黒宮涼の連作短編小説〈玉木さんと鈴木くん その2『再会』〉その3『姉妹』に続き、その4『進路』(最終章)を公開

 ウエブ文学同人誌「熱砂」の若手、黒宮涼の連作短編小説その1、その2、その3、その4を公開中です=7月29日、その1『友だち』から公開開始=。満を持しての意欲作です。ぜひ読んでください。かつて〈うそ〉という歌謡曲が大ヒットしたことがありますが黒宮涼の小説世界は、多感な少女のころには〈嘘〉にもその底に揺れ動く本物の心が流れていることをつくづく感じさせます。作者ならでは、の透明感あふれる純粋な青春小説といっていいのかも知れません。
 皆さん。ご自身の若き日々はどうでしたか。重ね合わせて思い出してください。友だちのこと、初恋のこと、うその本音。「青春の門」に立ちふさがる得体のしれない物の怪たち。ご自身の歩いた道を回想しながら物語の世界を堪能していただけたら、このうえない幸せです。〈うそ〉が飛び火し、ホンモノの友情を生む。そんな、どこにもありがちな大展開を願いつつ……(ウエブ文学同人誌「熱砂」主宰、伊神権太記)。

 以下は、連載開始にあたっての黒宮涼のことばです。
【黒宮涼】「嘘をついて後悔してしまったことがあります。子どもの頃のほんの些細な嘘。大人になった今でも取り返しがつきません。皆さんはそんな経験ありませんか。嘘にはカタチがあります。誰かのためだったり、自分のためだったり。時には傷つくこともあるかもしれません。そんな様々な嘘の物語です。どうか最後までお楽しみください。」

※〈その4〉は8月19日に公開しました。〈うそもほんと〉。純真そのものの青春群像。その1つの着地ともいっていい、終着駅をぞんぶんに、お楽しみください。こんごとも、黒宮の力作の数々にご期待ください。

16年7月29日

ウェブ作品集

what's new

『ビンラディンはいずこ』の連載2が、いよいよ公開

 ウエブ文学同人誌「熱砂」の若手、黒宮涼の連作短編小説その1、その2、その3、その4を公開中です=7月29日、その1『友だち』から公開開始=。満を持しての意欲作です。ぜひ読んでください。かつて〈うそ〉という歌謡曲が大ヒットしたことがありますが黒宮涼の小説世界は、多感な少女のころには〈嘘〉にもその底に揺れ動く本物の心が流れていることをつくづく感じさせます。作者ならでは、の透明感あふれる純粋な青春小説といっていいのかも知れません。
 皆さん。ご自身の若き日々はどうでしたか。重ね合わせて思い出してください。友だちのこと、初恋のこと、うその本音。「青春の門」に立ちふさがる得体のしれない物の怪たち。ご自身の歩いた道を回想しながら物語の世界を堪能していただけたら、このうえない幸せです。〈うそ〉が飛び火し、ホンモノの友情を生む。そんな、どこにもありがちな大展開を願いつつ……(ウエブ文学同人誌「熱砂」主宰、伊神権太記)。

 以下は、連載開始にあたっての黒宮涼のことばです。
【黒宮涼】「嘘をついて後悔してしまったことがあります。子どもの頃のほんの些細な嘘。大人になった今でも取り返しがつきません。皆さんはそんな経験ありませんか。嘘にはカタチがあります。誰かのためだったり、自分のためだったり。時には傷つくこともあるかもしれません。そんな様々な嘘の物語です。どうか最後までお楽しみください。」

※〈その4〉は8月19日に公開しました。〈うそもほんと〉。純真そのものの青春群像。その1つの着地ともいっていい、終着駅をぞんぶんに、お楽しみください。こんごとも、黒宮の力作の数々にご期待ください。

08/1/3