10日に琴伝流大正琴弦洲会〈第二十九回中央大会〉。テーマは~わたしの昭和~ 

 琴伝流大正琴弦洲会の第二十九回中央大会=社団法人大正琴協会、中日新聞社、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、琴伝流大正琴全国普及会後援=が10日午前10時、名古屋市の日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(旧名古屋市民会館)で開演します。司会はここ数年、人気急上昇中である松田恵子さん。入場無料。
 この中央大会は、毎年秋に東海一円の弦洲会門下の各大正琴愛好グループが一堂に会して練習成果を発表する恒例の催し。ことしのテーマは「忘れかけていた歌をもういちど口ずさんではいかがですか」「今日一日は皆さまのためにあの〝昭和〟をここに連れてまいります」との弦洲会主の思いもあり~わたしの昭和~をテーマに繰り広げられます。
 オープニングは真赤な太陽(刈谷の碧洲会蓮華・能琴星)。次いで、翼をください(同)浪花節だよ人生は(奥三河のやまびこ)祝い酒(豊田の高橋すみれ会)故郷(名古屋の愛ばら会・わかば会)大勝負(尾北のハーモニー春日井)最後と決めた女だから(アルペジオ)さらば恋人(東三河の桜洲会合同)…の順で全56曲。フィナーレはイヨマンテの夜(豊田のT・O・P・S)で締めくくられます。
 途中、こだまの会による青森県民謡●津軽山唄(踊り)と、ハープノーバ(松澤毅)による●夜のタンゴ●夜空の大正琴演奏がそれぞれ友情出演。圧巻は毎回〝父子鷹演奏〟が話題の的となっている倉知弦洲会主=詩人、ウエブ文学同人誌「熱砂」同人の牧すすむさん=と弦洲さんの長男倉知崇弦洲会次席による〈弦洲の世界〉で、ことしも●津軽のふるさと●赤い靴のタンゴの二曲が演奏され、観客を魅了しそうです。
 みなさま! ぜひおそろいでお出かけくださいね。

13年11月4日

ウェブ作品集

what's new

『ビンラディンはいずこ』の連載2が、いよいよ公開

 琴伝流大正琴弦洲会の第二十九回中央大会=社団法人大正琴協会、中日新聞社、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、琴伝流大正琴全国普及会後援=が10日午前10時、名古屋市の日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(旧名古屋市民会館)で開演します。司会はここ数年、人気急上昇中である松田恵子さん。入場無料。
 この中央大会は、毎年秋に東海一円の弦洲会門下の各大正琴愛好グループが一堂に会して練習成果を発表する恒例の催し。ことしのテーマは「忘れかけていた歌をもういちど口ずさんではいかがですか」「今日一日は皆さまのためにあの〝昭和〟をここに連れてまいります」との弦洲会主の思いもあり~わたしの昭和~をテーマに繰り広げられます。
 オープニングは真赤な太陽(刈谷の碧洲会蓮華・能琴星)。次いで、翼をください(同)浪花節だよ人生は(奥三河のやまびこ)祝い酒(豊田の高橋すみれ会)故郷(名古屋の愛ばら会・わかば会)大勝負(尾北のハーモニー春日井)最後と決めた女だから(アルペジオ)さらば恋人(東三河の桜洲会合同)…の順で全56曲。フィナーレはイヨマンテの夜(豊田のT・O・P・S)で締めくくられます。
 途中、こだまの会による青森県民謡●津軽山唄(踊り)と、ハープノーバ(松澤毅)による●夜のタンゴ●夜空の大正琴演奏がそれぞれ友情出演。圧巻は毎回〝父子鷹演奏〟が話題の的となっている倉知弦洲会主=詩人、ウエブ文学同人誌「熱砂」同人の牧すすむさん=と弦洲さんの長男倉知崇弦洲会次席による〈弦洲の世界〉で、ことしも●津軽のふるさと●赤い靴のタンゴの二曲が演奏され、観客を魅了しそうです。
 みなさま! ぜひおそろいでお出かけくださいね。

08/1/3