「あの人は、今」   平子 純

 私は、生まれながらに持つ遺伝子なのだろう。精神的うつからアルコール依存症になり一年程何も出来ない状況になってしまった。
 いい訳はともかく、私が興味を持ったのは連合赤軍あさま山荘事件であさま山荘まで行った加藤三兄弟のことだ。もちろん長兄は、山荘に行くまでにリンチで殺されていたが、山荘に立てこもった五人のうちの二人が未成年の愛知県半田出身で東海学園とゆかりだったのだから、当時の東海学園は大変な騒ぎだったろう。連合赤軍を牛耳っていた永田は刑死し、森は刑務所で自殺した。地獄を見続けながら生きるより、その方が良かっただろう。
 あさま山荘事件は、学生運動に絶望感を与え、それ以後四十年組織だった学生運動は起きていない。学生運動に代わって出現したのがオウムであろう。オウムは科学的知識を生かしサリンを生み出した。ロシアにも入り込んで運用ヘリコプターを買ったり、機関銃の製法を教えてもらったりした。そういう点でははるかに古典的な連合赤軍の手法とはまるで違う。アルフになった今、いくら力をつけようと以前のような動きは出来ないだろうが、恐ろしい組織であった。
 連合赤軍に話をもどそう。実は私の遠縁にもその前身の京浜安保共闘にいたのがいる。青森の弘前医大に行っていて、どういうつながりか関東で活動するようになった。彼の祖先は尾張の御殿医で、やはり東海学園の出身だったと思う。武装闘争をやろうと東京の銃砲店を襲う計画だったが、公安にマークされていたのだろう。彼は見張り役のうちに捕まってしまった。裁判で七年の刑を打たれ、足を洗い最初から勉強し直し、名古屋大学の医学部に入り直し医師となり、結婚もして今に至っている。
 あさま山荘の加藤兄弟はと言うと、次男の加藤倫教君は、実際に銃を持ち撃ち合ったらしい。十七の刑の後、出所し、今はボランティア活動に努力している。三男は、六年程で出所し、やはりボランティアで活動しているのだろう。
 浅間山荘事件を考えてみれば、本当に幼稚な面が見てとれる。まず山岳アジトを点々と移動しなければならなかったこと、いつもヘリコプターで捜索され、それが幹部達のストレスを増し、リンチに走ってしまったこと、風呂にも入らず駅へ行き、臭気で捕まってしまったこと。等々。
 いずれ違った形で革命を考える組織が出来るだろう。連合赤軍やオウムを乗り越え、もっと違った形、多分多国籍なテロ組織だろう。加藤兄弟を書くつもりが、横道へそれてしまった。
 あの人たちは今はどこでと゜うしておいでだろうか。  (完)

14年8月4日

 「心の恩人」  真伏善人

 私は、生まれながらに持つ遺伝子なのだろう。精神的うつからアルコール依存症になり一年程何も出来ない状況になってしまった。
 いい訳はともかく、私が興味を持ったのは連合赤軍あさま山荘事件であさま山荘まで行った加藤三兄弟のことだ。もちろん長兄は、山荘に行くまでにリンチで殺されていたが、山荘に立てこもった五人のうちの二人が未成年の愛知県半田出身で東海学園とゆかりだったのだから、当時の東海学園は大変な騒ぎだったろう。連合赤軍を牛耳っていた永田は刑死し、森は刑務所で自殺した。地獄を見続けながら生きるより、その方が良かっただろう。
 あさま山荘事件は、学生運動に絶望感を与え、それ以後四十年組織だった学生運動は起きていない。学生運動に代わって出現したのがオウムであろう。オウムは科学的知識を生かしサリンを生み出した。ロシアにも入り込んで運用ヘリコプターを買ったり、機関銃の製法を教えてもらったりした。そういう点でははるかに古典的な連合赤軍の手法とはまるで違う。アルフになった今、いくら力をつけようと以前のような動きは出来ないだろうが、恐ろしい組織であった。
 連合赤軍に話をもどそう。実は私の遠縁にもその前身の京浜安保共闘にいたのがいる。青森の弘前医大に行っていて、どういうつながりか関東で活動するようになった。彼の祖先は尾張の御殿医で、やはり東海学園の出身だったと思う。武装闘争をやろうと東京の銃砲店を襲う計画だったが、公安にマークされていたのだろう。彼は見張り役のうちに捕まってしまった。裁判で七年の刑を打たれ、足を洗い最初から勉強し直し、名古屋大学の医学部に入り直し医師となり、結婚もして今に至っている。
 あさま山荘の加藤兄弟はと言うと、次男の加藤倫教君は、実際に銃を持ち撃ち合ったらしい。十七の刑の後、出所し、今はボランティア活動に努力している。三男は、六年程で出所し、やはりボランティアで活動しているのだろう。
 浅間山荘事件を考えてみれば、本当に幼稚な面が見てとれる。まず山岳アジトを点々と移動しなければならなかったこと、いつもヘリコプターで捜索され、それが幹部達のストレスを増し、リンチに走ってしまったこと、風呂にも入らず駅へ行き、臭気で捕まってしまったこと。等々。
 いずれ違った形で革命を考える組織が出来るだろう。連合赤軍やオウムを乗り越え、もっと違った形、多分多国籍なテロ組織だろう。加藤兄弟を書くつもりが、横道へそれてしまった。
 あの人たちは今はどこでと゜うしておいでだろうか。  (完)

14/3/27