受贈誌(「全作家」「翼座」「名古屋文学」)を、ありがとう

☆「2010・77号 全作家」(発行所・全作家協会=東京都足立区、のべる出版企画内、電03ー3896ー6506=、印刷・サンシー印刷)
会員30人からの玉稿「掌編小説特集」は、いずれも読み応えのある作品ばかりである。文芸対談・第三回「自分の文学を貫く」(尾関忠雄、豊田一郎、陽羅義光)も、それぞれ文士の味わいがある。
☆俳句文芸誌「翼座 第3号」(代表・伊吹夏生、発行日・二〇一〇年四月、発行所・事務局=名古屋市名東区、長澤方・電話052ー772ー3745=、印刷所・株式会社「大洋堂」)
私たちの翼が時空を飛び続けて三号を産んだ。嬉しいことである、と同人の喜びが手に取るようだ。
☆「名古屋文学№27」(編集・名古屋文学の会、発行・名古屋市緑区滝ノ水=吉田弘秋方、電話052ー891ー5732=)
詩・評論・創作・エッセイと充実している。吉田弘秋の詩2編「書斎の中」は、人間に共通する何とも不思議な世界が正直に活写されている。編集雑記には「大変喜ばしい事」として佐山広平氏の第二詩集「時の彼方へ」がアジア文化社刊「文芸思潮」より、現代詩人賞を受賞されましたーの記述も。おめでとう!

10年5月15日

ウェブ作品集

what's new

『ビンラディンはいずこ』の連載2が、いよいよ公開

☆「2010・77号 全作家」(発行所・全作家協会=東京都足立区、のべる出版企画内、電03ー3896ー6506=、印刷・サンシー印刷)
会員30人からの玉稿「掌編小説特集」は、いずれも読み応えのある作品ばかりである。文芸対談・第三回「自分の文学を貫く」(尾関忠雄、豊田一郎、陽羅義光)も、それぞれ文士の味わいがある。
☆俳句文芸誌「翼座 第3号」(代表・伊吹夏生、発行日・二〇一〇年四月、発行所・事務局=名古屋市名東区、長澤方・電話052ー772ー3745=、印刷所・株式会社「大洋堂」)
私たちの翼が時空を飛び続けて三号を産んだ。嬉しいことである、と同人の喜びが手に取るようだ。
☆「名古屋文学№27」(編集・名古屋文学の会、発行・名古屋市緑区滝ノ水=吉田弘秋方、電話052ー891ー5732=)
詩・評論・創作・エッセイと充実している。吉田弘秋の詩2編「書斎の中」は、人間に共通する何とも不思議な世界が正直に活写されている。編集雑記には「大変喜ばしい事」として佐山広平氏の第二詩集「時の彼方へ」がアジア文化社刊「文芸思潮」より、現代詩人賞を受賞されましたーの記述も。おめでとう!

08/1/3