受贈誌(「2011 83 全作家」と「北斗」十月号)をありがとう

☆「全作家 第八十三号」(発行所・全作家協会=東京足立区(株)のべる出版企画内、電話03ー3896ー6506、印刷所・シナノ書籍印刷、定価五〇〇円)
 豊田一郎、難波田節子、陽羅義光による文芸対談のほか、第六回全作家文学賞受賞作品「櫻の忌」(富崎喜代美)を収録。他に小説、詩も。
☆「北斗 十月号」(編集発行人・竹中忍、発行所・北斗工房、連絡窓口・棚橋鏡代=名古屋市中区伊勢山、電話05ー321ー0218、一冊500円)
 小説、評論、エッセイ、詩と多彩な内容。文芸評論家・清水信の評論「ひたすら書いた人たち(27)ー福島以後に読む文芸」はじめ、駒瀬銑吾の小説「泰山木の如く」(連載29)、尾関忠雄の「タダオ・アフォリズム」(27)など。ヒタスラ書き続ける姿がいい。

11年10月8日

ウェブ作品集

what's new

『ビンラディンはいずこ』の連載2が、いよいよ公開

☆「全作家 第八十三号」(発行所・全作家協会=東京足立区(株)のべる出版企画内、電話03ー3896ー6506、印刷所・シナノ書籍印刷、定価五〇〇円)
 豊田一郎、難波田節子、陽羅義光による文芸対談のほか、第六回全作家文学賞受賞作品「櫻の忌」(富崎喜代美)を収録。他に小説、詩も。
☆「北斗 十月号」(編集発行人・竹中忍、発行所・北斗工房、連絡窓口・棚橋鏡代=名古屋市中区伊勢山、電話05ー321ー0218、一冊500円)
 小説、評論、エッセイ、詩と多彩な内容。文芸評論家・清水信の評論「ひたすら書いた人たち(27)ー福島以後に読む文芸」はじめ、駒瀬銑吾の小説「泰山木の如く」(連載29)、尾関忠雄の「タダオ・アフォリズム」(27)など。ヒタスラ書き続ける姿がいい。

08/1/3