受贈誌(「弦 第87号」と「みずしなさえこの世界」)を、ありがとう

☆「弦 第87号」(発行日・二〇一〇年六月十五日、編集発行・弦の会、代表者・中村賢三、発行所・名古屋市守山区、中村方「弦の会」=電話・FAX052ー794ー3430)
 小説、紀行、エッセイ、詩、短歌、評論、表紙のことば「アルハンブラの思い出」とベテラン作家、書き手ぞろいの同人誌ならでは、の充実した内容だ。なかでも今回初めてニューヒーロー『豪田浩介』が登場した市川しのぶさんの「朝の光のために」は、一読に値する。

☆「みずしなさえこの世界 Facesー顔の中の顔ー」(第1刷発行・2010年6月14日、定価・1200円、著者・みずしなさえこ、制作・R.M.Y.企画、連絡先・名古屋市緑区大高町、堀田志保方=電話&ファックス052ー623ー4383)
(1)ダイスの君
   僕は詩人・みずしなさえこのファンである。
         (序文・美しき船出 清水 信)

  おまえは いくつの顔を見せてきた
  おまえの おまえ自身のその顔の中に
  数えきれないくらいの くらいの
  得意と失意の顔を
  愛と憎と善と悪の顔を

  生きてきた 途方もない日々の季節の中に
  生きてきた 途方もない時間の朝と昼と晩に

  …      (Facesー顔の中の顔ーより)

10年6月12日

ウェブ作品集

what's new

『ビンラディンはいずこ』の連載2が、いよいよ公開

☆「弦 第87号」(発行日・二〇一〇年六月十五日、編集発行・弦の会、代表者・中村賢三、発行所・名古屋市守山区、中村方「弦の会」=電話・FAX052ー794ー3430)
 小説、紀行、エッセイ、詩、短歌、評論、表紙のことば「アルハンブラの思い出」とベテラン作家、書き手ぞろいの同人誌ならでは、の充実した内容だ。なかでも今回初めてニューヒーロー『豪田浩介』が登場した市川しのぶさんの「朝の光のために」は、一読に値する。

☆「みずしなさえこの世界 Facesー顔の中の顔ー」(第1刷発行・2010年6月14日、定価・1200円、著者・みずしなさえこ、制作・R.M.Y.企画、連絡先・名古屋市緑区大高町、堀田志保方=電話&ファックス052ー623ー4383)
(1)ダイスの君
   僕は詩人・みずしなさえこのファンである。
         (序文・美しき船出 清水 信)

  おまえは いくつの顔を見せてきた
  おまえの おまえ自身のその顔の中に
  数えきれないくらいの くらいの
  得意と失意の顔を
  愛と憎と善と悪の顔を

  生きてきた 途方もない日々の季節の中に
  生きてきた 途方もない時間の朝と昼と晩に

  …      (Facesー顔の中の顔ーより)

08/1/3