蘇る昭和、牧すすむの詩【母さんのふるさと】公開へ

 昭和が元気だったころ。ヘルスセンター舞台で唄っていたかわいい女の子。その少女のために、ふるさと音楽家牧すすむが詩を作った。その歌が今再び、この世に。日本のどこかに生きていてほしい、昭和のロマンと郷愁―そんな願いが込められている。

13年11月1日

ウェブ作品集

what's new

『ビンラディンはいずこ』の連載2が、いよいよ公開

 昭和が元気だったころ。ヘルスセンター舞台で唄っていたかわいい女の子。その少女のために、ふるさと音楽家牧すすむが詩を作った。その歌が今再び、この世に。日本のどこかに生きていてほしい、昭和のロマンと郷愁―そんな願いが込められている。

08/1/3