エッセイ「イギリスとユーゴスラビアの花」

 新生「熱砂」の公開に美しいお花を添えましょう。
 イギリスとユーゴスラビア、二つの原産国のお花とその小さな花物語です。

 ピンクのバラはイングリッシュローズのヘリテージ。
 儚げな色合いにふさわしい甘い優しい香りがします。葉の緑もつやつやでとても綺麗です。
 ヘリテージとは「遺産」という意味です。イギリスの育種家によって作出されたバラですが、後世に残したいと、この名がつけられたのでしょうか。
 花が開くにつれパールを混ぜたように色合いが変化し、はらはらと散り急ぎます。その美しさにうっとり見とれてしまいます。
 きょうは猛暑の中、二番花が咲いてくれました。私の喜びです。

 うす紫色のお花はベルフラワー。キキョウ科カンパニュラ属で和名は「乙女ギキョウ」だそうです。約一センチのお花をびっしり咲かせます。この鉢とのコラボ、気に入っています。
 原産地は東ヨーロッパのユーゴスラビア。ユーゴスラビアといえば、もう二十年くらい前のことですが、わが娘がクラシックバレエを習っていた教室に、政変で命からがら逃げてきたという、奥様は日本人のバレエダンサー夫妻が教えに来られるようになりました。バレリーナの奥様は生活を支えるためにガソリンスタンドでも働き、やがて独立して教室を始められたと聞きました。
 娘は途中からオーストラリアの小学校へ行きましたので、お世話になったのは短い期間でしたが、ベルフラワーからそんなことをフッと思い出したりして。今は緑の葉を鉢いっぱいに茂らせて、静かにお花の季節を待っているようです。この優しい色合いと可憐な花姿、大好きです。
 旧ユーゴスラビアは、現在はボスニア・ヘルツェゴビナという国なのですね。

12年7月31日

小説「日本語ダイレクト」

 新生「熱砂」の公開に美しいお花を添えましょう。
 イギリスとユーゴスラビア、二つの原産国のお花とその小さな花物語です。

 ピンクのバラはイングリッシュローズのヘリテージ。
 儚げな色合いにふさわしい甘い優しい香りがします。葉の緑もつやつやでとても綺麗です。
 ヘリテージとは「遺産」という意味です。イギリスの育種家によって作出されたバラですが、後世に残したいと、この名がつけられたのでしょうか。
 花が開くにつれパールを混ぜたように色合いが変化し、はらはらと散り急ぎます。その美しさにうっとり見とれてしまいます。
 きょうは猛暑の中、二番花が咲いてくれました。私の喜びです。

 うす紫色のお花はベルフラワー。キキョウ科カンパニュラ属で和名は「乙女ギキョウ」だそうです。約一センチのお花をびっしり咲かせます。この鉢とのコラボ、気に入っています。
 原産地は東ヨーロッパのユーゴスラビア。ユーゴスラビアといえば、もう二十年くらい前のことですが、わが娘がクラシックバレエを習っていた教室に、政変で命からがら逃げてきたという、奥様は日本人のバレエダンサー夫妻が教えに来られるようになりました。バレリーナの奥様は生活を支えるためにガソリンスタンドでも働き、やがて独立して教室を始められたと聞きました。
 娘は途中からオーストラリアの小学校へ行きましたので、お世話になったのは短い期間でしたが、ベルフラワーからそんなことをフッと思い出したりして。今は緑の葉を鉢いっぱいに茂らせて、静かにお花の季節を待っているようです。この優しい色合いと可憐な花姿、大好きです。
 旧ユーゴスラビアは、現在はボスニア・ヘルツェゴビナという国なのですね。

08/4/26