受贈誌(詩集「鼓動をきいて」、文芸同人誌「弦」)をありがとう

☆詩集「鼓動をきいて」(著者・白野小百利、発行所・砂子屋書房=東京都千代田区、電話03ー3256ー4708=、発行者・田村雅之、2009年11月18日初版発行)
「専業主婦をやっていると思ったらこの人、……この詩集全体に一種独特のやぶにらみに似た雰囲気があるのはたしかである。そこに機知がついてまわる。この機知がリズムを生む。」(倉橋健一)
☆文芸同人誌「弦 第86号」(発行日・11月25日、編集発行・弦の会、代表者・中村賢三、発行所は名古屋市守山区、中村賢三宅=電話052ー794ー3430=)
小説、詩、評論と充実した内容だ。なかでも中村賢三の評論「同人雑誌の周辺」は、札幌文学や東京の民主文学、函館の冥王星など、全国同人誌の作品を取り上げ、地方文学に対する限りない愛が伝わってくる。

09年11月25日

ウェブ作品集

what's new

『ビンラディンはいずこ』の連載2が、いよいよ公開

☆詩集「鼓動をきいて」(著者・白野小百利、発行所・砂子屋書房=東京都千代田区、電話03ー3256ー4708=、発行者・田村雅之、2009年11月18日初版発行)
「専業主婦をやっていると思ったらこの人、……この詩集全体に一種独特のやぶにらみに似た雰囲気があるのはたしかである。そこに機知がついてまわる。この機知がリズムを生む。」(倉橋健一)
☆文芸同人誌「弦 第86号」(発行日・11月25日、編集発行・弦の会、代表者・中村賢三、発行所は名古屋市守山区、中村賢三宅=電話052ー794ー3430=)
小説、詩、評論と充実した内容だ。なかでも中村賢三の評論「同人雑誌の周辺」は、札幌文学や東京の民主文学、函館の冥王星など、全国同人誌の作品を取り上げ、地方文学に対する限りない愛が伝わってくる。

08/1/3