詩「初夏」

日除け代わりにと窓際に植えたゴーヤの苗
初夏の日を溢れるほどに浴びて
日々成長していく姿に目を見張る
それぞれに少しずつの違いはあるけれど
苗達はみんな元気いっぱいに育っている

風に戯れる若葉の揺らぎを見ていたら
ふと孫達の顔が重なって思わず口元がゆるんだ
苗達と同じように 少しずつの違いはあるけれど
みんな素直に そして元気に育っていてくれる

ゴーヤの根元にしゃがんで
外れたつるをそっとネットに戻してやる
かわいい孫達の小さな手を取るような そんな仕草で

いつの日か 大きな 大きな
はじけるほどに大きな夢の実を結べと
心にそう願いながら

12年7月4日

詩「遠い日」

日除け代わりにと窓際に植えたゴーヤの苗
初夏の日を溢れるほどに浴びて
日々成長していく姿に目を見張る
それぞれに少しずつの違いはあるけれど
苗達はみんな元気いっぱいに育っている

風に戯れる若葉の揺らぎを見ていたら
ふと孫達の顔が重なって思わず口元がゆるんだ
苗達と同じように 少しずつの違いはあるけれど
みんな素直に そして元気に育っていてくれる

ゴーヤの根元にしゃがんで
外れたつるをそっとネットに戻してやる
かわいい孫達の小さな手を取るような そんな仕草で

いつの日か 大きな 大きな
はじけるほどに大きな夢の実を結べと
心にそう願いながら

08/4/26