『森友学園を家宅捜索 大阪地検 籠池氏 補助金詐取疑い』『「森友 徹底究明を」学園捜索 園児保護者ら見守る』『籠池氏妻が応対「お願いします」』、『19年開業愛知県国際展示場 初の常設「保税施設」に』、『勾留8カ月 男性無罪 岩倉・傷害事件 補償金300万円請求へ』、『ごみに1000万円 清掃員持ち去る 福島2人窃盗の疑い』(20日付、中日朝刊)
☆『アンデルセン生誕地を訪問 皇太子さま』、『首相 「私の姿勢、深く反省」 加計問題 閉会後も説明』『〈解説〉何も答えてない【高山祐】』、『森友学園に強制捜査 補助金不正受給疑い 大阪地検特捜部』、『英、EU離脱交渉開始』、『放影研、被爆者に謝罪 研究対象扱い「残念に思う」』『被ばく事故「危険への感度に問題」原子力機構報告書 原因なお調査中』『作業員全5人の内部被ばく 確認 再入院し治療』『安藤ハザマを捜索 東京地検 除染費不正受給容疑』、『東京湾 青白く』、『死亡・不明79人 ロンドン火災』(20日付、毎日朝刊)

六月十九日
 きょうは私が愛してやまない、あの無冠作家・太宰治が6月13日に玉川上水に山崎富栄とともに身を投じ遺体となって発見された19日、その日。太宰治の忌日「桜桃忌」である。
 さくらんぼ、といえば。昨夜遅く帰宅したとき、食卓に何げなくさくらんぼが置かれていたのには、どこか、ほっとした。酔いざまし、にとの舞の配慮か。いやいや、そうでもなく、自分で食べたくなったからかもしれない。
        ☆        ☆

 日本ペンクラブは19日、都内で開かれた理事会で2011年から3期6年にわたって会長を務めた作家、浅田次郎さん(65)の後任にノンフィクション作家で専務理事の吉岡忍さん(68)を選出した。吉岡さんは、まんざら知らない仲でもない。仕事に熱心な熱血漢で、何よりも良いも悪いもペンの内情を知り尽くす実務派タイプといえようか。過去何かとお世話になった方でもあるだけに、新会長の英断とこんごのペンの活性化を願いたい。

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が「福島第1原発事故は原発が安全安価でなく環境にもよくないことを示した。脱原発は、もはや逆らうことのできない時代の流れだ」としてフクシマを教訓に〝脱原発〟を宣言。
 大阪地検特捜部が詐欺と補助金適正化法違反の疑いで学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)の事務所や籠池泰典前理事長(64)の自宅や系列保育園などを家宅捜索した。ここは地検の意地を見せ籠池前理事長夫妻の証言と押収資料を徹底分析、不正の実態はむろんのこと、いつの世にも政官界に巣食う〈忖度(そんたく)癒着〉の構図を徹底的に洗い出し、メスを頂上にまで入れてほしい。
 いわば検事の腕の見せどころで、政界トップに澱んだ汚辱を徹底的に洗い出し、頂上突破を図る気概で歴史に残る捜査をしてほしい。でなければ、地検の存在意義はなかろう。安倍首相が「加計学園」の対応を巡って「国民に不信を招いた」と陳謝。政権が、この先一気に崩れていく音、予感を感じたのは私だけか。

        ★        ★
 この日午後4時すぎ。私にとっては掛け替えなき1人の女性が、この世を静かに去った。安らかな寝顔だった。96歳だった。
 女性は戦前、女学校に給仕を兼ねて通い卒業後は戦中、戦後と一宮市役所の市長付き初の女性秘書として奉職。いわばキャリアウーマンの走りでその後、結婚後も早逝した夫に代わり、雨、風、あらしと幾多の人生の艱難辛苦を乗り越えて、2人の子を遮二無二になって育て上げた。ある面、女傑とも言える存在だった。
 夫との死別時には市役所に戻らないか、と何度も誘われたが、これを拒否。そのご自らの道を逞しく、時には傷つきながら歩み続け、人生の幕を閉じた。その人がなくなった。
 詳しくは、しばらくしてからに。おやすらかに
        ★        ★

【きょうの一文・ことば】
 けさの新聞各紙が報じた世論調査によると、首相が「熟読して」と言った読売新聞も含め、内閣支持率は軒並み急落。国民の声に謙虚に耳を傾けよ。それとも、また「怪文書」などと開き直るか。
=19日付中日夕刊〈夕歩道〉から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『日本ゆかりの人と皇太子さまが懇談 デンマーク訪問』、『仏総選挙マクロン派圧勝 決選投票 二大政党、後退』、『松山 全米オープン 2位 男子ゴルフ 青木以来、日本勢最高』、『韓国原発新設白紙に 文大統領宣言 福島事故が教訓』、『難民初ユニセフ親善大使に 「シリアのマララさん」メレヘンさん』『難民・避難民 最多の6560万人 16年末報告』、『ロンドン歩道に車突入 1人死亡 モスク近く、テロか』、『神戸山口組系組長ら逮捕 港区発砲音 対立組長脅迫疑い 住宅街の事件 住民不安』、『蚊が吸った血で「犯人は君だ」!? 名大院グループ 2日後もDNA型判定』、『不明7人全員死亡確認 米イージス艦衝突 浸水居室で発見』、『移植の心臓 走る 高鳴る 広島の小2 世界大会に出場』、『コウノトリ野外100羽に 放鳥から12年』、『★被ばく作業員が再入院』、『★長谷川伸の草稿発見』(19日付、中日夕刊)
☆『▲寄稿 尾形明子(文芸評論家) しなやかで強靭精神、生命力 宇野千代 生誕120年』、『〈東海百景〉のぼり晴天にゆらり 来月9日初日 名古屋場所控え』、『マクロン新党過半数 仏総選挙 2大政党に圧勝』、『松山2位 全米オープン』、『MRI(国産初のジェット旅客機・三菱リージョナルジェット)実機 パリで初公開 国際航空ショー 性能アピール』、『生きる希望歌に乗せ 東海のがん患者らがアルバム ネット上で資金募集も』、『米、シリア軍機撃墜 ラッカ周辺「地元民兵を防護」』、『ロンドンで車突入 3人重傷 イスラム教徒の列』、『同性愛首相誕生 〈セルビア〉バルカン地域初 〈アイルランド〉最年少38歳男性』、『弘道会幹部を脅迫の疑い 神戸山口組系組長ら 逮捕 おもちゃで発砲音』(19日付、毎日夕刊)
☆『梅雨彩る花絵の具 蒲郡・あじさいの里』、『内閣支持10㌽急落44% 加計説明「納得せず」73% 世論調査 「共謀罪」採決67%批判』、『知ってますか ヘルプマーク 見えない障害 女性が普及活動』、『高知・大川村議会 廃止検討 長野の村「人ごとでない」』『王滝は村民総会案不採決 05年』、『93年来日のパキスタン男性 難民認められず カナダが永住権 代理人 厳格基準を批判』『24年いた日本「嫌いだ」 難民不認定の男性、カナダへ 支援の女性、対応に憤り』『申請1万人超 認定28人』、『神戸港で新たにヒアリ100匹確認』、『米艦不明7人 全員死亡か 伊豆沖衝突 捜索終了、船底付近に穴』『海水流入「すさまじく」 イージス艦衝突 就寝の乗組員急襲』、『子に車運転させた31歳容疑者を逮捕 茨城、ネットに動画投稿』、『ジャニーズ退社へ 事務所発表 中居さんは残留』(19日付、中日朝刊)
☆『〈My Way わたしの生き方〉ファッションデザイナー 森英恵さん(1926年、島根県六日市町=現吉賀町=生まれ)挑戦する心いつも』、『〈東海百景〉三重・マーク亀山 1万本キャンドル 1人で 「フーッ」』、『新テスト 民間検定・マーク式併存 20~23年度 大学側が選択』、『内閣支持10㌽減36% 不支持44%と逆転 (毎日)本社世論調査』、『大半半年 帰還1割 糸魚川「客が戻るか不安」 =新潟県糸魚川市で120棟を全焼するなどした大火は22日で発生から半年を迎える』、『ライチョウ2羽ふ化 富山の動物園 人工繁殖19年ぶり 難しい飼育』、『湯浅監督作品 長編最高賞に 仏アニメ映画祭』、『女性幹部ゼロ→副市長で公募 「変革に必要」 大阪・四條畷』、『■ニュース検定に1万4000人挑戦』(19日付、毎日朝刊)

六月十八日
 昼過ぎ。名古屋に出かける際、ほんの少しだけ空から雨が舞い降りてきた。でも、ホンのおしめり、申し訳程度で〈無情な雨〉である。それでも、路上の木々がどこか生気をおびたようで、ほっとさせられた。各地のアジサイたちも少しは喜んだか。
        ☆        ☆

 12日に生まれた上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃん。18日2回目の身体検査があり、体長16・4㌢、体重178・9グラムに。14日の初検査に比べ身長で2・1㌢、体重で31・9グラム増え、ひと安心といったところか。
 共同通信社が17、18両日行った全国電話世論調査。やはり、国民感情はすなおで安倍内閣の支持率は44・9%と前回5月の調査時より10・5%急落。不支持が8・8%上昇して43・1%に。加計学園の獣医学部新設計画をめぐる政府側答弁には「納得できない」が全体の73・8%に及んだ。
 静岡県・伊豆半島沖でコンテナ船と衝突した米海軍イージス駆逐艦フィッツジェルドの乗組員7人が不明になった事故で米主要メディアは「7人全員が死亡した」と報道。ジャニーズ事務所が昨年末に解散したアイドルグループ「SMAP」の元メンバー5人のうち、3人との契約を期間満了となる9月8日で終了すると発表。木村拓哉さん(44)中居正広さん(44)の契約は続行する、とのこと。

        ×        ×
 名古屋のルブラ王山で中部ペンクラブの【第32回総会・公開文学講演会(辻原登さん。演題は「文学は必要か? ない。そして…、やはりない―誰のものでもない悲しみについて―)・中部ペンクラブ文学賞表彰式・受賞と出版を祝う会】があり、出席。中ペンの仲間たちと歓談した。
 ことしの中ペン文学賞受賞者は山口馨さん(富山市、「渤海」)の「砂の本―駑馬(どば)―」に、同文学賞特別賞は小説集「彩鱗舞う」の棚橋鏡代さん=「北斗」=と詩歌の鑑賞と創作「古典渉猟」ほかの出版で阿部堅磐(かきわ)さん=サロン・デ・ポエート=が、それぞれ受賞。
 ほかに、「文芸中部」100号が富士正晴全国同人雑誌賞特別賞に、臼田慶子さん(P.be)が平成28年斎藤緑雨文化賞に輝いた。みなさんの栄誉を心から祝福したい。

 この日は秋企画の文学座談会「中ペン同人、平和を語る」(11月9日、三河湾リゾートリンクス。作家村上政彦さんが「文学と平和」を演題に基調講演)やことし2月に亡くなられた文芸評論家・清水信さんを偲んで―をタイトルとした中部の同人雑誌展(平成30年2月2日~3月4日)開催など29年度事業計画についての説明があった。
 文芸評論家清水良典さんによることしの中ペン文学賞の選評もあったが、良典さんはこのなかで「もっとも短い。無駄のない、書ききったと思われる作品でした」と『砂の本―駑馬―』を論評した。
 懇親の場では多くの人がそれぞれの思いの丈を述べたが、岐阜県大垣市から駆け付けた中ペン参与三宅雅子さん(作家、小島信夫文学賞選考委員長)が「皆さん、いいものを書きましょう」の呼びかけが胸に残った。一時、【文芸長良】に名前を変えていた【長良文学】が昔の名前に戻り再スタートする―とのニュースも知った。

「これからも、みなさまとの出会いを大切に〈言葉の網〉をいろんなものにかけ、やっていきたい」と決意と抱負を語る中ペン文学賞受賞者の山口馨さん
 20170618_171654
        ×        ×

 帰宅したら、息子夫妻から向日葵と、ちょっとお洒落な生ビール〈瑠璃―Ruri―〉が届いていた。ありがとう。なんだか息子なのに。悪いような気がしてしまう。

 私を出迎えてくれた向日葵さんたち
 20170619_081239

【きょうの一文・ことば】
 (故清水信さんの蔵書30万冊の行方=うち10万冊は中国へ。残る20万冊のうち10万冊は三重県に寄贈されたが、現物はどこかに消えてしまい、目録だけが残るという=に話が及び、故杉浦明平さんの本などプラス10万冊にも触れて)
 大きな建物でなくてもよいのだから。20万冊、10万冊と眠ったままになっている本をど~んと、空いたままになっているどこか適当な場所へ持っていって保管する。あとはお役所、財界、大学、研究者、マスコミなどの協力で、目利きが本を選別して文学館らしい形に少しずつ体裁を整えていく。そのためには当然、市民の協力も必要だ。私がひとり、手をあげただけでもダメなのです。当然、市民も含めた多くの力の結集が必要になってくる。
=18日夜、名古屋のホテル「ルブラ王山」で開かれた中ペン29年度総会のあとの懇親会の場のあいさつで。中部ペンクラブ会長三田村博史さんは、こう声を張り上げた

【新聞テレビから】
☆『ユニセフ親善大使 黒柳徹子さん ミャンマー訪問①』『家を焼かれ二輪で逃避行 紛争がお父さんを奪った』(6月18日号、しんぶん赤旗日曜版)
☆『米イージス艦衝突7人不明 貨物船側「同方向に航行」 伊豆沖』『「安全航行体制に疑問」 イージス艦衝突「海の難所」批判の声』『04年に横須賀配備 北弾道弾の防衛艦』、『私も認知症 だから大丈夫 先例学び自ら提案 悩み分かち合う相談窓口西区 「孤立緩和や自信取り戻す」』『認知症サポート医1万人 政府20年度 早期診断へ目標倍増』、『何でも運ぶ装着ドローン 名古屋の企業開発 災害避難も構想』、『藤井四段27連勝 最多タイ王手、次戦21日 「負けられぬ」プロの自覚』、『パンダ赤ちゃん 成長の証し 目や耳周り うっすら黒く』、『茶のしずく石鹸 呼吸困難4割超 アレルギー最終調査』、『★指原さん3年連続1位』、『〈サンデー版大図解〉増える国産小麦』(18日付、中日朝刊)
☆『赤ちゃん うっすら パンダ顔 東京・上野動物園』、『難民問題解決訴え 名古屋 在日ミャンマー人講演』、『妊婦禁忌3薬容認 添付文改訂 厚労省、要請へ』、『貨物船 右後方から衝突か 伊豆沖 米艦7人なお不明』、『〈Sストーリー〉日本を鼓舞した同志――ゾウの「はな子」とともに』『日タイの「懸け橋」運命を背負ったゾウと名レフェリー はな子に思わぬ惨事 異国でつかんだ幸せ』、『移植法成立20年 亡き命移植でつなぐ 困っている人助けられる自慢の息子 事故7日目 臓器提供決断』、『米艦衝突 現場1日400隻往来 海保「未明、特に混雑』、『難病女性妊娠へ道 厚労省禁忌薬処方容認へ 薬やめ2度流産「地獄の日々」』(18日付、毎日朝刊)

六月十七日
 ここ尾張名古屋は、きょうも雨はふらない。
 雨、雨、降れ、降れ、と。空に向かって手を合わせ囁きかけてみるのだが。お天気の神さまは、知らぬ存ぜぬである。そのうちに降るのだろう。降ってこればきた、で外出時など何かと面倒だが。気になるスイカは? ダンス仲間によれば「ゴンタさん、スイカは(雨がふらなくとも)心配ないよ」と、おっしゃるのだが。スイカだって育つには、水分補給は必要じゃないか、と。そんなことまで思ってしまう。
        ☆        ☆

 JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の1番列車がこの日、大阪駅を出発。ダークグリーンの走るホテルが近畿、中国地方の各地を巡り始めた。
 1番列車は、兵庫県の城崎温泉や山口県の幕末の志士ゆかりの萩市などに立ち寄り、下関に向かう1泊2日のコース。旅のルートは5つあり、料金はひとり25万円~125万円(2人1室)で、11月出発分まで完売しているそうだ。
 一方では蒸気機関車SLの人気キャラクターをリアルに描いた静岡県島田市の大井川鉄道の「きかんしゃトーマス号」の今季運行もこの日始まり、新金谷駅で出発式があった。

 将棋の最年少プロ棋士で中学3年生の藤井聡太四段(14)が大阪市の関西将棋会館での朝日杯オープン戦1次予選の対局で5月の大会で学生名人となった東京大1年のアマチュア藤岡隼太さん(19)と対局、百六手で勝ち、公式戦の連勝記録を「27」に伸ばした。神谷広志八段(56)が1987年に達成した最多連勝記録「28」まで、あと1勝である。

【きょうの一文・ことば】
「たとえ嫌でも命とあらば、必ずやり遂げるのが忍びだということは、そなたも承知しておろう。われらは獣のように闇にひそみ、地を走り、鳥のように宙にはばたく。そしてひとを裏切り、殺めるのだ。命を果たさなければ、物の怪に成り下がるではないか。われらがおのれをひとだと思うことができるのは、命を果たすゆえだ」
「忍びは常に虚の中を生きておる。真のことなど何一つない。それゆえ、雨宮蔵人のように真だけで生きておる漢(おとこ)を見ると、せつない想いが湧いてくるのだ」
=17日付中日朝刊の連載小説『影ぞ恋しき350 葉室麟作 西のぼる画』の中から。忍びの男、藤左衛門のことばを抜粋

【新聞テレビから】
☆『心弾ませ出発進行!』『走るホテル「瑞風」参戦 大阪』『静岡・大井川鉄道 トーマスにまた会えた』、『米イージス艦と貨物船衝突 伊豆半島沖 海軍乗員7人不明』『回避義務どちらに 米イージス艦衝突 記録分析が焦点』『軍艦 えぐれた右舷』、『「ヒバクシャ署名」296万人 被団協 各禁止条約交渉議長に提出』『日本の交渉不参加 被爆者が遺憾の意 国連大使と面会』、『「共謀罪」法成立 監視捜査現場は? 早期摘発迫られる◆一方的資料で逮捕状発布』、『米、キューバ融和見直し 渡航や商取引制限へ転換』、『愛着あるけど 誇れない… 名古屋市民は自虐的!? 政令市調査』、『認知症をブロック 介護施設に名大レゴ部 間借りが縁 脳トレ教室』、『メーテレ社員 すり逮捕 容疑認める 居眠り男性から7000円』、『★皇太子さま、邦楽鑑賞』(17日付、中日夕刊)
☆『核兵器廃絶求め 300万人が署名 被爆者 国連に目録』『放影研(日米共同研究機関「放射線影響研究所」)、被爆者に謝罪へ 設立70年 治療せず研究』『不信感消えぬ被爆者 放影研謝罪へ「人権無視された」』、『皇太子さま訪問デンマーク 皇室と交流続く「普段着」の王室 王位継承 法改正で女王即位』『150周年記念行事 皇太子さま出席』、『コール独元首相死去 87歳 東西統一の立役者』、『米、キューバ政策転換 トランプ大統領 制裁強化表明』、『米イージス艦衝突 7人不明 伊豆半島沖 比籍貨物船と 艦長けが』、『大規模災害時に国立8大学連携 相互支援へ協定』、『おなかまん丸に深海の赤ちゃん 静岡(の東海大海洋科学博物館)で(深海ザメ「ラブカ」の赤ちゃんが)公開』、『●eye もっと甘く もっと強く(「大和スイカ」の産地で知られる)奈良・田原本町』(17日付、毎日夕刊)
☆『コール元独首相 死去 87歳 東西ドイツ統一実現』、『文科相「内閣府職員が発言」「創生相は否定」 加計「総理の意向」矛盾 衆院予算委』、『性犯罪の厳罰化成立 「親告」不要 刑法110年ぶり改正』、『「共謀罪」法成立続く反対の声 「世論で法を使わせない」』、『政府の圧力国際社会で監視を 辺野古反対し勾留 山城議長(沖縄平和運動センターの山城博治議長)』、『抗酸化力 イチゴ実る プラズマ技術で世界初 名大と幸田町』、『龍馬「寺田屋」裏話 兄へ克明に手紙「西郷が助けに来ようとした」』、『ニセ電話複数マニュアル 愛知県警、都内拠点で押収』『「振り込めば女性紹介」 電話信じ、計30回2031万円被害 半田の60代会社員』(17日付、中日朝刊)
☆『「(部下の育児に理解がある上司)イクボス(を推奨する自治体の施策充実度)」ランク 三重県1位』、『豊洲移転で決着へ 築地跡地も活用 都知事意向』、『首相「調査遅れ反省」 「加計」文書 特区指示を否定 集中審議』『逃げ腰のらりくらり 加計問題審議 首相 正面から答えず』『「なすり付けだ」文科省職員』『「野党はゲスの勘ぐり」 自民・高村副総裁』『菅氏「怪文書」発言撤回』、『〈第72期本因坊戦第4局〉文裕=井山裕太九段(28)=6連覇 隙なし 本木に4連勝』、『中3女子いじめ自殺か 「容姿で悪口」同級生証言 神戸』、『刃物5本持ち入廷 仙台地裁切りつけ 手荷物検査せず』、『鎮火、死者30人に ロンドン火災 人災的要因指摘も』、『〈性暴力をなくすために㊤〉被害者の声ようやく法に』(17日付、毎日朝刊)

六月十六日
 193㌢、130㌔の巨漢で戦後最長不倒の16年間、首相を務めた元ドイツ首相ヘルムート・コール氏が16日朝、南西部のラインラント・ブファルツ州ルートウィヒスハーフェンの自宅で死去。87歳だった。
 ロシア国防省が16日、ロシア軍が過激派組織「イスラム国」(IS)の本拠地であるシリア北部ラッカで先月28日に行った空爆で、IS指導者のアブバクル・バグダディを殺害した可能性が高く、現在、確認を急いでいると発表。
        ★        ★

 午後から夕方にかけ関東地方を中心に不安定な天気に。八王子市や宇都宮市、つくば市を中心に激しい雷雨が襲い、ところによっては大量のヒョウがパラパラと地上に落下。道路が冠水したかと思うと、こんどはヒョウというヒョウが流氷となって流れ出す異様な光景が繰り返されたという。
 あゝ、それなのに、西日本は梅雨だというのに。雨がさっぱり降らず水不足に。ここ東海地方でも梅雨入りした7日から8日にかけての降雨以降、本格的な雨は降っておらず、愛知、三重の両県では貯水率が1割未満まで低下したダムもあり、このまま降らなければ農業などに深刻な打撃も与えかねない状況となってきた。わが家も、先日、苗を植えたばかりのスイカがこの先どうなるのか、少し心配である。

【きょうの一文・ことば】
「共謀罪」が与党の数の力で成立した。日本の刑事法の原則が覆る。まるで人の心の中を取り締まるようだ。「私」の領域への「公」の侵入を恐れる。
=16日付中日朝刊社説『「私」への侵入を恐れる 「共謀罪」法が成立』から。出だし部分の総合リード

【新聞テレビから】
☆『江南市議会 タブレット端末で ペーパーレス会議へ』、『尾北高校で マカオ大生交流』(16日付、尾北ホームニュース)
☆『東海空梅雨 貯水率1割未満ダムも』、『〈大波小波〉共謀罪が殺すもの (生きてゐる愚者)』、『「総理の意向」文書なし 「加計」内閣府調査 文科省と矛盾 新設条件 追加指示は創生相』、『決め付け捜査、裁判所検証せず 冤罪被害者「共謀罪」法に懸念』『国連人権理で長期勾留訴え 山城議長「思い伝えた」』、『再生法申請へタカタが調整 負債1兆円超』、『死者の1人はシリア難民 戦禍逃れた先 英火災で犠牲』、『ニセ電話 都内の拠点急襲 詐欺未遂容疑 愛知県警、2人逮捕』、『被告 廷内2警官刺す 仙台地裁 殺人未遂疑い逮捕』、『〈あの人に迫る 村木厚子厚労省前次官〉性的搾取される「女の子」支えて (木原育子)』、『〈写真グラフ 岐阜・山県 レトロミュージアム〉この懐かしさ新感覚 パチンコ台、自販機…動くんです 写真・文 榎戸直紀』(16日付、中日夕刊)
☆『天皇退位法公布 皇太子さま 施行日に即位』、『「核兵器禁止見届けたい」 広島市長 被爆者の思い訴え 国連演説』、『〈特集ワイド〉軍事国家憂え言葉で戦った小説家 漱石から考える憲法9条 この思いを継ぎたい――小森(陽一)さん』、『加計新学部「総理の意向」発言否定 内閣府「萩生田氏指示ない」 文科省調査と矛盾』『首相出席 午後集中審議』、『タカタ、民事再生申請へ 負債1兆円 製造業最大』、『性犯罪厳罰化成立へ 参院午後本会議 刑法大改正』、『東証一時100円高』、『猫の命守りたい 名古屋市昨年度殺処分400匹…犬はゼロ 餌やりで繁殖、去勢追いつかず 全国の殺処分 猫は犬の4倍』(16日付、毎日夕刊)
☆『監視、乱用 尽きぬ懸念 「共謀罪」法成立 刑法体系大転換 来月11日施行』『自由と人権はどこへ 論説主幹 深田実』、『深夜の熱戦 藤井26連勝』『藤井四段26連勝 最多記録へあと「2」 深夜まで集中保つ』、『「萩生田氏指示」の新文書 加計再調査 参院委きょう集中審議』、『元稲沢市議 判決11度目延期 中国の地裁 勾留間もなく3年に』、『野際陽子さん死去 81歳「キイハンター」「花嫁のれん」 母、しゅうとめ個性豊かに』『NHKアナ時代に名古屋で2年勤務』、『「中電社員自殺は労災」 名古屋地裁 遺族補償求め母提訴』(16日付、中日朝刊)
☆『「加計」文書存在 文科相認め陳謝 内閣府も調査へ』『説明にならない説明 加計文書 苦しい文科省「記憶呼び覚ました」』、『「共謀罪」法成立 採決強行 国会閉会へ』『政府の「自由封じ」だ もの言う市民が減る』『「監視活動が公然化」 大垣署個人情報漏えい訴訟 原告の近藤さん懸念』『文化団体や労組 一斉に反対声明 (日本)ペンクラブなど』、『野際陽子さん死去 元NHKアナ「キイハンター」81歳』、『中国の幼稚園前 爆発で7人死亡 屋台のガスか』(16日付、毎日朝刊)

六月十五日
        ★        ★
 国民に認められた自由と人権はどこへ。最も恐れる監視社会はくるのか。一体全体、どこまでが捜査対象になるのか。
 国民の不安感を乗せたまま「共謀罪」法がこの日朝、成立した。自公両党は参院法務委員会の採決を省略する異例の手続きで議論を打ち切り、最後は数の力で押し切る強引な手法で採決を強行。この日、国会前で夜通しの抗議活動をしていた人たちの間では一斉に「許せない」と怒りの声が上がった。

 とはいえ、日本社会全体の空気はどうなのか。
「共謀罪」の趣旨が盛り込まれ、テロ等準備罪が新設された改正組織犯罪処罰法に対する国民全体の視線は批判と反発が多いのに。どこかしらけ、他人事に思えるのだ。あの学生闘争に真剣そのものだったころの〈死ぬか生きるか〉の熱気と情熱、迫力を思うと、やはり本物の危機意識や熱さが足りないのである。
 平和ボケに浮かれているなか、だれもが皆本質を見失ってしまっている気がしてならない。この際、真の平和とは何かについて全国民が今一度、相手の言い分も十分に聞いた上で、胸によお~く手をあてて考えてみることだ、と思う。与野党間の国会の攻防も私の目には賛成、反対の単なる〈ごっこ遊び〉にしか映らない。どれもこれもが、だ。これでは、本質をつかんだ真の議論に欠けている。これくらいにしておこう。

 「キイハンター」など数多くのテレビドラマや映画で活躍した女優の野際陽子さんが、さる13日朝、肺腺がんのため、都内の病院で死去。81歳だった。学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設問題で内閣府が文部科学省に早期新設を働きかけたとされる文書など19点の存否を再調査していた文科相が15日、「総理のご意向」と書かれた文書など計14点の存在を確認した、と発表。
        ★        ★

 現在、完成(脱稿)に向け第四コーナーを回った私の小説【あゝ きつの ――私はお類、吉乃と申します㊥】を本日、先の㊤に続いて本紙ウエブ文学同人誌「熱砂」紙上で紙面化、深夜遅く公開に踏み切った。ひとりでも多くの方々に戦国時代に信長と吉乃の間で交わされた究極の愛に触れていただけたら、と願う。
 19日の日本ペンクラブ定時総会と懇親会(東京都千代田区一ツ橋・如水会館)を前に、総会での表決に関する委任状を付けて欠席通知書を自宅近くのポストへ。この日は、名古屋での中部ペンクラブの総会兼懇親会とも重なるためで、残念ではあるがこれは致し方ない。

【きょうの一文・ことば】
「まさか、委員会採決を省略する中間報告でケリをつけるとは。正直、驚いた」「何をしたら罪になり、処罰されるのか明確になっていない。なぜ実効性のない法案をごり押ししたのか。歴代の自民党政権はもっと議論を尽くしてきたと思う」
=15日付中日朝刊『中間報告で決着 大村知事が批判』の記事のなかで。「共謀罪」法の成立を受け、大村秀章愛知県知事がこう批判
※岐阜県の古田肇知事は「国民の生命や安全を守るのは国の責務で、国民にとって重大な関心事項。今後も引き続き、法律の必要性や内容について丁寧な説明を行い、広く国民の理解が得られるよう努めてほしい」との談話を発表
※三重県の鈴木英敬知事は「国際的なテロ情勢を勘案し、東京オリンピックを控える日本としてテロ対策は必要」と一定の理解を示しながらも「国はしっかり説明をしてほしい。警察は法と証拠にもとづいた適正な運用を」と求めた

【新聞テレビから】
☆『「共謀罪」法成立 自公採決を強行 参院本会議 徹夜攻防の末 危うさ露呈議論幕引き』『審議不足残る不安 有権者「強引な印象」』『早朝採決響く怒号 「共謀罪」成立 野党「最低だ」与党は拍手』『国会前 夜通し抗議「民主主義国家と思えない」』『名古屋駅前などに本紙号外張り出し』、『加計文書存在 複数確認、文科相陳謝』、『英火災 不明最大100人か 捜索難航「死者増える」』、『空自がPAC3(地対空誘導弾パトリオット)訓練 小牧基地 作動手順を確認』、『一宮で19歳学生はねられて死亡 運転の21歳学生逮捕』、『74歳の男性も(一宮市の県道で)はねられ死亡 軽トラ運転手逮捕』(15日付、中日夕刊)
☆『「共謀罪」法成立 早朝の審議採択強行 計画段階で処罰可能 参院本会議』『徹夜の攻防最後は数 「共謀罪」成立 「奇策」一切説明なく』『「政権のおごり感じる」』『監視社会加速の恐れ』『SNSも標的か 「漠とした不安常に」イスラム教徒弁護士が警鐘 芸能人ツイッターで「NO」』、『適切に運用する 安倍首相』『将来に禍根残す 元衆院議員・早川忠孝弁護士』、『「加計」再調査公表へ』、『ロンドン火災 死者12人に 建物内に消火設備なく』『窓から赤ん坊投げる母も』、『■皇太子さまデンマーク出発』(15日付、毎日夕刊)
☆『「共謀罪」成立強行 自公 異例の委員会採決飛ばし 参院早朝にも可決』『国会軽視の「中間報告」』『怒り聞こえぬか 「共謀罪」「加計も審議を」「区切りは必要」国会前でも抗議の人垣』『反対の声最後まで 栄など街頭に市民』『国民軽視の暴挙 中間報告「将来に禍根」「ルール通り」 審議時間根拠あいまい』、『トヨタ社長 仏大統領とあす会談』、『猛毒「ヒアリ」初確認 兵庫の貨物船 消毒して死滅』(15日付、中日朝刊)
☆『「共謀罪」法案成立へ 委員会省略し強行 野党「参院の死だ」』『市民「だまし討ち」 「共謀罪」法案成立へ 列島に渦巻く怒り「国民の失笑を」買う』『数の力で何でもできるか/民主主義を危うくする/バカげた審議』『権力の乱用に懸念 政府に異論唱えにくく 警察のストーリー承認 国際条約締結には必要』『「オウム」防げたのか 「白を黒にする力ある」 適切な情報利用不可欠 (オウム真理教)被害者・家族の会代表 永岡弘行さん』(15日付、毎日朝刊)

六月十四日
 結構、かぜの強い日だった。私は、疲れの海のなかを泳ぐようにして深夜から未明にかけて本欄執筆などをどうにか、こなした。若いころのエネルギー、馬力に比べると、やはり齢からくる体力の衰えは防ぎようもない。お酒もほどほどに、とは思うのだが。
        ☆        ☆

 「加計学園」問題なども含めて丁寧な審議と分かりやすい説明、を約束してきたはずの安倍晋三内閣の横暴さが、ここにきて目立ってきた。というのは、自民、公明両党が「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案について参院法務委員会での採決を省略し参院本会議で「中間報告」を行った後に採決する方針を野党に伝えたからである。
 委員会採決を飛ばすのは極めて異例で、言わば【国民飛ばし】も同然だ、と野党は拒否。これに対して与党はあくまで本会議で中間報告と採決を強行、いわゆるテロ防止なども視野においた「共謀罪」法案を可決、成立させる構えを崩していない。
〈嘆きの国会〉が、またしても国民の前にさらけ出されるのか。ニンゲンたるもの、所詮はこんな程度なのか。人というものはナンダカンダと言いながらも誰しもが自分勝手で、いつの時代も自己の利害に端を発する意見対立からくる醜い争い、弱肉強食、無慈悲で容赦なき戦争が繰り返されてきた。今の国会を見ていると、政治家諸氏の誰もが本質を見失った自分勝手な烏合の衆としかみえない。こどもたちの方が、よほど秩序正しく、清らかかつ健全である。

 テレビ画面に映し出される国会議員たちの顔を見ていると、情けなくなってくるのは私だけなのか。
 あゝ、ここに戦国武将のあの織田信長を登場させてみたらどうか。よほど民主的かつ納得のいく発想で、国民の期待に寄り添う形で荒療治ながらも、瞬時に事態を円満解決してくれる。そんな気がしてならない。

【きょうの一文・ことば】
「手に汗握る名勝負は生まれにくくなると思う」
=14日付の中日朝刊『タイブレークに甲子園出場校 体調面で良い/名勝負どうなる』の記事のなかで。昨年、春夏連続で甲子園に出たいなべ総合学園(三重県いなべ市)のバッテリーコーチ長嶋斎直さん(35)は、こう懸念のことばを述べた
※長嶋さんは、名勝負のひとつの例として2006年夏の早稲田実業(東京)の斎藤佑樹投手と駒大苫小牧(北海道)の田中将大投手が投げ合った引き分け再試合をあげ、「こうした試合が生まれにくくなるのでは」と心配している

【新聞テレビから】
☆『「藤井四段は記録の先を見ている」 将棋連勝記録「28」保持者 神谷八段 進撃14歳に感嘆』、『元小学校長 独学で古文書解読 幕末の伊賀地震 防災の教訓に 被害の詳細冊子で配布』、『金投資 現金詐取疑い逮捕 名古屋の業者5人 4億6000万円集める』『世界情勢あおり 勧誘も』、『難民2人、再び不認定 ネパール国籍 法務省、高裁判決覆す』、『車飛んできて「なぜ」降るガラス 乗客冷静 非常扉も開けてくれた 東名バス事故 ガイドで運転手妻 シートベルト着用3回確認』、『英高層マンション火災 ロンドン 負傷者多数、倒壊恐れ』、『自民、委員会を省略 「共謀罪」参院本会議で採決提案』、『〈訃報〉米の被爆者団体会長 据石和江さん(すえいし・かずえ=米国広島・長崎原爆被爆者協会会長) 12日、米カリフォルニア州トーランスの自宅で心臓発作を起こし死去、90歳』、『除染水増し請求 いわき市に謝罪 安藤ハザマ社長』、『ゆかりの奄美大島で島尾敏雄生誕100年祭 来月7~9日』、『★連続講座「忍者・忍術学講座 =17日前10・30、三重県伊賀市のコミュニティ情報プラザホール』(14日付、中日夕刊)
☆『〈東海百景〉水の都 涼感求め 大垣 =水の都・岐阜県大垣市の和菓子店「金蝶園総本家」の店頭で地下水で冷やされた水まんじゅうが店頭に並び、涼感を誘っている』、『米司法長官関与を否定 ロシア疑惑「うそ」 議会証言』、『米特別代表、訪朝 トランプ政権高官初 米国人解放交渉』、『「共謀罪」「加計」攻防ヤマ場 衆院 創生相問責否決 法相は午後』『「共謀罪」 廃案諦めない 「難解な法案」 訴え響かぬ中 若者らの団体「未来のため」』、『東証一時2万円』、『NY株 最高値 終値2万1328㌦』、『ロナルド選手を18億円脱税訴追 スペイン検察』、『石綿吸引「23万人も」 東工大教授試算 公営住宅居住者』、『プール熱流行拡大 ドアノブ、タオル消毒を』、『ヤマト運輸遺族労災認定求め提訴 届かなかった贈り物 夫の死無駄にせず職場の改善を訴え』、『男児が車運転? 動画投稿 茨城・古河署が調査』、『東京五輪公式文具発売 16日から』、『■「火花」出版の中国で又吉さん講演会』(14日付、毎日夕刊)
☆『象徴の務め「全身全霊で」 皇太子さま会見 特例法「言及控える」』、『教育の場戦争の影 軍事教練用「木銃」 江南で発見 新指導要領に「銃剣道」懸念 「戦前回帰」の声も』、『蒲郡市議会 子ども傍聴 認める方向』、『「共謀罪」あす採決の意向 参院委 野党は問責案提出』、『夏の名古屋へ 岐阜・相撲のぼり』、『来春選抜からタイブレーク 高野連方針』『タイブレークに甲子園出場校 体調面で良い/名勝負どうなる』、『情報提供者いまだ不明 福岡金塊盗5容疑者を逮捕』(14日付、中日朝刊)
☆『「共謀罪」 週内成立へ 参院委 与党あす採決』『「テロ防止 条約の目的に含まず」 国連「立法ガイド」執筆米大教授 「共謀罪」巡る政府説明否定』『「共謀罪、絶対廃案 東京・日比谷 反対集会に5000人』、『尼崎脱線事故 JR西3元社長無罪確定へ 強制起訴 上告棄却』『遺族 「終わりじゃない」 JR西 責任問えず幕 脱線事故無罪へ』『〈解説〉企業責任の議論を【伊藤直孝】』『強制起訴 大半が無罪』、『〈ドキュメント 高校教師という仕事①〉今夜も退勤打刻せず』『喧騒の朝 気付けば夜』、『13年前にも袋膨張 被ばく事故 注意喚起怠る』(14日付、毎日朝刊)

六月十三日
 13日。火曜日。月日が何も言わず、とんとん、とんとんト、駆けていく。年月や自然たちはニンゲンたちの移ろいやすい心を、どう思っているのだろう。
 私は横浜へ。
 2012年、オーシャン・ドリーム号による第76回地球一周ピースボートの船旅で大変お世話になった、今は【亡き津江慎弥さん(享年78歳)をしのぶ会】に出席するためで、深夜遅い帰宅となった。 
        ×        ×

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)を巡り、住民ら230人が再稼働の差し止めを求めた仮処分申し立てに対して佐賀地裁はこの日、「原発の安全性に欠けるとは認められない」と判断、差し止めを認めない決定を下した。これに対して住民側は福岡高裁に即時抗告する方針だという。

        ☆        ☆
 【津江慎弥さんをしのぶ会】の方は、会場(スカイビル内、27階の横浜クルーズ・クルーズ)入りすると同時に、津江美也子夫人に「ご主人の慎弥さんには生前、ことのほかお世話になり心からありがとうございました」と、ひと言礼を言うことが出来、何よりもホッとした。
 会の実現に尽力された小泉八重子さん夫妻はじめ、河合孝さん、ほかにヤマちゃん、アラレちゃん、オノさん、キタムラさん、コジマさん、マツダさん、ワタナベさん、モチダさんら心ある多くの昔の船友たちともお会い出来、久しぶりに歓談。会話を交わしながら人それぞれ、いろんな考えがあることを改めて痛感した。
 この日は、船内で津江さんとよく踊っておられた社交ダンスの京子先生も、岐阜から駆け付けられたのである。

 会のあとは、船友で街の水彩画家でもある堀川勝悟さんに誘われるまま横浜市民ギャラリーへ。堀川さんの手による見事な作品を中心に、絵心に長けた清子さんや賢市さんらと鑑賞、このごは山下公園・大桟橋散策組と合流、中華街「龍家楼」での夕食交流会に出て、紹興酒などしこたまお酒を飲んで帰った次第。からだはフラフラ、「(飲むのは適度に)よせばよかったのに」と、もう一人の私が私を叱りつけてきた。

 美也子夫人(中央、遺影を手にした女性)を囲んでの記念写真、自作の絵画など展示作につき説明する船友・堀川勝悟さん。堀川さん発表の名作
20170613_141132
 20170613_151942
 20170613_152409
        ☆        ☆

【きょうの一文・ことば】
 女性歴史小説作家の先駆者の一人だった杉本苑子が亡くなった。享年九十一。/幕府に木曽三川の治水工事を下命された薩摩藩を描く『孤愁の岸』で直木賞を受賞。権力者の理不尽な命令で遠国に送られる薩摩義士は、戦前の日本兵と重ねられていた。歴史小説に庶民の目線、女性の視点を導入した杉本は、先の大戦に至る日本の歴史を問い直し続けたのである。
=13日付中日夕刊『〈大波小波〉杉本苑子の死を悼む(散華)』の記事から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『三重・高3 北山結子さん(当時17歳。三重県明和町)不明20年 両親最後のチラシ配り「待つしかない」』『あっという間だった。一日でも早く帰ってきてほしい』、『歴代3社長 無罪確定へ 強制起訴 尼崎脱線 上告を棄却』、『玄海原発 再稼働認める 佐賀地裁「安全性満たす」』、『「加計」再調査対象30人 文科相 個人PC、任意で確認』、『PAC3(迎撃用の地対空誘導弾パトリオット)小牧で訓練へ 日程公表 15日、北朝鮮を念頭』、『校舎から転落高1死亡 知立の県立高 文化祭の最中』、『構想始動へ愛知県2000万円 「ジブリパーク」調査費計上へ』(13日付、中日夕刊)
☆『玄海再稼働差し止め却下 3、4号機「危険認められず」佐賀地裁』、『間近では今だけ「祖師画」を公開 奈良・興福寺』、『お色直し終え 高松塚・キトラ7月公開』、『新米パパ(「リーリー」)おめでとう 東京・上野動物園』、『「共謀罪」駆け引き激化 参院委 採決めぐり与野党』、『築地も活用案浮上 豊洲移転 週内にも判断 小池都知事』、『入国禁止差し止め支持 米大統領令 連邦高裁で再び』『中国、パナマと国交』、『東証 様子見』、『温暖化で労働損失4% 国立環境研究所試算 対策とらなければ』、『巨人 堤GM更迭へ 13連敗引責』(13日付、毎日夕刊)
☆『鏡の自分 食事おいしく 名大チーム研究 1人でも「誰かと一緒」感覚』、『仏政界構図一変か マクロン派7割超す勢い 総選挙第1回投票』、『「シンシン」出産 上野のパンダ5年ぶり』、『大田昌秀氏死去 元沖縄知事 基地問題に尽力 92歳』(13日付、中日朝刊)
☆『内閣府 「学生集まるのか」 「加計」新学部 懸念残し推進』『再調査 「週内に結果」』、『上野のパンダ出産 5年ぶり』、『年明け住民に提示 高知・大川村「村民総会」を議論』、『大田昌秀さん死去 元沖縄知事、代理署名拒否 92歳』(13日付、毎日朝刊)

六月十二日
 先日の満月以降、ずっと月の美しい日が続いている。あの月には一体誰が乗っているのか。ふと、今は亡き人たちの笑顔が夜の空にくっきりと浮かび上がった。
 あすは、2012年に体験したオーシャンドリーム号による102日間ピースボート〈地球一周の船旅〉でご一緒し、船内で大変お世話になった、あの津江慎弥さんをしのぶ会が横浜クルーズクルーズで行われる。 
 津江さんはことし2月15日午後8時過ぎ、美也子夫人と3人の娘さんに見守られるなか、ひと足早く病いで天国に旅立たれた。夜空に向かって「つえさん」「つえさん、たらっ」と呼びかけると、あの懐かしいやさしい笑顔が月の窓から「みんな、ボクは元気でいますから。心配しないでください」といった声が聴こえてくるようでもある。
        ☆        ☆

 東京・上野動物園のジャイアントパンダの雌シンシン(11歳)がきょうの午前11時52分、赤ちゃん1頭を出産。なんだか、日本じゅうがホッとした空気に包まれている。性別はまだ不明だというが、前回の赤ちゃんは誕生から6日後に肺炎で死亡しているだけに、なんとか無事に育ってほしい。
 沖縄県知事として米軍基地問題の解決に取り組んだ元参院議員、大田昌秀さんが11時50分、肺炎と呼吸不全のため那覇市内の病院で亡くなった。92歳だった。フランス国民議会(下院=定数577)選挙の第1回投票が11日実施され、マクロン大統領率いる中道新党「共和国前進」などマクロン派が過半数を大きく上回る7割以上を占める「1強状態」になる勢いだという。

        ×        ×
 朝からずっと、信長はじめその周辺の人物についてあれやこれや、と検証。どれだけ時間があっても足りない。吉乃を知るには、何より信長の生き方というか、人生哲学を知るのも大切だと思うからで、謎に包まれたままの正室「お濃の方」とのことなどについても、多くのことが分かってきた。
 で、きょう東京・日本文藝家協会の会議室(文藝春秋ビル内)で夕方から開催される「脱原発社会をめざす文学者の会」の拡大幹事会への出席は残念ながら、事前連絡させていただいた通り、欠席させて頂いた。

 夕方。あれやこれや、とこなしホッとしたところへ舞の「いくよ」の容赦なき声。半分、ため息をしつつもゴッホ気分で農夫の姿に変身し、ふたりで私たちの〈エデンの東〉へ、とあいなった。私は先日、社交ダンス仲間から頂いたスイカの苗3本をなれない手つきで植え、彼女はジャガイモの収穫を黙々とこなした。
 あゝ、〈月の船〉に乗るもうひとりの男、私の亡き父はなんとも面倒な畑を残しておいてくれたものだ―と時折、ため息をつきながらの農作業とあいなった。が、有り難きことだ―と思わなければ。ここは父の慈愛に感謝して農夫になるほかあるまい。

 病弱をおして悪戦苦闘、畑で農作業にチャレンジする舞と収穫したばかりのジャガイモ
 20170612_163858
 20170612_163738
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
「作家たちが文学への考えを直接語ることが、若い読者を広げるには一番でしょう。これからの文学の読者を育てていくために、文学の書き手と研究者、教育者とをつないでいく場をつくるのは駒場(日本近代文学館)がやるべきことの一つだと思っています」「未来の若者のために、全国の文学館と手をつなぎながら文学の未来に貢献していきたい」
=12日付中日夕刊文化欄『日本近代文学館が開館50年 「研究型から貢献型へ」 作家と若者つなぐ場に』の記事のなかで。日本近代文学館理事長の作家坂上弘さん(81歳)は〈熱き声〉でこう述べた

【新聞テレビから】
☆『★学士院賞授賞式に両陛下』、『白山の新緑を満喫 ホワイトロード全線開通』、『上野のパンダ出産 5年ぶり』、『豊島(てしま)=瀬戸内海の香川県・豊島=の産廃 無害化完了 14年で91万㌧焼却、溶融』『風評被害に屈しない みかん農家が奮闘』、『〈大波小波〉「濁流」に立つ言葉(魚)』、『(タクシー業界の風雲児と呼ばれた)青木定雄氏死去 88歳、「エムケイ」創業者』、『国会再現劇 全国で「オンドク!」「共謀罪」笑えぬ審議 名古屋など44カ所「疑問解消されない」』、『マクロン新党圧勝の勢い 仏総選挙 既存政党大きく後退』、『裁判所不審火 弁護士を逮捕 東京、容疑否認』、『老後の住まい猫付き 半田レンタル 先行きの心配無用』(12日付、中日夕刊)
☆『高知・大川村 議会廃止検討表明 人口400人「村総会」を議論』『「もしもに備える」村長』、『仏マクロン勢力 圧勝の勢い 世論調査 400議席超予想 下院選』、『青木(米大リーグ、アストロズの青木宣親外野手。35歳)日米2000安打』『青木、努力の金字塔 日米2000安打 若松元監督祝福「本当におめでとう」』、『雪の季節終え33㌔全線開通 ホワイトロード』、『「共謀罪」審議 市民が音読 「コッカイオンドク!」で再現』、『豊洲 安全対策まとまる 地下汚染水 空間の床補強 知事の移転判断、焦点に』(12日付、毎日夕刊)

六月十一日
 日曜日。どちらかといえば、比較的穏やかな日である。
        ☆        ☆

 新聞の朝刊(中日)には、25連勝と快進撃を続ける最年少棋士藤井聡太四段(14歳、中学3年生。愛知県瀬戸市)が東京であった叡王戦予選2連勝を振り返り「序盤から難しい将棋だったが、何とかよくなった。本当に幸運だった。うれしいです。1位の28連勝は、まだまだ遠いと思います」のすなおなコメント。いやはや、怪物棋士が現れたものである。

        ×        ×
 このところ、なかなか開けなかったウエブ文学同人誌「熱砂」の例会を名古屋市内で。きょうは闘病中の平子純さんも奥さまに伴われて出席され、例会は和気あいあいのなか進み、なごやか、かつ充実し有意義な会となった。席上、平子さんからの提案もあって、次回テーマエッセイのテーマを〈梅雨〉と決定。締め切りを7月末とすることで全員が一致した。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
 私は、もともと東京五輪には反対だ。まだ、その時期ではない。「復興五輪」と銘打ちながら、東日本大震災や原発事故の被災地の復興とは無関係だ。むしろ五輪関係の公共事業によって職人が不足し、復興の遅れや費用の高騰を招いていると聞く。原発事故の後始末もこれからだ。
 被災地にもスポーツ観戦が好きで、東京五輪を楽しみにしている人もいるだろうが、大震災から六年たっても、それどころではない被災者は少なくない。
 五輪の競技施設の建設にしても、東京都知事が代わって、少し見直しをしただけで何百億円も事業費が減額となったことは、誰が見ても不可解だ。まだまだ、五輪の光に隠れている闇はあるはずだ。
=11日付中日朝刊『〈ドナルド・キーンの東京下町日記〉東京五輪の闇 共謀罪や改憲懸念』の記事のなかで。ドナルド・キーンさんは【東京五輪の闇】につき、こう述べている

【新聞テレビから】
☆『ダウントン・アピー6「亀裂」』(11日夜、NHK総合)
☆『【ニュースを問う】〈元名大生事件①証言台の母〉答えなき責め「私たちに」 娘の罪背負い悲痛 凶行への〝芽吹き〟 天田優里(名古屋社会部)』、『人生刻んだ針また動け 一宮・黒野さん(利一さん。86歳) 時計修理歴70年「生涯現役で」 =この項、尾張版』『半田運河一帯が景観大賞(国土交通大臣賞) 都市空間部門「貴重な資産継承」 =この項、尾張版』、『〈陸上■学生個人選手権〉 新星多田=多田修平(関学大)=「9秒94」 男子100㍍国内初 追い風で参考記録 関学大の20歳』『急成長 突破争い激化 決勝は歴代7位タイ10秒08』、『路肩に衝突、はずみで分離帯へ? バス激突の車 スリップ痕 東名事故45人重軽傷』、『藤井25連勝 単独2位 歴代トップ記録まで「3」』『藤井四段「本当に幸運」 28連勝「まだまだ遠い」』、『〈サンデー版大図解〉 泥の中から清らかな蓮』(11日付、中日朝刊)
☆『〈Sストーリー〉ひふみん疾走60年――引退見据える天才棋士』『信念が生む「型破り」 加藤一二三九段 棋士人生は続く 洗礼 悲願の名人位』『闘志満々アマにも全力』、『藤井四段25連勝 単独2位 本当に幸運(藤井聡太四段の話)』『藤井四段25連勝「私とはレベル違う」歴代1位・神谷八段も驚嘆』、『「第五福竜丸」を語り継ぐ ゆかりの伊勢で講演会』、『国内申告漏れ10億円 パナマ文書記載の個人や法人』、『籠池前理事長を立件へ 大阪地検 補助金詐取容疑 月内にも強制捜査』、『飢える南スーダン 内戦拡大「これは人災だ」』『内戦、農業を直撃 南スーダン食糧危機 治安悪化で支援届かず』、『〈クローズアップ〉東京五輪肥大化 競技過去最多339種目 IOC(国際オリンピック委員会)若者、女性を重視 コスト減要求と矛盾』(11日付、毎日朝刊)

六月十日
 時の記念日。
 桑名の棚田では夜、農作物の害虫を追い払う虫送りの会が営まれたという。平穏な1日と思いきや、早朝、愛知県新城市の東名高速道で対向車線の車が観光バス天井部分に降ってくるという大変な事故が起きた。
        ☆        ☆

 将棋の最年少プロ棋士で中学3年生の藤井聡太四段(14歳)=愛知県瀬戸市=が10日、東京都であった叡王戦の予選で2連勝、デビューからの公式戦連勝記録を25に伸ばし、トップの神谷広志八段(56歳)の28連勝まで「3」に迫った。

 午前7時半ごろ愛知県新城市富岡の東名高速道路の新城パーキングエリア近く上り線で乗客ら47人が乗った観光バスの正面上部に下り対向車線の中央分離帯を飛び越えた乗用車が空からダイビングするように衝突、乗用車は大破。この事故で乗用車を運転していた浜松市、医師伊熊正光さん(62歳)が死亡、乗客の男女6人が顔や肋骨などを骨折、運転手(68歳)を含む39人が軽傷を負った。
 それにしても、対向車線から車が降ってくるだなんて。なぜこんな事故がと思ってしまう。観光バスのドライブレコーダーに記録された映像には、宙をフワリと浮かんで飛んでくる乗用車の様子が映し出されていた。観光バスの一行は、愛知県豊川市の団体で、この日は山梨県でのサクランボ狩りに向かう途中だったという。

        ×        ×
 社交ダンスのレッスンで愛岐大橋を越え、岐阜へ。ルンバ、ジルバ、チャチャチャ、ワルツ、タンゴ…と中身の濃いレッスンとなった。ダンス仲間からは、【~蒲郡みかんタルトクッキー~おひなたあいち】の土産までいただいた。いつも、ありがとうございます。
 それにしても、やることが多すぎるのか。新聞や本を読んでいても、物を書いていても、気がつくと半分眠ってしまっている自分が、そこにはいる。睡眠不足は禁物だ。やはり寝るに限る、である。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
「時計が、持ち主の人生の一刻一刻を刻み続けるお手伝いをしたい」「いつまでも使ってもらえるように丁寧に修理する。それに尽きる。そういう毎日です」
=10日付中日夕刊『あなたの時計 未来へつなぐ きょう「時の記念日」中区 傘寿の〝名医〟修理続け60年超』『時計店数は減少の一途 愛知』の記事のなかで。傘寿を迎えても現役で時計修理の腕をふるう名古屋市中区「木村時計店」2代目店主、木村善一さん(80歳)は、こう語る

【新聞テレビから】
☆『車、対向バスに突っ込む 新城の東名 分離帯飛び越え 乗用車の男性死亡39人乗り搬送』『ドーン乗客「伏せて」 東名事故「2度、強い衝撃あった」 ガラス散乱 カーテンで止血』『「運転エース級 避けようない」バス会社対応追われ』『バス上部に大穴 車原形とどめず』『衝突の瞬間 ドライブレコーダーに』、『「みどりの愛護」皇太子さま植樹 金沢で式典』、『藤井四段24連勝 歴代2位タイに』、『三重の「帰属」カールで再燃 中部? 近畿? 販売中止めぐり』、『夫の腕引っかき傷か 福岡母子3人殺害 抵抗された痕?』(10日付、中日夕刊)
☆『初夏の音 チャグ♫チャグ♫ 岩手=みちのくに初夏の訪れを告げる伝統行事「チャグチャグ馬コ」が、10日午前、岩手県滝沢市の鬼越蒼前神社を出発。華やかな裝束に身を包んだ約70頭の馬が子どもたちを乗せ、盛岡市中心部の盛岡八幡宮までの約13㌔を練り歩いた。江戸時代に馬産地・南部藩の農家が田植えで疲れた馬をねぎらい、五穀豊穣と無病息災を願ったのが始まり。国の無形民俗文化財』、『観光バスの上対向の車 東名・新城 衝突、20人以上搬送』『女性比率 過去最高48% 東京五輪新種目決定 IOC(国際オリンピック委員会)理事会』『新種目 「メダルに期待」 東京五輪 卓球、柔道 混合種目を歓迎』、『東芝、米電力に4000億円支払い』、『英首相 与党に辞任論 総選挙敗北 引責を要求』、『トランプ氏「司法妨害ない」FBI(連邦捜査局)前長官の証言否定 露疑惑』、『ゴムチューブ凶器か 福岡・母子殺害 自宅から見つかる』、『暴動写真 大坂容疑者か 警察撮影 集団の先頭走る姿』、『女性の遺体遺棄 容疑の長男逮捕 名古屋』(10日付、毎日夕刊)
☆『退位特例法が成立 陛下来年末にも上皇 改元19年元日で検討』『新元号 何がいい? 明るい時代 期待』『「国民の理想」 示す漢字2字 読み書きしやすさも基準』、『英与党、過半数割れ 総選挙 メイ首相、続投に意欲』、『「加計文書」文科省一転再調査 個人PCなど対象拡大 内閣府は実施せず』、『「じゃがいも」 ついに合格 飯舘村生まれ 災害救助犬 挑戦11回目』、『本紙局次長ら熱弁 「取材は地道作業」 南山大で寄付講座』(10日付、中日朝刊)
☆『陛下退位実現へ 特例法が成立 皇太子さま来年末にも即位』、『加計文書文科省再調査へ 内閣府は行わず』『遅きに失し信頼失墜 「文書ない」21日で方針転換 省内から厳しい声 加計再調査 開学迫る議事録職員共有?』、『英総選挙与党過半数割れ EU(欧州連合)離脱に影響 首相続投へ』、『安藤ハザマ 除染事業 水増し請求 福島・2市に 作業員宿泊費改ざん』、『衆院区割り 三重新2区 最激戦に 伊賀、名張加わる ベテラン対決か』(10日付、毎日朝刊)

六月九日
 きょうは、旧暦5月15日。満月である。夜空に浮かぶ月がキラキラ光り輝く。
        ☆        ☆

 天皇陛下の退位を実現する「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が9日、参院本会議で全会一致で可決、成立。退位日は3年以内となるが、政府はこんご2018年12月に陛下が退位され皇太子さまが新天皇に即位、19年元日に改元する日程を軸に検討するという。
 松野博一文部科学相が政府の国家戦略特区制度を活用した学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、〈総理の意向〉などと記された文書の存在を再調査する、と述べた。英下院(定数650)の総選挙が9日、1議席を残して開票が終わり、メイ首相の与党・保守党は318議席(改選前は330議席)で第一党を維持したものの大きく後退し、過半数の326議席を割り込んだ。最大野党の労働党は改選前の229議席から261議席へ、と躍進。

        ×        ×
 「ご意向」の「そんたく」は、おはこであろうに。陛下が望む「安定継承」を積み残し、特例法が成立。
        ◇
 26年ぶりに開けたのはパンドラの箱か。「災い」を飛散させた原子力機構。箱の底に「希望」は見えず。
 とは、いずれも9日付毎日夕刊〈近事片々〉から。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
 「願はくは花の下にて春死なむその如月の望月の頃」
=9日付中日夕刊『〈旅 吉野山 奈良県吉野町〉歴史の舞台を訪ね歩く 文・写真 朽木直文』の中で。筆者が、西行が詠んだ桜の情景を思い浮かべて

【新聞・テレビから】
☆『〈ドキュメント72時間〉住宅街の巨大モスク▽ケバブ屋から寿司職人、日本人男女まで大集合』(9日夜、NHK総合)
☆『退位特例法が成立 天皇陛下「上皇」に 政府19年元旦改元検討』『〈解説〉安定継承の議論急務(政治部・関口克己)』『陛下の気遣い国民感謝 退位特例法成立「年重ねられても全力」』『健康を配慮 宮内庁安堵 代替わりに万全期す 宮内庁長官談話』『新しい皇室へ期待 皇太子さま人柄伝わって (皇太子さまがライフワークとされる治水や水運などの)水問題で親交の尾田さん=元建設省河川局長の尾田栄章さん(75)=』、『英与党 過半数割れ確実 総選挙 メイ首相進退問題に』、『「加計文書」再調査へ 文科相世論反発で方針転換』『「確認できず」から一転 加計文書再調査へ 文科相、証言相次ぎ』『「早くやるべきだった」文科省職員』、『「妻と不仲だった」供述 母子3人死亡 逮捕の警官』、『汚染室に3時間待機 被ばく事故で作業員5人』、『市長給与800万円継続へ 名古屋市 6月定例会に条例案』(9日付、中日夕刊)
☆『退位特例法成立 天皇陛下「上皇」に 参院本会議 来年末にも』『安定継承は重要 首相』『退位後ごゆっくり 特例法成立 公務ねぎらう友人』『「末永く鵜飼ご覧に」 関の18代目鵜匠・足立さん』、『稀勢の名 永遠に 富岡八幡宮で刻名式』『〈大相撲名古屋場所 来月9日初日〉翔猿(とびざる) 申年の25歳、小兵118㌔(身長174㌢、追手風部屋) 「まねできない速い相撲を」 十両昇進、兄弟関取に=兄は英乃海(27)、身長185㌢、体重160㌔。木瀬部屋=』、『保守党過半数微妙に 英総選挙 首相の責任問う声も』『英ポンドが急落』、『加計文書再調査へ 文科相表明 国民の声に対応』『「加計」再調査へ 対象、期限も示さず 文科省 世論に押し切られ』『山本担当相発言=「獣医学部の質は落ちている= 根拠ないと反論 獣医学会など』、『妻の爪から遺留物 福岡母子殺害 容疑者とDNA一致』『「極めて遺憾」 国家公安委員長』(9日付、毎日夕刊)
☆『妻殺害38歳警察官逮捕 容疑否認 福岡・母子3人死亡』『静かな夫/活発な妻 「平和な家庭」住民驚き 逮捕県警衝撃』、『捜査中止要請 指示と認識 FBI(連邦捜査局)前長官 トランプ氏を批判 米議会公聴会で証言』『冷静口調 捜査進展に自信』、『試料入り袋 膨らみ破裂 原子力機構 被ばくの職員説明』、『スマホに動画自動撮影アプリ→女性宅に設置、監視 ストーカー容疑 愛知の男を逮捕』、『豊田・どんぐりの湯 温泉表示せず水足す 源泉量減少で昨夏以降』、『そうじゃ働きに行こう スギ薬局(愛知県大府市)今秋から お年寄り時間自由に』(9日付、中日朝刊)
☆『妻殺害容疑 警官逮捕 容疑否認 2児死亡も追及 福岡県警』、『テロ相次ぐ中 英総選挙』、『露疑惑公聴会 米大統領「忠誠」求める 前FBI長官が証言 司法妨害の認識焦点』、『退位法案きょう成立』、『石綿輸入 取材後に訂正 税関、業者に働きかけか 別品目に』『「輸入禁止把握しきれず」 石綿見逃し 申告急増、年2352万件』、『子供見守りアプリのはずが… 愛知県警 ストーカー容疑 女性のぞき男を逮捕 「遠隔監視」に危険性』、『新潟火災 死亡は娘と孫 残る2遺体確認急ぐ』、『放射性物質管理ずさん 原子力機構35年放置も』(9日付、毎日朝刊)

六月八日
 午前中の小雨も昼まえには上がった。
        ☆        ☆

 福岡県小郡市の住宅での母子3人死亡事件で、福岡県警は現職警察官の同県警本部通信指令課巡査部長、中田充容疑者(38)を殺人容疑で逮捕。容疑者は「そのようなことはしておりません」と否認しているというが、一体、家族に何が起きたのか。謎に包まれている。それとも何かの理由から、わが子ふたりを殺した妻が、その後夫に『私を殺して』とたのんだのか。死亡推定時間の時系列など遺体のしっかりした検死は、どうなのか。真相解明には至っていない。
 トランプ米大統領に解任されたコミー前連邦捜査局(FBI)長官が8日、ロシアによる米大統領選介入疑惑を調査する米上院情報特別委員会の公聴会で証言、自身の解任理由などについて「政権はうそをついている」と非難。トランプ氏からロシア疑惑を巡るフリン前大統領補佐官の捜査を中止するよう求められたことを指示と受け止め、FBIの独立性に強い懸念を抱いた、とも主張した。

        ×        ×
 巨人は、この日も西武に13―2(メットライフ球場)で大敗。13失点、13連敗の泥沼街道1直線で、球団ワーストが止まらない。一方、楽天の則本昂大投手(26)は、この日Koboパーク宮城で行われた交流戦のDeNA3回戦で12三振を奪い、8試合連続2桁奪三振で自身の持つプロ野球記録を更新。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
 ああ我ら何にも悪きこ
 とせぬを「原発石棺」
 終身刑とぞ
 被爆地に住むほかなき
 を緋柘榴の裂くる口も
 て申さんか
=8日付毎日夕刊『■■Topics 詩歌文学館賞贈賞式 「福島への励まし」感慨』の記事の中で紹介。岩手県北上市の日本現代詩歌文学館で行われた第32回詩歌文学館賞贈賞式で短歌部門の受賞に輝いた波汐國芳さん(91歳)の第14歌集『警鐘』(角川文化振興財団)から
※記事によれば、波汐さんの第14歌集『警鐘』は、震災以降の6年間では『姥貝の歌』『渚のピアノ』に次ぐ3部作のくくりとなるもので「ただ一筋に遅々として進まない大震災からの復旧復興への思いを詠み続けた」(選考委員の松坂弘さん)情熱とエネルギーが高く評価された。波汐さんは「長い間、原発の問題を深く掘り下げて歌うことを自らの使命としてきた。歌い続けた『見えない現実』が震災で具現化されたが、単なる偶然ではない」「受賞を被災地・福島に住む私たちへの励ましと考えたい」と感想を述べている

【新聞テレビから】
☆『〈列島フォトリレー2017 水の恵み3 宮城県栗原市〉 巨大イワナ育む森 =宮城県のブランド魚として売り出し中の「伊達いわな」。バイオ技術を駆使してつくりあげたスーパーいわなは成長が早く、二年で体長五十㌢、重さ一㌔にも育つ= (写真と文・佐藤将史=河北新報)』、『〈大波小波〉努力と拍手の天皇制(昭和の子)』、『〈関西発〉日本とは学究30年 京都の日文研(国際日本文化研究センター)』、『いざ名古屋場所へ 来月9日に初日 先発事務所を開設』、『50代職員 36万ベクレル吸入か 原子力機構被ばく事故で推計 貯蔵容器 26年間未開封』、『トランプ氏「捜査手放せ」 FBI前長官証言へ』、『北朝鮮 地対艦ミサイル 数発発射、日本海に落下』、『「天皇は元首」明記提案 衆院憲法審で自民委員』、『レコード売上高↺プレーヤーも人気 「アナログ」復活曲線♪♪』、『池田小16年 無差別殺傷忘れない 秋葉原9年』、『練炭心中偽装 目張りなし 福岡母子3人殺害 準備不十分か』、『大坂容疑者を記号扱い 逃走45年 中核派、存在感覚を警戒』『「必ず逃げ切る」内部文書で決意 オウム元幹部出頭直後』(8日付、中日夕刊)
☆『(女子ゴルフの)藍ちゃんに熱烈声援 =藍ちゃんは今季限りの現役引退発表後、初の大会となるサントリーレディース(神戸市・六甲国際ゴルフ倶楽部)に出場』、『放射性物質総量36万ベクレル 2.2万ベクレル検出男性 原子力機構が推定』、『北朝鮮ミサイル発射 地対艦か 数発、約200㌔飛行』『さらなる挑発も 稲田防衛相』、『一時 2万円回復 東証続伸』、『新潟民家全焼 4人死亡 高齢夫婦と娘、孫か』、『大坂容疑者 逃走支援「十の掟」 中核派の約10人』『70年代 極左テロ相次ぐ』、『福岡母子殺害 母親の周囲に油 証拠隠滅か 放火の形跡』、『ハンセン病 監禁の場 群馬 重監房全体写真 見つかる』、『■眞子さま、ブータンから帰国』、『〈特集ワイド〉 「世直し改憲論」の浅はかさ 「自衛隊 米への従属強まる」特効薬にはなり得ぬ【吉井理記】』(8日付、毎日夕刊)
☆『藤井23連勝 単独3位 一気に3勝、羽生ら抜く』『「ここまで来られて驚き」』、『作業員4人内部被ばく 原子力機構事故 最大2万2000ベクレル』、『イランでテロ12人死亡 IS(過激派組織「イスラム国」)声明 国会と霊廟襲撃』、『G(巨人)球団ワースト12連敗 42年ぶり不名誉記録更新 西武3―0巨人』『〈球心〉大野涙待望1勝 8度目先発「勝つ難しさ分かった」(海老名徳馬) 中日4―2ロッテ』、『愛知18市に「倒壊危険」建物 耐震改修補助2市だけ 国交省「制度を設けて」』『補助ない市町 三重、岐阜にも』、『各務原単独異例の運営 女子ホッケーアジア杯 日本協会傍観』(8日付、中日朝刊)
☆『内部被ばく最大2.2万ベクレル 茨城・原子力機構 作業員4人』、『イラン国会と霊廟テロ 12人死亡 IS犯行声明』、『中国人女性の企業次々 北朝鮮 租税回避地で取引 口座制裁の隠れみの』、『藤井四段23連勝 羽生王位抜き3位 新記録まで あと6勝』『実力者も太鼓判』、『アジトに逃走決意文書 渋谷暴動 大坂容疑者再逮捕』『暗号解読し生存確認 12年にアジトで資料押収』、『首相答弁 目立つ矛盾 加計問題「1校絞る要請に配慮」 獣医師会は「撤回求めた」』、『JASRAC(日本音楽著作権協会) 使用料規定届け出 文化庁に 音楽教室から徴収』、『新幹線線路侵入78歳男性不起訴 滋賀・長浜区検』(8日付、毎日朝刊)

六月七日
 東海地方がきょう梅雨入り。平年より1日早いという。
 朝からずっと雨、雨、雨。真珠の小粒のような水滴が空から一粒ひと粒、シトシトと舞い降り、小寒くはあるが、どこかほっとさせられる日となった。
        ☆        ☆
 
 日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)の燃料研究棟で起きた被ばく事故で機構が7日、放射性物質の付着があった作業員5人のうち4人が内部被ばくしていた事実を明らかにした。このうち50代男性の肺からは2万2000ベクレルの放射性物質(プルトニウム239)が、他の3人の肺からも最大1万4000~5600ベクレルが測定されたという。機構や専門家は、この事故につき「国内では前例のない高レベルの内部被ばくで、発がんリスクが上がる」などと述べている。
 史上最年少の将棋プロ棋士、藤井聡太四段(14)=愛知県瀬戸市、中学3年生=がこの日、大阪市での公式戦「上州YAMADAチャレンジ杯」トーナメントで3局を指して全勝。自身が持つプロデビューからの公式戦の連勝記録を23に更新。歴代の連勝記録でも羽生善治三冠(46)ら3氏の記録22連勝を破って単独3位に。神谷広志八段(56)の持つ最多記録〈28〉に、あと5勝まで迫った。
 イランの首都テヘランで武装グループが国会議事堂や故ホメイニ師(革命指導者)を祀る霊廟などを相次いで襲撃。少なくとも12人が死亡、42人が負傷したという。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明。

【きょうの一文・ことば】
「権力者は『あいうえお』だ。焦らず、威張らず、浮かれず、えこひいきせず、おごらず。それを戒めないと政治は信頼を得られない」
=7日付中日夕刊『「権力者は、あいうえお」 前防衛相、首相に忠告』の記事のなかで。自民党の中谷元・前防衛相がこの日放送されたラジオ日本の番組で学校法人加計学園や森友学園問題に関する安倍晋三首相の対応に触れてこのように忠告した
※中谷さんはこの日、官僚の忖度が行政判断に影響を与えたとの指摘に対しても「首相の名を語り、ご意向がこうだ、という行政の在り方は良くない」とも強調

【新聞テレビから】
☆『東海 花香る梅雨入り』、『肺から2万2000ベクレル検出 被ばく作業員 プルトニウム239吸引か 規制委「半端な量ではない」 局所的がん化の可能性』、『「シリアのため」叫び襲撃 ノートルダム寺院前 テロ疑いで捜査』、『ヨルダンも関係格下げ 対カタール』、『大坂容疑者を再逮捕 渋谷暴動 殺人容疑、本人と特定』『逃亡45年余 要望一変 白髪に眼鏡 黙秘続ける』『公安徐々に包囲狭め 再逮捕の大坂容疑者』、『「権力者は、あいうえお」 前防衛相、首相に忠告』、『法務委員長解任案を否決 参院本会議「共謀罪」審議再開へ』『〈攻防「共謀罪」法案〉笑えないパロディー 「表現の自由」萎縮懸念 著作権法違反も摘発』、『もんじゅ廃炉 福井知事容認』、『母、9歳、6歳民家で絞殺 福岡・小郡 台所に練炭、心中偽装か』『近隣住民驚きと不安 「ほほ笑ましい一家」』、『藤井四段21連勝 単独6位』(7日付、中日夕刊)
☆『東海地方梅雨入り』、『71年渋谷暴動 大坂容疑者を再逮捕 巡査殺害容疑 警視庁へ移送』、『米司法長官辞任申し出 露疑惑 大統領と亀裂 米紙報道』、『インドと原子力協定 国会承認 NPT(核拡散防止条約)未加盟国』、『中国潜水艦70隻態勢 米国防総省報告書 20年までに増強』、『参院本会議 法務委員長解任案否決 「共謀罪」与党審議急ぐ』、『生活保護、65歳以上が過半数 昨年度 受給最高83万世帯』、『球場から救急車7台 プロ野球 オリ・阪神戦=6日夜に京セラドーム大阪であったプロ野球オリックス―阪神戦。この試合は生ビールと酎ハイの飲み放題付きチケットが販売され、阪神が11―4でオリックスに大勝』、『「メルカリ」 アカウント不正 作成・販売 福岡の2容疑者逮捕』、『女児に抱きつき80歳容疑者逮捕 豊橋署』(7日付、毎日夕刊)
☆『高浜3号機再稼働 1年3カ月ぶり 国内運転5基に』『再稼働に慎重 新潟知事「安全神話に戻っている」』『(米山隆一)新潟知事 一問一答 福島収束いまだめど立たず 新規制基準 県の守備範囲と別』『作業員5人放射性物質付着 茨城・原子力機構 鼻の穴24ベクレル検出』、『パリ 金づちで警官襲撃 ノートルダム寺院前 テロか、900人避難』、『藤井四段公式グッズ 快進撃に連盟「大志」扇子 異例の発売』『★(将棋の第75期名人戦七番勝負は)佐藤(天彦)名人が初防衛』、『加計文書「省内で共有」 文科省 複数職員認める』、『★(宗教法人高野山真言宗の)宗務総長に 添田(隆昭)氏を再任』、『文春に(週刊新潮の)中づり11年から トーハン調査 ほぼ毎号貸し渡し』、『山梨市長元妻ら逮捕 詐欺容疑 肩書示し投資勧誘か』(7日付、中日朝刊)
☆『「独裁」 怒る群衆 ベネズエラ 催涙ガスに激痛』、『〈第75期名人戦七番勝負〉佐藤名人 初防衛 4勝2敗 稲葉八段降す』『講談「藤井聡太物語」 快進撃 口演で後押し 瀬戸のFMで活躍の旭堂鱗林(きょくどうりんりん、43)さん』、『藤井四段 扇子もデビュー』、『改憲 来年発議目指す 自民、4項目を検討』、『新日鉄住金爆発 元工場長ら2人書類送検 15人重軽傷 業務上過失傷害容疑 再発防止策を強化』、『市長が文化庁と面談 名古屋城木造化「石垣保全」鍵に』、『残高最大13.8兆円 アパート融資地銀奔走 相続税対策に対応』、『ホンダ鈴鹿 接戦制し 2年連続 都市対抗野球東海第5代表』、『パワハラ認め和解 愛知・警官自殺 県が両親に150万円』、『バスで女子高生 髪燃やされる 岐阜 暴行容疑で捜査』(7日付、毎日朝刊)

六月六日
 それにしても、次から次にと。いろいろ起きる。日本も、世界も、だ。地球の心の全てが病んでいる。そんな気がする。
        ★        ★

 福岡県小郡市の住宅で6日朝、38歳の母親と小学4年の長男、1年の長女の母と子合わせて3人の遺体が見つかった事件は福岡県警のその後の調べで、母親の首に圧迫痕があり、殺害と断定。いったい何が起きたのか。
 パリ。ノートルダム寺院の前では男が金づちのような物でパトロール中の警察官に殴りかかり、別の警官が発砲。事件発生当時、現場には多数の観光客がおり、一時900人が避難するなど騒然となった。
 
 関電が午後、高浜原発3号機(福井県高浜町)を再稼働。これに対して新潟県の米山隆一知事は「安全神話に戻ってしまっている」と指摘している。午前11時15分ごろには茨城県大洗町にある日本原子力開発機構の「大洗研究開発センター」の燃料研究棟で男性作業員5人が機器の点検作業中、手袋や靴に放射性物質が付着、3人の鼻からアルファ線を出す放射性物質が最大で24ベクトル検出されたという。
       
【きょうの一文・ことば】
 「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案について、世界約二万六千人の作家らでつくる「国際ペン(PEN)」は五日、メキシコ出身の作家・ジャーナリスト(女性)のジェニファー・クレメント会長名で、「日本の表現の自由とプライバシーの権利を侵害する」との反対声明を発表した。PENが日本の問題で反対声明を出すのは、二〇一三年の特定秘密保護法案以来で戦後二例目。
 声明は「日本政府の意図を厳しい目で注視している。基本的な自由を深く侵害することとなる立法に反対するよう、国会に対し強く求める」としている。
=6日付中日朝刊『「共謀罪 表現の自由侵害」 国際ペン、反対声明を発表』の記事のなかから。抽出
※記事は『この日、東京都内で会見して声明を公表した日本ペンクラブの浅田次郎会長は「心強く思うが、恥ずかしいとも思う。この法律はどう考えても必要とは思えない。日本の歴史の退行だ」と力を込めた。』とも続けている

【新聞テレビから】
☆『佐川週休3日制導入 ドライバー確保 ヤマトも検討』、『相馬野馬追PRへ出陣 JR東 福島でラッピング電車』、『「日本茶の起源」初摘み 「最澄伝えた味」滋賀で再現・販売』、『自民改憲案「年内に」 党推進本部9条など4点議論へ』、『宇宙服 着古し40年 限界! NASA(米航空宇宙局)残り11着でも 新型まだ』、『神戸山口組トップ逮捕 井上組長 携帯電話 詐取疑い』、『豊山廃業ホテル 強殺・遺棄容疑 比人に逮捕状、国際手配へ』、『熱中症搬送1086人 前週から1.5倍増 5月29日~6月4日』(6日付、中日夕刊)
☆『ディラン氏やっと受賞講演 初の肉声所感 歌は人を感動させることが全て』、『袴田事件 鑑定再現「不可能」 大阪医大教授 高裁提出の最終報告』、『〈チェック〉 よく飛ぶ 軟式公認球67年ぶり「大改革」 小中生体格よくなり 重く大きく』、『カタール断交 トルコ、仲介に意欲 UAE(アラブ首長国連邦)は航空便停止 米、対テロ影響否定』、『衆院法務委 民進、委員長解任決議案 「共謀罪」審議8日以降』『自民改憲案「年内に」保岡氏』、『英テロ 実行2容疑者特定 監視外 当局「兆候なかった」』、『中3、5歳児投げ落とす 広島 殺人未遂容疑逮捕』(6日付、毎日夕刊)
☆『背中で育む親子の愛情 琵琶湖・カイツブリ =親鳥の背中に乗り、口移しで餌をもらうカンムリカイツブリのひなの微笑ましい写真付き、滋賀県長浜市で。 横田信哉撮影』、『中日新聞社 新社長に大島(宇一郎)氏=53歳= 小出(宣昭)社長=72歳=は主筆に』、『ディラン氏「歌は感動させることが全て」 ノーベル賞受賞 講演の録音発表』、『首相重ねる「ない」 加計問題審議 「特区介入ない」「調査必要ない」「鳥インフル・口蹄疫 獣医足りない」』、『52年前発見 恐竜の卵だった 国内最初の発掘 福井の博物館鑑定 日本未確認種か』(6日付、中日朝刊)
☆『パレスチナとイスラエル 米、中東和平聴取へ「トランプ氏指示」 (パレスチナ自治政府の)アッバス議長 本紙単独会見』、『実行役、IS(過激派組織「イスラム国」)に勧誘 英テロ「パキスタン出身」報道』、『首相、改めて関与否定 加計学園問題「前川氏証言は伝聞」』、『国産初号機=最新鋭ステルス戦闘機「F35A」=お披露目』、『ベンチャー起業家を支援「毎日みらい創造ラボ」設立』(6日付、毎日朝刊)

六月五日
 ロンドン中心部のロンドン橋で起きたパキスタン出身の男ら3容疑者による大型ワゴン車暴走とナイフによるテロ惨殺。その後、過激派組織「イスラム国」(IS)系通信社が「IS戦士の分隊が攻撃を実行した」との犯行声明を出した。その英国マンチェスターでは4日、米歌手アリアナ・グランデさん(23)が先に自らの公演が襲われた自爆テロを悼んだ慈善公演が開かれた。「マンチェスターよ、勇気をありがとう。そして〈愛〉こそが、世界に必要な何よりの薬です」とグランデさん。公演には5万人が詰めかけたという。
 5日の衆院決算行政監視委員会。学校法人・加計学園の獣医学部新設計画を巡る問題で野党側が「文科省内で共有していたとみられるメールの写し=「官邸の最高レベルが言っている」など内閣府とのやり取りを添付した文書=が新たに見つかった」として再調査を要求したが、安倍晋三首相は「私の意向は入りようがない。国家戦略特区制度による新設手続きに問題はなかった」と再調査を拒否。
        ☆        ☆

 月曜日。午後のいっとき。4時を過ぎたところで「行くのよ」と言われ、一緒に〈エデンの東〉へ。先日の社交ダンスレッスンの席で仲間から「ハイッ。やってみたら」とスイカの苗をもらってしまったこともあり、きょうのところは「土を掘り返して肥料を与えるだけでいいの。」との命に服し、備中でただ黙々と土起こしに挑戦。ゴッホもこうしてやったのだから、と言い聞かせる。

【きょうの一文・ことば】
「100歳近い遺族から『思いはあっても行くことができない』という手紙をもらい、余計なプレッシャーをかけないためにも来る人がゼロになる前にピリオドを打つことにした。自然な形で遺族がすれ違う交差点のような新たな形を考えたい」
=5日付毎日夕刊『戦没画学生の思いはせ20年 絵画展示の長野「無言館」 遺族ら最後の集い』の記事のなかで。無言館館主の窪島誠一郎さん(75)は4日、長野県上田市の「無言館」であった「無言忌」の席で、こう話した

【新聞テレビから】
☆『〈この道 阿刀田高①〉どう生きるか(作家、日本ペンクラブ前会長)』、『首相 再調査を拒否 衆院委 加計文書 野党要求に 加計氏、政府機同乗 13年外遊』『首相「印象操作だ」語気強め関与否定』、『主犯格 パキスタン出身か ロンドンテロ 3容疑者身元特定』『「愛こそ世界に必要な薬」 グランデさん慈善公演に5万人』、『身代金ウイルス中3逮捕 神奈川県警 作成疑い、全国初立件』『世界で猛威、データ復旧困難』、『細る「いのちの電話」 高齢化…愛知の相談員半減』『24時間対応 隔週に/休憩取れず 岐阜、三重も悩む』、『東山の「超目玉」レッサーパンダでした 河村市長の公約「第1弾」を強調』、『「ジブリパーク」運営希望の企業 知事が構想参画否定』、『踏切非常ボタン24カ所押される 豊橋鉄道の終電運行後』、『事故調が現場へ 小型機墜落』(5日付、中日夕刊)
☆『さよなら「善ちゃん」 名古屋名物居酒屋店主死去 森繁久彌さん、ミヤコ蝶々さんら愛す』、『歯磨き 複数回増える 歯「80歳20本」5割超す』、『加計学園問題 文科相、メール調査拒否 記載名局長「同姓同名いる」 加計氏政府機に同乗 13年』、『ウイルス「ランサムウエア」 作成容疑中3逮捕 神奈川県警』、『ロンドンテロ 英首相、ネット規制訴え 過激思想に危機感』『今こそ歌って マンチェスターでグランデさん公演』、『「特別枠」 「返金保証」と募集 グルメンピック詐欺 容疑者、好条件示す』、『恋愛したいのに……「残業が支障に」72% 長時間労働220人調査』(5日付、毎日夕刊)
☆『〈高校野球・愛知県小牧市民球場〉 (愛知県高野連主催の招待試合に出場。対享栄戦で0―5で迎えた9回裏に)清宮100号』『小牧で100号「千両役者」 清宮選手に1万人歓声』、『ロンドンでテロ7人死亡 3容疑者射殺 車暴走、刃物で襲撃』、『墜落機の4人全員死亡 立山連峰 山中で機体発見』『「助けて!」3回電話 河西さん』『雪の北ア機体のんだ 「無事で」祈り届かず 小型機墜落「小口さん母思いだった」』『木下さんベテラン操縦士 樋口さんスポーツ積極的 河西さん誰とでも仲良く』、『遺族憔悴 無言の対面』『乱気流など不測の事態か』、『長野で人工繁殖ライチョウ産卵 国内3カ所目』、『文字情報送り「SOS」 西尾沖でボート転覆 聴覚障害者4人救助』(5日付、中日朝刊)
☆『露にシベリア抑留生存者 北海道出身の89歳 =北海道遠別村(現遠別町)出身の田中明男さん= 「もう一度日本に」』『古里への思い ロシア語で 船員・農場経て年金暮らし 89歳「もう時間ない」 元抑留兵 田中さん』『〈解説〉 抑留史の証言期待【栗原俊雄】』、『ペア6年 執念が結実 吉村・石川組「金」 経験生かし大逆転』、『ロンドンテロ7人死亡 3容疑者射殺 車暴走、刃物で襲撃』、『〈アクセス〉 「獣医特区」は妥当? 加計学園 犬猫減で農水省慎重』『加計新学部 過大な規模 定員全獣医系の2割 教員も1割 ペット減少傾向』、『アイヌ遺骨 返還視野 日豪政府が交渉』、『墜落機4人全員死亡 富山・立山連峰 斜面に機体』『悪天候に小型機 高度 維持難しく』、『小牧に1万人 前日から行列 清宮「100号」に歓声と拍手』、『「ミスタープロ野球」打席に 背番号3に3200人「もう1球」=プロ野球・巨人の元監督、長嶋茂雄さん(81)が4日、出身地の千葉県佐倉市の「長嶋茂雄記念岩名球場」であったイースタン・リーグ、巨人―千葉ロッテの始球式で打席に立った。』、『がっちり新日鉄住金東海REX 都市対抗野球東海第3代表』、『エリザベート音楽コンクールチェロ 岡本さん=東京都出身、岡本郁也さん(22)=2位』、『■眞子さま、ブータンで「花の博覧会」に』(5日付、毎日朝刊)

六月四日
 中国で民主化を求める学生や市民が武力弾圧され数千人が死亡した、あの血の粛清【天安門事件】から4日で28年。事件で子どもを亡くした親の会「天安門の母」が1日、ことしも事件の真相究明を求める公開書簡を発表した。創設者の張先鈴さん(79)らは「いつか必ず歴史が見直される時がくる」と訴えている。

        ★        ★
 ロンドン中心部のテムズ川にかかるロンドン橋で3日午後10時(日本時間4日午前6時)過ぎ、大型のワゴン車が猛スピードで歩道に乗り上げ、歩行者を次々にはねたあげく中から出てきた男らが通行人や警察官にナイフで襲いかかる無差別テロが発生。7人が死亡、48人が負傷し病院に運ばれた。現場に駆け付けた武装警官が犯人とみられる男3人を射殺、12人を拘束したが、英国では先月22日にマンチェスターのコンサート会場で22人が亡くなる爆発テロがあったばかりだ。なんということなのだ。
 富山県立山町の北アルプス山中で男性4人が乗った小型飛行機の墜落事故で富山県警は4日早朝、捜索を再開。獅子岳(2714㍍)南東斜面で機体を発見したが、4人全員の死亡が確認された。この日、御嶽山の岐阜県側の登山口「飛騨小坂登山口」(下呂市)では山開き式があり、シーズン中の安全が祈願された。
        ★        ★

 ♪母の問ひかるくかはしてしゃぼん玉(栗本寬)
 ♪夢で会ふ母の笑顔や春かなし(岩本和美)
 午後。江南市民文化会館へ。会館内でこの日まで行われている文化祭会場を見て回った。一角には舞が所属する俳句同好会メンバーらによる俳句も出展され、会館全体がとても華やいだ雰囲気に包まれていた。帰宅すると、高齢と日々闘い懸命に生きる姿がけなげな愛猫シロちゃん(トンヌラ)が「どこへいってたの」と出迎えてくれた。

 文化祭の会場一角に展示された舞の作品(友人・渡邉きよ子さんの温かな手でフィギュアスケートの羽生結弦選手の短冊まで施されていた)、「おかえりなさい」と出迎えてくれたシロちゃん
 20170604_123313
 20170604_155639

【きょうの一文・ことば】
「政治の私物化で、行政がゆがめられていることだ。記録文書を示されても『出所不明』『怪文書』と確認もせず、さらに『廃棄した』『確認できない』と認めようとしない。籠池氏や文部科学省の前川喜平・前事務次官を個人攻撃でおとしめ、問題をすり替える構図も同じ。政権の体質が表れている」
=4日付中日朝刊『〈核心〉1年前から「森友」追及 豊中市議に聞く「行政ゆがませる政権」 問題すり替え「加計」と同じ』の記事のなかで。1年前、表面化のきっかけとなる調査を始め国の対応に最初から疑念を抱いていた豊中市議・木村真さん(52)は、森友学園と加計学園の問題との共通点について〈政権の体質が表れている〉と、こう述べた

【新聞テレビから】
☆『きょう事件から28年 息子失い悲しみ消えず 天安門の母「歴史見直して」「過ち」認めぬ中国政府 警察は監視』、『ラマダン「聖戦」世界でテロ デモ犠牲者葬儀中 爆発で19人死亡 アフガン首都』、『アイルランド初 同性愛の首相誕生へ 最年少38歳(レオ・)バラッカー氏』、『ナゴヤは荒木を愛してる 竜一筋2000安打』『荒木2000安打 22年重ねた努力実る』『飾らない 子どものアイドル 八事日赤 クリスマス訪問』、『吉村・石川組V 混合複48年ぶり 世界卓球』、『米仏「握手対決」 温暖化飛び火!? トランプ氏離脱判断 影響の見方』『米10州180市「離脱反対」 パリ協定 政権への反発拡大』、『龍馬守った現場絵図発見 寺田屋事件 薩摩藩伏見屋敷』、『清宮 人気 打棒 大爆発 刈谷招待試合に1万2000人 豪快3発 きょう小牧で100号なるか』、『大火砕流26年 教訓忘れない 雲仙・普賢岳、追悼』『小型機墜落4人不明 立山連峰 長野の男性ら搭乗 乗員通報「2人意識ない」』『寒い山中「無事でいて」 小型機墜落 家族、友人ら祈り 「小口さんまじめで温厚」』『濃霧、残雪 捜索阻む』『運航所長沈痛「申し訳ない」』、『容疑者3警官と連絡 福岡金塊盗 情報集め、示談計画か』、『ブータン弓技 眞子さま体験』、『〈サンデー版大図解〉防ごう 食中毒』(4日付、中日朝刊)
☆『軽井沢ゆかりの作家展=軽井沢高原文庫(長野県軽井沢町)で、「軽井沢を愛した文学者・芸術家たち スペシャル」展が開催中。遠藤周作の『沈黙』と、加賀乙彦館長の『殉教者』の2作コーナー展示。7月10日まで』、『加計獣医学部 前川氏「プロセス乱暴」2カ月で急展開 長年「慎重」姿勢 文科省』『首相秘書官・補佐官▷大臣 加計問題 前川前次官が「安倍1強」批判』、『荒木2000安打 プロ22年目』、『熊本励ます全力プレー 中日・荒木2000安打 「阪神(大震災)」直後センバツ出場 野球続ける原点』『復興住宅用地確保遅れ 熊本地震、1000戸の6割まだ』『雲仙火砕流26年 犠牲者冥福祈る』、『清宮見たい 1万2000人 刈谷』、『龍馬かくまった屋敷詳細に 京都に絵図 寺田屋事件後、薩摩藩が保護』、『富山で小型機墜落 長野の2人意識不明か』、『博多金塊盗 組資金に? 東海の関係者関与か』『容疑者に捜査協力歴 愛知県警から 関係利用し情報収集か』、『■歌丸さん=落語家の桂歌丸さん(80)=入院し、復帰公演を休演』、『「食の祭典」主催者逮捕 出店料1.3億円未返済の疑い』、『橋爪功さん長男覚醒剤所持容疑 警視庁、現行犯逮捕』、『フィリピン西部 日本人2人不明 通訳らから聴取』(4日付、毎日朝刊)

六月三日
 土曜日。時折、肌にひんやりした〈かぜ〉たちが、吹き抜けてゆく。「これからは、あじさいの季節よ」とは、妻。木曽川河畔に広がるこの街、江南。そういえば、円空仏で有名な音楽寺は尾張のあじさい寺とも。きょうから、あじさい祭りが始まった(25日まで)。

 ♪人の世の旅から旅よしんきろう、とは江南俳句同好会に所属する伊神舞子の句。旅には終着駅がない。
        ☆        ☆

 ドイツ・デュッセルドルフで開かれている卓球の世界選手権個人戦。混合ダブルスの吉村真晴(23)=名古屋ダイハツ=と石川佳純(24)=全農=のペアが3日、決勝で台湾のペア(陳建安、鄭怡静組)に4―3で勝ち、この種目で日本勢として1969年ミュンヘン大会いらい48年ぶりの優勝を果たした。同選手権個人戦での日本選手の金メダルは、79年平壌大会いらい38年ぶり。
 プロ野球中日ドラゴンズの荒木雅博内野手(39)がこの日、ナゴヤドームでの楽天戦で史上48人目となる通算2000安打を達成。ドラゴンズ選手では、高木守道、谷沢健一、立浪和義、谷繁元信、和田一浩に続き6人目、本拠地では初の偉業達成となった。

 午後3時ごろ、富山県立山町の北ア・立山連峰の山中に富山空港から松本空港に向かっていた小型機(セスナ172P)が3000㍍級の山が連なる長野との県境近く一角に墜落。4人が不明となっている。

【きょうの一文・ことば】
「パリ協定からの離脱は私たちの地球にとって壊滅的な打撃だ」「パリもピッツバーグも同じ環境を共有しているのだよ」
=3日付中日朝刊『〈米パリ協定離脱表明〉今こそ地球守ろう「自治体国超え連携を」「壊滅的な打撃」元米飛行士警鐘』の記事のなかで。将来の火星探査を見据えて国際宇宙ステーションに340日間の長期滞在をした米航空宇宙局(NASA)の元宇宙飛行士スコット・ケリーさん(53)はこう述べ、トランプ米大統領の対応を厳しく批判。トランプ氏の「私は(米東部の)ピッツバーグの市民を代表するために選ばれた。パリのためではない。」との演説も皮肉った

【新聞テレビから】
☆『古浄瑠璃=弘知法印御伝記(こうちほういんごでんき)=「里帰り」ブラボー 台本保存の大英図書館で公演』『17世紀台本に感慨 尽力の(ドナルド)キーンさんら「対面」』、『「常に備え 教訓伝える」 雲仙・普賢岳 大火砕流26年 追悼』、『清宮熱 朝6時に3000人 期待通り97、98号 刈谷で招待試合』、『通話 警察傍受に気付く? 福岡金塊盗 容疑者、秘密伏せ会話』、『ダディ! また会えた 来日し演劇 日比国際児、実現に涙』、『東海3県育成に本腰 航空産業羽ばたけ若者 工業高に実習棟や専攻科』『世界需要2035年に1.8倍 車に続く産業の柱に』、『北朝鮮追加制裁決議 安保理 資産凍結拡大、中国も賛成』、『被団協 田中事務局長(日本原水爆被害者団体協議会の田中熙巳事務局長、85歳)退任へ 2000年就任 被爆者運動 リード』、『ふるさと納税で原発訴訟 函館市への寄付 1000万円を超える』、『対北、アジア各国と協力 米国防長官 中国海洋進出に懸念』、『パリ協定再交渉 「欧州の出方次第」 米環境トップ』、『米テスラ株 トヨタ売却 EV(電気自動車)で成果 提携解消』、『作品賞に荒山(徹)さん=「白村江」(PHP研究所)=歴史時代作家クラブ賞』『〈中部の文芸 小説・評論 竹中忍〉「火涼」74号 故清水信を総括し追悼』、『長野・飯田で9月開催 焼肉×ロック おなかも耳も至福フェス』(3日付、中日夕刊)
☆『〈東海百景〉愛らしく蚊やり豚 三重・菰野』、『ろうそくの灯絶やさない 雲仙普賢岳火砕流26年』『献花所に遺族ら』、『病室の子供たち笑って 道化技術に配慮をプラス ホスピタル・クラウン(道化師)名古屋結集』『魔球を伝授ヤスダさん(プロ野球・ヤクルトスワローズなどで投手として活躍した野球評論家の安田猛さん、70歳)!! 元ヤクルト投手 がん闘病母校を指導』、『北朝鮮に追加制裁決議 安保理、全会一致 対象拡大』『マティス氏(米国防長官) 「脅威切迫」 アジア安保会議 北朝鮮情勢を懸念』(3日付、毎日夕刊)
☆『杉本苑子さん 死去 91歳 歴史小説「孤愁の岸」』、『カモミール 初夏癒やす 伊賀・青山リゾート』、『米、パリ協定離脱を表明 温暖化対策に打撃』、『藤井四段20連勝 歴代6位タイ 最年少 棋王本戦へ』『東海 逸材対決 後輩が「恩返し」 澤田六段「強い」』、『容疑者 「逮捕は間近」 博多金塊盗 愛知県警漏えいか 名古屋の巡査部長ら複数』『愛知県警 漏えい過去何度も』『指示役、頻繁に来日 中部空港の金塊密輸、事件前』『佐賀で密輸206㌔金塊とほぼ断定 刻印消されたような跡』、『加計文書 文科省共有か 内閣府意向 民進、メール写し公表』、『出生数97万6000人 16年 初の100万人割れ』、『裁判員選任431人辞退 連続青酸事件 長期審理で』、『車上荒らし・窃盗 序二段力士逮捕 魁心鵬(友綱部屋、22歳)、容疑認める』(3日付、中日朝刊)
☆『14歳藤井20連勝 デビュー以来 千日手指し直し逆転』、『米「パリ協定離脱」 温暖化対策 中国・EU(欧州連合)は履行推進 トランプ氏 「他国に利益」』、『加計問題 圧力文書「文科省内で共有」 民進、メール写し公開』『加計「共有メール」文科省、終始逃げ腰 「大臣と連絡取れない」』『「隠蔽体質丸出し」』、『博多金塊盗 警官3人 容疑者と連絡 愛知県警 暴力団捜査経験者 「取り込まれる危険 常に」』『退位法案 衆院通過』『識者、おおむね評価 退位法案衆院通過「政府見解は画期的」』(3日付、毎日朝刊)

六月二日
 夜。ベランダに立ち、ひとり夜空を仰ぐ。どす黒い雲のなかに今まさに月が光りごと入ってゆく。そう言えば、きょう6月2日(新暦7月24日)は本能寺の変があり、あの織田信長が命を散らせた日として知られる。
 その6月2日にあてて私は敢えて本紙ウエブ文学同人誌の「熱砂」紙上(伊神権太作品集)のなかで、ほぼ半年がかりの取材を基に執筆してきた信長の側室〈吉乃(きつの)のものがたり〉を【あゝ、きつの ―私はお類、吉乃と申し上げます】の題で、兎にも角にも、その㊤編公開に踏み切った。一人でも多くの読者の皆さまに読んでいただけたら、と願う。
        ☆        ☆

 トランプ米大統領が1日、ホワイトハウスで演説。「地球温暖化防止の枠組みであるパリ協定から離脱する」と正式に表明し、その身勝手さが世界各国の波紋を広げている。史上最年少の将棋プロ棋士で中学3年生の藤井聡太4段(14歳)=愛知県瀬戸市=が2日、大阪市内であった棋王戦予選トーナメント決勝で澤田真吾6段(25歳)=三重県鈴鹿市=に勝ち、自身が持つデビューからの公式戦連勝記録を「20」とした。

【きょうの一文・ことば】
「米はその程度の国だと思っている」「シェールガスなどのおかげで米国は(化石燃料を)輸出する側になってきている。それで『ちょっと待てよ』という話にいったんだと思う」
=2日付中日夕刊『米はその程度の国だ』の記事のなかで。トランプ米大統領がパリ協定からの離脱を決めたことについて。麻生太郎副総理兼財務相はこう、言ってのけた
※麻生氏は、米国が以前も京都議定書から離脱したことや、第一次世界大戦後に国際連盟の創設を主導しながら参加しなかったことにも言及

【新聞テレビから】
☆『円空仏の寺 江南市の音楽寺 あじさい祭り 3日から イベントに加え円空仏拝観も』、『ホタルの幼虫放流 草井小4年・同校ビオトープ・草井自然園』『ホタル観賞会は9~19日、20時から』(2日付、尾北ホームニュース)
☆『〈写真グラフ〉結浜ちゃめっ気たっぷり 和歌山県白浜町・アドベンチャーワールド(写真・乾高弘 文・豊田直也)』、『米、パリ協定離脱表明 トランプ氏「他国に利益」 雇用優先 温暖化対策後退』『〈解説〉地球より米国第一(ワシントン・後藤孝好)』『トランプ流に怒りや失望 米、パリ協定離脱表明「目先しか考えていない」』『「恥を知れ」「悪夢」ホワイトハウス前 市民らが抗議デモ』『パリ協定 独仏伊 「再交渉せず」』『オバマ氏「州、企業が地球守って」 大統領時代に協定発効導く 国連総長「失望」 ゴア氏(元米副大統領)「無謀」』、『1年半ぶり 東証2万円』、『「北朝鮮幹部の資産凍結」 安保理 米が決議案、中国合意』、『マニラで放火36人死亡 複合施設で強盗か 発砲の男、焼身自殺』、『愛知県警複数警官漏えいか 博多金塊盗 容疑者に捜査情報』、『退位法案衆院通過』、『入院中おさかな会えた 中区の社団法人 小児病棟に水族館生中継』、『★NHKスペシャルが大賞=優れた放送に贈られる第54回ギャラクシー賞(放送批評懇談会主催)の贈賞式が1日、東京都内で開かれ、テレビ部門の大賞にNHKスペシャル「ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目の告白~」が選ばれた』、『(国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽のうち2羽が)住民に見守られ巣立ち 徳島』、『覚醒剤60㌔密輸 被告に懲役19年 大阪地裁判決』、『60代の邦人男性 先月中国で拘束 遼寧省スパイ容疑か』(2日付、中日夕刊)
☆『米、パリ協定離脱表明 温暖化対策に打撃』『〈解説〉 前政権否定の意図 【五十嵐和大】』『「歴史的合意 ほごに 米・パリ協定離脱 国内からも批判』、『東証一時2万円回復』、『退位法案 衆院通過へ「女性宮家創設」も採択』、『博多・金塊盗 警官捜査情報漏えいか 愛知県警の数人、容疑者に』『愛知県警また疑惑 容疑者に捜査情報』、『売れすぎ御免! 日本刀はさみ 関の老舗メーカー 幸村や信長モチーフ』、『カジノ発砲34人死亡 マニラ 強盗か、容疑者自殺』、『大坂容疑者再逮捕へ 警官殺害 DNA鑑定 警視庁判断』、『飛べ 世界最長の翼(左右に広がる翼が117㍍) 米の宇宙ベンチャー開発』(2日付、毎日夕刊)
☆『千両役者 城を背に 「平成中村座」開幕』、『お帰りママさん鵜匠 犬山・木曽川うかい開幕』、『「強引さ目に余る」「今は誰も官邸に物言えない」加計問題本紙に前川氏』『小泉政権時 政策に抵抗 天下り問題で引責辞任』『「なぜ私に直接聞かなかった」 首相が反論』『加計問題特区計画 内閣府「18年度開学」指示 本紙に前川前次官が証言』『補佐官や内閣参与 要請次々』、『「受動喫煙ゼロ」撤回 厚労省』、『金塊密輸 「バイト感覚」 中部空港5人逮捕 韓国に指示役』『「タダで旅行」渡航何度も』『金塊?206㌔ 船使い密輸 佐賀、8容疑者逮捕』、『名古屋SL実走 4億8000万円 河村市長の夢 高い壁』(2日付、中日朝刊)
☆『新緑の木曽川 昼鵜飼始まる 愛知・犬山市』、『則本=プロ野球の楽天、則本昂大投手(26歳)=7戦連続 2桁奪三振プロ新記録』、『20年名古屋場所前倒し 東京五輪期間避け =7月24日の東京五輪開幕(最終日は8月9日)との重複を避けるため初日を7月5日(千秋楽は同19日)に』、『アフガンで地雷 14年前邦画出演 アフィファさん 助けて私の右足 新たな義足求め近く来日』、『退位特例法案「将来の先例」 衆院委可決 官房長官が答弁』、『EU(欧州連合)・中国履行促す パリ協定 米、態度表明へ』、『’17都議選来月2日投開票 立候補予定236人 小池氏自民離党届 都民ファースト代表に』、『「加計」学部新設 学園側、OB通じ働きかけ 昨夏から秋 文科省に』(2日付、毎日朝刊)

六月一日
 〈夜の通り雨〉とでも言えようか。
 11時過ぎ。突如、強い雨、風たちが家じゅうの窓ガラスを猛烈な勢いで打ち始めた。ウ~ウゥーといった唸り声に一体何ごと、と思っていると、今度はゴロゴロゴロと空が割れて鳴り出し程なくして「美濃地方に竜巻注意報が出ました」との字幕がテレビ画面に映し出された。
 でもこの雨、風も束の間だった。自然の存在を見せつけようとしただけで、やがて治まり、どこかに消え去った。突然の来訪者に、愛猫シロちゃんは相変わらず、テーブルの下で怖そうにじっとしたまま。怯えていた。

 きょうは私たちが育った和田村に大正9年に初めて電気がついた日。母の97歳の誕生日である。デ、驚かしてやろうと事前の連絡ひとつしないまま、社交ダンスのレッスンを終えたその足で久しぶりに日進市内の愛知国際病院に附属する老健施設「愛泉館」まで、ひとっ走りとあいなった。昨夜は、ほとんど寝てはいなかったが「ここは」と気力を出して行ってきた。
        ☆        ☆

 愛知県犬山市の「木曽川うかい」が1日、木曽川で開幕。出産・育児の休業から2年ぶりに復帰し鵜を操る女性鵜匠稲山琴美さん(28歳)ら4人の鵜匠が10月15日まで1300年前からの伝統漁法を披露する。
 きょうから夏服。JR東海はノーネクタイ仕様の新デザインの制服に切り替えた。名古屋城内で本格的な歌舞伎を演じる「名古屋平成中村座」が開幕。愛知県の大村秀章知事がスタジオジブリ(東京・小金井市)の世界観を生かした「ジブリパーク」を2020年代初頭に愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)につくることでジブリ側と合意したことを明らかにした。東京都の小池百合子都知事が党籍が残っていた自民党に離党届を出して自民党を離党。自身が率いる「都民ファーストの会」の代表に就任。

        ×        ×
 きょうの東名神高速道。小牧―三好間を愛車で走ったが、周りの車を見る限りそんなに急いでどこへ行くの、と聞きたくなるほどの車、車、車…の流れだった。そういう私自身、かつて地方記者時代には北ア上高地に通じる安曇野はじめ、志摩半島や美濃の山奥、能登半島、琵琶湖沿岸なぞを時間に追われて、時にはオートバイやジープでも、ぶっ飛ばしたものである。
 よくぞ事故に遭わなかった、というのが実感だ。今だから言えるが、原稿を間に合わせなければ、と制限速度をかなりオーバーして運転したこととなると、数えしれない。

 母は相変わらず、美しかった。健在だった。家にあった洒落た内輪ひとつをお土産に一緒にプリンを食べただけだが、それでも、とても嬉しそうで安心した。まもなく兄夫婦が現れ「たか坊、これから温泉に連れて行くからな」とのこと。母は「たかちゃん、もうチョコットくるのが遅かったら、会えなかったよ」と話していたが私は内心、兄夫妻は長男の責任を果たしており、「立派だな」とつくづく思った。私なぞ、思いつきもいいところ。気まぐれで、たまに顔を見せるだけなのに。
 でも母には、こう言ってやった。
「大陸生まれの俺はきょう葫蘆島(コロ島。私は生後13日目に、ロスケ=現ロシア人に対する当時の侮蔑語=に追われて満州の奉天の生家を母の胸に抱かれて脱出。葫蘆島を経て引揚船で舞鶴に帰国した。兄も一緒だった)から、やって来たのだから。せっかくの命、100までは生きてよ。天下を取ってやるから。見てて」と。「おまえはいつもそういう冗談をいって笑わせる。困ったもんだよね」と母。これには私は内心で「たかちゃんはきっと、そのうちに天下を取る」。そう言い切っていたのはどこの誰なのか、と反論していた。
 帰宅すると「育てたタマネギの話し、してくれたよね。家の軒先に干してあるタマネギの写真見せてくれた。おかあさんに1番、見てほしかった」と舞。すっかり忘れていた、と言うと「タマネギの写真見せたら、おかあさん何よりも喜んでくれたのに。だから、あなたはダメなのよ。いつも、肝心な点が抜けちゃってる」ときた。悪かったな、と私。
 人生とは、失敗するものである。  

【きょうの一文・ことば】
 人間も自然の1部。それを思い起こさせてくれるのが猫です。/ありのままとは(猫のように)生きるために動くことだ。/猫は希望。/ボスニアに生きる猫ってね。(今は)基本的には平和な〈かぜ〉を感じている。平和な場所には平和な〈かぜ〉がふいているんですよ。/相手を思いやる。相手を認めてあげることが一番大切です。
 自分のベストはこれだ、というのはないです。常に次に撮るのがベストです。(動物たちの間で)日々起きている、このことを撮る。ボクは日々の営みから目を離せなくなった。
=6月1日夜のNHK総合『〈プロフェショナル・仕事の部屋〉猫スペシャル』のなかで。動物写真家岩合光昭さんは、自らの体験をもとにこう述べた
※私は、この番組を見ながら能登の七尾で家族共に過ごしていた愛猫てまりのことを思い出した。彼女は半野良で家の中では家族に甘えるが、いったん外に出ると界隈の野良猫を従え、道で買い物帰りの舞と会っても、わざと知らぬ存ぜぬの顔でいた

【新聞テレビから】
☆『JR東海初のノーネクタイ さわやか新夏服』、『一番太鼓華やか開幕 名古屋平成中村座』、『米、パリ協定 あす判断 トランプ氏 離脱方法協議か』、『タリバン一派の犯行か アフガンテロ トラックに爆薬1.5㌧』、『面接解禁 就活大詰め 人手不足、学生優位に』、『中部空港で金塊密輸容疑 愛知の女5人逮捕 計30㌔1億3000万円相当』『金塊密輸急増 中部でも 手口巧妙化 消費増税が機』『高利ざや 低リスク 発覚しても罰金刑』、『退位法案審議入り 衆院委、午後可決へ』、『百貨店 名駅、栄上回る 5月 売上高160億円台に』、『ジブリパーク第1弾は 「トトロのふるさと村」 大村知事発表』、『日本版GPS(衛星利用測位システム)へ着々 みちびき2号打ち上げ 精度向上 自動運転へ期待』、『内閣参与も 前次官に要請 加計学園理事を務める』、『笹子トンネル事故  遺族側の敗訴確定 役員責任認めず』(6月1日付、中日夕刊)
☆『上着廃止 涼やかに出発 JR東海25年ぶり 制服一新』、『藤井四段人気沸騰 愛知「ファンクラブ」準備』、『響く一番太鼓 平成中村座が初日』、『退位特例法案 「女性宮家」施工後に検討 衆院審議で官房長官』、『人手不足学生優位 就活選考スタート』、『測位衛星 打ち上げ成功 日本版GPS 前進 みちびき2号』『誤差 6㌢ 産業利用に期待』、『加計学園「内閣参与が開学要請」 昨年8月前次官と面会時』、『原発避難横浜の男子生徒 いじめ苦しむ人に訴え 味方は絶対いるよ』、『豪雨死者200人超 先月末 スリランカ被災63万人』(1日付、毎日夕刊)
☆『地球博公園ジブリパークに 20年代初頭 トトロの世界へ衣替え』、『アフガン爆弾テロ90人死亡 首都中心部 大使館員ら2邦人けが』『厳戒地区 爆発ドーン アフガンテロ 負傷者「地震かと」』、『三重県立高 違反越境116人 県教委スポーツ強豪校調査 現中3生入学まで容認』、『バイト許可制の校則 違憲では 15歳、北海道に申し立て 弁護士「却下だけど発想感心」』『五輪費用分担 大筋合意 都外経費 350億円 調整先送り』、『母の死亡届未提出50歳男「ずるずると」 高山・遺棄容疑逮捕』(1日付、中日朝
刊)
☆『■皇后さま、初繭掻(はつまゆかき) =皇后さまが31日、皇居内の養蚕所で今年初めて繭を収穫する「初繭掻」の行事に臨まれた』、『カブールでテロ80人死亡 中心部日本大使館2人軽傷』『狙われた首都中枢 カブールテロ 治安もろさ露呈』『ラマダン攻勢の可能性 田中浩一郎氏 日本エネルギー経済研究所中東研究センター長』、『〈日本生命セ・パ交流戦(31日)〉斎藤 2年ぶり白星』『ツーシーム生かし 丁寧に 日本ハム6―1DeNA』、『大関・高安 決意と覚悟 初土俵から73場所「正々堂々」取りたい』『猛稽古「たたき上げ」』、『五輪 都外350億円先送り 費用負担会議 総額不透明に 4者会議』、『米「パリ協定」離脱報道 トランプ氏 数日内に表明 温暖化対策』、『愛らしい「醜い魚(深海魚ニュウドウカジカ) 福島の水族館』、『新潟市民病院 研修医自殺 労災へ 労基署認定「過労が原因」』(1日付、毎日朝刊)

17年6月2日

ウェブ作品集

伊神 権太

実録随想「残り花」

平成二十九年六月三十日
 今日は『夏越の祓』 神社で半年分のみそぎをする地方もあるんですって あぁそうね
――とは中日夕刊四コマ漫画【ウチのげんき予報 新田朋子】のなかでの冒頭の会話。というわけで、この日がくると、毎年、少年時代に母と訪れた神社で輪くぐりをしたことを思い出す。おそらく。みなさんそうではないか、とも。
        ☆        ☆

 2011年の東日本大震災発生に伴う東京電力福島第1原発事故で業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電元会長の勝俣恒久被告(77歳)ら旧経営陣3人に対する初公判が30日、東京地裁で開かれ、勝俣被告は罪状認否で「今回の津波や事故の予測は不可能で刑事責任はない」と起訴内容を全面否認し無罪を主張した。
 脱原発を求めて毎週金曜日に東京・首相官邸前などで続いている抗議行動が5年を迎え、この日も官邸や国会前には数百人が集まり「再稼働反対」の声を響かせた。このデモ、2012年3月、当時の民主党政権が決めた関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働を阻止しようと市民団体などが始めたのがきっかけ。ピーク時には20万人が押し寄せた(大飯原発はその後2013年9月に停止したが、現在、日本では関電高浜原発=福井県高浜町=などで5基が動いている)。

 〈ひふみん〉の愛称で多くの将棋ファンから親しまれ史上最年長の現役プロ棋士として数々の記録を残し、今月20日に現役を引退した加藤一二三九段(77)が都内で記者会見。藤井聡太四段(14)に触れて「素晴らしい後継者を得た。大変すっきりした気持ちです」と語った。その後、夜のCBC〈NEWS23〉に生出演した加藤さんは「将棋は攻める時、受ける時と一瞬にかける点でサッカーに1番似ている。ローマ法王がアルゼンチン出身で私はタンゴが好きなので、アルゼンチンにぜひ行ってみたいです」などと語った。独特の風格は、愛らしさと郷愁さえ漂い、なんともいえなかった。

【きょうの一文・ことば】
「彼らがきちんと(津波対策などを)指示していれば、事故は防げたか、被害を小さくできたのではないか。東電はつぶれることもなく誰も責任を取っていない。それがまかり通るのか」(福島県大熊町から同県会津若松市の借り上げアパートに避難中の農業渡部隆繁さん、67歳)
「(公判の中で)勝俣恒久元会長らが避難者に対し、何を考えているのか話してもらいたい。事故被害の大きさを考えると、千年に一度の津波でも対策を取るべきだった」(福島県富岡町から避難し、いわき市の泉玉露仮設住宅に住む無職女性、54歳)。
「事故は三人だけの責任なのか。トカゲのしっぽ切りにしないでほしい。原発の甘い汁を吸っていた人はどうするのか」(富岡町から避難する無職鈴木征男さん、65歳)
=30日付中日夕刊『奪われた日常なぜ 福島からの避難者憤り 「問題点明らかにして」』の記事の中から。原発事故被災者の率直な声

【新聞テレビから】
☆『「これもエッ!はがき 戦前の変わり絵はがき展 江南市歴史民俗資料館7月31日まで 貝やビーズを貼った美しい絵はがきも』、『〈江南市〉 リサイクルステーション設置 分別して資源ごみに =江南市は6月から和田町旭の環境事業センターに設置したリサイクルステーションで資源ごみの収集を開始。持ち込みは、月~土曜(祝休日、年末年始のぞく)午前10時~午後4時まで。市内在住個人に限る』(30日付、尾北ホームニュース)
☆『〈ドキュメント72時間〉大型トラックの休憩所』(30日夜、NHK総合テレビ)
☆『原発事故初の刑事責任問う 東電元会長ら3人 「津波予測は不可能」 強制起訴 初公判』、『名古屋港 ヒアリ確認 環境省「発見したら通報を」』、『米、中国の銀行制裁「北朝鮮資金洗浄に関与」』、『稲田防衛相が謝罪 自衛隊発言 辞任重ねて否定』、『無痛分娩の女性死亡 男児も障害 神戸の医院「過失」』、『死刑囚、新たに殺人容疑 神奈川の男性不明 逮捕状』、『返礼は 「ゲーム出演」 ふるさと納税 高額限定でも即終了 各務原市』、『★長崎・壱岐で記録的大雨』、『〈目耳録〉(桐生)悠々の足跡(大久保謙司)』(30日付、中日夕刊)
☆『東電元会長ら無罪主張 原発事故 津波予見「不可能」』『〈解説〉業務上過失 立証厳しく【石山絵歩】』、『5月失業率悪化3.1% 求人1.49倍高水準続く』『東証が大幅反落 一時2万円割れ』、『米、中国の銀行に制裁 トランプ政権初 北朝鮮と違法取引』、『稲田氏が辞任否定 自衛隊発言「改めて撤回」と謝罪』、『米部隊の岩国移転容認 厚木から地元同意出そろう 山口知事』、『藤井四段と頭の体操将棋連盟がジグソーパズル販売』、『731部隊の父 覚悟の証言後世に 名古屋の元高校教諭が出版』、『特殊詐欺組長を提訴 使用者責任問い7億円賠償求め 東京地裁』『トップ追及 弱体化切り札』(30日付、毎日夕刊)
☆『藤井四段 疲れても 「授業に集中」(原順子)名大付属副校長 学校生活を語る』、『「無罪の日 早く来て」大崎事件 原口さん長女、最高検に要望書』、『★福原愛さんが妊娠』、『宙乗り 空から見ててね 海老蔵さん、勸玄君 安全祈願』、『加計「学園関係者ら購入」パーティー券取りまとめ 下村氏側に200万円』『下村氏 購入者明かさず パーティー券「法的問題ない」』『購入20万円以下は非公開 不透明さ見直し進まず』、『米直行便の検査強化方針 日本各社対応へ』、『大阪市籠池氏告訴へ 補助金2700万円余り詐取疑い』、『犯罪歴の削除二審も認めず グーグル検索訴訟』、『「お数珠頂戴」異例の休止 善光寺大勧進 貫主セクハラ問題などで』、『興正寺前住職を除名 高野山、実質的な僧籍剥奪』、『千種の車騒音解析研究者 3600万円脱税 国税告発』、『福岡県警巡査部長 妻殺害の罪で起訴 2児死亡の捜査継続』(30日付、中日朝刊)
☆『ニコニコ 教室の藤井君 祝福に照れ「ありがとう」 体乗り出し授業に集中』、『禁煙に「完全遠隔診療」面談なし薬配送 厚労省方針 治療機会広がる』、『下村氏、200万円受領認める 加計側 まとめ11者分 献金は否定 加計「献金ない」』『説明責任どこへ 200万円受領 下村氏「違法性ない」』、『稲田氏交代論高まる 自衛隊発言 与党内からも』『〈アクセス〉稲田防衛相なぜ続投 翌日辞任の今村氏と対照的…… 自衛隊根幹揺るがす発言』、『元米大教授 脱税疑い告発 3600万円 自動車コンサルで 名古屋国税 日本に拠点課税対象』(30日付、毎日朝刊)

六月二十九日
 九州長崎・壱岐地方を中心に雨、雨、雨が降り続いた。長崎で雨といえば、あの長崎大水害の現場取材を思い出す。多くの死者を出し、眼鏡橋が破損し雨が市全域にあふれ、家族は散り散りに。その危機を救ったのが長崎放送による家族の安否と消息を流す放送だった。「長崎市民救った長崎放送」の記事を現地から送り、もう何年になるか。
 「道がつづら折になっていよいよ天城峠に近づいたと思ふころ、雨脚が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓から私を追ってきた」と、川端康成の名作【伊豆の踊子】の一節が頭を駆け巡る。雨にもいろいろある。
        ☆        ☆

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39歳)と長男堀越勸玄ちゃん(4つ)が29日夜、東京・歌舞伎座で7月3日から始まる「七月大歌舞伎」で披露する宙乗りの安全祈願をする神事を行った。
 名古屋港の鍋田ふ頭コンテナターミナルで強い毒を持つ南米原産ヒアリ数匹が発見される。下村博文自民党幹事長代行が、党本部で会見、文部科学相在任時の2013、14年にパーティー券の購入代として学校法人「加計学園」の当時の秘書室長が持参した計200万円を受け取ったことを明らかにした。
 ナゴヤドームの阪神戦。ドラゴンズは2―0で勝ち、今季2度目の同一カード3連勝。少しずつ歩みはのろいが、昔のドラゴンズによみがえりつつある。

【きょうの一文・ことば】
 奔放な妻、腹心の友、そして今度は秘蔵っ子。頭痛の種は尽きず。その責任は誰に?
=29日付毎日夕刊〈近事片々〉より。まさにズバリ、単刀直入である

【新聞テレビから】
☆『〈県境ものがたり 伊賀・甲賀4〉土を究め時代切り開く 写真・横田信哉 文・飯盛結衣』、『所在不明児11都県に28人 愛知は1人 3人に虐待の恐れ』、『米行き全便の検査強化PC(パソコン)禁止見送り 日本含む105カ国』『中部など7空港から直行便』、『日中韓首脳会談見送り 中国、THAAD(高高度防衛ミサイル)配備で難色』、『「米韓同盟で北非核化」 文大統領、米訪問で演説』、『世界の作家100人署名 「中国は劉暁波(りゅうぎょうは)氏解放を」』、『「加計室長パーティー券代取り次ぎ」下村氏側に200万円 下村氏 学園の購入は否定』、『稲田防衛相罷免 民進が申し入れ』、『米映画アカデミー新会員 真田さんら候補に』、『環境省の元職員 除染汚職で有罪 福島地裁判決』、『8年前に期限切れの青のり使い料理教室 (名古屋市)西区、健康被害なし』(29日付、中日夕刊)
☆『涼味ごろん 飛騨メロン』、『劉暁波(りゅうぎょうは)氏の健診映像 中国、批判かわす狙いか』、『韓国大統領が訪米 就任後初の首脳会談へ』、『「龍馬暗殺」名誉回復を 後半生 地域振興にささげた今井信郎 静岡・島田 NPOが百回忌法要』、『〈チェック〉子ども向け図鑑進化中 写真鮮やか ノーベル賞受賞で注目』、『稲田氏自衛隊発言 野党、罷免要求強める 首相の責任追及』、『下村氏週刊誌報道を否定 「加計の政治寄付ない」』、『(英国の童話作家)M・ボンドさん死去 「くまのバディトン」91歳』、『西武投手コーチ 森慎二さん死去=多臓器不全のため福岡市内の病院で死去。42歳だった』、『「犬山祭」実は「知立まつり」 99駅 観光ポスターに誤り』(29日付、毎日夕刊)
☆『38年前大崎事件 再審決定 親族自白誘導の疑い 90歳原口さん「無罪勝ち取る」』『東芝が米WD(ウエスタン・デジタル)を提訴 半導体 売却妨害に対抗』『四日市工場に1800億円投資』、『稲田氏罷免4野党要求 自衛隊発言問題 首相は応じず』、『西武・森投手コーチ急死 42歳』、『〈福岡金塊盗・恐喝事件〉謎多くつかめぬ全体像 組幹部「口止め料」と金要求か 情報元は 金の行方は』、『犬山祭の写真…実は知立 愛知県発注 観光ポスター撤去』(29日付、中日朝刊)
☆『大崎事件 再審決定 79年の殺人 90歳の請求認める 鹿児島地裁』、『東芝、WDを提訴 半導体売却 妨害差し止め請求』、『〈現場報告 トランプと世界〉 ビザ取得祈る インド』『インドのIT技術者たち 実績作りに雇用の壁 ビザ取得規制に懸念』、『サイバー攻撃 チェルノブイリも被害 ウクライナ「露が仕掛けた」』、『韓国、原発工事を中断 2基 国民に判断委ねる』、『自衛隊発言 稲田氏 政権に再び痛手 4野党、罷免要求』(29日付、毎日朝刊)

六月二十八日
 鹿児島地裁がこの日、鹿児島県大崎町で1979年、当時42歳だった農業中村邦夫さんの遺体が見つかった「大崎事件」で殺人罪などに問われて服役した義姉の原口アヤ子さん(90歳)が裁判のやり直しを求めた第3次再審請求に対して再審開始を認める決定。有罪確定の根拠だった共犯者らの自白について「捜査機関の誘導で変遷した疑いがあり信用性は高くない」と冨田敦史裁判長。
 経営再建中の東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却を妨害したとして三重県四日市市の工場を共同経営する米ウエスタン・デジタル(WD)に対し、不正競争行為の差し止めの仮処分と1200億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴。

 民進、共産、自由、社民の野党4党首が東京都議選の自民党候補応援で「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい」と支持を呼びかけた稲田朋美防衛相の罷免を求めた声明を発表、安倍晋三首相は要求には応じず、続投させる考えだという。
        ★        ★

 なんだかドタバタ、ガタギシ、ギーギーと核心をはずれた〝政治屋ごっこ〟ばかりが続いている。そんな気がしないでもない。野党には、追及するならするで徹底抗戦をしてほしいのだが。本気でやるならやる、で方法はいくらでもあるはずだ。いつのまにやら、腰くだけ。気がついたら自民党ペースになってしまっているというのが、私の印象だ。
 政治家各位には、もっと本筋面で国民の真の平和を願った捨て身の論議を重ねてほしいのだが。言葉尻を取るなら取るで、息の根を止めることはできないのか。いつも何か失敗すると、鬼の首でも取ったような気でいる。ニンゲン、誰とて「つい、うっかり」の失敗はある。それを反省すれば、それでよいではないか、と思うのだが(ゴンタ、それでは甘すぎるぞ、の声もしっかり聞こえて来はする。でも)。ここは与野党ともに、もっと真剣に交わすべき論議があるのではないか。と。そんなことを思ってしまうのだ。
        
        ×        ×
 深夜未明。伝統の技・秘伝により醸し出された地酒。先日、大阪で友からいただいた伊豆の名酒「あらばしり」を味わいながら、ちょっぴり信長の氣に浸りながら、どこまでも書きつづける。ふと、またしても織田信長が首相だったなら。もっと一般大衆目線でよい政治を行うに違いないだろうナ、と思ったりする。【あゝ きつの―私はお類、吉乃と申します】の完成が目の前に迫った。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
「メディアまで(政権に)私物化されたら日本の民主主義が死んでしまう。その入り口に立っている」
=28日付毎日夕刊『〈熱血! 与良政談 与良正男〉再び「前川氏と読売報道」』の記事のなかで。専門編集委員の与良正男さんは、こう述べた

【新聞テレビから】
☆『〈県境ものがたり 伊賀・甲賀3〉 地元愛くノ一さっそう 写真・横田信哉 文・飯盛結衣』、『「大崎事件」再審認める 鹿児島地裁 38年前の殺人事件』、『脂肪の燃焼 ふなずし効果あり 持久力向上 長浜バイオ大確認』、『臍帯血無届け投与 停止命令 11医院 美容、がん治療うたう』、『東芝、株主から批判続出 株主総会 半導体売却 間に合わず』、『野党、防衛相の辞任要求 自衛隊発言 蓮舫氏「首相は罷免を」』『菅氏、辞任の必要性否定 稲田氏発言「しっかり説明済み」』、『「クリーンエネルギーに重要」 米エネ長官 原子炉開発に意欲』、『業務ソフト悪用ネット口座狙う 警察捜査被害数千万円か 美容室PC乗っ取り操作』、『フェイスブック 利用20億人突破』、『名東区エレベーター死亡事故 チェーンの緩みが原因』(28日付、中日夕刊)
☆『ラッコのパタ(雌)21歳の誕生日 大阪・海遊館』、『「ヒバクシャ」強く言及 核兵器禁止条約修正草案』、『東芝、株主総会で謝罪 半導体売却 契約間に合わず』、『稲田氏が撤回、辞任否定 自衛隊発言 野党は罷免要求』、『バカガイ密漁横行 伊勢湾・白塚漁港 4月以降20件 プロ関与か 漁師「死活問題」』『中国ウナギを「三河産」 偽装し提供容疑、2人逮捕 愛知県警』、『車椅子男性に階段上らす LCC(格安航空会社)バニラ・エア 「昇降機ない」理由に』、『街角のらもじ捕まえて 古い看板 いびつで色あせ味がある 山梨のデザイナー公開し人気』、『(アイドルグループ)「仮面女子」脅迫 容疑の男を逮捕 警視庁』(28日付、毎日夕刊)
☆『里見(香奈、25歳)(将棋の第28期)女流王位=中日新聞社主催=防衛』、『(新関脇の)御嶽海信州の魂を磨け 84年前の同郷関脇 高登の書 飾り幕に』『稀勢「左腕徐々に回復」 名古屋場所前に本社訪問』、『浜岡再稼働 不同意を明言 静岡知事「依存度低い」』、『「自衛隊としてお願い」都議選応援で稲田防衛相 法抵触か 批判相次ぎ撤回』、『旧引佐町から土地高額購入 浜松「丸順」2億5000万円所得隠し 名古屋国税局、寄付と判断』、『福岡金塊盗組幹部が恐喝 容疑で逮捕 1人から500万円 主犯格・野口和被告と共謀か』(28日付、中日朝刊)
☆『〈東海百景〉細く長く 職人の技 =愛知県安城市の製麺工場「みどりや麺店」で名物・手延べそうめん作りが最盛期を迎えている』、『臓器移植 断念12件 家族申し出 病院側に不備13~16年』『〈解説〉提供病院に高い壁 臓器移植断念 体制整備の議論を【渡辺諒】』『臓器移植法20年 ドナーの面影追う家族 「命」継いだ人に会いたい』『「提供誇れる社会に」』『国内待機厳しく いちるの望みかない感謝』『「生体間」際立つ日本 医療現場多忙、体制に不備』、『グーグルに制裁金3000億円 欧州委 過去最高額 独禁法違反』、『社長ら3人書類送検 長野バス事故 業過致死傷容疑など』、『都議選応援「自衛隊としてお願い」 稲田氏発言 後に撤回』、『出版界も藤井ブーム 書店に特設コーナー続々』『女流5冠=女流王座・女流名人・女流王将・倉敷藤花・女流王位= 里見守る 王位3連覇』(28日付、毎日朝刊)

六月二十七日
 午後、名古屋の大須へ。横笛の個人レッスンを受けるためである。 
 4月に文化庁の日本遺産に認定された〈忍者文化〉を世界に発信しよう、と三重県伊賀市と滋賀県甲賀市が連携して国内外に発信する「忍びの里伊賀甲賀忍者協議会」の設立総会がこの日、甲賀市であった。
        ☆        ☆

 来月9日から愛知県体育館で始まる大相撲名古屋場所に向けた力士の本格的な稽古が愛知、岐阜、三重の各県宿舎で一斉に始まった。このうち愛知県長久手市の田子の浦部屋宿舎では、5月の夏場所を途中休場した横綱稀勢の里が始動、新大関高安と15番胸を合わせた。高安の投げにあっさり土俵を割る場面もあったが、左四つからの力強い寄りも戻り、結果は9勝6敗だった。

【きょうの一文・ことば】
 やはり見たいファン心理。プロ野球オールスター戦に大谷選出。2カ月半休んでも存在感は揺るがず。
=27日付毎日夕刊〈近事片々〉から

【新聞テレビから】
☆『〈NHKスペシャル〉人工知能 天使か悪魔か 羽生善治が見る新世界』(27日夜、NHK総合)
☆『〈県境ものがたり 伊賀・甲賀2〉月夜にポンポコ…誕生 写真・横田信哉 文・飯盛結衣』『忍者の里を世界に発信 伊賀、甲賀が協議会』、『大相撲名古屋場所 (横綱稀勢の里と新大関高安)両雄始動』、『藤井四段 連勝もっともっと 地元の愛知期待 「対局のたびに洗練」』、『高校球児に成長の味を 浅尾投手大学時代の女房役 =高校講師忠内紀尚さん(33)=監督に 愛知大会三谷水産率いる』、『ひとり親世帯では半数超 子ども 7人に1人貧困 12年ぶり改善も高水準』『〈解説〉雇用以外の視点が必要(共同・市川亮)』、『SNSで性被害 注意 警察庁など 中高生向けに冊子』、『危険ドラッグ所持 京都新聞記者逮捕 「使用目的」容疑認める』、『★日経新聞に(社員に違法な時間外労働をさせていたとして、東京の中央労働基準監督署が)是正勧告』(27日付、中日夕刊)
☆『「相馬野馬追」へ日の出とともに=福島県相馬地方の伝統行事「相馬野馬追」が7月29日から始まるのを前に南相馬市の烏崎海岸で騎手たちが日の出とともに馬を駆り、練習に励んでいる』、『「藤井君 もっと勝って」地元愛知 膨らむ期待』『米入国禁止一部容認 連邦最高裁 秋以降に最終判断』、『北方領土調査へ 出発 官民69人 日露経済活動 地ならし』、『法学者の「毅然」今こそ 我妻栄に共感広がる 改憲派に反論 友人・岸元首相に忠告』、『タカタ 株主厳しい目 民事再生法 申請翌日の総会』、『子どもの貧困改善13.9% 雇用回復 なお高水準 16年調査 ひとり親世帯50%超』『〈解説〉細かく実態把握を』、『65年届けた喜び6000足分 名古屋の靴職人・後藤さん(後藤保行さん、79歳) 木型から手作り「ぴったり」』(27日付、毎日夕刊)
☆『藤井四段29連勝 14歳、30年ぶり新記録』『怒涛の攻め 劣勢はね返す「単独1位 特別な感慨ある」』、『タカタ負債1兆7000億円破綻 消費者保護大きな課題』、『米入国禁止令、一部執行へ 最高裁、最終判断まで容認』、『厚労省推計、助成提言 がん治療前の卵子凍結保存 希望者、実施数の10倍』(27日付、中日朝刊)
☆『藤井四段 未到29連勝 30年ぶり新記録 人間ゆえの魅力 自分でも信じられぬ』、『〈生きる〉支援のバトン谷村さん継ぐ』『「一緒に歌い、楽しんで」谷村さん、森山さん 子どもたちと楽屋で交流』、『青酸殺人初公判 否認 全面対決の構図 筧被告「弁護士に任せた」』、『タカタ破綻 負債1.7兆円 民事再生法申請 米資本で再建へ』(27日付、毎日朝刊)

六月二十六日
 日本中が将棋、将棋に染め抜かれた歴史的な日となった。
 街には号外が飛び交い、テレビ、ラジオは【藤井聡太】【藤井聡太】とアナウンスの声が1日流れ、地元瀬戸市や市民どころか日本という日本が歓喜に包まれた、そんな胸がわくわくする1日でもあった。
 14歳の少年が巻き起こした将棋フィーバーを見る限り、ニッポンは平和だ。
        ☆        ☆

 昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り、先日引退した加藤一二三・九段(77歳)の14歳7カ月の最年少記録を更新した将棋の藤井聡太四段(14歳)=愛知県瀬戸市、中学3年生=。
 その最年少プロ棋士が26日、東京・渋谷区の将棋会館であった竜王戦決勝トーナメントで同じ10代棋士、増田康宏四段(19歳)を破って公式戦歴代最多の新記録となる29連勝を達成、神谷広志八段(56)が1987年に樹立した大記録を30年ぶりに塗り替えた。
 藤井四段の次戦は7月2日。同じ竜王戦トーナメントで佐々木勇気五段(22)と対局する。
       
 欠陥エアバッグのリコール(無料の回収・修理)問題で経営危機に陥ったタカタがこの日午前、東京地裁に民事再生法の適用を申請し受理された。こんごは米国企業の支援を受け事業を継続しながらの再生手続きが進むが、米国だけで11人もの死者を出した欠陥エアバッグ問題は、裁判所の管理下で負債額の確定・弁済が行われることとなった。

        ×        ×
 舞の母親が亡くなり、1週間。昼間、舞を誘って回転寿司へ出向いたところ、なんと以前、社交ダンスで大変お世話になったヒデさんとばったり出会った。ヒデさんは体調を崩され、現在は病気療養中の身。ダンスはやめておいでだが、お元気そうで久しぶりに話が弾んだのである。夕方、机に向かっていると舞が「いこうよ」というのでハイハイと〈エデンの東〉へ。マンノを手にふたりで雑草を除去。帰って再び書き始める。
 それにしても、藤井聡太とは。大変な棋士が出てきたものだ。
       ×        ×

【きょうの一文・ことば】
(連勝記録は)想像できなかったことで、非常に驚いています。単独1位になれたのは、自分でも特別な感慨です。記録は、いつかは破れてしまうものなので、自分としては連勝を意識せず、もっともっと実力を高めタイトルを狙いたい。
=将棋の公式戦で歴代最多の新記録となる29連勝を達成したあとの記者会見で。藤井聡太四段は淡々と。僅かに頰を紅潮させ、恥じらいを浮かべてこう言い切った

【新聞テレビから】
☆『タカタが破綻 負債 1兆7000億円、再生法申請 欠陥エアバッグ 製造業、戦後最大』『トヨタなど 回収不能 1兆円超か』『〈解説〉改修は7割どまり リコール完了急務(東京経済部・妹尾聡太)』、『藤井四段新記録懸け対局』、『連続青酸事件初公判 筧(千佐子、70歳)被告 無罪主張 四つの事件「全て争う」』『結婚相談所で 高収入男性探す 10人以上と結婚や交際』、『女性強殺 被告が殺意否認 名古屋地裁初公判 強盗致死を主張』(26日付、中日夕刊)
☆『29連勝期待の熱気 藤井四段対局会場に列 新たな垂れ幕用意 瀬戸市』『高い好感度の背景は? 謙遜するが強い/格差社会に実力突破』、『タカタ民事再生法申請 負債1兆円 製造業最大 米社支援で基本合意』『〈解説〉リコール8年半 なお途上【和田憲二】』、『大一番は10代対決 29連勝かけ藤井四段』、『円111円台前半』、『見た目も斬新 世界の新種トップ10 帽子形クモ ピンクのキリギリス』、『青酸殺人 無罪主張 筧被告「全て争う」京都地裁初公判』『高齢男性に孤独感 「後妻業」作者 黒川博行さん』(26日付、毎日夕刊)
☆『名古屋場所を熱く 力士ら200人到着』、『サニブラウン2冠 200も制す』、『タンクローリー炎上146人死亡 パキスタン 漏れた石油持ち帰ろうと犠牲か』、『長野南部で震度5強』『朝食時間帯揺れ襲う 長野「必死 流し台つかまった」』、『愛犬救い出そうと踏切に… 岐阜 准教授はねられ死亡』、『定光寺に山林回復指示 違法開発で愛知県』、『保育士に心のケア必要27% 全国施設調査 58%体制整わず』(26日付、中日朝刊)
☆『〈17都議選〉投票先決定者 都民フ27%自民26% 本社世論調査未定は57%』、『「相撲列車」で名古屋入り』、『サニブラウン2冠』、『医療事故 リピーター医師27人 13~16年度 日医、指導・勧告』『〈解説〉実効性・透明性に課題【熊谷豪】』、『福島・震災時決壊、湖底で発見 奇跡のあじさい帰る』、『弥富の着付け師開発 振り袖、10分でドレスに』、『秘書への暴行 豊田(真由子)氏 麻生氏 「あれ 女性ですよ 女性』(26日付、毎日朝刊)

六月二十五日
 午前7時2分ごろ、布団のなかでグラリ、グラグラッと揺れを感じ、飛び起きる。幸い、わが家は大丈夫だ。雷が鳴ると、いつもどこかに隠れる愛猫シロちゃんが意外にも何事もなかったように落ち着いて寝たままで、どこかほっと安心する。
 まもなくラジオから「長野県王滝村と木曽町で地震がありました」の速報が繰り返し流れ始めた。刻々と流されるニュースによれば、震源は長野県南部、震源の深さは7㌔、地震の規模はマグニチュード(M)5・6だと分かった。その後の調べで、王滝村と木曽町、上松町で住宅20棟が一部損壊、山間部では道路への落石が相次いだが大事には至らなかった。
       ★        ★

 サニブラウン・ハキーム(東京陸協、18歳)がこの日大阪市のヤンマースタジアム長居であった陸上世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権で前日の100㍍に続いて200㍍でも20秒32で初制覇。2003年の末續慎吾(当時ミズノ)いらい14年ぶりとなる100㍍との2冠に輝いた。

        ×        ×
 1日じゅう執筆を続ける。時折心配顔で愛猫シロちゃんが私の部屋に入ってきては目で何かを訴え、自分の定位置にかえってゆく。そんなことの繰り返しに。夕方、小雨ふるなか、舞の「いくよ」の声に促され、畑〈エデンの東〉へ。スイカは先に3つ植えた苗のうち、1つがダメになっていた。案の定、草も生えてきてはいたが、本日は見回っただけで退却する。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
「ここは通過点と考えている。これを自信として、世界選手権でいい結果を残せるようにしたい」「自分が一番になれたらうれしい。9秒台で走れたら気持ちいいだろうな」。
=25日付中日朝刊『主役はサニブラウン 男子100㍍V 10秒05 好条件なら 膨らむ期待』の記事の中で。男子100㍍決勝で優勝した18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)はこう話した

【新聞テレビから】
☆『核兵器禁止条約いよいよ実現へ 「国連会議」7月7日採択に期待 人類最大の脅威 ヒバクシャ署名296万筆 日本政府不参加』(6月25日号、しんぶん赤旗日曜版)
☆『雨の激走10秒05サニブラウンV』、『弥富金魚被害157万匹(一緒に養殖するメダカも含め) 業者9割「野鳥の食害」』『組合が調査 対策支援要請』、『自民改憲案 秋国会に提出 自衛隊を明記、前倒し表明』、『公務員定年 延長議論へ 政府 来秋にも改正案提出』、『〈サンデー版大図解〉セーリング=2020年東京オリンピック・パラリンピックでメダルが期待される470級などセーリングの見どころを紹介』、『〈読む人〉北海タイムス物語 増田俊也著(新潮社・1836円) 地方紙の苛酷な労働実態(評者 千街晶之=文芸評論家)』(25日付、中日朝刊)
☆『注目10代対決 藤井四段29連勝なるか 新記録かけ あす竜王戦』、『米元大統領の訪朝要求 北朝鮮、拘束解放条件 米拒否し実務者派遣』、『「平昌」南北チームで 文大統領 IOC(国際オリンピック委員会)に協力要請』、『自民改憲案 年内提出へ 首相明言 衆参憲法審に』、『バイオリンの河井さん=東京都千代田区立九段中等教育学校3年の河井勇人さん=優勝 国際コン・14歳』、『〈Sストーリー〉島を守る「師弟」の絆―香川・豊島 産廃撤去の闘争』『豊かな島取り返す 中坊弁護士との約束支えに 「闘うか」問われ結束』『「俺の分も見届けてくれ』(25日付、毎日朝刊)

六月二十四日
 前線の影響で九州を中心に西日本では各地で激しい雨の1日に。
        ★        ★

 ♪われは湖(うみ)の子 さすらいの 旅にしあれば しみじみと……
 ことしは旧制第三高等学校水上部(現京大ボート部)クルーが琵琶湖周航のため1917年6月28日に滋賀県今津の宿で当時1年生だった小口太郎が作詞した詩を〈ひつじぐさ(吉田千秋作曲)〉のメロディーで歌い始めて、ちょうど100年。
 ということで節目の日を前に24日、京大ボート部のOBが大津市の瀬田川を午前5時に出航し117人が交代でボートに乗り7つの歌碑を訪ねる〈琵琶湖周航の歌〉の【なぞり周航】が始まったという。
 琵琶湖岸の滋賀の都・大津には、かつて3年余過ごし何かと、この歌を仲間たちとうたう機会も多かっただけに、とても懐かしい。

 24日夜。大阪のヤンマースタジアムであった陸上日本選手権100㍍決勝は、サニブラウン・ハキーム(東京陸協)が10秒05をマークして初優勝。2位多田修平(関学大)、3位ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、4位桐生祥秀(東洋大)の順位だった。東京ドームでの中日×巨人戦。中日は今季最多の17安打で8点を奪い8―2で快勝し、4連勝。今季の通算成績を30勝36敗に。5割まで、あとひと息である。がんばれっ!
 三重県志摩市磯部で国の重要無形文化財で日本三大御田植祭のひとつ、伊雑宮の御田植祭が御料田で催された。早乙女による神事に先立ち、上半身裸の男たちが泥んこになって竹を奪い合う竹取神事がことしも豪快に行われ、豊漁と豊作が祈願された。これまた、かつて泥を全身に受けながら取材した体験を忘れられない。それだけに、懐かしい。

【きょうの一文・ことば】
「息を引き取る瞬間、私は見ていた。『愛してる』と言って旅立ちました」
=24日付中日朝刊『最期に「愛してる」 小林麻央さん、海老蔵さんに』の記事のなかで。乳がんで闘病中だったフリーアナウンサーで妻だった、小林麻央さんの死(享年34歳)を受けて23日午後、都内で開いた会見の席で。海老蔵さんは、こうのべた
※海老蔵さんによると、22日の公演と稽古のあと、麻央さんの母親からの連絡で「具合が悪い」と知り、急いで帰宅。長女麗禾ちゃん(5つ)、長男勸玄ちゃん(4つ)、麻央さんの両親と姉でフリーアナウンサーの小林麻耶さん(37)らとみとったという。

【新聞テレビから】
☆『市民困窮』『〈でらサタ〉快進撃28連勝 藤井四段の道 八つの頂――重圧桁外れ、一生を懸けた夢 (文化部・岡村淳司)』、『「サイバー爆弾」でロシアに報復計画 オバマ氏、退任直前に承認』、『TPP(環太平洋連携協定)米離脱で著作権切れ 人気者プーさん 新訳ラッシュも ディズニー原画は保護残る』『ひっそり進化中「世界の新種トップ10」 ハリポタ帽子、ピンクの葉…正体は?』、『土砂崩れ100人生き埋め 中国・四川』、『「笑顔ありがとう」「勇気忘れません」 小林麻央さん ブログ追悼やまず 連日舞台海老蔵さん「ママもやります」』、『〈大波小波〉1990年の新人新聞記者 (現役)』、『〈紙つぶて〉「最終回」 内藤理恵子(宗教学者、コラムニスト)』(24日付、中日夕刊)
☆『さあ、出発 琵琶湖就航なぞり』、『〈東海百景〉初夏彩るオレンジ =岐阜県高山市高根町の子ノ原高原のレンゲツツジが鮮やかなオレンジ色の花を咲かせている』、『対露「サイバー爆弾」承認 米オバマ氏退任前 選挙干渉に報復』、『難民流入 年127万人 ウガンダに398億円支援 連帯サミット 国連、資金枯渇を警告』『食糧不足600万人 南スーダン危機拡大』、『モスル奪還 「時期近い」 有志連合』、『北朝鮮の新聞で靴包み拘束か 解放後死亡の米学生』、『グーグル Gメール分析中止 個人用、年内に プライバシー配慮』、『平和の風が吹く日まで 沖縄戦「さとうきび畑」発表50年 田代美代子さん(73歳) 作者遺族ら歌い継ぐ』、『プラズマで健康イチゴ がん予防効果増 名大発表』(24日付、毎日夕刊)
☆『東芝 8月東証二部降格 名証も 有価証券報告は延期』、『慰霊の日 沖縄の怒り 知事「辺野古阻止へ不退転」』『慰霊の日「基地」で火花 沖縄と国 広がる距離』、『★日本人初、洪教授を選出 =ニューヨークの国連本部で22日、「国連人種差別撤廃条約」の締約国178カ国の履行状況を監視する人種差別撤廃委員会の委員選挙があり、南山大の洪恵子教授(51)が132票を獲得し当選した。日本人が同委員になるのは初めて』、『小池氏勢力 過半数が焦点 都議選告示 自民と対決』、『「萩生田氏文書は事実」 加計問題で前川氏「鍵は泉補佐官」』、『最期に「愛してる」 小林麻央さん、海老蔵さんに』『乳がんで闘病 日々ブログに』、『ごみから2000万円 処理施設 5人盗む 奈良、容疑で書類送検』(24日付、中日朝刊)
☆『都議選告示 各党、国政を意識 演説「政策」少なく』、『辺野古容認できない 沖縄慰霊の日 知事改めて反対』、『がんと闘う姿 飾らず 発信 小林麻央さん死去 ブログ読者258万人 海老蔵さん妻 34歳』、『初の立葵は藤沢が獲得 女流囲碁3冠に=囲碁の会津中央病院・女流立葵杯決勝3番勝負第3局が23日、東京・市ケ谷の日本棋院で打たれ、藤沢里菜女流本因坊(18歳)がタイトルを獲得。藤沢はこれで、本因坊、名人、立葵と3冠となった』、『前川氏改めて政府批判 「加計問題 首相自ら説明を」』『メディアに疑問、不安』、『〈森友疑惑 追及〉用地取得 昭恵氏の影』、『「後妻」事件状況証拠焦点 京都地裁 青酸連続殺人26日初公判 裁判員裁判 審理135日間に』(24日付、毎日朝刊)

六月二十三日
 沖縄が戦後72年目の「慰霊の日」を迎え、糸満市摩文仁の丘の平和祈念公園で沖縄県主催の沖縄全戦没者追悼式が開かれ、平和への誓いを新たにした。
 このうち沖縄県立宮古高校3年上原愛音(ねね)さんは、追悼式のために平和の詩【誓い~私達のおばあに寄せて】を書き上げ「誓おう。私達はこの澄んだ空を二度と黒く染めたりしない。/誓おう。私達はこの美しい大地を二度と切り裂きはしない。/ここに誓おう。私は、私達は、この国は この世界は きっと愛しい人を守り抜くことができる。/この地から私達は 平和の使者になることができる。……」と朗読した。
        ★        ★

 任期満了に伴う東京都議選(定数127)が23日告示され、259人が立候補。交流戦を終えたプロ野球はこの日、セ、パのリーグ戦が再開され、ドラゴンズは東京ドームで巨人と対戦し1―0で勝ち、交流戦から3連勝。岩瀬が3年ぶりのセーブで、順位も4位に浮上した。
 歌舞伎俳優市川海老蔵さん(39歳)の妻で、乳がんと闘病中だったフリーアナウンサー、小林麻央さん(34歳)が22日夜、都内の自宅で死去。「人生で一番泣いた日です」「マスコミの方々もお察しください。改めてご報告させていただきます」とは、自らのブログのなかで海老蔵さん。おつかれさまでした、麻央さん ――合掌

【きょうの一文・ことば】 
 歩はいつか金になり飛車はいつか銀になる
 開始から6時間47分 そっとそっと駒をおきました
 まっ、ほんとに運がよかった
 藤井聡太四段 14歳 
 君のゆく道は果てしない 
 それでも おだやかにほほえんで
 大きな志で
 どこまでも どこまでも
 =23日夜の東海テレビ特番『藤井聡太14歳 28連勝 最年少中学生プロ棋士 小学生時代から密着!』のなかで。荻原欽一さん、欽ちゃんはナレーションでこう語りかけた
 
【新聞テレビから】
☆『藤井聡太14歳 28連勝』(23日夜、東海テレビ)、『ノ―ナレ「ミアタリ」 街に潜む逃亡犯を捜せ 検挙数トップの伝説の刑事』(23日夜、NHK総合)
☆『72回目 「慰霊の日」 「辺野古阻止へ不退転」 沖縄知事が宣言』『【沖縄「慰霊の日」】7歳で孤児 癒えない心 砲撃かばった母は死んだ』『「平和のため行動できる」 高3・上原さん 詩朗読』、『小林麻央さん死去 34歳 乳がん闘病2年8カ月』『闘病生活ブログでつづる 終わり見えるなら休んでなんかいたくない 子供たちにとって強い母でありたい』『闘病 家族愛 最期まで 麻央さんブログ共感呼ぶ 登録読者250万人』『海老蔵さんと二人三脚 長女5歳、長男4歳』、『小池氏勢力と自民激突 都議選告示 258人立候補』、『仏の新設文学賞 福島の詩人受賞 和合(亮一)さん 大震災題材』、『電通を略式起訴へ 違法残業 東京地検、社長ら聴取』、『文学は必要か 問いは無意味 中部ペンクラブで辻原登さん』『「確かな目に元気づけられる」 文学賞・山口馨さん』(23日付、中日夕刊)
☆『赤ちゃんパンダ 女の子 上野動物園』、『岩国市長受け入れ表明 厚木から米艦載機部隊』、『小池都政を問う 都議選告示 256人届け出 来月2日投開票 築地・五輪費用・新党 「加計」問題も影響』、『72年 沖縄祈り 戦没者 「慰霊の日」』『沖縄慰霊の日 地獄の記憶 語らねば 81歳 肉親悼み決意』、『新幹線停電を陳謝 JR東海副社長』『架線修復が完了 通常速度運転に』、『小林麻央さん死去 海老蔵さんの妻 乳がん闘病 34歳』、『兵庫の北村さん=兵庫県立芦屋国際中等教育学校1年の北村陽さん(13歳)=国際コン (カザフスタンの首都アスタナであった第10回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール)で優勝 チェロ部門』(23日付、毎日夕刊)
☆『「加計」臨時国会を要求 4野党 公明 「閉会中審査を」』、『省庁人事握る萩生田氏 トップ兼務「報復」懸念も』、『「秘書に暴行」離島届 自民・豊田真(由子)氏』『官僚時代も部下を叱責 豊田真議員 仕事熱心な半面』『園遊会でもトラブル 母親同伴 入場拒否され』、『空のハンター子ジカを襲う 伊吹山、イヌワシ』、『税務署員が情報漏えい 元同僚に 名古屋国税が懲戒処分』、『クマに顔かまれ高山で82歳けが』(23日付、中日朝刊)
☆『戦争の痛み忘れぬ きょう沖縄慰霊の日』『大田元知事に平和誓う きょう沖縄慰霊の日 生き延びた人々 続く地獄の記憶』、『「被爆者」言及の公算大 核兵器禁止条約 前文修正案に残る』、『ミンダナオ戦闘 長期化 比戒厳令1カ月 死者360人 過激派同士が協力』、『世界人口予測 2100年に112億人 国連報告書』、『(サウジアラビアなどアラブ諸国がカタールと国交断絶したことについて)カタールと断交 トルコ外相批判』、『教育無償化年内に方針 政府 今夏に有識者会議 財源確保など議論』、『野党、早期の臨時国会要求 「加計」政府・与党は消極的』『〈解説〉憲法規定に抜け道【西田進一郎】』、『都議選きょう告示』、『豊田議員秘書に暴行 暴言テープも 自民に離党届』(23日付、毎日朝刊)

六月二十二日
 大きな嵐が音をたてて過ぎゆく、そんなドラマチックなここ数日間だった。

 3年ほどの間、自社ビル5階自室で義兄の献身的な介添えで寝たきりでいた舞のおかあさんが、19日に老衰で96年2カ月余の人生をとうとう閉じられた。舞を産んでくださった天下の母である。何かと確執はあったが、いまは【お安らかに】以外に言葉は浮かばない。
        ★        ★

 そのおかあさんで一番頭に残っていることは、といえば、駆け落ちで舞と一緒になってまもないころの三重県志摩半島での1件である。私は26歳、舞は20歳だった。私と舞が阿児町鵜方(現志摩市)にあった新聞社通信部で生活を始めてまもないころ、私は彼女から舞に送られてきたトラック1台分の家財道具を若気の至りもあって、そっくりそのまま開くことなく、送り返した。
 同情とか、手助けとか。そんな見せかけなど、これっぽっちもほしくない。それよりも、ふたりで〈道なき道〉を切り開いていくのだ、と判断したからで我ながら大胆な行動に出たのである。それからしばらくしたある日。通信部建物がドーンと大音響をたて大揺れしたので「地震か」と思って2階自宅から階下におりると、大型トラックが1階事務所に半分食い込むように突入していたのには驚かされた。
 あのときは家財道具をそのまま送り返した神の祟りか、と真剣に思ったりもした。以降、舞は自ら固く心に誓った約束を頑なに守り続け、生まれ育った家の門をくぐることは一切なかった。30年たち、長男の結婚が決まったとき、初めておかあさんを訪ねた時には、ふたりとも抱き合ったまま涙があふれるばかりで、離れようとしない。
「よお、ここまで頑張ったなあ。ようやった。ほんとうに、よくやった」と言いながら舞をひしと抱きしめたまま、30~40分は、そうしていただろうか。あのときの抱擁は永遠に忘れないだろう。舞は強い意志を貫き、おかげで三人三様とはいえそれぞれ素晴らしいわが子にも恵まれた。おかあさんにとっては、それが何よりの嬉しさ、自慢だったのかもしれない。
 おかあさんの寝顔はまさに仏、母子家庭のギャップをはねのけキャリアレディーの走りとして女手ひとりで自ら事業を立ち上げ、義兄の助けもあってここまで夢中で自分勝手に突っ走って見事、本懐を遂げたのである。 合掌―

 旅立たれたおかあさん。最後の別れを告げる舞。棺を閉じる直前、飼い猫でひと足先に逝った〈ねね〉など大好きだった猫のポスターも添えられた
 20170621_102729
 20170621_103907

        ×        ×
 きのう。21日。葬儀を終えた私は、以前から約束していた友との文学談義を兼ねた食事会に大阪難波へ。豪雨の影響もあって新幹線名古屋駅でだいぶ待たされ、約束の時間に少し遅れて到着。帰りは、その友の勧めもあって新幹線は止めて難波で近鉄名古屋行き終電に乗車。名駅の名鉄犬山線可児行き終電に滑り込みセーフでまにあった。もし新幹線にしていたら、停電による運転見合わせに巻き込まれ列車内宿泊もありえた、際どい大阪往復となった。帰宅したらスマホに「新幹線、動いていないようです。近鉄にして良かったですねぇ」との優しいメールが入っており、胸をなでおろしたのである。

 おかあさん。いやはや、私も大変な数日間、嵐のような日々でした。舞からは「こんやはどこかへ泊まってください。とにかくいろいろと疲れました」とのメールを受けていたが、ここは彼女のためにも帰るべきだ、と判断し帰ってよかったと思っている。というわけで、きょうは舞の墓参りなどのアッシーを務めることができた。
 それにしても。おかあさん。最後まで嵐、嵐の生涯でしたよね。時には憎しみ合いもしました。やすらかに休んで、未知の天国でまた再び、偉大な女性として羽ばたいてください。
      
 舞のおかあさんの死。ひとつのドラマはこうして終焉となったのである。ありがとう。おかあさん。おつかれさまでした。さいごまで互いに勝手のし放題でしたよね。いろいろありましたが、舞だけは、しっかり守ります。心配しないでください。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
 ここまで連勝できるとは夢にも思わなかった。本当に運が良かった。うれしい気持ちはあるが、それに浸ってばかりではいけない。実力が足りないと感じている部分も多々ある。そういうところを直してもっと強くなれるよう精進したい。(藤井聡太四段)
 こういう日が来るかもしれないと考えていたが、まさかデビューから無敗で並ぶ人がいるとは夢にも思わなかった。将来のスーパースターと一瞬でも肩を並べることができ、とても光栄だ。(神谷広志八段)
=22日付中日『藤井四段最多タイ28連勝 公式戦14歳30年ぶり快挙』の一連の紙面の中から。史上最年少の中学生プロ棋士藤井四段は「もっと強くなれるよう精進したい」と。自ら持つ連勝記録28連勝に並ばれた神谷八段も「将来のスーパースターと肩を並べることができ、光栄だ」と語った

【新聞テレビから】
☆『〈県境ものがたり 伊賀・甲賀1〉家康を守った忍者の里 写真・横田信哉 文・飯盛結衣』、『1500人列車内で一夜 新幹線停電 5万人に影響』、『やむを得ず銃殺 集落焼き払う シベリア出兵克明 岐阜の男性手記残す=手記を書いたのは岐阜県坂内村(現揖斐川町)出身で76年に84歳で亡くなった田辺和市さん。18―20年に臨時海軍派遣隊で渡ったシベリアを中心に11年余りの軍隊生活を記録し、晩年に「東西南北」と題した36巻の手製の冊子にまとめた。孫の和政さん(60)ら遺族が保管していた』、『公立校高入試 全県1区制に 岐阜県、来春受験から』、『加計の閉会中審査 公明代表 「検討」を』(22日付、中日夕刊)
☆『新幹線停電5万人影響 高槻でトロリー線断線』『車内で 一夜ぐったりと 名古屋駅で514人』『就活の大学生寝ずに学校へ 博多』、『野党、臨時国会午後要求 「加計」安倍政権を追及』、『風邪薬に 無届け成分 原薬会社(和歌山市の原薬メーカー、「山本化学工業」)出荷自粛 行政処分へ アセトアミノフェン 中国製混ぜる』、『米「日本、牛肉譲歩を」 USTR(米通商代表部)代表 関税下げ念頭か』、『NY原油42㌦台 10カ月ぶり安値』、『モスル奪還 最終局面 イラク軍「IS(過激派組織「イスラム国」)が象徴爆破」』、『「北朝鮮 国民を餓死させねば」 (谷本正憲)石川知事』、『香山さん=精神科医、香山リカさん=講演 妨害予告受け中止 東京・江東区の社福協』、『■Topics歴史・時代小説 新人の力作目白押し 多彩な設定光る描写【内藤麻理子】』、『星へ案内 戦前に女性活躍 京都で資料発見「東日天文館」様子詳細に』『少年少女のあこがれ 川崎の男性 60年現役、解説員』(22日付、毎日夕刊)
☆『藤井四段最多タイ28連勝 公式戦無敗 14歳30年ぶり快挙』『6歳の夢「しょうぎのめいじん」』『藤井四段28連勝 14歳新たな飛躍』『希望の光に成る 入門者殺到☗駒や盤 品薄』『名駅、栄に本紙号外』『藤井四段・一問一答「一喜一憂せず日々頑張っていきたい」』『母・裕子さん 「連勝ここまで続くとは」』『祝福のファン100人超集まる 大阪・将棋会館』、『新幹線停電6本立ち往生 大阪で架線切れ 未明に運転再開』『夜の名駅 怒号、困惑 新幹線停電 足止めの利用客ら』、『愛知県体育館移転新築 アジア大会までに 名城公園有力』、『患者取り違え胃切除 東海市の公立病院 胃潰瘍をがんと』(22日付、中日朝刊)
☆『藤井四段 最多タイ28連勝 14歳デビュー無敗』『「ツキがあったのかな」藤井聡太四段の話』『〈解説〉群抜く「集中力」「読み」【山村英樹】』『地元・瀬戸 全身が震えるよ 藤井四段を幼少期に指導した文本力雄さん(62)』『母「お疲れさま」 東海テレビがあす特別番組』、『日米韓連合 優先を決定 東芝、半導体売却交渉』、『豪雨 東海各地で影響 三重、愛知で避難勧告』(22日付、毎日朝刊)

六月二十一日
 昼が1年でもっとも長い夏至である。
 三重県伊勢市の二見興玉神社では、朝日を浴びて海でみそぎをする夏至祭が雨のなか、営まれ、白装束を身にまとった男女が海に入り心身を清めた。
        ☆        ☆

 最年少の将棋プロ棋士、藤井聡太四段(14)=愛知県瀬戸市、中学3年生=が21日、大阪市の関西将棋会館で行われた対局で澤田真吾六段(25)=三重県鈴鹿市=に勝ち、公式戦の連勝記録を歴代タイの「28」にした。この日、新幹線は東海地方を襲った雨の影響で各地で大幅な遅れが相次いだばかりか、夜に入り、京都―新神戸間で停電が発生、未明にかけ新幹線が立ち往生する事態となった。
 いやはや、いつ何時、何が起きるか知れたものでない。

【きょうの一文・ひとば】
 加藤先生の迫力ある指し手を体感できたことは僕にとって大きな財産になります。これからもさまざまな方面でご活躍される事を楽しみにしています。
=21日付毎日朝刊『加藤九段 引退決定 現役生活 通算1324勝1180敗』の記事のなかで。藤井聡太四段の加藤九段引退に対することばは、〈対戦は大きな財産〉でしたーというものだった

【新聞テレビから】
☆『28連勝へ対局始まる』『藤井四段 教室は別人 名大付属中 友人、担任語る 鉄道好き/休み時間 宿題』、『東芝、日米韓連合と交渉 半導体売却先で決定』『同意なしの売却WD(米ウエスタン・デジタル)』『〈解説〉破断の恐れ消えず(東京経済部・伊藤弘喜)』(21日付、中日夕刊)
☆『大学新テスト 英語民間試験 公立高で 全国一斉 公平性狙う』、『藤井四段、歴史に挑む』、『ベルギー爆弾テロ ブリュッセル 容疑者死亡 負傷者なし』(21日付、毎日夕刊)
☆『大分で震度5強』、『〈77歳歩み投了 棋道脈々と 14歳金字塔へ〉『77歳 加藤九段引退』『63年「幸せな棋士人生」 加藤九段引退 通算2505局 歴代1位』『「衰えない情熱 規格外」 羽生王位ら称賛の声』『藤井四段「全力尽くす」最多28連勝へ きょう東海対決』『20戦目に辛勝 鈴鹿の澤田六段と』、『伊勢「神宮祭主」に黒田清子さん就任 天皇陛下の長女』、『「官邸やると言っている」 加計 萩生田氏が調整か』『新文書 本人は否定』、『豊洲に移転 表明 小池知事 築地売却せず再開発』、『待機児童ゼロ 継続黄信号 名古屋 賃貸型保育事業応募伸びず』、『夏目勝弘さん死去 「青い目の人形」研究』(21日付、中日朝刊)
☆『加藤九段 引退決定 現役生活62年 通算1324勝1180敗 対戦大きな財産(藤井聡太四段の話)』、『加計ありき鮮明 萩生田氏「総理が期限」 文科省文書 特区決定前発言』『萩生田氏は否定』『新文書「記憶曖昧」文科省会見 幹部が弁明 身内は失望』『萩生田氏「首相と加計氏の間柄 最近知った』『4年前に親密関係? 3ショット』、『豊洲移転 築地にも市場機能 小池知事表明 5年後めど』『「折衷案」歯切れ悪く 築地にも市場機能 小池知事が会見30分で打ち切り』『関係者 戸惑い・疑念』、『認可保育所 賃貸式追加募集へ 名古屋市 事業者の応募低調』(21日付、毎日朝刊)

六月二十日
 このところ雨無しで、ひでり状態だった九州が大雨に襲われた。夜になり、ここ尾張名古屋も風が強くなり、雨がぽつりぽつりと降り始めた。あすは大荒れになる、との予測だが。大過無く、と願う。
 午後11時27分ごろ、大分県佐伯市で震度5強の地震が発生。気象庁によれば、県内で震度5強を観測したのは、熊本地震後の昨年4月29日いらい。幸い津波は発生しなかった。地震、雷、風、雪、雨のこわさは人間みな知り尽くしてはいるのだが。自然の呼吸といおうか。これだけは、どうしようもならない。
        ★        ★

 伊勢神宮は20日、天皇陛下の代理として神事を司る「神宮祭主」に天皇家の長女、黒田清子さん(48)が19日付で就任した、と発表。将棋の史上最年長棋士である加藤一二三・九段(77)がこの日、東京・渋谷の将棋会館であった対局に破れ、規定により同日付で引退。伝説の記録の数々を残して63年に及ぶ現役生活にピリオドを打った。長い間、本当にお疲れさまでした。

【きょうの一文・ことば】
「対応が二転三転し、国民の政府への不信を招いた。率直に反省しなければならない」「国会の閉会にかかわらず、政府として分かりやすく説明していく」
=20日付中日朝刊1面『首相、加計対応を「反省」「二転三転不信招いた」』の記事のなかで。安倍晋三首相は通常国会の閉会を受けた記者会見でこう反省した

【新聞テレビから】
☆『「被爆者にとって大きな希望」 核禁止条約交渉 国連本部で演説』、『モスクワ国際バレエコンクール 大川さん=大川航矢さん(25)、青森市出身=金 寺田さん=寺田翠さん(24)、大阪府豊中市出身=銅』『ジュニアは千野さん=千野円句さん(18)=金』、『徹夜の家宅捜索籠池劇場再び 補助金不正「故意ではない」「森友」前理事長「国策捜査」と批判』『籠池氏 逮捕見据え礼服 諄子氏「帰って」と懇願』、『新たな加計文書判明 萩生田氏「首相が開学期限」 特区決定直前 文科省に迫る』『文科相 「萩生田氏に聞いて」 加計・新文書 説明歯切れ悪く』、『EU(欧州連合)離脱2段階で合意 英譲歩、分担金交渉を優先』、『北朝鮮拘束の米学生死亡 トランプ氏「残忍さを非難」』、『小6少年プロ棋士の顔へ 23日に特番「藤井聡太14歳」 東海テレビ 成長を秘蔵映像で』、『七三一部隊 父の苦悩 名古屋の元教員 証言を本に 脳出血乗り越え「不戦へ語り継ぐ」』、『愛知県民栄誉賞8月4日に贈呈 第1号の真央さん』、『足で紡ぐホルンの音色 両腕がないドイツ人奏者 25日に名古屋公演』、『各地で大雨警戒 あすにかけ、太平洋側』(20日付、中日夕刊)
☆『〈特集ワイド 海の向こうから〉拘束事件後もイラクへ 高遠菜穂子さんが語る「生死のリアル」ない日本』『「平和国家」海外では思われてない』『違い責めても対話にならぬ』、『遅咲きも妖精の美 名古屋・千種公園(のユリ園)』、『モスクワ国際バレエ 大川さん金、寺田さん銅 ジュニア部門千野さんも金』、『教員雇用偽装 籠池氏、不正認識か 2年前 府の調査に台帳偽装』『「国策捜査だ」籠池氏が批判』、『「首相18年開学を」 文科省が新文書 萩生田氏否定』、『離脱条件優先で協議 「通商」後回し 英、EUに譲歩』、『宮司「御朱印帳売るな」 賛否のリツイート3万件超す 信仰の対象で利益良くない』、『■加藤一二三九段 進退かけ対局』、『ウナギ稚魚半数密漁? 養殖池に入れた量→国内産15㌧ 養殖用の捕獲許可→全国計8㌧』、『■皇太子さま、デンマーク宮殿で夕食会』、『1年10カ月ぶり 東証2万300円台』(20日付、毎日夕刊)
☆『特例法成立で高まる 古都の期待「陛下 退位後は京都に」 東西に都を 再び熱帯びる「双京構想」』『「片思い」「警備強化困る」 冷静な声も』『眞子さま来月8日婚約内定会見』、『「福島を教訓 時代の流れだ」 韓国大統領が脱原発宣言』、『松山、世界ランク2位に』、『首相、加計対応を「反省」「二転三転不信招いた」』、『森友学園を家宅捜索 大阪地検 籠池氏 補助金詐取疑い』『「森友 徹底究明を」学園捜索 園児保護者ら見守る』『籠池氏妻が応対「お願いします」』、『19年開業愛知県国際展示場 初の常設「保税施設」に』、『勾留8カ月 男性無罪 岩倉・傷害事件 補償金300万円請求へ』、『ごみに1000万円 清掃員持ち去る 福島2人窃盗の疑い』(20日付、中日朝刊)
☆『アンデルセン生誕地を訪問 皇太子さま』、『首相 「私の姿勢、深く反省」 加計問題 閉会後も説明』『〈解説〉何も答えてない【高山祐】』、『森友学園に強制捜査 補助金不正受給疑い 大阪地検特捜部』、『英、EU離脱交渉開始』、『放影研、被爆者に謝罪 研究対象扱い「残念に思う」』『被ばく事故「危険への感度に問題」原子力機構報告書 原因なお調査中』『作業員全5人の内部被ばく 確認 再入院し治療』『安藤ハザマを捜索 東京地検 除染費不正受給容疑』、『東京湾 青白く』、『死亡・不明79人 ロンドン火災』(20日付、毎日朝刊)

六月十九日
 きょうは私が愛してやまない、あの無冠作家・太宰治が6月13日に玉川上水に山崎富栄とともに身を投じ遺体となって発見された19日、その日。太宰治の忌日「桜桃忌」である。
 さくらんぼ、といえば。昨夜遅く帰宅したとき、食卓に何げなくさくらんぼが置かれていたのには、どこか、ほっとした。酔いざまし、にとの舞の配慮か。いやいや、そうでもなく、自分で食べたくなったからかもしれない。
        ☆        ☆

 日本ペンクラブは19日、都内で開かれた理事会で2011年から3期6年にわたって会長を務めた作家、浅田次郎さん(65)の後任にノンフィクション作家で専務理事の吉岡忍さん(68)を選出した。吉岡さんは、まんざら知らない仲でもない。仕事に熱心な熱血漢で、何よりも良いも悪いもペンの内情を知り尽くす実務派タイプといえようか。過去何かとお世話になった方でもあるだけに、新会長の英断とこんごのペンの活性化を願いたい。

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が「福島第1原発事故は原発が安全安価でなく環境にもよくないことを示した。脱原発は、もはや逆らうことのできない時代の流れだ」としてフクシマを教訓に〝脱原発〟を宣言。
 大阪地検特捜部が詐欺と補助金適正化法違反の疑いで学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)の事務所や籠池泰典前理事長(64)の自宅や系列保育園などを家宅捜索した。ここは地検の意地を見せ籠池前理事長夫妻の証言と押収資料を徹底分析、不正の実態はむろんのこと、いつの世にも政官界に巣食う〈忖度(そんたく)癒着〉の構図を徹底的に洗い出し、メスを頂上にまで入れてほしい。
 いわば検事の腕の見せどころで、政界トップに澱んだ汚辱を徹底的に洗い出し、頂上突破を図る気概で歴史に残る捜査をしてほしい。でなければ、地検の存在意義はなかろう。安倍首相が「加計学園」の対応を巡って「国民に不信を招いた」と陳謝。政権が、この先一気に崩れていく音、予感を感じたのは私だけか。

        ★        ★
 この日午後4時すぎ。私にとっては掛け替えなき1人の女性が、この世を静かに去った。安らかな寝顔だった。96歳だった。
 女性は戦前、女学校に給仕を兼ねて通い卒業後は戦中、戦後と一宮市役所の市長付き初の女性秘書として奉職。いわばキャリアウーマンの走りでその後、結婚後も早逝した夫に代わり、雨、風、あらしと幾多の人生の艱難辛苦を乗り越えて、2人の子を遮二無二になって育て上げた。ある面、女傑とも言える存在だった。
 夫との死別時には市役所に戻らないか、と何度も誘われたが、これを拒否。そのご自らの道を逞しく、時には傷つきながら歩み続け、人生の幕を閉じた。その人がなくなった。
 詳しくは、しばらくしてからに。おやすらかに
        ★        ★

【きょうの一文・ことば】
 けさの新聞各紙が報じた世論調査によると、首相が「熟読して」と言った読売新聞も含め、内閣支持率は軒並み急落。国民の声に謙虚に耳を傾けよ。それとも、また「怪文書」などと開き直るか。
=19日付中日夕刊〈夕歩道〉から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『日本ゆかりの人と皇太子さまが懇談 デンマーク訪問』、『仏総選挙マクロン派圧勝 決選投票 二大政党、後退』、『松山 全米オープン 2位 男子ゴルフ 青木以来、日本勢最高』、『韓国原発新設白紙に 文大統領宣言 福島事故が教訓』、『難民初ユニセフ親善大使に 「シリアのマララさん」メレヘンさん』『難民・避難民 最多の6560万人 16年末報告』、『ロンドン歩道に車突入 1人死亡 モスク近く、テロか』、『神戸山口組系組長ら逮捕 港区発砲音 対立組長脅迫疑い 住宅街の事件 住民不安』、『蚊が吸った血で「犯人は君だ」!? 名大院グループ 2日後もDNA型判定』、『不明7人全員死亡確認 米イージス艦衝突 浸水居室で発見』、『移植の心臓 走る 高鳴る 広島の小2 世界大会に出場』、『コウノトリ野外100羽に 放鳥から12年』、『★被ばく作業員が再入院』、『★長谷川伸の草稿発見』(19日付、中日夕刊)
☆『▲寄稿 尾形明子(文芸評論家) しなやかで強靭精神、生命力 宇野千代 生誕120年』、『〈東海百景〉のぼり晴天にゆらり 来月9日初日 名古屋場所控え』、『マクロン新党過半数 仏総選挙 2大政党に圧勝』、『松山2位 全米オープン』、『MRI(国産初のジェット旅客機・三菱リージョナルジェット)実機 パリで初公開 国際航空ショー 性能アピール』、『生きる希望歌に乗せ 東海のがん患者らがアルバム ネット上で資金募集も』、『米、シリア軍機撃墜 ラッカ周辺「地元民兵を防護」』、『ロンドンで車突入 3人重傷 イスラム教徒の列』、『同性愛首相誕生 〈セルビア〉バルカン地域初 〈アイルランド〉最年少38歳男性』、『弘道会幹部を脅迫の疑い 神戸山口組系組長ら 逮捕 おもちゃで発砲音』(19日付、毎日夕刊)
☆『梅雨彩る花絵の具 蒲郡・あじさいの里』、『内閣支持10㌽急落44% 加計説明「納得せず」73% 世論調査 「共謀罪」採決67%批判』、『知ってますか ヘルプマーク 見えない障害 女性が普及活動』、『高知・大川村議会 廃止検討 長野の村「人ごとでない」』『王滝は村民総会案不採決 05年』、『93年来日のパキスタン男性 難民認められず カナダが永住権 代理人 厳格基準を批判』『24年いた日本「嫌いだ」 難民不認定の男性、カナダへ 支援の女性、対応に憤り』『申請1万人超 認定28人』、『神戸港で新たにヒアリ100匹確認』、『米艦不明7人 全員死亡か 伊豆沖衝突 捜索終了、船底付近に穴』『海水流入「すさまじく」 イージス艦衝突 就寝の乗組員急襲』、『子に車運転させた31歳容疑者を逮捕 茨城、ネットに動画投稿』、『ジャニーズ退社へ 事務所発表 中居さんは残留』(19日付、中日朝刊)
☆『〈My Way わたしの生き方〉ファッションデザイナー 森英恵さん(1926年、島根県六日市町=現吉賀町=生まれ)挑戦する心いつも』、『〈東海百景〉三重・マーク亀山 1万本キャンドル 1人で 「フーッ」』、『新テスト 民間検定・マーク式併存 20~23年度 大学側が選択』、『内閣支持10㌽減36% 不支持44%と逆転 (毎日)本社世論調査』、『大半半年 帰還1割 糸魚川「客が戻るか不安」 =新潟県糸魚川市で120棟を全焼するなどした大火は22日で発生から半年を迎える』、『ライチョウ2羽ふ化 富山の動物園 人工繁殖19年ぶり 難しい飼育』、『湯浅監督作品 長編最高賞に 仏アニメ映画祭』、『女性幹部ゼロ→副市長で公募 「変革に必要」 大阪・四條畷』、『■ニュース検定に1万4000人挑戦』(19日付、毎日朝刊)

六月十八日
 昼過ぎ。名古屋に出かける際、ほんの少しだけ空から雨が舞い降りてきた。でも、ホンのおしめり、申し訳程度で〈無情な雨〉である。それでも、路上の木々がどこか生気をおびたようで、ほっとさせられた。各地のアジサイたちも少しは喜んだか。
        ☆        ☆

 12日に生まれた上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃん。18日2回目の身体検査があり、体長16・4㌢、体重178・9グラムに。14日の初検査に比べ身長で2・1㌢、体重で31・9グラム増え、ひと安心といったところか。
 共同通信社が17、18両日行った全国電話世論調査。やはり、国民感情はすなおで安倍内閣の支持率は44・9%と前回5月の調査時より10・5%急落。不支持が8・8%上昇して43・1%に。加計学園の獣医学部新設計画をめぐる政府側答弁には「納得できない」が全体の73・8%に及んだ。
 静岡県・伊豆半島沖でコンテナ船と衝突した米海軍イージス駆逐艦フィッツジェルドの乗組員7人が不明になった事故で米主要メディアは「7人全員が死亡した」と報道。ジャニーズ事務所が昨年末に解散したアイドルグループ「SMAP」の元メンバー5人のうち、3人との契約を期間満了となる9月8日で終了すると発表。木村拓哉さん(44)中居正広さん(44)の契約は続行する、とのこと。

        ×        ×
 名古屋のルブラ王山で中部ペンクラブの【第32回総会・公開文学講演会(辻原登さん。演題は「文学は必要か? ない。そして…、やはりない―誰のものでもない悲しみについて―)・中部ペンクラブ文学賞表彰式・受賞と出版を祝う会】があり、出席。中ペンの仲間たちと歓談した。
 ことしの中ペン文学賞受賞者は山口馨さん(富山市、「渤海」)の「砂の本―駑馬(どば)―」に、同文学賞特別賞は小説集「彩鱗舞う」の棚橋鏡代さん=「北斗」=と詩歌の鑑賞と創作「古典渉猟」ほかの出版で阿部堅磐(かきわ)さん=サロン・デ・ポエート=が、それぞれ受賞。
 ほかに、「文芸中部」100号が富士正晴全国同人雑誌賞特別賞に、臼田慶子さん(P.be)が平成28年斎藤緑雨文化賞に輝いた。みなさんの栄誉を心から祝福したい。

 この日は秋企画の文学座談会「中ペン同人、平和を語る」(11月9日、三河湾リゾートリンクス。作家村上政彦さんが「文学と平和」を演題に基調講演)やことし2月に亡くなられた文芸評論家・清水信さんを偲んで―をタイトルとした中部の同人雑誌展(平成30年2月2日~3月4日)開催など29年度事業計画についての説明があった。
 文芸評論家清水良典さんによることしの中ペン文学賞の選評もあったが、良典さんはこのなかで「もっとも短い。無駄のない、書ききったと思われる作品でした」と『砂の本―駑馬―』を論評した。
 懇親の場では多くの人がそれぞれの思いの丈を述べたが、岐阜県大垣市から駆け付けた中ペン参与三宅雅子さん(作家、小島信夫文学賞選考委員長)が「皆さん、いいものを書きましょう」の呼びかけが胸に残った。一時、【文芸長良】に名前を変えていた【長良文学】が昔の名前に戻り再スタートする―とのニュースも知った。

「これからも、みなさまとの出会いを大切に〈言葉の網〉をいろんなものにかけ、やっていきたい」と決意と抱負を語る中ペン文学賞受賞者の山口馨さん
 20170618_171654
        ×        ×

 帰宅したら、息子夫妻から向日葵と、ちょっとお洒落な生ビール〈瑠璃―Ruri―〉が届いていた。ありがとう。なんだか息子なのに。悪いような気がしてしまう。

 私を出迎えてくれた向日葵さんたち
 20170619_081239

【きょうの一文・ことば】
 (故清水信さんの蔵書30万冊の行方=うち10万冊は中国へ。残る20万冊のうち10万冊は三重県に寄贈されたが、現物はどこかに消えてしまい、目録だけが残るという=に話が及び、故杉浦明平さんの本などプラス10万冊にも触れて)
 大きな建物でなくてもよいのだから。20万冊、10万冊と眠ったままになっている本をど~んと、空いたままになっているどこか適当な場所へ持っていって保管する。あとはお役所、財界、大学、研究者、マスコミなどの協力で、目利きが本を選別して文学館らしい形に少しずつ体裁を整えていく。そのためには当然、市民の協力も必要だ。私がひとり、手をあげただけでもダメなのです。当然、市民も含めた多くの力の結集が必要になってくる。
=18日夜、名古屋のホテル「ルブラ王山」で開かれた中ペン29年度総会のあとの懇親会の場のあいさつで。中部ペンクラブ会長三田村博史さんは、こう声を張り上げた

【新聞テレビから】
☆『ユニセフ親善大使 黒柳徹子さん ミャンマー訪問①』『家を焼かれ二輪で逃避行 紛争がお父さんを奪った』(6月18日号、しんぶん赤旗日曜版)
☆『米イージス艦衝突7人不明 貨物船側「同方向に航行」 伊豆沖』『「安全航行体制に疑問」 イージス艦衝突「海の難所」批判の声』『04年に横須賀配備 北弾道弾の防衛艦』、『私も認知症 だから大丈夫 先例学び自ら提案 悩み分かち合う相談窓口西区 「孤立緩和や自信取り戻す」』『認知症サポート医1万人 政府20年度 早期診断へ目標倍増』、『何でも運ぶ装着ドローン 名古屋の企業開発 災害避難も構想』、『藤井四段27連勝 最多タイ王手、次戦21日 「負けられぬ」プロの自覚』、『パンダ赤ちゃん 成長の証し 目や耳周り うっすら黒く』、『茶のしずく石鹸 呼吸困難4割超 アレルギー最終調査』、『★指原さん3年連続1位』、『〈サンデー版大図解〉増える国産小麦』(18日付、中日朝刊)
☆『赤ちゃん うっすら パンダ顔 東京・上野動物園』、『難民問題解決訴え 名古屋 在日ミャンマー人講演』、『妊婦禁忌3薬容認 添付文改訂 厚労省、要請へ』、『貨物船 右後方から衝突か 伊豆沖 米艦7人なお不明』、『〈Sストーリー〉日本を鼓舞した同志――ゾウの「はな子」とともに』『日タイの「懸け橋」運命を背負ったゾウと名レフェリー はな子に思わぬ惨事 異国でつかんだ幸せ』、『移植法成立20年 亡き命移植でつなぐ 困っている人助けられる自慢の息子 事故7日目 臓器提供決断』、『米艦衝突 現場1日400隻往来 海保「未明、特に混雑』、『難病女性妊娠へ道 厚労省禁忌薬処方容認へ 薬やめ2度流産「地獄の日々」』(18日付、毎日朝刊)

六月十七日
 ここ尾張名古屋は、きょうも雨はふらない。
 雨、雨、降れ、降れ、と。空に向かって手を合わせ囁きかけてみるのだが。お天気の神さまは、知らぬ存ぜぬである。そのうちに降るのだろう。降ってこればきた、で外出時など何かと面倒だが。気になるスイカは? ダンス仲間によれば「ゴンタさん、スイカは(雨がふらなくとも)心配ないよ」と、おっしゃるのだが。スイカだって育つには、水分補給は必要じゃないか、と。そんなことまで思ってしまう。
        ☆        ☆

 JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の1番列車がこの日、大阪駅を出発。ダークグリーンの走るホテルが近畿、中国地方の各地を巡り始めた。
 1番列車は、兵庫県の城崎温泉や山口県の幕末の志士ゆかりの萩市などに立ち寄り、下関に向かう1泊2日のコース。旅のルートは5つあり、料金はひとり25万円~125万円(2人1室)で、11月出発分まで完売しているそうだ。
 一方では蒸気機関車SLの人気キャラクターをリアルに描いた静岡県島田市の大井川鉄道の「きかんしゃトーマス号」の今季運行もこの日始まり、新金谷駅で出発式があった。

 将棋の最年少プロ棋士で中学3年生の藤井聡太四段(14)が大阪市の関西将棋会館での朝日杯オープン戦1次予選の対局で5月の大会で学生名人となった東京大1年のアマチュア藤岡隼太さん(19)と対局、百六手で勝ち、公式戦の連勝記録を「27」に伸ばした。神谷広志八段(56)が1987年に達成した最多連勝記録「28」まで、あと1勝である。

【きょうの一文・ことば】
「たとえ嫌でも命とあらば、必ずやり遂げるのが忍びだということは、そなたも承知しておろう。われらは獣のように闇にひそみ、地を走り、鳥のように宙にはばたく。そしてひとを裏切り、殺めるのだ。命を果たさなければ、物の怪に成り下がるではないか。われらがおのれをひとだと思うことができるのは、命を果たすゆえだ」
「忍びは常に虚の中を生きておる。真のことなど何一つない。それゆえ、雨宮蔵人のように真だけで生きておる漢(おとこ)を見ると、せつない想いが湧いてくるのだ」
=17日付中日朝刊の連載小説『影ぞ恋しき350 葉室麟作 西のぼる画』の中から。忍びの男、藤左衛門のことばを抜粋

【新聞テレビから】
☆『心弾ませ出発進行!』『走るホテル「瑞風」参戦 大阪』『静岡・大井川鉄道 トーマスにまた会えた』、『米イージス艦と貨物船衝突 伊豆半島沖 海軍乗員7人不明』『回避義務どちらに 米イージス艦衝突 記録分析が焦点』『軍艦 えぐれた右舷』、『「ヒバクシャ署名」296万人 被団協 各禁止条約交渉議長に提出』『日本の交渉不参加 被爆者が遺憾の意 国連大使と面会』、『「共謀罪」法成立 監視捜査現場は? 早期摘発迫られる◆一方的資料で逮捕状発布』、『米、キューバ融和見直し 渡航や商取引制限へ転換』、『愛着あるけど 誇れない… 名古屋市民は自虐的!? 政令市調査』、『認知症をブロック 介護施設に名大レゴ部 間借りが縁 脳トレ教室』、『メーテレ社員 すり逮捕 容疑認める 居眠り男性から7000円』、『★皇太子さま、邦楽鑑賞』(17日付、中日夕刊)
☆『核兵器廃絶求め 300万人が署名 被爆者 国連に目録』『放影研(日米共同研究機関「放射線影響研究所」)、被爆者に謝罪へ 設立70年 治療せず研究』『不信感消えぬ被爆者 放影研謝罪へ「人権無視された」』、『皇太子さま訪問デンマーク 皇室と交流続く「普段着」の王室 王位継承 法改正で女王即位』『150周年記念行事 皇太子さま出席』、『コール独元首相死去 87歳 東西統一の立役者』、『米、キューバ政策転換 トランプ大統領 制裁強化表明』、『米イージス艦衝突 7人不明 伊豆半島沖 比籍貨物船と 艦長けが』、『大規模災害時に国立8大学連携 相互支援へ協定』、『おなかまん丸に深海の赤ちゃん 静岡(の東海大海洋科学博物館)で(深海ザメ「ラブカ」の赤ちゃんが)公開』、『●eye もっと甘く もっと強く(「大和スイカ」の産地で知られる)奈良・田原本町』(17日付、毎日夕刊)
☆『コール元独首相 死去 87歳 東西ドイツ統一実現』、『文科相「内閣府職員が発言」「創生相は否定」 加計「総理の意向」矛盾 衆院予算委』、『性犯罪の厳罰化成立 「親告」不要 刑法110年ぶり改正』、『「共謀罪」法成立続く反対の声 「世論で法を使わせない」』、『政府の圧力国際社会で監視を 辺野古反対し勾留 山城議長(沖縄平和運動センターの山城博治議長)』、『抗酸化力 イチゴ実る プラズマ技術で世界初 名大と幸田町』、『龍馬「寺田屋」裏話 兄へ克明に手紙「西郷が助けに来ようとした」』、『ニセ電話複数マニュアル 愛知県警、都内拠点で押収』『「振り込めば女性紹介」 電話信じ、計30回2031万円被害 半田の60代会社員』(17日付、中日朝刊)
☆『「(部下の育児に理解がある上司)イクボス(を推奨する自治体の施策充実度)」ランク 三重県1位』、『豊洲移転で決着へ 築地跡地も活用 都知事意向』、『首相「調査遅れ反省」 「加計」文書 特区指示を否定 集中審議』『逃げ腰のらりくらり 加計問題審議 首相 正面から答えず』『「なすり付けだ」文科省職員』『「野党はゲスの勘ぐり」 自民・高村副総裁』『菅氏「怪文書」発言撤回』、『〈第72期本因坊戦第4局〉文裕=井山裕太九段(28)=6連覇 隙なし 本木に4連勝』、『中3女子いじめ自殺か 「容姿で悪口」同級生証言 神戸』、『刃物5本持ち入廷 仙台地裁切りつけ 手荷物検査せず』、『鎮火、死者30人に ロンドン火災 人災的要因指摘も』、『〈性暴力をなくすために㊤〉被害者の声ようやく法に』(17日付、毎日朝刊)

六月十六日
 193㌢、130㌔の巨漢で戦後最長不倒の16年間、首相を務めた元ドイツ首相ヘルムート・コール氏が16日朝、南西部のラインラント・ブファルツ州ルートウィヒスハーフェンの自宅で死去。87歳だった。
 ロシア国防省が16日、ロシア軍が過激派組織「イスラム国」(IS)の本拠地であるシリア北部ラッカで先月28日に行った空爆で、IS指導者のアブバクル・バグダディを殺害した可能性が高く、現在、確認を急いでいると発表。
        ★        ★

 午後から夕方にかけ関東地方を中心に不安定な天気に。八王子市や宇都宮市、つくば市を中心に激しい雷雨が襲い、ところによっては大量のヒョウがパラパラと地上に落下。道路が冠水したかと思うと、こんどはヒョウというヒョウが流氷となって流れ出す異様な光景が繰り返されたという。
 あゝ、それなのに、西日本は梅雨だというのに。雨がさっぱり降らず水不足に。ここ東海地方でも梅雨入りした7日から8日にかけての降雨以降、本格的な雨は降っておらず、愛知、三重の両県では貯水率が1割未満まで低下したダムもあり、このまま降らなければ農業などに深刻な打撃も与えかねない状況となってきた。わが家も、先日、苗を植えたばかりのスイカがこの先どうなるのか、少し心配である。

【きょうの一文・ことば】
「共謀罪」が与党の数の力で成立した。日本の刑事法の原則が覆る。まるで人の心の中を取り締まるようだ。「私」の領域への「公」の侵入を恐れる。
=16日付中日朝刊社説『「私」への侵入を恐れる 「共謀罪」法が成立』から。出だし部分の総合リード

【新聞テレビから】
☆『江南市議会 タブレット端末で ペーパーレス会議へ』、『尾北高校で マカオ大生交流』(16日付、尾北ホームニュース)
☆『東海空梅雨 貯水率1割未満ダムも』、『〈大波小波〉共謀罪が殺すもの (生きてゐる愚者)』、『「総理の意向」文書なし 「加計」内閣府調査 文科省と矛盾 新設条件 追加指示は創生相』、『決め付け捜査、裁判所検証せず 冤罪被害者「共謀罪」法に懸念』『国連人権理で長期勾留訴え 山城議長「思い伝えた」』、『再生法申請へタカタが調整 負債1兆円超』、『死者の1人はシリア難民 戦禍逃れた先 英火災で犠牲』、『ニセ電話 都内の拠点急襲 詐欺未遂容疑 愛知県警、2人逮捕』、『被告 廷内2警官刺す 仙台地裁 殺人未遂疑い逮捕』、『〈あの人に迫る 村木厚子厚労省前次官〉性的搾取される「女の子」支えて (木原育子)』、『〈写真グラフ 岐阜・山県 レトロミュージアム〉この懐かしさ新感覚 パチンコ台、自販機…動くんです 写真・文 榎戸直紀』(16日付、中日夕刊)
☆『天皇退位法公布 皇太子さま 施行日に即位』、『「核兵器禁止見届けたい」 広島市長 被爆者の思い訴え 国連演説』、『〈特集ワイド〉軍事国家憂え言葉で戦った小説家 漱石から考える憲法9条 この思いを継ぎたい――小森(陽一)さん』、『加計新学部「総理の意向」発言否定 内閣府「萩生田氏指示ない」 文科省調査と矛盾』『首相出席 午後集中審議』、『タカタ、民事再生申請へ 負債1兆円 製造業最大』、『性犯罪厳罰化成立へ 参院午後本会議 刑法大改正』、『東証一時100円高』、『猫の命守りたい 名古屋市昨年度殺処分400匹…犬はゼロ 餌やりで繁殖、去勢追いつかず 全国の殺処分 猫は犬の4倍』(16日付、毎日夕刊)
☆『監視、乱用 尽きぬ懸念 「共謀罪」法成立 刑法体系大転換 来月11日施行』『自由と人権はどこへ 論説主幹 深田実』、『深夜の熱戦 藤井26連勝』『藤井四段26連勝 最多記録へあと「2」 深夜まで集中保つ』、『「萩生田氏指示」の新文書 加計再調査 参院委きょう集中審議』、『元稲沢市議 判決11度目延期 中国の地裁 勾留間もなく3年に』、『野際陽子さん死去 81歳「キイハンター」「花嫁のれん」 母、しゅうとめ個性豊かに』『NHKアナ時代に名古屋で2年勤務』、『「中電社員自殺は労災」 名古屋地裁 遺族補償求め母提訴』(16日付、中日朝刊)
☆『「加計」文書存在 文科相認め陳謝 内閣府も調査へ』『説明にならない説明 加計文書 苦しい文科省「記憶呼び覚ました」』、『「共謀罪」法成立 採決強行 国会閉会へ』『政府の「自由封じ」だ もの言う市民が減る』『「監視活動が公然化」 大垣署個人情報漏えい訴訟 原告の近藤さん懸念』『文化団体や労組 一斉に反対声明 (日本)ペンクラブなど』、『野際陽子さん死去 元NHKアナ「キイハンター」81歳』、『中国の幼稚園前 爆発で7人死亡 屋台のガスか』(16日付、毎日朝刊)

六月十五日
        ★        ★
 国民に認められた自由と人権はどこへ。最も恐れる監視社会はくるのか。一体全体、どこまでが捜査対象になるのか。
 国民の不安感を乗せたまま「共謀罪」法がこの日朝、成立した。自公両党は参院法務委員会の採決を省略する異例の手続きで議論を打ち切り、最後は数の力で押し切る強引な手法で採決を強行。この日、国会前で夜通しの抗議活動をしていた人たちの間では一斉に「許せない」と怒りの声が上がった。

 とはいえ、日本社会全体の空気はどうなのか。
「共謀罪」の趣旨が盛り込まれ、テロ等準備罪が新設された改正組織犯罪処罰法に対する国民全体の視線は批判と反発が多いのに。どこかしらけ、他人事に思えるのだ。あの学生闘争に真剣そのものだったころの〈死ぬか生きるか〉の熱気と情熱、迫力を思うと、やはり本物の危機意識や熱さが足りないのである。
 平和ボケに浮かれているなか、だれもが皆本質を見失ってしまっている気がしてならない。この際、真の平和とは何かについて全国民が今一度、相手の言い分も十分に聞いた上で、胸によお~く手をあてて考えてみることだ、と思う。与野党間の国会の攻防も私の目には賛成、反対の単なる〈ごっこ遊び〉にしか映らない。どれもこれもが、だ。これでは、本質をつかんだ真の議論に欠けている。これくらいにしておこう。

 「キイハンター」など数多くのテレビドラマや映画で活躍した女優の野際陽子さんが、さる13日朝、肺腺がんのため、都内の病院で死去。81歳だった。学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設問題で内閣府が文部科学省に早期新設を働きかけたとされる文書など19点の存否を再調査していた文科相が15日、「総理のご意向」と書かれた文書など計14点の存在を確認した、と発表。
        ★        ★

 現在、完成(脱稿)に向け第四コーナーを回った私の小説【あゝ きつの ――私はお類、吉乃と申します㊥】を本日、先の㊤に続いて本紙ウエブ文学同人誌「熱砂」紙上で紙面化、深夜遅く公開に踏み切った。ひとりでも多くの方々に戦国時代に信長と吉乃の間で交わされた究極の愛に触れていただけたら、と願う。
 19日の日本ペンクラブ定時総会と懇親会(東京都千代田区一ツ橋・如水会館)を前に、総会での表決に関する委任状を付けて欠席通知書を自宅近くのポストへ。この日は、名古屋での中部ペンクラブの総会兼懇親会とも重なるためで、残念ではあるがこれは致し方ない。

【きょうの一文・ことば】
「まさか、委員会採決を省略する中間報告でケリをつけるとは。正直、驚いた」「何をしたら罪になり、処罰されるのか明確になっていない。なぜ実効性のない法案をごり押ししたのか。歴代の自民党政権はもっと議論を尽くしてきたと思う」
=15日付中日朝刊『中間報告で決着 大村知事が批判』の記事のなかで。「共謀罪」法の成立を受け、大村秀章愛知県知事がこう批判
※岐阜県の古田肇知事は「国民の生命や安全を守るのは国の責務で、国民にとって重大な関心事項。今後も引き続き、法律の必要性や内容について丁寧な説明を行い、広く国民の理解が得られるよう努めてほしい」との談話を発表
※三重県の鈴木英敬知事は「国際的なテロ情勢を勘案し、東京オリンピックを控える日本としてテロ対策は必要」と一定の理解を示しながらも「国はしっかり説明をしてほしい。警察は法と証拠にもとづいた適正な運用を」と求めた

【新聞テレビから】
☆『「共謀罪」法成立 自公採決を強行 参院本会議 徹夜攻防の末 危うさ露呈議論幕引き』『審議不足残る不安 有権者「強引な印象」』『早朝採決響く怒号 「共謀罪」成立 野党「最低だ」与党は拍手』『国会前 夜通し抗議「民主主義国家と思えない」』『名古屋駅前などに本紙号外張り出し』、『加計文書存在 複数確認、文科相陳謝』、『英火災 不明最大100人か 捜索難航「死者増える」』、『空自がPAC3(地対空誘導弾パトリオット)訓練 小牧基地 作動手順を確認』、『一宮で19歳学生はねられて死亡 運転の21歳学生逮捕』、『74歳の男性も(一宮市の県道で)はねられ死亡 軽トラ運転手逮捕』(15日付、中日夕刊)
☆『「共謀罪」法成立 早朝の審議採択強行 計画段階で処罰可能 参院本会議』『徹夜の攻防最後は数 「共謀罪」成立 「奇策」一切説明なく』『「政権のおごり感じる」』『監視社会加速の恐れ』『SNSも標的か 「漠とした不安常に」イスラム教徒弁護士が警鐘 芸能人ツイッターで「NO」』、『適切に運用する 安倍首相』『将来に禍根残す 元衆院議員・早川忠孝弁護士』、『「加計」再調査公表へ』、『ロンドン火災 死者12人に 建物内に消火設備なく』『窓から赤ん坊投げる母も』、『■皇太子さまデンマーク出発』(15日付、毎日夕刊)
☆『「共謀罪」成立強行 自公 異例の委員会採決飛ばし 参院早朝にも可決』『国会軽視の「中間報告」』『怒り聞こえぬか 「共謀罪」「加計も審議を」「区切りは必要」国会前でも抗議の人垣』『反対の声最後まで 栄など街頭に市民』『国民軽視の暴挙 中間報告「将来に禍根」「ルール通り」 審議時間根拠あいまい』、『トヨタ社長 仏大統領とあす会談』、『猛毒「ヒアリ」初確認 兵庫の貨物船 消毒して死滅』(15日付、中日朝刊)
☆『「共謀罪」法案成立へ 委員会省略し強行 野党「参院の死だ」』『市民「だまし討ち」 「共謀罪」法案成立へ 列島に渦巻く怒り「国民の失笑を」買う』『数の力で何でもできるか/民主主義を危うくする/バカげた審議』『権力の乱用に懸念 政府に異論唱えにくく 警察のストーリー承認 国際条約締結には必要』『「オウム」防げたのか 「白を黒にする力ある」 適切な情報利用不可欠 (オウム真理教)被害者・家族の会代表 永岡弘行さん』(15日付、毎日朝刊)

六月十四日
 結構、かぜの強い日だった。私は、疲れの海のなかを泳ぐようにして深夜から未明にかけて本欄執筆などをどうにか、こなした。若いころのエネルギー、馬力に比べると、やはり齢からくる体力の衰えは防ぎようもない。お酒もほどほどに、とは思うのだが。
        ☆        ☆

 「加計学園」問題なども含めて丁寧な審議と分かりやすい説明、を約束してきたはずの安倍晋三内閣の横暴さが、ここにきて目立ってきた。というのは、自民、公明両党が「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案について参院法務委員会での採決を省略し参院本会議で「中間報告」を行った後に採決する方針を野党に伝えたからである。
 委員会採決を飛ばすのは極めて異例で、言わば【国民飛ばし】も同然だ、と野党は拒否。これに対して与党はあくまで本会議で中間報告と採決を強行、いわゆるテロ防止なども視野においた「共謀罪」法案を可決、成立させる構えを崩していない。
〈嘆きの国会〉が、またしても国民の前にさらけ出されるのか。ニンゲンたるもの、所詮はこんな程度なのか。人というものはナンダカンダと言いながらも誰しもが自分勝手で、いつの時代も自己の利害に端を発する意見対立からくる醜い争い、弱肉強食、無慈悲で容赦なき戦争が繰り返されてきた。今の国会を見ていると、政治家諸氏の誰もが本質を見失った自分勝手な烏合の衆としかみえない。こどもたちの方が、よほど秩序正しく、清らかかつ健全である。

 テレビ画面に映し出される国会議員たちの顔を見ていると、情けなくなってくるのは私だけなのか。
 あゝ、ここに戦国武将のあの織田信長を登場させてみたらどうか。よほど民主的かつ納得のいく発想で、国民の期待に寄り添う形で荒療治ながらも、瞬時に事態を円満解決してくれる。そんな気がしてならない。

【きょうの一文・ことば】
「手に汗握る名勝負は生まれにくくなると思う」
=14日付の中日朝刊『タイブレークに甲子園出場校 体調面で良い/名勝負どうなる』の記事のなかで。昨年、春夏連続で甲子園に出たいなべ総合学園(三重県いなべ市)のバッテリーコーチ長嶋斎直さん(35)は、こう懸念のことばを述べた
※長嶋さんは、名勝負のひとつの例として2006年夏の早稲田実業(東京)の斎藤佑樹投手と駒大苫小牧(北海道)の田中将大投手が投げ合った引き分け再試合をあげ、「こうした試合が生まれにくくなるのでは」と心配している

【新聞テレビから】
☆『「藤井四段は記録の先を見ている」 将棋連勝記録「28」保持者 神谷八段 進撃14歳に感嘆』、『元小学校長 独学で古文書解読 幕末の伊賀地震 防災の教訓に 被害の詳細冊子で配布』、『金投資 現金詐取疑い逮捕 名古屋の業者5人 4億6000万円集める』『世界情勢あおり 勧誘も』、『難民2人、再び不認定 ネパール国籍 法務省、高裁判決覆す』、『車飛んできて「なぜ」降るガラス 乗客冷静 非常扉も開けてくれた 東名バス事故 ガイドで運転手妻 シートベルト着用3回確認』、『英高層マンション火災 ロンドン 負傷者多数、倒壊恐れ』、『自民、委員会を省略 「共謀罪」参院本会議で採決提案』、『〈訃報〉米の被爆者団体会長 据石和江さん(すえいし・かずえ=米国広島・長崎原爆被爆者協会会長) 12日、米カリフォルニア州トーランスの自宅で心臓発作を起こし死去、90歳』、『除染水増し請求 いわき市に謝罪 安藤ハザマ社長』、『ゆかりの奄美大島で島尾敏雄生誕100年祭 来月7~9日』、『★連続講座「忍者・忍術学講座 =17日前10・30、三重県伊賀市のコミュニティ情報プラザホール』(14日付、中日夕刊)
☆『〈東海百景〉水の都 涼感求め 大垣 =水の都・岐阜県大垣市の和菓子店「金蝶園総本家」の店頭で地下水で冷やされた水まんじゅうが店頭に並び、涼感を誘っている』、『米司法長官関与を否定 ロシア疑惑「うそ」 議会証言』、『米特別代表、訪朝 トランプ政権高官初 米国人解放交渉』、『「共謀罪」「加計」攻防ヤマ場 衆院 創生相問責否決 法相は午後』『「共謀罪」 廃案諦めない 「難解な法案」 訴え響かぬ中 若者らの団体「未来のため」』、『東証一時2万円』、『NY株 最高値 終値2万1328㌦』、『ロナルド選手を18億円脱税訴追 スペイン検察』、『石綿吸引「23万人も」 東工大教授試算 公営住宅居住者』、『プール熱流行拡大 ドアノブ、タオル消毒を』、『ヤマト運輸遺族労災認定求め提訴 届かなかった贈り物 夫の死無駄にせず職場の改善を訴え』、『男児が車運転? 動画投稿 茨城・古河署が調査』、『東京五輪公式文具発売 16日から』、『■「火花」出版の中国で又吉さん講演会』(14日付、毎日夕刊)
☆『象徴の務め「全身全霊で」 皇太子さま会見 特例法「言及控える」』、『教育の場戦争の影 軍事教練用「木銃」 江南で発見 新指導要領に「銃剣道」懸念 「戦前回帰」の声も』、『蒲郡市議会 子ども傍聴 認める方向』、『「共謀罪」あす採決の意向 参院委 野党は問責案提出』、『夏の名古屋へ 岐阜・相撲のぼり』、『来春選抜からタイブレーク 高野連方針』『タイブレークに甲子園出場校 体調面で良い/名勝負どうなる』、『情報提供者いまだ不明 福岡金塊盗5容疑者を逮捕』(14日付、中日朝刊)
☆『「共謀罪」 週内成立へ 参院委 与党あす採決』『「テロ防止 条約の目的に含まず」 国連「立法ガイド」執筆米大教授 「共謀罪」巡る政府説明否定』『「共謀罪、絶対廃案 東京・日比谷 反対集会に5000人』、『尼崎脱線事故 JR西3元社長無罪確定へ 強制起訴 上告棄却』『遺族 「終わりじゃない」 JR西 責任問えず幕 脱線事故無罪へ』『〈解説〉企業責任の議論を【伊藤直孝】』『強制起訴 大半が無罪』、『〈ドキュメント 高校教師という仕事①〉今夜も退勤打刻せず』『喧騒の朝 気付けば夜』、『13年前にも袋膨張 被ばく事故 注意喚起怠る』(14日付、毎日朝刊)

六月十三日
 13日。火曜日。月日が何も言わず、とんとん、とんとんト、駆けていく。年月や自然たちはニンゲンたちの移ろいやすい心を、どう思っているのだろう。
 私は横浜へ。
 2012年、オーシャン・ドリーム号による第76回地球一周ピースボートの船旅で大変お世話になった、今は【亡き津江慎弥さん(享年78歳)をしのぶ会】に出席するためで、深夜遅い帰宅となった。 
        ×        ×

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)を巡り、住民ら230人が再稼働の差し止めを求めた仮処分申し立てに対して佐賀地裁はこの日、「原発の安全性に欠けるとは認められない」と判断、差し止めを認めない決定を下した。これに対して住民側は福岡高裁に即時抗告する方針だという。

        ☆        ☆
 【津江慎弥さんをしのぶ会】の方は、会場(スカイビル内、27階の横浜クルーズ・クルーズ)入りすると同時に、津江美也子夫人に「ご主人の慎弥さんには生前、ことのほかお世話になり心からありがとうございました」と、ひと言礼を言うことが出来、何よりもホッとした。
 会の実現に尽力された小泉八重子さん夫妻はじめ、河合孝さん、ほかにヤマちゃん、アラレちゃん、オノさん、キタムラさん、コジマさん、マツダさん、ワタナベさん、モチダさんら心ある多くの昔の船友たちともお会い出来、久しぶりに歓談。会話を交わしながら人それぞれ、いろんな考えがあることを改めて痛感した。
 この日は、船内で津江さんとよく踊っておられた社交ダンスの京子先生も、岐阜から駆け付けられたのである。

 会のあとは、船友で街の水彩画家でもある堀川勝悟さんに誘われるまま横浜市民ギャラリーへ。堀川さんの手による見事な作品を中心に、絵心に長けた清子さんや賢市さんらと鑑賞、このごは山下公園・大桟橋散策組と合流、中華街「龍家楼」での夕食交流会に出て、紹興酒などしこたまお酒を飲んで帰った次第。からだはフラフラ、「(飲むのは適度に)よせばよかったのに」と、もう一人の私が私を叱りつけてきた。

 美也子夫人(中央、遺影を手にした女性)を囲んでの記念写真、自作の絵画など展示作につき説明する船友・堀川勝悟さん。堀川さん発表の名作
20170613_141132
 20170613_151942
 20170613_152409
        ☆        ☆

【きょうの一文・ことば】
 女性歴史小説作家の先駆者の一人だった杉本苑子が亡くなった。享年九十一。/幕府に木曽三川の治水工事を下命された薩摩藩を描く『孤愁の岸』で直木賞を受賞。権力者の理不尽な命令で遠国に送られる薩摩義士は、戦前の日本兵と重ねられていた。歴史小説に庶民の目線、女性の視点を導入した杉本は、先の大戦に至る日本の歴史を問い直し続けたのである。
=13日付中日夕刊『〈大波小波〉杉本苑子の死を悼む(散華)』の記事から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『三重・高3 北山結子さん(当時17歳。三重県明和町)不明20年 両親最後のチラシ配り「待つしかない」』『あっという間だった。一日でも早く帰ってきてほしい』、『歴代3社長 無罪確定へ 強制起訴 尼崎脱線 上告を棄却』、『玄海原発 再稼働認める 佐賀地裁「安全性満たす」』、『「加計」再調査対象30人 文科相 個人PC、任意で確認』、『PAC3(迎撃用の地対空誘導弾パトリオット)小牧で訓練へ 日程公表 15日、北朝鮮を念頭』、『校舎から転落高1死亡 知立の県立高 文化祭の最中』、『構想始動へ愛知県2000万円 「ジブリパーク」調査費計上へ』(13日付、中日夕刊)
☆『玄海再稼働差し止め却下 3、4号機「危険認められず」佐賀地裁』、『間近では今だけ「祖師画」を公開 奈良・興福寺』、『お色直し終え 高松塚・キトラ7月公開』、『新米パパ(「リーリー」)おめでとう 東京・上野動物園』、『「共謀罪」駆け引き激化 参院委 採決めぐり与野党』、『築地も活用案浮上 豊洲移転 週内にも判断 小池都知事』、『入国禁止差し止め支持 米大統領令 連邦高裁で再び』『中国、パナマと国交』、『東証 様子見』、『温暖化で労働損失4% 国立環境研究所試算 対策とらなければ』、『巨人 堤GM更迭へ 13連敗引責』(13日付、毎日夕刊)
☆『鏡の自分 食事おいしく 名大チーム研究 1人でも「誰かと一緒」感覚』、『仏政界構図一変か マクロン派7割超す勢い 総選挙第1回投票』、『「シンシン」出産 上野のパンダ5年ぶり』、『大田昌秀氏死去 元沖縄知事 基地問題に尽力 92歳』(13日付、中日朝刊)
☆『内閣府 「学生集まるのか」 「加計」新学部 懸念残し推進』『再調査 「週内に結果」』、『上野のパンダ出産 5年ぶり』、『年明け住民に提示 高知・大川村「村民総会」を議論』、『大田昌秀さん死去 元沖縄知事、代理署名拒否 92歳』(13日付、毎日朝刊)

六月十二日
 先日の満月以降、ずっと月の美しい日が続いている。あの月には一体誰が乗っているのか。ふと、今は亡き人たちの笑顔が夜の空にくっきりと浮かび上がった。
 あすは、2012年に体験したオーシャンドリーム号による102日間ピースボート〈地球一周の船旅〉でご一緒し、船内で大変お世話になった、あの津江慎弥さんをしのぶ会が横浜クルーズクルーズで行われる。 
 津江さんはことし2月15日午後8時過ぎ、美也子夫人と3人の娘さんに見守られるなか、ひと足早く病いで天国に旅立たれた。夜空に向かって「つえさん」「つえさん、たらっ」と呼びかけると、あの懐かしいやさしい笑顔が月の窓から「みんな、ボクは元気でいますから。心配しないでください」といった声が聴こえてくるようでもある。
        ☆        ☆

 東京・上野動物園のジャイアントパンダの雌シンシン(11歳)がきょうの午前11時52分、赤ちゃん1頭を出産。なんだか、日本じゅうがホッとした空気に包まれている。性別はまだ不明だというが、前回の赤ちゃんは誕生から6日後に肺炎で死亡しているだけに、なんとか無事に育ってほしい。
 沖縄県知事として米軍基地問題の解決に取り組んだ元参院議員、大田昌秀さんが11時50分、肺炎と呼吸不全のため那覇市内の病院で亡くなった。92歳だった。フランス国民議会(下院=定数577)選挙の第1回投票が11日実施され、マクロン大統領率いる中道新党「共和国前進」などマクロン派が過半数を大きく上回る7割以上を占める「1強状態」になる勢いだという。

        ×        ×
 朝からずっと、信長はじめその周辺の人物についてあれやこれや、と検証。どれだけ時間があっても足りない。吉乃を知るには、何より信長の生き方というか、人生哲学を知るのも大切だと思うからで、謎に包まれたままの正室「お濃の方」とのことなどについても、多くのことが分かってきた。
 で、きょう東京・日本文藝家協会の会議室(文藝春秋ビル内)で夕方から開催される「脱原発社会をめざす文学者の会」の拡大幹事会への出席は残念ながら、事前連絡させていただいた通り、欠席させて頂いた。

 夕方。あれやこれや、とこなしホッとしたところへ舞の「いくよ」の容赦なき声。半分、ため息をしつつもゴッホ気分で農夫の姿に変身し、ふたりで私たちの〈エデンの東〉へ、とあいなった。私は先日、社交ダンス仲間から頂いたスイカの苗3本をなれない手つきで植え、彼女はジャガイモの収穫を黙々とこなした。
 あゝ、〈月の船〉に乗るもうひとりの男、私の亡き父はなんとも面倒な畑を残しておいてくれたものだ―と時折、ため息をつきながらの農作業とあいなった。が、有り難きことだ―と思わなければ。ここは父の慈愛に感謝して農夫になるほかあるまい。

 病弱をおして悪戦苦闘、畑で農作業にチャレンジする舞と収穫したばかりのジャガイモ
 20170612_163858
 20170612_163738
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
「作家たちが文学への考えを直接語ることが、若い読者を広げるには一番でしょう。これからの文学の読者を育てていくために、文学の書き手と研究者、教育者とをつないでいく場をつくるのは駒場(日本近代文学館)がやるべきことの一つだと思っています」「未来の若者のために、全国の文学館と手をつなぎながら文学の未来に貢献していきたい」
=12日付中日夕刊文化欄『日本近代文学館が開館50年 「研究型から貢献型へ」 作家と若者つなぐ場に』の記事のなかで。日本近代文学館理事長の作家坂上弘さん(81歳)は〈熱き声〉でこう述べた

【新聞テレビから】
☆『★学士院賞授賞式に両陛下』、『白山の新緑を満喫 ホワイトロード全線開通』、『上野のパンダ出産 5年ぶり』、『豊島(てしま)=瀬戸内海の香川県・豊島=の産廃 無害化完了 14年で91万㌧焼却、溶融』『風評被害に屈しない みかん農家が奮闘』、『〈大波小波〉「濁流」に立つ言葉(魚)』、『(タクシー業界の風雲児と呼ばれた)青木定雄氏死去 88歳、「エムケイ」創業者』、『国会再現劇 全国で「オンドク!」「共謀罪」笑えぬ審議 名古屋など44カ所「疑問解消されない」』、『マクロン新党圧勝の勢い 仏総選挙 既存政党大きく後退』、『裁判所不審火 弁護士を逮捕 東京、容疑否認』、『老後の住まい猫付き 半田レンタル 先行きの心配無用』(12日付、中日夕刊)
☆『高知・大川村 議会廃止検討表明 人口400人「村総会」を議論』『「もしもに備える」村長』、『仏マクロン勢力 圧勝の勢い 世論調査 400議席超予想 下院選』、『青木(米大リーグ、アストロズの青木宣親外野手。35歳)日米2000安打』『青木、努力の金字塔 日米2000安打 若松元監督祝福「本当におめでとう」』、『雪の季節終え33㌔全線開通 ホワイトロード』、『「共謀罪」審議 市民が音読 「コッカイオンドク!」で再現』、『豊洲 安全対策まとまる 地下汚染水 空間の床補強 知事の移転判断、焦点に』(12日付、毎日夕刊)

六月十一日
 日曜日。どちらかといえば、比較的穏やかな日である。
        ☆        ☆

 新聞の朝刊(中日)には、25連勝と快進撃を続ける最年少棋士藤井聡太四段(14歳、中学3年生。愛知県瀬戸市)が東京であった叡王戦予選2連勝を振り返り「序盤から難しい将棋だったが、何とかよくなった。本当に幸運だった。うれしいです。1位の28連勝は、まだまだ遠いと思います」のすなおなコメント。いやはや、怪物棋士が現れたものである。

        ×        ×
 このところ、なかなか開けなかったウエブ文学同人誌「熱砂」の例会を名古屋市内で。きょうは闘病中の平子純さんも奥さまに伴われて出席され、例会は和気あいあいのなか進み、なごやか、かつ充実し有意義な会となった。席上、平子さんからの提案もあって、次回テーマエッセイのテーマを〈梅雨〉と決定。締め切りを7月末とすることで全員が一致した。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
 私は、もともと東京五輪には反対だ。まだ、その時期ではない。「復興五輪」と銘打ちながら、東日本大震災や原発事故の被災地の復興とは無関係だ。むしろ五輪関係の公共事業によって職人が不足し、復興の遅れや費用の高騰を招いていると聞く。原発事故の後始末もこれからだ。
 被災地にもスポーツ観戦が好きで、東京五輪を楽しみにしている人もいるだろうが、大震災から六年たっても、それどころではない被災者は少なくない。
 五輪の競技施設の建設にしても、東京都知事が代わって、少し見直しをしただけで何百億円も事業費が減額となったことは、誰が見ても不可解だ。まだまだ、五輪の光に隠れている闇はあるはずだ。
=11日付中日朝刊『〈ドナルド・キーンの東京下町日記〉東京五輪の闇 共謀罪や改憲懸念』の記事のなかで。ドナルド・キーンさんは【東京五輪の闇】につき、こう述べている

【新聞テレビから】
☆『ダウントン・アピー6「亀裂」』(11日夜、NHK総合)
☆『【ニュースを問う】〈元名大生事件①証言台の母〉答えなき責め「私たちに」 娘の罪背負い悲痛 凶行への〝芽吹き〟 天田優里(名古屋社会部)』、『人生刻んだ針また動け 一宮・黒野さん(利一さん。86歳) 時計修理歴70年「生涯現役で」 =この項、尾張版』『半田運河一帯が景観大賞(国土交通大臣賞) 都市空間部門「貴重な資産継承」 =この項、尾張版』、『〈陸上■学生個人選手権〉 新星多田=多田修平(関学大)=「9秒94」 男子100㍍国内初 追い風で参考記録 関学大の20歳』『急成長 突破争い激化 決勝は歴代7位タイ10秒08』、『路肩に衝突、はずみで分離帯へ? バス激突の車 スリップ痕 東名事故45人重軽傷』、『藤井25連勝 単独2位 歴代トップ記録まで「3」』『藤井四段「本当に幸運」 28連勝「まだまだ遠い」』、『〈サンデー版大図解〉 泥の中から清らかな蓮』(11日付、中日朝刊)
☆『〈Sストーリー〉ひふみん疾走60年――引退見据える天才棋士』『信念が生む「型破り」 加藤一二三九段 棋士人生は続く 洗礼 悲願の名人位』『闘志満々アマにも全力』、『藤井四段25連勝 単独2位 本当に幸運(藤井聡太四段の話)』『藤井四段25連勝「私とはレベル違う」歴代1位・神谷八段も驚嘆』、『「第五福竜丸」を語り継ぐ ゆかりの伊勢で講演会』、『国内申告漏れ10億円 パナマ文書記載の個人や法人』、『籠池前理事長を立件へ 大阪地検 補助金詐取容疑 月内にも強制捜査』、『飢える南スーダン 内戦拡大「これは人災だ」』『内戦、農業を直撃 南スーダン食糧危機 治安悪化で支援届かず』、『〈クローズアップ〉東京五輪肥大化 競技過去最多339種目 IOC(国際オリンピック委員会)若者、女性を重視 コスト減要求と矛盾』(11日付、毎日朝刊)

六月十日
 時の記念日。
 桑名の棚田では夜、農作物の害虫を追い払う虫送りの会が営まれたという。平穏な1日と思いきや、早朝、愛知県新城市の東名高速道で対向車線の車が観光バス天井部分に降ってくるという大変な事故が起きた。
        ☆        ☆

 将棋の最年少プロ棋士で中学3年生の藤井聡太四段(14歳)=愛知県瀬戸市=が10日、東京都であった叡王戦の予選で2連勝、デビューからの公式戦連勝記録を25に伸ばし、トップの神谷広志八段(56歳)の28連勝まで「3」に迫った。

 午前7時半ごろ愛知県新城市富岡の東名高速道路の新城パーキングエリア近く上り線で乗客ら47人が乗った観光バスの正面上部に下り対向車線の中央分離帯を飛び越えた乗用車が空からダイビングするように衝突、乗用車は大破。この事故で乗用車を運転していた浜松市、医師伊熊正光さん(62歳)が死亡、乗客の男女6人が顔や肋骨などを骨折、運転手(68歳)を含む39人が軽傷を負った。
 それにしても、対向車線から車が降ってくるだなんて。なぜこんな事故がと思ってしまう。観光バスのドライブレコーダーに記録された映像には、宙をフワリと浮かんで飛んでくる乗用車の様子が映し出されていた。観光バスの一行は、愛知県豊川市の団体で、この日は山梨県でのサクランボ狩りに向かう途中だったという。

        ×        ×
 社交ダンスのレッスンで愛岐大橋を越え、岐阜へ。ルンバ、ジルバ、チャチャチャ、ワルツ、タンゴ…と中身の濃いレッスンとなった。ダンス仲間からは、【~蒲郡みかんタルトクッキー~おひなたあいち】の土産までいただいた。いつも、ありがとうございます。
 それにしても、やることが多すぎるのか。新聞や本を読んでいても、物を書いていても、気がつくと半分眠ってしまっている自分が、そこにはいる。睡眠不足は禁物だ。やはり寝るに限る、である。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
「時計が、持ち主の人生の一刻一刻を刻み続けるお手伝いをしたい」「いつまでも使ってもらえるように丁寧に修理する。それに尽きる。そういう毎日です」
=10日付中日夕刊『あなたの時計 未来へつなぐ きょう「時の記念日」中区 傘寿の〝名医〟修理続け60年超』『時計店数は減少の一途 愛知』の記事のなかで。傘寿を迎えても現役で時計修理の腕をふるう名古屋市中区「木村時計店」2代目店主、木村善一さん(80歳)は、こう語る

【新聞テレビから】
☆『車、対向バスに突っ込む 新城の東名 分離帯飛び越え 乗用車の男性死亡39人乗り搬送』『ドーン乗客「伏せて」 東名事故「2度、強い衝撃あった」 ガラス散乱 カーテンで止血』『「運転エース級 避けようない」バス会社対応追われ』『バス上部に大穴 車原形とどめず』『衝突の瞬間 ドライブレコーダーに』、『「みどりの愛護」皇太子さま植樹 金沢で式典』、『藤井四段24連勝 歴代2位タイに』、『三重の「帰属」カールで再燃 中部? 近畿? 販売中止めぐり』、『夫の腕引っかき傷か 福岡母子3人殺害 抵抗された痕?』(10日付、中日夕刊)
☆『初夏の音 チャグ♫チャグ♫ 岩手=みちのくに初夏の訪れを告げる伝統行事「チャグチャグ馬コ」が、10日午前、岩手県滝沢市の鬼越蒼前神社を出発。華やかな裝束に身を包んだ約70頭の馬が子どもたちを乗せ、盛岡市中心部の盛岡八幡宮までの約13㌔を練り歩いた。江戸時代に馬産地・南部藩の農家が田植えで疲れた馬をねぎらい、五穀豊穣と無病息災を願ったのが始まり。国の無形民俗文化財』、『観光バスの上対向の車 東名・新城 衝突、20人以上搬送』『女性比率 過去最高48% 東京五輪新種目決定 IOC(国際オリンピック委員会)理事会』『新種目 「メダルに期待」 東京五輪 卓球、柔道 混合種目を歓迎』、『東芝、米電力に4000億円支払い』、『英首相 与党に辞任論 総選挙敗北 引責を要求』、『トランプ氏「司法妨害ない」FBI(連邦捜査局)前長官の証言否定 露疑惑』、『ゴムチューブ凶器か 福岡・母子殺害 自宅から見つかる』、『暴動写真 大坂容疑者か 警察撮影 集団の先頭走る姿』、『女性の遺体遺棄 容疑の長男逮捕 名古屋』(10日付、毎日夕刊)
☆『退位特例法が成立 陛下来年末にも上皇 改元19年元日で検討』『新元号 何がいい? 明るい時代 期待』『「国民の理想」 示す漢字2字 読み書きしやすさも基準』、『英与党、過半数割れ 総選挙 メイ首相、続投に意欲』、『「加計文書」文科省一転再調査 個人PCなど対象拡大 内閣府は実施せず』、『「じゃがいも」 ついに合格 飯舘村生まれ 災害救助犬 挑戦11回目』、『本紙局次長ら熱弁 「取材は地道作業」 南山大で寄付講座』(10日付、中日朝刊)
☆『陛下退位実現へ 特例法が成立 皇太子さま来年末にも即位』、『加計文書文科省再調査へ 内閣府は行わず』『遅きに失し信頼失墜 「文書ない」21日で方針転換 省内から厳しい声 加計再調査 開学迫る議事録職員共有?』、『英総選挙与党過半数割れ EU(欧州連合)離脱に影響 首相続投へ』、『安藤ハザマ 除染事業 水増し請求 福島・2市に 作業員宿泊費改ざん』、『衆院区割り 三重新2区 最激戦に 伊賀、名張加わる ベテラン対決か』(10日付、毎日朝刊)

六月九日
 きょうは、旧暦5月15日。満月である。夜空に浮かぶ月がキラキラ光り輝く。
        ☆        ☆

 天皇陛下の退位を実現する「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が9日、参院本会議で全会一致で可決、成立。退位日は3年以内となるが、政府はこんご2018年12月に陛下が退位され皇太子さまが新天皇に即位、19年元日に改元する日程を軸に検討するという。
 松野博一文部科学相が政府の国家戦略特区制度を活用した学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、〈総理の意向〉などと記された文書の存在を再調査する、と述べた。英下院(定数650)の総選挙が9日、1議席を残して開票が終わり、メイ首相の与党・保守党は318議席(改選前は330議席)で第一党を維持したものの大きく後退し、過半数の326議席を割り込んだ。最大野党の労働党は改選前の229議席から261議席へ、と躍進。

        ×        ×
 「ご意向」の「そんたく」は、おはこであろうに。陛下が望む「安定継承」を積み残し、特例法が成立。
        ◇
 26年ぶりに開けたのはパンドラの箱か。「災い」を飛散させた原子力機構。箱の底に「希望」は見えず。
 とは、いずれも9日付毎日夕刊〈近事片々〉から。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
 「願はくは花の下にて春死なむその如月の望月の頃」
=9日付中日夕刊『〈旅 吉野山 奈良県吉野町〉歴史の舞台を訪ね歩く 文・写真 朽木直文』の中で。筆者が、西行が詠んだ桜の情景を思い浮かべて

【新聞・テレビから】
☆『〈ドキュメント72時間〉住宅街の巨大モスク▽ケバブ屋から寿司職人、日本人男女まで大集合』(9日夜、NHK総合)
☆『退位特例法が成立 天皇陛下「上皇」に 政府19年元旦改元検討』『〈解説〉安定継承の議論急務(政治部・関口克己)』『陛下の気遣い国民感謝 退位特例法成立「年重ねられても全力」』『健康を配慮 宮内庁安堵 代替わりに万全期す 宮内庁長官談話』『新しい皇室へ期待 皇太子さま人柄伝わって (皇太子さまがライフワークとされる治水や水運などの)水問題で親交の尾田さん=元建設省河川局長の尾田栄章さん(75)=』、『英与党 過半数割れ確実 総選挙 メイ首相進退問題に』、『「加計文書」再調査へ 文科相世論反発で方針転換』『「確認できず」から一転 加計文書再調査へ 文科相、証言相次ぎ』『「早くやるべきだった」文科省職員』、『「妻と不仲だった」供述 母子3人死亡 逮捕の警官』、『汚染室に3時間待機 被ばく事故で作業員5人』、『市長給与800万円継続へ 名古屋市 6月定例会に条例案』(9日付、中日夕刊)
☆『退位特例法成立 天皇陛下「上皇」に 参院本会議 来年末にも』『安定継承は重要 首相』『退位後ごゆっくり 特例法成立 公務ねぎらう友人』『「末永く鵜飼ご覧に」 関の18代目鵜匠・足立さん』、『稀勢の名 永遠に 富岡八幡宮で刻名式』『〈大相撲名古屋場所 来月9日初日〉翔猿(とびざる) 申年の25歳、小兵118㌔(身長174㌢、追手風部屋) 「まねできない速い相撲を」 十両昇進、兄弟関取に=兄は英乃海(27)、身長185㌢、体重160㌔。木瀬部屋=』、『保守党過半数微妙に 英総選挙 首相の責任問う声も』『英ポンドが急落』、『加計文書再調査へ 文科相表明 国民の声に対応』『「加計」再調査へ 対象、期限も示さず 文科省 世論に押し切られ』『山本担当相発言=「獣医学部の質は落ちている= 根拠ないと反論 獣医学会など』、『妻の爪から遺留物 福岡母子殺害 容疑者とDNA一致』『「極めて遺憾」 国家公安委員長』(9日付、毎日夕刊)
☆『妻殺害38歳警察官逮捕 容疑否認 福岡・母子3人死亡』『静かな夫/活発な妻 「平和な家庭」住民驚き 逮捕県警衝撃』、『捜査中止要請 指示と認識 FBI(連邦捜査局)前長官 トランプ氏を批判 米議会公聴会で証言』『冷静口調 捜査進展に自信』、『試料入り袋 膨らみ破裂 原子力機構 被ばくの職員説明』、『スマホに動画自動撮影アプリ→女性宅に設置、監視 ストーカー容疑 愛知の男を逮捕』、『豊田・どんぐりの湯 温泉表示せず水足す 源泉量減少で昨夏以降』、『そうじゃ働きに行こう スギ薬局(愛知県大府市)今秋から お年寄り時間自由に』(9日付、中日朝刊)
☆『妻殺害容疑 警官逮捕 容疑否認 2児死亡も追及 福岡県警』、『テロ相次ぐ中 英総選挙』、『露疑惑公聴会 米大統領「忠誠」求める 前FBI長官が証言 司法妨害の認識焦点』、『退位法案きょう成立』、『石綿輸入 取材後に訂正 税関、業者に働きかけか 別品目に』『「輸入禁止把握しきれず」 石綿見逃し 申告急増、年2352万件』、『子供見守りアプリのはずが… 愛知県警 ストーカー容疑 女性のぞき男を逮捕 「遠隔監視」に危険性』、『新潟火災 死亡は娘と孫 残る2遺体確認急ぐ』、『放射性物質管理ずさん 原子力機構35年放置も』(9日付、毎日朝刊)

六月八日
 午前中の小雨も昼まえには上がった。
        ☆        ☆

 福岡県小郡市の住宅での母子3人死亡事件で、福岡県警は現職警察官の同県警本部通信指令課巡査部長、中田充容疑者(38)を殺人容疑で逮捕。容疑者は「そのようなことはしておりません」と否認しているというが、一体、家族に何が起きたのか。謎に包まれている。それとも何かの理由から、わが子ふたりを殺した妻が、その後夫に『私を殺して』とたのんだのか。死亡推定時間の時系列など遺体のしっかりした検死は、どうなのか。真相解明には至っていない。
 トランプ米大統領に解任されたコミー前連邦捜査局(FBI)長官が8日、ロシアによる米大統領選介入疑惑を調査する米上院情報特別委員会の公聴会で証言、自身の解任理由などについて「政権はうそをついている」と非難。トランプ氏からロシア疑惑を巡るフリン前大統領補佐官の捜査を中止するよう求められたことを指示と受け止め、FBIの独立性に強い懸念を抱いた、とも主張した。

        ×        ×
 巨人は、この日も西武に13―2(メットライフ球場)で大敗。13失点、13連敗の泥沼街道1直線で、球団ワーストが止まらない。一方、楽天の則本昂大投手(26)は、この日Koboパーク宮城で行われた交流戦のDeNA3回戦で12三振を奪い、8試合連続2桁奪三振で自身の持つプロ野球記録を更新。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
 ああ我ら何にも悪きこ
 とせぬを「原発石棺」
 終身刑とぞ
 被爆地に住むほかなき
 を緋柘榴の裂くる口も
 て申さんか
=8日付毎日夕刊『■■Topics 詩歌文学館賞贈賞式 「福島への励まし」感慨』の記事の中で紹介。岩手県北上市の日本現代詩歌文学館で行われた第32回詩歌文学館賞贈賞式で短歌部門の受賞に輝いた波汐國芳さん(91歳)の第14歌集『警鐘』(角川文化振興財団)から
※記事によれば、波汐さんの第14歌集『警鐘』は、震災以降の6年間では『姥貝の歌』『渚のピアノ』に次ぐ3部作のくくりとなるもので「ただ一筋に遅々として進まない大震災からの復旧復興への思いを詠み続けた」(選考委員の松坂弘さん)情熱とエネルギーが高く評価された。波汐さんは「長い間、原発の問題を深く掘り下げて歌うことを自らの使命としてきた。歌い続けた『見えない現実』が震災で具現化されたが、単なる偶然ではない」「受賞を被災地・福島に住む私たちへの励ましと考えたい」と感想を述べている

【新聞テレビから】
☆『〈列島フォトリレー2017 水の恵み3 宮城県栗原市〉 巨大イワナ育む森 =宮城県のブランド魚として売り出し中の「伊達いわな」。バイオ技術を駆使してつくりあげたスーパーいわなは成長が早く、二年で体長五十㌢、重さ一㌔にも育つ= (写真と文・佐藤将史=河北新報)』、『〈大波小波〉努力と拍手の天皇制(昭和の子)』、『〈関西発〉日本とは学究30年 京都の日文研(国際日本文化研究センター)』、『いざ名古屋場所へ 来月9日に初日 先発事務所を開設』、『50代職員 36万ベクレル吸入か 原子力機構被ばく事故で推計 貯蔵容器 26年間未開封』、『トランプ氏「捜査手放せ」 FBI前長官証言へ』、『北朝鮮 地対艦ミサイル 数発発射、日本海に落下』、『「天皇は元首」明記提案 衆院憲法審で自民委員』、『レコード売上高↺プレーヤーも人気 「アナログ」復活曲線♪♪』、『池田小16年 無差別殺傷忘れない 秋葉原9年』、『練炭心中偽装 目張りなし 福岡母子3人殺害 準備不十分か』、『大坂容疑者を記号扱い 逃走45年 中核派、存在感覚を警戒』『「必ず逃げ切る」内部文書で決意 オウム元幹部出頭直後』(8日付、中日夕刊)
☆『(女子ゴルフの)藍ちゃんに熱烈声援 =藍ちゃんは今季限りの現役引退発表後、初の大会となるサントリーレディース(神戸市・六甲国際ゴルフ倶楽部)に出場』、『放射性物質総量36万ベクレル 2.2万ベクレル検出男性 原子力機構が推定』、『北朝鮮ミサイル発射 地対艦か 数発、約200㌔飛行』『さらなる挑発も 稲田防衛相』、『一時 2万円回復 東証続伸』、『新潟民家全焼 4人死亡 高齢夫婦と娘、孫か』、『大坂容疑者 逃走支援「十の掟」 中核派の約10人』『70年代 極左テロ相次ぐ』、『福岡母子殺害 母親の周囲に油 証拠隠滅か 放火の形跡』、『ハンセン病 監禁の場 群馬 重監房全体写真 見つかる』、『■眞子さま、ブータンから帰国』、『〈特集ワイド〉 「世直し改憲論」の浅はかさ 「自衛隊 米への従属強まる」特効薬にはなり得ぬ【吉井理記】』(8日付、毎日夕刊)
☆『藤井23連勝 単独3位 一気に3勝、羽生ら抜く』『「ここまで来られて驚き」』、『作業員4人内部被ばく 原子力機構事故 最大2万2000ベクレル』、『イランでテロ12人死亡 IS(過激派組織「イスラム国」)声明 国会と霊廟襲撃』、『G(巨人)球団ワースト12連敗 42年ぶり不名誉記録更新 西武3―0巨人』『〈球心〉大野涙待望1勝 8度目先発「勝つ難しさ分かった」(海老名徳馬) 中日4―2ロッテ』、『愛知18市に「倒壊危険」建物 耐震改修補助2市だけ 国交省「制度を設けて」』『補助ない市町 三重、岐阜にも』、『各務原単独異例の運営 女子ホッケーアジア杯 日本協会傍観』(8日付、中日朝刊)
☆『内部被ばく最大2.2万ベクレル 茨城・原子力機構 作業員4人』、『イラン国会と霊廟テロ 12人死亡 IS犯行声明』、『中国人女性の企業次々 北朝鮮 租税回避地で取引 口座制裁の隠れみの』、『藤井四段23連勝 羽生王位抜き3位 新記録まで あと6勝』『実力者も太鼓判』、『アジトに逃走決意文書 渋谷暴動 大坂容疑者再逮捕』『暗号解読し生存確認 12年にアジトで資料押収』、『首相答弁 目立つ矛盾 加計問題「1校絞る要請に配慮」 獣医師会は「撤回求めた」』、『JASRAC(日本音楽著作権協会) 使用料規定届け出 文化庁に 音楽教室から徴収』、『新幹線線路侵入78歳男性不起訴 滋賀・長浜区検』(8日付、毎日朝刊)

六月七日
 東海地方がきょう梅雨入り。平年より1日早いという。
 朝からずっと雨、雨、雨。真珠の小粒のような水滴が空から一粒ひと粒、シトシトと舞い降り、小寒くはあるが、どこかほっとさせられる日となった。
        ☆        ☆
 
 日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)の燃料研究棟で起きた被ばく事故で機構が7日、放射性物質の付着があった作業員5人のうち4人が内部被ばくしていた事実を明らかにした。このうち50代男性の肺からは2万2000ベクレルの放射性物質(プルトニウム239)が、他の3人の肺からも最大1万4000~5600ベクレルが測定されたという。機構や専門家は、この事故につき「国内では前例のない高レベルの内部被ばくで、発がんリスクが上がる」などと述べている。
 史上最年少の将棋プロ棋士、藤井聡太四段(14)=愛知県瀬戸市、中学3年生=がこの日、大阪市での公式戦「上州YAMADAチャレンジ杯」トーナメントで3局を指して全勝。自身が持つプロデビューからの公式戦の連勝記録を23に更新。歴代の連勝記録でも羽生善治三冠(46)ら3氏の記録22連勝を破って単独3位に。神谷広志八段(56)の持つ最多記録〈28〉に、あと5勝まで迫った。
 イランの首都テヘランで武装グループが国会議事堂や故ホメイニ師(革命指導者)を祀る霊廟などを相次いで襲撃。少なくとも12人が死亡、42人が負傷したという。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明。

【きょうの一文・ことば】
「権力者は『あいうえお』だ。焦らず、威張らず、浮かれず、えこひいきせず、おごらず。それを戒めないと政治は信頼を得られない」
=7日付中日夕刊『「権力者は、あいうえお」 前防衛相、首相に忠告』の記事のなかで。自民党の中谷元・前防衛相がこの日放送されたラジオ日本の番組で学校法人加計学園や森友学園問題に関する安倍晋三首相の対応に触れてこのように忠告した
※中谷さんはこの日、官僚の忖度が行政判断に影響を与えたとの指摘に対しても「首相の名を語り、ご意向がこうだ、という行政の在り方は良くない」とも強調

【新聞テレビから】
☆『東海 花香る梅雨入り』、『肺から2万2000ベクレル検出 被ばく作業員 プルトニウム239吸引か 規制委「半端な量ではない」 局所的がん化の可能性』、『「シリアのため」叫び襲撃 ノートルダム寺院前 テロ疑いで捜査』、『ヨルダンも関係格下げ 対カタール』、『大坂容疑者を再逮捕 渋谷暴動 殺人容疑、本人と特定』『逃亡45年余 要望一変 白髪に眼鏡 黙秘続ける』『公安徐々に包囲狭め 再逮捕の大坂容疑者』、『「権力者は、あいうえお」 前防衛相、首相に忠告』、『法務委員長解任案を否決 参院本会議「共謀罪」審議再開へ』『〈攻防「共謀罪」法案〉笑えないパロディー 「表現の自由」萎縮懸念 著作権法違反も摘発』、『もんじゅ廃炉 福井知事容認』、『母、9歳、6歳民家で絞殺 福岡・小郡 台所に練炭、心中偽装か』『近隣住民驚きと不安 「ほほ笑ましい一家」』、『藤井四段21連勝 単独6位』(7日付、中日夕刊)
☆『東海地方梅雨入り』、『71年渋谷暴動 大坂容疑者を再逮捕 巡査殺害容疑 警視庁へ移送』、『米司法長官辞任申し出 露疑惑 大統領と亀裂 米紙報道』、『インドと原子力協定 国会承認 NPT(核拡散防止条約)未加盟国』、『中国潜水艦70隻態勢 米国防総省報告書 20年までに増強』、『参院本会議 法務委員長解任案否決 「共謀罪」与党審議急ぐ』、『生活保護、65歳以上が過半数 昨年度 受給最高83万世帯』、『球場から救急車7台 プロ野球 オリ・阪神戦=6日夜に京セラドーム大阪であったプロ野球オリックス―阪神戦。この試合は生ビールと酎ハイの飲み放題付きチケットが販売され、阪神が11―4でオリックスに大勝』、『「メルカリ」 アカウント不正 作成・販売 福岡の2容疑者逮捕』、『女児に抱きつき80歳容疑者逮捕 豊橋署』(7日付、毎日夕刊)
☆『高浜3号機再稼働 1年3カ月ぶり 国内運転5基に』『再稼働に慎重 新潟知事「安全神話に戻っている」』『(米山隆一)新潟知事 一問一答 福島収束いまだめど立たず 新規制基準 県の守備範囲と別』『作業員5人放射性物質付着 茨城・原子力機構 鼻の穴24ベクレル検出』、『パリ 金づちで警官襲撃 ノートルダム寺院前 テロか、900人避難』、『藤井四段公式グッズ 快進撃に連盟「大志」扇子 異例の発売』『★(将棋の第75期名人戦七番勝負は)佐藤(天彦)名人が初防衛』、『加計文書「省内で共有」 文科省 複数職員認める』、『★(宗教法人高野山真言宗の)宗務総長に 添田(隆昭)氏を再任』、『文春に(週刊新潮の)中づり11年から トーハン調査 ほぼ毎号貸し渡し』、『山梨市長元妻ら逮捕 詐欺容疑 肩書示し投資勧誘か』(7日付、中日朝刊)
☆『「独裁」 怒る群衆 ベネズエラ 催涙ガスに激痛』、『〈第75期名人戦七番勝負〉佐藤名人 初防衛 4勝2敗 稲葉八段降す』『講談「藤井聡太物語」 快進撃 口演で後押し 瀬戸のFMで活躍の旭堂鱗林(きょくどうりんりん、43)さん』、『藤井四段 扇子もデビュー』、『改憲 来年発議目指す 自民、4項目を検討』、『新日鉄住金爆発 元工場長ら2人書類送検 15人重軽傷 業務上過失傷害容疑 再発防止策を強化』、『市長が文化庁と面談 名古屋城木造化「石垣保全」鍵に』、『残高最大13.8兆円 アパート融資地銀奔走 相続税対策に対応』、『ホンダ鈴鹿 接戦制し 2年連続 都市対抗野球東海第5代表』、『パワハラ認め和解 愛知・警官自殺 県が両親に150万円』、『バスで女子高生 髪燃やされる 岐阜 暴行容疑で捜査』(7日付、毎日朝刊)

六月六日
 それにしても、次から次にと。いろいろ起きる。日本も、世界も、だ。地球の心の全てが病んでいる。そんな気がする。
        ★        ★

 福岡県小郡市の住宅で6日朝、38歳の母親と小学4年の長男、1年の長女の母と子合わせて3人の遺体が見つかった事件は福岡県警のその後の調べで、母親の首に圧迫痕があり、殺害と断定。いったい何が起きたのか。
 パリ。ノートルダム寺院の前では男が金づちのような物でパトロール中の警察官に殴りかかり、別の警官が発砲。事件発生当時、現場には多数の観光客がおり、一時900人が避難するなど騒然となった。
 
 関電が午後、高浜原発3号機(福井県高浜町)を再稼働。これに対して新潟県の米山隆一知事は「安全神話に戻ってしまっている」と指摘している。午前11時15分ごろには茨城県大洗町にある日本原子力開発機構の「大洗研究開発センター」の燃料研究棟で男性作業員5人が機器の点検作業中、手袋や靴に放射性物質が付着、3人の鼻からアルファ線を出す放射性物質が最大で24ベクトル検出されたという。
       
【きょうの一文・ことば】
 「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案について、世界約二万六千人の作家らでつくる「国際ペン(PEN)」は五日、メキシコ出身の作家・ジャーナリスト(女性)のジェニファー・クレメント会長名で、「日本の表現の自由とプライバシーの権利を侵害する」との反対声明を発表した。PENが日本の問題で反対声明を出すのは、二〇一三年の特定秘密保護法案以来で戦後二例目。
 声明は「日本政府の意図を厳しい目で注視している。基本的な自由を深く侵害することとなる立法に反対するよう、国会に対し強く求める」としている。
=6日付中日朝刊『「共謀罪 表現の自由侵害」 国際ペン、反対声明を発表』の記事のなかから。抽出
※記事は『この日、東京都内で会見して声明を公表した日本ペンクラブの浅田次郎会長は「心強く思うが、恥ずかしいとも思う。この法律はどう考えても必要とは思えない。日本の歴史の退行だ」と力を込めた。』とも続けている

【新聞テレビから】
☆『佐川週休3日制導入 ドライバー確保 ヤマトも検討』、『相馬野馬追PRへ出陣 JR東 福島でラッピング電車』、『「日本茶の起源」初摘み 「最澄伝えた味」滋賀で再現・販売』、『自民改憲案「年内に」 党推進本部9条など4点議論へ』、『宇宙服 着古し40年 限界! NASA(米航空宇宙局)残り11着でも 新型まだ』、『神戸山口組トップ逮捕 井上組長 携帯電話 詐取疑い』、『豊山廃業ホテル 強殺・遺棄容疑 比人に逮捕状、国際手配へ』、『熱中症搬送1086人 前週から1.5倍増 5月29日~6月4日』(6日付、中日夕刊)
☆『ディラン氏やっと受賞講演 初の肉声所感 歌は人を感動させることが全て』、『袴田事件 鑑定再現「不可能」 大阪医大教授 高裁提出の最終報告』、『〈チェック〉 よく飛ぶ 軟式公認球67年ぶり「大改革」 小中生体格よくなり 重く大きく』、『カタール断交 トルコ、仲介に意欲 UAE(アラブ首長国連邦)は航空便停止 米、対テロ影響否定』、『衆院法務委 民進、委員長解任決議案 「共謀罪」審議8日以降』『自民改憲案「年内に」保岡氏』、『英テロ 実行2容疑者特定 監視外 当局「兆候なかった」』、『中3、5歳児投げ落とす 広島 殺人未遂容疑逮捕』(6日付、毎日夕刊)
☆『背中で育む親子の愛情 琵琶湖・カイツブリ =親鳥の背中に乗り、口移しで餌をもらうカンムリカイツブリのひなの微笑ましい写真付き、滋賀県長浜市で。 横田信哉撮影』、『中日新聞社 新社長に大島(宇一郎)氏=53歳= 小出(宣昭)社長=72歳=は主筆に』、『ディラン氏「歌は感動させることが全て」 ノーベル賞受賞 講演の録音発表』、『首相重ねる「ない」 加計問題審議 「特区介入ない」「調査必要ない」「鳥インフル・口蹄疫 獣医足りない」』、『52年前発見 恐竜の卵だった 国内最初の発掘 福井の博物館鑑定 日本未確認種か』(6日付、中日朝刊)
☆『パレスチナとイスラエル 米、中東和平聴取へ「トランプ氏指示」 (パレスチナ自治政府の)アッバス議長 本紙単独会見』、『実行役、IS(過激派組織「イスラム国」)に勧誘 英テロ「パキスタン出身」報道』、『首相、改めて関与否定 加計学園問題「前川氏証言は伝聞」』、『国産初号機=最新鋭ステルス戦闘機「F35A」=お披露目』、『ベンチャー起業家を支援「毎日みらい創造ラボ」設立』(6日付、毎日朝刊)

六月五日
 ロンドン中心部のロンドン橋で起きたパキスタン出身の男ら3容疑者による大型ワゴン車暴走とナイフによるテロ惨殺。その後、過激派組織「イスラム国」(IS)系通信社が「IS戦士の分隊が攻撃を実行した」との犯行声明を出した。その英国マンチェスターでは4日、米歌手アリアナ・グランデさん(23)が先に自らの公演が襲われた自爆テロを悼んだ慈善公演が開かれた。「マンチェスターよ、勇気をありがとう。そして〈愛〉こそが、世界に必要な何よりの薬です」とグランデさん。公演には5万人が詰めかけたという。
 5日の衆院決算行政監視委員会。学校法人・加計学園の獣医学部新設計画を巡る問題で野党側が「文科省内で共有していたとみられるメールの写し=「官邸の最高レベルが言っている」など内閣府とのやり取りを添付した文書=が新たに見つかった」として再調査を要求したが、安倍晋三首相は「私の意向は入りようがない。国家戦略特区制度による新設手続きに問題はなかった」と再調査を拒否。
        ☆        ☆

 月曜日。午後のいっとき。4時を過ぎたところで「行くのよ」と言われ、一緒に〈エデンの東〉へ。先日の社交ダンスレッスンの席で仲間から「ハイッ。やってみたら」とスイカの苗をもらってしまったこともあり、きょうのところは「土を掘り返して肥料を与えるだけでいいの。」との命に服し、備中でただ黙々と土起こしに挑戦。ゴッホもこうしてやったのだから、と言い聞かせる。

【きょうの一文・ことば】
「100歳近い遺族から『思いはあっても行くことができない』という手紙をもらい、余計なプレッシャーをかけないためにも来る人がゼロになる前にピリオドを打つことにした。自然な形で遺族がすれ違う交差点のような新たな形を考えたい」
=5日付毎日夕刊『戦没画学生の思いはせ20年 絵画展示の長野「無言館」 遺族ら最後の集い』の記事のなかで。無言館館主の窪島誠一郎さん(75)は4日、長野県上田市の「無言館」であった「無言忌」の席で、こう話した

【新聞テレビから】
☆『〈この道 阿刀田高①〉どう生きるか(作家、日本ペンクラブ前会長)』、『首相 再調査を拒否 衆院委 加計文書 野党要求に 加計氏、政府機同乗 13年外遊』『首相「印象操作だ」語気強め関与否定』、『主犯格 パキスタン出身か ロンドンテロ 3容疑者身元特定』『「愛こそ世界に必要な薬」 グランデさん慈善公演に5万人』、『身代金ウイルス中3逮捕 神奈川県警 作成疑い、全国初立件』『世界で猛威、データ復旧困難』、『細る「いのちの電話」 高齢化…愛知の相談員半減』『24時間対応 隔週に/休憩取れず 岐阜、三重も悩む』、『東山の「超目玉」レッサーパンダでした 河村市長の公約「第1弾」を強調』、『「ジブリパーク」運営希望の企業 知事が構想参画否定』、『踏切非常ボタン24カ所押される 豊橋鉄道の終電運行後』、『事故調が現場へ 小型機墜落』(5日付、中日夕刊)
☆『さよなら「善ちゃん」 名古屋名物居酒屋店主死去 森繁久彌さん、ミヤコ蝶々さんら愛す』、『歯磨き 複数回増える 歯「80歳20本」5割超す』、『加計学園問題 文科相、メール調査拒否 記載名局長「同姓同名いる」 加計氏政府機に同乗 13年』、『ウイルス「ランサムウエア」 作成容疑中3逮捕 神奈川県警』、『ロンドンテロ 英首相、ネット規制訴え 過激思想に危機感』『今こそ歌って マンチェスターでグランデさん公演』、『「特別枠」 「返金保証」と募集 グルメンピック詐欺 容疑者、好条件示す』、『恋愛したいのに……「残業が支障に」72% 長時間労働220人調査』(5日付、毎日夕刊)
☆『〈高校野球・愛知県小牧市民球場〉 (愛知県高野連主催の招待試合に出場。対享栄戦で0―5で迎えた9回裏に)清宮100号』『小牧で100号「千両役者」 清宮選手に1万人歓声』、『ロンドンでテロ7人死亡 3容疑者射殺 車暴走、刃物で襲撃』、『墜落機の4人全員死亡 立山連峰 山中で機体発見』『「助けて!」3回電話 河西さん』『雪の北ア機体のんだ 「無事で」祈り届かず 小型機墜落「小口さん母思いだった」』『木下さんベテラン操縦士 樋口さんスポーツ積極的 河西さん誰とでも仲良く』、『遺族憔悴 無言の対面』『乱気流など不測の事態か』、『長野で人工繁殖ライチョウ産卵 国内3カ所目』、『文字情報送り「SOS」 西尾沖でボート転覆 聴覚障害者4人救助』(5日付、中日朝刊)
☆『露にシベリア抑留生存者 北海道出身の89歳 =北海道遠別村(現遠別町)出身の田中明男さん= 「もう一度日本に」』『古里への思い ロシア語で 船員・農場経て年金暮らし 89歳「もう時間ない」 元抑留兵 田中さん』『〈解説〉 抑留史の証言期待【栗原俊雄】』、『ペア6年 執念が結実 吉村・石川組「金」 経験生かし大逆転』、『ロンドンテロ7人死亡 3容疑者射殺 車暴走、刃物で襲撃』、『〈アクセス〉 「獣医特区」は妥当? 加計学園 犬猫減で農水省慎重』『加計新学部 過大な規模 定員全獣医系の2割 教員も1割 ペット減少傾向』、『アイヌ遺骨 返還視野 日豪政府が交渉』、『墜落機4人全員死亡 富山・立山連峰 斜面に機体』『悪天候に小型機 高度 維持難しく』、『小牧に1万人 前日から行列 清宮「100号」に歓声と拍手』、『「ミスタープロ野球」打席に 背番号3に3200人「もう1球」=プロ野球・巨人の元監督、長嶋茂雄さん(81)が4日、出身地の千葉県佐倉市の「長嶋茂雄記念岩名球場」であったイースタン・リーグ、巨人―千葉ロッテの始球式で打席に立った。』、『がっちり新日鉄住金東海REX 都市対抗野球東海第3代表』、『エリザベート音楽コンクールチェロ 岡本さん=東京都出身、岡本郁也さん(22)=2位』、『■眞子さま、ブータンで「花の博覧会」に』(5日付、毎日朝刊)

六月四日
 中国で民主化を求める学生や市民が武力弾圧され数千人が死亡した、あの血の粛清【天安門事件】から4日で28年。事件で子どもを亡くした親の会「天安門の母」が1日、ことしも事件の真相究明を求める公開書簡を発表した。創設者の張先鈴さん(79)らは「いつか必ず歴史が見直される時がくる」と訴えている。

        ★        ★
 ロンドン中心部のテムズ川にかかるロンドン橋で3日午後10時(日本時間4日午前6時)過ぎ、大型のワゴン車が猛スピードで歩道に乗り上げ、歩行者を次々にはねたあげく中から出てきた男らが通行人や警察官にナイフで襲いかかる無差別テロが発生。7人が死亡、48人が負傷し病院に運ばれた。現場に駆け付けた武装警官が犯人とみられる男3人を射殺、12人を拘束したが、英国では先月22日にマンチェスターのコンサート会場で22人が亡くなる爆発テロがあったばかりだ。なんということなのだ。
 富山県立山町の北アルプス山中で男性4人が乗った小型飛行機の墜落事故で富山県警は4日早朝、捜索を再開。獅子岳(2714㍍)南東斜面で機体を発見したが、4人全員の死亡が確認された。この日、御嶽山の岐阜県側の登山口「飛騨小坂登山口」(下呂市)では山開き式があり、シーズン中の安全が祈願された。
        ★        ★

 ♪母の問ひかるくかはしてしゃぼん玉(栗本寬)
 ♪夢で会ふ母の笑顔や春かなし(岩本和美)
 午後。江南市民文化会館へ。会館内でこの日まで行われている文化祭会場を見て回った。一角には舞が所属する俳句同好会メンバーらによる俳句も出展され、会館全体がとても華やいだ雰囲気に包まれていた。帰宅すると、高齢と日々闘い懸命に生きる姿がけなげな愛猫シロちゃん(トンヌラ)が「どこへいってたの」と出迎えてくれた。

 文化祭の会場一角に展示された舞の作品(友人・渡邉きよ子さんの温かな手でフィギュアスケートの羽生結弦選手の短冊まで施されていた)、「おかえりなさい」と出迎えてくれたシロちゃん
 20170604_123313
 20170604_155639

【きょうの一文・ことば】
「政治の私物化で、行政がゆがめられていることだ。記録文書を示されても『出所不明』『怪文書』と確認もせず、さらに『廃棄した』『確認できない』と認めようとしない。籠池氏や文部科学省の前川喜平・前事務次官を個人攻撃でおとしめ、問題をすり替える構図も同じ。政権の体質が表れている」
=4日付中日朝刊『〈核心〉1年前から「森友」追及 豊中市議に聞く「行政ゆがませる政権」 問題すり替え「加計」と同じ』の記事のなかで。1年前、表面化のきっかけとなる調査を始め国の対応に最初から疑念を抱いていた豊中市議・木村真さん(52)は、森友学園と加計学園の問題との共通点について〈政権の体質が表れている〉と、こう述べた

【新聞テレビから】
☆『きょう事件から28年 息子失い悲しみ消えず 天安門の母「歴史見直して」「過ち」認めぬ中国政府 警察は監視』、『ラマダン「聖戦」世界でテロ デモ犠牲者葬儀中 爆発で19人死亡 アフガン首都』、『アイルランド初 同性愛の首相誕生へ 最年少38歳(レオ・)バラッカー氏』、『ナゴヤは荒木を愛してる 竜一筋2000安打』『荒木2000安打 22年重ねた努力実る』『飾らない 子どものアイドル 八事日赤 クリスマス訪問』、『吉村・石川組V 混合複48年ぶり 世界卓球』、『米仏「握手対決」 温暖化飛び火!? トランプ氏離脱判断 影響の見方』『米10州180市「離脱反対」 パリ協定 政権への反発拡大』、『龍馬守った現場絵図発見 寺田屋事件 薩摩藩伏見屋敷』、『清宮 人気 打棒 大爆発 刈谷招待試合に1万2000人 豪快3発 きょう小牧で100号なるか』、『大火砕流26年 教訓忘れない 雲仙・普賢岳、追悼』『小型機墜落4人不明 立山連峰 長野の男性ら搭乗 乗員通報「2人意識ない」』『寒い山中「無事でいて」 小型機墜落 家族、友人ら祈り 「小口さんまじめで温厚」』『濃霧、残雪 捜索阻む』『運航所長沈痛「申し訳ない」』、『容疑者3警官と連絡 福岡金塊盗 情報集め、示談計画か』、『ブータン弓技 眞子さま体験』、『〈サンデー版大図解〉防ごう 食中毒』(4日付、中日朝刊)
☆『軽井沢ゆかりの作家展=軽井沢高原文庫(長野県軽井沢町)で、「軽井沢を愛した文学者・芸術家たち スペシャル」展が開催中。遠藤周作の『沈黙』と、加賀乙彦館長の『殉教者』の2作コーナー展示。7月10日まで』、『加計獣医学部 前川氏「プロセス乱暴」2カ月で急展開 長年「慎重」姿勢 文科省』『首相秘書官・補佐官▷大臣 加計問題 前川前次官が「安倍1強」批判』、『荒木2000安打 プロ22年目』、『熊本励ます全力プレー 中日・荒木2000安打 「阪神(大震災)」直後センバツ出場 野球続ける原点』『復興住宅用地確保遅れ 熊本地震、1000戸の6割まだ』『雲仙火砕流26年 犠牲者冥福祈る』、『清宮見たい 1万2000人 刈谷』、『龍馬かくまった屋敷詳細に 京都に絵図 寺田屋事件後、薩摩藩が保護』、『富山で小型機墜落 長野の2人意識不明か』、『博多金塊盗 組資金に? 東海の関係者関与か』『容疑者に捜査協力歴 愛知県警から 関係利用し情報収集か』、『■歌丸さん=落語家の桂歌丸さん(80)=入院し、復帰公演を休演』、『「食の祭典」主催者逮捕 出店料1.3億円未返済の疑い』、『橋爪功さん長男覚醒剤所持容疑 警視庁、現行犯逮捕』、『フィリピン西部 日本人2人不明 通訳らから聴取』(4日付、毎日朝刊)

六月三日
 土曜日。時折、肌にひんやりした〈かぜ〉たちが、吹き抜けてゆく。「これからは、あじさいの季節よ」とは、妻。木曽川河畔に広がるこの街、江南。そういえば、円空仏で有名な音楽寺は尾張のあじさい寺とも。きょうから、あじさい祭りが始まった(25日まで)。

 ♪人の世の旅から旅よしんきろう、とは江南俳句同好会に所属する伊神舞子の句。旅には終着駅がない。
        ☆        ☆

 ドイツ・デュッセルドルフで開かれている卓球の世界選手権個人戦。混合ダブルスの吉村真晴(23)=名古屋ダイハツ=と石川佳純(24)=全農=のペアが3日、決勝で台湾のペア(陳建安、鄭怡静組)に4―3で勝ち、この種目で日本勢として1969年ミュンヘン大会いらい48年ぶりの優勝を果たした。同選手権個人戦での日本選手の金メダルは、79年平壌大会いらい38年ぶり。
 プロ野球中日ドラゴンズの荒木雅博内野手(39)がこの日、ナゴヤドームでの楽天戦で史上48人目となる通算2000安打を達成。ドラゴンズ選手では、高木守道、谷沢健一、立浪和義、谷繁元信、和田一浩に続き6人目、本拠地では初の偉業達成となった。

 午後3時ごろ、富山県立山町の北ア・立山連峰の山中に富山空港から松本空港に向かっていた小型機(セスナ172P)が3000㍍級の山が連なる長野との県境近く一角に墜落。4人が不明となっている。

【きょうの一文・ことば】
「パリ協定からの離脱は私たちの地球にとって壊滅的な打撃だ」「パリもピッツバーグも同じ環境を共有しているのだよ」
=3日付中日朝刊『〈米パリ協定離脱表明〉今こそ地球守ろう「自治体国超え連携を」「壊滅的な打撃」元米飛行士警鐘』の記事のなかで。将来の火星探査を見据えて国際宇宙ステーションに340日間の長期滞在をした米航空宇宙局(NASA)の元宇宙飛行士スコット・ケリーさん(53)はこう述べ、トランプ米大統領の対応を厳しく批判。トランプ氏の「私は(米東部の)ピッツバーグの市民を代表するために選ばれた。パリのためではない。」との演説も皮肉った

【新聞テレビから】
☆『古浄瑠璃=弘知法印御伝記(こうちほういんごでんき)=「里帰り」ブラボー 台本保存の大英図書館で公演』『17世紀台本に感慨 尽力の(ドナルド)キーンさんら「対面」』、『「常に備え 教訓伝える」 雲仙・普賢岳 大火砕流26年 追悼』、『清宮熱 朝6時に3000人 期待通り97、98号 刈谷で招待試合』、『通話 警察傍受に気付く? 福岡金塊盗 容疑者、秘密伏せ会話』、『ダディ! また会えた 来日し演劇 日比国際児、実現に涙』、『東海3県育成に本腰 航空産業羽ばたけ若者 工業高に実習棟や専攻科』『世界需要2035年に1.8倍 車に続く産業の柱に』、『北朝鮮追加制裁決議 安保理 資産凍結拡大、中国も賛成』、『被団協 田中事務局長(日本原水爆被害者団体協議会の田中熙巳事務局長、85歳)退任へ 2000年就任 被爆者運動 リード』、『ふるさと納税で原発訴訟 函館市への寄付 1000万円を超える』、『対北、アジア各国と協力 米国防長官 中国海洋進出に懸念』、『パリ協定再交渉 「欧州の出方次第」 米環境トップ』、『米テスラ株 トヨタ売却 EV(電気自動車)で成果 提携解消』、『作品賞に荒山(徹)さん=「白村江」(PHP研究所)=歴史時代作家クラブ賞』『〈中部の文芸 小説・評論 竹中忍〉「火涼」74号 故清水信を総括し追悼』、『長野・飯田で9月開催 焼肉×ロック おなかも耳も至福フェス』(3日付、中日夕刊)
☆『〈東海百景〉愛らしく蚊やり豚 三重・菰野』、『ろうそくの灯絶やさない 雲仙普賢岳火砕流26年』『献花所に遺族ら』、『病室の子供たち笑って 道化技術に配慮をプラス ホスピタル・クラウン(道化師)名古屋結集』『魔球を伝授ヤスダさん(プロ野球・ヤクルトスワローズなどで投手として活躍した野球評論家の安田猛さん、70歳)!! 元ヤクルト投手 がん闘病母校を指導』、『北朝鮮に追加制裁決議 安保理、全会一致 対象拡大』『マティス氏(米国防長官) 「脅威切迫」 アジア安保会議 北朝鮮情勢を懸念』(3日付、毎日夕刊)
☆『杉本苑子さん 死去 91歳 歴史小説「孤愁の岸」』、『カモミール 初夏癒やす 伊賀・青山リゾート』、『米、パリ協定離脱を表明 温暖化対策に打撃』、『藤井四段20連勝 歴代6位タイ 最年少 棋王本戦へ』『東海 逸材対決 後輩が「恩返し」 澤田六段「強い」』、『容疑者 「逮捕は間近」 博多金塊盗 愛知県警漏えいか 名古屋の巡査部長ら複数』『愛知県警 漏えい過去何度も』『指示役、頻繁に来日 中部空港の金塊密輸、事件前』『佐賀で密輸206㌔金塊とほぼ断定 刻印消されたような跡』、『加計文書 文科省共有か 内閣府意向 民進、メール写し公表』、『出生数97万6000人 16年 初の100万人割れ』、『裁判員選任431人辞退 連続青酸事件 長期審理で』、『車上荒らし・窃盗 序二段力士逮捕 魁心鵬(友綱部屋、22歳)、容疑認める』(3日付、中日朝刊)
☆『14歳藤井20連勝 デビュー以来 千日手指し直し逆転』、『米「パリ協定離脱」 温暖化対策 中国・EU(欧州連合)は履行推進 トランプ氏 「他国に利益」』、『加計問題 圧力文書「文科省内で共有」 民進、メール写し公開』『加計「共有メール」文科省、終始逃げ腰 「大臣と連絡取れない」』『「隠蔽体質丸出し」』、『博多金塊盗 警官3人 容疑者と連絡 愛知県警 暴力団捜査経験者 「取り込まれる危険 常に」』『退位法案 衆院通過』『識者、おおむね評価 退位法案衆院通過「政府見解は画期的」』(3日付、毎日朝刊)

六月二日
 夜。ベランダに立ち、ひとり夜空を仰ぐ。どす黒い雲のなかに今まさに月が光りごと入ってゆく。そう言えば、きょう6月2日(新暦7月24日)は本能寺の変があり、あの織田信長が命を散らせた日として知られる。
 その6月2日にあてて私は敢えて本紙ウエブ文学同人誌の「熱砂」紙上(伊神権太作品集)のなかで、ほぼ半年がかりの取材を基に執筆してきた信長の側室〈吉乃(きつの)のものがたり〉を【あゝ、きつの ―私はお類、吉乃と申し上げます】の題で、兎にも角にも、その㊤編公開に踏み切った。一人でも多くの読者の皆さまに読んでいただけたら、と願う。
        ☆        ☆

 トランプ米大統領が1日、ホワイトハウスで演説。「地球温暖化防止の枠組みであるパリ協定から離脱する」と正式に表明し、その身勝手さが世界各国の波紋を広げている。史上最年少の将棋プロ棋士で中学3年生の藤井聡太4段(14歳)=愛知県瀬戸市=が2日、大阪市内であった棋王戦予選トーナメント決勝で澤田真吾6段(25歳)=三重県鈴鹿市=に勝ち、自身が持つデビューからの公式戦連勝記録を「20」とした。

【きょうの一文・ことば】
「米はその程度の国だと思っている」「シェールガスなどのおかげで米国は(化石燃料を)輸出する側になってきている。それで『ちょっと待てよ』という話にいったんだと思う」
=2日付中日夕刊『米はその程度の国だ』の記事のなかで。トランプ米大統領がパリ協定からの離脱を決めたことについて。麻生太郎副総理兼財務相はこう、言ってのけた
※麻生氏は、米国が以前も京都議定書から離脱したことや、第一次世界大戦後に国際連盟の創設を主導しながら参加しなかったことにも言及

【新聞テレビから】
☆『円空仏の寺 江南市の音楽寺 あじさい祭り 3日から イベントに加え円空仏拝観も』、『ホタルの幼虫放流 草井小4年・同校ビオトープ・草井自然園』『ホタル観賞会は9~19日、20時から』(2日付、尾北ホームニュース)
☆『〈写真グラフ〉結浜ちゃめっ気たっぷり 和歌山県白浜町・アドベンチャーワールド(写真・乾高弘 文・豊田直也)』、『米、パリ協定離脱表明 トランプ氏「他国に利益」 雇用優先 温暖化対策後退』『〈解説〉地球より米国第一(ワシントン・後藤孝好)』『トランプ流に怒りや失望 米、パリ協定離脱表明「目先しか考えていない」』『「恥を知れ」「悪夢」ホワイトハウス前 市民らが抗議デモ』『パリ協定 独仏伊 「再交渉せず」』『オバマ氏「州、企業が地球守って」 大統領時代に協定発効導く 国連総長「失望」 ゴア氏(元米副大統領)「無謀」』、『1年半ぶり 東証2万円』、『「北朝鮮幹部の資産凍結」 安保理 米が決議案、中国合意』、『マニラで放火36人死亡 複合施設で強盗か 発砲の男、焼身自殺』、『愛知県警複数警官漏えいか 博多金塊盗 容疑者に捜査情報』、『退位法案衆院通過』、『入院中おさかな会えた 中区の社団法人 小児病棟に水族館生中継』、『★NHKスペシャルが大賞=優れた放送に贈られる第54回ギャラクシー賞(放送批評懇談会主催)の贈賞式が1日、東京都内で開かれ、テレビ部門の大賞にNHKスペシャル「ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目の告白~」が選ばれた』、『(国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽のうち2羽が)住民に見守られ巣立ち 徳島』、『覚醒剤60㌔密輸 被告に懲役19年 大阪地裁判決』、『60代の邦人男性 先月中国で拘束 遼寧省スパイ容疑か』(2日付、中日夕刊)
☆『米、パリ協定離脱表明 温暖化対策に打撃』『〈解説〉 前政権否定の意図 【五十嵐和大】』『「歴史的合意 ほごに 米・パリ協定離脱 国内からも批判』、『東証一時2万円回復』、『退位法案 衆院通過へ「女性宮家創設」も採択』、『博多・金塊盗 警官捜査情報漏えいか 愛知県警の数人、容疑者に』『愛知県警また疑惑 容疑者に捜査情報』、『売れすぎ御免! 日本刀はさみ 関の老舗メーカー 幸村や信長モチーフ』、『カジノ発砲34人死亡 マニラ 強盗か、容疑者自殺』、『大坂容疑者再逮捕へ 警官殺害 DNA鑑定 警視庁判断』、『飛べ 世界最長の翼(左右に広がる翼が117㍍) 米の宇宙ベンチャー開発』(2日付、毎日夕刊)
☆『千両役者 城を背に 「平成中村座」開幕』、『お帰りママさん鵜匠 犬山・木曽川うかい開幕』、『「強引さ目に余る」「今は誰も官邸に物言えない」加計問題本紙に前川氏』『小泉政権時 政策に抵抗 天下り問題で引責辞任』『「なぜ私に直接聞かなかった」 首相が反論』『加計問題特区計画 内閣府「18年度開学」指示 本紙に前川前次官が証言』『補佐官や内閣参与 要請次々』、『「受動喫煙ゼロ」撤回 厚労省』、『金塊密輸 「バイト感覚」 中部空港5人逮捕 韓国に指示役』『「タダで旅行」渡航何度も』『金塊?206㌔ 船使い密輸 佐賀、8容疑者逮捕』、『名古屋SL実走 4億8000万円 河村市長の夢 高い壁』(2日付、中日朝刊)
☆『新緑の木曽川 昼鵜飼始まる 愛知・犬山市』、『則本=プロ野球の楽天、則本昂大投手(26歳)=7戦連続 2桁奪三振プロ新記録』、『20年名古屋場所前倒し 東京五輪期間避け =7月24日の東京五輪開幕(最終日は8月9日)との重複を避けるため初日を7月5日(千秋楽は同19日)に』、『アフガンで地雷 14年前邦画出演 アフィファさん 助けて私の右足 新たな義足求め近く来日』、『退位特例法案「将来の先例」 衆院委可決 官房長官が答弁』、『EU(欧州連合)・中国履行促す パリ協定 米、態度表明へ』、『’17都議選来月2日投開票 立候補予定236人 小池氏自民離党届 都民ファースト代表に』、『「加計」学部新設 学園側、OB通じ働きかけ 昨夏から秋 文科省に』(2日付、毎日朝刊)

六月一日
 〈夜の通り雨〉とでも言えようか。
 11時過ぎ。突如、強い雨、風たちが家じゅうの窓ガラスを猛烈な勢いで打ち始めた。ウ~ウゥーといった唸り声に一体何ごと、と思っていると、今度はゴロゴロゴロと空が割れて鳴り出し程なくして「美濃地方に竜巻注意報が出ました」との字幕がテレビ画面に映し出された。
 でもこの雨、風も束の間だった。自然の存在を見せつけようとしただけで、やがて治まり、どこかに消え去った。突然の来訪者に、愛猫シロちゃんは相変わらず、テーブルの下で怖そうにじっとしたまま。怯えていた。

 きょうは私たちが育った和田村に大正9年に初めて電気がついた日。母の97歳の誕生日である。デ、驚かしてやろうと事前の連絡ひとつしないまま、社交ダンスのレッスンを終えたその足で久しぶりに日進市内の愛知国際病院に附属する老健施設「愛泉館」まで、ひとっ走りとあいなった。昨夜は、ほとんど寝てはいなかったが「ここは」と気力を出して行ってきた。
        ☆        ☆

 愛知県犬山市の「木曽川うかい」が1日、木曽川で開幕。出産・育児の休業から2年ぶりに復帰し鵜を操る女性鵜匠稲山琴美さん(28歳)ら4人の鵜匠が10月15日まで1300年前からの伝統漁法を披露する。
 きょうから夏服。JR東海はノーネクタイ仕様の新デザインの制服に切り替えた。名古屋城内で本格的な歌舞伎を演じる「名古屋平成中村座」が開幕。愛知県の大村秀章知事がスタジオジブリ(東京・小金井市)の世界観を生かした「ジブリパーク」を2020年代初頭に愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)につくることでジブリ側と合意したことを明らかにした。東京都の小池百合子都知事が党籍が残っていた自民党に離党届を出して自民党を離党。自身が率いる「都民ファーストの会」の代表に就任。

        ×        ×
 きょうの東名神高速道。小牧―三好間を愛車で走ったが、周りの車を見る限りそんなに急いでどこへ行くの、と聞きたくなるほどの車、車、車…の流れだった。そういう私自身、かつて地方記者時代には北ア上高地に通じる安曇野はじめ、志摩半島や美濃の山奥、能登半島、琵琶湖沿岸なぞを時間に追われて、時にはオートバイやジープでも、ぶっ飛ばしたものである。
 よくぞ事故に遭わなかった、というのが実感だ。今だから言えるが、原稿を間に合わせなければ、と制限速度をかなりオーバーして運転したこととなると、数えしれない。

 母は相変わらず、美しかった。健在だった。家にあった洒落た内輪ひとつをお土産に一緒にプリンを食べただけだが、それでも、とても嬉しそうで安心した。まもなく兄夫婦が現れ「たか坊、これから温泉に連れて行くからな」とのこと。母は「たかちゃん、もうチョコットくるのが遅かったら、会えなかったよ」と話していたが私は内心、兄夫妻は長男の責任を果たしており、「立派だな」とつくづく思った。私なぞ、思いつきもいいところ。気まぐれで、たまに顔を見せるだけなのに。
 でも母には、こう言ってやった。
「大陸生まれの俺はきょう葫蘆島(コロ島。私は生後13日目に、ロスケ=現ロシア人に対する当時の侮蔑語=に追われて満州の奉天の生家を母の胸に抱かれて脱出。葫蘆島を経て引揚船で舞鶴に帰国した。兄も一緒だった)から、やって来たのだから。せっかくの命、100までは生きてよ。天下を取ってやるから。見てて」と。「おまえはいつもそういう冗談をいって笑わせる。困ったもんだよね」と母。これには私は内心で「たかちゃんはきっと、そのうちに天下を取る」。そう言い切っていたのはどこの誰なのか、と反論していた。
 帰宅すると「育てたタマネギの話し、してくれたよね。家の軒先に干してあるタマネギの写真見せてくれた。おかあさんに1番、見てほしかった」と舞。すっかり忘れていた、と言うと「タマネギの写真見せたら、おかあさん何よりも喜んでくれたのに。だから、あなたはダメなのよ。いつも、肝心な点が抜けちゃってる」ときた。悪かったな、と私。
 人生とは、失敗するものである。  

【きょうの一文・ことば】
 人間も自然の1部。それを思い起こさせてくれるのが猫です。/ありのままとは(猫のように)生きるために動くことだ。/猫は希望。/ボスニアに生きる猫ってね。(今は)基本的には平和な〈かぜ〉を感じている。平和な場所には平和な〈かぜ〉がふいているんですよ。/相手を思いやる。相手を認めてあげることが一番大切です。
 自分のベストはこれだ、というのはないです。常に次に撮るのがベストです。(動物たちの間で)日々起きている、このことを撮る。ボクは日々の営みから目を離せなくなった。
=6月1日夜のNHK総合『〈プロフェショナル・仕事の部屋〉猫スペシャル』のなかで。動物写真家岩合光昭さんは、自らの体験をもとにこう述べた
※私は、この番組を見ながら能登の七尾で家族共に過ごしていた愛猫てまりのことを思い出した。彼女は半野良で家の中では家族に甘えるが、いったん外に出ると界隈の野良猫を従え、道で買い物帰りの舞と会っても、わざと知らぬ存ぜぬの顔でいた

【新聞テレビから】
☆『JR東海初のノーネクタイ さわやか新夏服』、『一番太鼓華やか開幕 名古屋平成中村座』、『米、パリ協定 あす判断 トランプ氏 離脱方法協議か』、『タリバン一派の犯行か アフガンテロ トラックに爆薬1.5㌧』、『面接解禁 就活大詰め 人手不足、学生優位に』、『中部空港で金塊密輸容疑 愛知の女5人逮捕 計30㌔1億3000万円相当』『金塊密輸急増 中部でも 手口巧妙化 消費増税が機』『高利ざや 低リスク 発覚しても罰金刑』、『退位法案審議入り 衆院委、午後可決へ』、『百貨店 名駅、栄上回る 5月 売上高160億円台に』、『ジブリパーク第1弾は 「トトロのふるさと村」 大村知事発表』、『日本版GPS(衛星利用測位システム)へ着々 みちびき2号打ち上げ 精度向上 自動運転へ期待』、『内閣参与も 前次官に要請 加計学園理事を務める』、『笹子トンネル事故  遺族側の敗訴確定 役員責任認めず』(6月1日付、中日夕刊)
☆『上着廃止 涼やかに出発 JR東海25年ぶり 制服一新』、『藤井四段人気沸騰 愛知「ファンクラブ」準備』、『響く一番太鼓 平成中村座が初日』、『退位特例法案 「女性宮家」施工後に検討 衆院審議で官房長官』、『人手不足学生優位 就活選考スタート』、『測位衛星 打ち上げ成功 日本版GPS 前進 みちびき2号』『誤差 6㌢ 産業利用に期待』、『加計学園「内閣参与が開学要請」 昨年8月前次官と面会時』、『原発避難横浜の男子生徒 いじめ苦しむ人に訴え 味方は絶対いるよ』、『豪雨死者200人超 先月末 スリランカ被災63万人』(1日付、毎日夕刊)
☆『地球博公園ジブリパークに 20年代初頭 トトロの世界へ衣替え』、『アフガン爆弾テロ90人死亡 首都中心部 大使館員ら2邦人けが』『厳戒地区 爆発ドーン アフガンテロ 負傷者「地震かと」』、『三重県立高 違反越境116人 県教委スポーツ強豪校調査 現中3生入学まで容認』、『バイト許可制の校則 違憲では 15歳、北海道に申し立て 弁護士「却下だけど発想感心」』『五輪費用分担 大筋合意 都外経費 350億円 調整先送り』、『母の死亡届未提出50歳男「ずるずると」 高山・遺棄容疑逮捕』(1日付、中日朝
刊)
☆『■皇后さま、初繭掻(はつまゆかき) =皇后さまが31日、皇居内の養蚕所で今年初めて繭を収穫する「初繭掻」の行事に臨まれた』、『カブールでテロ80人死亡 中心部日本大使館2人軽傷』『狙われた首都中枢 カブールテロ 治安もろさ露呈』『ラマダン攻勢の可能性 田中浩一郎氏 日本エネルギー経済研究所中東研究センター長』、『〈日本生命セ・パ交流戦(31日)〉斎藤 2年ぶり白星』『ツーシーム生かし 丁寧に 日本ハム6―1DeNA』、『大関・高安 決意と覚悟 初土俵から73場所「正々堂々」取りたい』『猛稽古「たたき上げ」』、『五輪 都外350億円先送り 費用負担会議 総額不透明に 4者会議』、『米「パリ協定」離脱報道 トランプ氏 数日内に表明 温暖化対策』、『愛らしい「醜い魚(深海魚ニュウドウカジカ) 福島の水族館』、『新潟市民病院 研修医自殺 労災へ 労基署認定「過労が原因」』(1日付、毎日朝刊)

08/4/26