受贈誌(詩集「泉むー錬金詩篇ー」、「詩遊」)をありがとう

☆詩集「泉(いず)むー錬金詩篇」(著者・高井泉、装丁・直井和夫、発行所・土曜美術社出版販売=東京新宿区西早稲田、電話03(5285)0730=、印刷・製本=モリモト印刷、定価1800円+税)
 動詞化運動の旗手、高井さんならでは、の筆で「文字通り、体言を用言化している24篇が新しい詩篇の世界を現代に編み出している」。
ー今お前が顔って来る
 艶の無い単色(ひとついろ)の黒衣を被い
 ぼくの許にそとやって来て
 ぼくに優しく添い寝する=「夜顔(よるかお)る」から
☆「詩遊 №29 2011.Winter」(発行所=大阪市都島区、「詩遊社」電話・ファクス06(6923)5680=、発行日=2011.1.31=、編集発行人・冨上芳秀、表紙デザイン・上田寛子、印刷製本・国際印刷出版研究所、定価1000円)

11年2月13日

ウェブ作品集

what's new

『ビンラディンはいずこ』の連載2が、いよいよ公開

☆詩集「泉(いず)むー錬金詩篇」(著者・高井泉、装丁・直井和夫、発行所・土曜美術社出版販売=東京新宿区西早稲田、電話03(5285)0730=、印刷・製本=モリモト印刷、定価1800円+税)
 動詞化運動の旗手、高井さんならでは、の筆で「文字通り、体言を用言化している24篇が新しい詩篇の世界を現代に編み出している」。
ー今お前が顔って来る
 艶の無い単色(ひとついろ)の黒衣を被い
 ぼくの許にそとやって来て
 ぼくに優しく添い寝する=「夜顔(よるかお)る」から
☆「詩遊 №29 2011.Winter」(発行所=大阪市都島区、「詩遊社」電話・ファクス06(6923)5680=、発行日=2011.1.31=、編集発行人・冨上芳秀、表紙デザイン・上田寛子、印刷製本・国際印刷出版研究所、定価1000円)

08/1/3