平子 純の掌編小説「死刑囚」を公開しました

「天の前では誰もが平等に死刑囚である」と筆者は言います。
親交のあった喜劇役者であり禅僧でもあったポール牧の自殺。
面倒を見ていた武蔵川部屋の親方(引退後の横綱三重の海)との交流と相撲界の内側。
2000円を盗むために人を殺し、死刑判決後に歌人となった島秋人のこと。
日本社会の変遷とともに語られる、ホテル経営者である筆者の素顔…。
筆者の人生観が色濃く反映された作品です。

12年7月8日

ウェブ作品集

what's new

『ビンラディンはいずこ』の連載2が、いよいよ公開

「天の前では誰もが平等に死刑囚である」と筆者は言います。
親交のあった喜劇役者であり禅僧でもあったポール牧の自殺。
面倒を見ていた武蔵川部屋の親方(引退後の横綱三重の海)との交流と相撲界の内側。
2000円を盗むために人を殺し、死刑判決後に歌人となった島秋人のこと。
日本社会の変遷とともに語られる、ホテル経営者である筆者の素顔…。
筆者の人生観が色濃く反映された作品です。

08/1/3