詩「ひとつぶの種」

ひとつぶの小さな種
風に舞うほこりほどに
小さな小さな
ひとつぶの種
土に触れ水を吸い
緑の葉を広げ花を咲かす
時という名の出合いを
重ねながら
やがて草原となり 
深い森となる

しかし
草原は驕らない
森は忘れてはいない
かつてそこが
小さなひとつぶから
始まったことを

草は身を震わせ 
木は太陽に叫び
今日も小さな命を
風に任せて旅立たせる
いつかまた何処かで
その小さなひとつぶから
始まる
緑のドラマを夢見て

09年10月18日

詩「遠い日」

ひとつぶの小さな種
風に舞うほこりほどに
小さな小さな
ひとつぶの種
土に触れ水を吸い
緑の葉を広げ花を咲かす
時という名の出合いを
重ねながら
やがて草原となり 
深い森となる

しかし
草原は驕らない
森は忘れてはいない
かつてそこが
小さなひとつぶから
始まったことを

草は身を震わせ 
木は太陽に叫び
今日も小さな命を
風に任せて旅立たせる
いつかまた何処かで
その小さなひとつぶから
始まる
緑のドラマを夢見て

08/4/26