詩小説「FLQX」の最終回(11)

目が覚めると八時過ぎ
弁当の残りをかきこんで
時間がくるのをじっと待つ
胸が
胸が
締め付けられる

いつも通るこの道を
いつもの歩幅で一歩一歩
それでも
白塀の角は緊張の極み
曲がった瞬間頭をよぎる
逃げろ
しかし
浮いた足は
恐る恐る
駐車場

いない
誰もいない
あるのは
ダークグレイの1200ccだけ
時計は
9時を5分過ぎ

キタナ
甲高い声
思わず目を剥く
白地に赤系統の花柄ワンピ
見た目は日本人と変わりない

雰囲気は東南アジア系
若い

アタマイイ
ヤクソクマモル

いきなり

コチコイ

手招き
距離が縮まる
おじけづく
はっきりした目が緑っぽい
白塀の角を曲がる

すぐに門扉を押して振り返る

ココ
笑顔で言われ
唖然とする
だが
言われる通り後に続く
ここは
毎日のように通る角
静まり返って人気もない
家人らしき者も目にしたことがない
なにか
悪い予感

嵩上げした玄関の
引き戸を開けて
ハヤクコイ
絶えない笑顔で大きな手招き
恐る恐る足を運ぶ
スニーカーを脱いで上がり框

キタヨ
奥に向かって大きな声
現れたのは
女主人か
大柄で小奇麗な身なりで
あら
よく来てくださいました

頭を深々
意外な成り行き
戸惑い
同じように頭を下げる

応接室
厚いテーブル挟んで腰を下ろす
二対一
まずコーヒーでもと

あれはね
ワタシと
ここにいるミカがね
たぶん女主人

嬉しそう
ミカは両手で口を覆う

会社 手伝ってください
いきなり女主人
ドキリ
訳は後でと
突然こんな話が降って湧く
ソーヨアタマイイカラ
頓珍漢なミカがにっこりウインク

無職のことが知られていた
リングノートがあった位置
この角家のどこかから
通るたびに見られていた

まだ若そう

泳いでいる魚を釣るように
餌をまいて待っていた
食いついて離す者に用は無し
食いついて離さぬ者にはごちそうを
だから
ここに引き込まれた

いうことか

後で知る
借りてる駐車場

女主人がオーナー
行動の時間帯がまる分かり

明日といわず
今から働いて

都合も聞かず一方的
家賃
生活費
車検
それに
借金
正直 苦しい

サラ金どれだけ

首を傾げる
正直に
二十数万
じゃあ決まり
採用祝いに
二十数万

悪くはないが
力なく
うなずく

仕事は
前任者の後釜
商品の選別
品質保証

それと
女主人の弟
の娘
ミカの教育
一年前フィリピンから

日本の常識

私生活

正しい日本語

製造ライン
しか
経験ない
のに
しかも
ミカという
この女の教育

女は
分かれた
加奈子しか
知らないし

もう
どうにでもなれ

職場といっても
リサイクルショップ
隣町の県道沿い

タツオコチコイ

やはり
高く響く

ミカコトバワルイ
ワタシワルイカ
ワルイ
タツオサン
ッテ
イッテミナ
ナニ? モイチドイッテミナ

この仕事は
たぶん
思ったより
大変だ

しかし
女と口を利くのは
久しぶりだ

彼氏が
いても
いなくても
ドライブにでも
誘ってみるか
日本語教育だ

そういえば
あれって
どういう意味だ
FLQX

ミカァ

ナンダタツオォ
(おわり)

15年12月13日

短編小説「わたし」

目が覚めると八時過ぎ
弁当の残りをかきこんで
時間がくるのをじっと待つ
胸が
胸が
締め付けられる

いつも通るこの道を
いつもの歩幅で一歩一歩
それでも
白塀の角は緊張の極み
曲がった瞬間頭をよぎる
逃げろ
しかし
浮いた足は
恐る恐る
駐車場

いない
誰もいない
あるのは
ダークグレイの1200ccだけ
時計は
9時を5分過ぎ

キタナ
甲高い声
思わず目を剥く
白地に赤系統の花柄ワンピ
見た目は日本人と変わりない

雰囲気は東南アジア系
若い

アタマイイ
ヤクソクマモル

いきなり

コチコイ

手招き
距離が縮まる
おじけづく
はっきりした目が緑っぽい
白塀の角を曲がる

すぐに門扉を押して振り返る

ココ
笑顔で言われ
唖然とする
だが
言われる通り後に続く
ここは
毎日のように通る角
静まり返って人気もない
家人らしき者も目にしたことがない
なにか
悪い予感

嵩上げした玄関の
引き戸を開けて
ハヤクコイ
絶えない笑顔で大きな手招き
恐る恐る足を運ぶ
スニーカーを脱いで上がり框

キタヨ
奥に向かって大きな声
現れたのは
女主人か
大柄で小奇麗な身なりで
あら
よく来てくださいました

頭を深々
意外な成り行き
戸惑い
同じように頭を下げる

応接室
厚いテーブル挟んで腰を下ろす
二対一
まずコーヒーでもと

あれはね
ワタシと
ここにいるミカがね
たぶん女主人

嬉しそう
ミカは両手で口を覆う

会社 手伝ってください
いきなり女主人
ドキリ
訳は後でと
突然こんな話が降って湧く
ソーヨアタマイイカラ
頓珍漢なミカがにっこりウインク

無職のことが知られていた
リングノートがあった位置
この角家のどこかから
通るたびに見られていた

まだ若そう

泳いでいる魚を釣るように
餌をまいて待っていた
食いついて離す者に用は無し
食いついて離さぬ者にはごちそうを
だから
ここに引き込まれた

いうことか

後で知る
借りてる駐車場

女主人がオーナー
行動の時間帯がまる分かり

明日といわず
今から働いて

都合も聞かず一方的
家賃
生活費
車検
それに
借金
正直 苦しい

サラ金どれだけ

首を傾げる
正直に
二十数万
じゃあ決まり
採用祝いに
二十数万

悪くはないが
力なく
うなずく

仕事は
前任者の後釜
商品の選別
品質保証

それと
女主人の弟
の娘
ミカの教育
一年前フィリピンから

日本の常識

私生活

正しい日本語

製造ライン
しか
経験ない
のに
しかも
ミカという
この女の教育

女は
分かれた
加奈子しか
知らないし

もう
どうにでもなれ

職場といっても
リサイクルショップ
隣町の県道沿い

タツオコチコイ

やはり
高く響く

ミカコトバワルイ
ワタシワルイカ
ワルイ
タツオサン
ッテ
イッテミナ
ナニ? モイチドイッテミナ

この仕事は
たぶん
思ったより
大変だ

しかし
女と口を利くのは
久しぶりだ

彼氏が
いても
いなくても
ドライブにでも
誘ってみるか
日本語教育だ

そういえば
あれって
どういう意味だ
FLQX

ミカァ

ナンダタツオォ
(おわり)

08/4/26