【生きてゆく人間花たち/2017年3月の唄】

平成二十九年三月三十一日
 東日本大震災や東電の福島第1原発事故で全国各地に自主避難した人たちへの福島県による住宅への無償提供が今日を限りに打ち切られた。ふるさとへの帰還を促す狙いとはいうが〈切り捨て御免〉の行政施策のような気がしないでもない。難しい問題だと思う。
 「避難したくて避難したわけではないのに。原発事故がなければ普通に生活していたはず」「買い物や病院など生活インフラが十分でなく、当たり前の生活が出来る状態でなく打ち切りは認められない」といった声が渦巻いていることも確かだ。
 ソウル地検が韓国の朴槿恵前大統領を収賄などの容疑で逮捕。韓国での大統領経験者の逮捕は盧泰愚、全斗煥両氏に次ぎ3人目になる。
        ★        ★

 1日じゅう、雨、あめ、アメだった。寒さもぶり返し桜は開花こそしたものの、満開までには、しばらくかかりそうだ。
 あすのエイプリルフールを前に、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が突如、「わが国はこれまでの挑発的な政策を深く反省し、すべての核開発から撤退し、こんごは国を挙げて世界平和に貢献する」と表明。
 これを受け、米、露はじめ全ての核保有国が即刻、核開発をやめることを宣言。国連軍縮委員会が金正恩委員長をノーベル平和賞に推挙、世界から全ての核兵器が一掃され、地球が平和の星として新たな道を歩き始めた――といった夢を見た。

 昔、新聞社の特報部デスク長時代にエイプリルフールが近づくとは、ことしの4月1日付〈特報記事〉は何でいこうか、とみんなで真剣に論じあった日々が懐かしく思い出される。人類の平和は永遠のテーマであることを、ここにあらためて宣言しておきたい。
 ありえないことが起きる。それがこの世の中だ。これからも平和な世界到来に夢を託していきたい。 

【きょうの一文・ことば】
「エロス、つまり人を愛するということは、それ自体が支配層の強いる『愛国心』への反逆だから。エロスは『個』を大事にすること。平和を大事に守ること。エロスなき世界に平和はない」。
「一人一人が絶えず、言い続けましょう。2足す2は4であると。白は白であると。それこそが言葉を取り戻すこと。平和への最初の一歩なのです」
=31日付毎日夕刊『〈特集ワイド 作家・作詩家 なかにし礼さんに聞く〉自分の言葉取り戻そう 「二重思考」から抜け出せ/エロスは平和を守ること 近著で戦争の「加害」体験も克明に』の記事のなかで。なかにし礼さんのことば

【新聞テレビから】
☆『〈東日本大震災6年〉福島3町村避難指示解除 復興誓い黙とう』『帰郷「まだ考えられない」 自主避難者 県、住宅無償提供終了』『事故時4歳 甲状腺がん 民間基金「県公表せず」』、『隔離法廷 再審請求せず ハンセン病 検察、元患者側に謝罪』『「ゼロ回答」元患者ら憤り 隔離法廷 弁護団、国賠訴訟の方針』、『朴前大統領を逮捕 巨額収賄など疑い ソウル地検韓国史上3人目』『〈解説〉世論と罷免の重大性を考慮(ソウル支局・上野実輝彦)』『朴容疑者 検察車両で収監、独房へ 前大統領の礼遇失う』『日韓交流に影響懸念 中部の関係者 関係改善へ期待も』『本紙が号外発行』、『雪崩事故大田原高捜索 栃木県警、業過致死疑い』、『科学談義朗読会…バーに集った四半世紀 夜の文化発信地に幕 千種の「カルヴァドス」 今夜まで』、『みかじめ料 賠償命令 名地裁 山口組組長ら2人に』(31日付、中日夕刊)
☆『3町村の避難指示解除 飯舘のカボチャ守る 福島市で栽培続ける』『みんなおかえり飯舘で式典』、『朴前大統領逮捕 収賄など13容疑 韓国警察歴代3人目』『裁判所公平性を重視 一連の事件で起訴40人』『支持者ら泣き叫ぶ』、『正男氏遺体北京に マレーシア外交官ら帰国』、『センバツ決勝 順延』、『雪崩大田原高を捜索 危険性の認識捜査 栃木県警』、『免震不正 東洋ゴム書類送検へ 虚偽表示容疑 元役員ら十数人』、『女性研究者に優しい環境へ 大同大 神保睦子新学長(63)』、『ギャンブル依存2.7% 厚労省 全国11都市成人調査』(31日付、毎日夕刊)
☆『住民帰還に高い壁 インフラ整わず/根強い放射線不安 福島3町村避難解除』『「巨大津波予見」国、東電が控訴 原発避難訴訟』『作業用足場下から立ち上る湯気確認 福島2号機ロボ撮影』『伊方差し止め認めず 広島地裁 新基準「不合理でない」』、『違法天下り計62件 文科省最終報告 37人追加処分 歴代次官8人も対象』、『朴槿恵氏の逮捕状審査 質疑9時間、全面否認』、『正男氏遺体北朝鮮へ マレーシア 出国禁止解除合意』、『日本製鉄鋼に制裁 不当廉売、トランプ政権方針』、『発達障害者 気軽においで 息子自死した女性カフェ開き3年 昭和区』、『「体罰ダメ」教頭口論 滋賀 書類送検報告せず懲戒』(31日付、中日朝刊)
☆『3町村 避難指示解除 飯舘・浪江・川俣 帰還1割未満 富岡はあす』『原発避難者訴訟 国と東電が控訴』『伊方原発差し止め却下 広島地裁 住民側、即時抗告へ』、『文科省幹部ら43人処分 違法天下り62件 最終報告』『次官経験3人「停職相当」』『天下り最終報告 開始時期、経緯あいまい 前例ない大量関与』、『正男氏の遺体送還 マレーシア、北朝鮮と合意』、『朴氏審問7時間 ソウル中央地裁 逮捕の可否判断へ』、『「冬山」禁止悩む現場 季節で区切れない 自粛で判断力低下』(31日付、毎日朝刊)

三月三十日
 31日と4月1日に避難指示が解除される解除区域=中日新聞から
 20170331_080826

 政府はあす、東電福島第1原発事故で福島県飯舘村、川俣町、浪江町の3町村に出していた避難指示の一部を解除。翌1日には富岡町でも解除する。4町村の対象住民は約1万2000世帯、3万2000人に及ぶという。対象区域は、政府が設定した3つの区域のうち放射線量の高い「帰還困難区域」以外の「居住制限区域」と「避難指示解除準備区域」。国が3月末までの解除をめざして除染や生活インフラの整備を進めていた。
 これにより、川俣町で避難区域がなくなったものの飯舘、浪江、富岡の3町村と南相馬、双葉、大熊、葛尾4市町村の計7市町村には依然、帰還困難区域があり避難指示が続く。第1原発が立地する双葉、大熊両町となると居住制限区域や避難指示解除準備区域も解除できず、全域が避難区域のままだ。当然ながら買い物や医療を支える生活インフラが整わないばかりか、除染もままならず放射線量への不安も根強い。
 そして。原発事故で傷ついたこれら地域では、ありとあらやる場所で除染廃棄物の詰まった黒い袋が相変わらず日に日に増える一方なのである。
        ★        ★

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシア国際空港で殺害された事件で北朝鮮とマレーシアの両国は30日、正男氏の遺体を北朝鮮にいる家族に引き渡すことで合意した、との共同声明を発表。互いの国民を出国禁止にした措置を解除することでも合意したという。
 タカラジェンヌを育てる兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校ではこの日、第105期生の合格発表があった。競争率26・1倍の狭き門をくぐり抜けた合格者は、こんご2年にわたって声楽やバレエなどを学び、あこがれの宝塚歌劇団の舞台をめざす。

        ☆        ☆
「脱原発社会をめざす文学者の会」の担当者に会報用原稿〈塩屋埼灯台直下にて〉を写真を添付してメールで送り、ほっとする。
        ☆        ☆

        ×        ×
 まだ続いていたのか…。若い世代なら「アートの島」を思い浮かべるかもしれないが、瀬戸内海に浮かぶ豊島(てしま)は、かつては「ごみの島」と呼ばれていた。そのごみの撤去がようやく終了した、と。
――とは本日付中日夕刊1面の〈夕歩道〉
        ×        ×
【きょうの一文・ことば】
 「被害者や遺族にとって、犯人が何歳だろうと苦しみに変わりはないんや」
=30日付中日朝刊『〈少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件①〉法の壁 遺族置き去り』の記事のなかで。1994年10月8日、金属パイプでめった打ちされたアルバイトの長男江崎正史さん(当時、19歳)の遺体が長良川の河川敷で見つかったが、その正史さんの父親恭平さん(愛知県一宮市、72歳)が事件を振り返り、遺族の心情につきこう語った
※私は当時、新聞社の大垣支局長だった。早朝、2階の支局長住宅で寝ていた私たちのもとに「長良川河畔で男性の全裸他殺体2体が発見されました」と警察から入った第1報は今も忘れられない。サツ回り担当の女性記者にただちに連絡する一方、事件が事件なので現場に駆けつけてみると全裸血まみれの遺体二体が警察医による検死を終え担架で運び出されるところだった。血のりがべっとりと付いた手足や体の一部がこれみよがしに担架が揺れるつどその肉体の一部を背後の空中に血として描き、それは奇々怪々なさまを、露わにしていた。
―――世にいう非行少年グループによる長良川・木曽川大量殺人事件の始まりだった

【新聞テレビから】
☆『新名所続々沸く金城ふ頭 子供主役レゴランド 開業前式典』『名古屋を面白い街に お隣のメイカーズ・ピア開業』、『朴前大統領 地裁に出頭 逮捕状審査、結論は未明か』『無言、こわばる表情』、『東芝半導体分社を承認 株主総会、社長が謝罪』、『栃木の雪崩現場検証 県警、業過致死容疑で捜査』『同級生すすり泣き 犠牲の部員、葬儀』、『★宝塚音楽学校で合格発表』、『安城PR動画人気!!  踊る地元女優ゾンビと市民1000人』『増える自治体制作 予算と成果模索を』、『関電残業代17億円未払い 2年間1万2900人分、来月支給』、『着陸やり直し失速、墜落 運輸安全委 八尾空港事故で報告書』、『NHK子会社剰余金948億円 検査院指摘』、『発火事故以降初のサムスン新スマホ 来月米で発売』、『ニセ電話 名簿を押収 愛知県警3人逮捕 組織的、手引も』(30日付、中日夕刊)
☆『夢の舞台へ 宝塚・合格発表』、『東芝、半導体分社を説明 臨時総会 社長、株主に陳謝』、『雪崩の規模確認 栃木県警が現場検証』『雪山講習見直し 関東・東北高体連 安全管理徹底へ』『三重では中止通知 (冬山登山)』、『朴前大統領の逮捕状審査 韓国裁判所 今夜から未明に結論』、『JRゲートタワー 名古屋駅前に完成 レストラン街など来月開業』、『国連ナンバー3に(女性の)中満氏 =中満泉・危機対応局長(53)= 軍縮担当トップに任命』、『ベイスターズ導入 仮想現実で打撃練習 82投手の投球再現』、『ディラン氏今秋末メダル受け取り』、『準強姦医学部生有罪 地裁判決 千葉大生、集団暴行』、『待機児童定義拡大 運用開始17年度から』(30日付、毎日夕刊)
☆『〈少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件①〉法の壁 遺族置き去り』、『林(真須美)死刑囚の再審認めず 毒物カレー事件』、『東芝 赤字1兆円超す恐れ 製造業で最大 WH(ウェスチングハウス・エレクトリック)、破産法申請』、『英、EU(欧州連合)に離脱通告 2年間の交渉開始へ』、『名鉄細長―い ビル 南北400㍍ 名古屋駅再開発で全体図』、『〈クルマ革命〉「相乗り」が変える社会』『〈クルマ革命第2部 シェア社会が来る〉所有から共有へ 相乗り進めば車台数半減も』、『相続財産1800万円 弁護士が一時流用 名古屋、業務停止2年』、『てるみ14年から粉飾 16年9月期 負債 74億円隠す』『旅行保険料返還へ チャブ保険』『内定取り消し者 わが社へ 2社、採用救済へ名乗り』(30日付、中日朝刊)
☆『日本の参加願う折り鶴 核兵器禁止会議』、『英EU離脱通告 期限2年交渉へ 通商・人の移動難題』、『那須雪崩死亡 経験則から慢心 講習会責任者 会見で釈明』『那須雪崩「絶対安全と判断」 ラッセル訓練 講習会責任者会見』、『大阪地検籠池氏捜査へ 森友小 補助金 不正受給容疑』、『JRタワー名古屋 1日開業控えイベント 名古屋駅前を一新 名鉄6ビル一体開発』、『内部留保13社948億円 NHK子会社 検査院改善要求』、『磁場反転で太陽フレア(太陽表面の爆発現象) 名大など初観測』、『旅館「十八楼」50人が食中毒 岐阜』(30日付、毎日朝刊)

三月二十九日
 英国メイ首相が29日、「歴史的瞬間です。後戻りは出来ません」と欧州連合(EU)の基本条約「リスボン条約」50条に基づくEU離脱を宣言。片やトランプ米大統領が28日、オバマ前政権が定めた地球温暖化対策のための環境規制を見直す大統領令に署名、石炭産業などの雇用を優先し二酸化炭素の排出規制を撤廃することなどが柱で、地球温暖化対策に対する国際枠組み「パリ協定」の実施と目標達成が著しく難しい状況となった。
 世界が後戻りしつつある。
        ☆        ☆

 早朝、社交ダンスのレッスン場確保にはじまり新聞チェック、わが家のインターネットのフレッツ光ネクストへの移行切り替えのための準備と電話連絡、執筆、読書と相変わらず綱渡りの1日が続く。そんななか、何にせよ、それぞれひとつ(1曲)で良いから達人に、との信念で「たとえ僅かな時間でも」と横笛、サンポーニャ、ダンスレッスン(ひとりでステップを踏んでみる)にも挑んでみる。

 写真は過去6年に及び町の情報を伝えるため心血を注いだ高橋さん=29日夜。メーテレの〈報道ステーション〉から
 20170329_223258

 夜。メーテレの〈報道ステーション〉で目にしたのが、東日本大震災発生直後から6年にわたって町民の声や生活情報を町の回覧板さながらに伝え続けてきたあの宮城県山元町の災害臨時エフエム放送局「りんごラジオ」が「あさってで終了する」とのニュースだった。
 私自身、山元町は震災直後からこれまでに3度ほど訪れ、637人もの人々が津波にのみこまれて亡くなった被災地をこの目で確かめ、ちいさなプレハブに設けられた「りんごラジオ」局を訪ね、名物キャスター高橋厚さん(74歳)とも、いろいろお話をさせていただいただけに、とても惜しい気がする。このまま続けることは出来ないものなのか。

        ×        ×
 今年の流行語レース序盤。一歩リード「そんたくか」、追う「はしご外し」か。
――とは、29日付毎日夕刊〈近事片々〉。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
「自分の国に裏切られ、見捨てられ続けてきたという被爆者としての思いを強くした」「各国の要人を広島に招き悲惨さを知ってもらうことで核軍縮の重要な役割を担っているというが、米国の核の傘に入り続けるなら、これらは口先だけの責任逃れの行動だ」(核兵器禁止条約の制定交渉で交渉不参加を表明した日本政府に対して)
「核兵器は違法で倫理に反すると宣言する条約の制定がみなさんの任務だ」(交渉参加国に対して)
=29日付中日夕刊『核禁止条約交渉始まる「犠牲者の苦難に言及を」』『「裏切られ、見捨てられた」 広島被爆者が会合で演説』の記事のなかで。広島で被爆した、サーロ―節子さん(85歳、カナダ在住)がニューヨークの国連本部で被爆体験を語りつつ、厳しいことばでこう語った
※サーロ―節子さんは1932年広島市生まれ。トロント大大学院を終了。13歳のときに広島で被爆し、姉やおいを失った。55年にカナダ人と結婚し、同国に移住して核廃絶運動に尽力。国連総会の委員会など世界中で開かれる国際会議で被爆体験を英語で証言する活動を続けている

【新聞テレビから】
☆『核禁止条約交渉始まる「犠牲者の苦難に言及を」』『「裏切られ、見捨てられた」広島被爆者が会合で演説』『不参加日本の席に折り鶴』、『栃木雪崩救助隊証言 犠牲者らくぼ地に集中 「眠るな」 頬たたき』『「やっぱり来なかった…」 大田原高で全校集会 級友ら深い悲しみ』『登山講習も審査対象に 栃木県教委 防止策見直し検討』、『稀勢 左腕は筋損傷 加療1カ月、春巡業休場』、『東京農工大の遠藤氏ガードナー賞に選出 「スタチン(体内でのコレステロール合成に関係する酵素を阻害する物質)」発見』、『WH(ウエスチングハウス・エレクトリック)、破産法申請決定 東芝、損失1兆円見通し』『破綻処理難航予想も』、『温暖化規制見直し指示 トランプ氏大統領令署名 CO2の削減困難に』『就任後最低支持率36%』『トランプ氏生家2億3800万円』、『小型機墜落で書類送検 東京・調布 無許可遊覧飛行疑い』(29日付、中日夕刊)
☆『日中不戦の桜 植樹続け30年 無錫・市民ら式典』、『サーロ―節子さん 「怒り感じる」 核禁止条約 日本不参加を批判』、『悪天候で 訓練なぜ 那須雪崩 救助隊員が疑問 位置発信機持たず』『大田原高悲しみの集会 那須雪崩8人犠牲』、『日比遺骨収集再開へ DNA鑑定など徹底 両政府合意』、『東芝WH破産法承認へ 海外原発事業撤退 新たな損失リスク回避も』、『性別適合手術 キリン 有給休暇付与 リハビリなど最大60日』、『特定秘密 文書存在なし166件 15年末 政府、将来備え指定』、『残業上限 例外は「悪夢」 トラック運転手の遺族反発「過労死多い業種こそ規制を」』、『遺産1.7億円脱税容疑 名古屋国税 一宮の主婦告発』、『(吉田)松陰形見の短刀 米で発見、確認 本人の夢 太平洋を越え』(29日付、毎日夕刊)
☆『高浜再稼働を容認 3、4号機仮処分取り消し 大阪高裁 1年で判断覆る』、『名鉄名古屋駅を拡張 22年度着工 空港ホームも検討』、『訓練変更 引率教員ら判断 栃木雪崩 遭難発信器持たず』『雪が奪った8人の夢』(29日付、中日朝刊)
☆『高浜原発再稼働へ 停止仮処分覆す 大阪高裁 絶対的安全求めず』、『〈検証〉首相、昨秋に検討指示 南スーダン陸自撤収 新任務付与と並行』、『働き方改革 長時間労働に法規制 政府決定 派遣も同一待遇』(29日付、毎日朝刊)

三月二十八日
 名古屋地方気象台が名古屋市の桜が開花した、と発表、昨年より9日、平年より2日遅いという。千種区の気象台敷地内にあるソメイヨシノの標本木でこの日午前10時過ぎ、5輪以上が花開いているのを気象台職員が確認、4月上旬には見ごろを迎えそうだ。この日は岐阜でも開花、平年より2日遅く、昨年に比べ8日遅かった。

 大阪高裁(山下郁夫裁判長)が関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた昨年3月の大津地裁の仮処分について関電からの抗告を認めて取り消す決定。山下裁判長は決定理由で、東電福島第1原発事故後に策定された原子力規制委員会の新規制基準を「事故から得られた教訓を踏まえ最新の科学・技術的知見に基づき策定された」と評価。3、4号機は新規制基準に適合している」とした。
 それにしても、どうしてこうクルクルといったん出された判決がくつがえるのか。そのつど住民は判決に喜んだり苦しんだりで翻弄され続けるではないか。裁判官によって、こうまで違う裁判制度の在り方には疑問を感じてしまう。

 日本の高見沢信林軍縮大使が27日、米ニューヨークの国連本部で同日始まった核兵器禁止条約の制定交渉会合で演説し「建設的かつ誠実に参加することは、困難と言わざるを得ない」として核禁止交渉への不参加を表明。「(交渉に核兵器保有国が参加しないことから)国際社会の分断を一層深め、核兵器のない世界を遠ざける」と不参加の理由を語った。これはこれで分からないでもないが…。やはり、核兵器のない平和な世界が望ましい。

【きょうの一文・ことば】
 どこを歩いても何かを思い出す。何を見ても誰かを思い出す。記憶は俺の頭にあるのではなく、道端に、街角に転がっている。記憶が勝手に俺の頭に飛び込んでくる。人が町を記憶するように、町が人を記憶している。俺は町の一部なんだと思う。同じように、町は俺の一部でもあるのだ。
 駅前まできて方向転換し、車道の中央に車椅子を置き、正面から商店街の街並みに母を向き合わせる。
 母が死んだらこの町から逃げ出せると思い心のどこかで母の死を待ち望んでいた。なのに、いざ母が死んでしまうと、この町が愛おしくなってくる。これはどういう心の変化だろう。俺の中の一部が、町に離れがたさを感じているのだ。
 この景色を胸に刻んでおこう。町のために俺がしてやれることはないが、忘れないでいることはできる。人に忘れられて、初めて町は廃墟になるのだ。この町を守りたいと、初めてそう思った。
=志賀泉の小説「無情の神が舞い降りる」(筑摩書房)から。俺が、死んだ母を車椅子に乗せ町をあるく場面

【新聞テレビから】
☆『名古屋で桜開花 平年の2日遅れ』、『竜に勝利あれ 熱田神宮で選手ら祈願』、『〈県境ものがたり〉能越① あんな島 「ほっとけ(仏島)」 写真・今泉 慶太 文・松村真一郎』、『核禁止交渉に日本不参加 軍縮大使「各国の分断深める」』『対米配慮を優先 核の傘ジレンマ』、『登山講習現場に一任 栃木・雪崩 高体連、変更把握せず』、『爆薬「TATP(過酸化アセトン)製造容疑 警視庁 一宮の男性 書類送検』、『三重・岐阜の医師らミャンマーで尽力 背骨治療国境なし』『名古屋競馬場の移転が正式決定 予算案を優先 可決』『〈論説委員のワールド観望〉北朝鮮工作員は語る ■金賢姫氏の訴え■自殺すれば英雄■教材は日本映画(山本勇二)』(28日付、中日夕刊)
☆『咲きました 名古屋』、『那須雪崩事故 訓練再開 判断が焦点 県高体連 詳細把握せず』『那須・スキー場雪崩 美術部志望一転山岳部/後輩に慕われ 自画像抱え父悲痛 傷ない遺体「目覚ましそう」』『捜査予見可能性が焦点』、『核禁止「実効性ない」 日本演説交渉には不参加 条約会議』『保有国・傘依存国 会場外で抗議』、『司法の闇知る友よ 冤罪訴える仲間と交流 映画に 袴田さん釈放3年』、『酒弱い人 骨粗しょう症リスク2.5倍 慶応大 中高年 女性調査』、『両手首に縛られた痕 千葉 女児殺害 押さえつけられたか』、『「見返り 100万円受領」 組長虚偽診断書 医師ら3人逮捕』『米の慰安婦像撤去 連邦最高裁が却下』、『A1 (人工知能)の目 不審者追跡 日立1秒で数万人判別』(28日付、毎日夕刊)
☆『雪崩高校生ら8人死亡 山岳部員ら40人重軽傷 栃木 注意報発令の中 訓練』『生徒「恐怖で記憶が飛んだ」 急斜面に隊列 新雪前進中』『「おぉ…」足元からうめき 栃木雪崩 周囲に埋もれる生徒』『憧れの存在 犠牲の大金さん 泣き崩れる家族』『大田原高山岳部8年連続全国へ』『油断があったのでは 愛知県山岳連盟北村理事長』『福島でも雪崩1人意識不明 安達太良山』、『愛知工科高講師にプリウス設計者ら』、『通学路カメラに姿なし 千葉女児遺体 連れ去り自宅近くか』『「とても悲しい」帰省中のリンさん母』『「どうすれば防げるか」小学校校長が苦悩明かす』、『「てるみくらぶ」が破産へ 関連旅行会社も営業停止』『シニア照準 過度な宣伝』、『天守閣の入場 11月にも禁止 名古屋城木造復元で市長意向』、『三重県庁職員の飲料に異物混入(コーヒーのペットボトルから界面活性剤を検出) 職場の冷蔵庫に保管』、『「引越社」に賠償命じる 名地裁 元社員の名誉毀損 認定』(28日付、中日朝刊)
☆『高校生ら8人死亡確認 雪崩40人負傷 那須のスキー場 登山講習7校』『雪一瞬で胸まで 生還生徒ぼうぜん 犠牲者先頭校に集中』『安全学ぶ場暗転』『「ベテラン教員引率」 県教委説明』『福島でも雪崩 1人意識不明』、『17年度予算成立 一般会計 過去最大97兆円』、『WH(東芝子会社の米原子炉メーカー、ウエスチングハウス) 破産法申請へ きょうにも 東芝、損失 確定急ぐ』、『顔に殴られた痕 千葉女児殺害 窒息死の可能性』、『〈2017 第89回センバツ高校野球〉「楽しもう」最後まで 早稲田実清宮幸太郎主将 先輩の言葉継ぎナイン鼓舞 =この日早稲田実は東海大福岡に8―11で敗れた』、『■ウィッツ施設継承の神村学園分校認可=鹿児島県が同県の学校法人神村学園が三重県伊賀市に通信制の分校を設置することを認可した。広域通信制で不適切な指導があり、3月末で廃校となる同市のウィッツ青山学園高の施設を引き継ぐ』、『■愛犬家殺人事件死刑囚が病死=埼玉県内で1993年に愛犬家ら男女4人が連続して殺害された事件で殺人などで死刑が確定した元犬猫繁殖販売業、関根元死刑囚(75)が27日、収容先の東京拘置所で多臓器不全のため死去』(28日付、毎日朝刊)

三月二十七日
 暦のうえでは日本各地で桜が花開くので〈さくらの日〉だ、とか。毎日朝刊の〈季語刻々 今昔〉によれば、モンシロチョウ(紋白蝶)の初見日(平年値)は、きょうが彦根、奈良、鳥取で、あす28日が前橋、熊谷、鳥取だという。
 そのチョウが空高く舞うはずのけふの朝、悲劇が突如、起きた。
        ★        ★

 午前9時20分ごろ、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で大規模な表層雪崩が発生、登山講習会に参加していた県立大田原高校の生徒らが巻き込まれたと110番があった。県警や消防の調べによると、この雪崩で大田原高校山岳部の男子生徒7人と顧問の男性教員1人の計8人が死亡、他校の山岳部員ら計40人が重軽傷(うち重傷7人)を負った。
 県教委によれば、この日は県高体連が25日から2泊3日の予定で開いた「春山安全登山講習会」の最終日。雪が多く降ったため当初実施予定だった登山の中止を決定、代わりに7校の計62人が参加、5つのグループに分かれラッセル訓練をしており、大田原高はその先頭だったという。
 それにしても何たることだ。若者たちのゆめと希望が一瞬にして蹴散らされてしまったのである。合掌― 私はなぜか、昭和40年代に後立山連峰弥陀ヶ原で起きた同志社大生のスキーツアーで20数人が行方不明になった山岳遭難を思い出した。あのとき私は松本支局のジープで現場に急行、次々と病院に運ばれてくる学生たちを取材したことを覚えている。

 ソウル中央地検が朴槿恵韓国前大統領(65)の友人による国政介入事件で企業から金銭を受け取った疑いがあるとして、朴氏の逮捕状を請求。大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題に絡む安倍晋三首相夫人、昭恵氏の関与問題、共同通信によるその後の全国緊急電話世論調査によれば、「関与否定は納得できない」とする回答が62・6%で「納得できる」の28・7%を大きく上回った。

【きょうの一文・ことば】
「(当時の心境を聞かれ)朝には肩が動いていたし、やれると思ったから。(出る、と)決めた以上は絶対あきらめないでやろうと」「一つ一つ階段を上っていくような気持ちで追い求めていきたい」
=27日付中日夕刊『「一生の思い出になる場所」稀勢の里優勝一夜明け』の記事の中で。1夜明けての新横綱稀勢の里のことば

【新聞テレビから】
☆『雪崩8人心肺停止か 栃木のスキー場登山講習中 高校生ら37人重軽傷』『短時間で積雪「表層雪崩」か』『ドカ雪救助到着妨げ 栃木雪崩 教員ら無事祈る』『「少しずつしか前進めず」 消防隊員ら』、『朴前大統領の逮捕状請求 ソウル地検 金銭受け取った疑い』、『デモ500人拘束 ロシア、野党指導者も』、『「一生の思い出になる場所」稀勢の里優勝一夜明け』、『女児別の場所で殺害か 千葉遺体 現場に争った跡なく』『明るく人懐こい子が 近所の女性沈痛』、『てるみくらぶ破産へ 旅行中止も 影響』、『〈思うままに〉梅原猛 安倍内閣に「波高し」 危機をどう脱するか』(27日付、中日夕刊)
☆『ホタル舞う大熊を思う いわきに避難の男性=石橋英雄さん(67歳)= 震災前東電と保全活動』、『4059人巣立ちの春 名大卒業式』、『朴前大統領の逮捕状を請求』、『民進「昭恵氏招致を」 参院来年度予算今夕成立』、『稀勢 満面の笑み』、『雪崩高校生6人心肺停止 3人不明 3人重傷 那須のスキー場 登山講習中』、『別の場所で殺害か 千葉女児遺体 現場争った跡なし』『千葉・女児殺害 自宅近くで不明か 600㍍先 通学路姿見えず』『「かわいそう、怖い」地域に悲しみ』、『「てるみくらぶ」破産申請 海外格安ツアー負債150億円』、『「プーチンやめろ」 露反政府デモ1000人拘束「豪勢な生活」首相皮肉る参加者も』(27日付、毎日夕刊)
☆『〈第89回選抜高校野球甲子園球場〉福井工大福井7―7健大高崎 十五回譲らず再試合 福岡大大濠1―1滋賀学園 』『1大会2度 史上初』、『〈核心〉除染汚職事件 急増公務員業者の標的 監督役大量採用 飲食、旅行で接待』『福島県住居無償月内限り 自主避難負担重く「国が一律支援を」』『NPO寄り添う 松本2家族に住まい確保』、『稀勢不屈の賜杯 新横綱22年ぶり』『「奇跡の二番」感涙V 稀勢負傷越え大歓声』『息子信じた両親 「二つ勝つ予感あった」』『「涙出そうに」「心打たれた」 中部でも祝福の声』『〈この人〉大相撲春場所で敢闘賞を獲得 貴景勝光信さん(20)』、『北朝鮮容疑者ら聴取か マレーシア警察 大使館に立ち入り』『正男氏遺体を火葬、北朝鮮へ』、『林鄭氏 香港初の女性長官 =香港行政長官選挙は中国指導部が支持する前政務官の林鄭月娥(りんていげつが)氏、59歳が当選。初の女性長官が誕生』、『「昭恵氏招致を」52% 全国世論調査 首相説明6割が不満』、『小3女児殺され 遺棄 ベトナム籍 千葉、排水路脇に』『母帰省中に「むごい」住民衝撃』、『俳人 栗田(やすし)さんの句碑をお披露目 岐阜、中日俳壇選者』、『「期待背負い次の舞台へ」蟹江町長選 横江(淳一)さん4選で喜び=この項は尾張版=』(27日付、中日朝刊)
☆『福島第1周辺 5市町村避難計画なし 月末指示解除 飯舘村も』『復興支援道路が福島で初の開通 相馬一部区間10㌔』、『千葉県知事選 森田氏が3選』、『けがの稀勢逆転V』『不屈の心 稀勢伝説 新横綱逆転V「見えない力感じた」』『「すごい」 母もらい泣き』、『〈2017第89回センバツ高校野球〉連続再試合 譲らぬ2戦「30回」 手に汗握る投手戦』、『橋の下に小3女児遺体 千葉 首絞められた痕 殺人で捜査』『千葉・女児殺害 登校中狙われる? 「活発、人なつっこい子」』『「地域の目」 通学路に死角 集団登校を検討 松戸市教委』、『開業1年 229万人運ぶ 北海道新幹線 真価問われる2年目』(27日付、毎日朝刊)

三月二十六日
 雨がパラパラと降り続ける小寒い1日だった。でも屋根をたたく雨音がどこか楽しそうに、弾んで聞こえてくるのはなぜか。
        ☆        ☆

 大相撲大阪春場所(エディオンアリーナ大阪)の千秋楽。

 新横綱稀勢の里は本割でつきおとし、優勝決定戦でも照ノ富士を捨て身の小手投げで破り連覇を決めた=NHK総合から
 20170326_175818
 20170326_174112
 20170326_180140

 出場すら危ぶまれながらも左肩と左胸、肘のケガを押して土俵に立った新横綱稀勢の里=本名萩原寛(ゆたか)さん、茨城県出身。田子ノ浦部屋。30歳=が本割と優勝決定戦の二番続けて大関照ノ富士をつきおとしと小手投げで破り、13勝2敗で逆転優勝。二場所連続二度目の制覇を果たし、日本じゅうに感動の輪が広がった。
 新横綱の優勝は1995年初場所の貴乃花いらい、22年ぶり8人目。ちなみに稀勢の里の先代親方隆の里(元横綱)は新横綱で全勝優勝をしている。17年ぶりに4横綱となった今場所は横綱白鵬こそ5日目から途中休場したものの、新横綱の稀勢の里人気もあって、全15日間で入場券完売の「満員札止め」と大盛況だった。

 三重出身の千代の国(東前頭6枚目)が9勝6敗、石川出身の遠藤(同5枚目)8勝7敗、長野出身の御嶽海(東の小結)9勝6敗と、この地方の郷土出身力士も勝ち越すなど満足このうえない歴史に残る場所ともなった。願わくば、関脇琴奨菊(福岡出身、佐渡嶽)の大関復帰も、と期待したが復帰条件の10勝に1勝たらず残念無念に終わった。

        ×        ×
 きょうは、舞の「どうしてもいきたい」の声に従い、昼食を兼ねインドカレーの店「ツルシ」へ。楽しくおいしいひとときを過ごした。ホットチャイを飲んだあとには久しぶりにヨーグルトジュース〈ラッシー〉も味わった。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
 優勝に感涙する新横綱稀勢の里と感極まった表情の両親=NHK総合から
 20170326_180858
 20170326_180813
 20170326_180052

「(涙ながらに)きょうは泣かない、と決めていたのですけれど。本当に諦めないで最後まで力を出してよかったです。支えてくださった方々のおかげです。きょうの自分には見えない力があった。5月場所に元気な姿が見せられるよう、あしたから治療に専念したい」(奇跡の逆転優勝をした新横綱稀勢の里)
「これ以上、傷めなきゃいいが。まあ気力でしょうね。気力とちからが残ったのかな。予期しなかったね、こういう展開は。」(NHK相撲解説者、元横綱北の湖勝昭さん)
「(稀勢の里の捨て身の勝利に)信じられないことが起きました。これほどの大歓声は初めてです。横綱の底力に感動しました。感謝、感謝です。」(同解説者、舞の海秀平さん)
「たいしたものだ。今後に語り継がれる逆転優勝となった。最後まで諦めないことが大切なんだ。」(日本相撲協会の八角理事長、元横綱北勝海)
=26日大相撲で起きた、奇跡ともいえる稀勢の里の優勝に関係者はこう語った

【新聞テレビから】
☆『森友疑惑 核心に迫る』『元財務相「まったく異常です」近畿財務局ではできない 元衆院議員藤井裕久さん』『本省幹部の喚問必要 OB指摘』『財務局が異例の認可催促 府私立学校審議会会長が証言』(3月26日号 しんぶん赤旗日曜版)
☆『夢追うチア全米5連覇 映画モデル 福井商高JETS 「できる」と暗示/ノートに目標』、『オバマケア代替法案撤回 トランプ政権に痛手』、『昭恵氏脇の甘さ露呈 国有地売却 交流広い「家庭内野党」』、『〈元名大生の闇㊥支援〉見過ごされた異変』『「福島帰れよ」同級生母たばこの煙 千葉の原発避難者 小学校いじめやまず再転校』、『新卒採用「増やす」27% 主要企業18年度 就活、売り手市場続く』、『75歳 オート人生走り抜く 谷口選手「悔いなし」』、『深谷さんら 最優秀言の葉大賞授賞式』、『〈サンデー版大図解〉都道府県名の由来』(26日付、中日朝刊)
☆『新横綱痛み押し出場 稀勢の里「最後までやりたい」』、『松井氏「首相が火に油」森友問題』、『緑地公園造成に汚染土 環境省 非公開会合で検討』、『トランプ氏再び「敗北」 オバマケア代案 共和分裂、撤回』、『行ってらっしゃい お兄ちゃん 寅さんの隣 さくらの像 柴又』、『運営ずさん隠蔽入念 兵庫・劣悪こども園 監査超過園児休ませ 定員増急ぎ監視後手』、『ツアー航空券発券トラブル 「てるみくらぶ」』、『〈Sストーリー〉生の証しゼロ戦描く――漫画家・小沢さとるさん(81)の思い』『憧れと祈り漫画に「今日のゼロ戦」144枚 記憶に刻んだ雄姿 平成の特攻隊描かぬ』(26日付、毎日朝刊)

三月二十五日
 ニューヨークが大雪に。ワシントンも風速50㍍の強風にさらされたという。日本列島も各地でまだまだ風がつよく、なかなか春になりきれてはいない。
        ☆        ☆

 大阪での大相撲春場所14日目。左肩付近を負傷しながらもケガを押して出場した新横綱稀勢の里に満場の声援が送られたのだが。やはり、力が入り切らず、横綱鶴竜に寄り切りで敗れた。でも「重傷に休むと思っていた新横綱が出てきただけに、場内にはそれだけで感激。泣いた人々がいっぱいいましたよ」という。
 稀勢の里につき杉山邦博相撲ジャーナリスト(元NHKの名物大相撲担当アナ)は「横綱はとにかく生真面目の人なんです。土俵入りの柏手を見るかぎり、左の肩の筋肉がキレてるようなので90%勝つのは無理でしょう」と話すが、【綱の重み】を体現する力士の姿には、日本じゅうから喝采が送られている。あしたもおそらく土俵に上がるに違いない。
 あと1日、がんばれっ! 稀勢の里
 
 一方のプロ野球。この日ヤフオクドームであった対広島オープン戦でソフトバンクは松坂、五十嵐、サファテの3投手による継投でノーヒットノーランを達成し1―0で勝ち、松坂が勝利投手として戻ってきた。なんでもオープン戦での無安打無得点試合は1988年3月23日に当時の南海(現ソフトバンク)、西川がヤクルト戦で達成していらい29年ぶりだという。ともあれ、これで松坂の完全復活への希望が膨らんだわけで、ことしのプロ野球への期待がひとつ増えたといえようか。
 こちらも、松坂がんばれっ! である。

【きょうの一文・ことば】
 14日目の出場はとても無理だろう。おそらく照ノ富士が優勝するだろうが、素直に喜べない。稀勢の里の今場所の戦いは終わった。私もしばらくは立ち直れないかもしれない。この記事を書くのが実につらい。
 疲れた。食欲もない。差し入れにもらった、みたらし団子とノンアルコールでやけ酒といくか。しかしまだ休場と決まったわけではない。無理はしないほうがいい。なあに、あした(来場所)があるさ。
=25日付中日スポーツ1面『休場危機 悲劇!! 新横綱V目前で 稀勢 左胸重傷』『日馬の一気攻め連勝12でストップ』など1連の相撲関連記事のなかの【〈はやわざ御免 北の富士勝昭(元横綱)〉まさに「好事魔多し」…まだ試練を与えるのか】から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『負傷稀勢の里出場へ 大相撲■春場所』、『オバマケア改廃案撤回 トランプ氏 最優先課題つまずく』『「米国の勝利」民主党は歓迎』『攻防中 クシュナー氏=トランク米大統領の長女イバンカさんの夫=がスキー トランプ氏激怒 CNN報道』『NYダウ7日続落 政権運営に不安感』『米地裁、入国規制を容認 バージニア州 差し止めは変わらず』、『空爆 市民100人超犠牲か イラク・モスル 有志国連合が調査』、『伝え続けた福島の声 地元アナ 2000人取材 ラジオ番組終了』『能登半島地震10年「怖さ忘れず対策」 石川・輪島で集い』、『翁長知事 辺野古反対集会に初参加 埋め立て承認 「必ず撤回」』、『竜 復活の道ここから ドーム前矢田駅』、『声援が僕の手動かす 名古屋車いす人形劇団が20年』、『〈でらサタ〉粋也歌舞伎詞(いきだねかぶきのことば)』(25日付、中日夕刊)
☆『●eye松本刑務所内中学 誓い胸に 全員卒業  写真・文 小川昌宏』、『帰ってきたよ 小笠原諸島のアホウドリ』、『桜通り満開(オオカンザクラとカンヒザクラ) 名古屋・東区』、『オバマケア代替案撤回 医療保険改革 米政権に打撃 共和党決定』、『課徴金「自首で減免」拡充 公取委、違反抑止へ 6位以降でもOK/申請延長も』、『〈ともに2020バリアーゼロ社会へ〉客室バリアフリー化 国交省設計指針策定 通路に転回エリア』、『車いす転落 自殺か 近鉄久居駅 女性はねられ死亡』、『露大統領 ルペン氏招待 仏に親露派期待 選挙前、異例の会議』『露首相の豪勢な生活 ネットで暴露 野党指導者 豪邸・ヨット…視聴1100万回』(25日付、毎日夕刊)
☆『元名大生に無期判決 殺人、劇物 責任能力認定 名地裁「興味本位」求刑通り』『〈解説〉矯正、社会復帰も視野』『〈㊤衝撃 元名大生の闇〉減刑 微動だにせず 説諭に小さく「はい」』『裁判員「更生し反省を」』『犠牲森さんの夫「女房帰ってこない」』『刑務所での精神障害ケア 「最大限に」判決で言及』『精神医学の理解不足 重すぎず妥当な判決』、『小学道徳初の検定』、『部活休養日義務付け 愛知県教委 中学週2、高校週1』、『「誤解解く」とメール公開 首相、森友問題潔白を強調』『「お騒がせしています」昭恵氏、講演で涙』(25日付、中日朝刊)
☆『道徳科の教科書初検定 教科化契機「いじめ」取り上げ 全て合格』、『元名大生に無期 女性殺害・劇物投与 責任能力 認める 名古屋地裁判決』、『昭恵氏証言 市民も要求 100人の約8割「反論は国会で」』『昭恵氏の「関与」攻防 政府文書「夫人付が個人で」 野党「責任転嫁」と強く批判』、『陸自に撤収命令 南スーダン』、『車いす女性はねられ死亡 近鉄・久居駅ホームから転落』、『〈追跡2017 TOKAI東海ワイドWIDE〉新たな「名古屋の顔」へ 「レゴランド・ジャパン」来月オープン 観光振興に高まる期待 相乗効果で世界の東海に』(25日付け、毎日朝刊)

三月二十四日
 大阪で連日、ファンを沸かせている大相撲春場所13日目。きのうまで12戦全勝と破竹の勢いだった新横綱稀勢の里が横綱日馬富士に一方的に寄り倒され初黒星を喫したばかりか土俵下に転がり落ちた際、左の胸を押さえたまま痛みで顔をゆがませ、しばらく動けなくなり救急車で病院に運ばれる事態となった。
 思いもしなかった暗雲。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は14日以降の出場について「あすの様子を見てから」と明言を避けているが、これまで休場は2014年初場所千秋楽の1日だけと健康優良児だった稀勢の里が何ということか。好事魔多し、とはこのことだ。
 このうえはケガの程度が少しでも軽く、早い回復を祈るばかりである。人生いつ何が襲ってくるか知れたものでない。稀勢の里の場合、いつも淡々と土俵を務め自身が苦労し頂点に上り詰め夢と希望を体現させてきただけに、どうか軽いケガですむようにと祈るほかない。なんたることだ。この世には無情な風、悲しさだけしか横たわっていないのか。
        ★        ★

 名古屋で知人女性を殺し、仙台では高校の同級生らに劇物の硫酸タリウムを飲ませ殺人や殺人未遂の罪に問われた元名大女子学生(21)=事件発生当時は16~19歳=に対する裁判員裁判の判決公判で名地裁が「犯行時に完全責任能力があった」として求刑どおり無期懲役を言い渡した。

        ×        ×
 夜。昨夜はあれやこれや、と諸事情から見ることが出来なかったNHK総合の〈2夜連続特集ドラマ絆~走れ奇跡の子馬(後)~〉をみる。舞台は相馬の野馬追で知られる福島で、大震災と原発事故(放射能汚染)のダブルパンチに打ちのめされながらも、震災の日に生まれた馬リヤンを夢の競走馬に育てようと奮闘努力、挫折しながらも家族の絆が深まっていく物語だったが、画面を前に涙がとめどなく落ちた。
 避難先も含め、被災者たちは誰もが今なお多くの苦しみを背負って苦難の道を歩いているのである。

【きょうの一文・ことば】
「お父さん、たら。言い出したら聞かねえ人だべ。」「(3月11日、あの震災の日に生まれた子馬の)リヤンは父と私の夢なんです。どうか力を貸してください。」「あの馬、被ばくしてねえ、って。いいきれるか。」「もう元には戻らないかもしんねえ。」「やっかあ―。ここをなんとかする。俺はあきらめねえ。」
=24日夜NHK総合の〈2夜連続特集ドラマ絆~走れ奇跡の子馬(後)~〉から。その場面の中での登場人物の会話のごく1部

【新聞テレビから】
☆『強き竜へ思いは一つ 松阪屋に「優勝させる会」』、『〈写真グラフ〉「あずさ号」改装した民宿 寝ても覚めても夢の中(写真・文 浅井慶)』、『首相、籠池氏証言を否定 夫人間のメールを公開』『「妻の名誉のため」参院予算委 首相、証言に反論』『昭恵氏怪しまれることしない方がよかった/謝礼記憶ない メールやりとり要旨 籠池氏妻あまりにひどい/土運ぶ費用など3億5000万円足りず』『昭恵氏喚問4野党要求へ』『大阪知事「喚問応じる」 森友問題 府議会百条委設置協議』、『梶井基次郎きょう「檸檬忌」 傷心癒やした長屋保存を 松阪』、『「ロンドンは屈しない」 テロ事件追悼集会』、『橋崩落犠牲学生に学位記 熊本地震 両親「生きた証し」』、『内藤明人氏死去 リンナイ会長、元名商副会頭90歳』『〈評伝〉ガス電子制御先駆け 内藤明人氏 中部経済界「ご意見番」(元経済部・稲田雅文)』、『★宮城と千葉で鶏殺処分 =H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出で22万羽の殺処分を始めた』、『義母殺害疑い 男逮捕 大垣、妻の殺人でも捜査』、『SAKURA寂しい花見 ワシントン』、『陸自PKO今夕撤収命令 防衛相南スーダン5月末まで』(24日付、中日夕刊)
☆『〈東海百景〉忘れないで弥富の文鳥 ブーム去り 市のロゴ 金魚だけに』、『英「テロ 打ち負かす」追悼集会』『容疑者は英在住 52歳 ロンドン襲撃 テロ関連犯歴なし』、『首相、働きかけ否定 夫人付き職員 照会「事務的」 参院予算委』『メールの文面公表 昭恵夫人「寄付記憶ない」 籠池氏妻「誰も信じない」 2人のやりとり(要旨)』 昭恵夫人「権力など使っていない」 籠池氏妻「国の切り捨て許せない』『昭恵氏喚問要求 4野党一致』『自民、メール文面公表』『稲田氏 「夫が立ち会い」昨年1月 籠池氏と国側の交渉に』、『ハガティ駐日大使指名 米政府発表「親日」投資家』『菅氏「歓迎する」』、『「私の直感正しい」 トランプ氏盗聴否定を批判』、『観光客増に一役 北海道新幹線1年 在来線時代の1.7倍 ビジネス利用伸びず陰りも』(24日付、毎日夕刊)
☆『昭恵氏側財務省に照会 森友土地契約籠池氏にファクス 国会証人喚問』『昭恵氏関与を否定』『生々しさ深まる疑惑 籠池氏 「物証」どよめき 証人喚問 「親密さ印象付づけた」』『中部選出の衆参議院 与党信ぴょう性疑問 野党昭恵氏も招致を』『〈中日ボイス〉「解明されず」大多数 首相関与意見割れる』『JR東海社長「事実はない」リップサービス否定』、『藤井四段 無傷10連勝 将棋14歳 デビュー最多タイ』、『名古屋城木造化決定 予算可決 財源、短い工期難題』(24日付、中日朝刊)
☆『籠池氏 証人喚問 首相夫人付き職員が照会 国有地巡り財務省に 野党夫人の喚問要求へ』『官房長官 「関与ない」 夫人も否定』『「籠池ショー」 ウソは誰 私人喚問に不満 「訳分からんことが起こっているなあ」 名指し否定と困惑』『「昭恵リスク」鮮明に 奔放な言動「直感の人」 「府申請用7.5億円に 鴨池氏と業者 契約書覚書に調印』、『8人の身柄拘束 ロンドンテロ 犠牲者は3人』、『タクシー料金7%アップ 4月21日から名古屋地区』(24日付、毎日朝刊)

三月二十三日
「メールをしっかり公表する。その点では一致しました」(証人喚問に立ち、籠池泰典氏を追及した自民党議員葉梨康弘氏=衆院予算委員会の証人喚問で)。一体全体、何が本当で何が嘘なのか。
 
 衆参両院予算委員会での証人喚問のひとこま=NHK総合画面から
 20170323_145949

 20170323_161555
 20170323_150136

 20170323_161355

 国有地が小学校用地として格安に払い下げられていた問題。衆参両院予算委員会が大阪市の学校法人「森友学園」の理事長籠池泰典(本名・康博)氏に対する証人喚問を行った。この結果、籠池氏の証言や残されていたファクスの存在などから、国有地の定期借地契約の延長をめぐって安倍晋三首相の妻昭恵氏付きの政府職員、谷査恵子氏が籠池氏の依頼を受け財務省に照会などをしていた事実が浮かび上がった。
 この日、四時間を超える証人喚問で籠池氏は国有地取得にあたっての政治家の関与につき「政治的関与は、その時々にあったのだろうと認識している」などと話したほか、昭恵氏が2015年9月5日、講演のため学園の系列幼稚園を訪れた際、園長室で同行者を部屋から外させ、人払いした昭恵氏から「(小学校建設を)ひとりでさせてすいません。どうぞ、安倍晋三からです」と述べ、封筒に入った100万円を手渡され、昭恵氏には「感謝」と封筒に書き込んだ講演料10万円を渡した、とも語った。
 さらに小学校建設に関して平成27年10月ごろ、昭恵夫人の携帯の留守電にメッセージを残したほか谷氏を通じて何度も相談。その後、昭恵夫人と籠池氏の妻諄子さんとの間でメールが交わされるようになり、事件が発覚してからは、ことし2月だけでも22回、3月にはこれまでに15、6回のメールのやり取りがあり騒動後は「主人(安倍首相)にとっても、大変なことに巻き込まれたということも理解してほしい」との口止めとも取れるメールが届いた、などとも証言した。

 昭恵氏は、これら国有地をめぐる籠池氏からの依頼電話などについて「何度か短いメッセージをいただいた記憶はあるが、土地の契約に関して具体的な内容は、全く聞いていない」と反論。100万円の寄付についても重ねて否定しているが、さて真相はどうか。寄付も、関与もしていない―というのなら、冒頭質疑でのメール公開も合わせ参考人喚問の場に立って堂々と証言すべきではないのか。きょうの籠池証言を聞く限り国民の多くは、籠池さんの発言の方を信じる。そんな気がして仕方ない。

 いずれにせよ、安倍首相は「私も妻も一切、認可にも国有地の払い下げにも関係ない。関係していたということになれば、私は間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」(2月17日、衆院予算委員会での答弁)と話していたあの首相発言は何だったのか。
 昭恵夫人は喚問の場に立ち、堂々と対峙してこそ〈首相の妻〉ではないのか。
        ★        ★

 きょうの証人喚問を聴いていて、ナンダカ貴重な時間がどんどん吸い取られてゆく気がし途中、つけっぱなしにしていたテレビとラジオのスウィッチを消した。これは、一体何なのか。茶番劇である。名もない国民が、けなげかつ汗水たらして日々を生きているのに。そう思うと、情けなく腹立たしくさえなってきた。愛猫シロちゃんも、舞だって。ほかに私の周りの、この世に生きる多くの人びとが嘆き、悲しんでいる。それともショーとして楽しんでいるのだろうか。
 それと。昭恵夫人の顔がこのところ、だんだんと引きつり見苦しくみえてきた。半面で、天下のペテン師とまで揶揄される籠池氏の顔が1点でひと筋光り輝いてみえてきた。これは、なぜだろう。いまや、彼は過去の原罪を悔い改め聖人となって、政界のウミを出し切ろうとしているのか。国民の期待が集まっていることは確かだ。
 この事件の解明はこれから、だ。昭恵さんは寄付金を渡してないなら「ない」で、正々堂々と国会の場で天下に向かって高らかに言えば良いのではないか。もし嘘をついていたなら、それはそれで夫とともに国民に謝り反省すれば良い。ただそれだけのことだ。ニンゲン、だれとて過ちだらけだ。
 この社会、〈罪を憎んで人を憎まず〉である。すなおに反省し、間違いを認めれば、また前に向かって歩けるはずだ。この茶番劇を見ていて、私は急に懸命に生きる、この世のすべての人々が愛しくなってきた。

♪春一日昏るる国会茶番劇(伊神舞子)、か。

【籠池語録(国会の証人喚問で籠池氏が語ったことば。捨て去るには惜しいので、ここにその一端を記しておく)】
▼トカゲのしっぽ切りで終わらせず、真相究明を(持ち時間が過ぎ山本一太参院予算委員長に注意された際、この言葉が発せられた)▼(国有地八億円の値引きを聞き)私はその時は神風がふいたのかな、と思った。何らかの見えない力が働いた。スピード感をもって物事が動いていった▼昭恵夫人から口止めとも取れるメールが届きました▼事実は小説よりも奇なり。私が申し上げていることが正しいです▼(警察官僚出身の自民党・葉梨議員の喚問に対して)先生がおっしゃっているのは、たたみかけるようで私に対して大変失礼だと思う▼(23億、15億、7億円の三種類の契約書について)それは刑事訴追を受ける恐れがあるのでお答えできません▼はしごを外したのは大阪府知事、はずされたのは私です▼嘘はいけない、と思っています

【きょうの一文・ことば】
 籠池泰典氏が、安倍首相夫人の昭恵氏から百万円を受け取ったとする発言は、真実であるかは別として、具体的で詳細だった。次は昭恵氏や名前が挙がった同席者、財務省の担当者を証人喚問すべきだ。そもそも籠池氏だけを呼び、公的性格の高い人たちを呼ばないのは不合理。今の状態では、片方がうそをついていることになる。お互いが偽証罪に問われる状況で、真相をはっきりさせる第二ラウンドがなければ国民は納得しない。(ジャーナリスト・大谷昭宏さん〈昭恵氏らも喚問を〉)
 籠池泰典氏がどこまで本当のことを話しているか分からないが、ごまかしたり誰かをかばったりしている感じではなく、腹をくくったような印象を受けた。一方、自民党の西田昌司参院議員は国会議員としての質問というより、自民党員として安倍首相や夫人の潔白を証明しようとしている感じで、違和感を覚えたし、がっかりした。(作家・あさのあつこさん〈腹くくった印象〉)
=23日付中日夕刊『「昭恵氏が口止めメール」 籠池氏証人喚問 騒動後の「冷遇」恨み節 100万円「安倍からです」』『「トカゲのしっぽ切り」』の記事のなかで。ジャーナリスト大谷昭宏さんと作家あさのあつこさんの話
※ちなみに、テレビで喚問の様子を見ていたかぎり、私自身も両氏と全く同じ考えであることを付記しておきたい。特に西田議員に対する、あさのあつこさんの違和感は私とまったく同じだった。見苦しいとも言える質問だった

【新聞テレビから】
☆『〈籠池氏証人喚問〉「昭恵氏が口止めメール」 騒動後の「冷遇」恨み節 100万円「安倍からです」「トカゲのしっぽ切り」 昭恵氏らも喚問を 腹くくった印象』『「首相夫人から100万円」「国有地取得政治的関与」 籠池氏を証人喚問』『昭恵氏寄付重ねて否定 菅官房長官』『迫田前理財局長ら参考人招致で合意 参院自民と民進』『根っからの保守自負 籠池氏 特異性際立つ園経営』『「リップサービス発言していない」JR東海広報部』『私学審会長「瑕疵はない」 大阪府、参考人質疑』、『英国会前テロ死者4人に 40人けが イスラム関連捜査』『響くサイレン日常一変 英テロ 日本人観光客「まさか」』『倒れた警官に人工呼吸 下院議員に称賛の声』『見学の小学生ら緊迫 議事堂内』、『2017WORLD BASEBALL CLASSIC■決勝 米猛打、悲願の初V =米国がプエルトルコに8―0で完勝し、初優勝を飾った』、『(韓国南西部の珍島沖で2014年4月に沈没したフェリー)セウォル号、海面上に 沈没原因、本格調査へ』(23日付、中日夕刊)
☆『籠池氏「100万円寄付」証言 首相夫人から2人きりの場 証人喚問 官房長官は寄付否定』『100万円「安倍からです」 籠池氏証人喚問 やり取り鮮明に 追及に恨み言連ね』『地元、中継見守る』『真相究明どこまで』『籠池氏冒頭発言要旨 参院喚問 不行き届き謝りたい 元府議長特別な計らい とかげのしっぽ切りやめて』、『東証1カ月ぶり 1万9000円割れる』、『英議事堂近くでテロ 4人死亡 車で暴走、警官刺す 容疑者射殺』『「民主主義への攻撃」 ロンドンテロ 観光客青ざめ』、『企業爆破浴田氏=連続企業爆破事件で殺人未遂罪や爆発物取締罰則違反などで服役していた元東アジア反日武装戦線「大地の牙」メンバーの浴田由紀子受刑者(66)=釈放 「大地の牙」刑期満了で』、『歩行中死傷7歳が突出 交通事故 自転車は16歳が最多』(23日付、毎日夕刊)
☆『英国会近くテロか 2人死亡、10人以上けが 男を射殺』『審議中止 議員叫び声』、『名古屋城木造きょう可決 市議会』、『中電と火力統合19年にも 東電再建計画「今春合意」』(23日付、中日朝刊)
☆『東電、脱国有化先送り 新再建計画骨子 19年度に判断』、『日本準決勝敗退 WBC』、『名古屋城木造で復元 全国初 予算きょう成立 市議会委可決』、『実技、ひそかに優遇 千葉・県立高入試 体育系事前リスト』(23日付、毎日朝刊)

三月二十二日
 朝の午前7時49分、北朝鮮が日本海側の東部元山(ウォンサン)付近から日本を射程としたミサイルを発射したが数秒内に爆発し失敗したと米軍が発表。このミサイル発射に米軍は、グアムに配備している〝死の白鳥〟と呼ばれるB―1B戦略爆撃機を朝鮮半島に派遣、日韓の周辺空域で両国の戦闘機との共同訓練も実施し北朝鮮への圧力を強めた。
 発射されたのは中距離弾道ミサイルだった可能性が強く、数秒内の爆発に関しては米軍がサイバー攻撃を仕掛けたためでは、との推測も1部に出ている。もし、これが事実としたら。北朝鮮の次なる手が警戒される。いずれにせよ、対北朝鮮が緊迫した状況下にあることだけは変わりない。

 英BBC放送やロイター通信によると、今夜おそく英国会議事堂のあるロンドン中心部のウェストミンスターで走行しながら通行人5、6人をなぎ倒した車が議事堂近く道路脇の柵に突っ込んで停止、車から降りた男がナイフで警察官らに襲いかかる襲撃テロ事件が発生、3人が死亡、10数人が負傷。犯人は射殺されたという。

 名古屋の東山動植物園でオーストラリアのタロンガ動物園から両園の姉妹提携20周年を記念して贈られた雄のコアラ「マックス(4歳)」の一般公開が始まった。
        ☆        ☆

 現在書き進めている吉乃(織田信長の側室)の小説執筆に関連し、各種資料をあらためて読み直してみる。気になるのは、没年齢ひとつをとっても諸説があり、どれが本当なのかが分からない信長の正妻濃姫に関する著述資料があまりに少なすぎ、彼女のたどった道が謎に包まれている、ということだ。

 中日新聞朝刊で連載中である葉室麟の小説〈影ぞ悲しき〉。きょうは266回目だったが、心に残る記述があったので以下にその一部を記録しておく。
  ―記―
 シドッチの話は、およそ次のようなものだった。
 
 わたしは、今から二百四十年ほど前にローマカトリック教会の枢機卿で教皇代理を務められたこともある神学者のニコラウス・クザーヌス様という方を尊敬しております。
 クザーヌス様は、このように説かれました。
 人間というものは、自分の知識を何物にも比べられない、並ぶものがないものだと信じ込んだとき、他人の立場や気持ちを汲み取ることができなくなり、
――独善
 に陥るというのです。
 そうなると自らを省みることなく他人を咎め、責め立ててしまいます。しかし、われわれの知識は闇夜の蠟燭のようなものなのです。
 光は弱く周辺しか照らすことはできません。
 われわれが知るということで得た光は、むしろまわりの闇の暗さ、影の濃さを知らせてくれるのです。それが、本当に知るということなのです。
 だから、われわれは知識を得たからといって、他人を断罪し、さらに他人への過酷な攻撃に走ってはなりません。
 真のカトリック教徒は、宗教が違うという理由で迫害も侮辱もしてはならないのです。
 異なる習慣や伝統に生きている民や国を寛容にキリストの愛へ誘うのです。
 それが神の愛を知った者の使命なのです。
 このようなクザーヌス様の教えを知り、わたしはまことにそうだ、と思いました。

【きょうの一文・ことば】
「今の時代、治安維持法のようなことまではないと思うが、昔のようにちらしを配っただけで逮捕されるような怖い世の中にはなってほしくない」
=22日付中日朝刊『弾圧、乱用「二度とならん」 治安維持法で迫害の過去「共謀罪」法案に懸念』の記事のなかで。三重県松阪市の太田まささん(102歳)がかつて18歳のころ、自宅で寝ていたところ、自宅に上がり込んできた警察官数人から「おい、起きよ」と手を引かれ、いきなり逮捕されたときのことを振り返り、こう語った
※記事によれば、当時は農家が貧困にあえぎ貧富の差が拡大、農民運動が盛んだった。まささんは、抵抗なく運動の会合案内ちらしを配るのを手伝い、共産党の機関紙赤旗を読むなどしていたが、これが治安維持法違反容疑とされた。50日ほど雑魚寝で勾留され、やっと釈放されたが、その後結婚し東京に引っ越してからも私服の特高(特別高等警察官)が訪ね、監視され続けたという。

【新聞テレビから】
☆『清宮フィーバー 場外弾級 センバツ24日、早実登場』『特別な入場経路 /経済効果「34億円」』、『名古屋城木造復元可決へ 予算委 自・民・公が賛成』、『第三者の卵子で出産 国内初 ボランティアが提供』、『米で心臓移植 女児無事帰国』、『「日本一小さな村」駐在さん、ありがとう 愛知・旧富山村 頼られ12年、今月退職』、『日本、準決勝で敗退 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック) 米に 1―2』『「あと一歩」侍の夢霧散 ファン「つなぐ野球信じたが」』『名古屋でもため息 中区・スポーツバー』『千賀選手の好投たたえる 出身地・蒲郡でPV(パブリック・ビューイング)』、『田原白骨遺体で追送検 新城事件被告 傷害致死、遺棄疑い』、『チェーンソー男有罪 津地裁判決 犯行動画「影響大きい」』、『名古屋拘置所長 職員数人に暴行 矯正管区が調査』、『フジ元記者書類送検 組関係者に 名義貸し疑い』、『「森友」 運営の幼稚園 業者が仮差し押さえ 15日、大阪地裁命令』(22日付、中日夕刊)
☆『「平和は築きあげていくもの」文集に 卒業式 愛子さま中学卒業』『〈2017 WORLD BASEBALL CLASSIC〉譲れぬ3度目V 準決勝・米国戦 =日本は米に惜しくも1―2で敗退』、『第三者卵子で初の出産 不妊女性 匿名 提供受け 神戸NPO発表』『〈解説〉親子関係の法整備急務』、『乾通りの桜もっと華麗に 植え替え 本数・品種増やし来春再公開 今春はお休み』、『障害児平均賃金で逸失利益 大阪地裁算定 事故死 施設と和解』『命の価値同じ「前進」』、『(歌人の藤原)定家見た「赤気(せつき)」はオーロラ 極地研 地磁気軸の傾きなど解明』、『記憶力消す酵素 名古屋市大特定 アルツハイマー治療に期待』、『沢村やっと来たぞ 100歳同期兵墓参り 生誕記念戦前 娘と対面』(22日付、毎日夕刊)
☆『「共謀罪」法案国会提出 犯行準備 市民も処罰』『弾圧、乱用「二度とならん」 治安維持法で迫害の過去 菰野の96歳宇佐美さん 「共謀罪」法案に懸念 松阪の102歳太田さん』『賛成派「国際犯罪の捜査 連携には不可欠」』『「他人疑う社会に」「個人情報訴訟の女性』『「思考、議論の処罰」栄で反対デモ』『〈核心〉「テロ対策」にすり替え 「共謀罪」法案提出 政府3事例 現行法で対処可能』、『〈街が変わる〉名駅が一服 金山に脚光 公示地価 割安感で投資呼ぶ』、『原発避難いじめ認定 17日、前橋地裁 国・東電に賠償命令』(22日付、中日朝刊)
☆『障害ある人も おしゃれ満喫 東京コレクション』、『3900人集団訴訟が結審 福島第1原発事故 安全対策怠った』『溶融燃料は 確認できず 福島第1調査延長』、『「共謀罪」法案衆院提出 政府閣議決定 与野党論戦へ』『「テロ対策に便乗」「共謀罪」閣議決定 「どうやって捜査」9・11遺族 実効性に疑問』『法の専門家 賛否溝大きく』、『朴氏が出頭 否認 検察聴取 逮捕の可否検討』、『(環境省が)初の海洋生物レッドリスト 絶滅危惧は56種』、『住宅地9年ぶり下げ止まる 公示価格 商業地2年連続アップ 愛知上昇続く』、『籠池氏「全て話す」か 疑惑発覚以来 発言曲折 あす証人喚問』、『■(愛知県が)ダイコーに撤去費3814万円請求』(22日付、毎日朝刊)

三月二十一日
 ここ尾張の地も朝から肌に寒いシトシト雨がふりつづいたが、夕方には止んだ。
 気象庁が東京都心での桜(ソメイヨシノ)の開花を発表。平年より5日早く、昨年と同日。全国で最も早い開花宣言となった。この日は全国的に雨。この世で桜が咲くために早く咲け、咲け〉とせきたてる催花雨(さいかう)そのものとなった。
        ☆        ☆
 
 国連が〈国際幸福デー〉に指定している20日、世界幸福度報告書2017が公表され、調査対象155カ国中、最も幸せな国はノルウェーだと発表された。2位はデンマーク、3位アイスランド、4位スイス、5位フィンランド、6位オランダ、7位カナダ、8位ニュージーランド、9位オーストラリア、10位スウェーデンの順で北欧勢が上位を占めた。
 ちなみに米国は14位、韓国56位、中国79位、南スーダンは147位、ラストの155位、最も幸せでない国は中央アフリカで日本は51位だった。北欧はかつてピースボートで訪れ、ノルウェーでは海を見下ろす丘で横笛をふき、アイスランドでは地熱エネルギーの現場を訪れるなど忘れられない思い出も多いが、確かにどの顔も輝いており、一人ひとりの幸せ感がピンピンと伝わってきたことを覚えている。
 日本に比べ、どこかゆったりと大らかな国だったが、やはりそうだったか、と実感した。

 政府は〝共謀罪〟を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案を閣議決定、国会に提出。韓国の朴槿恵前大統領(65)が友人の崔順実被告による国政介入事件でソウル中央地検の事情聴取を受け、機密漏えいや収賄などの疑義を全面否定した。朴氏が検察の調べに応じるのは初めてで任意の取り調べは午前9時半から休憩をはさんで午後11時40分まで14時間近くに及んだ。

【きょうの一文・ことば】
 「私たちの朴氏は無実です」(朴槿恵前韓国大統領支持派)「犯罪者を監獄へ」(反対派)
「国民のみなさん、申し訳ありません。取り調べには誠実に応じます」「時間はかかるが真実は必ず明らかになります」(朴槿恵さん)
=21日朝、ソウル中央地検に出頭した朴槿恵前大統領と支持派、反対派の声。韓国大統領経験者への取り調べは、朴槿恵氏が4人目
※この日の朝、朴さんはソウル市内の自宅から紺色のコートとズボン姿で車に乗り込み、取り調べの行われる中央地検へ。自宅前には支持者100人以上が集まり、太極旗や横断幕を掲げて朴さんの無罪を訴えた。地検前にも支持者が集まったほか、朴さんに批判的な団体も集会を行い「朴槿恵を即座に逮捕せよ」などと訴えた。

【新聞テレビから】
☆『★東京都心で桜開花』、『「共謀罪」法案閣議決定 政府、今夕にも国会提出 〈解説〉「テロ防止」の看板疑念(東京社会部・西田義洋)』『「市民活動萎縮する」反対派 共謀罪「国際協調に不可欠」の声も 推進派』『300人抗議デモ』『「共謀罪」成立今国会で 二階氏意欲、民進は「阻止」』、『朴前大統領が地検出頭 初の聴取「捜査誠実に臨む』、『トランプ陣営のロシア接触 FBI(米連邦捜査局)長官 「捜査中」』『日仏原子力協力推進 首脳会談 4カ国=仏米英と日本の海上自衛隊= 軍事演習実施へ』、『私だけ知る戦友・沢村 
 鳥羽の100歳=沢村と同じ1917年2月生まれで離島・坂手島で過ごす中西時次郎さん= あす遺族と初対面へ』、『GPS(衛星利用測位システム)捜査3人再逮捕 警視庁 最高裁判断前に容疑特定』、『〈世界長者番付〉孫氏34位、トランプ氏は……(544位)』、『〈東京発〉欲望の文化残したい 遊郭や風俗専門書店 自身の出版物を中心に扱う「カストリ書房」の店内と代表の渡辺豪さん=東京都台東区で』(21日付、中日夕刊)
☆『これからは私が「支える側」 津波で父亡くした大学生=岩手県大船渡市出身の岩手県立大4年村上智江鯉さん(22)= (4月から)名古屋で介護福祉士に』、『「共謀罪」法案閣議決定 テロ対策 野党「乱用恐れ」 政府 今国会成立目指す』、『日仏、原子力を推進 首脳会談 安保連携強化も一致』、『センバツ雨天順延』、『朴前大統領聴取 収賄容疑など全面否認へ 地検に出頭』、『対北朝鮮 懸念高まる 燃焼実験「米、忍耐政策終わった」 報道官』、『FBI(米連邦捜査局)「トランプ陣営を捜査」 露サイバー攻撃 長官、異例の言及』、『米露関係 さらに悪化も 米保守系シンクタンク・ケイトー研究所 アンドレイ・イラリオノフ上級研究員 シリアなど多くの問題で対立』、『元警察犬 きな子死ぬ 香川 試験に7年目に合格』、『森友補助金取り消し 小学校建設 石井国交相表明』、『日中韓とAI(人工知能)激突 囲碁世界戦開幕』、『取り組むなら「生前」でしょ 小説で学ぶ相続対策 愛知の税理士=税理士の森久士さん(69)=出版』(21日付、毎日夕刊)
☆『養老改元1300年祝う』、『支えたくて はなちゃん薬局 滋賀で開業』『薬剤師、娘介護で「気付き」』、『肥田舜太郎氏死去 100歳中津川市出身 広島で被爆の医師 内部被ばくの脅威訴え』『犠牲の凄惨さ 世界で訴え』、『D・ロックフェラー氏死去 101歳 石油王の孫、米富豪』、『「聖徳太子」 一転復活へ 指導要領 改定案 文科省、批判受け』、『日ロ来月首脳会談 2プラス2 対北で協力一致 北方四島軍備で対立』、『石原氏「副知事に一任」 豊洲百条委 経緯解明されず』、『霞ケ関CC正会員に女性 五輪ゴルフ会場 IOC(国際オリンピック委員会)要請で変更』、『「昇龍道」新組織 トップに英国人 欧米から集客強化』(21日付、中日朝刊)
☆『地下鉄サリン22年 遺族「あの日を思い出す」』、『〈がん大国白書 第5部①〉A1(人工知能)が病理診断 専門医不足カバー』、『G7の結束「重要」 日独首脳が一致』、『日露「北朝鮮自制を」 外相・防衛相 3年4カ月ぶり協議』、『石原氏「既定路線」を強調 豊洲移転「頂点の私に責任」 都議会百条委』『豊洲百条委 用地取得解明できず 石原氏「部下に一任」』『移転推進の自民 追及鈍く』、『東京五輪 ゴルフ会場女性OK 霞ケ関CC「正会員」に門戸』、『トヨタ車体 工場火災 400平方㍍焼く 第2工場使用停止 三重・いなべ』、『未完の「狐道」 完結編公募 内田康夫さん 〝休筆〟 連載分5月発行』、『森友ごみ撤去限定的 国の減額前提「3.8㍍掘削せず」 業者証言』、『■ファッション・ウィーク東京が開幕』(21日付、毎日朝刊)

三月二十日
 きょうは、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じの〈春分〉である。とはいっても、二十四節気によれば、実際は昼の方が夜よりも10数分長いという。

 13人が死亡し、6000人以上が重軽傷を負った1995年の地下鉄サリン事件から17年。多くの死傷者を出した東京メトロ霞ケ関駅で家族らが献花。東京・代々木公園では約1万1千人(主催者側発表)が脱原発を呼びかける「いのちを守れ! フクシマを忘れないさようなら原発全国集会」があった。
 20日は東京都議会の百条委(調査特別委員会)も開かれ、築地から豊洲への市場の移転を決定した当時の知事、石原慎太郎氏を証人喚問。石原氏は「移転を決済した責任は認める」としながらも東京ガスとの用地売買交渉は「当時の副知事(浜渦氏)に一任していた」と従来の説明を繰り返すにとどまった。
 米富豪ロックフェラー家のデービッド・ロックフェラー氏が20日、ニューヨーク市郊外の自宅で心不全のため死去。101歳だった。
        ☆        ☆

 「どうしても行きたい」というので妻のアッシー、すなわち運転手として最近、関心が寄せられている樹木葬で知られる愛西市稲葉町江頭の浄土宗励声山大法寺へ。江南のわが家からは複雑で分かりづらい道もあってか。スマホのぐるナビがてんで役に立たなくて稲沢市内で同じ場所を何度もグルグル回され、大層な時間を費やす結果に。結局は途中、見かけた交番に飛び込んで進路をあらためて教えていただき、やっとこせ目的地にたどり着いた。
 やはり「複雑な地形となると、ぐるナビよりは町のおまわりさんの方が間違いなく頼りになる」事実を身にしみて感じた。

 樹木葬の寺の敷地内には樹齢650年の霊木が。傍らには縁切り不動尊もあった
 20170320_143810
 20170320_150109

 それはそうと、お寺さんにもいろいろあるものだ。
 長谷雄連華住職によれば、この大法寺は、亡きヒトが樹齢650年の霊木(クスノキ)の元で眠ることができる樹木葬で知られるばかりか、〈縁切り不動尊〉〈おわりはじまりの寺〉〈供養のかけこみ寺〉がうたい文句。敷地内には太陽の光を浴びて大地に還る、とされる尊いお墓の数々が並んでおり、ほほえみ区(合祀墓)白蓮華区(小型墓)金蓮華区(大型墓)が用意されていた。
 というわけで、墓地内を隈なく見学させていただいたが、どこか異界を訪れたような気がしたことも確かだ。なんでも、古来より白龍が鎮座する霊木があるのは愛知ではここだけ、とのこと(樹木葬は、ほかに桶狭間・高徳院、豊田・洞泉寺、瀬戸・竜泉寺にもあるそうだ)。大法寺の場合、境内一角には〈縁切り不動尊〉もあり、長谷雄住職から「この世には切りたくても切れない縁が多い。縁切りは縁結びよりも深くて多種多様です。縁結びは縁切りがあってこそ、成就するのです」などと教えられた。
 
 樹木の元には多くの墓石が整然と並んでいた
 20170320_144651

 行き、帰りとも迷いながらのドライブで帰宅した時は、少し疲れが残った。でも、舞が楽しみにしていた樹木葬の現地を見ることが出来、それはそれなりに私も少しは勉強になった。特に丁寧な案内をしてくださった長谷雄住職らとのやりとりの中で今更ながら思い知ったことは「縁を切る、〈縁切りの大切さ〉」だった。〈縁結び〉の「縁」もむろん大事なことではあるが、この世は縁切りで成り立っている、縁を断ち切る。縁を切ってこそ、そこに新しい縁が生まれる。そんなことを思い知らされる1日でもあった。

 実際、〈縁切りの大切さ〉は私の創作活動、すなわち小説などの文学作品を編むうえでもとても重要なことのように思えてきたのである。帰り道。私はハンドルを握りながら「もし私の愛するヒトがなくなったなら。仮想の遺骨をポッケにしのばせ、要所要所をたどり、そこにお骨を散骨したり埋めてあるく、そんな物語でも書こうか」とふと、思ったりもした。
 行く先は、和倉の浜や門前は鳴き砂の浜、三重の的矢、安乗岬、渡鹿野島…。志摩や能登の海をはじめ、琵琶湖畔、上高地、根尾の淡墨桜の根っこ部分、マンサニージョ、エンセナーダ、アムステルダム、ボスボラス海峡、米国西海岸のモントレー、大阪難波や道頓堀、通天閣、フクシマ、長崎、広島の海、私が生まれた奉天等などである。
 そして。そこの海や山里にわが愛する人々の仮想の骨をまいてまわり、いちばん印象深い最期の場所で心中同然に身を断つ。舞は、そんな貴重な創作のヒントを私に与えてくれたのである。都会のど真ん中よりも、出来たら押しくらまんじゅうではない、深山幽谷と星空、はるかなる海、空、川、山、渓谷と渓流があればよい。
 春分の日のつかの間の夢物語は、こうして終わった。

【きょうの一文・ことば】
……聖母マリアが悲しんでいるのは、わが子、イエスの悲劇的な運命を思ってである。青は哀しみを表す色だという。この絵を描いたフィレンツェの画家、カルロ・ドルチは、マリアが腕を組んだ像と袖から親指の先だけを出した像の二つを描いた。
 シドッチが日本に密入国するにあたって持ってきたのは、
――親指のマリア
 と呼ばれる像である。……
=20日付中日朝刊連載小説『影ぞ恋しき 264 葉室麟作 西のぼる画』から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『〈NHKスペシャル〉亡き父へ お父さん見てますか~震災遺児と母、4年の記録~』(20日夜、NHK総合)
☆『格納容器たまり水1.5シーベルト 福島1号機 ロボ投入、鮮明画像』、『水面下交渉「東ガス提案」 豊洲百条委 浜渦元副知事 密約否定』、『チャック・ベリーさん死去 90歳「ロックンロールの父」』『時代を超えた「生きる伝説」』『ミックやリンゴ・スターら悲しみの声』、『科学の甲子園 岐阜高V』、『救命魂は今もそばに 長野ヘリ墜落2週間 大工原さん数々の遺品』『空の活動 他県頼みに 山火事、春山シーズンに不安』、『和紙の「兄弟」サマルカンド紙 世界一美しい紙再び 愛知県芸大 手すきで挑戦』(20日付、中日朝刊)
☆『〈開幕 2017第89回センバツ高校野球〉「人として力高める」作新学院 添田主将が選手宣誓』『至学館惜敗 センバツ開幕』、『豊洲「ベンゼン100倍」報告 小池氏判断焦点に 地下水再調査』『百条委 浜渦氏喚問 強気証言 新事実なし「水面下、東京ガス提案」』『都が隠していたというのは不愉快 当時は、交渉をまとめ 称賛された』『石原氏はきょう喚問』、『「首相の名誉のため」「ショーにするな」籠池氏喚問 懐疑の目』、『「トランプ氏 将来訪中」米国務長官 習氏に意向伝達』、『給食42人分、73人に分配 兵庫 こども園認定取り消しへ』(20日付、毎日朝刊)

三月十九日
 春の甲子園、第89回選抜高校野球大会が兵庫県西宮市の甲子園球場で始まった。エディオンアリーナ大阪で開かれている大相撲春場所は、久しぶりの日本人の新横綱稀勢の里が8連勝するなど空前の大相撲人気に。かつては中日ドラゴンズのエースとして活躍した川上憲伸投手(41)がこの日、ついに現役引退を表明。
        ☆        ☆

 こすも・ここの墓には、舞の手でアルストロメリアの花が供えられた
 20170319_171136

 春分の日を前に、裏庭の一角で眠る愛猫こすも・ここの墓を皮切りに舞の父親、そして私の父の墓の順にふたりで回り、花を供える。暦どおり、季節はすっかり春の風情だ。でも、風は冷たい。それぞれの墓にアルストロメリアやユリ、カスミソウなどを手向けたが、私の父の墓は既に兄弟の誰かが訪れたようで花でいっぱいだったので、少しだけ花を付け足すに留めた。

 墓参りのあとは、久しぶりに私たちの畑〈エデンの東〉へ。
 ここで私が畝ふたつをエッチラオッチラとこしらえ(この作業が結構大変だ)、舞が男爵とキタアカリの種イモを植え付けていった。たまたま実家の書棚に残されていたNHK趣味の園芸〈たのしい野菜づくり〉(日本放送出版協会)によれば、種イモはそのまま植えるより、縦に二つに切って使う方が発芽が早く、数量的にも倍に使えるということなのでそのようにしたが、舞は切り口に腐りを防ぐ草木灰を塗りつけることも忘れなかった。
 植え付けのあとは配合飼料を散布して終わったが、ふたりとも慣れない大役を終え、ホッと安堵の胸をなでおろしたのである。これからは季節が進むとともに、いよいよ草が生え始め雑草との格闘が始まる。この先が思いやられるが、これもわが父が遺してくれた大切で貴重な遺産だと思えば、やりがいもあろうというものか。

 帰ったら。首を長くして待っていたに違いない。愛猫シロちゃんがニャア~ンと声をあげて立ち上がり、からだをすり寄せてきた。シロちゃん、ただいま。元気でいたか、と私。

 私たちの顔を見てホッとした表情のシロちゃん
 20170319_171558
 
【きょうの一文・ことば】
 ▼考えてみれば、「そして」とは深い言葉かもしれぬ。その接続詞の後には、自分次第で変えられる未来や可能性がある▼挫折し「そして、泣き続けた」と続けるのか。それとも、「そして、立ち上がった」と続けるのか。三月の「痛み」にこの三文字を贈る。
=19日付中日朝刊『中日春秋』から。最後の部分

【新聞テレビから】
☆『〈スクープ〉 今月末で避難解除 浪江町で偽装除染 除染したと偽り別の土で数合わせ 環境省、告発受けながら隠ぺい 被災者裏切る大問題 総点検必要』、『森友疑惑 政権直撃』(7月19日号 しんぶん赤旗日曜版)
☆『〈ダーウィンが来た!〉 里山(島根県)の珍魚! ドジョウ 土の中から大群 出現』『田んぼ大好き/ドジョウ/夏の夜の恋』(19日夜、NHK総合テレビ)
☆『〈駐日大使本紙インタビュー〉「日韓合意履行 正しい選択」 韓国内の見直し論懸念』『〈核心〉少女像「対話で解決を」 李駐日韓国大使一問一答 駐韓日本大使不在望ましくない』、『陸自5人一時拘束 PKO(国連平和維持活動)南スーダン政府軍に』、『独自の指針策定へ 名大軍事研究に歯止め 学長「夏までに」』、『国交正常化45周年 北京で歌舞伎公演』、『北方領土経済活動で漁業など具体案提示 日ロ次官級協議』、『津の高齢者施設勤務 92歳看護師=津市久居新町、池田きぬさん=現役です 60歳以上12万人 高齢化進む現場』、『辺野古反対派リーダー 保釈 高裁、抗告棄却 拘束から5カ月』『山城(博治)被告「不当弾圧だ」』、『空港で銃奪った男射殺 仏、利用客ら3000人避難』、『豊洲 基準100倍ベンゼン 再調査で前回数値裏付け』『「都の負担やむなし」百条委 汚染対策費で元市場長』、『ゾウの「チー」また会えた 東山動植物園80周年 骨格標本で人気者復活』『古代ファラオ巨像発見 カイロの住宅街 全体像推定9㍍』、『〈サンデー版大図解〉不足する医師・看護師』(19日付、中日朝刊)
☆『センバツきょう開幕』、『退位後も敬称「陛下」 政府検討 皇位継承対象外に』、『G20反保護主義盛らず 声明 為替安定を再確認』『反保護主義 米が難色 財務相会議 G20声明で攻防』、『米独際立つ対立 首脳初会談 移民・対露で応酬』、『米中対北朝鮮で連携 外相会談 解決策に距離』、『シャバーニ=ニシローランドゴリラ ダマイ=スマトラトラ マックス=コアラ 動物生き生き 間近に 開園80年の東山 展示施設 リフォーム』、『陸自5人 一時拘束 南スーダンPKO政府軍「誤解」』、『「東ガス負担免除を説明」 豊洲百条委で元市場長 石原氏と違い』『「水面下交渉」 証言出ず』、『違法天下り 内閣府元審議官も 文科省あっせん新たに30件超』、『〈ネパール地震 伝える 日曜くらぶ〉俳優の倍賞千恵子さんが、ネパール大地震の震源地を捉えたドキュメンタリー映画でナレーションを務めた』(19日付、毎日朝刊)

三月十八日
 土曜日。江南市内のなじみの本屋さん、杉浦書店から志賀泉さん作の「無情の神が舞い降りる」(筑摩書房)=定価(本体価格一六〇〇円+税)=が届いた。さっそく読ませていただこう。帯には〈「フクシマ」を抱いて生きる…、静かに深く溢れるその思いが伝わってくる。―――渡辺一枝  南相馬出身の作家がはなつ震災文学の決定版!〉とあった。

 東電がこの日、福島第1原発1号機で溶け落ちた核燃料(デブリ)の状況把握をめざす内部調査を線量計とカメラを搭載した自走式ロボットを原子炉格納容器内に投入して再開した。南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊の隊員5人が18日午前10時(日本時間午後4時)ごろ、首都ジュバで調達業務中、南スーダン政府軍に一時拘束されたが、1時間後に解放され、宿営地に戻った。隊員は銃を携行しており武器取り締まり中の兵士が国連要員が対象外と知らないまま誤って拘束、南スーダン政府はただちに日本側に「誤解があった」と謝罪したという。
        ☆        ☆

 今夜のCBC〈ニュースキャスター〉。「〝籠池砲〟永田町激震「首相から100万円…7つの爆弾」真偽は?」をたまたま目にしたが、この中で「森友学園ガンバレ、がんばれ、がんばれっ、モリトモがくえん」のエールが聞こえてきたのには驚かされた。でも、こどもを学園に預けた親たち関係者の立場になれば、わからない気がしないでもない。
 いまや、〈カゴイケさん夫妻〉は時の人。安倍首相夫人の昭恵さんの動向も含め、政界の闇を暴露する〈正義の味方〉に変わりつつある。そんな錯覚すら覚えてしまう。【善人なおもて往生をとぐ いわんや悪人をや】とは、このことか。こんごの成り行きを作家の目で見守っていきたい。この際、関係者は何もかも全てを、徹底的に暴露すべきだと思う。

【きょうの一文・ことば】
「心よりお詫び申し上げます」「(教団元代表の松本智津夫=麻原彰晃、62歳=死刑囚については)宗教団体を犯罪組織にした点で、犯罪者。自分を深く信頼している者を選んで殺人や化学兵器の製造などを命じた」「(一連の事件は科学者ら高学歴の信者が中心になったが)教団が殺人を犯すなどと思って入信した者は皆無」「危険な宗教やテロ組織に入ってしまう背景と、後にテロを実行する背景は区別すべきではないでしょうか」(元オウム真理教幹部の中川智正死刑囚、54歳)
「(中川死刑囚は)事実を伝える最後のチャンスと思ったのかもしれない」「死刑が確定した途端、(加害者の)情報がなくなる現状は納得できない。裁判が終わり、立場が変わった今だからこそ語れることや検証できることもある」(地下鉄サリン事件で駅職員の夫を亡くした高橋シズヱさん。70歳)
=18日付毎日夕刊『中川死刑囚「防止に役立てて」 昨年、手記を公表 20日で22年地下鉄サリン事件 遺族「今、検証できることも」 生成過程詳述専門誌に寄稿』の記事のなかで。中川死刑囚と夫を亡くした高橋シズヱさんのことば
※オウム真理教教団が1995年3月20日朝、東京・霞ケ関駅に向かう地下鉄3路線の5車両内でサリンを散布し、乗客や駅員ら13人が死亡。約6300人が負傷した。警察の強制捜査回避が目的だったとされる。
 なお、中川死刑囚は手記の執筆理由につき弁護人を通じて毎日新聞の取材に応じ「同種事件の再発防止や研究に役立ててほしかった」とその理由を明かしたという。

【新聞テレビから】
☆『日本語で「アサド政権支援やめて」 シリア人女性が動画』、『保護主義に対抗 声明案に盛らず G20財務相会議』、『大阪 稀勢の里フィーバー 連日札止め パンフ増刷 懸賞地方場所最多ペース』、『よいさあ春運ぶ山車 半田・乙川祭り』、『東山80周年幕開け 駆け上がる雄姿 新ユキヒョウ舎公開』、『豊洲 基準100倍ベンゼン 地下水再調査、シアンも検出』『元市場長4人の証人喚問始まる 百条委、石原氏短縮合意』、『B型肝炎給付1割未満 特措法5年、受け取り遅れ』、『性同一性障害 受診2万2000人 15年末延べ数、3年で7000人増』、『天下り新たに違法30件 文科省あっせん 他府省退職者も』、『学校のトイレ スッキリ進化 滋賀、愛知など カラフル/ 語らう場に』(18日付、中日夕刊)
☆『●eye見つめ続ける大震災 宮城・南三陸 包丁で幸せ取り戻す』、『米と独、対ロシア溝 首脳会談 テロ対策は連携強化』、『米司法省が上訴開始 新入国禁止令停止 「不服」』、『米政府の電子情報「救出」進む トランプ政権の削除警戒』、『100万円入金記録 森友学園側公表「昭恵氏から寄付金」』、『ベンゼン基準 100倍 豊洲調査前回上回る』、『水戸市が鳥インフル対策 野鳥に偽卵 繁殖制限』、『あっせん新たに30件 文科省天下り 内閣府職員も』、『〈チェック〉東大女子も留学生もシコふんじゃう? 部員不足の大学相撲 裾野拡大待ったなし』(18日付、毎日夕刊)
☆『原発事故 国と東電に過失 「巨大津波の予見可能」 前橋地裁避難者集団訴訟判決 計3855万円賠償命令』『判決評価も 晴れぬ心 原発避難者一部は賠償されず』『避難者に「寄り添う」原裁判長を原告評価』『同種の訴訟「後押しに」名古屋の弁護団長ら』、『特例法で退位 国会見解 皇室典範に「一体」扱い規定』、『中電 持ち株制へ 20年春までに 3部門分社、傘下に』、『日進刺殺 懲役8~13年 名地裁判決 少年の責任能力 認める』、『精巧な「名古屋」待ち時間に遊び場 レゴの国親子が主役 園内ルポ』(18日付、中日朝刊)
☆『原発事故 「国・東電に責任」「津波予見できた」 避難62人に賠償命令 前橋地裁』『〈クローズアップ2017〉国・東電の無策批判 原発避難者訴訟判決「電源、高所に配置せず」 賠償請求の40分の1 被害者救済なお課題』『寄り添う司法どこへ 原発避難訴訟賠償認める 「一部勝訴」に落胆 認定137人の半分以下』、『〈検証〉「今上」首相こだわり 退位国会見解 高村氏が説得』、『国有地売却 松井知事報告受けず 森友問題「全て部長が決裁」』『発覚後にメール「幸運を祈ります」 昭恵さんから籠池氏妻へ』、『レゴの世界いざ冒険 来月開業前に公開』、『2警官、情報漏えい 三重県警 暴力団に捜査状況など』(18日付、毎日朝刊)

三月十七日
 「巨大津波は予見可能で原発事故は防げたはずだ。東電と国の両方に責任がある」。前橋地裁(原道子裁判長)はこの日、東電福島第1原発事故で福島県から群馬県などに避難した住民ら137人が国と東電に対して計15億円の損害賠償を求めた、いわゆる避難者集団訴訟で東電と国の賠償責任を認め、62人について計3855万円の支払いを命じる判断を下した。
 この判決に対して原告側弁護団は「原発の津波対策をめぐる訴訟で国と東電の過失が認められたのは初めて。『福島原発事故は人災だった』ということで極めて大きな意味がある」としている。判決の骨子をここに記すと、以下の通りである。
 ▼国と東電は巨大津波を予見でき、原発事故は防げたはずだ▼東電は安全性よりも経済的合理性を優先させた▼国は東電に対する規制権限を行使せず違法▼国と東電は原告62人に3855万円を支払え

 ただ、この判決に対してはこんごの同種訴訟への期待が膨らむ一方で、いまなお苦しい避難生活を強いられている福島県民や原告の間で賠償金の少なさに対する不満が出ていることも事実だ。裁判とは裏腹に現実は国と東電の賠償額に大きな差があり、なかには「賠償太りだ」と囁かれる被災者までいるのも現実で、難しい問題である。
        ☆        ☆

 いまでは「熱砂」自慢にまで育った第22回目のテーマエッセイ=テーマは〈まわる〉=の作品「回る回る 回転すし」が、大津市在住作家の「熱砂」同人眞鍋京子さんから速達の書き原稿で届き、編集作業に当たる。眞鍋さんは、ことし11月には満90歳になられるが、やはり作品には味わいがある。高齢にもかかわらず、その内容は相変わらず優しさに包まれ、なんだか読んでいて生きることの大切さを改めて教えられる。
 皆さん、テーマエッセイをぜひ読んでください。ネ!

 深夜遅くになり、「熱砂」での眞鍋さんの作品公開を確かめ遅いとは知りつつ彼女に電話。久しぶりにお元気な声に接し、滋賀の同人誌「くうかん」(以前、眞鍋さんが代表を務めていたが現在休刊中)復活のことなどに話が弾んだ。

 きょうは先日、いわき市の被災地を訪れた際にお願いしておいた〈みだれ髪・いわき名産〉の網元伝承の味・めひかり甘露煮も夜に入って、塩屋埼灯台直下の土産物店からわが家に届いた。ナント、酒の肴として絶好の磯物語・かに入りみそまでがサービスではいっていたではないか。
 デ、しゃきしゃき美人の店主馬目由貴子さんにさっそくお礼のメールをすると「お待たせしました。喜んでいただきありがとうございました。又お会いできる日を楽しみに……」の返信メールが海を超え、届いたのである。ありがとう。馬目さん!

 届いた〈めひかり甘露煮〉と〈かに入りみそ〉
20170317_214548
 20170317_214051

【きょうの一文・ことば】
「校舎はプレハブだったけど、どれもこれも大切な思い出。心にあるふるさと雄勝を大切に未来に羽ばたきます」「つらいこともあったけど、あっという間の六年。一緒に過ごした校舎は思い出がいっぱいです」
=17日付中日夕刊『〈東日本大震災6年〉仮校舎で6年巣立つ 石巻の小学校 最後の卒業生4人』の記事のなかで。東日本大震災の津波で2階建て校舎が全壊、このため元の場所から10㌔以上離れたプレハブ仮設校舎で授業を続けてきた宮城県石巻市立雄勝小卒業式での卒業生岡崎鈴さん(12)らのことば
※この日、6年生4人は140年以上の歴史がある雄勝小の最後の卒業生となった

【新聞テレビから】
☆『〈写真グラフ〉名古屋 かけつぎ職人 大切な服に再び命 生地の傷丁寧に修復(写真・文 布藤哲矢)』、『〈東日本大震災6年〉仮校舎で6年巣立つ 石巻の小学校 最後の卒業生4人』『五輪野球ソフト福島で IOC(国際オリンピック委員会)決定 2020年東京 復興支援』、『ZOOと語って勇気の歴史 東山「ゾウ列車」広場の名に=かつてアジアゾウ「マカニー」と「エルド」の2頭が飼育されていた園内一角を東山動植物園の開園80周年も兼ね「マカニーとエルドの広場」と命名、18日から一般公開』、『日本ガイシ、定年65歳に 来月から ベテラン活用へ延長』、『2警官、組員に捜査情報 三重県警、容疑で書類送検』、『自身の文民統制も調査 PKO(国連平和維持活動)日報問題で稲田氏』、『運転手、新卒じわり増加 大卒女性タクシーに新風 つばめ系今春入社10人』、『〈大波小波〉「タラレバ娘」の自己決定 (肝煎り)』(17日付、中日夕刊)
☆『福島の酒蔵復興落語に 歌川幸運さん大須演芸場で披露「自分も救われた」』、『H2A33号機打ち上げ成功 情報収集衛星搭載』、『退位 議長案決定へ 「特例法」各党と全体会議』、『森友100万円 昭恵夫人、寄付否定 予算委、籠池氏喚問議決へ』『補助金取り下げ森友側から連絡 国交省に』、『岡部陸幕長が保管認識否定 南スーダン日報』、『ミサイル初の訓練 秋田』、『米、東芝経営に懸念 政府間で情報共有』、『任官拒否者卒業式出席認めず 防大生の詐欺事件契機』、『露側、フリン氏へ5.6万㌦ 米補佐官就任前 政府系など3社』『トランプ氏盗聴 上院「証拠なし」』(17日付、毎日夕刊)
☆『籠池氏、23日に証人喚問 「首相側から100万円」主張 首相、昭恵氏ともに否定』『「心酔」一転首相に矛先 参院予算委視察 籠池氏「全ては国会で」』『窮地の中 突き放され 保守系政治家人脈』、『統幕幹部が非公表指示 PKO日報 陸幕長にも保管報告』、『ノバルティスと元社員無罪 東京地裁 論文、広告に当たらず データ改ざんは認定 薬事法の限界露呈』、『近鉄 名駅にホテル復活へ 再開発エリア 商業施設、縮小視野』、『WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)蒲郡出身の千賀投手 育成から世界へ 両親感慨』、『「十津川警部」渡瀬恒彦さん死去 前日まで仕事に意欲』(17日付、中日朝刊)
☆『福島第2原発廃炉へ 東電、1号機から 残り3基も検討』『県民は「全基」を要請 福島第2・1号機廃炉へ』、『「北朝鮮 非核化失敗」 米国務長官 首相・岸田氏と会談』、『籠池氏23日証人喚問へ』、『統幕幹部日報隠し指示か 南スーダン 陸自保管1月判明』『日報釈明歯切れ悪く 南スーダンPKOデータ隠蔽疑い 「回答控える」陸幕長連発』『官邸、稲田氏を擁護』、『入国禁止 再び司法拒否 米連邦地裁 差し止め仮処分 トランプ氏「最後まで戦う」』、『ようこそ「四季島」へ JR東日本の豪華寝台列車「四季島」が披露された。最高料金190万円の客室は伝統的な和室仕様に』『内装 和の美凝縮』、『■外国人女流棋士=ポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスさん(25)=が初勝利』、『家出16歳少女と同居 自衛官=航空自衛隊入間基地の1等空尉(38)=を逮捕 埼玉 未成年者誘拐容疑』(17日付、毎日朝刊)

三月十六日
 「2015年9月に講演で訪れた安倍晋三首相の妻昭恵さんから『安倍首相からです』と言われ、小学校開校への寄付金として百万円を受け取りました」
 以上は、あの大阪市の学校法人「森友学園」理事長籠池泰典氏がこの日訪れた参院予算委の視察団などに暴露した言葉である。

 こんな風雲急を告げる流れの中、自民、民進両党国対委員長が電話会談、「森友学園」の理事長退任の意向を示している籠池泰典氏の証人喚問を23日の衆参両院の予算委員会で行うことで合意。籠池氏に対する証人喚問がいよいよ17日の議決で正式決定する。
 それにしても、このところは連日、籠池、かごいけ、カゴイケ…で籠池さんはじめ、安倍首相夫人の昭恵さん、その他国や大阪府など関係官庁のお役人さんと誰のことばを信じてよいものやら。ちまたは籠池フィーバー一色に揺れトランプ米大統領の発言も、かすみがちである。

 いわば、時の人こそ「籠池泰典さん」その人なのだ。それこそ、いま最も視聴率が取れるとさえ言ってよい。でも。もしかしたら、この籠池さん。この先日本の政界に驚きの一撃、いや衝撃のドラマを与えるやもしれぬ。これによって政界のウミが出されることになるなら、この際、籠池さんには大いに真相を語ってほしく思う。
 戦前の教育勅語を本気で園児に教えようとしていた彼のこと。社会に一投を与えたといえなくもない。確かに国粋、軍国主義の危険な一面は断罪されるべきではあろう。でも、教育勅語の全てが悪い、と決めつけることが出来るのだろうか。「第一、みんな教育勅語の中身を知らないのじゃないの」とは、わが朋友の言でもある。
 真の民主主義とは何か。こんごの成り行きを日本じゅうが固唾をのんで見守っている。
        ☆        ☆
 
 社交ダンスに小説執筆、横笛ふき、各メディアのチェック、愛猫シロとの語らい……。きょうもあたふたと1日が過ぎていった。このうちダンスのレッスンは1級のルンバ、チャチャチャで「あと、ひと息よ」と先生。そのうち自分に納得できるダンスができたら、イイナとも思う。

【きょうの一文・ことば】
 余命一年の告知を受けていましたので覚悟はしていました。でも弟を失った、この喪失感は何とも言葉にはなりません。同じ俳優として過ごした日々が思い返され、その情景が断ち切れず、つらさが募るばかりです。
=弟の俳優渡瀬恒彦さんを病で失った兄で俳優の渡哲也さんのことば※恒彦さんは14日、多臓器不全のため死去。72歳だった 

【新聞テレビから】
☆『PKO日報陸自も保管 稲田防衛相 隠蔽の可能性言及 野党「即刻辞任を」』『統率力への疑問強まる(新開浩)』、『オランダ極右伸び悩む 下院選 与党、第1党維持確実 大衆迎合主義に歯止め』、『米、0・25%利上げ FRB(米連邦準備制度理事会)トランプ政権下で初』、『英誌アジア大学ランク 東大7位 名大35位』、『iPS(人工多能性幹細胞)網膜移植経過良好 術後2年、理研発表』、『渡瀬恒彦さん死去 72歳 ドラマ「十津川警部」』、『白鵬が休場 春場所』、『取りこぼさない ちりとり発案 豊橋工高の2人 秘密は「24度」』、『暴力団初の2万人割れ 警察庁まとめ 排除で資金源先細り』『指示役? の組会長逮捕 コンビニATM(現金自動預払機)不正引き出し』(16日付、中日夕刊)
☆『新入国禁止令を停止 ハワイ連邦地裁 米政権、上訴へ』、『陸自にもPKO日報 防衛省、公表せず』『稲田氏、特別監察を指示』、『緊急事態条項「検討」 衆院憲法審 自公と民進表明』、『米3カ月ぶり利上げ FRB トランプ政権で初』、『住民税システム不具合 6月からの天引き影響も』、『ありがとう、さようなら 愛知の小学校卒業式』、『幻のレシピ復活 YOROしく 「養老サイダー」社長急逝17年、妻が発見』(16日付、毎日夕刊)
☆『令状なしGPS(衛星利用測位システム)捜査違法 最高裁 新たな法整備促す 「プライバシー侵害」』『人権重視に「満額回答」 GPS捜査 違法 若手弁護団 「新時代の判断」』『警察衝撃 摘発難航か 「条件満たせば使える」歓迎も』『〈解説〉不透明な運用に警鐘(東京社会部・清水祐樹)』、『「女性宮家」検討を』明記 国会見解案提示 退位、特例法で』、『正男氏遺体 子のDNAで確認 マレーシア副首相明かす』、『手紙の応援励みになったよ 岐阜・加納小に 原発避難いじめ生徒 返信』、『侍 準決勝へ WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)』、『パナ社員 過労自殺 富山138時間残業で書類送検』、『自賠責保険金隠し脱税 国税告発 松阪の整骨院、5500万円』、『NHK元記者逮捕 山梨県警 前任地でも強姦容疑』、『河村市長に脅迫投稿 市公式サイト「月内に辞職を」』(16日付、中日朝刊)
☆『〈科学の森〉廃炉ロボ作業の切り札に 福島原発強い放射線、情報不足が開発のハードル』『令状なしGPS違法 捜査に立法必要 最高裁プライバシー侵害 警察庁、自粛通達』『違法判断「満額回答」 GPS捜査最高裁判決 弁護側、高評価 「令状なし」批判続け 「捜査後手に」警察危機感』、『退位特例法あす提言 議長案 女性宮家検討促す』、『久保6期ぶり王将 4勝2敗郷田の3連覇阻む』、『森友国有地売却 大阪府、協議記録残さず 対財務局 問題検証困難に』『籠池氏と「父が交流」 稲田防衛相、国会答弁で』『「政治家から金 籠池氏が証言」面会した作家』(16日付、毎日朝刊)

三月十五日
 最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)が15日、裁判所の令状を取らずに捜査対象者の車両にGPS(衛星利用測位システム)発信器を取り付ける捜査手法について窃盗事件の上告審判決で「憲法で保障するプライバシーなど重要な利益を侵害する」として違法とする初判断を下した。
 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次リーグE組の2試合が東京ドームで行われ日本はイスラエルを8―3で破って3選全勝として1位で4大会連続の準決勝進出を決めた。日本はこれで1次リーグから無傷の6連勝と快進撃を続けている。「次が1番難しい準決勝です。なんとか乗り切って世界1になりたい」とは、日本代表の小久保監督。
 読売新聞がこの日一部地域の7日付夕刊と8日付朝刊に掲載した「帰還しない職員 昇格・昇給なし 楢葉町長」の記事で、福島県・いわき支局の男性記者(25)が町長に取材をせず談話を捏造していた事実を明らかにした。同社は15日付朝刊で談話部分を削除するとの「おわび」を掲載、記者を懲戒処分にする、としている。
        ☆        ☆

        ×        ×
「熱砂」同人の詩人牧すすむさんから届いたテーマエッセイ「駐在さん」=テーマは〈まわる〉=を公開。テーマエッセイは、今回が22回目で「よくぞこれまで続いている」といったのが偽らない実感でもある。同人は皆、忙しい仕事の合間をぬっての執筆活動だけに、1人ひとりの頑張りと努力を称えたい。そして、さらに高みを目ざしていけたら、と願っている。

 3月15日現在の公開作品は、以下の通り。
「女子高生の焼身自殺」/伊神権太、「駐在さん」/牧すすむ、「まわしまわる一日」/真伏善人、「いつまでまわる」/黒宮涼、「まわる」/平子純
        ×        ×
【きょうの一文・ことば】
 「おいしいコーヒーを出すのが生きがいなのに」「浪江は、病院はおろか買い物すら原発事故前の生活環境からは程遠い。復興住宅の入居者募集に思わず飛びついちゃったけど、冷静に考えれば、どうすればいいのか」「いつか古里でお客さんにコーヒーを出して味わってもらいたい」
=15日付『〈東日本大震災6年〉 統合失調症の女性 復興住宅入居に不安 「古里でコーヒー」願い 浪江の作業所帰還めど立たず』の記事のなかで。東電福島第1原発事故で福島県浪江町から二本松市に県内避難している志賀千鶴さん(59)は自ら働く喫茶店「コーヒータイム」でこう語った

【新聞テレビから】
☆『〈時論公論〉GPS捜査で最高裁判決 捜査と人権は』(15日夜、NHK総合)
☆『〈美しく愛(かな)しき人々 岡野弘彦〉太宰治 青年期の思いが結ぶ縁』、『米東部大雪6000便欠航 NY州など非常事態宣言』、『楢葉町長の談話 読売記者が捏造 おわび掲載、処分へ』、『浜岡県外避難先愛知など12都県 静岡県、原発事故想定し公表』、『ベア14年以降で最低 集中回答日 官製春闘に限界』、『日本農業「第一の標的」米通商代表指名 ライトハイザー氏』、『元刑務官2人再審認めず 受刑者放水死で名高裁』、『府提出分に設計事務所印 「森友」契約書 無断使用の可能性』、『思い出読んで聞かせて 田原の図書館 認知症の人ら 巡回で成果』『「生きがい創出図書館の役割」』(15日付、中日夕刊)
☆『集まれ 各地のコウノトリ 滋賀(東近江市西部の愛知川沿い)に3羽飛来』、『朴前大統領21日聴取 韓国検察通告 出頭求める』、『シリア軍空爆 「戦争犯罪」 国連調査委 学校や病院を攻撃』、『左派政党を若者指示 オランダ下院選 世論調査で1位 米国の入国禁止令後、ボランティア急増』、『職場スカーフ禁止「合法」 EU(欧州連合)司法裁、社内規則を優先』、『官製春闘息切れ鮮明 ベア前年割れ続出 集中回答日』、『米「日本第一の標的」 次期通商代表 農産物交渉巡り』、『中国全人代が閉幕 国内外の安定 最重視』、『森友土地どうなる 校舎維持主張、長期戦も』『稲田氏の答弁に自公幹事長懸念』、『読売記者談話捏造 楢葉町長を取材せず おわび掲載』、『新幹線で停電 運転一時中止 三島―静岡間』(15日付、毎日夕刊)
☆『甲子園練習女子マネ〝初登板〟 ヘルメット姿でボール渡し』、『稲田氏、答弁撤回し謝罪 森友訴訟出廷認める 籠池夫妻から献金も』『稲田氏「記憶違い」不自然 「矛盾だらけ議員の資格ない」 弁護士批判 識者「稚拙」』『弁護士出身の稲田氏 「保守」首相と信条近く』、『東芝、海外原発撤退へ 決算再延期 米WH(ウェスチングハウス・エレクトリック)破綻処理検討』『「他の難民申請者も紹介」 福島除染 仲介バングラ人証言』、『空き家玄関学生施錠か 能登・女子高生殺害 下宿先を捜索』、『動画「子どもに見てもらいたくて」 チェーンソー男に1年6月求刑』(15日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年〉父さん、私も漁師になる 25歳「いつか一緒に福島で」』、『小学校パンフ 森友、無断で著名人写真 保守系文化人 疑惑浮上で距離』『稲田氏、答弁撤回・陳謝 「森友」裁判出廷認める 野党「虚偽」辞任要求』『07年に1.2万円 籠池氏が寄付』、『東芝WH株過半売却へ 米原発子会社 決算、4月に再延期』、『英首相「国の将来決定」 議会可決 EU離脱通告、27日有力』、『中学「非行生徒リスト」配る 顔写真入れ自治会長らに 埼玉・熊谷 あり得ない話だ 連携が短絡的だ』、『日進殺人 弁護側「少年院が相当」 検察、懲役10~15年求刑』(15日付、毎日朝刊)

三月十四日
 今の季節は、春の足音がそこはかとなく進んで花開くころだ。
 あゝ、それなのに。ここ尾張の地は、ふく風が強くて真冬のように寒い。なんでもアメリカ東部のニューヨークなどでも季節外れの大雪に見舞われ、空の便の欠航が続出する事態になっているそうだ。

 19日から始まる春の甲子園を前にした練習で、女子マネジャーが初登板しヘルメット姿で練習補助を行った。女子マネジャーが練習に参加したのは21世紀枠で出場する不来方(こずかた、岩手)など3校で外野ノッカーにボールを渡し「一生記憶に残る時間でした」と皆、感激の面持ちだったという。
 稲田朋美防衛相がこの日の衆院本会議と参院予算委員会で大阪市の学校法人「森友学園」の訴訟に関与していない、との答弁を撤回し謝罪した。決算発表の再延期が波紋を呼んだ東芝が国内の原発事業は維持し、海外からは実質的に撤退する方向だ、とのこと。

【きょうの一文・ことば】
「僕が原発に反対する理由は、使用済み核燃料の置き場がなくてコスト高になる、その現実の一点だけです。安全か危険かは水掛け論になる。反原発が思想で原発容認が現実だとするなら、思想は現実に勝てないと思います。僕はやはり、南相馬で店を再開しつつある同級生たちにエールを送りたい」
=14日付毎日夕刊『〈Interview 志賀泉さん(作家)〉 被災「個人」の視点から 葛藤描く『無情の神が舞い降りる』 【鶴谷真、写真も】』のなかで。東日本大震災と原発事故の被災地、南相馬市小高区に生まれ育った作家志賀さんは、原発に反対する理由をこう語った。
※志賀さんは〈脱原発社会をめざす文学者の会〉のメンバー。ちなみに、筆者の鶴谷記者は『真の脱原発の道筋は、本書が描くような、原発事故に翻弄される地元住民のいわく言い難い「痛み」を理解した先に開けるのだろう。』と結んでいる。

 14日付毎日夕刊紙面
 20170314_183830

【新聞テレビから】
☆『世界農業遺産 3地域申請へ 静岡のワサビ栽培など 三重の海女、ヒノキは 日本版認定』、『半田生まれ復刻「カブトビール」 戦前の味 納屋橋に新風 ゆかりの地 バー開店へ』、『稲田氏「出廷したと推測」森友訴訟 答弁撤回、謝罪へ 野党は辞任を要求』『私も子どもも傷つけられた 「韓国人嫌い」手紙受けた女性が心境 森友運営の幼稚園』『森友側の刑事告発検討 大阪府 建築費過少申告疑い』『売却額の非開示 国側「正当な理由」森友問題で口頭弁論』、『東芝決算再延期承認 来月11日まで』、『三菱重140億円支払いへ 原発廃炉で米電力会社に』『福島1号機でも核燃料を調査へ ロボットを投入』『カード情報9400件流出 ヤマサちくわ 悪用被害30件超』(14日付、中日夕刊)
☆『〈Interview 志賀泉さん(作家)〉被災「個人」の視点から 葛藤描く『無情の神が舞い降りる』【鶴谷真、写真も】』『〈東日本大震災6年〉もう独りじゃない 昭和大津波で家族亡くした母大往生 2度の被災娘が語り継ぐ』、『「実情知って」海外被害者支援会設立 テロで犠牲の妻と共に 国の弔慰金国内事件と差』『EU(欧州連合)離脱通告27日有力 英首相に権限 議会可決』、『東芝決算 再延期 来月11日発表で調整』、『「森友」訴訟 稲田氏「出廷と推測」04年 裁判所に記録』『野党強く批判』『「森友」の告発検討 大阪府』、『徳間書店買収 ツタヤが方針』、『ニュース女子反論動画 沖縄続編 製作会社ネット配信』、『〈東海百景〉春の香りに誘われ =名古屋市天白区の市農業センターではしだれ梅が満開となり、観光客を楽しませている』(14日付、毎日夕刊)
☆『退位特別法今国会で制定 典範に根拠民進が容認』、『南海トラフ地震で広域避難145万世帯 東大試算 東日本大震災上回る』、『C型肝炎7000人未救済 薬害訴訟 来年1月提訴期限』『「医療機関 協力を」 カルテ存在 給付金受けた男性』、『残業月100時間未満で決着 労使合意 過労死遺族は反発』『過労死根絶遠く 残業「月100時間未満」 繁忙期なら命落としてよいのでしょうか 電通過労自殺高橋(まつり)さんの母コメント』『人はロボットじゃない/夫100時間で亡くなった 安城の遺族』、『〈特報〉第二の森友? 新たな疑問』『加計学園 愛媛・今治に 獣医学部計画 理事長は首相の「腹心の友」 系列保育施設で昭恵氏名誉園長』『特区認定 第2次政権で計画加速 「頼まれてない」 首相は関与否定』、『稲田氏 森友代理人で出廷 04年記録、説明と食い違い』『籠池氏「1、2年前にも会った」』『園児に暗唱 教育勅語 戦後国会が否定「人権損なう」』『府議会の参考人招致 籠池氏一転し応じず』『森友学園を損賠提訴 元園児の母ら PTA拒み強制退園』『支給補助金5600万円返還請求を検討 国交省』、『信州大生 下宿先捜索へ 能登・女子高生殺害 通夜同級生ら涙』、『南スーダン治安に首相「急な悪化もありうる」 陸自撤収の原因は否定』(14日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年〉父娘の200㌔卒業の春 いわき―郡山 車で中学送迎 成長実感=東電福島第1事故で避難し、往復約200㌔を父のマイカーで通学した福島県双葉町立双葉中学校3年の浪江侑加さん(15)が13日、卒業式を迎えた』、『退位特例法 17日合意 国会見解 典範と「一体」 今国会成立へ』、『サウジに日本「特区」 両首脳会談 企業進出促す』、『杉江新社長「対話を重視」 三越伊勢丹 経営戦略は継承』『志半ば「裸の王様に」 業績悪化「大西おろし」 苦境に多角化 求心力急低下』『「森友」 終わらぬ疑惑 「口利き」あった? 3契約書なぜ? 補助金不正は?』『別の学校法人野党側が追及 首相、関与否定』『森友訴訟に稲田氏出廷 04年裁判所記録 本人答弁と相違』、『学生消防団後押し 全国初 岐阜経済大が奨学金(月1万円)』(14日付、毎日朝刊)

三月十三日
 東日本大震災発生から丸6年の3月11日。私は〈脱原発社会をめざす文学者の会〉メンバーの1人として東北の岩手、宮城、福島3県で被災した避難者らが避難生活を過ごす埼玉県北上尾市の県営シラコバト団地を訪れた。ここの「ぞうさん公園」と集会室で行われたシラコバト団地自治会と団地内の被災者団体・東日本大震災に咲く会ひまわりによる追悼式『黙祷の会』と『語らいの集い』に参加するためで、いまなお避難生活を強いられ、逆境をはねのけて生きる人々の姿に接し互いに語り合うことも出来、本当に「良かったな」と思っている。

 追悼式は、東日本大震災に咲く会ひまわりの会長で文学者の会メンバーでもあるシンガーソングライター橘光顕さんの開会あいさつに続き、地元子らの〝ひとつ心〟となった太鼓のバチ音で幕開け。福島県避難者支援課長や埼玉県都市整備部などからの来賓あいさつに続き、南相馬市の被災者代表による生々しい体験朗読、宮城県からの避難者代表の言葉などがあった。この後、大震災が発生した午後2時46分には参加者全員で被災した方角に向かって黙祷を捧げた。
 引き続き、会場を集会室に移し苦しかった日々を振り返りつつ、あすの希望と未来に向かって歩いていくことの大切さを互いに語り合い、被災児童によるピアノ演奏や〈脱原発社会をめざす文学者の会〉メンバーによる詩の朗読などに耳を傾けた。この日の空は、カラリと晴れ上がり、東日本に咲く会ひまわりが2013年3月に公園内一角で植樹した河津桜が、かれんな花を見事に咲かせ、集まった人々の心をなごませていた。
 なお、語らいの場では、南相馬市小高区生まれで2004年に「指の音楽」(筑摩書房)で太宰治賞を受賞した地元出身作家で文学者の会メンバーでもある志賀泉さんの新刊「無情の神が舞い降りる」(筑摩書房)のお披露目もあった。

 私は、せっかくの折なのでシラコバト団地での追悼・語らいの場を終えたその足で、いったん上野まで戻り、ここから「特急ひたち」で被災地いわきに向かった。同夜は、いつものカプセルホテル、キュアいわき駅前店のデラックスに宿泊。翌朝、いわき駅前から泉行きの常磐交通定期バスに乗り灯台入口で降り、被災地を訪れた。
 この間、いろんな方々に出会い、得難い時が過ぎていったが、その点についてはあらためて本欄で紹介できればと思っている。ただ言えることは、震災直後には地獄絵同然だった塩屋崎灯台直下の被災地一帯もいまでは見違えるほどに整備され1年ごとに、復興して来ている、という事実だ。1年前には見られなかった、海を見下ろすかさ上げ地での植樹による緑化推進の現況を目の前にしたときには、それこそ涙が出そうに嬉しく思った。

 以下、シラコバト団地での追悼式と語らいの場、そして塩屋崎灯台直下に広がる被災地いわきの現況のホンのひとこまをカメラによるスケッチ点描として、ここに記録に留めておきたい。

【追悼式と語らいの場】
 式典は地元子らの太鼓のバチ音とともに始まった
 20170311_144004
 運命のときに黙祷
 20170311_144607
 河津桜も満開に
 20170311_150410
 20170311_150431
 ピアノ演奏を前に語る少女、右が「東日本大震災に咲く会ひまわり」会長の橘光顕さん
 20170311_160628
 20170311_160748
「私は生まれも育ちも南相馬市…」と大震災が発生し避難した時の生々しい模様を朗読する被災男性。「でも、そのおかげで妻に巡りあうことが出来、こどもにも恵まれました」とも
 20170314_115127
 体験談を話す女性
 20170311_144959
 被災地小高で生まれ育った作家志賀泉さん(新刊の自著を手に)。語らいの場では橘さんと志賀さんが高校時代の先輩、後輩の縁で楽しく話し合う場面も
 20170311_165809
 20170311_155323

【塩屋埼灯台直下(薄磯や豊間など周辺に広がる被災地一帯)】
 土地の人にもやっと笑顔がもどってきた。愛犬は震災発生時、のら犬となり町をさまよっていたそうだ
 20170312_095330
 青く澄みきった海。被災地では植樹による緑化も始まっていた
 20170312_094750
 かさ上げも進み、被災地は護岸工事もふくめて見違えるほどに整備されていた
 20170312_121236
 一帯は美空ひばりの〈みだれ髪〉の舞台でも知られ、日本の歌姫ひばりさんの像も。前に立つと歌が海風にのって流れてきた
 20170312_114715
 とはいっても、復興はまだまだこれから。日曜で重機類はひと休みといったところか
 20170312_121745

【きょうの一文・ことば】
「(安倍晋三首相が東日本大震災の政府主催の追悼式典で「原発事故」の文言を使わなかったことについて)県民感覚として違和感を覚える。原発事故、原子力災害という重い言葉、大事な言葉は欠かすことができない」「世界でも例のない過酷な原発事故で甚大な被害を受けた。過去形でなく現在進行計の災害だ」
=13日付毎日夕刊『原発触れず「違和感」 11日首相式辞に福島知事』の記事のなかで。福島県の内堀雅雄知事は13日開かれた定例記者会見の席で記者団を前に、こう指摘。安倍首相の式辞を批判した

【新聞テレビから】
☆『〈東日本大震災6年〉復興の「第九」被災地へ届け ウィーンで市民らが合唱 =音楽の都ウィーンで12日、東日本大震災の復興地を支援しようと日本とオーストリアの市民合唱団の計約300人が参加し、ベートーベンの交響曲第九番のコンサートが開かれた』、『歓迎フレンドシップ クイーン・エリザベス神戸入港 =世界一周中の英国の豪華客船「クイーン・エリザベス」(QE、九〇、九〇一㌧)が13日、神戸港に入港した。13~20日の日程で神戸港を起点に初めての日本発着クルーズを起点に予定している。神戸への寄港は2015年いらい3度目』、『〈この道 草笛光子①〉若さを重ねる』、『中華そば岐阜で〝麺麺と〟愛され 「丸デブ」100年 味と安さ不変』、『遺体に防御創なし 能登・女子高生 自由奪われ殺害か』、『〈名古屋ウィメンズマラソン2017〉 安藤選手慢心なし 一夜明け心境「もっと上を」』、『DeNA2万記事で不正か 第三者委報告書 医薬法令違反疑いも』、『「森友代理人に稲田氏」民進指摘 訴訟準備書面に名前』(13日付、中日夕刊)
☆『最後まで生きた証し 南相馬 牛舎の柱かじった跡 =東京電力福島第1原発から20㌔以内にある福島県南相馬市の牛舎には、原発事故後の空腹をしのぐため乳牛が柱をかじったはみ跡が残されている』、『日本 オランダ撃破 菊池の「美技」 窮地救う 延長十一回熱戦(8―6で勝つ)』、『給食に高級食材ジビエ(野生鳥獣の肉) 25道府県でシカイノシシ 最適「命」の教材/消費拡大、官も支援』、『昨夏参院選 不在者投票 72市町村認めず 学生転居、実家に住民票』、『画像74万件複製権侵害 DeNA調査 記事10本法令違反 社長50%減俸に』、『昨秋派遣継続「適当」 首相、南スーダンPKO(国連平和維持活動)』『南スーダン帰国 柴山補佐官報告』(13日付、毎日夕刊)

三月十一日
 2011年3月11日の午後2時46分。2万1000人以上が犠牲になった東日本大震災の発生から、きょうで六年。岩手、宮城、福島の東北3県を中心に襲った津波、そしてほぼ同時に起きた福島第一原発事故で今も12万3000人もの人々が避難生活を余儀なくされている(うち被災3県の仮設住宅では3万4000人が暮らす)。

 朝。これから復興が進む東日本に向かう。午後、各地の被災地から集まって互いに助け合いながら、埼玉県上尾市・シラコバト団地で避難生活を過ごす〈東日本大震災に咲く会「ひまわり」〉の方々による『黙祷の会』と『語らいの集い』に参加、その後被災した現地を訪れるためで、本欄執筆は帰ってからにしたい。

三月十日
 政府はこの日、国家安全保障会議(NSC)を開き、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊の施設部隊を5月末に撤収することを決定。韓国の憲法裁判所が、朴槿恵大統領が重大な憲法違反を犯したとして八人の裁判官の全員一致で朴氏に罷免の決定を言い渡した。朴氏は即時失職、こんご60日以内に大統領選が行われる。これにより、朴氏は不起訴特権も失い長年の友人である崔順実被告による国政介入事件を巡りこんご逮捕、起訴される可能性もでてきた。

 あすで東日本大震災から六年。新聞テレビはどこも震災特集や番組で一色である。そんななか、韓国・朴大統領の罷免、森友学園問題と新たなニュースも相次ぎ起きている。この世は、そういうものなのか。
 そうした中をきょうも、けなげかつ懸命に生きてゆく人たち。災害や事故、事件などが起きるつど、〈平凡な日々〉の大切さを思い知らされる。そして生かされている命にも感謝しなければ、と思う。

【きょうの一文・ことば】
 六年たってもイチエフ(福島第一原発)廃炉の先は見えない。あらゆる命を拒む深い闇との境界で、手探りの危険な作業に挑み続ける人やロボットに、心を送り続けたい。
……
 人の命や暮らしを尊ぶハートがあれば、今、原発は動かせない。
=10日付中日社説『〝非日常〟がなおそこに 3・11とイチエフ廃炉』から

 大震災が起きてから、3回の転校を乗り切っていまの生活があります。もうすぐ取り壊されるけれど、仮設小学校は今までで一番思い出のある学校でした(南相馬の女子児童)/両親はいなくても、支えてくれる周りの人々の存在に気付きました。これからは勇気をもって踏み出していきたい(南三陸町の高校生)
=10日朝のNHK『〈おはよう日本〉仮設の学び舎 児童の旅立ち』のなかで。被災児童と両親を亡くした震災遺児の高校生の声

【新聞テレビから】
☆『朴大統領 罷免、失職 国政介入隠す 韓国憲法裁 初の弾劾決定 60日以内に大統領選』『罷免決定 怒号と歓声 韓国 警官と衝突、負傷者』『信頼していたが/新大統領に期待 東海地方の韓国関係者』『〈解説〉世論のうねり影響(ソウル・上野実輝彦)』、『12日ウィメンズマラソン それでも前へ走れる 視覚障害の女性 伴走者とフル初挑戦』、『日本は車、農産物開放を 米政権、WTO(世界貿易機関)に意見書』、『「森友指示で3契約書」施工業者、作成認める』、『神戸女児殺害無期に減刑 大阪高裁 裁判員の死刑判決 破棄』、『ウィッツ元監査役に有罪 東京地裁 就学支援金詐欺で判決』、『〈旅〉相馬野馬追の里 福島県沿岸部 千年の神事 絶えぬ熱(文・写真 井上能行)』(10日付、中日夕刊)
☆『ヒマワリのように前向いて  宮城・幼稚園児=山元町の私立ふじ幼稚園=ら犠牲 亡き娘と同じ「笑顔広がれ」種配布』『〈写真グラフ 東日本大震災6年〉ぼくの決意揺らがない 神主を継ぐ=宮城県南三陸町・上山八幡宮で両親が神職を務める工藤由祐くん(10)』『(文部科学省が)震災避難いじめ 初の実態調査へ』、『「平和に感謝」 (一夜で10万人が亡くなったとされる)東京大空襲(から)72年』、『朴韓国大統領罷免 憲法裁 初の弾劾決定 国政介入事件 5月にも選挙』、『神戸女児殺害無期に減刑 裁判員裁判の死刑破棄 大阪高裁判決』、『〈春の甲子園〉多治見VS報徳 組み合わせ決定』『早実主将「全力出し切る」 初戦は明徳 センバツ組み合わせ』、『米「日本市場開放を」 車・農産物 WTOに意見書』、『給食代わりに炊き出し 中止撤回の鈴鹿市』、『NHK元記者に逮捕状 前任地・山梨でも強姦の疑い』(10日付、毎日夕刊)
☆『〈あす東日本大震災6年関連〉防潮堤の整備難航 仮想現実で津波対策訓練 特集「福島第一原発」 特報「仏原発大手リスク」 卒業生「いのちの教科書」 〝非日常〟がなおそこに 3・11とイチエフ廃炉(社説)』『「廃炉可能か見通せぬ」中日ボイス』『「籠池氏 政治家頼る体質」 市議から証言 園児連絡帳に歴史問題も』、『〈Culture〉先月死去 文芸評論家・清水信さん 同人誌育てた志を後世に』、『〈ひと・仕事〉「使い捨て労働」告発 新著で外国人実習生の苦境を伝える 榑松佐一さん』、『産業貿易館JR東海へ 愛知県売却 リニア変電施設に』、『務台政務官が辞任 「長靴業界」発言 事実上の更迭』(10日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年〉自主避難者 夢と不安と 「フラダンサーになりたい」豊川からいわきに帰還 根本さん』『工場再建 車の仕事継続 岐阜定住小湊さん』『復興「2020年度完了せず」4割 42市町村長調査 原発事故影響』『復興住宅 空室2割超 9市町 ニーズ変化 一般向け賃貸も』、『「森友」小学校不認可へ 大阪府知事「書類信ぴょう性ない」』『森友問題 籠池氏自説まくし立て 疑問に明確に答えず』『3契約書「また説明する」/推薦枠「現在進行形」』、『朴氏弾劾 きょう判断』、『■外国人初の女流プロ棋士 初戦黒星』、『名大准教授 水増し発注 情報機器代180万円分 私的に流用か』、『ライフ協会元代表ら逮捕 出資法違反容疑 高齢者預託金流用か 大阪府警』(10日付、毎日朝刊)

三月九日
 「森友学園」(大阪市)の籠池泰典理事長が代表を務める社会福祉法人運営の保育園が、こんどは補助金計1070万円を不正受給していた疑惑が浮上、大阪市が調査を始めたという。一方、大阪府の松井一郎知事はこの日、森友学園が大阪府豊中市で開校予定の小学校の建築費をめぐり国や府などに異なる金額の工事契約書を提出していた問題に関連し「全て理事長サイドからの指示で虚偽の契約書が作られたと思う」と記者団に語った。
 これに対し籠池理事長は異なる三通りの工事請負契約書のうち府に提出された7億5600万円の契約書について「府私学審への申請のため金額を下げたもので、15億5500万円が正しい」との認識を示しており説明が食い違っている。このため私学審が認可を判断する際、収支状況などで有利な形になるよう学園側が主導した疑いが強まってきた。
 籠池氏は記者団に「認可申請に伴い府に提出した書類に誤りはない」と強調したものの、愛知県の私立学校と推薦入学枠の提供で合意したと府に報告した件に関しては「コンサルタントがミスをした。申し訳ない」と陳謝したという。

 一体全体どうなっているのか。一連の不正疑惑が真実だとしたなら、これでは国民が納めた税金を食い物とした補助金目当てのインチキ運営ではないか。ほかにも、こうした不正極まる学園運営がなければ良いが。少し心配であると同時に行政側の脇の甘さも気になる。
        ★        ★

 執筆の合間をすり抜け、社交ダンスのレッスンに。綱渡りの日々が続く。「分け入っても分け入っても疑惑の山、日めくりのごとく。「森友学園」の、よくもこれほど次々に。」(9日付毎日夕刊・近事片々)とは、まさにそのとおりだ。
 昔駆け出しの松本支局員時代にT学園が高校生をM観光ホテルで働かせ大騒ぎになった、ある事件を思い出した。確か、その学園のトップは〈善兵衛さん〉だと記憶しているが。その事件に関する限りは〈悪兵衛さん〉だつた。来る日も来る日も追っかけ紙面を連日賑わせた日々がついきのうのようでもある。
 いつの時代にも、こうした悪の権化は存在するものらしい。
 
【きょうの一文・ことば】
「日本の民間一般人の放射線限度が年間1㍉シーベルト=毎時0.23マイクロシーベルト=なのに、なんで(ここは)年間20㍉の基準なのか。そこがわかんねえ。(村内至るところにうず高く積まれた汚染度がつまった黒いフレコンバッグを前にして)俺が生きてるうちは見なくちゃならねえ。この村で酪農を再開する人なんて、まずいない。でも、こんなバケモノになんぞ、負けねえど」
=9日夜のメーテレ番組『〈報道ステーション〉 「帰るのか、帰らないのか」大震災から6年 (4月からの)解除直前の飯舘村の現実』のなかで。飯舘村前田地区の区長で元酪農業、長谷川健一さん(63)
※飯舘村は原発事故のあった福島第1原発から北に40㌔地点にあり、かつては〈日本一美しい村〉とまでいわれた。その村の全域が事故発生後の放射線汚染や、未除染のまま放置された自然に泣かされている

【新聞テレビから】
☆『〈東日本大震災6年〉「盛り土に歴史まで埋もれさせない」 被災前の街語り継ぐ 陸前高田元FM司会者ら毎月集い』『中学の制服大きめにしたよ 幼稚園送迎バスで津波犠牲 愛梨ちゃんに母 仕立て』、『森友保育園も不正受給か 大阪市 調査へ 補助金計1070万円』『施工者「15億円が正確」3通契約書 知事「理事長側指示か」』、『東京大空襲あす72年 上野の慰霊碑前「忘れじの集い」』、『北ミサイル日本最接近 政府推定 能登半島沖200㌔落下』、『虐待児童5万人超 警察庁昨年まとめ 最多3500人保護』、『幸運のおさい銭915枚 パクリ ウミガメ受難 タイで7時間手術』、『男女平等へのシグナル =8日、メルボリンで国際女性デーに合わせ男女平等を推進しようと、青い「進め」と赤い「止まれ」のマークにスカート着用の女性をかたどった歩行者用信号機が登場』、『小学校卒業式増える袴姿 華美な衣装 自粛呼び掛けも 親も大学で着用』(9日付、中日夕刊)
☆『最長寿銀河132億歳 英チーム発見』、『〈東日本大震災6年〉 災害いつでも起こる 避難先・熊本でも被災 同郷同士の交流再び模索』『つらい体験こそ伝える 女川中同窓生が編纂「いのちの教科書」』『〈ここで創る 3・11〉悲しみの「居場所」引き受け 安部智海さん(仮設住宅居室訪問)』『横浜・原発避難いじめで手記 つらくても自殺考えない』『息子と見続けたふるさと 仙台・宮城野区 立ち退き求められる小屋』、『「森友保育園」虐待疑い 大阪市調査へ 1000万円不正受給も』『国・府に虚偽報告か 小学校建設費 業者が証言』、『死刑破棄、無期懲役 ミナミ通り魔 大阪高裁判決』『被害者の父が体調不良訴え』、『待ってたこの時 名大で合格発表』、『■弁護士懲戒、過去最多に』(9日付、毎日夕刊)
☆『堀島モーグル 「金」 世界選手権』、『一宮ポケGO事故死実刑「ゲーム常習 安全軽視」』『〈解説〉悪質判断 実刑相次ぐ(一宮総局・植木創太)』、『退位 民進、与党と接点探る 全体会議 国会議決「検討に値」』、『侍2次Lへ前進 豪に(4―1) 逆転勝ち2連勝』『岡田鮮やか 窮地脱出 つないだ 救援陣』『主砲全開 中田、筒香アーチ競演』『台湾と韓国敗退』(9日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年〉あったかい「小高の味」』『古里思い今ここで 理容店を再開 歌で伝えたい 未練と諦めと 相棒と一緒に 大切な人思い 再建を夢見て』、『視覚障害訓練 実施1割 指定福祉事務所 実態に合わず』『生活の自立支援 中途障害者多く』、『企業内保育調査強化 内閣府方針 立ち入り、抜き打ち』、『「主力工場存続」が条件 東芝の半導体入札』(9日付、毎日朝刊)

三月八日
 スペインのシェラネバダであった世界選手権・男子モーグルで堀島行真(19)=中京大、岐阜県出身=が日本勢で初の金メダルを獲得。名地裁一宮支部が一宮市でスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を操作しながらトラックを運転し小学4年則竹敬太くん(当時9歳)をはねて死亡させた会社員(36)に禁錮3年を言い渡し、ポケモンGO操作中の死亡事故では全国3件目の実刑判決となった。
        ☆        ☆

 東京から空に乗って。突如、送られてきた誕生日のオルゴールカード
 20170309_005115

 東京の詩人最匠展子さんから〈Happy Birthday〉の音符とミニピアノ付きオルゴール形式のメロディー入り、赤の縁取りの誕生日カードが送られてきた。最初、いったい何ものかと思ったが舞に教えられ、赤いプッシュボタンを押すと曲が流れ出し、全身がしあわせな感覚に包み込まれる、そんな気持ちにかられた。
 カードには「心よりお祝い申上げます。御上京の折には、拙宅へおたずね下さり本当に有難うございます。私は今、家の中を一歩も歩けない状況なので大へん嬉しく思っております。一日も早く治りたいと努力しておりますが……」と、あの懐かしい筆遣いで書かれた文面が添えられていた。舞とシロちゃんも一緒に繰り返し、聴き入ったが、そこには次第にとけていく心があった。
 ありがとう。さいしょうさん。はやく、はやくよくなってください。

 夜。奈良のお水取りに行ったので、と友人からお松明の画像が送られてきた。
 とてもステキでゆらめく光りが全身に神秘の力を与えてくれる、そんな1枚だった。私はふと、現在執筆中の信長の側室・吉乃が、その明かりの中から忍びの女として現れ出てくるような、そんな錯覚にとらわれた。こちらも、名カメラマンさん。ありがとう!

【きょうの一文・ことば】
 林さんの全集を手にするたびにあの一瞬の重みがよみがえってくる。原子爆弾の不毛性に、あのからだで林さんは抗ってきたのだ。肉体は失われても、作家は自らのことばの重みにおいてなお生き続けるだろう。図書館の書架にならんだ一冊を手にしたらわかるはずだ。彼女はいつもそばにいて、永遠の語り部として私たちに語りかけてきてくれる。
=8日付中日夕刊『■林京子さん追悼 青来有一■ 原爆に抗い続けた重み』のなかで。作家青来有一(せいらい・ゆういち)さんは、こう書いた※作家の林京子さんは2月19日に86歳で死去

「村上自身による最良の村上春樹論」(橋爪)「全仕事を総括した二十一世紀版『春樹ワールドの語り直し』」(鴻巣)
 ハルキファンでない一般読者は、だからどうした、というほかない。新聞の書評はファンクラブの会報ではないのだ。
=8日付中日夕刊『〈大波小波〉村上春樹の新刊と書評 (穴をめぐる冒険)』から。抽出

【新聞テレビから】
☆『〈東日本大震災6年〉色づく古里撮り続け 岩手・大槌の伊藤さん 愛する風景写真集に』『■林京子さん追悼 青来有一■原爆に抗い続けた重み』、『70年前 こじ開けた「刑場」 名タイ記者の回顧録確認―これが『絞首台』です―』『「つり下げられた縄 輪の部分に赤い革」』、『〈目耳録〉文芸(小柳悠志)』、『「私の父は殺された」正男氏息子? が動画』、『一宮ポケGO事故死実刑 名地裁支部判決=禁錮3年(求刑同4年)=「過失 非常に悪質」』、『養子縁組元業者 2人逮捕 千葉 営利目的あっせん容疑』(8日付、中日夕刊)
☆『〈東日本大震災6年〉 鎮魂の刺し子 作製の大槌の男性死去 3津波経験一針に祈り込め』『プロバスケ選手目指す 夢描く放物線 石巻 バスに津波仲間失う』『銀座に津波来たら…』『〈ここで創る3.11 東日本大震災6年②〉「今」を知ってもらいたい オナガワエフエム(宮城・女川)』『〈特集ワイド 震災を語る 哲学者内山節さん〉大きな時間幅で考えよ 原発、コンクリート…… 刹那的システム/若者の変化の兆しに期待』、『北朝鮮を非難 安保理』、『CIA(米中央情報局)、スマホ標的 ウィキリークス 文書8761点 暴露』、『同一労働 同一賃金 待遇差 企業に説明義務 正規・非正規間 政府、法制化 方針』、『蚊取り線香 化学遺産に』、『住民投票 在勤者も 滋賀・秦荘町議会 条例案を可決』、『総括教員就任辞退 森友学園 8人中6人 経験わずか』、『福島の菓子工場 爆発で1人死亡』(8日付、毎日夕刊)
☆『「ビザ延長される」と虚偽勧誘 難民申請者に 除染作業 福島第一周辺 法務省近く調査』、『研究公募 「政府介入著しい」 学術会議声明案 軍事と決別継承』、『「教員予定者」と無断記載 森友、府私学審に名簿提出』、『〈2017 WORLD BASEBALL CLASSIC〉 ■1次リーグ 侍目覚めた 11点発進 難敵キューバを圧倒 日本11―6キューバ』『4番筒香 3打点』、『〈特報〉民間障害者救済 法案提出へ加速 空襲補償もう待てない 与野党議運「今やらねば」 名古屋を圧倒参考に』『杉山千佐子さん昨年死去 90歳「最後の機会、墓場に入る前に』」(8日付、中日朝刊)
☆『原発の街未来図は 復興へ歩み始めた 富岡町の今 第2原発立地の「郡都」』『富岡町「廃炉」に活路 研究拠点にスーパー、ホテルも 4月大半解除 中心部に 「帰還困難」残し』『進む避難指示解除 進まぬ帰還7.9%』『〈東日本大震災6年 安住を探して㊥〉岡山進む移住支援 原発事故からの自主避難』『核融合発電 実験始まる 重水素利用 市民グループ抗議 土岐』、『おとり捜査再審無罪 ロシア人男性安堵 札幌地裁判決 19年待っていた結果』、『軍事研究大学が判断 学術会議 審査制度要求 半世紀ぶり声明案』、『相互に出国禁止 北朝鮮とマレーシア』、『日米2プラス2「早期に」 首脳電話協議 対北朝鮮連携一致』『北朝鮮ミサイル 在日米軍を念頭』、『名古屋地裁公判 元名大生「まだ殺したい」 「もう起こしたくない」とも』(8日付、毎日朝刊)

三月七日
 春なのに。寒くて〈かぜ〉が強い。

 亡きこすも・ここ=亡くなる少し前=と、きょうもがんばる妹猫シロちゃん
 20160518_152557
 20160805_101445

 ちょうど1年前の朝、私たちが愛する長女猫こすも・ここが亡くなった。
 早朝。わが家で舞の胸に抱かれ、嬉しそうにかわいい両の目をカット見開き、穏やかな表情を見せた〈ここちゃん〉。彼女は、まもなくして舞の胸に抱かれたまま診療に訪れた愛北動物病院で医師が診察を始めようとした、その瞬間に全身から大量の血を吐き、息絶えた。壮絶な死だった。
 享年21歳。猫としては驚異的な生命力だった。そして私たち家族は、本当のやさしさや温かさ、厳しさなど数え知れないほどの多くを彼女から学んだ。
 いまは1つ違いの次女猫シロちゃんが、お姉さんの後をしっかり引き継いで私たちを守ってくれている。「シロちゃんは、自分も含め初代の能登・大垣猫〈てまりちゃん〉=てまりは、大垣で交通事故死。※彼女の物語は日本ペンクラブ電子文藝館で「伊神権太の小説〈てまり〉」として所蔵=と〈ここちゃん〉と、3代の遺志を引き継いで生きていかなければならない。だから、大変だよね」というのが舞の口癖だ。

 きょうは横笛の個人レッスンで名古屋へ。その後もわけあって、栄、名駅前と飛び回る1日となった。なかなか小説を書いている余裕がない。エイッ、ままよ、か。きょうも過ぎゆく。
        ☆        ☆

 北朝鮮が砲兵部隊による訓練で発射台付き車両から弾道ミサイル4発を同時発射する映像と写真を公開。同時多発攻撃を仕掛ける能力が備わっていることを世界に見せつけた。「何発も同時に飛んできた場合、全てを撃ち落とすことは事実上不可能だ」とは、防衛省の見方で、こんごは迎撃能力の向上が望まれる。いやはや、困ったものだ。

【きょうの一文・ことば】
「大すきなおねえちゃんと ゆめであえたらいいな」「(姉の小晴さんと)一緒にお手玉をする夢をよく見る。お姉ちゃんはいつも見守ってくれている気がする」「わたしがみたいゆめはてんごくにいるこはるおねえちゃんといっぱいあそぶゆめ」「天国にいるおねえちゃんも、えがおでよろこんでくれるよね」
=7日付毎日夕刊『〈東日本大震災6年〉お姉ちゃんは天の妖精 「ずっと見てるよ」残した言葉実感 大川小犠牲児童と妹結ぶ絵本』の記事から。宮城県石巻市立大川小2年の平塚小瑛(ひらつかさえ)ちゃんが絵本を描き残してくれた優しいお姉ちゃん小晴さん(当時12歳)への思いを、自らも絵本を描く日々のなかでこう語った

【新聞テレビから】
☆『〈東日本大震災6年〉3歳の妹見守ってね 陸前高田の夫婦 不明の息子に思い』、『マレーシア人を北が出国禁止に マレーシアも対抗措置』『マレーシア当局が北朝鮮大使館封鎖』、『在韓米軍THAAD配備 北ミサイル対抗 中朝の反発必至』、『主回転翼 尾根側に接触痕 長野ヘリ墜落 樹木切断、散乱』『名操縦士 雪山の悪夢 ヘリ墜落岩田さん御嶽にも出動』『訓練前に不測事態?/高度下げすぎ木接触か』、『ヤマト宅配料金上げ 人出不足で検討 9月末までに』(7日付、中日夕刊)
☆『北朝鮮「在日米軍標的」 ミサイル8日にも安保理』『首相「容認できぬ」「日米首脳が電話協議』、『米入国禁止新大統領令 トランプ氏署名 イラク除外』、『ヤマト値上げ検討 27年ぶり 取扱量急増』、『性犯罪を厳罰化 刑法改正案閣議決定』、『「森友」金額違う契約書 国と大阪府へ 補助金過大請求か』(7日付、毎日夕刊)
☆『長野ヘリ墜落9人全員死亡 離陸後10分 トラブルか』『「人助けたい」最前線に 防災ヘリ墜落 高嶋さん妻「寒かったでしょう」 滝沢さん大震災でも救援』『高い技術操縦士不足 長野は犠牲の岩田さんだけ』、『イラク除外 新入国規制 6カ国対象 トランプ氏が署名』『北朝鮮大使が出国 マレーシア追放「極端な措置、遺憾」』『北もマレーシア大使追放 対抗措置、断交に現実味』、『北ミサイルの技術に危機感 分析急ぐ韓国 日本海へ4発 短時間発射型の可能性』『中国 高高度ミサイルに反発 怒りの矛先 北より米韓』(7日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年〉東電系2社免税対象 原発被災企業向け 福島県に確認 国民感情合わず』『〈安住を探して㊤原発事故からの自主避難〉慣れた東京家賃重く 住宅無償提供今月限り』『避難先から帰還 昇進優先 楢葉町長発言』、『北朝鮮ミサイル4発同時発射 政府、新迎撃体制検討』、『大使マレーシア出国 正男氏殺害 北朝鮮も対抗措置』、『学術会議 政府の介入懸念 声明案 軍事研究拒否は「継承」』、『森友 4月開校困難 大阪府、不認可も視野』『保護者「諦めていた」』、『日進殺害初公判 殺意の有無争点 精神障害 影響でも対立』(7日付、毎日朝刊)

三月六日
 新横綱稀勢の里が12日から始まる大阪春場所を前に、大阪市港区の田子ノ浦部屋での稽古中、平幕嘉風と手合わせした際、相手の頭がぶつかり左目の上に裂傷を負い数針を縫うケガ。横綱本人は「大丈夫。けがのうちに入らない」と笑顔で7日以降も稽古を続けたいとしているが。門出の場所だけに、心配だ。

 北朝鮮が午前7時35分ごろ、平安北道のトンチャンリ(東倉里)付近から日本海上空に向けて弾道ミサイル4発を発射。うち3発が秋田県男鹿半島西300~350㌔の、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。高度は最高260㌔、飛距離は1000㌔とみられる。政府はただちに北朝鮮政府に抗議を申し入れた。その北朝鮮の駐マレーシア大使が金正男殺害事件に関連し国外追放処分を受け、6日午後6時(日本時間同7時)の期限ぎりぎりにマレーシアのクアラルンプール国際空港を出国、北京に着いた。

 長野県松本市の山中への県消防防災ヘリの墜落事故。その後残る6人全員も含め乗員9人全員の死亡が確認された。かつて取材で何度もヘリに搭乗した者の1人として。あくまでも、しろうとの考えとして言わせてもらえば、どの社も今現在では報道していないが、積載オーバーのところへ乱気流でキリモミ状態となって墜落したような気がしてならない。
 かつて、三宅島の火山噴火や中部日本海地震、長崎大水害、三重の嬉野豪雨禍、長野・富山の連続誘拐殺人、稚内沖オホーツクへの大韓機撃墜、山口の自衛官による少銃乱射、山が動いた長野の地附山崩落と老人ホームの壊滅など。災害や事件発生のつど、ヘリ(あのころは、機体が真ん丸なヒューズへの搭乗が多かったが、たまに機体が一回り大きいベルにも搭乗した。ヒューズへは通常、カメラと記者、整備士、パイロットの4人。ベルでもせいぜい多くて6、7人までだったように記憶している)や双発ジェット機で現場のルポ取材などに向かった体験から、直感として乗員が多すぎたのでは、と思う。
 そんな気がしてならないのである。
        ☆        ☆

        ×        ×
 夜。妹から思わぬ誕生日の祝福メール。おめでとう、だなんて。私がそういう照れくさいことが大の苦手であることを知ってか知らで、か。その点、舞は私の性格を熟知しており、おめでとう、なぞとは、きょう1日ひとことも発しなかった。
 代わりに夕食に赤飯がたかれており、なんだか気恥ずかしくも。穴があったら入りたい気にかられた。自分で分かっているのだから、そっとしておいてほしい。のに。とはいってもフェイスブックやライン、その他のメールなどでの皆々さまからの心からの祝福を放って置くわけにも行かず、夜遅くまで「ありがとう」の返信を。
 いやはや、ニンゲン生活は疲れる。私は、そんなことにはお構いなしの愛猫、シロちゃんになりたい。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
「(原発について)国民的支持は十分でないことは、これは事実だと思う。けれども当面は必要だ」=6日開かれた参院予算委員会で。安倍首相はこう述べた

「目的はないんです。自分を他者にとっての他者として見直すと、やるべきことが見えてきた。これが倫理なのかな。小説とは人間を書くものです。今、書けるっていう手応えがあります」
=6日付毎日夕刊『〈ここで創る3.11 東日本大震災6年①〉原発事故後も繰り返す日常 柳美里さん(南相馬に移住)』のなかで。芥川賞作家の柳美里さんは、こう言った
※柳美里さんは2015年4月から15歳年下のパートナーの男性と高校入学を控えた長男の3人で南相馬市市原区の築60年の借家に移り住んでいる

【新聞テレビから】
☆『9人全員死亡確認 残る6人を発見 長野、墜落の防災ヘリ』『「言葉もない」目潤ませ 防災ヘリ墜落 隊員遺族ら鎮痛』『ドア外れ ぐにゃり 上空ルポ』、『北、弾道ミサイル4発 100㌔飛行3発 日本の経済水域に』、『森友 小学校認可先送り 大阪知事表明「全て見直す」』、『〈東日本大震災6年〉NY、LA「一緒に前へ」 日系人ら犠牲者追悼式典』、『和歌山小5殺害一転否認 初公判で被告 異例の審理中断 「全部違う」に法廷ざわつく』、『公立高の入試愛知で始まる』、『伊勢湾 コウナゴ 2年連続で禁漁』、『〈訃報〉津雲むつみさん(つくも・むつみ=漫画家、本名北川睦美=きたがわ・むつみ)4日、肺がんのため死去、65歳。石川県能登町出身』(6日付、中日夕刊)
☆『〈東海百景〉まろやか伊勢茶 初摘み』、『〈ここで創る3.11 東日本大震災6年①〉原発事故後も繰り返す日常 柳美里さん(南相馬に移住)』『▲寄稿 清水良典 安定した器に盛られた挑戦 村上春樹さんの『騎士団長殺し』を読んで』、『ミサイル秋田沖に4発 北朝鮮発射 EEZ(排他的経済水域)内3発 首相 「新たな脅威」』 飛距離1000㌔』『北朝鮮ミサイル 4発に怒り、不安 秋田の漁業者「怖いね」』『米韓演習に対抗 北朝鮮ミサイル 米長官歴訪けん制「新型兵器」「開発示唆』『日米共同訓練開始式 オスプレイ6機参加』、『6人発見 心肺停止 長野ヘリ墜落 県警、原因を調査』、『大阪知事「森友」認可難しい』『政府説明不十分 首相』(6日付、毎日夕刊)
☆『両陛下 タイ前国王を弔問』、『防災ヘリ墜落3人死亡 2人意識なし4人不明 長野で山岳救助訓練中』『雪山ヘリあおむけ 大破頂上近く救助難航 閉鎖ルート除雪に時間 同僚「無事戻って…」』『訓練中 墜落 過去にも 山岳飛行 高度な技術必要 遭難救助でも事故』、『夫婦強殺容疑 近所の男逮捕 南区 凶器の刃物見つかる』『黒い服マスク姿で連行 南区夫婦強殺 逮捕直後自宅から 定職なく 「金に困る」』、『「愛知の海陽学園に推薦枠」森友学園私学審に主張 「事実ない」海陽学園側』(6日付、中日朝刊)
☆『自民総裁任期3期9年 首相在任21年まで可能 延長決定』、『中国6.5%成長目標 3年連続下方修正 全人代開幕』、『日本勢ふるわず びわ湖毎日マラソン』、『県防災ヘリ墜落3人死亡 長野 残る6人 機内か』、『〈バリアーゼロ社会へ 2020 ともに〉「ホームドアあれば」地道に署名活動 3000人分きょう国に提出 名古屋・視覚障害夫婦ら』、『〈東日本大震災6年〉 たすき感謝つなぐ 塩釜市職員 碧南の駅伝6年連続で』、『夢に見た? 446㌔ 和歌山でマグロ水揚げ』『2時間で見る夢は? ゾウ1日平均睡眠陸上哺乳類で最短』(6日付、毎日朝刊)

三月五日
 〈エデンの東〉の畑地一角で見事に咲き誇っていた梅の花々
 20170305_154843

 啓蟄。春うらら。きょうは古知野神社の清掃日なので2人で歩いて神社へ。菅原文太に雰囲気が似た77歳のハセガワさんから「あんたら、いつも一緒だね」と冷やかされ「僕らは、ふたりとも半人前。2人でやっとこせ、ひとりだからですよ」と私。

 滋賀県大津市ではこの日、陽光が琵琶湖の湖面にふり注ぐなか、皇子山陸上競技場を発着点に湖岸コースを走る恒例の〈びわ湖毎日マラソン〉があった。ケニアのチェビーが2時間9分6秒で優勝、リオ五輪代表の佐々木悟(旭化成)が2時間10分10秒で日本勢最高の4位に入ったものの、結果は低調に終わった。
 もう20年も前の話になるが私は当時、新聞社の大津支局長として在任、びわ湖マラソンの日は他社の事業とは知りつつ決まって湖岸にひとり立ち、選手らの力走に視線と声援を送ったものだ。あの日々の湖面に注いでいたゆらめく陽光はしっかり覚えている。

 午後3時10分ごろ、長野県の松本、岡谷市境の鉢伏山(1928㍍)付近山中に県の消防防災ヘリの「アルプス」(ベル412EP型)が墜落しているのを県警ヘリが発見。3人が死亡し2人が意識不明の重体、残る4人が行方不明となっている。名古屋市南区の83と80歳夫婦の強殺事件で愛知県警が、近くに住む無職の男(42歳)を強盗殺人の疑いで逮捕。 
        ☆        ☆

 冬の間、足が遠のいていた私たちの畑〈エデンの東〉へ。何より目を見瞠ったのは、満開になっていた梅の花である。
 冬場なので、恐れていたほど草は生えてはいなかった。でも足を運んでいなかった分だけ、それにこのところの春の陽光も手伝ってか、やはり草はあちこちに生えており、私たちはカマを手に、これら雑草の除去に励んだ。
 たまたま野菜栽培を兼ねた畑の管理をお願いしている私と同じ苗字の77歳のイガミさんが現れたので、私たちは彼に教えられ栽培中のタマネギ畑の畝に配合飼料を散布し、次に植えるジャガイモの予定場所にも苦土石灰を撒くなどした。できるだけ早く「20日ごろまでには畝をつくりジャガイモを半分に切って灰をつけ土中に植え込むとよいですよ」とも教えられた。

 イガミさん(左)には何もかもを教えられ、感謝のしようもない。配合飼料を一緒に散布する舞。でも、もっと早くからまかなければ。もはや手遅れかも
 20170305_153053

 そんなわけで帰りには、舞と馴染みの80歳を過ぎた女性が営む愛栄通の種苗屋さんへ。男爵とキタアカリを1㌔ずつ買い求めて帰った。久しぶりの慣れない畑作業だけに、ふたりともだいぶ疲れた。

【きょうの一文・ことば】
 東日本大震災から6年。甚大な被害を受けた岩手・宮城・福島3県の農業、水産業は復興に向けた動きが日々進んでいます。震災を機に地域に埋もれていた食文化を見直す新たな取り組みも始まっています。「食の動き」を図解します。
=5日付中日朝刊『〈サンデー版〉震災から6年 守る育てる 岩手・宮城・福島の食』の中から。総合リード

【新聞テレビから】
☆『問われる首相の責任 教育勅語暗唱の異様 森友学園を高く評価』『教育基本法違反の過激な政治教育 教育評論家尾木直樹さん』(3月5日、しんぶん赤旗日曜版)
☆『北の国へ帰ります 琵琶湖・コハクチョウ』、『〈ドナルド・キーンの東京下町物語〉世界に1冊の台本(弘知法印御伝記) 古浄瑠璃 英で復活公演』、『〈東日本大震災6年〉3万5500人 今も仮設住宅 「阪神」は5年で解消』『残っても「公営」に移っても… 交流減り募る寂しさ』『〈サンデー版〉 守る育てる被災3県の食 大震災から6年。岩手・宮城・福島3県の食文化を見直す新たな取り組みが始まっている』、『〈核心〉 仏大統領選もロシア関与? 中道左派陣営「サイバー被害」主張 支持率首位 ルペン氏を後押し ■「偽ニュース」■選挙中も対策』『EU(欧州連合)離脱表明 ルペン氏に聞く「フランス」取り戻す』、『北朝鮮大使を追放 マレーシア「あす夜までに」』『不起訴で国外退去リ氏 記者会見急きょ中止 正男氏殺害』、『中国・全人代きょう開幕 習氏「一強支配」さらに 権力集中「監察医」新設へ』『中国国防費1兆元へ 海洋軍拡を継続』、『★H氏賞に北原千代さん=京都府生まれ。大津市在住。62歳。「真珠川 Barroco」(思潮社)= また現代詩人賞は、さいたま市生まれ、同市在住の中村稔さん(90歳)の「言葉について」(青土社)に決まった』(5日付、中日朝刊)
☆『〈Sストーリー〉 教員遺族、語り継ぐ―― 大川小「無念と責任」胸に』『児童遺族との壁越え 大川小教員の息子 葛藤の6年 私が語っていいの? 「どちらも同じ被害者」』、『「日本にとっても大事な場所」 両陛下ベトナム・チャウ記念館訪問』、『雪降って巨大オアシス 鳥取砂丘』、『福祉避難所3割周知せず 住民殺到を懸念 102市区調査』、『北朝鮮大使国外追放 正男氏殺害 マレーシア発表』、『中国国防費7%増 17年予算案 初の1兆元台』、『「翼の王国」で連載 長友啓典さん死去 77歳』、『森友用地 賃料 不自然な減額 国、3カ月後に一転』、『夫婦の財布 持ち去る? 南区 強盗殺人容疑を視野 愛知県警』、『高齢の母「余計なことしないで」 ごみ屋敷隠さず頼って 静岡の30代女性体験語る 受診を機に支援相談』(5日付、毎日朝刊)

三月四日
 マレーシア外務省は4日、金正男殺害事件に関連し「マレーシアの捜査は信用できない」としていた北朝鮮の姜哲(カンチョル)駐マレーシア大使を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」として国外追放する、と発表。48時間以内の6日午後6時(日本時間午後7時)までにマレーシアを出るよう求めた。
 サッカーJ2の名古屋グランパス×FC岐阜の「名岐ダービー」がこの日豊田スタジアムで実現、1―1で引き分けに。ナゴヤドームでは対ロッテオープン戦があり、かつてドラゴンズの絶頂時代に君臨した吉見、岩瀬、浅尾の3投手が初登板、結果こそ1―0で負けたが、いずれもまずまずの調整ぶりで今シーズンへの夢をつないでくれた。がんばれ! アサオ、イワセ、ヨシミ! 

 ドロドロと底の底まで膿というウミがたまった感じの政界とは違い、きょうも空はカラリと晴れ、春が大きく近づいた感じである。人々は、そのなかを皆懸命にあるき、生きていく。私はといえば、相変わらず綱渡りのときが過ぎてゆくなか、それでもと横笛をふき、社交ダンスのレッスンでワルツ、ルンバを蝶のように、と舞う。ふきながら、舞いながら。やはり「もっと時間がほしい」とも

【きょうの一文・ことば】
「捏造された証拠を示され自白を迫られた」「「事件当日に殺害現場のクアラルンプール国際空港には行っていない」「(捜査は)共和国(北朝鮮)の尊厳を傷つける謀略だ」「警察から携帯電話の通話履歴や毒薬を包む紙など捏造された証拠を見せられ、認めればマレーシアで良い暮らしができる、とそそのかされた」「祖国を裏切り、泥を塗らせようとした」
=4日付中日夕刊『マレーシア警察を 釈放のリ氏が批判 正男氏殺害関与を否定』の記事の中から。北朝鮮の金正男氏殺害事件でマレーシア警察から証拠不十分で釈放後、国外退去処分となった北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル氏(46)が4日、空路、北京に到着。北朝鮮大使館前で北朝鮮当局者に付き添われて記者会見。13分にわたって事件への関与を完全否定した

【新聞テレビから】
☆『両陛下王宮訪問 宮廷音楽を鑑賞 ベトナム・フエ』、『〈東日本大震災6年〉絶えぬ孤独死 仮設住宅で昨年は28人』『宮古の被災男性、推進に力 ボランティア特別じゃないよ ツアー企画、11日で100回目』、『廃止路線14年ぶり復活 広島・フエJR可部線』『熊本―新八代の徐行運転を解除 九州新幹線、全線通常に』、『新自動運転実験車 トヨタがお披露目 米の子会社開発』、『用地内処分で事前合意 森友学園産廃 15年、財務省と業者』、『東大論文改ざんで 元教授ら5人処分』、『今年は違う ビジョンも竜も 地元初戦』、『トランプ氏関与で「視聴者が離れた」 シュワちゃん 人気番組降板』、『(フランスの)プジョーが(米ゼネラル・モーターズの子会社、ドイツの)オペル買収』、『安倍政権の報道圧力懸念 米人権報告書 トランプ氏も強硬ですが…』、『〈この道〉加藤沢男最終回(87) ふるさと =構成・満薗文博』(4日付、中日夕刊)
☆『●eye見つめ続ける大震災 お帰り 俺の漁船 葛藤の海 母港(福島県浪江町請戸漁港)で係留始まる』、『縦横無尽に飛び回れ (熊本県内の熊本―人吉間を走るJR九州の新観光列車の特急)「かわせみ やませみ」出発』、『〈東日本大震災6年〉避難指示区域の中小・個人 商売苦悩続く福島「再開後減益」7割』『復興照らす「花の灯台」 釜石・高台移転 学生ら特製ポスト』『売上高事故後10分の1 浪江町・検査会社「自立見通せず」』、『ヤマト未払い残業代支給 5.8万人調査へ』、『米国務長官17日来日 首相と面会 北朝鮮対応協議』、『米、月内利上げ意欲 FRB(米連邦準備制度理事会)議長 経済の改善強調』、『レゴもイケメン 栄に「シャバーニ」』、『踏切衝突死は警部補 安城脱線 愛知県警の43歳』(4日付、毎日夕刊)
☆『石原氏 「行政全体の責任」 豊洲移転 既定路線と釈明 小池知事に「混乱の責任」』『「ご自分の責任も見つめて」小池都知事が反論』、『陳情ルート自ら構築 森友理事長 認可 維新府議に要請』、『大迫力心トラえる 東山動植物園80周年 新園舎公開』、『地元の希望ぎっしり 若狭幸福ねぎ(福井県小浜市)』、『中古衣料販売でゲオが米に進出 来月ロスに1号店』、『修学旅行中高2死亡 愛知みずほ大瑞穂高 豪海岸おぼれ』『モートン島で計2人を搬送 現地紙報道』、『80代夫婦 抵抗の傷なし 南区の殺人事件 突然襲われたか』、『男性遺体 出身地に遺棄か 新城事件被告 成人後も一時居住』(4日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年 復興の検証〉 避難先で定住進む 家購入3割 地域再生に課題』『故郷思い 晴れぬ心 原発被災者 避難先で進む定住 「処分悩ましい」「戻る人少ない」「いつか戻れる」』『福島原発事故 除染費 2兆6000億円 環境省見通し 作業員延べ3000万人超』『農地と漁港 復旧 80%超 福島の遅れ目立つ』、『豊洲移転 石原氏「行政全体の責任」 交渉 元副知事一任』『「混迷責任 小池氏に」』『「中身分からず」 小池知事』、『森友用地 検査院検査要請へ 参院 篭池氏招致自民慎重』『昭恵さん 公人? 私人? 幼稚園で講演 政府職員同行』『「鴻池氏側が献金要求」森友学園サイトで反論』『園児選手宣誓 篭池氏が釈明「首相がんばれ」』(4日付、毎日朝刊)

三月三日
 おひなさま。空は快晴だ。雲ひとつない。春が芽生えてきている。

 雲ひとつない空。美しさのなかに厳しさとやさしさが。そんな青である
 20170303_160219

 東日本大震災の津波で壊滅的な被害に泣いた宮城県南三陸町でこの日、新たな商業施設が開業、町はにぎわい復活への一歩を踏み出した。商業施設はその名も〈南三陸志津川さんさん商店街〉である。

 東京・豊洲市場(江東区)への移転問題で元知事・石原慎太郎さん(84)が内幸町の日本記者クラブで記者会見。「移転は知事に就任したときから既定路線だった。裁可した責任は当然あるが、私ひとりというよりも行政全体の責任。議会も含めみんなで決めた」と述べ、移転を延期している小池百合子知事(64)には「やるべきことをやらずに看過し、豊洲への移転を決めた方々を生殺しにしている。責任は現知事、小池さんにもある」と発言した。
 これに対して小池知事は「中身がよく分からず、せっかくの会見だったのに残念。もう少しご自分の責任も見つめていただきたい。豊洲移転は地下水の再調査でどういう結論が出るか結果待ちで、そのことは私の頭の中に入っている。移転予定の方々も分かってくれているはず」と反論した。

【きょうの一文・ことば】
「地元住民と全国、世界の人々が訪れる商店街にしたい」(南三陸まちづくり未来の三浦洋昭社長)
「六年前にすぐ隣の庁舎屋上で町がつぶれていくさまを見た。こんな日が来るとは夢にも思いませんでした」(佐藤仁町長) 
=3日に開業した宮城県南三陸町の「南三陸志津川さんさん商店街」で。地元を代表するふたりは涙ながらに、こう語った

【新聞テレビから】
☆『★南三陸新商店街が開業』『〈東日本大震災6年〉石巻で名古屋学芸大生運営 真心食堂卒業の春 集団移転控え 絆を育み店じまい』、『北朝鮮籍男性 釈放 正男氏殺害 証拠不十分、国外退去へ』、『維新府議にも働き掛け 森友理事長、小学校認可で』『首相夫人幼稚園で講演時 政府職員が同行』、『木曽川・長良川リンチ殺人 元少年3人再審請求 1人は初「心神喪失」主張』、『前日の就寝前殺害か 南区の夫婦 明かり点灯、普段着姿』、『松阪牛、西尾の抹茶追加 地理的表示保護』、『ホンジュラスに学校建設、100校突破 米百俵の精神海を越え』、『ホームレス特集でTBS不適切表現 番組などで謝罪』(3日付、中日夕刊)
☆『〈東日本大震災6年〉輝く新天地再起誓い 南三陸 商店街笑顔の開店』、『供述通り田原で遺体 新城遺棄被告 11年前不明男性か』、『居間に大量の血痕 名古屋2遺体 その場で殺害か』、『民進、籠池氏の招致要求 「森友」問題 衆院国交委中断』『大阪府議にも接触 森友理事長 小学校認可巡り』、『北朝鮮の男 国外退去へ 正男氏殺害 証拠不十分で釈放』、『経営難4割赤字 コミュニティーFM 300局 災害時の命綱 基盤強化が急務』『被災地照らして』、『退位 法整備巡り議論 各党全体会議 特別法か恒久法か』(3日付、毎日夕刊)
☆『〈NIE教育に新聞を〉名市大と本社提携 記者ら派遣、中部経済を講義』、『フリン氏辞任に続き火種 司法長官もロシアと接触 セッションズ氏公聴会で明かさず 民主党は辞任要求』、『中国韓国旅行を大幅規制 「高高度ミサイル」報復か 韓国メディア報道』、『森友側「政治力で結論を」 理事長 鴻池氏側と接触15回「年間賃料高すぎる」』『公設秘書 財務局へ要望伝える』、『陛下「平和 本当に大事」 ベトナム残留の元日本兵家族慰問』『ドクさん「両国のため頑張る」 ベトナム訪問両陛下に面会』、『2人暮らし80代夫婦殺害 南区、首に刃物? 傷』『釣りや買い物仲良く』、『岐阜市 特権エレベーター 市民はやっぱり使えません… 議員控室の4階』(3日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年〉包丁振るい古里再生 南三陸「常設」商店街きょうオープン 東京で修業の33歳出店』『被災地リレー「理解」 IOC副会長要件緩和前向き』『除染で贈収賄容疑 原発事故 環境省職員ら逮捕』、『退位容認で与野党一致 皇位安定継承 「議論必要」 全体会議』、『鴻池氏側、国に仲介 森友学園 陳情15回 用地取得』『事務所 便宜供与は否定 紙包み「商品券」森友側説明』『会計検査に着手 首相、自民の調査否定 衆院予算委』『用地取得陳情 土地評価額低く/何とかしてや 「森友」露骨な要望』『寄付金頼み 審議会懸念』『7億円購入 計画を断念 12年・大阪音大』(3日付、毎日朝刊)

三月二日
 ベトナムを訪問中の天皇、皇后両陛下が、ベトナム戦争で使われた枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「べトちゃん・ドクちゃん」の弟グエン・ドクさん(36)とハノイ市内で面会。皇后さまは「お元気でいらっしゃることを、みんながどれほど喜ぶことでしょう」と述べられた。
※ベトさんは2007年に亡くなったが、ドクさんは結婚して双子の父親となり、日本との交流を続けている。東日本大震災では「第二のふるさと日本の復興を」とベトナムで義援金を呼びかけ、翌年4月には大津市内で日赤に義援金を寄託した。

 世界ボクシング評議会(WBC)のバンタム級タイトルマッチ12回戦が東京・両国国技館で行われ、チャンピオンの山中慎介(帝拳、34歳)が挑戦者のカルロス・カールソン(メキシコ)に7回57秒でTKO勝ち。日本歴代単独2位となる12連続防衛を果たした。ちなみに歴代1位は、具志堅用高の13連続防衛。
        ☆        ☆

 夜。第22回目のテーマエッセイ=テーマは〈まわる〉=などの件で、大津の眞鍋京子さんから電話が入る。90歳の眞鍋さんは私たちのお手本でもあり、いつも若々しくステキな方である。「体調が今ひとつでテーマエッセイの締め切り(2月末)までの出稿が遅れてしまい、本当に申し訳ありません」とどこまでも律儀な電話に、「健康第一ですから。無理なさらないで。ゆっくりでいいですので」と私。眞鍋さんからは、いつも礼儀正しさを学ばせて頂いている。
『名古屋・名駅の高層ビル「JRゲートタワー」15階で3日、国内約1250店舗の中で最も地上から高い場所にあるスターバックスコーヒーが開業する。』とは、2日付中日朝刊〈通風筒〉。記事によれば「1日の内覧会では、高層ビル群が目の前に迫る地上70㍍のテラス席などを公開。名古屋城などの街並みを一望でき、天気次第では御嶽山や南アルプスまで望めるという」とも。一度行ってみたい気がしてきた。

        ×        ×
 森友学園劇場、いよいよ政治家登場の段。いや「主役」はなお舞台の袖に?
      ◇ 
「史上最大の作戦」を演じたころの「強きアメリカ再び」の夢見てか、「史上最大級の増額」国防予算案と。
――とは、2日付毎日夕刊〈近事片々〉。毎度ながらズバリ核心を突いている。     
        ×        ×
【きょうの一文・ことば】
 「被爆者は、核の時代のとば口に立たされた新しい人種なのだと思う。わたくしは原爆と原発は同じだと訴えてきたつもりでした」「被爆死した五十二人の同級生と三人の先生が背中にいる。この人たちにうそだけはつくまい」「(米国で核実験の跡地を訪れ不毛の大地を見て)人間より先に自然が殺された」「核の問題は、命の問題。全てをお金に置き換える悪い平和を変えたい」
=2日付中日朝刊『〈評伝〉作家の林京子さん死去 核と命問い続けた(東京文化部・出田阿生)』の記事のなかから。林京子さんは生前、このように語っていたという

【新聞テレビから】
☆『元日本留学生 両陛下と懇談 ベトナム訪問』、『東証大幅続伸 300円高に迫る NY株初の2万1000㌦=米大統領のトランプ氏が前日に行った施政方針演説でこれまでの挑発的なトーンを抑えたことで議会と税制改革などの調整が進む、との安心感が広がった』『トランプ氏の好感度アップ 施政方針演説「支持」76% テレビ調査』、『北朝鮮国民渡航ビザ取得義務化 マレーシア、正男氏殺害受け』、『4日サッカーJ2「ダービー」 歴史的にも密接、複雑 名古屋受けて立つ!! 岐阜ヒートアップ』、『大阪母子殺害再び無罪 差し戻し控訴審 判決』、『面談記録は 鴻池氏側作成 森友学園問題 首相、調査に否定的』、『「共謀罪」テロ明記検討 政府与党 法案に目的を明確化』、『除染参入で収賄容疑 福島 環境省出先の男逮捕』、『宗教法人介し脱税疑い 名地検 不動産会社強制捜査』、『民家に高齢夫婦?遺体 南区 流血、事件の可能性』、『電車と衝突 車の男性死亡 安城の踏切 東海道線不通続く』、『娘の夢 学んだ 伝えた 58歳母 大学卒業へ 命の講演区切り「生きてるだけで十分」』、『ムッシュかまやつさん死去 78歳、「我が良き友よ」』(2日付、中日夕刊)
☆『〈東海百景〉春彩る梅の香 豊橋・向山緑地』、『美しく巣立ち 宝塚音楽学校 =兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校が2日、2015年4月に入学した103期生40人の卒業式を開いた』、『双方が「戦争犯罪相当」 アレッポ攻防で政権と反体制派 国連調査団』、『「森友」小学校認可延期へ 大阪府開校は来春以降』『「鴻池氏事務所作成」 共産・小池氏 森友学園面談記録』、『トランプ氏演説 事実誤認なお多く 米9400万人無職/テロ外国人が大半』、『少女像増え60体 韓国各地で除幕 3・1(独立)運動記念で』、『母子殺害無罪支持 大阪高裁 差し戻し控訴審判決』、『踏切で電車脱線 安城 車の運転手死亡』『JR東海道脱線 通勤ラッシュ直撃 沿線駅 人あふれ返る』、『かまやつさん死去 歌手「ザ・スパイダース」 78歳』(2日付、毎日夕刊)
☆『春告げる炎 古都赤々と 東大寺・お水取り』、『「交流拡大 うれしく思う」ベトナム訪問 陛下、晩さん会出席』、『6月、名古屋城の演目 中村座勘三郎らしく』、『〈訃報〉饗庭孝男氏(あえば・たかお=青山学院大名誉教授、フランス文学) 2月21日午前11時24分、肺炎のため死去、87歳。滋賀県出身』、『森友側 自民・鴻池氏に陳情 紙包み受け取り拒否「一瞬で金と分かった」』、『対IS「同盟国負担増を」トランプ氏演説 インフラに113兆円』、『岡崎商高教諭過労死と認定 名地裁、愛知県立高で初めて』、『押収大麻25億円相当 揖斐川町 栽培疑い組幹部ら逮捕』(2日付、中日朝刊)
☆『〈東海百景〉白線でつながる友 =岐阜県高山市の県立斐太高校で1日、伝統の卒業行事「白線流し」があった。女子生徒は真っ白なネクタイを、男子生徒は帽子につける白線を外し、7クラスごとに1本に結んで高校前の大八賀川に流した』、『林京子さん死去 作家 被爆体験で芥川賞 86歳』、『トランプ流抑制 減税・投資 議会に協力要請』、『正男氏殺害 「逃亡4人と共謀」 マレーシア検察 女2人を起訴』、『土地取得 鴻池氏に依頼か 森友学園、献金20万円』『陳情取り次ぎ鴻池氏は否定』、『豊洲汚染対策費「過少請求」石原氏了承 職員証言 地権者東ガス負担』、『三重・窃盗容疑2人逮捕「強盗するつもりなかった」もう1人は黙秘』(2日付、毎日朝刊)

三月一日
 午後。外出先から戻りパソコンを確認する。
 と、そこには午後12時26分発で〈脱原発社会をめざす文学者の会〉事務局発信の■林京子さん訃報です■のお知らせメールが入っていた。
 「皆様 森詠幹事から悲しい連絡が入りました 林京子さんが、去る2月19日に急逝されました。娘さんの林知世様から本日ハガキで(森詠代表幹事あてに)お知らせがありました。残念です。生前、お会いしてお話しをお聞きしたかったのに。……」といった内容だった。
 私はその場で手を合わせ、原爆許すまじ、と合掌した。

 まもなくして届いた中日新聞夕刊を開くと、そこには【林京子さん死去 86歳 作家、長崎の被爆体験】の見出し入りで訃報記事が掲載されていた。「子ども時代を上海で過ごし一九四五年に帰国、編入した長崎高女三年の夏に原爆に遭った。/六二年に同人誌「文芸首都」に参加。七五年、四十四歳のとき群像新人文学賞と芥川賞を受賞した「祭りの場」では、原爆投下の後、爆心地付近を長時間さまよった様子などを抑制の利いた平明な文章でつづった。/結婚や出産、子育てなどさまざまな場面で引き起こされる内部被ばくの恐怖と向き合いながら、人類が犯した罪への怒りを書き続けた。……」とあった。
        ★        ★

 トランプ米大統領が連邦議会の上下両院合同会議で初の施政方針演説。トランプ氏はこのなかで「私の仕事は世界を代弁することではなく、米国を代表することだ」と表明。フォードやソフトバンクなど企業の具体名を挙げ「多くの企業が数十億㌦の投資と数万人もの雇用創出を表明した」とも語った。
        ☆        ☆

 朝。愛知芸術文化センターの施設利用のため栄の受付窓口へ。
 中部ペンクラブの秋の催し開催にあたって9月24日の会場を確保するため、同じペン仲間の代表女性と訪れたが、なんとまあ閉ざされた入り口の前で多くの人々が立ち竦むようにして寒さに震えて午前9時からの受付開始待っているではないか。
 それも大半が高齢者だ(代表女性も超若くは見えるが、実は80代)。デ、見かねた彼女が居合わせた他の男性とともに職員を呼び出し「あなたたち。なにさまになってるのよ。自分の親が寒さのなか、立ちん坊で待たされていることを思ってみなさい。せめて、椅子を置くとか(椅子は中のフロアロビーにいっぱいあった)、中のロビーに入ってもらい待っていただくとか。私たち高いお金を払って施設を利用するのだから。お客さまなのに。そういうこと、ナンデできないの」と注意する事態に。
 対応に当たった女性があたふたしながらも「上司と相談し、次回からはそうしたことのないよう努めます。ご指摘、ありがとうございます」とは言ったものの。さて、どうなるか。お役人仕事のこんごを見守りたい。
 このやりとりを目の前に、いやはや、かつてサラリーマンの悲哀の歌として大ヒットした、あの♪毎日まいにち僕らは鉄板の 上で焼かれて……の歌詞で知られる〈たい焼きクン〉みたいだな、とも。高齢者の悲哀なのか。いやいや、そうでもない。若い人も寒い場所で延々と待たされていたのだから。親方日の丸の官庁仕事が市民サービスに欠けている、ということだ。
 しっかりしてもらわんと。困るがね

【きょうの一文・ことば】
 「多喜二を信じ続け、悲しみを背負った母親を描いた」「多喜二は母親から善人の魂を受け継いだのだと思う」「多喜二を国家権力が殺してしまったことが悔しい。あんなバカな戦争がなければ、ちゃんと生きられた人たちがいっぱいいた」「昔に戻っちゃいけない。格差や子どもたちの貧困が言われる今こそ、多喜二を評価しないと」「なぜ苦労している人たちに手を差し伸べないのですか。映画を見て、世の矛盾を少しでも感じてもらえたら」
=3月1日付中日夕刊『慈愛の目で反戦訴え 映画「母 小林多喜二の母の物語」』『山田火砂子監督「世の矛盾感じて」(井上昇治)』の記事のなかで。山田火砂子監督はこう、語った

【新聞テレビから】
☆『〈東日本大震災6年〉 仮設に誇り 最後の卒業式 福島の5高校(福島県立浪江高校など)、来月休校』、『両陛下ベトナムで式典』『異母兄 戦争の落とし子 豊橋の弟交流 残留日本兵の子、差別』、『林京子さん死去 86歳 作家、長崎の被爆体験』、『「IS消滅させる」 トランプ氏初の議会演説』『傍聴席にイスラム教徒ら 排外主義に無言の抗議』、『いざ就活本番 主要企業の説明会解禁』『名古屋でも合同説明会』、『共謀罪法案審査 自公期限設けず』、『トンネルから水蒸気 山陽新幹線一時運休』(3月1日付、中日夕刊)
☆『「米国第一」へ雇用創出 トランプ氏 初の議会演説 不法移民対策を強化』『「前向きな展望」に腐心 施政方針 就任演説批判受け』、『正男氏毒殺女2人起訴 マレーシア 検察、実行役と判断』『北朝鮮 総連使い宣伝戦 正男氏殺害で「韓国陰謀説」』、『苦悩越え72年後の面会 ベトナム初訪問 両陛下元日本兵家族と』、『切れ味 稀勢の里へ 関の親子 土俵入りの太刀鍛錬』、『サンゴ白化 宮古島で3割死滅』、『堀北真希さん引退「家庭に専念」』、『ごみと土砂分別「森友」作業再開』『〈熱血! 与良政談(与良正男)〉安倍1強時代と森友学園』(1日付、毎日夕刊)
☆『〈中日社説〉原発再稼働 責任と倫理はどこに=関西電力大飯原発3、4号機が規制基準に「適合」と判断された。そして電力事業者は、当然のように再稼働へと走りだす。誰も「安全」とは言えないものを、なぜ、動かすことができるのか』『〈東日本大震災6年〉さっちゃんラーメン再び 宮城、津波で倒壊の店 1日限定復活 名古屋のNPO職員支え』、『両陛下ベトナム入り』『宮城、福島 震度5弱』、『相模原殺傷 本紙記者接見 植松(聖)被告「遺族傷つけおわび」犠牲者には言葉なし(宮畑譲)』『被害者家族正当化憤り「苦労あるが愛してるから育てている」』、『トヨタ副社長に河合専務 初の生産現場出身者 永田専務も昇格』、『正午~2時指定 ヤマト 廃止検討 ドライバー負担減』、『免許返納で葬儀費15%引き 一宮署が「平安閣」と覚書』、『シラスウナギ「少し多め」 三重・熊野で漁最盛期』、『発表ミス「政治を意識し過ぎ。情けない」 アカデミー賞をトランプ氏やゆ』(1日付、中日朝刊)
☆『両陛下、ハノイ到着 ベトナム初訪問 歓迎に笑顔』、『〈東日本大震災6年 復興の検証〉心のケア先細り 被災者支援3年で4億円減額』『廃炉進展担う「クモ型」ロボ』『関連自殺福島突出80人 精神科病床が激減 地域の支え合い課題』、『大学生刺傷 懲役14年6月「殺意 非常に強固 地裁支部判決』『「たった14年、怖い」冨田さん』、『朴氏 収賄罪で立件へサムスントップら起訴 韓国特別検察』、『東京・和歌山の給食で被害1800人超 食中毒原因 刻みのり!?』、『世界王者、雑巾掛けも徹夜で宿題も 高山選手 高校卒業』(1日付、毎日朝刊)

17年3月2日

ウェブ作品集

伊神 権太

実録随想「残り花」

平成二十九年三月三十一日
 東日本大震災や東電の福島第1原発事故で全国各地に自主避難した人たちへの福島県による住宅への無償提供が今日を限りに打ち切られた。ふるさとへの帰還を促す狙いとはいうが〈切り捨て御免〉の行政施策のような気がしないでもない。難しい問題だと思う。
 「避難したくて避難したわけではないのに。原発事故がなければ普通に生活していたはず」「買い物や病院など生活インフラが十分でなく、当たり前の生活が出来る状態でなく打ち切りは認められない」といった声が渦巻いていることも確かだ。
 ソウル地検が韓国の朴槿恵前大統領を収賄などの容疑で逮捕。韓国での大統領経験者の逮捕は盧泰愚、全斗煥両氏に次ぎ3人目になる。
        ★        ★

 1日じゅう、雨、あめ、アメだった。寒さもぶり返し桜は開花こそしたものの、満開までには、しばらくかかりそうだ。
 あすのエイプリルフールを前に、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が突如、「わが国はこれまでの挑発的な政策を深く反省し、すべての核開発から撤退し、こんごは国を挙げて世界平和に貢献する」と表明。
 これを受け、米、露はじめ全ての核保有国が即刻、核開発をやめることを宣言。国連軍縮委員会が金正恩委員長をノーベル平和賞に推挙、世界から全ての核兵器が一掃され、地球が平和の星として新たな道を歩き始めた――といった夢を見た。

 昔、新聞社の特報部デスク長時代にエイプリルフールが近づくとは、ことしの4月1日付〈特報記事〉は何でいこうか、とみんなで真剣に論じあった日々が懐かしく思い出される。人類の平和は永遠のテーマであることを、ここにあらためて宣言しておきたい。
 ありえないことが起きる。それがこの世の中だ。これからも平和な世界到来に夢を託していきたい。 

【きょうの一文・ことば】
「エロス、つまり人を愛するということは、それ自体が支配層の強いる『愛国心』への反逆だから。エロスは『個』を大事にすること。平和を大事に守ること。エロスなき世界に平和はない」。
「一人一人が絶えず、言い続けましょう。2足す2は4であると。白は白であると。それこそが言葉を取り戻すこと。平和への最初の一歩なのです」
=31日付毎日夕刊『〈特集ワイド 作家・作詩家 なかにし礼さんに聞く〉自分の言葉取り戻そう 「二重思考」から抜け出せ/エロスは平和を守ること 近著で戦争の「加害」体験も克明に』の記事のなかで。なかにし礼さんのことば

【新聞テレビから】
☆『〈東日本大震災6年〉福島3町村避難指示解除 復興誓い黙とう』『帰郷「まだ考えられない」 自主避難者 県、住宅無償提供終了』『事故時4歳 甲状腺がん 民間基金「県公表せず」』、『隔離法廷 再審請求せず ハンセン病 検察、元患者側に謝罪』『「ゼロ回答」元患者ら憤り 隔離法廷 弁護団、国賠訴訟の方針』、『朴前大統領を逮捕 巨額収賄など疑い ソウル地検韓国史上3人目』『〈解説〉世論と罷免の重大性を考慮(ソウル支局・上野実輝彦)』『朴容疑者 検察車両で収監、独房へ 前大統領の礼遇失う』『日韓交流に影響懸念 中部の関係者 関係改善へ期待も』『本紙が号外発行』、『雪崩事故大田原高捜索 栃木県警、業過致死疑い』、『科学談義朗読会…バーに集った四半世紀 夜の文化発信地に幕 千種の「カルヴァドス」 今夜まで』、『みかじめ料 賠償命令 名地裁 山口組組長ら2人に』(31日付、中日夕刊)
☆『3町村の避難指示解除 飯舘のカボチャ守る 福島市で栽培続ける』『みんなおかえり飯舘で式典』、『朴前大統領逮捕 収賄など13容疑 韓国警察歴代3人目』『裁判所公平性を重視 一連の事件で起訴40人』『支持者ら泣き叫ぶ』、『正男氏遺体北京に マレーシア外交官ら帰国』、『センバツ決勝 順延』、『雪崩大田原高を捜索 危険性の認識捜査 栃木県警』、『免震不正 東洋ゴム書類送検へ 虚偽表示容疑 元役員ら十数人』、『女性研究者に優しい環境へ 大同大 神保睦子新学長(63)』、『ギャンブル依存2.7% 厚労省 全国11都市成人調査』(31日付、毎日夕刊)
☆『住民帰還に高い壁 インフラ整わず/根強い放射線不安 福島3町村避難解除』『「巨大津波予見」国、東電が控訴 原発避難訴訟』『作業用足場下から立ち上る湯気確認 福島2号機ロボ撮影』『伊方差し止め認めず 広島地裁 新基準「不合理でない」』、『違法天下り計62件 文科省最終報告 37人追加処分 歴代次官8人も対象』、『朴槿恵氏の逮捕状審査 質疑9時間、全面否認』、『正男氏遺体北朝鮮へ マレーシア 出国禁止解除合意』、『日本製鉄鋼に制裁 不当廉売、トランプ政権方針』、『発達障害者 気軽においで 息子自死した女性カフェ開き3年 昭和区』、『「体罰ダメ」教頭口論 滋賀 書類送検報告せず懲戒』(31日付、中日朝刊)
☆『3町村 避難指示解除 飯舘・浪江・川俣 帰還1割未満 富岡はあす』『原発避難者訴訟 国と東電が控訴』『伊方原発差し止め却下 広島地裁 住民側、即時抗告へ』、『文科省幹部ら43人処分 違法天下り62件 最終報告』『次官経験3人「停職相当」』『天下り最終報告 開始時期、経緯あいまい 前例ない大量関与』、『正男氏の遺体送還 マレーシア、北朝鮮と合意』、『朴氏審問7時間 ソウル中央地裁 逮捕の可否判断へ』、『「冬山」禁止悩む現場 季節で区切れない 自粛で判断力低下』(31日付、毎日朝刊)

三月三十日
 31日と4月1日に避難指示が解除される解除区域=中日新聞から
 20170331_080826

 政府はあす、東電福島第1原発事故で福島県飯舘村、川俣町、浪江町の3町村に出していた避難指示の一部を解除。翌1日には富岡町でも解除する。4町村の対象住民は約1万2000世帯、3万2000人に及ぶという。対象区域は、政府が設定した3つの区域のうち放射線量の高い「帰還困難区域」以外の「居住制限区域」と「避難指示解除準備区域」。国が3月末までの解除をめざして除染や生活インフラの整備を進めていた。
 これにより、川俣町で避難区域がなくなったものの飯舘、浪江、富岡の3町村と南相馬、双葉、大熊、葛尾4市町村の計7市町村には依然、帰還困難区域があり避難指示が続く。第1原発が立地する双葉、大熊両町となると居住制限区域や避難指示解除準備区域も解除できず、全域が避難区域のままだ。当然ながら買い物や医療を支える生活インフラが整わないばかりか、除染もままならず放射線量への不安も根強い。
 そして。原発事故で傷ついたこれら地域では、ありとあらやる場所で除染廃棄物の詰まった黒い袋が相変わらず日に日に増える一方なのである。
        ★        ★

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシア国際空港で殺害された事件で北朝鮮とマレーシアの両国は30日、正男氏の遺体を北朝鮮にいる家族に引き渡すことで合意した、との共同声明を発表。互いの国民を出国禁止にした措置を解除することでも合意したという。
 タカラジェンヌを育てる兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校ではこの日、第105期生の合格発表があった。競争率26・1倍の狭き門をくぐり抜けた合格者は、こんご2年にわたって声楽やバレエなどを学び、あこがれの宝塚歌劇団の舞台をめざす。

        ☆        ☆
「脱原発社会をめざす文学者の会」の担当者に会報用原稿〈塩屋埼灯台直下にて〉を写真を添付してメールで送り、ほっとする。
        ☆        ☆

        ×        ×
 まだ続いていたのか…。若い世代なら「アートの島」を思い浮かべるかもしれないが、瀬戸内海に浮かぶ豊島(てしま)は、かつては「ごみの島」と呼ばれていた。そのごみの撤去がようやく終了した、と。
――とは本日付中日夕刊1面の〈夕歩道〉
        ×        ×
【きょうの一文・ことば】
 「被害者や遺族にとって、犯人が何歳だろうと苦しみに変わりはないんや」
=30日付中日朝刊『〈少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件①〉法の壁 遺族置き去り』の記事のなかで。1994年10月8日、金属パイプでめった打ちされたアルバイトの長男江崎正史さん(当時、19歳)の遺体が長良川の河川敷で見つかったが、その正史さんの父親恭平さん(愛知県一宮市、72歳)が事件を振り返り、遺族の心情につきこう語った
※私は当時、新聞社の大垣支局長だった。早朝、2階の支局長住宅で寝ていた私たちのもとに「長良川河畔で男性の全裸他殺体2体が発見されました」と警察から入った第1報は今も忘れられない。サツ回り担当の女性記者にただちに連絡する一方、事件が事件なので現場に駆けつけてみると全裸血まみれの遺体二体が警察医による検死を終え担架で運び出されるところだった。血のりがべっとりと付いた手足や体の一部がこれみよがしに担架が揺れるつどその肉体の一部を背後の空中に血として描き、それは奇々怪々なさまを、露わにしていた。
―――世にいう非行少年グループによる長良川・木曽川大量殺人事件の始まりだった

【新聞テレビから】
☆『新名所続々沸く金城ふ頭 子供主役レゴランド 開業前式典』『名古屋を面白い街に お隣のメイカーズ・ピア開業』、『朴前大統領 地裁に出頭 逮捕状審査、結論は未明か』『無言、こわばる表情』、『東芝半導体分社を承認 株主総会、社長が謝罪』、『栃木の雪崩現場検証 県警、業過致死容疑で捜査』『同級生すすり泣き 犠牲の部員、葬儀』、『★宝塚音楽学校で合格発表』、『安城PR動画人気!!  踊る地元女優ゾンビと市民1000人』『増える自治体制作 予算と成果模索を』、『関電残業代17億円未払い 2年間1万2900人分、来月支給』、『着陸やり直し失速、墜落 運輸安全委 八尾空港事故で報告書』、『NHK子会社剰余金948億円 検査院指摘』、『発火事故以降初のサムスン新スマホ 来月米で発売』、『ニセ電話 名簿を押収 愛知県警3人逮捕 組織的、手引も』(30日付、中日夕刊)
☆『夢の舞台へ 宝塚・合格発表』、『東芝、半導体分社を説明 臨時総会 社長、株主に陳謝』、『雪崩の規模確認 栃木県警が現場検証』『雪山講習見直し 関東・東北高体連 安全管理徹底へ』『三重では中止通知 (冬山登山)』、『朴前大統領の逮捕状審査 韓国裁判所 今夜から未明に結論』、『JRゲートタワー 名古屋駅前に完成 レストラン街など来月開業』、『国連ナンバー3に(女性の)中満氏 =中満泉・危機対応局長(53)= 軍縮担当トップに任命』、『ベイスターズ導入 仮想現実で打撃練習 82投手の投球再現』、『ディラン氏今秋末メダル受け取り』、『準強姦医学部生有罪 地裁判決 千葉大生、集団暴行』、『待機児童定義拡大 運用開始17年度から』(30日付、毎日夕刊)
☆『〈少年と罪 木曽川・長良川連続リンチ殺人事件①〉法の壁 遺族置き去り』、『林(真須美)死刑囚の再審認めず 毒物カレー事件』、『東芝 赤字1兆円超す恐れ 製造業で最大 WH(ウェスチングハウス・エレクトリック)、破産法申請』、『英、EU(欧州連合)に離脱通告 2年間の交渉開始へ』、『名鉄細長―い ビル 南北400㍍ 名古屋駅再開発で全体図』、『〈クルマ革命〉「相乗り」が変える社会』『〈クルマ革命第2部 シェア社会が来る〉所有から共有へ 相乗り進めば車台数半減も』、『相続財産1800万円 弁護士が一時流用 名古屋、業務停止2年』、『てるみ14年から粉飾 16年9月期 負債 74億円隠す』『旅行保険料返還へ チャブ保険』『内定取り消し者 わが社へ 2社、採用救済へ名乗り』(30日付、中日朝刊)
☆『日本の参加願う折り鶴 核兵器禁止会議』、『英EU離脱通告 期限2年交渉へ 通商・人の移動難題』、『那須雪崩死亡 経験則から慢心 講習会責任者 会見で釈明』『那須雪崩「絶対安全と判断」 ラッセル訓練 講習会責任者会見』、『大阪地検籠池氏捜査へ 森友小 補助金 不正受給容疑』、『JRタワー名古屋 1日開業控えイベント 名古屋駅前を一新 名鉄6ビル一体開発』、『内部留保13社948億円 NHK子会社 検査院改善要求』、『磁場反転で太陽フレア(太陽表面の爆発現象) 名大など初観測』、『旅館「十八楼」50人が食中毒 岐阜』(30日付、毎日朝刊)

三月二十九日
 英国メイ首相が29日、「歴史的瞬間です。後戻りは出来ません」と欧州連合(EU)の基本条約「リスボン条約」50条に基づくEU離脱を宣言。片やトランプ米大統領が28日、オバマ前政権が定めた地球温暖化対策のための環境規制を見直す大統領令に署名、石炭産業などの雇用を優先し二酸化炭素の排出規制を撤廃することなどが柱で、地球温暖化対策に対する国際枠組み「パリ協定」の実施と目標達成が著しく難しい状況となった。
 世界が後戻りしつつある。
        ☆        ☆

 早朝、社交ダンスのレッスン場確保にはじまり新聞チェック、わが家のインターネットのフレッツ光ネクストへの移行切り替えのための準備と電話連絡、執筆、読書と相変わらず綱渡りの1日が続く。そんななか、何にせよ、それぞれひとつ(1曲)で良いから達人に、との信念で「たとえ僅かな時間でも」と横笛、サンポーニャ、ダンスレッスン(ひとりでステップを踏んでみる)にも挑んでみる。

 写真は過去6年に及び町の情報を伝えるため心血を注いだ高橋さん=29日夜。メーテレの〈報道ステーション〉から
 20170329_223258

 夜。メーテレの〈報道ステーション〉で目にしたのが、東日本大震災発生直後から6年にわたって町民の声や生活情報を町の回覧板さながらに伝え続けてきたあの宮城県山元町の災害臨時エフエム放送局「りんごラジオ」が「あさってで終了する」とのニュースだった。
 私自身、山元町は震災直後からこれまでに3度ほど訪れ、637人もの人々が津波にのみこまれて亡くなった被災地をこの目で確かめ、ちいさなプレハブに設けられた「りんごラジオ」局を訪ね、名物キャスター高橋厚さん(74歳)とも、いろいろお話をさせていただいただけに、とても惜しい気がする。このまま続けることは出来ないものなのか。

        ×        ×
 今年の流行語レース序盤。一歩リード「そんたくか」、追う「はしご外し」か。
――とは、29日付毎日夕刊〈近事片々〉。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
「自分の国に裏切られ、見捨てられ続けてきたという被爆者としての思いを強くした」「各国の要人を広島に招き悲惨さを知ってもらうことで核軍縮の重要な役割を担っているというが、米国の核の傘に入り続けるなら、これらは口先だけの責任逃れの行動だ」(核兵器禁止条約の制定交渉で交渉不参加を表明した日本政府に対して)
「核兵器は違法で倫理に反すると宣言する条約の制定がみなさんの任務だ」(交渉参加国に対して)
=29日付中日夕刊『核禁止条約交渉始まる「犠牲者の苦難に言及を」』『「裏切られ、見捨てられた」 広島被爆者が会合で演説』の記事のなかで。広島で被爆した、サーロ―節子さん(85歳、カナダ在住)がニューヨークの国連本部で被爆体験を語りつつ、厳しいことばでこう語った
※サーロ―節子さんは1932年広島市生まれ。トロント大大学院を終了。13歳のときに広島で被爆し、姉やおいを失った。55年にカナダ人と結婚し、同国に移住して核廃絶運動に尽力。国連総会の委員会など世界中で開かれる国際会議で被爆体験を英語で証言する活動を続けている

【新聞テレビから】
☆『核禁止条約交渉始まる「犠牲者の苦難に言及を」』『「裏切られ、見捨てられた」広島被爆者が会合で演説』『不参加日本の席に折り鶴』、『栃木雪崩救助隊証言 犠牲者らくぼ地に集中 「眠るな」 頬たたき』『「やっぱり来なかった…」 大田原高で全校集会 級友ら深い悲しみ』『登山講習も審査対象に 栃木県教委 防止策見直し検討』、『稀勢 左腕は筋損傷 加療1カ月、春巡業休場』、『東京農工大の遠藤氏ガードナー賞に選出 「スタチン(体内でのコレステロール合成に関係する酵素を阻害する物質)」発見』、『WH(ウエスチングハウス・エレクトリック)、破産法申請決定 東芝、損失1兆円見通し』『破綻処理難航予想も』、『温暖化規制見直し指示 トランプ氏大統領令署名 CO2の削減困難に』『就任後最低支持率36%』『トランプ氏生家2億3800万円』、『小型機墜落で書類送検 東京・調布 無許可遊覧飛行疑い』(29日付、中日夕刊)
☆『日中不戦の桜 植樹続け30年 無錫・市民ら式典』、『サーロ―節子さん 「怒り感じる」 核禁止条約 日本不参加を批判』、『悪天候で 訓練なぜ 那須雪崩 救助隊員が疑問 位置発信機持たず』『大田原高悲しみの集会 那須雪崩8人犠牲』、『日比遺骨収集再開へ DNA鑑定など徹底 両政府合意』、『東芝WH破産法承認へ 海外原発事業撤退 新たな損失リスク回避も』、『性別適合手術 キリン 有給休暇付与 リハビリなど最大60日』、『特定秘密 文書存在なし166件 15年末 政府、将来備え指定』、『残業上限 例外は「悪夢」 トラック運転手の遺族反発「過労死多い業種こそ規制を」』、『遺産1.7億円脱税容疑 名古屋国税 一宮の主婦告発』、『(吉田)松陰形見の短刀 米で発見、確認 本人の夢 太平洋を越え』(29日付、毎日夕刊)
☆『高浜再稼働を容認 3、4号機仮処分取り消し 大阪高裁 1年で判断覆る』、『名鉄名古屋駅を拡張 22年度着工 空港ホームも検討』、『訓練変更 引率教員ら判断 栃木雪崩 遭難発信器持たず』『雪が奪った8人の夢』(29日付、中日朝刊)
☆『高浜原発再稼働へ 停止仮処分覆す 大阪高裁 絶対的安全求めず』、『〈検証〉首相、昨秋に検討指示 南スーダン陸自撤収 新任務付与と並行』、『働き方改革 長時間労働に法規制 政府決定 派遣も同一待遇』(29日付、毎日朝刊)

三月二十八日
 名古屋地方気象台が名古屋市の桜が開花した、と発表、昨年より9日、平年より2日遅いという。千種区の気象台敷地内にあるソメイヨシノの標本木でこの日午前10時過ぎ、5輪以上が花開いているのを気象台職員が確認、4月上旬には見ごろを迎えそうだ。この日は岐阜でも開花、平年より2日遅く、昨年に比べ8日遅かった。

 大阪高裁(山下郁夫裁判長)が関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた昨年3月の大津地裁の仮処分について関電からの抗告を認めて取り消す決定。山下裁判長は決定理由で、東電福島第1原発事故後に策定された原子力規制委員会の新規制基準を「事故から得られた教訓を踏まえ最新の科学・技術的知見に基づき策定された」と評価。3、4号機は新規制基準に適合している」とした。
 それにしても、どうしてこうクルクルといったん出された判決がくつがえるのか。そのつど住民は判決に喜んだり苦しんだりで翻弄され続けるではないか。裁判官によって、こうまで違う裁判制度の在り方には疑問を感じてしまう。

 日本の高見沢信林軍縮大使が27日、米ニューヨークの国連本部で同日始まった核兵器禁止条約の制定交渉会合で演説し「建設的かつ誠実に参加することは、困難と言わざるを得ない」として核禁止交渉への不参加を表明。「(交渉に核兵器保有国が参加しないことから)国際社会の分断を一層深め、核兵器のない世界を遠ざける」と不参加の理由を語った。これはこれで分からないでもないが…。やはり、核兵器のない平和な世界が望ましい。

【きょうの一文・ことば】
 どこを歩いても何かを思い出す。何を見ても誰かを思い出す。記憶は俺の頭にあるのではなく、道端に、街角に転がっている。記憶が勝手に俺の頭に飛び込んでくる。人が町を記憶するように、町が人を記憶している。俺は町の一部なんだと思う。同じように、町は俺の一部でもあるのだ。
 駅前まできて方向転換し、車道の中央に車椅子を置き、正面から商店街の街並みに母を向き合わせる。
 母が死んだらこの町から逃げ出せると思い心のどこかで母の死を待ち望んでいた。なのに、いざ母が死んでしまうと、この町が愛おしくなってくる。これはどういう心の変化だろう。俺の中の一部が、町に離れがたさを感じているのだ。
 この景色を胸に刻んでおこう。町のために俺がしてやれることはないが、忘れないでいることはできる。人に忘れられて、初めて町は廃墟になるのだ。この町を守りたいと、初めてそう思った。
=志賀泉の小説「無情の神が舞い降りる」(筑摩書房)から。俺が、死んだ母を車椅子に乗せ町をあるく場面

【新聞テレビから】
☆『名古屋で桜開花 平年の2日遅れ』、『竜に勝利あれ 熱田神宮で選手ら祈願』、『〈県境ものがたり〉能越① あんな島 「ほっとけ(仏島)」 写真・今泉 慶太 文・松村真一郎』、『核禁止交渉に日本不参加 軍縮大使「各国の分断深める」』『対米配慮を優先 核の傘ジレンマ』、『登山講習現場に一任 栃木・雪崩 高体連、変更把握せず』、『爆薬「TATP(過酸化アセトン)製造容疑 警視庁 一宮の男性 書類送検』、『三重・岐阜の医師らミャンマーで尽力 背骨治療国境なし』『名古屋競馬場の移転が正式決定 予算案を優先 可決』『〈論説委員のワールド観望〉北朝鮮工作員は語る ■金賢姫氏の訴え■自殺すれば英雄■教材は日本映画(山本勇二)』(28日付、中日夕刊)
☆『咲きました 名古屋』、『那須雪崩事故 訓練再開 判断が焦点 県高体連 詳細把握せず』『那須・スキー場雪崩 美術部志望一転山岳部/後輩に慕われ 自画像抱え父悲痛 傷ない遺体「目覚ましそう」』『捜査予見可能性が焦点』、『核禁止「実効性ない」 日本演説交渉には不参加 条約会議』『保有国・傘依存国 会場外で抗議』、『司法の闇知る友よ 冤罪訴える仲間と交流 映画に 袴田さん釈放3年』、『酒弱い人 骨粗しょう症リスク2.5倍 慶応大 中高年 女性調査』、『両手首に縛られた痕 千葉 女児殺害 押さえつけられたか』、『「見返り 100万円受領」 組長虚偽診断書 医師ら3人逮捕』『米の慰安婦像撤去 連邦最高裁が却下』、『A1 (人工知能)の目 不審者追跡 日立1秒で数万人判別』(28日付、毎日夕刊)
☆『雪崩高校生ら8人死亡 山岳部員ら40人重軽傷 栃木 注意報発令の中 訓練』『生徒「恐怖で記憶が飛んだ」 急斜面に隊列 新雪前進中』『「おぉ…」足元からうめき 栃木雪崩 周囲に埋もれる生徒』『憧れの存在 犠牲の大金さん 泣き崩れる家族』『大田原高山岳部8年連続全国へ』『油断があったのでは 愛知県山岳連盟北村理事長』『福島でも雪崩1人意識不明 安達太良山』、『愛知工科高講師にプリウス設計者ら』、『通学路カメラに姿なし 千葉女児遺体 連れ去り自宅近くか』『「とても悲しい」帰省中のリンさん母』『「どうすれば防げるか」小学校校長が苦悩明かす』、『「てるみくらぶ」が破産へ 関連旅行会社も営業停止』『シニア照準 過度な宣伝』、『天守閣の入場 11月にも禁止 名古屋城木造復元で市長意向』、『三重県庁職員の飲料に異物混入(コーヒーのペットボトルから界面活性剤を検出) 職場の冷蔵庫に保管』、『「引越社」に賠償命じる 名地裁 元社員の名誉毀損 認定』(28日付、中日朝刊)
☆『高校生ら8人死亡確認 雪崩40人負傷 那須のスキー場 登山講習7校』『雪一瞬で胸まで 生還生徒ぼうぜん 犠牲者先頭校に集中』『安全学ぶ場暗転』『「ベテラン教員引率」 県教委説明』『福島でも雪崩 1人意識不明』、『17年度予算成立 一般会計 過去最大97兆円』、『WH(東芝子会社の米原子炉メーカー、ウエスチングハウス) 破産法申請へ きょうにも 東芝、損失 確定急ぐ』、『顔に殴られた痕 千葉女児殺害 窒息死の可能性』、『〈2017 第89回センバツ高校野球〉「楽しもう」最後まで 早稲田実清宮幸太郎主将 先輩の言葉継ぎナイン鼓舞 =この日早稲田実は東海大福岡に8―11で敗れた』、『■ウィッツ施設継承の神村学園分校認可=鹿児島県が同県の学校法人神村学園が三重県伊賀市に通信制の分校を設置することを認可した。広域通信制で不適切な指導があり、3月末で廃校となる同市のウィッツ青山学園高の施設を引き継ぐ』、『■愛犬家殺人事件死刑囚が病死=埼玉県内で1993年に愛犬家ら男女4人が連続して殺害された事件で殺人などで死刑が確定した元犬猫繁殖販売業、関根元死刑囚(75)が27日、収容先の東京拘置所で多臓器不全のため死去』(28日付、毎日朝刊)

三月二十七日
 暦のうえでは日本各地で桜が花開くので〈さくらの日〉だ、とか。毎日朝刊の〈季語刻々 今昔〉によれば、モンシロチョウ(紋白蝶)の初見日(平年値)は、きょうが彦根、奈良、鳥取で、あす28日が前橋、熊谷、鳥取だという。
 そのチョウが空高く舞うはずのけふの朝、悲劇が突如、起きた。
        ★        ★

 午前9時20分ごろ、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で大規模な表層雪崩が発生、登山講習会に参加していた県立大田原高校の生徒らが巻き込まれたと110番があった。県警や消防の調べによると、この雪崩で大田原高校山岳部の男子生徒7人と顧問の男性教員1人の計8人が死亡、他校の山岳部員ら計40人が重軽傷(うち重傷7人)を負った。
 県教委によれば、この日は県高体連が25日から2泊3日の予定で開いた「春山安全登山講習会」の最終日。雪が多く降ったため当初実施予定だった登山の中止を決定、代わりに7校の計62人が参加、5つのグループに分かれラッセル訓練をしており、大田原高はその先頭だったという。
 それにしても何たることだ。若者たちのゆめと希望が一瞬にして蹴散らされてしまったのである。合掌― 私はなぜか、昭和40年代に後立山連峰弥陀ヶ原で起きた同志社大生のスキーツアーで20数人が行方不明になった山岳遭難を思い出した。あのとき私は松本支局のジープで現場に急行、次々と病院に運ばれてくる学生たちを取材したことを覚えている。

 ソウル中央地検が朴槿恵韓国前大統領(65)の友人による国政介入事件で企業から金銭を受け取った疑いがあるとして、朴氏の逮捕状を請求。大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題に絡む安倍晋三首相夫人、昭恵氏の関与問題、共同通信によるその後の全国緊急電話世論調査によれば、「関与否定は納得できない」とする回答が62・6%で「納得できる」の28・7%を大きく上回った。

【きょうの一文・ことば】
「(当時の心境を聞かれ)朝には肩が動いていたし、やれると思ったから。(出る、と)決めた以上は絶対あきらめないでやろうと」「一つ一つ階段を上っていくような気持ちで追い求めていきたい」
=27日付中日夕刊『「一生の思い出になる場所」稀勢の里優勝一夜明け』の記事の中で。1夜明けての新横綱稀勢の里のことば

【新聞テレビから】
☆『雪崩8人心肺停止か 栃木のスキー場登山講習中 高校生ら37人重軽傷』『短時間で積雪「表層雪崩」か』『ドカ雪救助到着妨げ 栃木雪崩 教員ら無事祈る』『「少しずつしか前進めず」 消防隊員ら』、『朴前大統領の逮捕状請求 ソウル地検 金銭受け取った疑い』、『デモ500人拘束 ロシア、野党指導者も』、『「一生の思い出になる場所」稀勢の里優勝一夜明け』、『女児別の場所で殺害か 千葉遺体 現場に争った跡なく』『明るく人懐こい子が 近所の女性沈痛』、『てるみくらぶ破産へ 旅行中止も 影響』、『〈思うままに〉梅原猛 安倍内閣に「波高し」 危機をどう脱するか』(27日付、中日夕刊)
☆『ホタル舞う大熊を思う いわきに避難の男性=石橋英雄さん(67歳)= 震災前東電と保全活動』、『4059人巣立ちの春 名大卒業式』、『朴前大統領の逮捕状を請求』、『民進「昭恵氏招致を」 参院来年度予算今夕成立』、『稀勢 満面の笑み』、『雪崩高校生6人心肺停止 3人不明 3人重傷 那須のスキー場 登山講習中』、『別の場所で殺害か 千葉女児遺体 現場争った跡なし』『千葉・女児殺害 自宅近くで不明か 600㍍先 通学路姿見えず』『「かわいそう、怖い」地域に悲しみ』、『「てるみくらぶ」破産申請 海外格安ツアー負債150億円』、『「プーチンやめろ」 露反政府デモ1000人拘束「豪勢な生活」首相皮肉る参加者も』(27日付、毎日夕刊)
☆『〈第89回選抜高校野球甲子園球場〉福井工大福井7―7健大高崎 十五回譲らず再試合 福岡大大濠1―1滋賀学園 』『1大会2度 史上初』、『〈核心〉除染汚職事件 急増公務員業者の標的 監督役大量採用 飲食、旅行で接待』『福島県住居無償月内限り 自主避難負担重く「国が一律支援を」』『NPO寄り添う 松本2家族に住まい確保』、『稀勢不屈の賜杯 新横綱22年ぶり』『「奇跡の二番」感涙V 稀勢負傷越え大歓声』『息子信じた両親 「二つ勝つ予感あった」』『「涙出そうに」「心打たれた」 中部でも祝福の声』『〈この人〉大相撲春場所で敢闘賞を獲得 貴景勝光信さん(20)』、『北朝鮮容疑者ら聴取か マレーシア警察 大使館に立ち入り』『正男氏遺体を火葬、北朝鮮へ』、『林鄭氏 香港初の女性長官 =香港行政長官選挙は中国指導部が支持する前政務官の林鄭月娥(りんていげつが)氏、59歳が当選。初の女性長官が誕生』、『「昭恵氏招致を」52% 全国世論調査 首相説明6割が不満』、『小3女児殺され 遺棄 ベトナム籍 千葉、排水路脇に』『母帰省中に「むごい」住民衝撃』、『俳人 栗田(やすし)さんの句碑をお披露目 岐阜、中日俳壇選者』、『「期待背負い次の舞台へ」蟹江町長選 横江(淳一)さん4選で喜び=この項は尾張版=』(27日付、中日朝刊)
☆『福島第1周辺 5市町村避難計画なし 月末指示解除 飯舘村も』『復興支援道路が福島で初の開通 相馬一部区間10㌔』、『千葉県知事選 森田氏が3選』、『けがの稀勢逆転V』『不屈の心 稀勢伝説 新横綱逆転V「見えない力感じた」』『「すごい」 母もらい泣き』、『〈2017第89回センバツ高校野球〉連続再試合 譲らぬ2戦「30回」 手に汗握る投手戦』、『橋の下に小3女児遺体 千葉 首絞められた痕 殺人で捜査』『千葉・女児殺害 登校中狙われる? 「活発、人なつっこい子」』『「地域の目」 通学路に死角 集団登校を検討 松戸市教委』、『開業1年 229万人運ぶ 北海道新幹線 真価問われる2年目』(27日付、毎日朝刊)

三月二十六日
 雨がパラパラと降り続ける小寒い1日だった。でも屋根をたたく雨音がどこか楽しそうに、弾んで聞こえてくるのはなぜか。
        ☆        ☆

 大相撲大阪春場所(エディオンアリーナ大阪)の千秋楽。

 新横綱稀勢の里は本割でつきおとし、優勝決定戦でも照ノ富士を捨て身の小手投げで破り連覇を決めた=NHK総合から
 20170326_175818
 20170326_174112
 20170326_180140

 出場すら危ぶまれながらも左肩と左胸、肘のケガを押して土俵に立った新横綱稀勢の里=本名萩原寛(ゆたか)さん、茨城県出身。田子ノ浦部屋。30歳=が本割と優勝決定戦の二番続けて大関照ノ富士をつきおとしと小手投げで破り、13勝2敗で逆転優勝。二場所連続二度目の制覇を果たし、日本じゅうに感動の輪が広がった。
 新横綱の優勝は1995年初場所の貴乃花いらい、22年ぶり8人目。ちなみに稀勢の里の先代親方隆の里(元横綱)は新横綱で全勝優勝をしている。17年ぶりに4横綱となった今場所は横綱白鵬こそ5日目から途中休場したものの、新横綱の稀勢の里人気もあって、全15日間で入場券完売の「満員札止め」と大盛況だった。

 三重出身の千代の国(東前頭6枚目)が9勝6敗、石川出身の遠藤(同5枚目)8勝7敗、長野出身の御嶽海(東の小結)9勝6敗と、この地方の郷土出身力士も勝ち越すなど満足このうえない歴史に残る場所ともなった。願わくば、関脇琴奨菊(福岡出身、佐渡嶽)の大関復帰も、と期待したが復帰条件の10勝に1勝たらず残念無念に終わった。

        ×        ×
 きょうは、舞の「どうしてもいきたい」の声に従い、昼食を兼ねインドカレーの店「ツルシ」へ。楽しくおいしいひとときを過ごした。ホットチャイを飲んだあとには久しぶりにヨーグルトジュース〈ラッシー〉も味わった。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
 優勝に感涙する新横綱稀勢の里と感極まった表情の両親=NHK総合から
 20170326_180858
 20170326_180813
 20170326_180052

「(涙ながらに)きょうは泣かない、と決めていたのですけれど。本当に諦めないで最後まで力を出してよかったです。支えてくださった方々のおかげです。きょうの自分には見えない力があった。5月場所に元気な姿が見せられるよう、あしたから治療に専念したい」(奇跡の逆転優勝をした新横綱稀勢の里)
「これ以上、傷めなきゃいいが。まあ気力でしょうね。気力とちからが残ったのかな。予期しなかったね、こういう展開は。」(NHK相撲解説者、元横綱北の湖勝昭さん)
「(稀勢の里の捨て身の勝利に)信じられないことが起きました。これほどの大歓声は初めてです。横綱の底力に感動しました。感謝、感謝です。」(同解説者、舞の海秀平さん)
「たいしたものだ。今後に語り継がれる逆転優勝となった。最後まで諦めないことが大切なんだ。」(日本相撲協会の八角理事長、元横綱北勝海)
=26日大相撲で起きた、奇跡ともいえる稀勢の里の優勝に関係者はこう語った

【新聞テレビから】
☆『森友疑惑 核心に迫る』『元財務相「まったく異常です」近畿財務局ではできない 元衆院議員藤井裕久さん』『本省幹部の喚問必要 OB指摘』『財務局が異例の認可催促 府私立学校審議会会長が証言』(3月26日号 しんぶん赤旗日曜版)
☆『夢追うチア全米5連覇 映画モデル 福井商高JETS 「できる」と暗示/ノートに目標』、『オバマケア代替法案撤回 トランプ政権に痛手』、『昭恵氏脇の甘さ露呈 国有地売却 交流広い「家庭内野党」』、『〈元名大生の闇㊥支援〉見過ごされた異変』『「福島帰れよ」同級生母たばこの煙 千葉の原発避難者 小学校いじめやまず再転校』、『新卒採用「増やす」27% 主要企業18年度 就活、売り手市場続く』、『75歳 オート人生走り抜く 谷口選手「悔いなし」』、『深谷さんら 最優秀言の葉大賞授賞式』、『〈サンデー版大図解〉都道府県名の由来』(26日付、中日朝刊)
☆『新横綱痛み押し出場 稀勢の里「最後までやりたい」』、『松井氏「首相が火に油」森友問題』、『緑地公園造成に汚染土 環境省 非公開会合で検討』、『トランプ氏再び「敗北」 オバマケア代案 共和分裂、撤回』、『行ってらっしゃい お兄ちゃん 寅さんの隣 さくらの像 柴又』、『運営ずさん隠蔽入念 兵庫・劣悪こども園 監査超過園児休ませ 定員増急ぎ監視後手』、『ツアー航空券発券トラブル 「てるみくらぶ」』、『〈Sストーリー〉生の証しゼロ戦描く――漫画家・小沢さとるさん(81)の思い』『憧れと祈り漫画に「今日のゼロ戦」144枚 記憶に刻んだ雄姿 平成の特攻隊描かぬ』(26日付、毎日朝刊)

三月二十五日
 ニューヨークが大雪に。ワシントンも風速50㍍の強風にさらされたという。日本列島も各地でまだまだ風がつよく、なかなか春になりきれてはいない。
        ☆        ☆

 大阪での大相撲春場所14日目。左肩付近を負傷しながらもケガを押して出場した新横綱稀勢の里に満場の声援が送られたのだが。やはり、力が入り切らず、横綱鶴竜に寄り切りで敗れた。でも「重傷に休むと思っていた新横綱が出てきただけに、場内にはそれだけで感激。泣いた人々がいっぱいいましたよ」という。
 稀勢の里につき杉山邦博相撲ジャーナリスト(元NHKの名物大相撲担当アナ)は「横綱はとにかく生真面目の人なんです。土俵入りの柏手を見るかぎり、左の肩の筋肉がキレてるようなので90%勝つのは無理でしょう」と話すが、【綱の重み】を体現する力士の姿には、日本じゅうから喝采が送られている。あしたもおそらく土俵に上がるに違いない。
 あと1日、がんばれっ! 稀勢の里
 
 一方のプロ野球。この日ヤフオクドームであった対広島オープン戦でソフトバンクは松坂、五十嵐、サファテの3投手による継投でノーヒットノーランを達成し1―0で勝ち、松坂が勝利投手として戻ってきた。なんでもオープン戦での無安打無得点試合は1988年3月23日に当時の南海(現ソフトバンク)、西川がヤクルト戦で達成していらい29年ぶりだという。ともあれ、これで松坂の完全復活への希望が膨らんだわけで、ことしのプロ野球への期待がひとつ増えたといえようか。
 こちらも、松坂がんばれっ! である。

【きょうの一文・ことば】
 14日目の出場はとても無理だろう。おそらく照ノ富士が優勝するだろうが、素直に喜べない。稀勢の里の今場所の戦いは終わった。私もしばらくは立ち直れないかもしれない。この記事を書くのが実につらい。
 疲れた。食欲もない。差し入れにもらった、みたらし団子とノンアルコールでやけ酒といくか。しかしまだ休場と決まったわけではない。無理はしないほうがいい。なあに、あした(来場所)があるさ。
=25日付中日スポーツ1面『休場危機 悲劇!! 新横綱V目前で 稀勢 左胸重傷』『日馬の一気攻め連勝12でストップ』など1連の相撲関連記事のなかの【〈はやわざ御免 北の富士勝昭(元横綱)〉まさに「好事魔多し」…まだ試練を与えるのか】から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『負傷稀勢の里出場へ 大相撲■春場所』、『オバマケア改廃案撤回 トランプ氏 最優先課題つまずく』『「米国の勝利」民主党は歓迎』『攻防中 クシュナー氏=トランク米大統領の長女イバンカさんの夫=がスキー トランプ氏激怒 CNN報道』『NYダウ7日続落 政権運営に不安感』『米地裁、入国規制を容認 バージニア州 差し止めは変わらず』、『空爆 市民100人超犠牲か イラク・モスル 有志国連合が調査』、『伝え続けた福島の声 地元アナ 2000人取材 ラジオ番組終了』『能登半島地震10年「怖さ忘れず対策」 石川・輪島で集い』、『翁長知事 辺野古反対集会に初参加 埋め立て承認 「必ず撤回」』、『竜 復活の道ここから ドーム前矢田駅』、『声援が僕の手動かす 名古屋車いす人形劇団が20年』、『〈でらサタ〉粋也歌舞伎詞(いきだねかぶきのことば)』(25日付、中日夕刊)
☆『●eye松本刑務所内中学 誓い胸に 全員卒業  写真・文 小川昌宏』、『帰ってきたよ 小笠原諸島のアホウドリ』、『桜通り満開(オオカンザクラとカンヒザクラ) 名古屋・東区』、『オバマケア代替案撤回 医療保険改革 米政権に打撃 共和党決定』、『課徴金「自首で減免」拡充 公取委、違反抑止へ 6位以降でもOK/申請延長も』、『〈ともに2020バリアーゼロ社会へ〉客室バリアフリー化 国交省設計指針策定 通路に転回エリア』、『車いす転落 自殺か 近鉄久居駅 女性はねられ死亡』、『露大統領 ルペン氏招待 仏に親露派期待 選挙前、異例の会議』『露首相の豪勢な生活 ネットで暴露 野党指導者 豪邸・ヨット…視聴1100万回』(25日付、毎日夕刊)
☆『元名大生に無期判決 殺人、劇物 責任能力認定 名地裁「興味本位」求刑通り』『〈解説〉矯正、社会復帰も視野』『〈㊤衝撃 元名大生の闇〉減刑 微動だにせず 説諭に小さく「はい」』『裁判員「更生し反省を」』『犠牲森さんの夫「女房帰ってこない」』『刑務所での精神障害ケア 「最大限に」判決で言及』『精神医学の理解不足 重すぎず妥当な判決』、『小学道徳初の検定』、『部活休養日義務付け 愛知県教委 中学週2、高校週1』、『「誤解解く」とメール公開 首相、森友問題潔白を強調』『「お騒がせしています」昭恵氏、講演で涙』(25日付、中日朝刊)
☆『道徳科の教科書初検定 教科化契機「いじめ」取り上げ 全て合格』、『元名大生に無期 女性殺害・劇物投与 責任能力 認める 名古屋地裁判決』、『昭恵氏証言 市民も要求 100人の約8割「反論は国会で」』『昭恵氏の「関与」攻防 政府文書「夫人付が個人で」 野党「責任転嫁」と強く批判』、『陸自に撤収命令 南スーダン』、『車いす女性はねられ死亡 近鉄・久居駅ホームから転落』、『〈追跡2017 TOKAI東海ワイドWIDE〉新たな「名古屋の顔」へ 「レゴランド・ジャパン」来月オープン 観光振興に高まる期待 相乗効果で世界の東海に』(25日付け、毎日朝刊)

三月二十四日
 大阪で連日、ファンを沸かせている大相撲春場所13日目。きのうまで12戦全勝と破竹の勢いだった新横綱稀勢の里が横綱日馬富士に一方的に寄り倒され初黒星を喫したばかりか土俵下に転がり落ちた際、左の胸を押さえたまま痛みで顔をゆがませ、しばらく動けなくなり救急車で病院に運ばれる事態となった。
 思いもしなかった暗雲。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は14日以降の出場について「あすの様子を見てから」と明言を避けているが、これまで休場は2014年初場所千秋楽の1日だけと健康優良児だった稀勢の里が何ということか。好事魔多し、とはこのことだ。
 このうえはケガの程度が少しでも軽く、早い回復を祈るばかりである。人生いつ何が襲ってくるか知れたものでない。稀勢の里の場合、いつも淡々と土俵を務め自身が苦労し頂点に上り詰め夢と希望を体現させてきただけに、どうか軽いケガですむようにと祈るほかない。なんたることだ。この世には無情な風、悲しさだけしか横たわっていないのか。
        ★        ★

 名古屋で知人女性を殺し、仙台では高校の同級生らに劇物の硫酸タリウムを飲ませ殺人や殺人未遂の罪に問われた元名大女子学生(21)=事件発生当時は16~19歳=に対する裁判員裁判の判決公判で名地裁が「犯行時に完全責任能力があった」として求刑どおり無期懲役を言い渡した。

        ×        ×
 夜。昨夜はあれやこれや、と諸事情から見ることが出来なかったNHK総合の〈2夜連続特集ドラマ絆~走れ奇跡の子馬(後)~〉をみる。舞台は相馬の野馬追で知られる福島で、大震災と原発事故(放射能汚染)のダブルパンチに打ちのめされながらも、震災の日に生まれた馬リヤンを夢の競走馬に育てようと奮闘努力、挫折しながらも家族の絆が深まっていく物語だったが、画面を前に涙がとめどなく落ちた。
 避難先も含め、被災者たちは誰もが今なお多くの苦しみを背負って苦難の道を歩いているのである。

【きょうの一文・ことば】
「お父さん、たら。言い出したら聞かねえ人だべ。」「(3月11日、あの震災の日に生まれた子馬の)リヤンは父と私の夢なんです。どうか力を貸してください。」「あの馬、被ばくしてねえ、って。いいきれるか。」「もう元には戻らないかもしんねえ。」「やっかあ―。ここをなんとかする。俺はあきらめねえ。」
=24日夜NHK総合の〈2夜連続特集ドラマ絆~走れ奇跡の子馬(後)~〉から。その場面の中での登場人物の会話のごく1部

【新聞テレビから】
☆『強き竜へ思いは一つ 松阪屋に「優勝させる会」』、『〈写真グラフ〉「あずさ号」改装した民宿 寝ても覚めても夢の中(写真・文 浅井慶)』、『首相、籠池氏証言を否定 夫人間のメールを公開』『「妻の名誉のため」参院予算委 首相、証言に反論』『昭恵氏怪しまれることしない方がよかった/謝礼記憶ない メールやりとり要旨 籠池氏妻あまりにひどい/土運ぶ費用など3億5000万円足りず』『昭恵氏喚問4野党要求へ』『大阪知事「喚問応じる」 森友問題 府議会百条委設置協議』、『梶井基次郎きょう「檸檬忌」 傷心癒やした長屋保存を 松阪』、『「ロンドンは屈しない」 テロ事件追悼集会』、『橋崩落犠牲学生に学位記 熊本地震 両親「生きた証し」』、『内藤明人氏死去 リンナイ会長、元名商副会頭90歳』『〈評伝〉ガス電子制御先駆け 内藤明人氏 中部経済界「ご意見番」(元経済部・稲田雅文)』、『★宮城と千葉で鶏殺処分 =H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出で22万羽の殺処分を始めた』、『義母殺害疑い 男逮捕 大垣、妻の殺人でも捜査』、『SAKURA寂しい花見 ワシントン』、『陸自PKO今夕撤収命令 防衛相南スーダン5月末まで』(24日付、中日夕刊)
☆『〈東海百景〉忘れないで弥富の文鳥 ブーム去り 市のロゴ 金魚だけに』、『英「テロ 打ち負かす」追悼集会』『容疑者は英在住 52歳 ロンドン襲撃 テロ関連犯歴なし』、『首相、働きかけ否定 夫人付き職員 照会「事務的」 参院予算委』『メールの文面公表 昭恵夫人「寄付記憶ない」 籠池氏妻「誰も信じない」 2人のやりとり(要旨)』 昭恵夫人「権力など使っていない」 籠池氏妻「国の切り捨て許せない』『昭恵氏喚問要求 4野党一致』『自民、メール文面公表』『稲田氏 「夫が立ち会い」昨年1月 籠池氏と国側の交渉に』、『ハガティ駐日大使指名 米政府発表「親日」投資家』『菅氏「歓迎する」』、『「私の直感正しい」 トランプ氏盗聴否定を批判』、『観光客増に一役 北海道新幹線1年 在来線時代の1.7倍 ビジネス利用伸びず陰りも』(24日付、毎日夕刊)
☆『昭恵氏側財務省に照会 森友土地契約籠池氏にファクス 国会証人喚問』『昭恵氏関与を否定』『生々しさ深まる疑惑 籠池氏 「物証」どよめき 証人喚問 「親密さ印象付づけた」』『中部選出の衆参議院 与党信ぴょう性疑問 野党昭恵氏も招致を』『〈中日ボイス〉「解明されず」大多数 首相関与意見割れる』『JR東海社長「事実はない」リップサービス否定』、『藤井四段 無傷10連勝 将棋14歳 デビュー最多タイ』、『名古屋城木造化決定 予算可決 財源、短い工期難題』(24日付、中日朝刊)
☆『籠池氏 証人喚問 首相夫人付き職員が照会 国有地巡り財務省に 野党夫人の喚問要求へ』『官房長官 「関与ない」 夫人も否定』『「籠池ショー」 ウソは誰 私人喚問に不満 「訳分からんことが起こっているなあ」 名指し否定と困惑』『「昭恵リスク」鮮明に 奔放な言動「直感の人」 「府申請用7.5億円に 鴨池氏と業者 契約書覚書に調印』、『8人の身柄拘束 ロンドンテロ 犠牲者は3人』、『タクシー料金7%アップ 4月21日から名古屋地区』(24日付、毎日朝刊)

三月二十三日
「メールをしっかり公表する。その点では一致しました」(証人喚問に立ち、籠池泰典氏を追及した自民党議員葉梨康弘氏=衆院予算委員会の証人喚問で)。一体全体、何が本当で何が嘘なのか。
 
 衆参両院予算委員会での証人喚問のひとこま=NHK総合画面から
 20170323_145949

 20170323_161555
 20170323_150136

 20170323_161355

 国有地が小学校用地として格安に払い下げられていた問題。衆参両院予算委員会が大阪市の学校法人「森友学園」の理事長籠池泰典(本名・康博)氏に対する証人喚問を行った。この結果、籠池氏の証言や残されていたファクスの存在などから、国有地の定期借地契約の延長をめぐって安倍晋三首相の妻昭恵氏付きの政府職員、谷査恵子氏が籠池氏の依頼を受け財務省に照会などをしていた事実が浮かび上がった。
 この日、四時間を超える証人喚問で籠池氏は国有地取得にあたっての政治家の関与につき「政治的関与は、その時々にあったのだろうと認識している」などと話したほか、昭恵氏が2015年9月5日、講演のため学園の系列幼稚園を訪れた際、園長室で同行者を部屋から外させ、人払いした昭恵氏から「(小学校建設を)ひとりでさせてすいません。どうぞ、安倍晋三からです」と述べ、封筒に入った100万円を手渡され、昭恵氏には「感謝」と封筒に書き込んだ講演料10万円を渡した、とも語った。
 さらに小学校建設に関して平成27年10月ごろ、昭恵夫人の携帯の留守電にメッセージを残したほか谷氏を通じて何度も相談。その後、昭恵夫人と籠池氏の妻諄子さんとの間でメールが交わされるようになり、事件が発覚してからは、ことし2月だけでも22回、3月にはこれまでに15、6回のメールのやり取りがあり騒動後は「主人(安倍首相)にとっても、大変なことに巻き込まれたということも理解してほしい」との口止めとも取れるメールが届いた、などとも証言した。

 昭恵氏は、これら国有地をめぐる籠池氏からの依頼電話などについて「何度か短いメッセージをいただいた記憶はあるが、土地の契約に関して具体的な内容は、全く聞いていない」と反論。100万円の寄付についても重ねて否定しているが、さて真相はどうか。寄付も、関与もしていない―というのなら、冒頭質疑でのメール公開も合わせ参考人喚問の場に立って堂々と証言すべきではないのか。きょうの籠池証言を聞く限り国民の多くは、籠池さんの発言の方を信じる。そんな気がして仕方ない。

 いずれにせよ、安倍首相は「私も妻も一切、認可にも国有地の払い下げにも関係ない。関係していたということになれば、私は間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」(2月17日、衆院予算委員会での答弁)と話していたあの首相発言は何だったのか。
 昭恵夫人は喚問の場に立ち、堂々と対峙してこそ〈首相の妻〉ではないのか。
        ★        ★

 きょうの証人喚問を聴いていて、ナンダカ貴重な時間がどんどん吸い取られてゆく気がし途中、つけっぱなしにしていたテレビとラジオのスウィッチを消した。これは、一体何なのか。茶番劇である。名もない国民が、けなげかつ汗水たらして日々を生きているのに。そう思うと、情けなく腹立たしくさえなってきた。愛猫シロちゃんも、舞だって。ほかに私の周りの、この世に生きる多くの人びとが嘆き、悲しんでいる。それともショーとして楽しんでいるのだろうか。
 それと。昭恵夫人の顔がこのところ、だんだんと引きつり見苦しくみえてきた。半面で、天下のペテン師とまで揶揄される籠池氏の顔が1点でひと筋光り輝いてみえてきた。これは、なぜだろう。いまや、彼は過去の原罪を悔い改め聖人となって、政界のウミを出し切ろうとしているのか。国民の期待が集まっていることは確かだ。
 この事件の解明はこれから、だ。昭恵さんは寄付金を渡してないなら「ない」で、正々堂々と国会の場で天下に向かって高らかに言えば良いのではないか。もし嘘をついていたなら、それはそれで夫とともに国民に謝り反省すれば良い。ただそれだけのことだ。ニンゲン、だれとて過ちだらけだ。
 この社会、〈罪を憎んで人を憎まず〉である。すなおに反省し、間違いを認めれば、また前に向かって歩けるはずだ。この茶番劇を見ていて、私は急に懸命に生きる、この世のすべての人々が愛しくなってきた。

♪春一日昏るる国会茶番劇(伊神舞子)、か。

【籠池語録(国会の証人喚問で籠池氏が語ったことば。捨て去るには惜しいので、ここにその一端を記しておく)】
▼トカゲのしっぽ切りで終わらせず、真相究明を(持ち時間が過ぎ山本一太参院予算委員長に注意された際、この言葉が発せられた)▼(国有地八億円の値引きを聞き)私はその時は神風がふいたのかな、と思った。何らかの見えない力が働いた。スピード感をもって物事が動いていった▼昭恵夫人から口止めとも取れるメールが届きました▼事実は小説よりも奇なり。私が申し上げていることが正しいです▼(警察官僚出身の自民党・葉梨議員の喚問に対して)先生がおっしゃっているのは、たたみかけるようで私に対して大変失礼だと思う▼(23億、15億、7億円の三種類の契約書について)それは刑事訴追を受ける恐れがあるのでお答えできません▼はしごを外したのは大阪府知事、はずされたのは私です▼嘘はいけない、と思っています

【きょうの一文・ことば】
 籠池泰典氏が、安倍首相夫人の昭恵氏から百万円を受け取ったとする発言は、真実であるかは別として、具体的で詳細だった。次は昭恵氏や名前が挙がった同席者、財務省の担当者を証人喚問すべきだ。そもそも籠池氏だけを呼び、公的性格の高い人たちを呼ばないのは不合理。今の状態では、片方がうそをついていることになる。お互いが偽証罪に問われる状況で、真相をはっきりさせる第二ラウンドがなければ国民は納得しない。(ジャーナリスト・大谷昭宏さん〈昭恵氏らも喚問を〉)
 籠池泰典氏がどこまで本当のことを話しているか分からないが、ごまかしたり誰かをかばったりしている感じではなく、腹をくくったような印象を受けた。一方、自民党の西田昌司参院議員は国会議員としての質問というより、自民党員として安倍首相や夫人の潔白を証明しようとしている感じで、違和感を覚えたし、がっかりした。(作家・あさのあつこさん〈腹くくった印象〉)
=23日付中日夕刊『「昭恵氏が口止めメール」 籠池氏証人喚問 騒動後の「冷遇」恨み節 100万円「安倍からです」』『「トカゲのしっぽ切り」』の記事のなかで。ジャーナリスト大谷昭宏さんと作家あさのあつこさんの話
※ちなみに、テレビで喚問の様子を見ていたかぎり、私自身も両氏と全く同じ考えであることを付記しておきたい。特に西田議員に対する、あさのあつこさんの違和感は私とまったく同じだった。見苦しいとも言える質問だった

【新聞テレビから】
☆『〈籠池氏証人喚問〉「昭恵氏が口止めメール」 騒動後の「冷遇」恨み節 100万円「安倍からです」「トカゲのしっぽ切り」 昭恵氏らも喚問を 腹くくった印象』『「首相夫人から100万円」「国有地取得政治的関与」 籠池氏を証人喚問』『昭恵氏寄付重ねて否定 菅官房長官』『迫田前理財局長ら参考人招致で合意 参院自民と民進』『根っからの保守自負 籠池氏 特異性際立つ園経営』『「リップサービス発言していない」JR東海広報部』『私学審会長「瑕疵はない」 大阪府、参考人質疑』、『英国会前テロ死者4人に 40人けが イスラム関連捜査』『響くサイレン日常一変 英テロ 日本人観光客「まさか」』『倒れた警官に人工呼吸 下院議員に称賛の声』『見学の小学生ら緊迫 議事堂内』、『2017WORLD BASEBALL CLASSIC■決勝 米猛打、悲願の初V =米国がプエルトルコに8―0で完勝し、初優勝を飾った』、『(韓国南西部の珍島沖で2014年4月に沈没したフェリー)セウォル号、海面上に 沈没原因、本格調査へ』(23日付、中日夕刊)
☆『籠池氏「100万円寄付」証言 首相夫人から2人きりの場 証人喚問 官房長官は寄付否定』『100万円「安倍からです」 籠池氏証人喚問 やり取り鮮明に 追及に恨み言連ね』『地元、中継見守る』『真相究明どこまで』『籠池氏冒頭発言要旨 参院喚問 不行き届き謝りたい 元府議長特別な計らい とかげのしっぽ切りやめて』、『東証1カ月ぶり 1万9000円割れる』、『英議事堂近くでテロ 4人死亡 車で暴走、警官刺す 容疑者射殺』『「民主主義への攻撃」 ロンドンテロ 観光客青ざめ』、『企業爆破浴田氏=連続企業爆破事件で殺人未遂罪や爆発物取締罰則違反などで服役していた元東アジア反日武装戦線「大地の牙」メンバーの浴田由紀子受刑者(66)=釈放 「大地の牙」刑期満了で』、『歩行中死傷7歳が突出 交通事故 自転車は16歳が最多』(23日付、毎日夕刊)
☆『英国会近くテロか 2人死亡、10人以上けが 男を射殺』『審議中止 議員叫び声』、『名古屋城木造きょう可決 市議会』、『中電と火力統合19年にも 東電再建計画「今春合意」』(23日付、中日朝刊)
☆『東電、脱国有化先送り 新再建計画骨子 19年度に判断』、『日本準決勝敗退 WBC』、『名古屋城木造で復元 全国初 予算きょう成立 市議会委可決』、『実技、ひそかに優遇 千葉・県立高入試 体育系事前リスト』(23日付、毎日朝刊)

三月二十二日
 朝の午前7時49分、北朝鮮が日本海側の東部元山(ウォンサン)付近から日本を射程としたミサイルを発射したが数秒内に爆発し失敗したと米軍が発表。このミサイル発射に米軍は、グアムに配備している〝死の白鳥〟と呼ばれるB―1B戦略爆撃機を朝鮮半島に派遣、日韓の周辺空域で両国の戦闘機との共同訓練も実施し北朝鮮への圧力を強めた。
 発射されたのは中距離弾道ミサイルだった可能性が強く、数秒内の爆発に関しては米軍がサイバー攻撃を仕掛けたためでは、との推測も1部に出ている。もし、これが事実としたら。北朝鮮の次なる手が警戒される。いずれにせよ、対北朝鮮が緊迫した状況下にあることだけは変わりない。

 英BBC放送やロイター通信によると、今夜おそく英国会議事堂のあるロンドン中心部のウェストミンスターで走行しながら通行人5、6人をなぎ倒した車が議事堂近く道路脇の柵に突っ込んで停止、車から降りた男がナイフで警察官らに襲いかかる襲撃テロ事件が発生、3人が死亡、10数人が負傷。犯人は射殺されたという。

 名古屋の東山動植物園でオーストラリアのタロンガ動物園から両園の姉妹提携20周年を記念して贈られた雄のコアラ「マックス(4歳)」の一般公開が始まった。
        ☆        ☆

 現在書き進めている吉乃(織田信長の側室)の小説執筆に関連し、各種資料をあらためて読み直してみる。気になるのは、没年齢ひとつをとっても諸説があり、どれが本当なのかが分からない信長の正妻濃姫に関する著述資料があまりに少なすぎ、彼女のたどった道が謎に包まれている、ということだ。

 中日新聞朝刊で連載中である葉室麟の小説〈影ぞ悲しき〉。きょうは266回目だったが、心に残る記述があったので以下にその一部を記録しておく。
  ―記―
 シドッチの話は、およそ次のようなものだった。
 
 わたしは、今から二百四十年ほど前にローマカトリック教会の枢機卿で教皇代理を務められたこともある神学者のニコラウス・クザーヌス様という方を尊敬しております。
 クザーヌス様は、このように説かれました。
 人間というものは、自分の知識を何物にも比べられない、並ぶものがないものだと信じ込んだとき、他人の立場や気持ちを汲み取ることができなくなり、
――独善
 に陥るというのです。
 そうなると自らを省みることなく他人を咎め、責め立ててしまいます。しかし、われわれの知識は闇夜の蠟燭のようなものなのです。
 光は弱く周辺しか照らすことはできません。
 われわれが知るということで得た光は、むしろまわりの闇の暗さ、影の濃さを知らせてくれるのです。それが、本当に知るということなのです。
 だから、われわれは知識を得たからといって、他人を断罪し、さらに他人への過酷な攻撃に走ってはなりません。
 真のカトリック教徒は、宗教が違うという理由で迫害も侮辱もしてはならないのです。
 異なる習慣や伝統に生きている民や国を寛容にキリストの愛へ誘うのです。
 それが神の愛を知った者の使命なのです。
 このようなクザーヌス様の教えを知り、わたしはまことにそうだ、と思いました。

【きょうの一文・ことば】
「今の時代、治安維持法のようなことまではないと思うが、昔のようにちらしを配っただけで逮捕されるような怖い世の中にはなってほしくない」
=22日付中日朝刊『弾圧、乱用「二度とならん」 治安維持法で迫害の過去「共謀罪」法案に懸念』の記事のなかで。三重県松阪市の太田まささん(102歳)がかつて18歳のころ、自宅で寝ていたところ、自宅に上がり込んできた警察官数人から「おい、起きよ」と手を引かれ、いきなり逮捕されたときのことを振り返り、こう語った
※記事によれば、当時は農家が貧困にあえぎ貧富の差が拡大、農民運動が盛んだった。まささんは、抵抗なく運動の会合案内ちらしを配るのを手伝い、共産党の機関紙赤旗を読むなどしていたが、これが治安維持法違反容疑とされた。50日ほど雑魚寝で勾留され、やっと釈放されたが、その後結婚し東京に引っ越してからも私服の特高(特別高等警察官)が訪ね、監視され続けたという。

【新聞テレビから】
☆『清宮フィーバー 場外弾級 センバツ24日、早実登場』『特別な入場経路 /経済効果「34億円」』、『名古屋城木造復元可決へ 予算委 自・民・公が賛成』、『第三者の卵子で出産 国内初 ボランティアが提供』、『米で心臓移植 女児無事帰国』、『「日本一小さな村」駐在さん、ありがとう 愛知・旧富山村 頼られ12年、今月退職』、『日本、準決勝で敗退 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック) 米に 1―2』『「あと一歩」侍の夢霧散 ファン「つなぐ野球信じたが」』『名古屋でもため息 中区・スポーツバー』『千賀選手の好投たたえる 出身地・蒲郡でPV(パブリック・ビューイング)』、『田原白骨遺体で追送検 新城事件被告 傷害致死、遺棄疑い』、『チェーンソー男有罪 津地裁判決 犯行動画「影響大きい」』、『名古屋拘置所長 職員数人に暴行 矯正管区が調査』、『フジ元記者書類送検 組関係者に 名義貸し疑い』、『「森友」 運営の幼稚園 業者が仮差し押さえ 15日、大阪地裁命令』(22日付、中日夕刊)
☆『「平和は築きあげていくもの」文集に 卒業式 愛子さま中学卒業』『〈2017 WORLD BASEBALL CLASSIC〉譲れぬ3度目V 準決勝・米国戦 =日本は米に惜しくも1―2で敗退』、『第三者卵子で初の出産 不妊女性 匿名 提供受け 神戸NPO発表』『〈解説〉親子関係の法整備急務』、『乾通りの桜もっと華麗に 植え替え 本数・品種増やし来春再公開 今春はお休み』、『障害児平均賃金で逸失利益 大阪地裁算定 事故死 施設と和解』『命の価値同じ「前進」』、『(歌人の藤原)定家見た「赤気(せつき)」はオーロラ 極地研 地磁気軸の傾きなど解明』、『記憶力消す酵素 名古屋市大特定 アルツハイマー治療に期待』、『沢村やっと来たぞ 100歳同期兵墓参り 生誕記念戦前 娘と対面』(22日付、毎日夕刊)
☆『「共謀罪」法案国会提出 犯行準備 市民も処罰』『弾圧、乱用「二度とならん」 治安維持法で迫害の過去 菰野の96歳宇佐美さん 「共謀罪」法案に懸念 松阪の102歳太田さん』『賛成派「国際犯罪の捜査 連携には不可欠」』『「他人疑う社会に」「個人情報訴訟の女性』『「思考、議論の処罰」栄で反対デモ』『〈核心〉「テロ対策」にすり替え 「共謀罪」法案提出 政府3事例 現行法で対処可能』、『〈街が変わる〉名駅が一服 金山に脚光 公示地価 割安感で投資呼ぶ』、『原発避難いじめ認定 17日、前橋地裁 国・東電に賠償命令』(22日付、中日朝刊)
☆『障害ある人も おしゃれ満喫 東京コレクション』、『3900人集団訴訟が結審 福島第1原発事故 安全対策怠った』『溶融燃料は 確認できず 福島第1調査延長』、『「共謀罪」法案衆院提出 政府閣議決定 与野党論戦へ』『「テロ対策に便乗」「共謀罪」閣議決定 「どうやって捜査」9・11遺族 実効性に疑問』『法の専門家 賛否溝大きく』、『朴氏が出頭 否認 検察聴取 逮捕の可否検討』、『(環境省が)初の海洋生物レッドリスト 絶滅危惧は56種』、『住宅地9年ぶり下げ止まる 公示価格 商業地2年連続アップ 愛知上昇続く』、『籠池氏「全て話す」か 疑惑発覚以来 発言曲折 あす証人喚問』、『■(愛知県が)ダイコーに撤去費3814万円請求』(22日付、毎日朝刊)

三月二十一日
 ここ尾張の地も朝から肌に寒いシトシト雨がふりつづいたが、夕方には止んだ。
 気象庁が東京都心での桜(ソメイヨシノ)の開花を発表。平年より5日早く、昨年と同日。全国で最も早い開花宣言となった。この日は全国的に雨。この世で桜が咲くために早く咲け、咲け〉とせきたてる催花雨(さいかう)そのものとなった。
        ☆        ☆
 
 国連が〈国際幸福デー〉に指定している20日、世界幸福度報告書2017が公表され、調査対象155カ国中、最も幸せな国はノルウェーだと発表された。2位はデンマーク、3位アイスランド、4位スイス、5位フィンランド、6位オランダ、7位カナダ、8位ニュージーランド、9位オーストラリア、10位スウェーデンの順で北欧勢が上位を占めた。
 ちなみに米国は14位、韓国56位、中国79位、南スーダンは147位、ラストの155位、最も幸せでない国は中央アフリカで日本は51位だった。北欧はかつてピースボートで訪れ、ノルウェーでは海を見下ろす丘で横笛をふき、アイスランドでは地熱エネルギーの現場を訪れるなど忘れられない思い出も多いが、確かにどの顔も輝いており、一人ひとりの幸せ感がピンピンと伝わってきたことを覚えている。
 日本に比べ、どこかゆったりと大らかな国だったが、やはりそうだったか、と実感した。

 政府は〝共謀罪〟を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案を閣議決定、国会に提出。韓国の朴槿恵前大統領(65)が友人の崔順実被告による国政介入事件でソウル中央地検の事情聴取を受け、機密漏えいや収賄などの疑義を全面否定した。朴氏が検察の調べに応じるのは初めてで任意の取り調べは午前9時半から休憩をはさんで午後11時40分まで14時間近くに及んだ。

【きょうの一文・ことば】
 「私たちの朴氏は無実です」(朴槿恵前韓国大統領支持派)「犯罪者を監獄へ」(反対派)
「国民のみなさん、申し訳ありません。取り調べには誠実に応じます」「時間はかかるが真実は必ず明らかになります」(朴槿恵さん)
=21日朝、ソウル中央地検に出頭した朴槿恵前大統領と支持派、反対派の声。韓国大統領経験者への取り調べは、朴槿恵氏が4人目
※この日の朝、朴さんはソウル市内の自宅から紺色のコートとズボン姿で車に乗り込み、取り調べの行われる中央地検へ。自宅前には支持者100人以上が集まり、太極旗や横断幕を掲げて朴さんの無罪を訴えた。地検前にも支持者が集まったほか、朴さんに批判的な団体も集会を行い「朴槿恵を即座に逮捕せよ」などと訴えた。

【新聞テレビから】
☆『★東京都心で桜開花』、『「共謀罪」法案閣議決定 政府、今夕にも国会提出 〈解説〉「テロ防止」の看板疑念(東京社会部・西田義洋)』『「市民活動萎縮する」反対派 共謀罪「国際協調に不可欠」の声も 推進派』『300人抗議デモ』『「共謀罪」成立今国会で 二階氏意欲、民進は「阻止」』、『朴前大統領が地検出頭 初の聴取「捜査誠実に臨む』、『トランプ陣営のロシア接触 FBI(米連邦捜査局)長官 「捜査中」』『日仏原子力協力推進 首脳会談 4カ国=仏米英と日本の海上自衛隊= 軍事演習実施へ』、『私だけ知る戦友・沢村 
 鳥羽の100歳=沢村と同じ1917年2月生まれで離島・坂手島で過ごす中西時次郎さん= あす遺族と初対面へ』、『GPS(衛星利用測位システム)捜査3人再逮捕 警視庁 最高裁判断前に容疑特定』、『〈世界長者番付〉孫氏34位、トランプ氏は……(544位)』、『〈東京発〉欲望の文化残したい 遊郭や風俗専門書店 自身の出版物を中心に扱う「カストリ書房」の店内と代表の渡辺豪さん=東京都台東区で』(21日付、中日夕刊)
☆『これからは私が「支える側」 津波で父亡くした大学生=岩手県大船渡市出身の岩手県立大4年村上智江鯉さん(22)= (4月から)名古屋で介護福祉士に』、『「共謀罪」法案閣議決定 テロ対策 野党「乱用恐れ」 政府 今国会成立目指す』、『日仏、原子力を推進 首脳会談 安保連携強化も一致』、『センバツ雨天順延』、『朴前大統領聴取 収賄容疑など全面否認へ 地検に出頭』、『対北朝鮮 懸念高まる 燃焼実験「米、忍耐政策終わった」 報道官』、『FBI(米連邦捜査局)「トランプ陣営を捜査」 露サイバー攻撃 長官、異例の言及』、『米露関係 さらに悪化も 米保守系シンクタンク・ケイトー研究所 アンドレイ・イラリオノフ上級研究員 シリアなど多くの問題で対立』、『元警察犬 きな子死ぬ 香川 試験に7年目に合格』、『森友補助金取り消し 小学校建設 石井国交相表明』、『日中韓とAI(人工知能)激突 囲碁世界戦開幕』、『取り組むなら「生前」でしょ 小説で学ぶ相続対策 愛知の税理士=税理士の森久士さん(69)=出版』(21日付、毎日夕刊)
☆『養老改元1300年祝う』、『支えたくて はなちゃん薬局 滋賀で開業』『薬剤師、娘介護で「気付き」』、『肥田舜太郎氏死去 100歳中津川市出身 広島で被爆の医師 内部被ばくの脅威訴え』『犠牲の凄惨さ 世界で訴え』、『D・ロックフェラー氏死去 101歳 石油王の孫、米富豪』、『「聖徳太子」 一転復活へ 指導要領 改定案 文科省、批判受け』、『日ロ来月首脳会談 2プラス2 対北で協力一致 北方四島軍備で対立』、『石原氏「副知事に一任」 豊洲百条委 経緯解明されず』、『霞ケ関CC正会員に女性 五輪ゴルフ会場 IOC(国際オリンピック委員会)要請で変更』、『「昇龍道」新組織 トップに英国人 欧米から集客強化』(21日付、中日朝刊)
☆『地下鉄サリン22年 遺族「あの日を思い出す」』、『〈がん大国白書 第5部①〉A1(人工知能)が病理診断 専門医不足カバー』、『G7の結束「重要」 日独首脳が一致』、『日露「北朝鮮自制を」 外相・防衛相 3年4カ月ぶり協議』、『石原氏「既定路線」を強調 豊洲移転「頂点の私に責任」 都議会百条委』『豊洲百条委 用地取得解明できず 石原氏「部下に一任」』『移転推進の自民 追及鈍く』、『東京五輪 ゴルフ会場女性OK 霞ケ関CC「正会員」に門戸』、『トヨタ車体 工場火災 400平方㍍焼く 第2工場使用停止 三重・いなべ』、『未完の「狐道」 完結編公募 内田康夫さん 〝休筆〟 連載分5月発行』、『森友ごみ撤去限定的 国の減額前提「3.8㍍掘削せず」 業者証言』、『■ファッション・ウィーク東京が開幕』(21日付、毎日朝刊)

三月二十日
 きょうは、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じの〈春分〉である。とはいっても、二十四節気によれば、実際は昼の方が夜よりも10数分長いという。

 13人が死亡し、6000人以上が重軽傷を負った1995年の地下鉄サリン事件から17年。多くの死傷者を出した東京メトロ霞ケ関駅で家族らが献花。東京・代々木公園では約1万1千人(主催者側発表)が脱原発を呼びかける「いのちを守れ! フクシマを忘れないさようなら原発全国集会」があった。
 20日は東京都議会の百条委(調査特別委員会)も開かれ、築地から豊洲への市場の移転を決定した当時の知事、石原慎太郎氏を証人喚問。石原氏は「移転を決済した責任は認める」としながらも東京ガスとの用地売買交渉は「当時の副知事(浜渦氏)に一任していた」と従来の説明を繰り返すにとどまった。
 米富豪ロックフェラー家のデービッド・ロックフェラー氏が20日、ニューヨーク市郊外の自宅で心不全のため死去。101歳だった。
        ☆        ☆

 「どうしても行きたい」というので妻のアッシー、すなわち運転手として最近、関心が寄せられている樹木葬で知られる愛西市稲葉町江頭の浄土宗励声山大法寺へ。江南のわが家からは複雑で分かりづらい道もあってか。スマホのぐるナビがてんで役に立たなくて稲沢市内で同じ場所を何度もグルグル回され、大層な時間を費やす結果に。結局は途中、見かけた交番に飛び込んで進路をあらためて教えていただき、やっとこせ目的地にたどり着いた。
 やはり「複雑な地形となると、ぐるナビよりは町のおまわりさんの方が間違いなく頼りになる」事実を身にしみて感じた。

 樹木葬の寺の敷地内には樹齢650年の霊木が。傍らには縁切り不動尊もあった
 20170320_143810
 20170320_150109

 それはそうと、お寺さんにもいろいろあるものだ。
 長谷雄連華住職によれば、この大法寺は、亡きヒトが樹齢650年の霊木(クスノキ)の元で眠ることができる樹木葬で知られるばかりか、〈縁切り不動尊〉〈おわりはじまりの寺〉〈供養のかけこみ寺〉がうたい文句。敷地内には太陽の光を浴びて大地に還る、とされる尊いお墓の数々が並んでおり、ほほえみ区(合祀墓)白蓮華区(小型墓)金蓮華区(大型墓)が用意されていた。
 というわけで、墓地内を隈なく見学させていただいたが、どこか異界を訪れたような気がしたことも確かだ。なんでも、古来より白龍が鎮座する霊木があるのは愛知ではここだけ、とのこと(樹木葬は、ほかに桶狭間・高徳院、豊田・洞泉寺、瀬戸・竜泉寺にもあるそうだ)。大法寺の場合、境内一角には〈縁切り不動尊〉もあり、長谷雄住職から「この世には切りたくても切れない縁が多い。縁切りは縁結びよりも深くて多種多様です。縁結びは縁切りがあってこそ、成就するのです」などと教えられた。
 
 樹木の元には多くの墓石が整然と並んでいた
 20170320_144651

 行き、帰りとも迷いながらのドライブで帰宅した時は、少し疲れが残った。でも、舞が楽しみにしていた樹木葬の現地を見ることが出来、それはそれなりに私も少しは勉強になった。特に丁寧な案内をしてくださった長谷雄住職らとのやりとりの中で今更ながら思い知ったことは「縁を切る、〈縁切りの大切さ〉」だった。〈縁結び〉の「縁」もむろん大事なことではあるが、この世は縁切りで成り立っている、縁を断ち切る。縁を切ってこそ、そこに新しい縁が生まれる。そんなことを思い知らされる1日でもあった。

 実際、〈縁切りの大切さ〉は私の創作活動、すなわち小説などの文学作品を編むうえでもとても重要なことのように思えてきたのである。帰り道。私はハンドルを握りながら「もし私の愛するヒトがなくなったなら。仮想の遺骨をポッケにしのばせ、要所要所をたどり、そこにお骨を散骨したり埋めてあるく、そんな物語でも書こうか」とふと、思ったりもした。
 行く先は、和倉の浜や門前は鳴き砂の浜、三重の的矢、安乗岬、渡鹿野島…。志摩や能登の海をはじめ、琵琶湖畔、上高地、根尾の淡墨桜の根っこ部分、マンサニージョ、エンセナーダ、アムステルダム、ボスボラス海峡、米国西海岸のモントレー、大阪難波や道頓堀、通天閣、フクシマ、長崎、広島の海、私が生まれた奉天等などである。
 そして。そこの海や山里にわが愛する人々の仮想の骨をまいてまわり、いちばん印象深い最期の場所で心中同然に身を断つ。舞は、そんな貴重な創作のヒントを私に与えてくれたのである。都会のど真ん中よりも、出来たら押しくらまんじゅうではない、深山幽谷と星空、はるかなる海、空、川、山、渓谷と渓流があればよい。
 春分の日のつかの間の夢物語は、こうして終わった。

【きょうの一文・ことば】
……聖母マリアが悲しんでいるのは、わが子、イエスの悲劇的な運命を思ってである。青は哀しみを表す色だという。この絵を描いたフィレンツェの画家、カルロ・ドルチは、マリアが腕を組んだ像と袖から親指の先だけを出した像の二つを描いた。
 シドッチが日本に密入国するにあたって持ってきたのは、
――親指のマリア
 と呼ばれる像である。……
=20日付中日朝刊連載小説『影ぞ恋しき 264 葉室麟作 西のぼる画』から。抜粋

【新聞テレビから】
☆『〈NHKスペシャル〉亡き父へ お父さん見てますか~震災遺児と母、4年の記録~』(20日夜、NHK総合)
☆『格納容器たまり水1.5シーベルト 福島1号機 ロボ投入、鮮明画像』、『水面下交渉「東ガス提案」 豊洲百条委 浜渦元副知事 密約否定』、『チャック・ベリーさん死去 90歳「ロックンロールの父」』『時代を超えた「生きる伝説」』『ミックやリンゴ・スターら悲しみの声』、『科学の甲子園 岐阜高V』、『救命魂は今もそばに 長野ヘリ墜落2週間 大工原さん数々の遺品』『空の活動 他県頼みに 山火事、春山シーズンに不安』、『和紙の「兄弟」サマルカンド紙 世界一美しい紙再び 愛知県芸大 手すきで挑戦』(20日付、中日朝刊)
☆『〈開幕 2017第89回センバツ高校野球〉「人として力高める」作新学院 添田主将が選手宣誓』『至学館惜敗 センバツ開幕』、『豊洲「ベンゼン100倍」報告 小池氏判断焦点に 地下水再調査』『百条委 浜渦氏喚問 強気証言 新事実なし「水面下、東京ガス提案」』『都が隠していたというのは不愉快 当時は、交渉をまとめ 称賛された』『石原氏はきょう喚問』、『「首相の名誉のため」「ショーにするな」籠池氏喚問 懐疑の目』、『「トランプ氏 将来訪中」米国務長官 習氏に意向伝達』、『給食42人分、73人に分配 兵庫 こども園認定取り消しへ』(20日付、毎日朝刊)

三月十九日
 春の甲子園、第89回選抜高校野球大会が兵庫県西宮市の甲子園球場で始まった。エディオンアリーナ大阪で開かれている大相撲春場所は、久しぶりの日本人の新横綱稀勢の里が8連勝するなど空前の大相撲人気に。かつては中日ドラゴンズのエースとして活躍した川上憲伸投手(41)がこの日、ついに現役引退を表明。
        ☆        ☆

 こすも・ここの墓には、舞の手でアルストロメリアの花が供えられた
 20170319_171136

 春分の日を前に、裏庭の一角で眠る愛猫こすも・ここの墓を皮切りに舞の父親、そして私の父の墓の順にふたりで回り、花を供える。暦どおり、季節はすっかり春の風情だ。でも、風は冷たい。それぞれの墓にアルストロメリアやユリ、カスミソウなどを手向けたが、私の父の墓は既に兄弟の誰かが訪れたようで花でいっぱいだったので、少しだけ花を付け足すに留めた。

 墓参りのあとは、久しぶりに私たちの畑〈エデンの東〉へ。
 ここで私が畝ふたつをエッチラオッチラとこしらえ(この作業が結構大変だ)、舞が男爵とキタアカリの種イモを植え付けていった。たまたま実家の書棚に残されていたNHK趣味の園芸〈たのしい野菜づくり〉(日本放送出版協会)によれば、種イモはそのまま植えるより、縦に二つに切って使う方が発芽が早く、数量的にも倍に使えるということなのでそのようにしたが、舞は切り口に腐りを防ぐ草木灰を塗りつけることも忘れなかった。
 植え付けのあとは配合飼料を散布して終わったが、ふたりとも慣れない大役を終え、ホッと安堵の胸をなでおろしたのである。これからは季節が進むとともに、いよいよ草が生え始め雑草との格闘が始まる。この先が思いやられるが、これもわが父が遺してくれた大切で貴重な遺産だと思えば、やりがいもあろうというものか。

 帰ったら。首を長くして待っていたに違いない。愛猫シロちゃんがニャア~ンと声をあげて立ち上がり、からだをすり寄せてきた。シロちゃん、ただいま。元気でいたか、と私。

 私たちの顔を見てホッとした表情のシロちゃん
 20170319_171558
 
【きょうの一文・ことば】
 ▼考えてみれば、「そして」とは深い言葉かもしれぬ。その接続詞の後には、自分次第で変えられる未来や可能性がある▼挫折し「そして、泣き続けた」と続けるのか。それとも、「そして、立ち上がった」と続けるのか。三月の「痛み」にこの三文字を贈る。
=19日付中日朝刊『中日春秋』から。最後の部分

【新聞テレビから】
☆『〈スクープ〉 今月末で避難解除 浪江町で偽装除染 除染したと偽り別の土で数合わせ 環境省、告発受けながら隠ぺい 被災者裏切る大問題 総点検必要』、『森友疑惑 政権直撃』(7月19日号 しんぶん赤旗日曜版)
☆『〈ダーウィンが来た!〉 里山(島根県)の珍魚! ドジョウ 土の中から大群 出現』『田んぼ大好き/ドジョウ/夏の夜の恋』(19日夜、NHK総合テレビ)
☆『〈駐日大使本紙インタビュー〉「日韓合意履行 正しい選択」 韓国内の見直し論懸念』『〈核心〉少女像「対話で解決を」 李駐日韓国大使一問一答 駐韓日本大使不在望ましくない』、『陸自5人一時拘束 PKO(国連平和維持活動)南スーダン政府軍に』、『独自の指針策定へ 名大軍事研究に歯止め 学長「夏までに」』、『国交正常化45周年 北京で歌舞伎公演』、『北方領土経済活動で漁業など具体案提示 日ロ次官級協議』、『津の高齢者施設勤務 92歳看護師=津市久居新町、池田きぬさん=現役です 60歳以上12万人 高齢化進む現場』、『辺野古反対派リーダー 保釈 高裁、抗告棄却 拘束から5カ月』『山城(博治)被告「不当弾圧だ」』、『空港で銃奪った男射殺 仏、利用客ら3000人避難』、『豊洲 基準100倍ベンゼン 再調査で前回数値裏付け』『「都の負担やむなし」百条委 汚染対策費で元市場長』、『ゾウの「チー」また会えた 東山動植物園80周年 骨格標本で人気者復活』『古代ファラオ巨像発見 カイロの住宅街 全体像推定9㍍』、『〈サンデー版大図解〉不足する医師・看護師』(19日付、中日朝刊)
☆『センバツきょう開幕』、『退位後も敬称「陛下」 政府検討 皇位継承対象外に』、『G20反保護主義盛らず 声明 為替安定を再確認』『反保護主義 米が難色 財務相会議 G20声明で攻防』、『米独際立つ対立 首脳初会談 移民・対露で応酬』、『米中対北朝鮮で連携 外相会談 解決策に距離』、『シャバーニ=ニシローランドゴリラ ダマイ=スマトラトラ マックス=コアラ 動物生き生き 間近に 開園80年の東山 展示施設 リフォーム』、『陸自5人 一時拘束 南スーダンPKO政府軍「誤解」』、『「東ガス負担免除を説明」 豊洲百条委で元市場長 石原氏と違い』『「水面下交渉」 証言出ず』、『違法天下り 内閣府元審議官も 文科省あっせん新たに30件超』、『〈ネパール地震 伝える 日曜くらぶ〉俳優の倍賞千恵子さんが、ネパール大地震の震源地を捉えたドキュメンタリー映画でナレーションを務めた』(19日付、毎日朝刊)

三月十八日
 土曜日。江南市内のなじみの本屋さん、杉浦書店から志賀泉さん作の「無情の神が舞い降りる」(筑摩書房)=定価(本体価格一六〇〇円+税)=が届いた。さっそく読ませていただこう。帯には〈「フクシマ」を抱いて生きる…、静かに深く溢れるその思いが伝わってくる。―――渡辺一枝  南相馬出身の作家がはなつ震災文学の決定版!〉とあった。

 東電がこの日、福島第1原発1号機で溶け落ちた核燃料(デブリ)の状況把握をめざす内部調査を線量計とカメラを搭載した自走式ロボットを原子炉格納容器内に投入して再開した。南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊の隊員5人が18日午前10時(日本時間午後4時)ごろ、首都ジュバで調達業務中、南スーダン政府軍に一時拘束されたが、1時間後に解放され、宿営地に戻った。隊員は銃を携行しており武器取り締まり中の兵士が国連要員が対象外と知らないまま誤って拘束、南スーダン政府はただちに日本側に「誤解があった」と謝罪したという。
        ☆        ☆

 今夜のCBC〈ニュースキャスター〉。「〝籠池砲〟永田町激震「首相から100万円…7つの爆弾」真偽は?」をたまたま目にしたが、この中で「森友学園ガンバレ、がんばれ、がんばれっ、モリトモがくえん」のエールが聞こえてきたのには驚かされた。でも、こどもを学園に預けた親たち関係者の立場になれば、わからない気がしないでもない。
 いまや、〈カゴイケさん夫妻〉は時の人。安倍首相夫人の昭恵さんの動向も含め、政界の闇を暴露する〈正義の味方〉に変わりつつある。そんな錯覚すら覚えてしまう。【善人なおもて往生をとぐ いわんや悪人をや】とは、このことか。こんごの成り行きを作家の目で見守っていきたい。この際、関係者は何もかも全てを、徹底的に暴露すべきだと思う。

【きょうの一文・ことば】
「心よりお詫び申し上げます」「(教団元代表の松本智津夫=麻原彰晃、62歳=死刑囚については)宗教団体を犯罪組織にした点で、犯罪者。自分を深く信頼している者を選んで殺人や化学兵器の製造などを命じた」「(一連の事件は科学者ら高学歴の信者が中心になったが)教団が殺人を犯すなどと思って入信した者は皆無」「危険な宗教やテロ組織に入ってしまう背景と、後にテロを実行する背景は区別すべきではないでしょうか」(元オウム真理教幹部の中川智正死刑囚、54歳)
「(中川死刑囚は)事実を伝える最後のチャンスと思ったのかもしれない」「死刑が確定した途端、(加害者の)情報がなくなる現状は納得できない。裁判が終わり、立場が変わった今だからこそ語れることや検証できることもある」(地下鉄サリン事件で駅職員の夫を亡くした高橋シズヱさん。70歳)
=18日付毎日夕刊『中川死刑囚「防止に役立てて」 昨年、手記を公表 20日で22年地下鉄サリン事件 遺族「今、検証できることも」 生成過程詳述専門誌に寄稿』の記事のなかで。中川死刑囚と夫を亡くした高橋シズヱさんのことば
※オウム真理教教団が1995年3月20日朝、東京・霞ケ関駅に向かう地下鉄3路線の5車両内でサリンを散布し、乗客や駅員ら13人が死亡。約6300人が負傷した。警察の強制捜査回避が目的だったとされる。
 なお、中川死刑囚は手記の執筆理由につき弁護人を通じて毎日新聞の取材に応じ「同種事件の再発防止や研究に役立ててほしかった」とその理由を明かしたという。

【新聞テレビから】
☆『日本語で「アサド政権支援やめて」 シリア人女性が動画』、『保護主義に対抗 声明案に盛らず G20財務相会議』、『大阪 稀勢の里フィーバー 連日札止め パンフ増刷 懸賞地方場所最多ペース』、『よいさあ春運ぶ山車 半田・乙川祭り』、『東山80周年幕開け 駆け上がる雄姿 新ユキヒョウ舎公開』、『豊洲 基準100倍ベンゼン 地下水再調査、シアンも検出』『元市場長4人の証人喚問始まる 百条委、石原氏短縮合意』、『B型肝炎給付1割未満 特措法5年、受け取り遅れ』、『性同一性障害 受診2万2000人 15年末延べ数、3年で7000人増』、『天下り新たに違法30件 文科省あっせん 他府省退職者も』、『学校のトイレ スッキリ進化 滋賀、愛知など カラフル/ 語らう場に』(18日付、中日夕刊)
☆『●eye見つめ続ける大震災 宮城・南三陸 包丁で幸せ取り戻す』、『米と独、対ロシア溝 首脳会談 テロ対策は連携強化』、『米司法省が上訴開始 新入国禁止令停止 「不服」』、『米政府の電子情報「救出」進む トランプ政権の削除警戒』、『100万円入金記録 森友学園側公表「昭恵氏から寄付金」』、『ベンゼン基準 100倍 豊洲調査前回上回る』、『水戸市が鳥インフル対策 野鳥に偽卵 繁殖制限』、『あっせん新たに30件 文科省天下り 内閣府職員も』、『〈チェック〉東大女子も留学生もシコふんじゃう? 部員不足の大学相撲 裾野拡大待ったなし』(18日付、毎日夕刊)
☆『原発事故 国と東電に過失 「巨大津波の予見可能」 前橋地裁避難者集団訴訟判決 計3855万円賠償命令』『判決評価も 晴れぬ心 原発避難者一部は賠償されず』『避難者に「寄り添う」原裁判長を原告評価』『同種の訴訟「後押しに」名古屋の弁護団長ら』、『特例法で退位 国会見解 皇室典範に「一体」扱い規定』、『中電 持ち株制へ 20年春までに 3部門分社、傘下に』、『日進刺殺 懲役8~13年 名地裁判決 少年の責任能力 認める』、『精巧な「名古屋」待ち時間に遊び場 レゴの国親子が主役 園内ルポ』(18日付、中日朝刊)
☆『原発事故 「国・東電に責任」「津波予見できた」 避難62人に賠償命令 前橋地裁』『〈クローズアップ2017〉国・東電の無策批判 原発避難者訴訟判決「電源、高所に配置せず」 賠償請求の40分の1 被害者救済なお課題』『寄り添う司法どこへ 原発避難訴訟賠償認める 「一部勝訴」に落胆 認定137人の半分以下』、『〈検証〉「今上」首相こだわり 退位国会見解 高村氏が説得』、『国有地売却 松井知事報告受けず 森友問題「全て部長が決裁」』『発覚後にメール「幸運を祈ります」 昭恵さんから籠池氏妻へ』、『レゴの世界いざ冒険 来月開業前に公開』、『2警官、情報漏えい 三重県警 暴力団に捜査状況など』(18日付、毎日朝刊)

三月十七日
 「巨大津波は予見可能で原発事故は防げたはずだ。東電と国の両方に責任がある」。前橋地裁(原道子裁判長)はこの日、東電福島第1原発事故で福島県から群馬県などに避難した住民ら137人が国と東電に対して計15億円の損害賠償を求めた、いわゆる避難者集団訴訟で東電と国の賠償責任を認め、62人について計3855万円の支払いを命じる判断を下した。
 この判決に対して原告側弁護団は「原発の津波対策をめぐる訴訟で国と東電の過失が認められたのは初めて。『福島原発事故は人災だった』ということで極めて大きな意味がある」としている。判決の骨子をここに記すと、以下の通りである。
 ▼国と東電は巨大津波を予見でき、原発事故は防げたはずだ▼東電は安全性よりも経済的合理性を優先させた▼国は東電に対する規制権限を行使せず違法▼国と東電は原告62人に3855万円を支払え

 ただ、この判決に対してはこんごの同種訴訟への期待が膨らむ一方で、いまなお苦しい避難生活を強いられている福島県民や原告の間で賠償金の少なさに対する不満が出ていることも事実だ。裁判とは裏腹に現実は国と東電の賠償額に大きな差があり、なかには「賠償太りだ」と囁かれる被災者までいるのも現実で、難しい問題である。
        ☆        ☆

 いまでは「熱砂」自慢にまで育った第22回目のテーマエッセイ=テーマは〈まわる〉=の作品「回る回る 回転すし」が、大津市在住作家の「熱砂」同人眞鍋京子さんから速達の書き原稿で届き、編集作業に当たる。眞鍋さんは、ことし11月には満90歳になられるが、やはり作品には味わいがある。高齢にもかかわらず、その内容は相変わらず優しさに包まれ、なんだか読んでいて生きることの大切さを改めて教えられる。
 皆さん、テーマエッセイをぜひ読んでください。ネ!

 深夜遅くになり、「熱砂」での眞鍋さんの作品公開を確かめ遅いとは知りつつ彼女に電話。久しぶりにお元気な声に接し、滋賀の同人誌「くうかん」(以前、眞鍋さんが代表を務めていたが現在休刊中)復活のことなどに話が弾んだ。

 きょうは先日、いわき市の被災地を訪れた際にお願いしておいた〈みだれ髪・いわき名産〉の網元伝承の味・めひかり甘露煮も夜に入って、塩屋埼灯台直下の土産物店からわが家に届いた。ナント、酒の肴として絶好の磯物語・かに入りみそまでがサービスではいっていたではないか。
 デ、しゃきしゃき美人の店主馬目由貴子さんにさっそくお礼のメールをすると「お待たせしました。喜んでいただきありがとうございました。又お会いできる日を楽しみに……」の返信メールが海を超え、届いたのである。ありがとう。馬目さん!

 届いた〈めひかり甘露煮〉と〈かに入りみそ〉
20170317_214548
 20170317_214051

【きょうの一文・ことば】
「校舎はプレハブだったけど、どれもこれも大切な思い出。心にあるふるさと雄勝を大切に未来に羽ばたきます」「つらいこともあったけど、あっという間の六年。一緒に過ごした校舎は思い出がいっぱいです」
=17日付中日夕刊『〈東日本大震災6年〉仮校舎で6年巣立つ 石巻の小学校 最後の卒業生4人』の記事のなかで。東日本大震災の津波で2階建て校舎が全壊、このため元の場所から10㌔以上離れたプレハブ仮設校舎で授業を続けてきた宮城県石巻市立雄勝小卒業式での卒業生岡崎鈴さん(12)らのことば
※この日、6年生4人は140年以上の歴史がある雄勝小の最後の卒業生となった

【新聞テレビから】
☆『〈写真グラフ〉名古屋 かけつぎ職人 大切な服に再び命 生地の傷丁寧に修復(写真・文 布藤哲矢)』、『〈東日本大震災6年〉仮校舎で6年巣立つ 石巻の小学校 最後の卒業生4人』『五輪野球ソフト福島で IOC(国際オリンピック委員会)決定 2020年東京 復興支援』、『ZOOと語って勇気の歴史 東山「ゾウ列車」広場の名に=かつてアジアゾウ「マカニー」と「エルド」の2頭が飼育されていた園内一角を東山動植物園の開園80周年も兼ね「マカニーとエルドの広場」と命名、18日から一般公開』、『日本ガイシ、定年65歳に 来月から ベテラン活用へ延長』、『2警官、組員に捜査情報 三重県警、容疑で書類送検』、『自身の文民統制も調査 PKO(国連平和維持活動)日報問題で稲田氏』、『運転手、新卒じわり増加 大卒女性タクシーに新風 つばめ系今春入社10人』、『〈大波小波〉「タラレバ娘」の自己決定 (肝煎り)』(17日付、中日夕刊)
☆『福島の酒蔵復興落語に 歌川幸運さん大須演芸場で披露「自分も救われた」』、『H2A33号機打ち上げ成功 情報収集衛星搭載』、『退位 議長案決定へ 「特例法」各党と全体会議』、『森友100万円 昭恵夫人、寄付否定 予算委、籠池氏喚問議決へ』『補助金取り下げ森友側から連絡 国交省に』、『岡部陸幕長が保管認識否定 南スーダン日報』、『ミサイル初の訓練 秋田』、『米、東芝経営に懸念 政府間で情報共有』、『任官拒否者卒業式出席認めず 防大生の詐欺事件契機』、『露側、フリン氏へ5.6万㌦ 米補佐官就任前 政府系など3社』『トランプ氏盗聴 上院「証拠なし」』(17日付、毎日夕刊)
☆『籠池氏、23日に証人喚問 「首相側から100万円」主張 首相、昭恵氏ともに否定』『「心酔」一転首相に矛先 参院予算委視察 籠池氏「全ては国会で」』『窮地の中 突き放され 保守系政治家人脈』、『統幕幹部が非公表指示 PKO日報 陸幕長にも保管報告』、『ノバルティスと元社員無罪 東京地裁 論文、広告に当たらず データ改ざんは認定 薬事法の限界露呈』、『近鉄 名駅にホテル復活へ 再開発エリア 商業施設、縮小視野』、『WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)蒲郡出身の千賀投手 育成から世界へ 両親感慨』、『「十津川警部」渡瀬恒彦さん死去 前日まで仕事に意欲』(17日付、中日朝刊)
☆『福島第2原発廃炉へ 東電、1号機から 残り3基も検討』『県民は「全基」を要請 福島第2・1号機廃炉へ』、『「北朝鮮 非核化失敗」 米国務長官 首相・岸田氏と会談』、『籠池氏23日証人喚問へ』、『統幕幹部日報隠し指示か 南スーダン 陸自保管1月判明』『日報釈明歯切れ悪く 南スーダンPKOデータ隠蔽疑い 「回答控える」陸幕長連発』『官邸、稲田氏を擁護』、『入国禁止 再び司法拒否 米連邦地裁 差し止め仮処分 トランプ氏「最後まで戦う」』、『ようこそ「四季島」へ JR東日本の豪華寝台列車「四季島」が披露された。最高料金190万円の客室は伝統的な和室仕様に』『内装 和の美凝縮』、『■外国人女流棋士=ポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスさん(25)=が初勝利』、『家出16歳少女と同居 自衛官=航空自衛隊入間基地の1等空尉(38)=を逮捕 埼玉 未成年者誘拐容疑』(17日付、毎日朝刊)

三月十六日
 「2015年9月に講演で訪れた安倍晋三首相の妻昭恵さんから『安倍首相からです』と言われ、小学校開校への寄付金として百万円を受け取りました」
 以上は、あの大阪市の学校法人「森友学園」理事長籠池泰典氏がこの日訪れた参院予算委の視察団などに暴露した言葉である。

 こんな風雲急を告げる流れの中、自民、民進両党国対委員長が電話会談、「森友学園」の理事長退任の意向を示している籠池泰典氏の証人喚問を23日の衆参両院の予算委員会で行うことで合意。籠池氏に対する証人喚問がいよいよ17日の議決で正式決定する。
 それにしても、このところは連日、籠池、かごいけ、カゴイケ…で籠池さんはじめ、安倍首相夫人の昭恵さん、その他国や大阪府など関係官庁のお役人さんと誰のことばを信じてよいものやら。ちまたは籠池フィーバー一色に揺れトランプ米大統領の発言も、かすみがちである。

 いわば、時の人こそ「籠池泰典さん」その人なのだ。それこそ、いま最も視聴率が取れるとさえ言ってよい。でも。もしかしたら、この籠池さん。この先日本の政界に驚きの一撃、いや衝撃のドラマを与えるやもしれぬ。これによって政界のウミが出されることになるなら、この際、籠池さんには大いに真相を語ってほしく思う。
 戦前の教育勅語を本気で園児に教えようとしていた彼のこと。社会に一投を与えたといえなくもない。確かに国粋、軍国主義の危険な一面は断罪されるべきではあろう。でも、教育勅語の全てが悪い、と決めつけることが出来るのだろうか。「第一、みんな教育勅語の中身を知らないのじゃないの」とは、わが朋友の言でもある。
 真の民主主義とは何か。こんごの成り行きを日本じゅうが固唾をのんで見守っている。
        ☆        ☆
 
 社交ダンスに小説執筆、横笛ふき、各メディアのチェック、愛猫シロとの語らい……。きょうもあたふたと1日が過ぎていった。このうちダンスのレッスンは1級のルンバ、チャチャチャで「あと、ひと息よ」と先生。そのうち自分に納得できるダンスができたら、イイナとも思う。

【きょうの一文・ことば】
 余命一年の告知を受けていましたので覚悟はしていました。でも弟を失った、この喪失感は何とも言葉にはなりません。同じ俳優として過ごした日々が思い返され、その情景が断ち切れず、つらさが募るばかりです。
=弟の俳優渡瀬恒彦さんを病で失った兄で俳優の渡哲也さんのことば※恒彦さんは14日、多臓器不全のため死去。72歳だった 

【新聞テレビから】
☆『PKO日報陸自も保管 稲田防衛相 隠蔽の可能性言及 野党「即刻辞任を」』『統率力への疑問強まる(新開浩)』、『オランダ極右伸び悩む 下院選 与党、第1党維持確実 大衆迎合主義に歯止め』、『米、0・25%利上げ FRB(米連邦準備制度理事会)トランプ政権下で初』、『英誌アジア大学ランク 東大7位 名大35位』、『iPS(人工多能性幹細胞)網膜移植経過良好 術後2年、理研発表』、『渡瀬恒彦さん死去 72歳 ドラマ「十津川警部」』、『白鵬が休場 春場所』、『取りこぼさない ちりとり発案 豊橋工高の2人 秘密は「24度」』、『暴力団初の2万人割れ 警察庁まとめ 排除で資金源先細り』『指示役? の組会長逮捕 コンビニATM(現金自動預払機)不正引き出し』(16日付、中日夕刊)
☆『新入国禁止令を停止 ハワイ連邦地裁 米政権、上訴へ』、『陸自にもPKO日報 防衛省、公表せず』『稲田氏、特別監察を指示』、『緊急事態条項「検討」 衆院憲法審 自公と民進表明』、『米3カ月ぶり利上げ FRB トランプ政権で初』、『住民税システム不具合 6月からの天引き影響も』、『ありがとう、さようなら 愛知の小学校卒業式』、『幻のレシピ復活 YOROしく 「養老サイダー」社長急逝17年、妻が発見』(16日付、毎日夕刊)
☆『令状なしGPS(衛星利用測位システム)捜査違法 最高裁 新たな法整備促す 「プライバシー侵害」』『人権重視に「満額回答」 GPS捜査 違法 若手弁護団 「新時代の判断」』『警察衝撃 摘発難航か 「条件満たせば使える」歓迎も』『〈解説〉不透明な運用に警鐘(東京社会部・清水祐樹)』、『「女性宮家」検討を』明記 国会見解案提示 退位、特例法で』、『正男氏遺体 子のDNAで確認 マレーシア副首相明かす』、『手紙の応援励みになったよ 岐阜・加納小に 原発避難いじめ生徒 返信』、『侍 準決勝へ WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)』、『パナ社員 過労自殺 富山138時間残業で書類送検』、『自賠責保険金隠し脱税 国税告発 松阪の整骨院、5500万円』、『NHK元記者逮捕 山梨県警 前任地でも強姦容疑』、『河村市長に脅迫投稿 市公式サイト「月内に辞職を」』(16日付、中日朝刊)
☆『〈科学の森〉廃炉ロボ作業の切り札に 福島原発強い放射線、情報不足が開発のハードル』『令状なしGPS違法 捜査に立法必要 最高裁プライバシー侵害 警察庁、自粛通達』『違法判断「満額回答」 GPS捜査最高裁判決 弁護側、高評価 「令状なし」批判続け 「捜査後手に」警察危機感』、『退位特例法あす提言 議長案 女性宮家検討促す』、『久保6期ぶり王将 4勝2敗郷田の3連覇阻む』、『森友国有地売却 大阪府、協議記録残さず 対財務局 問題検証困難に』『籠池氏と「父が交流」 稲田防衛相、国会答弁で』『「政治家から金 籠池氏が証言」面会した作家』(16日付、毎日朝刊)

三月十五日
 最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)が15日、裁判所の令状を取らずに捜査対象者の車両にGPS(衛星利用測位システム)発信器を取り付ける捜査手法について窃盗事件の上告審判決で「憲法で保障するプライバシーなど重要な利益を侵害する」として違法とする初判断を下した。
 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次リーグE組の2試合が東京ドームで行われ日本はイスラエルを8―3で破って3選全勝として1位で4大会連続の準決勝進出を決めた。日本はこれで1次リーグから無傷の6連勝と快進撃を続けている。「次が1番難しい準決勝です。なんとか乗り切って世界1になりたい」とは、日本代表の小久保監督。
 読売新聞がこの日一部地域の7日付夕刊と8日付朝刊に掲載した「帰還しない職員 昇格・昇給なし 楢葉町長」の記事で、福島県・いわき支局の男性記者(25)が町長に取材をせず談話を捏造していた事実を明らかにした。同社は15日付朝刊で談話部分を削除するとの「おわび」を掲載、記者を懲戒処分にする、としている。
        ☆        ☆

        ×        ×
「熱砂」同人の詩人牧すすむさんから届いたテーマエッセイ「駐在さん」=テーマは〈まわる〉=を公開。テーマエッセイは、今回が22回目で「よくぞこれまで続いている」といったのが偽らない実感でもある。同人は皆、忙しい仕事の合間をぬっての執筆活動だけに、1人ひとりの頑張りと努力を称えたい。そして、さらに高みを目ざしていけたら、と願っている。

 3月15日現在の公開作品は、以下の通り。
「女子高生の焼身自殺」/伊神権太、「駐在さん」/牧すすむ、「まわしまわる一日」/真伏善人、「いつまでまわる」/黒宮涼、「まわる」/平子純
        ×        ×
【きょうの一文・ことば】
 「おいしいコーヒーを出すのが生きがいなのに」「浪江は、病院はおろか買い物すら原発事故前の生活環境からは程遠い。復興住宅の入居者募集に思わず飛びついちゃったけど、冷静に考えれば、どうすればいいのか」「いつか古里でお客さんにコーヒーを出して味わってもらいたい」
=15日付『〈東日本大震災6年〉 統合失調症の女性 復興住宅入居に不安 「古里でコーヒー」願い 浪江の作業所帰還めど立たず』の記事のなかで。東電福島第1原発事故で福島県浪江町から二本松市に県内避難している志賀千鶴さん(59)は自ら働く喫茶店「コーヒータイム」でこう語った

【新聞テレビから】
☆『〈時論公論〉GPS捜査で最高裁判決 捜査と人権は』(15日夜、NHK総合)
☆『〈美しく愛(かな)しき人々 岡野弘彦〉太宰治 青年期の思いが結ぶ縁』、『米東部大雪6000便欠航 NY州など非常事態宣言』、『楢葉町長の談話 読売記者が捏造 おわび掲載、処分へ』、『浜岡県外避難先愛知など12都県 静岡県、原発事故想定し公表』、『ベア14年以降で最低 集中回答日 官製春闘に限界』、『日本農業「第一の標的」米通商代表指名 ライトハイザー氏』、『元刑務官2人再審認めず 受刑者放水死で名高裁』、『府提出分に設計事務所印 「森友」契約書 無断使用の可能性』、『思い出読んで聞かせて 田原の図書館 認知症の人ら 巡回で成果』『「生きがい創出図書館の役割」』(15日付、中日夕刊)
☆『集まれ 各地のコウノトリ 滋賀(東近江市西部の愛知川沿い)に3羽飛来』、『朴前大統領21日聴取 韓国検察通告 出頭求める』、『シリア軍空爆 「戦争犯罪」 国連調査委 学校や病院を攻撃』、『左派政党を若者指示 オランダ下院選 世論調査で1位 米国の入国禁止令後、ボランティア急増』、『職場スカーフ禁止「合法」 EU(欧州連合)司法裁、社内規則を優先』、『官製春闘息切れ鮮明 ベア前年割れ続出 集中回答日』、『米「日本第一の標的」 次期通商代表 農産物交渉巡り』、『中国全人代が閉幕 国内外の安定 最重視』、『森友土地どうなる 校舎維持主張、長期戦も』『稲田氏の答弁に自公幹事長懸念』、『読売記者談話捏造 楢葉町長を取材せず おわび掲載』、『新幹線で停電 運転一時中止 三島―静岡間』(15日付、毎日夕刊)
☆『甲子園練習女子マネ〝初登板〟 ヘルメット姿でボール渡し』、『稲田氏、答弁撤回し謝罪 森友訴訟出廷認める 籠池夫妻から献金も』『稲田氏「記憶違い」不自然 「矛盾だらけ議員の資格ない」 弁護士批判 識者「稚拙」』『弁護士出身の稲田氏 「保守」首相と信条近く』、『東芝、海外原発撤退へ 決算再延期 米WH(ウェスチングハウス・エレクトリック)破綻処理検討』『「他の難民申請者も紹介」 福島除染 仲介バングラ人証言』、『空き家玄関学生施錠か 能登・女子高生殺害 下宿先を捜索』、『動画「子どもに見てもらいたくて」 チェーンソー男に1年6月求刑』(15日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年〉父さん、私も漁師になる 25歳「いつか一緒に福島で」』、『小学校パンフ 森友、無断で著名人写真 保守系文化人 疑惑浮上で距離』『稲田氏、答弁撤回・陳謝 「森友」裁判出廷認める 野党「虚偽」辞任要求』『07年に1.2万円 籠池氏が寄付』、『東芝WH株過半売却へ 米原発子会社 決算、4月に再延期』、『英首相「国の将来決定」 議会可決 EU離脱通告、27日有力』、『中学「非行生徒リスト」配る 顔写真入れ自治会長らに 埼玉・熊谷 あり得ない話だ 連携が短絡的だ』、『日進殺人 弁護側「少年院が相当」 検察、懲役10~15年求刑』(15日付、毎日朝刊)

三月十四日
 今の季節は、春の足音がそこはかとなく進んで花開くころだ。
 あゝ、それなのに。ここ尾張の地は、ふく風が強くて真冬のように寒い。なんでもアメリカ東部のニューヨークなどでも季節外れの大雪に見舞われ、空の便の欠航が続出する事態になっているそうだ。

 19日から始まる春の甲子園を前にした練習で、女子マネジャーが初登板しヘルメット姿で練習補助を行った。女子マネジャーが練習に参加したのは21世紀枠で出場する不来方(こずかた、岩手)など3校で外野ノッカーにボールを渡し「一生記憶に残る時間でした」と皆、感激の面持ちだったという。
 稲田朋美防衛相がこの日の衆院本会議と参院予算委員会で大阪市の学校法人「森友学園」の訴訟に関与していない、との答弁を撤回し謝罪した。決算発表の再延期が波紋を呼んだ東芝が国内の原発事業は維持し、海外からは実質的に撤退する方向だ、とのこと。

【きょうの一文・ことば】
「僕が原発に反対する理由は、使用済み核燃料の置き場がなくてコスト高になる、その現実の一点だけです。安全か危険かは水掛け論になる。反原発が思想で原発容認が現実だとするなら、思想は現実に勝てないと思います。僕はやはり、南相馬で店を再開しつつある同級生たちにエールを送りたい」
=14日付毎日夕刊『〈Interview 志賀泉さん(作家)〉 被災「個人」の視点から 葛藤描く『無情の神が舞い降りる』 【鶴谷真、写真も】』のなかで。東日本大震災と原発事故の被災地、南相馬市小高区に生まれ育った作家志賀さんは、原発に反対する理由をこう語った。
※志賀さんは〈脱原発社会をめざす文学者の会〉のメンバー。ちなみに、筆者の鶴谷記者は『真の脱原発の道筋は、本書が描くような、原発事故に翻弄される地元住民のいわく言い難い「痛み」を理解した先に開けるのだろう。』と結んでいる。

 14日付毎日夕刊紙面
 20170314_183830

【新聞テレビから】
☆『世界農業遺産 3地域申請へ 静岡のワサビ栽培など 三重の海女、ヒノキは 日本版認定』、『半田生まれ復刻「カブトビール」 戦前の味 納屋橋に新風 ゆかりの地 バー開店へ』、『稲田氏「出廷したと推測」森友訴訟 答弁撤回、謝罪へ 野党は辞任を要求』『私も子どもも傷つけられた 「韓国人嫌い」手紙受けた女性が心境 森友運営の幼稚園』『森友側の刑事告発検討 大阪府 建築費過少申告疑い』『売却額の非開示 国側「正当な理由」森友問題で口頭弁論』、『東芝決算再延期承認 来月11日まで』、『三菱重140億円支払いへ 原発廃炉で米電力会社に』『福島1号機でも核燃料を調査へ ロボットを投入』『カード情報9400件流出 ヤマサちくわ 悪用被害30件超』(14日付、中日夕刊)
☆『〈Interview 志賀泉さん(作家)〉被災「個人」の視点から 葛藤描く『無情の神が舞い降りる』【鶴谷真、写真も】』『〈東日本大震災6年〉もう独りじゃない 昭和大津波で家族亡くした母大往生 2度の被災娘が語り継ぐ』、『「実情知って」海外被害者支援会設立 テロで犠牲の妻と共に 国の弔慰金国内事件と差』『EU(欧州連合)離脱通告27日有力 英首相に権限 議会可決』、『東芝決算 再延期 来月11日発表で調整』、『「森友」訴訟 稲田氏「出廷と推測」04年 裁判所に記録』『野党強く批判』『「森友」の告発検討 大阪府』、『徳間書店買収 ツタヤが方針』、『ニュース女子反論動画 沖縄続編 製作会社ネット配信』、『〈東海百景〉春の香りに誘われ =名古屋市天白区の市農業センターではしだれ梅が満開となり、観光客を楽しませている』(14日付、毎日夕刊)
☆『退位特別法今国会で制定 典範に根拠民進が容認』、『南海トラフ地震で広域避難145万世帯 東大試算 東日本大震災上回る』、『C型肝炎7000人未救済 薬害訴訟 来年1月提訴期限』『「医療機関 協力を」 カルテ存在 給付金受けた男性』、『残業月100時間未満で決着 労使合意 過労死遺族は反発』『過労死根絶遠く 残業「月100時間未満」 繁忙期なら命落としてよいのでしょうか 電通過労自殺高橋(まつり)さんの母コメント』『人はロボットじゃない/夫100時間で亡くなった 安城の遺族』、『〈特報〉第二の森友? 新たな疑問』『加計学園 愛媛・今治に 獣医学部計画 理事長は首相の「腹心の友」 系列保育施設で昭恵氏名誉園長』『特区認定 第2次政権で計画加速 「頼まれてない」 首相は関与否定』、『稲田氏 森友代理人で出廷 04年記録、説明と食い違い』『籠池氏「1、2年前にも会った」』『園児に暗唱 教育勅語 戦後国会が否定「人権損なう」』『府議会の参考人招致 籠池氏一転し応じず』『森友学園を損賠提訴 元園児の母ら PTA拒み強制退園』『支給補助金5600万円返還請求を検討 国交省』、『信州大生 下宿先捜索へ 能登・女子高生殺害 通夜同級生ら涙』、『南スーダン治安に首相「急な悪化もありうる」 陸自撤収の原因は否定』(14日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年〉父娘の200㌔卒業の春 いわき―郡山 車で中学送迎 成長実感=東電福島第1事故で避難し、往復約200㌔を父のマイカーで通学した福島県双葉町立双葉中学校3年の浪江侑加さん(15)が13日、卒業式を迎えた』、『退位特例法 17日合意 国会見解 典範と「一体」 今国会成立へ』、『サウジに日本「特区」 両首脳会談 企業進出促す』、『杉江新社長「対話を重視」 三越伊勢丹 経営戦略は継承』『志半ば「裸の王様に」 業績悪化「大西おろし」 苦境に多角化 求心力急低下』『「森友」 終わらぬ疑惑 「口利き」あった? 3契約書なぜ? 補助金不正は?』『別の学校法人野党側が追及 首相、関与否定』『森友訴訟に稲田氏出廷 04年裁判所記録 本人答弁と相違』、『学生消防団後押し 全国初 岐阜経済大が奨学金(月1万円)』(14日付、毎日朝刊)

三月十三日
 東日本大震災発生から丸6年の3月11日。私は〈脱原発社会をめざす文学者の会〉メンバーの1人として東北の岩手、宮城、福島3県で被災した避難者らが避難生活を過ごす埼玉県北上尾市の県営シラコバト団地を訪れた。ここの「ぞうさん公園」と集会室で行われたシラコバト団地自治会と団地内の被災者団体・東日本大震災に咲く会ひまわりによる追悼式『黙祷の会』と『語らいの集い』に参加するためで、いまなお避難生活を強いられ、逆境をはねのけて生きる人々の姿に接し互いに語り合うことも出来、本当に「良かったな」と思っている。

 追悼式は、東日本大震災に咲く会ひまわりの会長で文学者の会メンバーでもあるシンガーソングライター橘光顕さんの開会あいさつに続き、地元子らの〝ひとつ心〟となった太鼓のバチ音で幕開け。福島県避難者支援課長や埼玉県都市整備部などからの来賓あいさつに続き、南相馬市の被災者代表による生々しい体験朗読、宮城県からの避難者代表の言葉などがあった。この後、大震災が発生した午後2時46分には参加者全員で被災した方角に向かって黙祷を捧げた。
 引き続き、会場を集会室に移し苦しかった日々を振り返りつつ、あすの希望と未来に向かって歩いていくことの大切さを互いに語り合い、被災児童によるピアノ演奏や〈脱原発社会をめざす文学者の会〉メンバーによる詩の朗読などに耳を傾けた。この日の空は、カラリと晴れ上がり、東日本に咲く会ひまわりが2013年3月に公園内一角で植樹した河津桜が、かれんな花を見事に咲かせ、集まった人々の心をなごませていた。
 なお、語らいの場では、南相馬市小高区生まれで2004年に「指の音楽」(筑摩書房)で太宰治賞を受賞した地元出身作家で文学者の会メンバーでもある志賀泉さんの新刊「無情の神が舞い降りる」(筑摩書房)のお披露目もあった。

 私は、せっかくの折なのでシラコバト団地での追悼・語らいの場を終えたその足で、いったん上野まで戻り、ここから「特急ひたち」で被災地いわきに向かった。同夜は、いつものカプセルホテル、キュアいわき駅前店のデラックスに宿泊。翌朝、いわき駅前から泉行きの常磐交通定期バスに乗り灯台入口で降り、被災地を訪れた。
 この間、いろんな方々に出会い、得難い時が過ぎていったが、その点についてはあらためて本欄で紹介できればと思っている。ただ言えることは、震災直後には地獄絵同然だった塩屋崎灯台直下の被災地一帯もいまでは見違えるほどに整備され1年ごとに、復興して来ている、という事実だ。1年前には見られなかった、海を見下ろすかさ上げ地での植樹による緑化推進の現況を目の前にしたときには、それこそ涙が出そうに嬉しく思った。

 以下、シラコバト団地での追悼式と語らいの場、そして塩屋崎灯台直下に広がる被災地いわきの現況のホンのひとこまをカメラによるスケッチ点描として、ここに記録に留めておきたい。

【追悼式と語らいの場】
 式典は地元子らの太鼓のバチ音とともに始まった
 20170311_144004
 運命のときに黙祷
 20170311_144607
 河津桜も満開に
 20170311_150410
 20170311_150431
 ピアノ演奏を前に語る少女、右が「東日本大震災に咲く会ひまわり」会長の橘光顕さん
 20170311_160628
 20170311_160748
「私は生まれも育ちも南相馬市…」と大震災が発生し避難した時の生々しい模様を朗読する被災男性。「でも、そのおかげで妻に巡りあうことが出来、こどもにも恵まれました」とも
 20170314_115127
 体験談を話す女性
 20170311_144959
 被災地小高で生まれ育った作家志賀泉さん(新刊の自著を手に)。語らいの場では橘さんと志賀さんが高校時代の先輩、後輩の縁で楽しく話し合う場面も
 20170311_165809
 20170311_155323

【塩屋埼灯台直下(薄磯や豊間など周辺に広がる被災地一帯)】
 土地の人にもやっと笑顔がもどってきた。愛犬は震災発生時、のら犬となり町をさまよっていたそうだ
 20170312_095330
 青く澄みきった海。被災地では植樹による緑化も始まっていた
 20170312_094750
 かさ上げも進み、被災地は護岸工事もふくめて見違えるほどに整備されていた
 20170312_121236
 一帯は美空ひばりの〈みだれ髪〉の舞台でも知られ、日本の歌姫ひばりさんの像も。前に立つと歌が海風にのって流れてきた
 20170312_114715
 とはいっても、復興はまだまだこれから。日曜で重機類はひと休みといったところか
 20170312_121745

【きょうの一文・ことば】
「(安倍晋三首相が東日本大震災の政府主催の追悼式典で「原発事故」の文言を使わなかったことについて)県民感覚として違和感を覚える。原発事故、原子力災害という重い言葉、大事な言葉は欠かすことができない」「世界でも例のない過酷な原発事故で甚大な被害を受けた。過去形でなく現在進行計の災害だ」
=13日付毎日夕刊『原発触れず「違和感」 11日首相式辞に福島知事』の記事のなかで。福島県の内堀雅雄知事は13日開かれた定例記者会見の席で記者団を前に、こう指摘。安倍首相の式辞を批判した

【新聞テレビから】
☆『〈東日本大震災6年〉復興の「第九」被災地へ届け ウィーンで市民らが合唱 =音楽の都ウィーンで12日、東日本大震災の復興地を支援しようと日本とオーストリアの市民合唱団の計約300人が参加し、ベートーベンの交響曲第九番のコンサートが開かれた』、『歓迎フレンドシップ クイーン・エリザベス神戸入港 =世界一周中の英国の豪華客船「クイーン・エリザベス」(QE、九〇、九〇一㌧)が13日、神戸港に入港した。13~20日の日程で神戸港を起点に初めての日本発着クルーズを起点に予定している。神戸への寄港は2015年いらい3度目』、『〈この道 草笛光子①〉若さを重ねる』、『中華そば岐阜で〝麺麺と〟愛され 「丸デブ」100年 味と安さ不変』、『遺体に防御創なし 能登・女子高生 自由奪われ殺害か』、『〈名古屋ウィメンズマラソン2017〉 安藤選手慢心なし 一夜明け心境「もっと上を」』、『DeNA2万記事で不正か 第三者委報告書 医薬法令違反疑いも』、『「森友代理人に稲田氏」民進指摘 訴訟準備書面に名前』(13日付、中日夕刊)
☆『最後まで生きた証し 南相馬 牛舎の柱かじった跡 =東京電力福島第1原発から20㌔以内にある福島県南相馬市の牛舎には、原発事故後の空腹をしのぐため乳牛が柱をかじったはみ跡が残されている』、『日本 オランダ撃破 菊池の「美技」 窮地救う 延長十一回熱戦(8―6で勝つ)』、『給食に高級食材ジビエ(野生鳥獣の肉) 25道府県でシカイノシシ 最適「命」の教材/消費拡大、官も支援』、『昨夏参院選 不在者投票 72市町村認めず 学生転居、実家に住民票』、『画像74万件複製権侵害 DeNA調査 記事10本法令違反 社長50%減俸に』、『昨秋派遣継続「適当」 首相、南スーダンPKO(国連平和維持活動)』『南スーダン帰国 柴山補佐官報告』(13日付、毎日夕刊)

三月十一日
 2011年3月11日の午後2時46分。2万1000人以上が犠牲になった東日本大震災の発生から、きょうで六年。岩手、宮城、福島の東北3県を中心に襲った津波、そしてほぼ同時に起きた福島第一原発事故で今も12万3000人もの人々が避難生活を余儀なくされている(うち被災3県の仮設住宅では3万4000人が暮らす)。

 朝。これから復興が進む東日本に向かう。午後、各地の被災地から集まって互いに助け合いながら、埼玉県上尾市・シラコバト団地で避難生活を過ごす〈東日本大震災に咲く会「ひまわり」〉の方々による『黙祷の会』と『語らいの集い』に参加、その後被災した現地を訪れるためで、本欄執筆は帰ってからにしたい。

三月十日
 政府はこの日、国家安全保障会議(NSC)を開き、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊の施設部隊を5月末に撤収することを決定。韓国の憲法裁判所が、朴槿恵大統領が重大な憲法違反を犯したとして八人の裁判官の全員一致で朴氏に罷免の決定を言い渡した。朴氏は即時失職、こんご60日以内に大統領選が行われる。これにより、朴氏は不起訴特権も失い長年の友人である崔順実被告による国政介入事件を巡りこんご逮捕、起訴される可能性もでてきた。

 あすで東日本大震災から六年。新聞テレビはどこも震災特集や番組で一色である。そんななか、韓国・朴大統領の罷免、森友学園問題と新たなニュースも相次ぎ起きている。この世は、そういうものなのか。
 そうした中をきょうも、けなげかつ懸命に生きてゆく人たち。災害や事故、事件などが起きるつど、〈平凡な日々〉の大切さを思い知らされる。そして生かされている命にも感謝しなければ、と思う。

【きょうの一文・ことば】
 六年たってもイチエフ(福島第一原発)廃炉の先は見えない。あらゆる命を拒む深い闇との境界で、手探りの危険な作業に挑み続ける人やロボットに、心を送り続けたい。
……
 人の命や暮らしを尊ぶハートがあれば、今、原発は動かせない。
=10日付中日社説『〝非日常〟がなおそこに 3・11とイチエフ廃炉』から

 大震災が起きてから、3回の転校を乗り切っていまの生活があります。もうすぐ取り壊されるけれど、仮設小学校は今までで一番思い出のある学校でした(南相馬の女子児童)/両親はいなくても、支えてくれる周りの人々の存在に気付きました。これからは勇気をもって踏み出していきたい(南三陸町の高校生)
=10日朝のNHK『〈おはよう日本〉仮設の学び舎 児童の旅立ち』のなかで。被災児童と両親を亡くした震災遺児の高校生の声

【新聞テレビから】
☆『朴大統領 罷免、失職 国政介入隠す 韓国憲法裁 初の弾劾決定 60日以内に大統領選』『罷免決定 怒号と歓声 韓国 警官と衝突、負傷者』『信頼していたが/新大統領に期待 東海地方の韓国関係者』『〈解説〉世論のうねり影響(ソウル・上野実輝彦)』、『12日ウィメンズマラソン それでも前へ走れる 視覚障害の女性 伴走者とフル初挑戦』、『日本は車、農産物開放を 米政権、WTO(世界貿易機関)に意見書』、『「森友指示で3契約書」施工業者、作成認める』、『神戸女児殺害無期に減刑 大阪高裁 裁判員の死刑判決 破棄』、『ウィッツ元監査役に有罪 東京地裁 就学支援金詐欺で判決』、『〈旅〉相馬野馬追の里 福島県沿岸部 千年の神事 絶えぬ熱(文・写真 井上能行)』(10日付、中日夕刊)
☆『ヒマワリのように前向いて  宮城・幼稚園児=山元町の私立ふじ幼稚園=ら犠牲 亡き娘と同じ「笑顔広がれ」種配布』『〈写真グラフ 東日本大震災6年〉ぼくの決意揺らがない 神主を継ぐ=宮城県南三陸町・上山八幡宮で両親が神職を務める工藤由祐くん(10)』『(文部科学省が)震災避難いじめ 初の実態調査へ』、『「平和に感謝」 (一夜で10万人が亡くなったとされる)東京大空襲(から)72年』、『朴韓国大統領罷免 憲法裁 初の弾劾決定 国政介入事件 5月にも選挙』、『神戸女児殺害無期に減刑 裁判員裁判の死刑破棄 大阪高裁判決』、『〈春の甲子園〉多治見VS報徳 組み合わせ決定』『早実主将「全力出し切る」 初戦は明徳 センバツ組み合わせ』、『米「日本市場開放を」 車・農産物 WTOに意見書』、『給食代わりに炊き出し 中止撤回の鈴鹿市』、『NHK元記者に逮捕状 前任地・山梨でも強姦の疑い』(10日付、毎日夕刊)
☆『〈あす東日本大震災6年関連〉防潮堤の整備難航 仮想現実で津波対策訓練 特集「福島第一原発」 特報「仏原発大手リスク」 卒業生「いのちの教科書」 〝非日常〟がなおそこに 3・11とイチエフ廃炉(社説)』『「廃炉可能か見通せぬ」中日ボイス』『「籠池氏 政治家頼る体質」 市議から証言 園児連絡帳に歴史問題も』、『〈Culture〉先月死去 文芸評論家・清水信さん 同人誌育てた志を後世に』、『〈ひと・仕事〉「使い捨て労働」告発 新著で外国人実習生の苦境を伝える 榑松佐一さん』、『産業貿易館JR東海へ 愛知県売却 リニア変電施設に』、『務台政務官が辞任 「長靴業界」発言 事実上の更迭』(10日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年〉自主避難者 夢と不安と 「フラダンサーになりたい」豊川からいわきに帰還 根本さん』『工場再建 車の仕事継続 岐阜定住小湊さん』『復興「2020年度完了せず」4割 42市町村長調査 原発事故影響』『復興住宅 空室2割超 9市町 ニーズ変化 一般向け賃貸も』、『「森友」小学校不認可へ 大阪府知事「書類信ぴょう性ない」』『森友問題 籠池氏自説まくし立て 疑問に明確に答えず』『3契約書「また説明する」/推薦枠「現在進行形」』、『朴氏弾劾 きょう判断』、『■外国人初の女流プロ棋士 初戦黒星』、『名大准教授 水増し発注 情報機器代180万円分 私的に流用か』、『ライフ協会元代表ら逮捕 出資法違反容疑 高齢者預託金流用か 大阪府警』(10日付、毎日朝刊)

三月九日
 「森友学園」(大阪市)の籠池泰典理事長が代表を務める社会福祉法人運営の保育園が、こんどは補助金計1070万円を不正受給していた疑惑が浮上、大阪市が調査を始めたという。一方、大阪府の松井一郎知事はこの日、森友学園が大阪府豊中市で開校予定の小学校の建築費をめぐり国や府などに異なる金額の工事契約書を提出していた問題に関連し「全て理事長サイドからの指示で虚偽の契約書が作られたと思う」と記者団に語った。
 これに対し籠池理事長は異なる三通りの工事請負契約書のうち府に提出された7億5600万円の契約書について「府私学審への申請のため金額を下げたもので、15億5500万円が正しい」との認識を示しており説明が食い違っている。このため私学審が認可を判断する際、収支状況などで有利な形になるよう学園側が主導した疑いが強まってきた。
 籠池氏は記者団に「認可申請に伴い府に提出した書類に誤りはない」と強調したものの、愛知県の私立学校と推薦入学枠の提供で合意したと府に報告した件に関しては「コンサルタントがミスをした。申し訳ない」と陳謝したという。

 一体全体どうなっているのか。一連の不正疑惑が真実だとしたなら、これでは国民が納めた税金を食い物とした補助金目当てのインチキ運営ではないか。ほかにも、こうした不正極まる学園運営がなければ良いが。少し心配であると同時に行政側の脇の甘さも気になる。
        ★        ★

 執筆の合間をすり抜け、社交ダンスのレッスンに。綱渡りの日々が続く。「分け入っても分け入っても疑惑の山、日めくりのごとく。「森友学園」の、よくもこれほど次々に。」(9日付毎日夕刊・近事片々)とは、まさにそのとおりだ。
 昔駆け出しの松本支局員時代にT学園が高校生をM観光ホテルで働かせ大騒ぎになった、ある事件を思い出した。確か、その学園のトップは〈善兵衛さん〉だと記憶しているが。その事件に関する限りは〈悪兵衛さん〉だつた。来る日も来る日も追っかけ紙面を連日賑わせた日々がついきのうのようでもある。
 いつの時代にも、こうした悪の権化は存在するものらしい。
 
【きょうの一文・ことば】
「日本の民間一般人の放射線限度が年間1㍉シーベルト=毎時0.23マイクロシーベルト=なのに、なんで(ここは)年間20㍉の基準なのか。そこがわかんねえ。(村内至るところにうず高く積まれた汚染度がつまった黒いフレコンバッグを前にして)俺が生きてるうちは見なくちゃならねえ。この村で酪農を再開する人なんて、まずいない。でも、こんなバケモノになんぞ、負けねえど」
=9日夜のメーテレ番組『〈報道ステーション〉 「帰るのか、帰らないのか」大震災から6年 (4月からの)解除直前の飯舘村の現実』のなかで。飯舘村前田地区の区長で元酪農業、長谷川健一さん(63)
※飯舘村は原発事故のあった福島第1原発から北に40㌔地点にあり、かつては〈日本一美しい村〉とまでいわれた。その村の全域が事故発生後の放射線汚染や、未除染のまま放置された自然に泣かされている

【新聞テレビから】
☆『〈東日本大震災6年〉「盛り土に歴史まで埋もれさせない」 被災前の街語り継ぐ 陸前高田元FM司会者ら毎月集い』『中学の制服大きめにしたよ 幼稚園送迎バスで津波犠牲 愛梨ちゃんに母 仕立て』、『森友保育園も不正受給か 大阪市 調査へ 補助金計1070万円』『施工者「15億円が正確」3通契約書 知事「理事長側指示か」』、『東京大空襲あす72年 上野の慰霊碑前「忘れじの集い」』、『北ミサイル日本最接近 政府推定 能登半島沖200㌔落下』、『虐待児童5万人超 警察庁昨年まとめ 最多3500人保護』、『幸運のおさい銭915枚 パクリ ウミガメ受難 タイで7時間手術』、『男女平等へのシグナル =8日、メルボリンで国際女性デーに合わせ男女平等を推進しようと、青い「進め」と赤い「止まれ」のマークにスカート着用の女性をかたどった歩行者用信号機が登場』、『小学校卒業式増える袴姿 華美な衣装 自粛呼び掛けも 親も大学で着用』(9日付、中日夕刊)
☆『最長寿銀河132億歳 英チーム発見』、『〈東日本大震災6年〉 災害いつでも起こる 避難先・熊本でも被災 同郷同士の交流再び模索』『つらい体験こそ伝える 女川中同窓生が編纂「いのちの教科書」』『〈ここで創る 3・11〉悲しみの「居場所」引き受け 安部智海さん(仮設住宅居室訪問)』『横浜・原発避難いじめで手記 つらくても自殺考えない』『息子と見続けたふるさと 仙台・宮城野区 立ち退き求められる小屋』、『「森友保育園」虐待疑い 大阪市調査へ 1000万円不正受給も』『国・府に虚偽報告か 小学校建設費 業者が証言』、『死刑破棄、無期懲役 ミナミ通り魔 大阪高裁判決』『被害者の父が体調不良訴え』、『待ってたこの時 名大で合格発表』、『■弁護士懲戒、過去最多に』(9日付、毎日夕刊)
☆『堀島モーグル 「金」 世界選手権』、『一宮ポケGO事故死実刑「ゲーム常習 安全軽視」』『〈解説〉悪質判断 実刑相次ぐ(一宮総局・植木創太)』、『退位 民進、与党と接点探る 全体会議 国会議決「検討に値」』、『侍2次Lへ前進 豪に(4―1) 逆転勝ち2連勝』『岡田鮮やか 窮地脱出 つないだ 救援陣』『主砲全開 中田、筒香アーチ競演』『台湾と韓国敗退』(9日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年〉あったかい「小高の味」』『古里思い今ここで 理容店を再開 歌で伝えたい 未練と諦めと 相棒と一緒に 大切な人思い 再建を夢見て』、『視覚障害訓練 実施1割 指定福祉事務所 実態に合わず』『生活の自立支援 中途障害者多く』、『企業内保育調査強化 内閣府方針 立ち入り、抜き打ち』、『「主力工場存続」が条件 東芝の半導体入札』(9日付、毎日朝刊)

三月八日
 スペインのシェラネバダであった世界選手権・男子モーグルで堀島行真(19)=中京大、岐阜県出身=が日本勢で初の金メダルを獲得。名地裁一宮支部が一宮市でスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を操作しながらトラックを運転し小学4年則竹敬太くん(当時9歳)をはねて死亡させた会社員(36)に禁錮3年を言い渡し、ポケモンGO操作中の死亡事故では全国3件目の実刑判決となった。
        ☆        ☆

 東京から空に乗って。突如、送られてきた誕生日のオルゴールカード
 20170309_005115

 東京の詩人最匠展子さんから〈Happy Birthday〉の音符とミニピアノ付きオルゴール形式のメロディー入り、赤の縁取りの誕生日カードが送られてきた。最初、いったい何ものかと思ったが舞に教えられ、赤いプッシュボタンを押すと曲が流れ出し、全身がしあわせな感覚に包み込まれる、そんな気持ちにかられた。
 カードには「心よりお祝い申上げます。御上京の折には、拙宅へおたずね下さり本当に有難うございます。私は今、家の中を一歩も歩けない状況なので大へん嬉しく思っております。一日も早く治りたいと努力しておりますが……」と、あの懐かしい筆遣いで書かれた文面が添えられていた。舞とシロちゃんも一緒に繰り返し、聴き入ったが、そこには次第にとけていく心があった。
 ありがとう。さいしょうさん。はやく、はやくよくなってください。

 夜。奈良のお水取りに行ったので、と友人からお松明の画像が送られてきた。
 とてもステキでゆらめく光りが全身に神秘の力を与えてくれる、そんな1枚だった。私はふと、現在執筆中の信長の側室・吉乃が、その明かりの中から忍びの女として現れ出てくるような、そんな錯覚にとらわれた。こちらも、名カメラマンさん。ありがとう!

【きょうの一文・ことば】
 林さんの全集を手にするたびにあの一瞬の重みがよみがえってくる。原子爆弾の不毛性に、あのからだで林さんは抗ってきたのだ。肉体は失われても、作家は自らのことばの重みにおいてなお生き続けるだろう。図書館の書架にならんだ一冊を手にしたらわかるはずだ。彼女はいつもそばにいて、永遠の語り部として私たちに語りかけてきてくれる。
=8日付中日夕刊『■林京子さん追悼 青来有一■ 原爆に抗い続けた重み』のなかで。作家青来有一(せいらい・ゆういち)さんは、こう書いた※作家の林京子さんは2月19日に86歳で死去

「村上自身による最良の村上春樹論」(橋爪)「全仕事を総括した二十一世紀版『春樹ワールドの語り直し』」(鴻巣)
 ハルキファンでない一般読者は、だからどうした、というほかない。新聞の書評はファンクラブの会報ではないのだ。
=8日付中日夕刊『〈大波小波〉村上春樹の新刊と書評 (穴をめぐる冒険)』から。抽出

【新聞テレビから】
☆『〈東日本大震災6年〉色づく古里撮り続け 岩手・大槌の伊藤さん 愛する風景写真集に』『■林京子さん追悼 青来有一■原爆に抗い続けた重み』、『70年前 こじ開けた「刑場」 名タイ記者の回顧録確認―これが『絞首台』です―』『「つり下げられた縄 輪の部分に赤い革」』、『〈目耳録〉文芸(小柳悠志)』、『「私の父は殺された」正男氏息子? が動画』、『一宮ポケGO事故死実刑 名地裁支部判決=禁錮3年(求刑同4年)=「過失 非常に悪質」』、『養子縁組元業者 2人逮捕 千葉 営利目的あっせん容疑』(8日付、中日夕刊)
☆『〈東日本大震災6年〉 鎮魂の刺し子 作製の大槌の男性死去 3津波経験一針に祈り込め』『プロバスケ選手目指す 夢描く放物線 石巻 バスに津波仲間失う』『銀座に津波来たら…』『〈ここで創る3.11 東日本大震災6年②〉「今」を知ってもらいたい オナガワエフエム(宮城・女川)』『〈特集ワイド 震災を語る 哲学者内山節さん〉大きな時間幅で考えよ 原発、コンクリート…… 刹那的システム/若者の変化の兆しに期待』、『北朝鮮を非難 安保理』、『CIA(米中央情報局)、スマホ標的 ウィキリークス 文書8761点 暴露』、『同一労働 同一賃金 待遇差 企業に説明義務 正規・非正規間 政府、法制化 方針』、『蚊取り線香 化学遺産に』、『住民投票 在勤者も 滋賀・秦荘町議会 条例案を可決』、『総括教員就任辞退 森友学園 8人中6人 経験わずか』、『福島の菓子工場 爆発で1人死亡』(8日付、毎日夕刊)
☆『「ビザ延長される」と虚偽勧誘 難民申請者に 除染作業 福島第一周辺 法務省近く調査』、『研究公募 「政府介入著しい」 学術会議声明案 軍事と決別継承』、『「教員予定者」と無断記載 森友、府私学審に名簿提出』、『〈2017 WORLD BASEBALL CLASSIC〉 ■1次リーグ 侍目覚めた 11点発進 難敵キューバを圧倒 日本11―6キューバ』『4番筒香 3打点』、『〈特報〉民間障害者救済 法案提出へ加速 空襲補償もう待てない 与野党議運「今やらねば」 名古屋を圧倒参考に』『杉山千佐子さん昨年死去 90歳「最後の機会、墓場に入る前に』」(8日付、中日朝刊)
☆『原発の街未来図は 復興へ歩み始めた 富岡町の今 第2原発立地の「郡都」』『富岡町「廃炉」に活路 研究拠点にスーパー、ホテルも 4月大半解除 中心部に 「帰還困難」残し』『進む避難指示解除 進まぬ帰還7.9%』『〈東日本大震災6年 安住を探して㊥〉岡山進む移住支援 原発事故からの自主避難』『核融合発電 実験始まる 重水素利用 市民グループ抗議 土岐』、『おとり捜査再審無罪 ロシア人男性安堵 札幌地裁判決 19年待っていた結果』、『軍事研究大学が判断 学術会議 審査制度要求 半世紀ぶり声明案』、『相互に出国禁止 北朝鮮とマレーシア』、『日米2プラス2「早期に」 首脳電話協議 対北朝鮮連携一致』『北朝鮮ミサイル 在日米軍を念頭』、『名古屋地裁公判 元名大生「まだ殺したい」 「もう起こしたくない」とも』(8日付、毎日朝刊)

三月七日
 春なのに。寒くて〈かぜ〉が強い。

 亡きこすも・ここ=亡くなる少し前=と、きょうもがんばる妹猫シロちゃん
 20160518_152557
 20160805_101445

 ちょうど1年前の朝、私たちが愛する長女猫こすも・ここが亡くなった。
 早朝。わが家で舞の胸に抱かれ、嬉しそうにかわいい両の目をカット見開き、穏やかな表情を見せた〈ここちゃん〉。彼女は、まもなくして舞の胸に抱かれたまま診療に訪れた愛北動物病院で医師が診察を始めようとした、その瞬間に全身から大量の血を吐き、息絶えた。壮絶な死だった。
 享年21歳。猫としては驚異的な生命力だった。そして私たち家族は、本当のやさしさや温かさ、厳しさなど数え知れないほどの多くを彼女から学んだ。
 いまは1つ違いの次女猫シロちゃんが、お姉さんの後をしっかり引き継いで私たちを守ってくれている。「シロちゃんは、自分も含め初代の能登・大垣猫〈てまりちゃん〉=てまりは、大垣で交通事故死。※彼女の物語は日本ペンクラブ電子文藝館で「伊神権太の小説〈てまり〉」として所蔵=と〈ここちゃん〉と、3代の遺志を引き継いで生きていかなければならない。だから、大変だよね」というのが舞の口癖だ。

 きょうは横笛の個人レッスンで名古屋へ。その後もわけあって、栄、名駅前と飛び回る1日となった。なかなか小説を書いている余裕がない。エイッ、ままよ、か。きょうも過ぎゆく。
        ☆        ☆

 北朝鮮が砲兵部隊による訓練で発射台付き車両から弾道ミサイル4発を同時発射する映像と写真を公開。同時多発攻撃を仕掛ける能力が備わっていることを世界に見せつけた。「何発も同時に飛んできた場合、全てを撃ち落とすことは事実上不可能だ」とは、防衛省の見方で、こんごは迎撃能力の向上が望まれる。いやはや、困ったものだ。

【きょうの一文・ことば】
「大すきなおねえちゃんと ゆめであえたらいいな」「(姉の小晴さんと)一緒にお手玉をする夢をよく見る。お姉ちゃんはいつも見守ってくれている気がする」「わたしがみたいゆめはてんごくにいるこはるおねえちゃんといっぱいあそぶゆめ」「天国にいるおねえちゃんも、えがおでよろこんでくれるよね」
=7日付毎日夕刊『〈東日本大震災6年〉お姉ちゃんは天の妖精 「ずっと見てるよ」残した言葉実感 大川小犠牲児童と妹結ぶ絵本』の記事から。宮城県石巻市立大川小2年の平塚小瑛(ひらつかさえ)ちゃんが絵本を描き残してくれた優しいお姉ちゃん小晴さん(当時12歳)への思いを、自らも絵本を描く日々のなかでこう語った

【新聞テレビから】
☆『〈東日本大震災6年〉3歳の妹見守ってね 陸前高田の夫婦 不明の息子に思い』、『マレーシア人を北が出国禁止に マレーシアも対抗措置』『マレーシア当局が北朝鮮大使館封鎖』、『在韓米軍THAAD配備 北ミサイル対抗 中朝の反発必至』、『主回転翼 尾根側に接触痕 長野ヘリ墜落 樹木切断、散乱』『名操縦士 雪山の悪夢 ヘリ墜落岩田さん御嶽にも出動』『訓練前に不測事態?/高度下げすぎ木接触か』、『ヤマト宅配料金上げ 人出不足で検討 9月末までに』(7日付、中日夕刊)
☆『北朝鮮「在日米軍標的」 ミサイル8日にも安保理』『首相「容認できぬ」「日米首脳が電話協議』、『米入国禁止新大統領令 トランプ氏署名 イラク除外』、『ヤマト値上げ検討 27年ぶり 取扱量急増』、『性犯罪を厳罰化 刑法改正案閣議決定』、『「森友」金額違う契約書 国と大阪府へ 補助金過大請求か』(7日付、毎日夕刊)
☆『長野ヘリ墜落9人全員死亡 離陸後10分 トラブルか』『「人助けたい」最前線に 防災ヘリ墜落 高嶋さん妻「寒かったでしょう」 滝沢さん大震災でも救援』『高い技術操縦士不足 長野は犠牲の岩田さんだけ』、『イラク除外 新入国規制 6カ国対象 トランプ氏が署名』『北朝鮮大使が出国 マレーシア追放「極端な措置、遺憾」』『北もマレーシア大使追放 対抗措置、断交に現実味』、『北ミサイルの技術に危機感 分析急ぐ韓国 日本海へ4発 短時間発射型の可能性』『中国 高高度ミサイルに反発 怒りの矛先 北より米韓』(7日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年〉東電系2社免税対象 原発被災企業向け 福島県に確認 国民感情合わず』『〈安住を探して㊤原発事故からの自主避難〉慣れた東京家賃重く 住宅無償提供今月限り』『避難先から帰還 昇進優先 楢葉町長発言』、『北朝鮮ミサイル4発同時発射 政府、新迎撃体制検討』、『大使マレーシア出国 正男氏殺害 北朝鮮も対抗措置』、『学術会議 政府の介入懸念 声明案 軍事研究拒否は「継承」』、『森友 4月開校困難 大阪府、不認可も視野』『保護者「諦めていた」』、『日進殺害初公判 殺意の有無争点 精神障害 影響でも対立』(7日付、毎日朝刊)

三月六日
 新横綱稀勢の里が12日から始まる大阪春場所を前に、大阪市港区の田子ノ浦部屋での稽古中、平幕嘉風と手合わせした際、相手の頭がぶつかり左目の上に裂傷を負い数針を縫うケガ。横綱本人は「大丈夫。けがのうちに入らない」と笑顔で7日以降も稽古を続けたいとしているが。門出の場所だけに、心配だ。

 北朝鮮が午前7時35分ごろ、平安北道のトンチャンリ(東倉里)付近から日本海上空に向けて弾道ミサイル4発を発射。うち3発が秋田県男鹿半島西300~350㌔の、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。高度は最高260㌔、飛距離は1000㌔とみられる。政府はただちに北朝鮮政府に抗議を申し入れた。その北朝鮮の駐マレーシア大使が金正男殺害事件に関連し国外追放処分を受け、6日午後6時(日本時間同7時)の期限ぎりぎりにマレーシアのクアラルンプール国際空港を出国、北京に着いた。

 長野県松本市の山中への県消防防災ヘリの墜落事故。その後残る6人全員も含め乗員9人全員の死亡が確認された。かつて取材で何度もヘリに搭乗した者の1人として。あくまでも、しろうとの考えとして言わせてもらえば、どの社も今現在では報道していないが、積載オーバーのところへ乱気流でキリモミ状態となって墜落したような気がしてならない。
 かつて、三宅島の火山噴火や中部日本海地震、長崎大水害、三重の嬉野豪雨禍、長野・富山の連続誘拐殺人、稚内沖オホーツクへの大韓機撃墜、山口の自衛官による少銃乱射、山が動いた長野の地附山崩落と老人ホームの壊滅など。災害や事件発生のつど、ヘリ(あのころは、機体が真ん丸なヒューズへの搭乗が多かったが、たまに機体が一回り大きいベルにも搭乗した。ヒューズへは通常、カメラと記者、整備士、パイロットの4人。ベルでもせいぜい多くて6、7人までだったように記憶している)や双発ジェット機で現場のルポ取材などに向かった体験から、直感として乗員が多すぎたのでは、と思う。
 そんな気がしてならないのである。
        ☆        ☆

        ×        ×
 夜。妹から思わぬ誕生日の祝福メール。おめでとう、だなんて。私がそういう照れくさいことが大の苦手であることを知ってか知らで、か。その点、舞は私の性格を熟知しており、おめでとう、なぞとは、きょう1日ひとことも発しなかった。
 代わりに夕食に赤飯がたかれており、なんだか気恥ずかしくも。穴があったら入りたい気にかられた。自分で分かっているのだから、そっとしておいてほしい。のに。とはいってもフェイスブックやライン、その他のメールなどでの皆々さまからの心からの祝福を放って置くわけにも行かず、夜遅くまで「ありがとう」の返信を。
 いやはや、ニンゲン生活は疲れる。私は、そんなことにはお構いなしの愛猫、シロちゃんになりたい。
        ×        ×

【きょうの一文・ことば】
「(原発について)国民的支持は十分でないことは、これは事実だと思う。けれども当面は必要だ」=6日開かれた参院予算委員会で。安倍首相はこう述べた

「目的はないんです。自分を他者にとっての他者として見直すと、やるべきことが見えてきた。これが倫理なのかな。小説とは人間を書くものです。今、書けるっていう手応えがあります」
=6日付毎日夕刊『〈ここで創る3.11 東日本大震災6年①〉原発事故後も繰り返す日常 柳美里さん(南相馬に移住)』のなかで。芥川賞作家の柳美里さんは、こう言った
※柳美里さんは2015年4月から15歳年下のパートナーの男性と高校入学を控えた長男の3人で南相馬市市原区の築60年の借家に移り住んでいる

【新聞テレビから】
☆『9人全員死亡確認 残る6人を発見 長野、墜落の防災ヘリ』『「言葉もない」目潤ませ 防災ヘリ墜落 隊員遺族ら鎮痛』『ドア外れ ぐにゃり 上空ルポ』、『北、弾道ミサイル4発 100㌔飛行3発 日本の経済水域に』、『森友 小学校認可先送り 大阪知事表明「全て見直す」』、『〈東日本大震災6年〉NY、LA「一緒に前へ」 日系人ら犠牲者追悼式典』、『和歌山小5殺害一転否認 初公判で被告 異例の審理中断 「全部違う」に法廷ざわつく』、『公立高の入試愛知で始まる』、『伊勢湾 コウナゴ 2年連続で禁漁』、『〈訃報〉津雲むつみさん(つくも・むつみ=漫画家、本名北川睦美=きたがわ・むつみ)4日、肺がんのため死去、65歳。石川県能登町出身』(6日付、中日夕刊)
☆『〈東海百景〉まろやか伊勢茶 初摘み』、『〈ここで創る3.11 東日本大震災6年①〉原発事故後も繰り返す日常 柳美里さん(南相馬に移住)』『▲寄稿 清水良典 安定した器に盛られた挑戦 村上春樹さんの『騎士団長殺し』を読んで』、『ミサイル秋田沖に4発 北朝鮮発射 EEZ(排他的経済水域)内3発 首相 「新たな脅威」』 飛距離1000㌔』『北朝鮮ミサイル 4発に怒り、不安 秋田の漁業者「怖いね」』『米韓演習に対抗 北朝鮮ミサイル 米長官歴訪けん制「新型兵器」「開発示唆』『日米共同訓練開始式 オスプレイ6機参加』、『6人発見 心肺停止 長野ヘリ墜落 県警、原因を調査』、『大阪知事「森友」認可難しい』『政府説明不十分 首相』(6日付、毎日夕刊)
☆『両陛下 タイ前国王を弔問』、『防災ヘリ墜落3人死亡 2人意識なし4人不明 長野で山岳救助訓練中』『雪山ヘリあおむけ 大破頂上近く救助難航 閉鎖ルート除雪に時間 同僚「無事戻って…」』『訓練中 墜落 過去にも 山岳飛行 高度な技術必要 遭難救助でも事故』、『夫婦強殺容疑 近所の男逮捕 南区 凶器の刃物見つかる』『黒い服マスク姿で連行 南区夫婦強殺 逮捕直後自宅から 定職なく 「金に困る」』、『「愛知の海陽学園に推薦枠」森友学園私学審に主張 「事実ない」海陽学園側』(6日付、中日朝刊)
☆『自民総裁任期3期9年 首相在任21年まで可能 延長決定』、『中国6.5%成長目標 3年連続下方修正 全人代開幕』、『日本勢ふるわず びわ湖毎日マラソン』、『県防災ヘリ墜落3人死亡 長野 残る6人 機内か』、『〈バリアーゼロ社会へ 2020 ともに〉「ホームドアあれば」地道に署名活動 3000人分きょう国に提出 名古屋・視覚障害夫婦ら』、『〈東日本大震災6年〉 たすき感謝つなぐ 塩釜市職員 碧南の駅伝6年連続で』、『夢に見た? 446㌔ 和歌山でマグロ水揚げ』『2時間で見る夢は? ゾウ1日平均睡眠陸上哺乳類で最短』(6日付、毎日朝刊)

三月五日
 〈エデンの東〉の畑地一角で見事に咲き誇っていた梅の花々
 20170305_154843

 啓蟄。春うらら。きょうは古知野神社の清掃日なので2人で歩いて神社へ。菅原文太に雰囲気が似た77歳のハセガワさんから「あんたら、いつも一緒だね」と冷やかされ「僕らは、ふたりとも半人前。2人でやっとこせ、ひとりだからですよ」と私。

 滋賀県大津市ではこの日、陽光が琵琶湖の湖面にふり注ぐなか、皇子山陸上競技場を発着点に湖岸コースを走る恒例の〈びわ湖毎日マラソン〉があった。ケニアのチェビーが2時間9分6秒で優勝、リオ五輪代表の佐々木悟(旭化成)が2時間10分10秒で日本勢最高の4位に入ったものの、結果は低調に終わった。
 もう20年も前の話になるが私は当時、新聞社の大津支局長として在任、びわ湖マラソンの日は他社の事業とは知りつつ決まって湖岸にひとり立ち、選手らの力走に視線と声援を送ったものだ。あの日々の湖面に注いでいたゆらめく陽光はしっかり覚えている。

 午後3時10分ごろ、長野県の松本、岡谷市境の鉢伏山(1928㍍)付近山中に県の消防防災ヘリの「アルプス」(ベル412EP型)が墜落しているのを県警ヘリが発見。3人が死亡し2人が意識不明の重体、残る4人が行方不明となっている。名古屋市南区の83と80歳夫婦の強殺事件で愛知県警が、近くに住む無職の男(42歳)を強盗殺人の疑いで逮捕。 
        ☆        ☆

 冬の間、足が遠のいていた私たちの畑〈エデンの東〉へ。何より目を見瞠ったのは、満開になっていた梅の花である。
 冬場なので、恐れていたほど草は生えてはいなかった。でも足を運んでいなかった分だけ、それにこのところの春の陽光も手伝ってか、やはり草はあちこちに生えており、私たちはカマを手に、これら雑草の除去に励んだ。
 たまたま野菜栽培を兼ねた畑の管理をお願いしている私と同じ苗字の77歳のイガミさんが現れたので、私たちは彼に教えられ栽培中のタマネギ畑の畝に配合飼料を散布し、次に植えるジャガイモの予定場所にも苦土石灰を撒くなどした。できるだけ早く「20日ごろまでには畝をつくりジャガイモを半分に切って灰をつけ土中に植え込むとよいですよ」とも教えられた。

 イガミさん(左)には何もかもを教えられ、感謝のしようもない。配合飼料を一緒に散布する舞。でも、もっと早くからまかなければ。もはや手遅れかも
 20170305_153053

 そんなわけで帰りには、舞と馴染みの80歳を過ぎた女性が営む愛栄通の種苗屋さんへ。男爵とキタアカリを1㌔ずつ買い求めて帰った。久しぶりの慣れない畑作業だけに、ふたりともだいぶ疲れた。

【きょうの一文・ことば】
 東日本大震災から6年。甚大な被害を受けた岩手・宮城・福島3県の農業、水産業は復興に向けた動きが日々進んでいます。震災を機に地域に埋もれていた食文化を見直す新たな取り組みも始まっています。「食の動き」を図解します。
=5日付中日朝刊『〈サンデー版〉震災から6年 守る育てる 岩手・宮城・福島の食』の中から。総合リード

【新聞テレビから】
☆『問われる首相の責任 教育勅語暗唱の異様 森友学園を高く評価』『教育基本法違反の過激な政治教育 教育評論家尾木直樹さん』(3月5日、しんぶん赤旗日曜版)
☆『北の国へ帰ります 琵琶湖・コハクチョウ』、『〈ドナルド・キーンの東京下町物語〉世界に1冊の台本(弘知法印御伝記) 古浄瑠璃 英で復活公演』、『〈東日本大震災6年〉3万5500人 今も仮設住宅 「阪神」は5年で解消』『残っても「公営」に移っても… 交流減り募る寂しさ』『〈サンデー版〉 守る育てる被災3県の食 大震災から6年。岩手・宮城・福島3県の食文化を見直す新たな取り組みが始まっている』、『〈核心〉 仏大統領選もロシア関与? 中道左派陣営「サイバー被害」主張 支持率首位 ルペン氏を後押し ■「偽ニュース」■選挙中も対策』『EU(欧州連合)離脱表明 ルペン氏に聞く「フランス」取り戻す』、『北朝鮮大使を追放 マレーシア「あす夜までに」』『不起訴で国外退去リ氏 記者会見急きょ中止 正男氏殺害』、『中国・全人代きょう開幕 習氏「一強支配」さらに 権力集中「監察医」新設へ』『中国国防費1兆元へ 海洋軍拡を継続』、『★H氏賞に北原千代さん=京都府生まれ。大津市在住。62歳。「真珠川 Barroco」(思潮社)= また現代詩人賞は、さいたま市生まれ、同市在住の中村稔さん(90歳)の「言葉について」(青土社)に決まった』(5日付、中日朝刊)
☆『〈Sストーリー〉 教員遺族、語り継ぐ―― 大川小「無念と責任」胸に』『児童遺族との壁越え 大川小教員の息子 葛藤の6年 私が語っていいの? 「どちらも同じ被害者」』、『「日本にとっても大事な場所」 両陛下ベトナム・チャウ記念館訪問』、『雪降って巨大オアシス 鳥取砂丘』、『福祉避難所3割周知せず 住民殺到を懸念 102市区調査』、『北朝鮮大使国外追放 正男氏殺害 マレーシア発表』、『中国国防費7%増 17年予算案 初の1兆元台』、『「翼の王国」で連載 長友啓典さん死去 77歳』、『森友用地 賃料 不自然な減額 国、3カ月後に一転』、『夫婦の財布 持ち去る? 南区 強盗殺人容疑を視野 愛知県警』、『高齢の母「余計なことしないで」 ごみ屋敷隠さず頼って 静岡の30代女性体験語る 受診を機に支援相談』(5日付、毎日朝刊)

三月四日
 マレーシア外務省は4日、金正男殺害事件に関連し「マレーシアの捜査は信用できない」としていた北朝鮮の姜哲(カンチョル)駐マレーシア大使を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」として国外追放する、と発表。48時間以内の6日午後6時(日本時間午後7時)までにマレーシアを出るよう求めた。
 サッカーJ2の名古屋グランパス×FC岐阜の「名岐ダービー」がこの日豊田スタジアムで実現、1―1で引き分けに。ナゴヤドームでは対ロッテオープン戦があり、かつてドラゴンズの絶頂時代に君臨した吉見、岩瀬、浅尾の3投手が初登板、結果こそ1―0で負けたが、いずれもまずまずの調整ぶりで今シーズンへの夢をつないでくれた。がんばれ! アサオ、イワセ、ヨシミ! 

 ドロドロと底の底まで膿というウミがたまった感じの政界とは違い、きょうも空はカラリと晴れ、春が大きく近づいた感じである。人々は、そのなかを皆懸命にあるき、生きていく。私はといえば、相変わらず綱渡りのときが過ぎてゆくなか、それでもと横笛をふき、社交ダンスのレッスンでワルツ、ルンバを蝶のように、と舞う。ふきながら、舞いながら。やはり「もっと時間がほしい」とも

【きょうの一文・ことば】
「捏造された証拠を示され自白を迫られた」「「事件当日に殺害現場のクアラルンプール国際空港には行っていない」「(捜査は)共和国(北朝鮮)の尊厳を傷つける謀略だ」「警察から携帯電話の通話履歴や毒薬を包む紙など捏造された証拠を見せられ、認めればマレーシアで良い暮らしができる、とそそのかされた」「祖国を裏切り、泥を塗らせようとした」
=4日付中日夕刊『マレーシア警察を 釈放のリ氏が批判 正男氏殺害関与を否定』の記事の中から。北朝鮮の金正男氏殺害事件でマレーシア警察から証拠不十分で釈放後、国外退去処分となった北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル氏(46)が4日、空路、北京に到着。北朝鮮大使館前で北朝鮮当局者に付き添われて記者会見。13分にわたって事件への関与を完全否定した

【新聞テレビから】
☆『両陛下王宮訪問 宮廷音楽を鑑賞 ベトナム・フエ』、『〈東日本大震災6年〉絶えぬ孤独死 仮設住宅で昨年は28人』『宮古の被災男性、推進に力 ボランティア特別じゃないよ ツアー企画、11日で100回目』、『廃止路線14年ぶり復活 広島・フエJR可部線』『熊本―新八代の徐行運転を解除 九州新幹線、全線通常に』、『新自動運転実験車 トヨタがお披露目 米の子会社開発』、『用地内処分で事前合意 森友学園産廃 15年、財務省と業者』、『東大論文改ざんで 元教授ら5人処分』、『今年は違う ビジョンも竜も 地元初戦』、『トランプ氏関与で「視聴者が離れた」 シュワちゃん 人気番組降板』、『(フランスの)プジョーが(米ゼネラル・モーターズの子会社、ドイツの)オペル買収』、『安倍政権の報道圧力懸念 米人権報告書 トランプ氏も強硬ですが…』、『〈この道〉加藤沢男最終回(87) ふるさと =構成・満薗文博』(4日付、中日夕刊)
☆『●eye見つめ続ける大震災 お帰り 俺の漁船 葛藤の海 母港(福島県浪江町請戸漁港)で係留始まる』、『縦横無尽に飛び回れ (熊本県内の熊本―人吉間を走るJR九州の新観光列車の特急)「かわせみ やませみ」出発』、『〈東日本大震災6年〉避難指示区域の中小・個人 商売苦悩続く福島「再開後減益」7割』『復興照らす「花の灯台」 釜石・高台移転 学生ら特製ポスト』『売上高事故後10分の1 浪江町・検査会社「自立見通せず」』、『ヤマト未払い残業代支給 5.8万人調査へ』、『米国務長官17日来日 首相と面会 北朝鮮対応協議』、『米、月内利上げ意欲 FRB(米連邦準備制度理事会)議長 経済の改善強調』、『レゴもイケメン 栄に「シャバーニ」』、『踏切衝突死は警部補 安城脱線 愛知県警の43歳』(4日付、毎日夕刊)
☆『石原氏 「行政全体の責任」 豊洲移転 既定路線と釈明 小池知事に「混乱の責任」』『「ご自分の責任も見つめて」小池都知事が反論』、『陳情ルート自ら構築 森友理事長 認可 維新府議に要請』、『大迫力心トラえる 東山動植物園80周年 新園舎公開』、『地元の希望ぎっしり 若狭幸福ねぎ(福井県小浜市)』、『中古衣料販売でゲオが米に進出 来月ロスに1号店』、『修学旅行中高2死亡 愛知みずほ大瑞穂高 豪海岸おぼれ』『モートン島で計2人を搬送 現地紙報道』、『80代夫婦 抵抗の傷なし 南区の殺人事件 突然襲われたか』、『男性遺体 出身地に遺棄か 新城事件被告 成人後も一時居住』(4日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年 復興の検証〉 避難先で定住進む 家購入3割 地域再生に課題』『故郷思い 晴れぬ心 原発被災者 避難先で進む定住 「処分悩ましい」「戻る人少ない」「いつか戻れる」』『福島原発事故 除染費 2兆6000億円 環境省見通し 作業員延べ3000万人超』『農地と漁港 復旧 80%超 福島の遅れ目立つ』、『豊洲移転 石原氏「行政全体の責任」 交渉 元副知事一任』『「混迷責任 小池氏に」』『「中身分からず」 小池知事』、『森友用地 検査院検査要請へ 参院 篭池氏招致自民慎重』『昭恵さん 公人? 私人? 幼稚園で講演 政府職員同行』『「鴻池氏側が献金要求」森友学園サイトで反論』『園児選手宣誓 篭池氏が釈明「首相がんばれ」』(4日付、毎日朝刊)

三月三日
 おひなさま。空は快晴だ。雲ひとつない。春が芽生えてきている。

 雲ひとつない空。美しさのなかに厳しさとやさしさが。そんな青である
 20170303_160219

 東日本大震災の津波で壊滅的な被害に泣いた宮城県南三陸町でこの日、新たな商業施設が開業、町はにぎわい復活への一歩を踏み出した。商業施設はその名も〈南三陸志津川さんさん商店街〉である。

 東京・豊洲市場(江東区)への移転問題で元知事・石原慎太郎さん(84)が内幸町の日本記者クラブで記者会見。「移転は知事に就任したときから既定路線だった。裁可した責任は当然あるが、私ひとりというよりも行政全体の責任。議会も含めみんなで決めた」と述べ、移転を延期している小池百合子知事(64)には「やるべきことをやらずに看過し、豊洲への移転を決めた方々を生殺しにしている。責任は現知事、小池さんにもある」と発言した。
 これに対して小池知事は「中身がよく分からず、せっかくの会見だったのに残念。もう少しご自分の責任も見つめていただきたい。豊洲移転は地下水の再調査でどういう結論が出るか結果待ちで、そのことは私の頭の中に入っている。移転予定の方々も分かってくれているはず」と反論した。

【きょうの一文・ことば】
「地元住民と全国、世界の人々が訪れる商店街にしたい」(南三陸まちづくり未来の三浦洋昭社長)
「六年前にすぐ隣の庁舎屋上で町がつぶれていくさまを見た。こんな日が来るとは夢にも思いませんでした」(佐藤仁町長) 
=3日に開業した宮城県南三陸町の「南三陸志津川さんさん商店街」で。地元を代表するふたりは涙ながらに、こう語った

【新聞テレビから】
☆『★南三陸新商店街が開業』『〈東日本大震災6年〉石巻で名古屋学芸大生運営 真心食堂卒業の春 集団移転控え 絆を育み店じまい』、『北朝鮮籍男性 釈放 正男氏殺害 証拠不十分、国外退去へ』、『維新府議にも働き掛け 森友理事長、小学校認可で』『首相夫人幼稚園で講演時 政府職員が同行』、『木曽川・長良川リンチ殺人 元少年3人再審請求 1人は初「心神喪失」主張』、『前日の就寝前殺害か 南区の夫婦 明かり点灯、普段着姿』、『松阪牛、西尾の抹茶追加 地理的表示保護』、『ホンジュラスに学校建設、100校突破 米百俵の精神海を越え』、『ホームレス特集でTBS不適切表現 番組などで謝罪』(3日付、中日夕刊)
☆『〈東日本大震災6年〉輝く新天地再起誓い 南三陸 商店街笑顔の開店』、『供述通り田原で遺体 新城遺棄被告 11年前不明男性か』、『居間に大量の血痕 名古屋2遺体 その場で殺害か』、『民進、籠池氏の招致要求 「森友」問題 衆院国交委中断』『大阪府議にも接触 森友理事長 小学校認可巡り』、『北朝鮮の男 国外退去へ 正男氏殺害 証拠不十分で釈放』、『経営難4割赤字 コミュニティーFM 300局 災害時の命綱 基盤強化が急務』『被災地照らして』、『退位 法整備巡り議論 各党全体会議 特別法か恒久法か』(3日付、毎日夕刊)
☆『〈NIE教育に新聞を〉名市大と本社提携 記者ら派遣、中部経済を講義』、『フリン氏辞任に続き火種 司法長官もロシアと接触 セッションズ氏公聴会で明かさず 民主党は辞任要求』、『中国韓国旅行を大幅規制 「高高度ミサイル」報復か 韓国メディア報道』、『森友側「政治力で結論を」 理事長 鴻池氏側と接触15回「年間賃料高すぎる」』『公設秘書 財務局へ要望伝える』、『陛下「平和 本当に大事」 ベトナム残留の元日本兵家族慰問』『ドクさん「両国のため頑張る」 ベトナム訪問両陛下に面会』、『2人暮らし80代夫婦殺害 南区、首に刃物? 傷』『釣りや買い物仲良く』、『岐阜市 特権エレベーター 市民はやっぱり使えません… 議員控室の4階』(3日付、中日朝刊)
☆『〈東日本大震災6年〉包丁振るい古里再生 南三陸「常設」商店街きょうオープン 東京で修業の33歳出店』『被災地リレー「理解」 IOC副会長要件緩和前向き』『除染で贈収賄容疑 原発事故 環境省職員ら逮捕』、『退位容認で与野党一致 皇位安定継承 「議論必要」 全体会議』、『鴻池氏側、国に仲介 森友学園 陳情15回 用地取得』『事務所 便宜供与は否定 紙包み「商品券」森友側説明』『会計検査に着手 首相、自民の調査否定 衆院予算委』『用地取得陳情 土地評価額低く/何とかしてや 「森友」露骨な要望』『寄付金頼み 審議会懸念』『7億円購入 計画を断念 12年・大阪音大』(3日付、毎日朝刊)

三月二日
 ベトナムを訪問中の天皇、皇后両陛下が、ベトナム戦争で使われた枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「べトちゃん・ドクちゃん」の弟グエン・ドクさん(36)とハノイ市内で面会。皇后さまは「お元気でいらっしゃることを、みんながどれほど喜ぶことでしょう」と述べられた。
※ベトさんは2007年に亡くなったが、ドクさんは結婚して双子の父親となり、日本との交流を続けている。東日本大震災では「第二のふるさと日本の復興を」とベトナムで義援金を呼びかけ、翌年4月には大津市内で日赤に義援金を寄託した。

 世界ボクシング評議会(WBC)のバンタム級タイトルマッチ12回戦が東京・両国国技館で行われ、チャンピオンの山中慎介(帝拳、34歳)が挑戦者のカルロス・カールソン(メキシコ)に7回57秒でTKO勝ち。日本歴代単独2位となる12連続防衛を果たした。ちなみに歴代1位は、具志堅用高の13連続防衛。
        ☆        ☆

 夜。第22回目のテーマエッセイ=テーマは〈まわる〉=などの件で、大津の眞鍋京子さんから電話が入る。90歳の眞鍋さんは私たちのお手本でもあり、いつも若々しくステキな方である。「体調が今ひとつでテーマエッセイの締め切り(2月末)までの出稿が遅れてしまい、本当に申し訳ありません」とどこまでも律儀な電話に、「健康第一ですから。無理なさらないで。ゆっくりでいいですので」と私。眞鍋さんからは、いつも礼儀正しさを学ばせて頂いている。
『名古屋・名駅の高層ビル「JRゲートタワー」15階で3日、国内約1250店舗の中で最も地上から高い場所にあるスターバックスコーヒーが開業する。』とは、2日付中日朝刊〈通風筒〉。記事によれば「1日の内覧会では、高層ビル群が目の前に迫る地上70㍍のテラス席などを公開。名古屋城などの街並みを一望でき、天気次第では御嶽山や南アルプスまで望めるという」とも。一度行ってみたい気がしてきた。

        ×        ×
 森友学園劇場、いよいよ政治家登場の段。いや「主役」はなお舞台の袖に?
      ◇ 
「史上最大の作戦」を演じたころの「強きアメリカ再び」の夢見てか、「史上最大級の増額」国防予算案と。
――とは、2日付毎日夕刊〈近事片々〉。毎度ながらズバリ核心を突いている。     
        ×        ×
【きょうの一文・ことば】
 「被爆者は、核の時代のとば口に立たされた新しい人種なのだと思う。わたくしは原爆と原発は同じだと訴えてきたつもりでした」「被爆死した五十二人の同級生と三人の先生が背中にいる。この人たちにうそだけはつくまい」「(米国で核実験の跡地を訪れ不毛の大地を見て)人間より先に自然が殺された」「核の問題は、命の問題。全てをお金に置き換える悪い平和を変えたい」
=2日付中日朝刊『〈評伝〉作家の林京子さん死去 核と命問い続けた(東京文化部・出田阿生)』の記事のなかから。林京子さんは生前、このように語っていたという

【新聞テレビから】
☆『元日本留学生 両陛下と懇談 ベトナム訪問』、『東証大幅続伸 300円高に迫る NY株初の2万1000㌦=米大統領のトランプ氏が前日に行った施政方針演説でこれまでの挑発的なトーンを抑えたことで議会と税制改革などの調整が進む、との安心感が広がった』『トランプ氏の好感度アップ 施政方針演説「支持」76% テレビ調査』、『北朝鮮国民渡航ビザ取得義務化 マレーシア、正男氏殺害受け』、『4日サッカーJ2「ダービー」 歴史的にも密接、複雑 名古屋受けて立つ!! 岐阜ヒートアップ』、『大阪母子殺害再び無罪 差し戻し控訴審 判決』、『面談記録は 鴻池氏側作成 森友学園問題 首相、調査に否定的』、『「共謀罪」テロ明記検討 政府与党 法案に目的を明確化』、『除染参入で収賄容疑 福島 環境省出先の男逮捕』、『宗教法人介し脱税疑い 名地検 不動産会社強制捜査』、『民家に高齢夫婦?遺体 南区 流血、事件の可能性』、『電車と衝突 車の男性死亡 安城の踏切 東海道線不通続く』、『娘の夢 学んだ 伝えた 58歳母 大学卒業へ 命の講演区切り「生きてるだけで十分」』、『ムッシュかまやつさん死去 78歳、「我が良き友よ」』(2日付、中日夕刊)
☆『〈東海百景〉春彩る梅の香 豊橋・向山緑地』、『美しく巣立ち 宝塚音楽学校 =兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校が2日、2015年4月に入学した103期生40人の卒業式を開いた』、『双方が「戦争犯罪相当」 アレッポ攻防で政権と反体制派 国連調査団』、『「森友」小学校認可延期へ 大阪府開校は来春以降』『「鴻池氏事務所作成」 共産・小池氏 森友学園面談記録』、『トランプ氏演説 事実誤認なお多く 米9400万人無職/テロ外国人が大半』、『少女像増え60体 韓国各地で除幕 3・1(独立)運動記念で』、『母子殺害無罪支持 大阪高裁 差し戻し控訴審判決』、『踏切で電車脱線 安城 車の運転手死亡』『JR東海道脱線 通勤ラッシュ直撃 沿線駅 人あふれ返る』、『かまやつさん死去 歌手「ザ・スパイダース」 78歳』(2日付、毎日夕刊)
☆『春告げる炎 古都赤々と 東大寺・お水取り』、『「交流拡大 うれしく思う」ベトナム訪問 陛下、晩さん会出席』、『6月、名古屋城の演目 中村座勘三郎らしく』、『〈訃報〉饗庭孝男氏(あえば・たかお=青山学院大名誉教授、フランス文学) 2月21日午前11時24分、肺炎のため死去、87歳。滋賀県出身』、『森友側 自民・鴻池氏に陳情 紙包み受け取り拒否「一瞬で金と分かった」』、『対IS「同盟国負担増を」トランプ氏演説 インフラに113兆円』、『岡崎商高教諭過労死と認定 名地裁、愛知県立高で初めて』、『押収大麻25億円相当 揖斐川町 栽培疑い組幹部ら逮捕』(2日付、中日朝刊)
☆『〈東海百景〉白線でつながる友 =岐阜県高山市の県立斐太高校で1日、伝統の卒業行事「白線流し」があった。女子生徒は真っ白なネクタイを、男子生徒は帽子につける白線を外し、7クラスごとに1本に結んで高校前の大八賀川に流した』、『林京子さん死去 作家 被爆体験で芥川賞 86歳』、『トランプ流抑制 減税・投資 議会に協力要請』、『正男氏殺害 「逃亡4人と共謀」 マレーシア検察 女2人を起訴』、『土地取得 鴻池氏に依頼か 森友学園、献金20万円』『陳情取り次ぎ鴻池氏は否定』、『豊洲汚染対策費「過少請求」石原氏了承 職員証言 地権者東ガス負担』、『三重・窃盗容疑2人逮捕「強盗するつもりなかった」もう1人は黙秘』(2日付、毎日朝刊)

三月一日
 午後。外出先から戻りパソコンを確認する。
 と、そこには午後12時26分発で〈脱原発社会をめざす文学者の会〉事務局発信の■林京子さん訃報です■のお知らせメールが入っていた。
 「皆様 森詠幹事から悲しい連絡が入りました 林京子さんが、去る2月19日に急逝されました。娘さんの林知世様から本日ハガキで(森詠代表幹事あてに)お知らせがありました。残念です。生前、お会いしてお話しをお聞きしたかったのに。……」といった内容だった。
 私はその場で手を合わせ、原爆許すまじ、と合掌した。

 まもなくして届いた中日新聞夕刊を開くと、そこには【林京子さん死去 86歳 作家、長崎の被爆体験】の見出し入りで訃報記事が掲載されていた。「子ども時代を上海で過ごし一九四五年に帰国、編入した長崎高女三年の夏に原爆に遭った。/六二年に同人誌「文芸首都」に参加。七五年、四十四歳のとき群像新人文学賞と芥川賞を受賞した「祭りの場」では、原爆投下の後、爆心地付近を長時間さまよった様子などを抑制の利いた平明な文章でつづった。/結婚や出産、子育てなどさまざまな場面で引き起こされる内部被ばくの恐怖と向き合いながら、人類が犯した罪への怒りを書き続けた。……」とあった。
        ★        ★

 トランプ米大統領が連邦議会の上下両院合同会議で初の施政方針演説。トランプ氏はこのなかで「私の仕事は世界を代弁することではなく、米国を代表することだ」と表明。フォードやソフトバンクなど企業の具体名を挙げ「多くの企業が数十億㌦の投資と数万人もの雇用創出を表明した」とも語った。
        ☆        ☆

 朝。愛知芸術文化センターの施設利用のため栄の受付窓口へ。
 中部ペンクラブの秋の催し開催にあたって9月24日の会場を確保するため、同じペン仲間の代表女性と訪れたが、なんとまあ閉ざされた入り口の前で多くの人々が立ち竦むようにして寒さに震えて午前9時からの受付開始待っているではないか。
 それも大半が高齢者だ(代表女性も超若くは見えるが、実は80代)。デ、見かねた彼女が居合わせた他の男性とともに職員を呼び出し「あなたたち。なにさまになってるのよ。自分の親が寒さのなか、立ちん坊で待たされていることを思ってみなさい。せめて、椅子を置くとか(椅子は中のフロアロビーにいっぱいあった)、中のロビーに入ってもらい待っていただくとか。私たち高いお金を払って施設を利用するのだから。お客さまなのに。そういうこと、ナンデできないの」と注意する事態に。
 対応に当たった女性があたふたしながらも「上司と相談し、次回からはそうしたことのないよう努めます。ご指摘、ありがとうございます」とは言ったものの。さて、どうなるか。お役人仕事のこんごを見守りたい。
 このやりとりを目の前に、いやはや、かつてサラリーマンの悲哀の歌として大ヒットした、あの♪毎日まいにち僕らは鉄板の 上で焼かれて……の歌詞で知られる〈たい焼きクン〉みたいだな、とも。高齢者の悲哀なのか。いやいや、そうでもない。若い人も寒い場所で延々と待たされていたのだから。親方日の丸の官庁仕事が市民サービスに欠けている、ということだ。
 しっかりしてもらわんと。困るがね

【きょうの一文・ことば】
 「多喜二を信じ続け、悲しみを背負った母親を描いた」「多喜二は母親から善人の魂を受け継いだのだと思う」「多喜二を国家権力が殺してしまったことが悔しい。あんなバカな戦争がなければ、ちゃんと生きられた人たちがいっぱいいた」「昔に戻っちゃいけない。格差や子どもたちの貧困が言われる今こそ、多喜二を評価しないと」「なぜ苦労している人たちに手を差し伸べないのですか。映画を見て、世の矛盾を少しでも感じてもらえたら」
=3月1日付中日夕刊『慈愛の目で反戦訴え 映画「母 小林多喜二の母の物語」』『山田火砂子監督「世の矛盾感じて」(井上昇治)』の記事のなかで。山田火砂子監督はこう、語った

【新聞テレビから】
☆『〈東日本大震災6年〉 仮設に誇り 最後の卒業式 福島の5高校(福島県立浪江高校など)、来月休校』、『両陛下ベトナムで式典』『異母兄 戦争の落とし子 豊橋の弟交流 残留日本兵の子、差別』、『林京子さん死去 86歳 作家、長崎の被爆体験』、『「IS消滅させる」 トランプ氏初の議会演説』『傍聴席にイスラム教徒ら 排外主義に無言の抗議』、『いざ就活本番 主要企業の説明会解禁』『名古屋でも合同説明会』、『共謀罪法案審査 自公期限設けず』、『トンネルから水蒸気 山陽新幹線一時運休』(3月1日付、中日夕刊)
☆『「米国第一」へ雇用創出 トランプ氏 初の議会演説 不法移民対策を強化』『「前向きな展望」に腐心 施政方針 就任演説批判受け』、『正男氏毒殺女2人起訴 マレーシア 検察、実行役と判断』『北朝鮮 総連使い宣伝戦 正男氏殺害で「韓国陰謀説」』、『苦悩越え72年後の面会 ベトナム初訪問 両陛下元日本兵家族と』、『切れ味 稀勢の里へ 関の親子 土俵入りの太刀鍛錬』、『サンゴ白化 宮古島で3割死滅』、『堀北真希さん引退「家庭に専念」』、『ごみと土砂分別「森友」作業再開』『〈熱血! 与良政談(与良正男)〉安倍1強時代と森友学園』(1日付、毎日夕刊)
☆『〈中日社説〉原発再稼働 責任と倫理はどこに=関西電力大飯原発3、4号機が規制基準に「適合」と判断された。そして電力事業者は、当然のように再稼働へと走りだす。誰も「安全」とは言えないものを、なぜ、動かすことができるのか』『〈東日本大震災6年〉さっちゃんラーメン再び 宮城、津波で倒壊の店 1日限定復活 名古屋のNPO職員支え』、『両陛下ベトナム入り』『宮城、福島 震度5弱』、『相模原殺傷 本紙記者接見 植松(聖)被告「遺族傷つけおわび」犠牲者には言葉なし(宮畑譲)』『被害者家族正当化憤り「苦労あるが愛してるから育てている」』、『トヨタ副社長に河合専務 初の生産現場出身者 永田専務も昇格』、『正午~2時指定 ヤマト 廃止検討 ドライバー負担減』、『免許返納で葬儀費15%引き 一宮署が「平安閣」と覚書』、『シラスウナギ「少し多め」 三重・熊野で漁最盛期』、『発表ミス「政治を意識し過ぎ。情けない」 アカデミー賞をトランプ氏やゆ』(1日付、中日朝刊)
☆『両陛下、ハノイ到着 ベトナム初訪問 歓迎に笑顔』、『〈東日本大震災6年 復興の検証〉心のケア先細り 被災者支援3年で4億円減額』『廃炉進展担う「クモ型」ロボ』『関連自殺福島突出80人 精神科病床が激減 地域の支え合い課題』、『大学生刺傷 懲役14年6月「殺意 非常に強固 地裁支部判決』『「たった14年、怖い」冨田さん』、『朴氏 収賄罪で立件へサムスントップら起訴 韓国特別検察』、『東京・和歌山の給食で被害1800人超 食中毒原因 刻みのり!?』、『世界王者、雑巾掛けも徹夜で宿題も 高山選手 高校卒業』(1日付、毎日朝刊)

08/4/26