「エネルギー注入」  山の杜伊吹

 〈エネルギー注入〉と聞いて、それが何を意味するのかピン、と来る人は世の中にどのくらいいるのだろう。

 雑誌等で、たまに目にする〈エネルギー注入  3000円〉の文字。大概それは、ヒーリングスペースといった類の看板の横にあり、オーラの色教えますとか、親子関係改善、不登校の方ご相談くださいと いった文字と一緒に並んでいたりする。そういったものにハマっている人もいて、聞けば一回につき一万円も払っている。
 ご主人は大企業に勤め、庭付き一戸建てに住み、季節の花を育てたり、余裕のある暮らしをしている。私からすると物心満たされた何不自由ないセレブ奥様に見えるのだが、月に一度ご主人が汗水垂らして働いたお金を、そこにつぎ込む。
 なぜこんな事を書いたかというと、最近私に「エネルギー注入をしてあげる」という人が現れたのである。なんでもその友人は、弱っている私を見かねて、善意で〈エネルギー注入〉をしてくれる。しかも無償でやってくれるんだそうだ。そのメールを読んで、純粋に嬉しかった。〈エネルギー注入〉に期待しているのではない。それをしてもらったらもしかしたら力がみなぎって事態は好転、運気もアップ、なんて1パーセントも信じてはいない。私はただ、その友人の気持ちが嬉しかったのだ。かくして私は〈エネルギー注入〉なるものを受ける事にした。

 娘のあてがわれた教室は、無機質な保育所の建物の北東に位置しており、太陽の光が1日中入らないため非常に寒く、しかも朝から窓は全開であった。年少になるまであと1年、私はその1年が待てない母親であった。母親のお腹からこの世に生まれてからの約3年は、社会という荒波に出るまでの準備期間。そこで、母のぬくもりの中、愛情をたっぷりもらった子どもは自立もスムーズだという。逆にこの時期に甘えられなかったり、甘え足りなかったりした子どもは、母子分離が上手くいかない。
 保育所第1日目、教室に行くと子ども達もおらず、先生もいない。ここで一気に不信感を持った。出勤前の慌ただしい中、先生を探す。後から聞くと、早く来た子どもは、所属のクラスではなく別の部屋でまとめて預かるのだそうだ。しかしそんなことはなにも聞かされていなかった。
 その後のやる事の多さは想像を超えていた。トイレのオムツバケツ(名前を書いて分かるようにしておくと言われたのに名前もなかった。しかも別の子と共同使用)に、名前を書いたビニール袋をセットし、手洗い場にループタオルをかける。ブックに貼るシールを親子で選んで、日付の場所にシールを貼り、所定の場所に入れる。ビニールを入れた給食袋を指定の場所に置き、コップナフキンを指定の場所にセット、食後の口拭きタオルを洗面器に入れる。名前を書いたオムツ、ゴミ袋と着替え2組をロッカーにセット、靴下を脱がせてカバンに入れ、ロッカーにしまう。月曜日はお昼寝布団をカバーから出し、たたんで積み 重ねておくという作業が加わる。
 さあ、ウチのパパよ、あなたはコレを毎朝忘れずにできますか!
 初日は遅刻。それはもういい。なによりあのトイレ前の氷のように冷たい廊下でタオルも敷いてもらえず小さな背中をひんやり直につけ、お尻を拭いてもらっている他所のお子様の姿を見て、ああウチの娘も大が出たらああやって冷たい廊下に直に寝かせられてお尻を拭いてもらうのだ、と思ったらハンドル握りながら泣けて泣けて。職場へ行くと不登校のお子様がお母さんーと叫びながら暴れかみつき、泣きじゃくっている。母親の愛が不足しているのだ。ママが必要なのだ!
 まだ幼い我が子をあんな過酷な場所に預けてしまった罪悪感。加えて職場での力不足による失敗、自信消失。次第に他人の何気ない態度にも傷付いてしまう自分がいた。娘は1日で風邪をひいて帰ってきた。

 〈エネルギー注入〉は横になり、カラダの各ポイントに宇宙からのエネルギーを施術者の手を介して、私に注入してくれるというものであった。効果の程は分からない。
 娘はすぐ環境に順応して、毎日たくましく保育所に通っている。親の私も朝の儀式にも慣れて来て、保育所の良い面も見えてくるようになった。宇宙からのエネルギーというものも、もしかしたらあるかも知れないが、人の心や、母親の愛は、きっと人を癒すすごいパワーを秘めているんじゃないかと思う。 (完) 

13年6月10日

「未来の私に」  黒宮涼

 〈エネルギー注入〉と聞いて、それが何を意味するのかピン、と来る人は世の中にどのくらいいるのだろう。

 雑誌等で、たまに目にする〈エネルギー注入  3000円〉の文字。大概それは、ヒーリングスペースといった類の看板の横にあり、オーラの色教えますとか、親子関係改善、不登校の方ご相談くださいと いった文字と一緒に並んでいたりする。そういったものにハマっている人もいて、聞けば一回につき一万円も払っている。
 ご主人は大企業に勤め、庭付き一戸建てに住み、季節の花を育てたり、余裕のある暮らしをしている。私からすると物心満たされた何不自由ないセレブ奥様に見えるのだが、月に一度ご主人が汗水垂らして働いたお金を、そこにつぎ込む。
 なぜこんな事を書いたかというと、最近私に「エネルギー注入をしてあげる」という人が現れたのである。なんでもその友人は、弱っている私を見かねて、善意で〈エネルギー注入〉をしてくれる。しかも無償でやってくれるんだそうだ。そのメールを読んで、純粋に嬉しかった。〈エネルギー注入〉に期待しているのではない。それをしてもらったらもしかしたら力がみなぎって事態は好転、運気もアップ、なんて1パーセントも信じてはいない。私はただ、その友人の気持ちが嬉しかったのだ。かくして私は〈エネルギー注入〉なるものを受ける事にした。

 娘のあてがわれた教室は、無機質な保育所の建物の北東に位置しており、太陽の光が1日中入らないため非常に寒く、しかも朝から窓は全開であった。年少になるまであと1年、私はその1年が待てない母親であった。母親のお腹からこの世に生まれてからの約3年は、社会という荒波に出るまでの準備期間。そこで、母のぬくもりの中、愛情をたっぷりもらった子どもは自立もスムーズだという。逆にこの時期に甘えられなかったり、甘え足りなかったりした子どもは、母子分離が上手くいかない。
 保育所第1日目、教室に行くと子ども達もおらず、先生もいない。ここで一気に不信感を持った。出勤前の慌ただしい中、先生を探す。後から聞くと、早く来た子どもは、所属のクラスではなく別の部屋でまとめて預かるのだそうだ。しかしそんなことはなにも聞かされていなかった。
 その後のやる事の多さは想像を超えていた。トイレのオムツバケツ(名前を書いて分かるようにしておくと言われたのに名前もなかった。しかも別の子と共同使用)に、名前を書いたビニール袋をセットし、手洗い場にループタオルをかける。ブックに貼るシールを親子で選んで、日付の場所にシールを貼り、所定の場所に入れる。ビニールを入れた給食袋を指定の場所に置き、コップナフキンを指定の場所にセット、食後の口拭きタオルを洗面器に入れる。名前を書いたオムツ、ゴミ袋と着替え2組をロッカーにセット、靴下を脱がせてカバンに入れ、ロッカーにしまう。月曜日はお昼寝布団をカバーから出し、たたんで積み 重ねておくという作業が加わる。
 さあ、ウチのパパよ、あなたはコレを毎朝忘れずにできますか!
 初日は遅刻。それはもういい。なによりあのトイレ前の氷のように冷たい廊下でタオルも敷いてもらえず小さな背中をひんやり直につけ、お尻を拭いてもらっている他所のお子様の姿を見て、ああウチの娘も大が出たらああやって冷たい廊下に直に寝かせられてお尻を拭いてもらうのだ、と思ったらハンドル握りながら泣けて泣けて。職場へ行くと不登校のお子様がお母さんーと叫びながら暴れかみつき、泣きじゃくっている。母親の愛が不足しているのだ。ママが必要なのだ!
 まだ幼い我が子をあんな過酷な場所に預けてしまった罪悪感。加えて職場での力不足による失敗、自信消失。次第に他人の何気ない態度にも傷付いてしまう自分がいた。娘は1日で風邪をひいて帰ってきた。

 〈エネルギー注入〉は横になり、カラダの各ポイントに宇宙からのエネルギーを施術者の手を介して、私に注入してくれるというものであった。効果の程は分からない。
 娘はすぐ環境に順応して、毎日たくましく保育所に通っている。親の私も朝の儀式にも慣れて来て、保育所の良い面も見えてくるようになった。宇宙からのエネルギーというものも、もしかしたらあるかも知れないが、人の心や、母親の愛は、きっと人を癒すすごいパワーを秘めているんじゃないかと思う。 (完) 

13/5/17