受贈誌(じゅん文学、北斗、竹中忍小説集「春愁」上、下。書家の眼で見た「鎌倉の書」)をありがとうございます

 日本を代表する、と言っていい文芸同人誌「じゅん文学 №74」と「北斗」、北斗は実に594号を数える
 

☆「じゅん文学 2013/1 №74」(発行日・2013年1月1日、発行・「じゅん文学の会」、編集発行責任者=主宰・戸田鎮子=、連絡先・名古屋市緑区、電話052―876―5476、頒価500円)
☆月刊文芸同人雑誌「北斗 一・二月合併號、第594号」(平成25年1月1日発行、編集発行人・竹中忍、発行所・北斗工房、連絡窓口・棚橋鏡代=電話052―321―0218、頒価500円)

☆「竹中忍小説集Ⅰ 春愁・上」「竹中忍小説集Ⅱ 春愁・下」(いずれも2012年12月10日に第1刷を発行、著者・竹中忍、発行者・山口章、発行所・風媒社、定価=上、下とも本体2,000円+税)

☆「書家の眼で見た 鎌倉の書 青山碧雲著」(二〇一二年十二月二十日初版発行、著者・青山碧雲、発行者・田中秀人、発行所・株式会社木耳社、定価=本体1500円+税)

 以上、昨年暮れ以降、私たちのウエブ文学同人誌「熱砂」の伊神権太主宰宛に送られてきた本の紹介をさせていただいた。「じゅん文学」や「北斗」など各同人誌の地道かつ積極的な創作活動を見る限り、このところ東海地方の文学活動が年々、熱く燃え盛ってきているような、そんな気がするのである。 
 なお、受贈誌関連の話題は、伊神権太作品集のなかの【生きてゆく人間花たち/一月の唄】(1月12日付)でも紹介している。

13年1月12日

ウェブ作品集

what's new

『ビンラディンはいずこ』の連載2が、いよいよ公開

 日本を代表する、と言っていい文芸同人誌「じゅん文学 №74」と「北斗」、北斗は実に594号を数える
 

☆「じゅん文学 2013/1 №74」(発行日・2013年1月1日、発行・「じゅん文学の会」、編集発行責任者=主宰・戸田鎮子=、連絡先・名古屋市緑区、電話052―876―5476、頒価500円)
☆月刊文芸同人雑誌「北斗 一・二月合併號、第594号」(平成25年1月1日発行、編集発行人・竹中忍、発行所・北斗工房、連絡窓口・棚橋鏡代=電話052―321―0218、頒価500円)

☆「竹中忍小説集Ⅰ 春愁・上」「竹中忍小説集Ⅱ 春愁・下」(いずれも2012年12月10日に第1刷を発行、著者・竹中忍、発行者・山口章、発行所・風媒社、定価=上、下とも本体2,000円+税)

☆「書家の眼で見た 鎌倉の書 青山碧雲著」(二〇一二年十二月二十日初版発行、著者・青山碧雲、発行者・田中秀人、発行所・株式会社木耳社、定価=本体1500円+税)

 以上、昨年暮れ以降、私たちのウエブ文学同人誌「熱砂」の伊神権太主宰宛に送られてきた本の紹介をさせていただいた。「じゅん文学」や「北斗」など各同人誌の地道かつ積極的な創作活動を見る限り、このところ東海地方の文学活動が年々、熱く燃え盛ってきているような、そんな気がするのである。 
 なお、受贈誌関連の話題は、伊神権太作品集のなかの【生きてゆく人間花たち/一月の唄】(1月12日付)でも紹介している。

08/1/3