加藤行の掌編小説「電話ボックスの黄昏」

  人間、誰だって前途が真っ暗になり死にたくなる時がある。でも、何かが見守ってくれている。くじけちゃいけない。「だから。自殺などしないで、がんばれ、がんばるのだ! 美佐子」と自身を励まし生きてゆく、そんな物語だ。
「これからは苦しくても生きていこう」。私の好きにする。やろうと思えば、なんだって挑戦できる。この作品は辛い時こそ、自暴自棄にならないで前に進むことの大切さを教えてくれる。ぜひ、ご一読ください。

13年3月18日

ウェブ作品集

what's new

『ビンラディンはいずこ』の連載2が、いよいよ公開

  人間、誰だって前途が真っ暗になり死にたくなる時がある。でも、何かが見守ってくれている。くじけちゃいけない。「だから。自殺などしないで、がんばれ、がんばるのだ! 美佐子」と自身を励まし生きてゆく、そんな物語だ。
「これからは苦しくても生きていこう」。私の好きにする。やろうと思えば、なんだって挑戦できる。この作品は辛い時こそ、自暴自棄にならないで前に進むことの大切さを教えてくれる。ぜひ、ご一読ください。

08/1/3