行きは良い良い〱  牧すすむ

「あれっ、ここは何処? 変だなァ」
 ハンドルを握りながら必死に辺りを見回す。
 何か一つでも見覚えのある物を探そうとするが、それらしい景色も何も無い。焦りと不安がどんどん昂ってくるのが自分でも分かる。仕事先の教室へ向かう途中、時間のこともあり近道をしようと方角だけを定め、普段は使わない道へハンドルを切った。
「もうそろそろ心当たりのある場所へ出るころなんだけど…」と思いつつもアクセルを踏み続けることしばし。道はどんどん峡くなり、気がつけばいつのまにか農道に迷い込んでしまっていた。
 バックも出来ないまま更に進むと、突然目の前に川が出現!! 土手道が左右に別れるT字路にブチ当たってしまった。ちょっと躊躇はしたが、なんとなく行けそうな気がして右折する道を選んだ。

 ところが50㍍も進まないうちにそれが失敗だった、と後悔する羽目に―。行き止まりだったのだ。道が無い!! 頭が真っ白になる思いがした。
 よく見れば右側は2㍍以上もあろうかという高い土手。左側は川。然も農業用水なのでガードレールも無く、下手をすればそのまま5~6㍍下の流れの中に滑り落ちてしまう。まさか、今時行き止まりの道があるなどとは夢にも思わなかった判断の甘さに呆然としてしまった。
 助けを呼ぶことも出来ない場所でもあり、仕方なく自力で引き返そうと決意。と言っても、何しろ車の幅ギリギリの土手道を50㍍もバックしなければならないため、その緊張はハンパでない。さらに折り悪く雨まで降ってきたのだ。
 濡れるのをかまわず窓から首を出し、ドアに肘をかけて後ろを見る。左手でしっかりとハンドルを握り静かにアクセルを踏み込むと、まるでカタツムリの歩みのようなバックを始めた。左側のミラーもしっかり睨みながら、先ほど来た道をゆっくりゆっくりと戻る。
 何しろ右側は壁のような土手、左側は豊かに水を蓄えて流れる川。然も降り出した雨で草が濡れ、更に滑りやすくなっている。僅かなハンドルミスでも大惨事だ。

 かなりの時間をかけ、緊張感と冷たい雨でズタズタになりながらも不運が始まったT字路まで辿り着いてUターン、無事迷路から脱出することが出来た。当然、私が教えている大正琴の教室の時間はかなり過ぎていたためケータイを入れて事情説明、とりあえずいつもの道に向かって走り出した。
 しかし、落ち着いて考えれば自分の車にはナビもバックモニターも付いている。真にパニクってしまったということだ。言うまでもなく、生徒たちにはかっこうの笑いの種に―。
 ほんの僅かな時間の短縮と軽はずみな判断が大きな間違いを犯してしまった。思い出しても冷や汗が出る悪夢の一日となった。

 諸君に告ぐ!! 「くれぐれも甘い勘を信じるなかれ」、である。  (完)

15年6月11日

疲労困パイあわや  真伏善人

「あれっ、ここは何処? 変だなァ」
 ハンドルを握りながら必死に辺りを見回す。
 何か一つでも見覚えのある物を探そうとするが、それらしい景色も何も無い。焦りと不安がどんどん昂ってくるのが自分でも分かる。仕事先の教室へ向かう途中、時間のこともあり近道をしようと方角だけを定め、普段は使わない道へハンドルを切った。
「もうそろそろ心当たりのある場所へ出るころなんだけど…」と思いつつもアクセルを踏み続けることしばし。道はどんどん峡くなり、気がつけばいつのまにか農道に迷い込んでしまっていた。
 バックも出来ないまま更に進むと、突然目の前に川が出現!! 土手道が左右に別れるT字路にブチ当たってしまった。ちょっと躊躇はしたが、なんとなく行けそうな気がして右折する道を選んだ。

 ところが50㍍も進まないうちにそれが失敗だった、と後悔する羽目に―。行き止まりだったのだ。道が無い!! 頭が真っ白になる思いがした。
 よく見れば右側は2㍍以上もあろうかという高い土手。左側は川。然も農業用水なのでガードレールも無く、下手をすればそのまま5~6㍍下の流れの中に滑り落ちてしまう。まさか、今時行き止まりの道があるなどとは夢にも思わなかった判断の甘さに呆然としてしまった。
 助けを呼ぶことも出来ない場所でもあり、仕方なく自力で引き返そうと決意。と言っても、何しろ車の幅ギリギリの土手道を50㍍もバックしなければならないため、その緊張はハンパでない。さらに折り悪く雨まで降ってきたのだ。
 濡れるのをかまわず窓から首を出し、ドアに肘をかけて後ろを見る。左手でしっかりとハンドルを握り静かにアクセルを踏み込むと、まるでカタツムリの歩みのようなバックを始めた。左側のミラーもしっかり睨みながら、先ほど来た道をゆっくりゆっくりと戻る。
 何しろ右側は壁のような土手、左側は豊かに水を蓄えて流れる川。然も降り出した雨で草が濡れ、更に滑りやすくなっている。僅かなハンドルミスでも大惨事だ。

 かなりの時間をかけ、緊張感と冷たい雨でズタズタになりながらも不運が始まったT字路まで辿り着いてUターン、無事迷路から脱出することが出来た。当然、私が教えている大正琴の教室の時間はかなり過ぎていたためケータイを入れて事情説明、とりあえずいつもの道に向かって走り出した。
 しかし、落ち着いて考えれば自分の車にはナビもバックモニターも付いている。真にパニクってしまったということだ。言うまでもなく、生徒たちにはかっこうの笑いの種に―。
 ほんの僅かな時間の短縮と軽はずみな判断が大きな間違いを犯してしまった。思い出しても冷や汗が出る悪夢の一日となった。

 諸君に告ぐ!! 「くれぐれも甘い勘を信じるなかれ」、である。  (完)

15/6/1