受贈誌(「文芸中部 84」)をありがとう

☆「文芸中部 第八十四号」(二〇一〇年七月一日発行、発行所・文芸中部の会=愛知県東海市、三田村方・電話&FAX0562ー34ー4522)
 小説、詩、随筆とキャリア十分の各同人が健筆を奮っている。ほかに同人発言の「小説の立体考」(名村和実)はじめ、「二人称小説について」(堀井清)「短編の条件」(M)は、小説を目指す者にとって必読の好発言といえる。
 なかでも「短編の条件」は、筆者が津の文学研究会で文芸評論家・清水信さんが話した短編の条件として①レトリックの良さ②アイデアの良さ③礼儀正しく④会話がうまい⑤短い、の五ケ条を列挙。短編に取り組む姿勢を論じている。

10年6月19日

ウェブ作品集

what's new

『ビンラディンはいずこ』の連載2が、いよいよ公開

☆「文芸中部 第八十四号」(二〇一〇年七月一日発行、発行所・文芸中部の会=愛知県東海市、三田村方・電話&FAX0562ー34ー4522)
 小説、詩、随筆とキャリア十分の各同人が健筆を奮っている。ほかに同人発言の「小説の立体考」(名村和実)はじめ、「二人称小説について」(堀井清)「短編の条件」(M)は、小説を目指す者にとって必読の好発言といえる。
 なかでも「短編の条件」は、筆者が津の文学研究会で文芸評論家・清水信さんが話した短編の条件として①レトリックの良さ②アイデアの良さ③礼儀正しく④会話がうまい⑤短い、の五ケ条を列挙。短編に取り組む姿勢を論じている。

08/1/3