「花束」 黒宮涼

 結婚式の打ち合わせ。体調の悪い私に気を使って急くように話しを進めるお花屋さんに向かって、私は両親に送る花束に「アルストロメリア」と「カーネーション」を希望した。
 結婚式の翌日、私は新婚旅行のため飛行機に乗ってしまう。その日が母の日だということを忘れたまま予定を決めてしまっていた私は、半ば慌てて演出を考えた。カーネーションと、ちょっとした手紙をテーブルに添えた。

 小さな頃から家の庭には、いつも花が咲いていた。花好きの母が毎日欠かさず水をやっているからだ。私がまだ小学生だった頃、学校へ行くときに母が切り花を持たせてくれることがたまにあった。家の庭で咲いている花たちだ。私は新聞紙や広告でまとめられたそれを先生に渡すのが使命みたいに思っていた。通学路を歩いている間、花を綺麗なまま持っていくことで頭がいっぱいだった。小さな花弁が落ちてしまわないように気を使った。先生に「綺麗な花だね」と言われることが嬉しかったのだ。ピアノを習っていたため、花束を貰うことも多かった。大きな花束を持ち帰り、母が嬉しそうに花瓶に生ける姿を何度みたことだろう。私が夫になる前の彼に贈られた花束を見たときも、私以上に喜んでいたように思う。
 以前、母に一番好きな花は何かと尋ねたことがある。母は「アルストロメリア」という花が好きだと言った。母の好きな歌手がその花の名前を歌詞に書いて歌っているらしい。私は子どもながらにその難しい花の名前を一所懸命覚えた。いつか、お母さんに花束を贈るときはアルストロメリアを入れよう。そう思って、何度も何度も心の中でその花の名を呼ぶ。

 両親への手紙を読み終わった私は、目に涙を溜めながら式場の人から大きな花束を受け取った。希望した花が含まれているか確かめる余裕もなく、両親の前に誘導される。緊張と共に色々な感情が私の中を駆け巡っていた。今までたくさん迷惑をかけた両親。手紙で想いは伝わっただろうか。書ききることができなくて溢れた想いがまだたくさんある。きっとこの花束ぐらい大きい。私は小学生のときのように大事にそれを抱えてゆっくりと歩いた。転んで花が潰れてしまわないかと不安になったあの頃。私が歩いた道に点線のように花弁が連なって落ちていってしまうのではないかと想像して、後ろを振り向いたあの頃。今はもう後ろを振り返っている余裕はなかった。前へ進むしかない。目の前で父と母が泣いている。私はごめんなさいとありがとうを込めて花束を二人に手渡した。涙がスポットライトに反射して、私の視界はきらきらと光るものでいっぱいになった。
 式が終わって家に帰ると、花瓶にさしてあるアルストロメリアとカーネーションを見つけた。すごく綺麗で、いつまでも見ていたいと思った。  (了)
 

14年12月16日

「母と僕のさくら」  真伏善人

 結婚式の打ち合わせ。体調の悪い私に気を使って急くように話しを進めるお花屋さんに向かって、私は両親に送る花束に「アルストロメリア」と「カーネーション」を希望した。
 結婚式の翌日、私は新婚旅行のため飛行機に乗ってしまう。その日が母の日だということを忘れたまま予定を決めてしまっていた私は、半ば慌てて演出を考えた。カーネーションと、ちょっとした手紙をテーブルに添えた。

 小さな頃から家の庭には、いつも花が咲いていた。花好きの母が毎日欠かさず水をやっているからだ。私がまだ小学生だった頃、学校へ行くときに母が切り花を持たせてくれることがたまにあった。家の庭で咲いている花たちだ。私は新聞紙や広告でまとめられたそれを先生に渡すのが使命みたいに思っていた。通学路を歩いている間、花を綺麗なまま持っていくことで頭がいっぱいだった。小さな花弁が落ちてしまわないように気を使った。先生に「綺麗な花だね」と言われることが嬉しかったのだ。ピアノを習っていたため、花束を貰うことも多かった。大きな花束を持ち帰り、母が嬉しそうに花瓶に生ける姿を何度みたことだろう。私が夫になる前の彼に贈られた花束を見たときも、私以上に喜んでいたように思う。
 以前、母に一番好きな花は何かと尋ねたことがある。母は「アルストロメリア」という花が好きだと言った。母の好きな歌手がその花の名前を歌詞に書いて歌っているらしい。私は子どもながらにその難しい花の名前を一所懸命覚えた。いつか、お母さんに花束を贈るときはアルストロメリアを入れよう。そう思って、何度も何度も心の中でその花の名を呼ぶ。

 両親への手紙を読み終わった私は、目に涙を溜めながら式場の人から大きな花束を受け取った。希望した花が含まれているか確かめる余裕もなく、両親の前に誘導される。緊張と共に色々な感情が私の中を駆け巡っていた。今までたくさん迷惑をかけた両親。手紙で想いは伝わっただろうか。書ききることができなくて溢れた想いがまだたくさんある。きっとこの花束ぐらい大きい。私は小学生のときのように大事にそれを抱えてゆっくりと歩いた。転んで花が潰れてしまわないかと不安になったあの頃。私が歩いた道に点線のように花弁が連なって落ちていってしまうのではないかと想像して、後ろを振り向いたあの頃。今はもう後ろを振り返っている余裕はなかった。前へ進むしかない。目の前で父と母が泣いている。私はごめんなさいとありがとうを込めて花束を二人に手渡した。涙がスポットライトに反射して、私の視界はきらきらと光るものでいっぱいになった。
 式が終わって家に帰ると、花瓶にさしてあるアルストロメリアとカーネーションを見つけた。すごく綺麗で、いつまでも見ていたいと思った。  (了)
 

14/12/15